ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[108] 国民の声
日時: 2018/02/12 20:14
名前: topics editor ID:i0PbXTvQ

皆で書きこみましょう。

無能な政治に翻弄されて、巷に彷徨う国民の叫びを!

我が子、孫、弱者に代わって!

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 国民の声   ooeyamaさんへ ( No.135 )
日時: 2019/02/08 10:37
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:d1TaFdkc

ooeyamaさん、こんにちは。

ドイツのことに触れられていますね。

次の文章は、
このスレッドは、HN msehiこと関口博之氏のブログの紹介です。
関口氏は、現在長野県在住で長年住まわれたドイツの研究書を書きながら、有機農業を愛好されています。

「ドイツに学ぶ<msehi 氏のスレッド」を立ち上げており、データは古くなっていますが、デンマークのことも書いてあります。



そして現在ドイツの中小企業は企業数で99パーセントを超える330万社にも上り、ドイツの全就業者の約7割に職場を提供している。
しかもこれらのほとんどの中小企業は、日本のように大企業の下請ではなく独自の技術を追求し、地域の要となると同時にツアイス社やウェバスト社などのように世界に飛躍することを目指している。

このような逞しい中小企業を育成したのは、まさに戦後の民主的な官僚制の刷新である。
すなわち戦前のハイパーインフレやナチズムを許した専制的な官僚制から国民の利益(幸せ)を追求する民主的な官僚制への刷新であった。
具体的には戦後の西ドイツの経済大臣エアハルトが、「すべての国民の繁栄」というスローガンで、社会的市場経済を開始した時から始まっている。

社会的市場経済とは市場経済が原則であり、競争の秩序政策によって市場機構を保証している。
しかし市場機構のみでは基本法(ドイツ憲法)にある不平等を解消し、弱者を保護し、社会扶助といった社会的公正が確保できないことから、社会政策によって補完している。

この社会政策は、従業員の経営参加(共同決定法)、個人の財産確立(財産形成法)、安定した豊かな社会形成(社会保障制度)として具体化され、労働時間、休暇日数、社会福祉、労働分配率などの中に、国民の利益を優先することが明確に現れている。
そして中小企業を地域の要として育成するために、「競争制限法」を1950年代末までにすべての州で成立させ、大企業のカルテル形成や市場支配力の乱用を規制し、企業規模が小さいことから生じる中小企業の競争上の不利益を改善し、自由な競争によって企業の活力がはぐくまれる秩序を整えた。

また手工業分野では独立開業する条件としてマイスター試験に合格することを求め、一定の規定で大企業の市場支配に歯止めをかけ、中小企業を保護育成した。
さらに連邦政府並びに州政府は、中小企業に多額の助成金や融資だけでなく、各地域にくまなく職業訓練所を作り、労働者の技術を向上させることで支援した。

日本が見習うべき最も重要なことは、各地域の中小企業には補完原則が適用されたことである。
すなわちあらゆる権限が地域の州政府に委譲され、州政府は独自の中小企業政策を作成し、各州がお互いに競い合ったことだ。
各州の中小企業政策では、資金助成や経営相談がなされるだけでなく、専門家によって研究開発から販売方法に至るまでが適正に指導されて行った。
そして現在このようにして育成された中小企業が、世界からドイツの「ミッテルシュタント」として注目されるだけでなく、絶好調のドイツ産業の力強い牽引力となっている。

確かにドイツ産業の絶好調はユーロ安の恩恵があることは確かであるが、それは他のEU産業国でも同じ筈である。
しかし他のEU諸国は全般的に不況であるにもかかわらず、ドイツだけが独り勝ちしており、GDP比率の貿易経常黒字では中国を抜いて世界一である。(2009年の貿易経常黒字額では、中国の2971億ドルに次いでドイツは1656ドルの世界第2位)
明らかにドイツの好況の理由には、企業の創意工夫を重んじて育成されてきた中小企業が原動力となっている。
すなわち大量製品が世界に過剰となる中で、長い歴史を通して創意工夫で育まれ、質的に抜きん出たドイツ製品が世界から求められているのだ。

