ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1112] アングロサクソン研究
日時: 2011/06/28 11:19
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:CY.ZlSS2

http://axz555.iza.ne.jp/blog/entry/983299/

しばらく安藤 真氏のブログから、アングロサクソンのことに関する記述を紹介します。
少し偏った見方もありますが、ある意味アングロサクソン流と言うものを捉えています。
ここ数百年、世界をリードしてきたアングロサクソン流とは何かを解くとき、キリスト教、ユダヤの影響も重ねて考えねばなりません。

それを御承知の上で、読んでいただきたく思います。



世界地図を見れば一目瞭然のことがある、それは、この数百年で何が行われてきたかということ。


 地球上の主要な地域がヨーロッパ人種の支配下にあった、北アメリカはイギリス・フランスの移民の子孫が支配権を握り、オーストラリア・ニュージーランドはアングロサクソン勢力、アフリカ諸国の産業はヨーロッパ諸国の資本によって統制されている、ようだ。


 南アメリカ大陸もひどいものだ、ここで、何が行われたかは、中南米の各地に残るMatanza・Matanzas(虐殺)という地名が雄弁に物語っている。


 地球上の広大な地域に、彼らの子孫が繁栄していると言う事実の裏には、どれだけの懐柔・陰謀・略奪が行われてきたことか、彼らの巧妙な植民地支配は分割統治・divide and ruleとなって、骨の髄まで搾取し続けた・・・


 それは、国家的犯罪・民族的破壊・・・ところが、それらに対する根本的批判や本質的反省が為されてきたであろうか。

 「なにがクジラだ、さんざん殺戮・破壊しておきながら、いまさら何を言うか」

 そういった率直な意見が、世界のテーマになることがなかったのも不思議といえば不思議だ。

 これは、世界の言論をリードする国際的機関の長期的な「働き」と「工作」なのかもしれない。


 21世紀の世界地図を虚心に見つめれば、どんなグループによって、どんなことが行われてきたかは、子供でも分かる。

続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: アングロサクソン研究 ( No.41 )
日時: 2013/01/30 09:42:29
名前: 天橋立の愚痴人間

北の国から さん

レスの様子から、貴方はお医者さんをしておられるのでしょうか。

>そして、この「対置すべき課題と展望」こそ、アメリカ流の制度から完全に独立した医療
のあるべき姿と道筋であるのだと思いました。

TPPに参加するなど、実際は、正反対の方向へ進んでいますね。

本当に、日本人には自尊心と言うものが、無いのではないでしょうか。

大阪の高校での体罰と入試中止を廻る騒動でも、多くの人が(生徒も含めて)橋下の処置はスポーツで世に出る事を考えている人間の将来を潰すと言う観点から非難をしています。

彼等の判断の中には、人間としての自尊心がありません。
問題をすり替える橋下の処置は否定しますが、当事者たちの腰抜けぶりを見ると嫌になってきます。

これが現代日本人気質と言うものでしょうね。
メンテ
Re: アングロサクソン研究 ( No.42 )
日時: 2013/01/30 23:10:40
名前: 北の国から

 明治維新においても、15年戦争(太平洋戦争)の敗戦処理のときも、日本人は自ら、自分
立ちの今後について真剣な選択をしていませんし、ましてや、それぞれの出来事の以前のこと
についても実際には、まともな総括もしていないと思います。
 それは、おそらく権力に対してはっきりともの言うべき知識人が、日本の天皇制という強力
な「権威」のもとで、権力にもの言うことが、弾圧の対象になるだけでなく、実は国民の支持
も得られないという「日本的な政治レベル」「民度」の限界を感じ、そういう力にも抗してた
たかうという確固たる信念も、確固たる歴史観も(ほんの数人を除き)持っていなかったので
しょう。
 それは、たぶん圧倒的な国民が、歴史的真実にむけた総括ということに対して無知であった
わけではなく、知識人の言論そのものが、国民の多くの心をとらえていなかったことであり、
また、知識人自身が、そうした努力に無頓着であったともいえるものです。
 したがって日本人(日本民族)の多数は「真剣に自らの生き方を選択する」というチャンス
を失ってしまったまま、今日に至っているのでしょう。
 したがって、日本の民主主義も極めて形骸的にせものであるし、資本主義にしてもきわめて
いびつきわまりない醜悪なものになっているし、日本人もアメリカの言いなりであることに何
の気遅れも感じない(プライドなき集団)というものです。


