ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3210] 日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう
日時: 2019/08/28 18:06
名前: 遂犯無罪 ID:JxO6EqA2
参照: http://www.suihanmuzai.com/

漠然と感じていた先進国国家日本は世界から観ると、司法だけではなく経済も後進国であり続けている現実が理解できる、しかし我が周辺は茹で蛙ばかりである。特に福祉・教育ばかりではなく、2017年における世界輸出に占める日本のシェアは3.8%しかなく、1位の中国(10.6%)、2位の米国(10.2%)、3位のドイツ(7.7%)と比較するとかなり小さい。これには驚いた、何処が先進国か。


日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう 薄々、感じていた厳しい現状

日本は「かつて豊かだった」のではなく、もともと貧しかったのだ。事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わっていない。昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば、日本経済はトンネルを抜けることはできない>

「日本はAI後進国」「衰退産業にしがみついている」「戦略は先輩が作ったものの焼き直しばかり」。ソフトバンクグループの孫正義社長による手厳しい発言が話題となっている。多くの人が薄々、感じている内容ではあるが、公の場では慎重に言葉を選んできた孫氏の性格を考えると、一連の発言は異例であり、事態が深刻であることをうかがわせる。

実際、日本は多くの面で先進国から脱落しており、ここから再度、上位を目指すのはかなり難しい状況にある。私たちには、日本はもはや後進国になったことを認める勇気が必要かもしれない。
.
数字で見ると今の日本は惨憺たる状況
このところ日本社会が急速に貧しくなっていることは、多くの人が自覚しているはずだが、一連の状況はすべて数字に反映されている。・・・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00010012-newsweek-int
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう ( No.8 )
日時: 2019/09/01 21:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:F3fvD/0U

さて、何を持って
> 日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

この様に言われるか
その一つに相対的貧困率があります。

先進、30カ国の中で、日本は、メキシコ(18%)トルコ・アメリカ(17%)についで4番目に高い国です(15%)
スエーデンやデンマークは4%代。

相対的貧困率と言うのは、その国の平均所得の平均値、日本のそれは420万円ですが、その半分以下の人たちを貧困層と言い、日本では年収210万円以下の人が15%いるということです。
いわゆるワーキングプアーと言われている人たちが、総人口比で言えば2000万人いるということになります。
すでにアメリカの貧困を馬鹿に出来ない状況なのです。

「他国と比べると日本には貧困層はあまりいない」と思っている人も多いように思いますが、実はそうではありません。

>生活保護費

我が国のGDPに対する総生活保護費の比率は、0.8%.
イギリス・フランスなどは、2〜4%。
アメリカでさえ、3%以上。

多くの国では、まずは医療費、教育費が無料である。
失業保険も、2年、3年と受けられる。
仕事が出来ない人達に対して、生活保護以外に何とか支援する体制が出来ている。
生活保護のシステムもきめ細かくなっていて、その家庭に何が必要かを見極め支給される。

日本の様に初めから出来るだけ生活保護費を増やさないように対応する行政とは異なるのだ。

儒教、仏教の精神が育まれてきた日本では、助け合いの心が強く根付いているものと思ってきたが、そうではなく、先進国では一番厳しく、弱者を切り捨てる政策をとっている国となってしまっている。
先進国の一員として、まさか、こんな国になっているとは思いもよらないでしょう。

何故、この様になってきたのか!

一つの事例を紹介しましょう。
ヨーロッパの国は、高福祉、高負担だから、その様になっているという話を良く聞くでしょう。

要するに国民負担の問題です。
国民負担とは租税の他に、医療保険、年金などを含む国民が負担する金額です。

高福祉、高負担といわれている国では消費税も20%など高いといわれ、国民負担も50〜60%になっています。
日本の場合、国民負担は37%といわれていますが、それは表向きの話。
実際は赤字国債を毎年発行し、福祉の財源にも充てています。

その赤字国債分を含めると、驚いたことに国民負担は55%に達していることになるのです。
国民負担は実質、ヨーロッパの先進国と変わらないのに、実際の福祉行政は雲泥の差が有ります。

これは何故でしょう。
これは行政の不効率・不誠実・怠慢の表れです。

公僕と言う意識を忘れた公務員は税金の使い道の大切さが解りません。
自民党政権と組んで、自らも天下り先を確保するなど、利権に目が眩んでいる公務員の無駄使い、またあらゆる名目で、公務員が高級をむさぼっている結果でしょう。

年金の破綻も、少子高齢化を知りながら、適切にそれに対応してこなかった、厚生労働省の責任です。

この様な事が40〜50年も続けば、そりゃあ、ヨーロッパ諸国と差が付いてしまうでしょう。
政治屋、官僚の言葉は、体裁よく聞かれますが、問題は、奴等は影で税金を国を食いつぶしてきたのです。

つい先ほどのように感じますが「我が国は総中流」などと浮かれていましたが、気が付いてみると、こんなに遅れを取っていたのです。

相対的貧困率の問題でも、確かに後進国並ではありませんか。

一方で

グローバル化経済が進む中、どこの国でも弱者救済、具体的に言えば、農業、地場産業などの保護育成に努めてきました。
自民党政権がやってきたのは、農業で言えば減反政策、補助金政策で、一図にアメリカに追いつけ、追い越せで大企業の育成ばかりしてきました。

こうしたことが原因で、我が国は先進国からは脱落し、いまでは後進国並となったのです。
しかしながら、その我が国でも上半分の国民は豊かな生活を送っています。

其れを見て、我が国はまだまだ、豊かだと、勘違いしてはいけません。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存