そして今年、10年後までに脱原発を実現することを世界に宣言したドイツは、2050年までに化石燃料の天然ガスの利用も廃止し、太陽光中心の自然エネルギーで賄うことを打ち出している。 
既にその指針に従ってドイツの地域では、多くのプロジェクトが中小企業中心に開始されている。
これはまさにドイツの新しい産業ルネッサンスを生み出す産業戦略であり、国民の利益を求める産業戦略に他ならない。
究極的には、世界の利益(幸せ)を求める産業戦略だと言っても過言ではない。

これに対して日本は相変わらず量的追求に終始し、値下げ競争に困窮する大企業支援を優先させ、TPP加入で農業や地域産業を壊滅させる道を推し進めようとしている。
また福島原発事故にもかかわらず、国家プロジェクトで新興国や途上国へ原発売り込む原発ルネサンスを粛々と継続している。
こうした官僚支配政府主導の産業戦略には、日本の未来はない。

(以上)

この様に、ドイツは政官挙げて、ドイツをどのような国にしたいかを考えています。
アメリカ追従型の日本とは大違いです。(結局はアメリカの様な格差が酷い国になってしまいました)

ドイツの関わらず、ヨーロッパの公務員は、国家、国民の為に何をすべきか、という事を国民の立場から、常に忘れずに働いているような気がします。
そこが、愛想だけは良いが事務的であり、我が身の安泰のことよりしない日本の公務員の姿勢とは違うようですね。


メンテ
Re: 国民の声 偽装国家 ( No.136 )
日時: 2019/02/08 12:05
名前: ポンさん ID:U6r86GCQ

偽装政権 安倍シンゾウが総理になってから 改竄偽装を上げると枚挙に暇がない 〜

なぜこれほど繕うのか やっぱりこの安倍は 後世の歴史に名を残したい これ一片だけなのであろう なんと愚かな男なのであろう

 われわれは正義を重んじなければならない 正義を軽んじる安倍シンゾウは後世に名を遺すどころか 最低の総理として名を残すこ

とになるだろう 真実を歪めるものは 真実によって滅ばされる 〜
メンテ
偽装国家! ( No.137 )
日時: 2019/02/08 18:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:d1TaFdkc

偽装国家!

良いタイトルではありませんか、

後期高齢者医療制度
健康保険被保険者資格証明書
障害者自立支援法
年金問題
TPP問題



話題はいくらでも出てきます。

クタバレ自民党!

クタバレ霞が関官僚!


ふるさと納税制度も頭にきている、取り上げて欲しいもの。
メンテ
Re: 国民の声 ( No.138 )
日時: 2019/02/08 18:44
名前: 小浜 馬楽 ID:o5z5YqSo

其れより、何より、斯う言う馬鹿な無能総理を、何時までも総理の椅子に座らせて置く、自民党と言う議員集団の愚かしさが、日本にとってどれ程害悪を及ぼして居るか! 将に「自・公亡国政権」です。

安倍内閣に雁首を並べて居る閣僚に、麻生のヤックザ二世を始め、誰一人として良識と教養のある顔をした奴は見えません。

何故多くの有権者は、斯う言う邪悪な集団を政権の座に座らせ続けるのか? 

もう、もう、電波メディアで“安倍”の顔や“麻生”の顔が露出する度、ウンザリして食欲も低下します。

「安倍自・公政権支持」の有権者の皆さん、いい加減に目を覚まして呉れませんか?
メンテ
Re: 国民の声 ( No.139 )
日時: 2019/02/09 12:23
名前: ポンさん ID:C1lonEPY

安倍政権は我々国民の喉に小骨が刺さってる状態の政権なのだ、何本小骨が刺さってるだろうか? 国民はこれに慣らされているよう

だ  モリカケ疑獄やら 公文書虚偽改竄 閣僚問題答弁や 強姦魔もみ消し 官僚のセクハラ問題 統計文書偽装やら政治資金収支

報告やら 暴力団地元安倍事務所火炎瓶 国民の年金資金を悪用し株価つり上げ 災害が起きる緊急事態に自民亭で どんちゃん騒

ぎ何本も国民の喉に骨が刺さってる 膿を出すこともほったらかし それに呼応するように 行政統計数値改竄 水増しかさ上げ、嘘

と欺瞞、粉飾偽装 こんな政権がいいわけがない 断固糾弾し解体させよう !!