 こうも、日本の知識人と言われる人がだめになった(だめだった)のかの要因については、ま
だ解明できていません。(何とか勉強しようと思います)

 天橋立の愚痴人間さん。
 ボクは医者ではありません。ふつうの労働者です。
そういう仕事に長年かかわってきただけです。医者というのは政治音痴のバカみたいのが多い
のですが、本来のモチベーションをまともに発揮するように育てていけば、大きな役割を発揮
することのできる仕事ではあります。



メンテ
Re: アングロサクソン研究 ( No.43 )
日時: 2013/01/31 11:08:42
名前: 天橋立の愚痴人間

北の国からさん始め、皆さんが言われている日本人の特性は、現実の身の回りでも感じられることです。

亭主関白、かかぁ殿下といわれている人たちでも、公の場となると口をつぐんでしまう人が多いです。
何処の国でも、強いものの中では、それに異を唱える事により不利益を考慮して、おとなしくする状況は共通のものと思いますが、日本人のそれは、単に強者に対する弱者のそれではなく「つつましい」事を美徳とする慣習があるようです。

そうして、その無口な人が本当に穏やかな心でいるかと言えば、決してそうではなく、個人的な付き合いでは結構、不満も言い、他人を謗ります。
合議を得ると言う事に関しては、おとなしい人ほど性質が悪いと言うこともままあります。

この「つつましさ ?」は何処から来ているのでしょう。
宗教的には、仏教、神道、他に儒教の影響が考えられますが、仏教は個人的なものであり、元々、公のものを対象にしていません。
神道は、議論の余地無く根ついている土壌であります。
結局は、儒教の影響が残ります。

しかしながら、私は、もっと深いところからの発想であると思います。
要するに、日本では大和朝廷設立の時期と織田信長が出現した戦国時代以外は、他の勢力により自分が所属する地域、集団が壊滅的な侵略を受ける事がありませんでした。

要するに、自分の所属する集団の意思に従っていれば概ね大きな不幸には会わなかったのです。
それで、お上の言う事に従うことは自身の最低の安全は保障されると言う経験から醸成されてきたのではないかと思います。
これが他国であれば、中国の権力闘争でも、ヨーロッパでの国家の興亡も、まかり間違えば生活の基盤事態を失ってしまいます。
お上自体が、何時滅ぼされるか判らないのです。

日本が温暖な島国であったと言う事が、公に対する、この「つつましさ」を育てたのでしょう。

この「つつましさ」の反動として、仲間同士の小競り合いが激しかったことも日本人の特性で、村八分や非人の階級を作り仲間を苛めて憂さを晴らす事で、情念の帳尻を合わせてきました。
外国の奴隷制や人種差別とは意味が違います。

私は、何ごとでも深く入りすぎますが、現代日本人の習性を言う時。此処まで遡ってしまいます。
日本に人が住み着き、文化と言われるものを構成してから1万年、それでも、今後何とか、ならないものでしょうか。
メンテ
Re: アングロサクソン研究 ( No.44 )
日時: 2015/10/17 10:55
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WIy2aE.g

最近、ネットで動画を見ることが多くなった。

HULUとかGyaoなど、お勧めします。

私が好んで見るのは、アクション、スパイもの。

だから殺戮の画面が多くなります。

その中で、洋画、特にアメリカものは、

非道な行為をした前後に、良く出てくるのは神に許しを請う仕草です。

これが、アングロサクソン。

懺悔すれば何でもOKの、この心の構造が、政治でも経済でも頭をもたげてくる。

西欧民主主義は、もう、御免である。

アングロサクソンの欺瞞には

うんざりだ!

グローバル化も

TPPも

アングロサクソンの正義に過ぎないのである。

日本人は、日本人だ、

大和魂を持たねばならない。

メンテ
Re: アングロサクソン研究 ( No.45 )
日時: 2016/02/09 12:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dmkX7GEs

現代社会を窮地に陥らせている西欧資本主義と、その主役、アングロサクソンについて言及しています。

初めから読んで頂かないと解りにくいと思います。
メンテ
アメリカピューリタニズム ( No.46 )
日時: 2016/03/02 15:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:YindUhZ.

