ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3210] 日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう
日時: 2019/08/28 18:06
名前: 遂犯無罪 ID:JxO6EqA2
参照: http://www.suihanmuzai.com/

漠然と感じていた先進国国家日本は世界から観ると、司法だけではなく経済も後進国であり続けている現実が理解できる、しかし我が周辺は茹で蛙ばかりである。特に福祉・教育ばかりではなく、2017年における世界輸出に占める日本のシェアは3.8%しかなく、1位の中国(10.6%)、2位の米国(10.2%)、3位のドイツ(7.7%)と比較するとかなり小さい。これには驚いた、何処が先進国か。


日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう 薄々、感じていた厳しい現状

日本は「かつて豊かだった」のではなく、もともと貧しかったのだ。事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わっていない。昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば、日本経済はトンネルを抜けることはできない>

「日本はAI後進国」「衰退産業にしがみついている」「戦略は先輩が作ったものの焼き直しばかり」。ソフトバンクグループの孫正義社長による手厳しい発言が話題となっている。多くの人が薄々、感じている内容ではあるが、公の場では慎重に言葉を選んできた孫氏の性格を考えると、一連の発言は異例であり、事態が深刻であることをうかがわせる。

実際、日本は多くの面で先進国から脱落しており、ここから再度、上位を目指すのはかなり難しい状況にある。私たちには、日本はもはや後進国になったことを認める勇気が必要かもしれない。
.
数字で見ると今の日本は惨憺たる状況
このところ日本社会が急速に貧しくなっていることは、多くの人が自覚しているはずだが、一連の状況はすべて数字に反映されている。・・・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00010012-newsweek-int
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

属国とは違う! ( No.7 )
日時: 2019/09/01 16:13
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:F3fvD/0U

日本はアメリカの属国であると言う人が結構いる。
何を持って属国と言うのか、その根拠は明確にはしていない。
軍事的に言っているのか、
経済の仕組みを言っているのか、
また政治においてアメリカに追従することが多いことを言っているのか。

軍事的に属国と言うならばNATO加盟国もずべて属国となる。
経済的に言ってもアメリカ資本は世界中に影響を持っている、どれだけの国を属国と言うのか。

政治的な面で言えば、国内政治がアメリカに干渉されているというのか。
終戦直後のGHQ時代ではあるまいし、そんなことはないだろう。
今回、消費税を上げるのもアメリカの指示であるとでも言うのか。
外交面においてアメリカの肩を持つことが多いのは事実であるが、それはひとえに貿易面でアメリカと対立しないように望む、日本の財界の意向であろう。

我が国の歴史を省みるに、鎌倉時代、戦国時代を通して日本は対外関係で、そんなに消極的な民族ではなかった。
聖徳太子が当時の中国皇帝に送った「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」と言う文書でも、
蒙古の襲来を撃退した事実でも、倭寇が朝鮮、中国を荒らしまわったことも、伊達政宗が当時のローマ法王へ使節を送ったことでも、日本人の積極性が見られる。

その日本人も徳川幕府の朱子学を重用した政策が200年も続いた為に、随分と品行方正、おとなしなってしまった。
幕末になると西欧の日本への関心が高まり、下手をすれば植民地にされるところを救ったのは武士階級の根性であった。
植民地化される危機は脱し、明治政府を樹立したものの、多くの施策は西欧のそれを参照した。
全ての面で西欧に追いつけ、追い越せを命題に数十年やってきて、確かに西欧と肩を並べる様な発展を遂げた。
これも他のアジア諸国には見られない国民の根性である。

この過程を西欧の属国になったと言えるのか。
>「日本はアメリカの属国である」と言う認識は先の大戦後のことであろう。
GHQ統治の7年間は、確かに属国の様に主権を制限されてきた。
GHQの統治が終わり、その後、20年間、日本人は必死で働き、現在の経済発展の基盤を築いてきた。
その努力も属国だからアメリカにさせられたとでも言うのか。
そのご日米の貿易関係は圧倒的な日本の輸出増に悲鳴を上げたアメリカが規制を求めてきた。
現在、アメリカと中国の関係がそうであるが、規制された中国がアメリカの属国扱いとでも言うのか。

軍事同盟については冷戦終結まで、アメリカの支配は確かに続いていたとおもう。
それも西側諸国の一員として容認していたのではないか。
現代の課題はアメリカ資本を中心とする経済のグローバル化であり、間接的にではあるが、確かに国民生活も干渉されている。
しかしながら、これも世界共通の問題であり、世界中がアメリカの属国化した訳ではない。
この問題は市場主義経済の行く末を占う大きな問題ではあるが。

沖縄基地問題など、具体的に不都合が出てきて解決しなければならないことは多々ある。
それに対して日本はアメリカの属国から抜けよ、と言っているだけで解決できると思っているのか。
問題の本質を自らの問題として努力、解決に向かわない姿勢は、韓国の反日運動と同じことである。

属国と言う言葉で全てを包み込み、自分達の責任を回避する。
戦争直後はともかく、いまだに被害妄想的な発想は見苦しい。

念の為に繰り返すが
遂犯無罪が取り上げた意味も、ソフトバンク社長、孫氏が言った

> 日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

この言葉は、戦後、各国とともに発展して来たと思っていた日本が、最近、西欧諸国から遅れを取っているという意味であり。
西欧諸国並みに歩んでいると思っている国民に、そのことを認識させ、何故この様になったかを反省し、再び立ち上がるために何をすべきかを暗示したいためである。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存