野党の質問に答えられない政権は 降りてもらうしかないのだ 〜
メンテ
Re: 国民の声 ( No.140 )
日時: 2019/02/09 18:31
名前: ooeyama ID:bchJZgKY

>モリカケ疑獄やら 公文書虚偽改竄 閣僚問題答弁や 強姦魔もみ消し 官僚のセクハラ問題 統計文書偽装やら政治資金収支

報告やら 暴力団地元安倍事務所火炎瓶 国民の年金資金を悪用し株価つり上げ 災害が起きる緊急事態に自民亭で どんちゃん騒

ぎ何本も国民の喉に骨が刺さってる 膿を出すこともほったらかし それに呼応するように 行政統計数値改竄 水増しかさ上げ、嘘

と欺瞞、粉飾偽装 こんな政権がいいわけがない 断固糾弾し解体させよう !!


安倍政権が発足以来犯した罪状で上記は氷山の一角、怒号の中で強行採決した安保関連法や民意を無視した沖縄基地移転等、数え上げれば切りがない。それらどれ一つ切り取っても、国家の品格と民主主義の根幹を揺るがす大事件だが、国民各層は至って平穏に日々過ごし、節分の巻きずしを大量に廃棄した後、目下最大の関心事はバレンタインデーで貰えるチョコの数とか。

嘘も100回言えば本当になるとはナチス宣伝相の弁だが、国会で虚偽答弁を繰り返した佐川前長官も、お咎めなく無事に巨額の退職金や慰労金を懐に消え、モリもカケももはや人々の話題にものぼらない、今の国会質疑が明日の生活に直結する想像力すらなく、空虚なパンとサーカスの政治に思考停止状態。今は一刻も早く国民のアホが治ることを祈るばかりだ。
メンテ
Re: 国民の声 ( No.141 )
日時: 2019/02/11 01:55
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WZ2zNSJ6

みなさん、安倍のアホーによる改竄問題も大事ですが、私は福嶋原発事故を津波のせいにしている歴代政権をゆるせません。

この点は、津波のせいと言う観念を真っ先に植え付けた(原子力村に無抵抗)民主党の菅内閣が第一級戦犯です。

地震ですでに配管が破損していたことなど菅には伝わっていたはず。
そこで、そんなに脆弱な原発を廃止にすると何故宣言しなかったのだろう。
そうすれば安倍のアホーによる原発再稼働など出来なかった。

菅などは、厚生労働省の役人を相手に書類を出せとすごむことはできても(相手は服従の義務があるから正面切って反抗は出来ない)の根っからの臆病者、強者(原子力村)には手が出せないクソ。
小沢も欺瞞家の極み、そこへ持ってきて宇宙人鳩山、これでは民主党政権など空中楼閣。

安倍もアホだが、菅も鳩山、小沢も同列のアホに過ぎない。
鳩山も小沢も国民が何を思って政権を託したか全く理解できていないアホ。
そういう大きな付託に応えられる人間じゃなかったのさ。

話しが少しそれてしまったが、

「反原発の火を燃えあがらそう!」スレッドにも書き込みましたが、次の文章を紹介します。

ほとんどの国民は福嶋原発事故は津波のせいと思い込まされている。
そうではないのだが、それを証明するメディアの報道は、事件直後に報道ステーションが流した一回のみ。
その後は、それを思わせる報道は一切ない。