ピューリタニズムとは、

カルバン主義の流れをくみ,聖書の示す神との契約に基づく新たな社会の実現を目指す思想。また,その生活態度。清教徒主義。

カソリックと違うところは、ローマ法王を頂点とする教会のシステムの中に組み入れられていないことでしょう。
一神教である、キリスト教と言うものは、信者とキリストの個人的な関係(契約)を主として展開されて」いる。
カソリックの場合、その間にローマ法王を頂点とする教会組織が介在する。
それに比べてカルビンが示した様に、純粋に神と信者のつながりを重視しているのがプロテスタントであり、ピューリタンニズムである。
個人が主体と言う意味では、現代民主主義と共に共感される事になるが、一方で、個人の主張(欲望)を教義では制御できなくなって来ると言う問題を抱合している。

その象徴がアメリカのピューリタニズムに顕著に現れている。
アメリカの支配階級は、WASP(ワスプ)と言って、Wホワイト(白人)、AアングロSサクソン人、Pピューリタン、じゃないと人間扱いしない。
ピューリタンとしての信仰心の厚さが、このような独断を生むことになる。
善悪はともかく、こうしたアメリカピューリタンの社会では以下の様な風潮が生まれた。

元々、メイフラワー号でやってきたのがイギリスから逃げたピューリタンでしょう。彼らの殖民はほぼ失敗だったがその後、ペンに率いられた一隊が殖民してペンシルヴァニアを作る。この人が確かピューリタンの一派のクエーカー教徒でしょう。その後も新教の影響が強くて、魔女狩りをやったりもした。

アメリカンドリームというのがピューリタニズムだと思います。働いて稼ぎなさい、神がそれを欲しているから。弱者は落ちこぼれるように神が運命を決めておいた(予定調和)ので、それを実現するために働きなさい。

ピューリタニズム自体がかなり幅広い概念なので、その参考書にどのように定義されていたのかよくわからないのですが、とりあえず、

1. カルヴァン主義の流れを汲むもので、人間は罪深い存在であると考え、神が定めた「えらばれしもの」が救済される。人は自分がそうであるかどうか知ることはできないけれど、「救いのたしかさ」を自分のものにするために、ひたすら職業労働に励む。

2. 自己修養と内省を重視し、快楽を戒める。

3. 神に選ばれたものとなるよう、社会の悪と闘い、教会に忠誠を尽くし、新世界にキリスト教社会を実現するための困難を引き受けることをみずからの指命とする。

宗教的には、それで良いとしても、現実的には下記の様に展開する。

1.はたとえば、こんなところに残っているといえないでしょうか。

アメリカの雑誌「フォーブス」は、毎年、アメリカ国内の長者番付を発表します。
その背景には、金持ちは努力家で優れた人間である、という思想がある。それに対して、貧しい者は怠惰で劣った人間だと考える。そのため金があるというだけで尊敬を集め、貧困者は冷遇され同情されない。
こういう考え方は普遍的ということもできるのですが、やはりアメリカではそれが極端だし、富と倫理がほかの国ではないような形で結びついているような気がします。

2.の快楽の戒めは、たとえばこんなところに残っています。
アメリカではアルコール類を買った時、かならず紙袋に入れてくれる。アルコール類を買うことは、罪深いことなんです。
もちろん、ピクニックなど、屋外の公共の場でアルコールを口にすることも違法です。
1920年代の禁酒法が有名ですが、それがなくなった後も、アルコール類に対する取り締まりは厳しいですし、人前で酔態を見せることに対しては、非常に疎んじられます。
映画でも、茶色い紙袋を口にあてて、飲んでいるような仕草をしている人がたまに出てきますが、あれはアルコールであることを暗に示しているわけです。

あるいはTVや映画などでも、放送コードは日本よりはるかに厳しいです。
映画「レオン」でも、レオンとマチルダが互いに引かれていくシーンが「性的に問題がある」と非難されてアメリカ公開時にカットされたことは「完全版」が出た時にずいぶん話題になっていましたね。

3.に関しては、イラクへの態度にも現れているのではないでしょうか。

ほかにも、妊娠中絶に対する、容認する医師さえも射殺するほどの激しい反対運動や、ホモセクシュアルに対する嫌悪感など、厳密にいうと、アメリカの保守主義、また福音主義運動とピューリタニズムは分ける必要があるのですが、やはり根本にはそうしたピューリタニズムがいまに生きていると考えてよいのではないでしょうか。

世界の警察などと自称して、自分たちの思想を押し付ける、経済の面で言えば、世界各國の事情を考慮することなく、グローバル化の思想を押し付ける。
これがアメリカピューリタニズムである。

(文中、引用している部分があります)
メンテ
慈善事業 ( No.47 )
日時: 2016/05/07 20:52
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:kRS4487k