実際は地震、それも震度6までの揺れて原子炉を取り巻く配管が破損していたのである。
1000年に一度の津波のせいにするのと、年間十数回を超える震度6の地震のせいにするのと雲泥の差がある。
問題の報道ステーションの放送とは、原発の職員の話として地震直後建屋を見回ったところ室内が蒸気で充満していたと言う。
配管が破損していた証拠であり、原発職員の退去命令も津波以前に出されている。

当時から、随分と時間が経ったが、ポツリ、ポツリと当時の様子を伺わせる発言が出てきた。


(その1)

福島第一原発は津波の前にすでに壊れて放射能を放出していたという海外の論文がありますが日本の事故調査ではどういう結論が出されていたんですか?

海外の論文が示す津波の前の放射能放出−福島第一原発1号機
「最初のキセノン133の大量放出は非常に早い時刻、おそらく地震と緊急停止直後の3月11日6時(UTC:日本時間の15:00)に始まったという強力な証拠がある」。

「キセノン133の放出は早い時刻に、大地震によって引き起こされた炉の緊急自動停止の間か直後に起こったという強力な証拠がある。この早期の放出開始は、興味深いものであり、地震の間に原子炉に何らかの構造的損傷が起こったことを示唆しているかも知れない」。

「3月11日の日本時間15:00の放出開始は、地震が起こった時刻と一致しており、炉の緊急停止の結果としての希ガス放出によるものであろう。その希ガス放出はこの頃におそらく地震による構造的損傷によって高められたものだろう。また、緊急炉心冷却系による冷水の注入やそれに伴う燃料被覆管への熱応力がこの放出に寄与しているかも知れない。このようにして、放射能が、1号炉の圧力解放弁(引用者注:ベント弁)が3月12日の9:15(日本時間)に開くより前にすでに放出されていた」。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/6899edf73358eebbedaf6e9ccb65d2bf


(その2)

http://www.aopo.net/goino/vol769.html

>原発事故発生

2011年3月11日14時46分、三陸沖に発生した東北地方太平洋沖地震で福島原発のある双葉郡は震度6に揺れた。この地震により、福島原発に送電する鉄塔一基が倒壊し、福島第一原発は外部からの電源を失った。発電所内の1?4号機の受電設備も地震で損傷した。
 最大加速度は耐震設計値600ガル近くの550ガルを記録。稼働中の1?3号機は自動停止した。館内は停電し、施設内外に多くの破損が起き、緊急炉心冷却装置(ECCS)が地震で故障。1号機の原子炉につなぐ配管が壊れて汚染蒸気が噴出していたという現場の作業員の証言や、使用済み燃料棒を冷却する貯蔵庫の汚染水が大量に降ってきたとの報告もあり、6?7千人いた作業員は緊急に退避をした。外部電源が失われたため、非常用電源(ディーゼル発電機)が起動した。
 15時27分に大きな津波の第一波が防波堤を越えて標高10mの丘に建てられた1?4号機の敷地上4?5mの高さまで進入してきた。それによって原子力発電の施設が大きく破壊され、さらに数回にわたって津波が原発を襲い地下室や立坑に浸水した。地下にあった2?4号機の非常用電源は水没し、むきだし状態に設置されていた冷却用海水系ポンプも壊れ、燃料のオイルタンクも流失した。

>緊急事態になぜ作業員は地震の後すぐに避難したのか!?

以上がざっとSPEEDIがスタートする11日17時までの時間的経緯であるが、まず問題となるのは、このような緊急事態に作業員が地震の後に作業を止めてすぐに退避してしまった事や東電の社員が西日本にその日の内に逃げたという問題であろう。
 本来なら地震や津波で一時的な避難や作業の中止などがあったとしても原子炉を安定し、かつ安全な状態に維持する義務や責任があるはずである。それが、一斉に作業員達が逃げてしまったから、余程の何か重要な事故が起きたとしか考えられないのである。
 その件に関し、写真週刊誌『フライデー』4月8日号では原発で働いている作業員たちの地震直後の証言が色々と掲載されている。その中で地震直後に上司から「逃げろ」という声と共に、周囲からパンパンパンと不気味な破裂音がして5号機からは白煙、遠くの1号機からは黒煙が上がっていたという現場作業員の証言がある。
 また、地震による1号機の電源を回復するためにタービン内で徹夜の仕事をしていた人が明け方に免震棟に戻って放射線測定器を受けたら被曝していた事や、他にも20人位が放射線被曝していた事実が述べられていたが、ここでの被爆という事実が重要なカギとなるだろう。

(その3)

福島原発:IC開時/閉時平均した低下速度(55℃/時)だけ言って開時の速度隠すのは,速過ぎて配管破れたとバレるからか?

福島原発1号機のIC(非常用復水器)の操作について、上図を見ればわかるとおり、
運転員が「原子炉圧力「7.06MPa」〜「6.27MPa」に維持」を実施した際に手動停止した理由を、
保安院は、
「IC起動に伴う原子炉圧力の低下が速く、
 操作手順書で定める原子炉冷却材温度降下率55℃/hを遵守できないと判断したから」
と解説しています。

この解説の仕方は、
温度低下速度をIC開時と閉時で均して平均すると55℃/時以下になるように開閉した、ことしか明かさず、
(a) 開時が110℃/時、閉時が0℃/時で、10分開いて10分閉じるのを交互に行ったのか、
(b) 開時が55000℃/時、閉時が0℃/時で、1秒開いて、999秒閉じるのを交互に行ったのか、
をわざと曖昧にしており、
開時の温度低下速度と圧力低下速度を完璧に隠蔽した、悪意のある解説の仕方です。
(見ていたのは圧力計なので、上に書いた温度低下速度は圧力低下速度から割り出すとそうなるという意味)

こんな書き方をされると、
普通の人は、開した長さと閉じた長さはだいたい同じだと何となくの感じで勝手に思って、
(a)のような感じだったんだと勝手に思ってしまいます。
それを狙って、わざと曖昧に書いたとしか思えません。

もし(b)の開時が55000℃/時なら、ICによる温度低下能力を遙かに超えた下がり方であり、
配管が破れて蒸気が出て行ったとしか考えられない、激しい下がり方です。

55000℃/時とまでは行かなくても、
配管が破れて蒸気が出て行ったと思われる、結構激しい下がり方をしていたのではないか?

もし実際が(b)でも、保安院のこの書き方だと国民は(a)だと思い込んでしまうのです。
そう思い込ませるのを狙った書き方です。


保安院は、なぜ
「原子炉圧力の低下が速く」などと曖昧な書き方をしたんだ?
「原子炉圧力の低下が凡そ○○MPa/時と速く」と具体的な値も明かせばいいだろう。

具体的な値を明かすのは簡単なのに、それをわざと伏せた態度を見てると、
IC開時の圧力低下があまりにも速すぎて、それを隠蔽したいからだろう、と誰でも疑う。

この、IC開時の具体的な値を隠蔽した解説を見ていると、
圧力計を見ていた運転員を国会に証人喚問し、その値を証言させないといけないと思う。
そうしない限り、真実が隠蔽されたままになると思う。

皆さん、
「IC運転員に圧力計の値がどれくらいの速さで下がって行ったか証言させろ!」
と全国に抗議活動を巻き起こしましょう。

(引用終わり)

福嶋原発事故が地震のせいだとすれば、現在の反原発運動は、どのように違ったものとなったでしょう。

民主党政権で、何故、この様な事をしでかしたのか。
要するに、民主党政権は紛い物で自民党と何ら変わりはなかったと言うことです。
メンテ
Re: 国民の声 ( No.142 )
日時: 2019/02/13 20:10
名前: ポンさん ID:RzBCmrs6

安部内閣の負の遺産


 学校法人「加計学園」の岡山理科大獣医学部の誘致に成功した愛媛県今治市。その今治市の菅良二市長や同市の職員らが、地方公務員法違反の疑いがあるパーティを開催していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