久しぶりにUPします。

アングロサクソン流と言ってますが、なかなか具体的には解りません。
それで、このような観点からも書いてみましょう。

「宗教国家としてのアメリカ」
http://homepage2.nifty.com/ichikawakita/library/evangelical.html
の一部を引用。

•自然淘汰による進化論を信じているのは国民の1/4(2006年)
•9割以上の国民が神の存在を信じていて,無宗教は8%しかいない。8割以上の人が宗教は自分の生活に重要と考え,4割の人が毎週教会に通う。
•欧米のキリスト教国に比べても特異。 ◦死後の世界を信じる? アメリカは70%が信じている。フランスは35%
◦悪魔を信じる? アメリカは65%が信じ,イギリスは28%

•政教分離の概念自体が異なる。合衆国憲法では「特定の宗教や教派を特別扱いしてはいけない」ことを明記しているが,「宗教者は政治に口を出さない」という概念ではない。
•アメリカの政教分離は,教会の「自由市場競争主義」のようなもの。さまざまな教派が平等な立場で信者獲得のために自由競争を展開する。
•アメリカの保守とリベラル ◦保守の主張は,政府そのものへの不信感。政府は治安と外交など,最小限のサービスを提供するだけ。自由市場への介入はしない。政府に金がなければ勝手なことができないから税金は少ない方がいい。「小さな政府」
◦リベラルは「政府は国民を幸せにするために多くのことができるし,するべきだ」と,政府を信頼する。労働者保護のために企業は規制すべきだし,所得の公平な分配するために福祉政策も重要。そのためには強力で財政力のある政府が必要で,十分な税収を確保すべき。「大きな政府」。
◦一般的には,横暴な君主と政府の権力を制限する思想は「自由主義(=リベラリズム)で,「保守主義」とは封建制度や君主制を擁護する思想。しかし,アメリカにはそもそも守るべき君主制が最初から存在せず,自由主義が建国以来の理念。その自由主義の伝統を守ることが「保守」。経済活動の事由によって成功した資本家が,その自由を政府の規制から守ろうとする「自由放任主義」は「保守主義」。
◦しかし,20世紀初頭の野放図な資本主義は,労働者を消費者を搾取し,好況と不況の経済の波をコントロールできず,ついに1929年の大恐慌が発生。保守主義は解決の処方箋を出せずに立ち往生。
◦それを解決したのが民主党のニューディール政策。政府権力を使い,福祉政策で所得を再分配した。これがリベラリズムの誕生。リベラリズムは民主党の思想。共和党の思想が保守主義。


この背景には、キリスト教における福音の考え方があります。
福音と言いますと、福音主義とか福音派とか難解な教義上の規定があり、簡単には分けられません。
その一つに「福音」とは

 @聖書の神的霊感および神的権威、聖書の充分性

 A聖書解釈における個人的判断の権利および義務

 B三位一体の神

 Cアダムの堕落の結果としての人間の全的堕落

 D神のひとり子の受肉、人類の罪のための彼の贖いのわざ、彼の仲保的とりなしと支配

 E信仰のみによる罪人の義認

 F罪人の回心および聖化における聖霊の働き

 G霊魂の不滅、肉体の復活、正しい者の永遠の祝福と悪い者の永遠の刑罰を伴う、主イエス・キリストによる世界の審判

 Hキリスト教伝道者職の神的制定、洗礼と聖餐の二礼典の義務とその永続性 

がありますが、要するに宗教改革以来の、キリスト教を信仰するにあたって、聖書に対する見方の違いの様で、実際の内容は旧主派も含めて大差ないといえば、非難されるかとおもいますが、他宗教からみればそんなものでしょう。

キリスト教を信仰するとは、一般的に次のような認識でしょう。

イエス・キリストはわたしたちの罪を贖うために,御自身にしかできないことを行われました。主の贖罪の効力をわたしたち個人の生活の中で完全に発揮させるには,キリストを信じる信仰を持ち,罪を悔い改め,権能を持つ人によりバプテスマを受けて確認され,聖霊の賜物を受け,神の戒めを守り,神聖な儀式を受け,主のようになるための努力をしなければなりません。主の贖罪によりこれらのことを行うならば,わたしたちは主と天の御父とともに永遠に住むためにみもとに帰ることができます。

3)「神の赦しの二段階の実現」:キリストの贖罪による赦しへの気づきとそれぞれの人生に現れた悩み苦しみからの解放とは――例えば、生まれながらの病いの癒し、その人が背負っている、自らの責任ではない苦しみからの解放など――必ずしも時間的に一致するとは限りません。