【写真】問題となっているパーティの案内状

 今治市を巡っては、市教育委員会が市内の小、中、高校に対し、加計学園の獣医学部新設に関する市民説明会への動員を呼びかけていたことが公務員の政治的中立性に抵触しかねないと指摘されてきた。

 今回、問題となっているパーティとは今年1月26日、愛媛県今治市内のホテルで開催された山本順三国家公安委員長(64)の大臣就任祝賀会。山本氏も国会などで、加計学園の獣医学部新設問題への関与が取り沙汰された一人だ。このパーティには地元の有力者約250人が招かれ、フランス料理のフルコースが振る舞われたという。

 ところが、小誌が入手した案内状によれば、祝賀会の<お問合わせ先>は、<今治市総務調整課>。領収書には、参加費1万円を領袖した事務取扱者として課長名の判子が押されていた。

 菅市長は「私が発起人だから職員にやらせてね……。政治活動ではなく大臣の祝賀会です」と回答。市総務調整課は「祝賀会は政治活動ではなく儀礼的なものでございます」「地方公務員法の政治行為の制限に該当するものでもございません」などと回答した。

 一方、大臣はどう答えるか。山本氏を直撃した。

――祝賀会の事務に従事した市職員は地方公務員違反にあたるのでは?

「ちょっとよく分からない。確認してみます。私が主催したわけではなく招待して頂いただけです」

――特定の政治家を、政治的中立性が求められる地方公務員が応援することは問題あるのでは?

「そんなこと全くない! 何が問題あるのかこっちが聞きたいわね」

 元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士が指摘する。

「本来公務員は政治的中立性が求められ、職務として祝賀会の事務を担った市職員は、政治的行為を制限した地方公務員法に違反することは明らか。命令に逆らえず政治的活動に従事したとすれば、市長のパワハラと言えます。そして国家公安委員長という職務を務める山本大臣も道義的な責任は問われるでしょう」

 警察を管理する国家公安委員長の就任祝いが、違法の疑いのあるパーティーだったことは論議を呼びそうだ。

 2月14日(木)発売の「週刊文春」では、山本氏の大臣祝賀会の様子や、山本氏と加計学園との関係などについて詳報している。
メンテ
暴政を誰が戒めるのか? ( No.143 )
日時: 2019/02/14 00:03
名前: ooeyama ID:uYaOgio6

2016年7月10日のK紙コラム欄天眼に「誰が悪政を諫め、辞めさせるか」のタイトルで、京都橘大学教授 (日本・中世史)田端康子氏の提言が掲載された、2年半経った今日の政治や官僚の腐敗が混迷の度を増すにつれ、拝聴されるべき提言だと思う。

下記にその要点を引用させて貰う、

前近代の日本には、国民の選挙による議員や首長の決定システムがなかった。では、鎌倉・室町期の将軍の悪政に対し、それを諫めたり、停止させる力は誰に拠て、どのようにして発動されたのだろうか?、

源頼朝が1199年正月に突然亡くなった時、武家の棟梁の地位に就いたの長男頼家であった。然し18歳の頼家は頼朝の老臣の所領を没収したり、無責任な裁定を下したり、側近を用いて功臣の側室を寵愛するなどし、頼朝との関係は一触即発の状態に陥った。

この状況を打破したのは、頼朝の正室で頼家の実母北条政子である。政子は即座に頼家の親裁を停止、代わって13人の重臣による合議制による政治を実施させ、側近を奪われた家臣の邸宅から頼家を訓戒した。頼朝の重臣に罪有らば妻である自分が尋門し成敗する。事実を確かめず追罰しょうとするなら、母にまず矢を当てよ、と言ったのである。

室町時代の足利義教の悪政は強烈なもので、公家・寺社に疑惑を募らせ所領を没収、鎌倉公方足利持氏を討伐、守護家を弾圧し土民と対立した。まさに「万人恐怖」の政治であった。この義教が守護赤松氏に討たれようやく義教時代が終わった。執政は管領が行い、細川持之は義教時代に咎めを受けた人々をすべて許している。将軍の突然の死後,全権は管領に移行したことになる。

義教の次に将軍は長男義勝、その次に次男の義政が就いた。その間も管領による幕府政治は順調に遂行されていた。義政16際の1451年乳母であり側室でもある今参局の口入を容れて、尾張国守護代を織田敏広から郷広に交代させようとした、これに対し義政の実母日野重子は訓戒し「守護代の人事は守護の権限」であり、尾張守護斯波氏は足利家にとって大切な家柄と諫めている。重子の正論に管領の畠山持国らが同調したので、義政は先の人事を撤回せざるをえなかった。

室町期最大に飢餓「寛正の大飢饉」では餓死者が8万2千人に及び、骸骨が巷に満ちているという惨状を呈した。26歳の義政は室町殿の建物や泉水の造営に熱中して、この惨状に無頓着であった。それに対し後花園天皇は「春を迎え咲き始めた花や木々の緑は、一体誰の為に美しく装い始めたか?」との漢詩を義政に遣わした。

前近代でも、為政者に政治をすべて任せていた訳でない、悪政を行う将軍のすぐ近くに居た人々、父母、家臣らは為政者を諫めつつ、有るべき正しい道に向かわせようとし、それが出来なければ政治を停止させたのだ。

このことは現代に於いても継承すべき方策ではないだろうか、選挙権のある我々には候補者の一側面、しかも美化さあれたそれしか判らない、上司、同僚、恩師、友人、家族など周囲にいる人々には、為政者の失政を諫めたり糾したりする責任があるとおもう。


以上がコラム論旨の要約だが、自民党内の派閥領袖が挙って腑抜けとなり、安倍1強の下同じ穴の貉や烏合の集となった自公議員に期待しない。誰もバカ殿の暴走を諫める者が居なくなった現状で、主権在民の日本国憲法を頂く我々には、来る国政選挙にて主権者の権限を行使するまでだ。

メンテ
Re; 暴政を誰が戒めるのか? ( No.144 )
日時: 2019/02/16 11:51
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:J/2lL/9o

鳩山が、あれだけ国民の支持を受けながら、内閣を10か月も経たずに投げ出した。
能力のこともあるが、何が何でも無責任ではないか。
首相としての政治家としての使命感などなかったのである。

戦前は 犬養、原敬など、己の政治信条に命を賭けて戦った者もいる。
その後の菅も野田も同じ、元々首相の器ではなく、政治家でもない口先人間。

時の政治勢力を戒める方が、これだから「何をか言わんや」である。
彼らを選んだ国民が悪いと言うのではない。
あまりにも政治屋共の質が悪かったのである。

さて、自民党はと言えば、半世紀以上続く政権のタライ回しにすっかり安心して、己の保身、出世の気を伺うことばかり。
自民党政権を何時までも支持する国民も悪いが、現代政治家のレベルを見れば、民主主義など成立しない。
国民の声を代表で出来る政治家がいないのである。

自民党の石破もそうである。
安倍の後継を狙いながら、勝ち目があるまで隠忍自重。
ひごろさかしらに政策を語る、その口は、己が首相を狙うための口実にすぎない飾り物。

本当に、国家、国民を思うなら、何故、自民党を割って出て国民に信を問わない。
己に情熱なく国民を引っ張っていく自信がないからである。

まあ、奴には御手本がある。
随分と以前になったが「加藤の乱」を思いだす。

政敵を相手に一戦交える構えを見せながら、結局は形成不利と見て、引き下がる、その様は、如何にも小人、これではもともと政治屋集団の領袖にはなれず、ましてや国家、国民の問題に対処できるはずもない。

そのご、森、麻生、安倍と続く歴代内閣の何と情けないこと。
我が国の歴史において下剋上があったのは

戦国時代と幕末である。
日本人も決しておとなしいばかりではないはずであるが。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存