 すべての人が大小の差こそあれ、それぞれに抱えている悩みや苦しみからの解放は、個別具体的な苦闘のプロセスで、これを「突き抜けた」人たちの証言を参考にし、勇気づけられながら、これがわが人生の意味をなすものと受け止めることによって備えられます。

結論です。仏教のエッセンスが修行による解脱ならば、キリスト教のそれはキリストとの一致による救いです。キリストの死と一致し、復活と一致し、聖霊と一致し、そして「善の境涯」を生きる。それだけです(注3)。「悔い改めて福音を信じなさい」(マルコによる福音書1−15)とはそのような意味です。それによって救済が成就し、自己超越の世界に入れるとキリスト教は請け合うのです。


ところで、キリスト教信仰の、もう一つの特徴を言います。

「懺悔(告解)」

ゆるしの秘跡、カトリック教会の秘跡(サクラメント)の一つで、洗礼以後に犯した罪のゆるしを与える秘跡のこと。かつては悔悛の秘蹟や告解と呼ばれていた。

ゆるしの秘跡は、罪をゆるす恵みの手段としてイエス・キリストが定めた通常の方法で、使徒とその後継者に罪をゆるす権能を授けられたとき、教会の中にゆるしの秘跡を制定した、とされている。その本質的要素は、聖霊のはたらきのもとに回心する人間の行為(痛悔・告白・償い)と、キリストの名によって罪のゆるしを与え、償いを定める司祭のゆるしである。ゆるしの秘跡を受けるためには、悔い改めと回心が不可欠で、そのうえで罪の告白と償いが必要になる。また、大罪を犯した場合には、赦される為にはこの秘跡が不可欠となる。

ゆるしの秘跡を授けることができるのは、使徒の後継者である司教と、司教の協力者である司祭である。司教・司祭(聴罪司祭)は告白を聴き、「父と子と聖霊のみ名によって」罪をゆるす権能を行使する。また聴罪司祭には守秘義務があり、告白によって知った罪についての完全な秘密を守るように義務づけられていて、これに背けば厳罰を科せられる]。

ゆるしの秘跡は、洗礼以後に犯した罪をゆるす恵みであるから、(洗礼以外の他の秘跡もそうだが)ゆるしの秘跡を受けられるのはカトリック教会で洗礼の秘跡を受けた信者だけである。また、現代のゆるしの秘跡の典礼には、個別のゆるしの式と共同回心式がある。共同回心式は、教会共同体が連帯して回心に励むためのもので、ことばの祭儀やミサの中で行われる。しかしこの場合にも、罪の告白は個別的に行われる]。このためカトリック教会の聖堂には、小さな告解室(「告解部屋」とも)が設けられている。


(引用終わり)

さて、話は変わります。
冒頭の文章を念頭に考えて見てください。

慈善事業と言われている行為の様相です。

日米のNPO数と寄付金額の簡易比較

それでは、簡単に日米のNPOのデータを比較してみる。制度の違いがあるため、厳
密な比較とは言い難い部分もあるが、おおよその違いが把握できるかと思う。
図表3

日米のNPO数(2010年)
項目     アメリカ    日本   
NPO数   1,280,739   42,386   
N P O 数/ 人口


2010年における日米の年間の寄付金額を示した。なお、1ドル=100円と
して計算している。

項目       アメリカ      日本
        22兆7,060億円   1兆1,829億円

アメリカの寄付金額は個人、企業をあわせて22兆円超となっており、非常に規模が大
きいことがわかる。特に個人の寄付においては、アメリカは日本の43.4倍と圧倒的な差
があり、人口差を考慮してもその差は17.9倍である。アメリカでは、年間に一人あたり
約6万8千円寄付をしているが、日本は約3,800円程度しかないということになる。

続く



メンテ
慈善事業 2 ( No.48 )
日時: 2016/05/07 21:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:kRS4487k

寄付やボランティアなどの慈善活動に積極的だと聞くと、豊かな先進国を思い浮かべてしまいそうだが、意外な結果が出て話題となっている。果たして、日本はトップ10にランクインしているのだろうか!?
・145カ国を対象とした調査で、最も慈善活動が盛んな国が明らかに!
イギリスの慈善団体「Charitable Aid Foundation:チャリタブル・エイド・ファンデーション」が、145カ国を対象とした ‟世界寄付指数” なる統計を発表した。
各国でおよそ1000人に、「金銭的な寄付をしたか」、「ボランティア活動を行ったか」、「他人に援助を施したか」との3つの項目についてアンケートに答えてもらい、トップ10ランキングの結果がはじき出された。
・1位はミャンマー連邦共和国
それでは、2015年に他人に尽くす慈善行為が最も盛んだった国は、どこだったのだろうか!? 以下にトップ10ランキングをまとめてみた。

1位:ミャンマー連邦共和国
2位:アメリカ合衆国
3位:ニュージーランド
4位:カナダ
5位:オーストラリア
6位:イギリス
7位:オランダ
8位:スリランカ民主社会主義共和国
9位:アイルランド
10位:マレーシア

この結果を見て、意外に思った人は多いのではないだろうか? 1位に輝いたミャンマー連邦共和国はもちろんのこと、スリランカ民主社会主義共和国やマレーシアといった、発展途上国や新興国と呼ばれるランクインしているからだ。
・ミャンマーでは仏教の習慣が慈善行為に影響
全体的に世界経済が上向きになっていることから、2015年は、2年前よりもチャリティへの寄付が3.2パーセン増加。上座部(じょうざぶ)仏教の信者が多いミャンマーでは、布施(ふせ)という、他人に財物などを施す文化が慈善行為に大きく影響しているため、ランキングのトップに輝いたようだ。2014年はミャンマー国民の9割以上が、お金を寄付したとの結果が出ている。


 日本の財団には、漢検(日本漢字能力検定協会)・AC JAPANなどがあります。日本人は昔からいわゆるお上意識が強いです。「困ったときはお上に・・」というように、公益活動は政府が中心になって行ってきました。
なので財団法人という名の新しい組織による公益活動が行われていたとしても、それはもともと政府による活動の補完的・補助的な役割を果たしていると考えられています。ですからおそらく今でも多くの人々が何もためらうことなく、財団を天下り先であると信じているのではないでしょうか。
日本では上記で述べたように財団は政府の補助的な役割となっているので、規模は小さいものです。ではアメリカの財団はどのようなものなのでしょうか??


上の表にあるように、アメリカの財団純資産額トップのビルゲイツ財団は2兆8191億円もあります♪
例えば日本の企業の純資産額は、
松下電器が2兆9463億円
ホンダ が1兆7798億円
セブンイレブンジャパンが1兆1049億円です。
実は、アメリカの財団規模は、日本一流企業とあまり変わらない、とても大きいんです!!!


さて「財団の中の財団」と言われているロックフェラー財団の紹介をしていきます♪

ロックフェラー財団は、石油王となった大富豪のジョン・ロックフェラーによって1913年に設立されました。彼はアンドリュー・カーネギーの著書の影響を受け、篤志活動を始め、その遺志により活動目的は「人類の福祉の増進、教育」となっています。
しかし戦前はナチスの関係者に資金提供を行っていたそうです(≧≦)かつて慈善団体ランキングでは世界最高規模だったときもあり、世界で最も影響力があるNGOのひとつに数えられています。基金は2758億円(2011年3月末時点)。ちなみにこの額は北朝鮮の国家予算とほぼ同じなんですよ〜!!w(゜o゜*)w
ロックフェラー財団には世界中から数千人の科学者や研究者たちが研究員として、また奨学金をもらい最先端の研究をしています。
主な慈善活動は
@医療、健康、人口科学 A農業、自然科学 B芸術、人文科学 C社会科学 D国際関係
の5分野です。特に医療においては、日本との関わりもあります。財団を設立した翌年1914年にロックフェラー財団は黄熱撲滅計画を正式事業として決定しました。1918年に南米のエクアドルへ派遣した調査団の中にロックフェラー研究所の野口英世がいたのです♪
 
又、ロックフェラー財団は大学や研究所に寄付も行っています♪ロックフェラー医学研究センター(後のロックフェラー大学)などを設立して、様々な機関に建物の寄付もしているようです★助成金などによる寄付を受けているのは、世界銀行やハーバード大学やイエール大学やコロンビア大学やモンサントなどです。
 
今ではこんなに大きくなりましたが、ロックフェラー財団は医学研究所からスタートしました♪それは初孫を亡くしたことをきっかけに医学をもっと発展させようと思い医学研究所を設立したことが始まりだったのです☆詳しくはこちらを参照して下さい。(日本の生命科学の展開とロックフェラー財団)
■■「世界一の慈善事業家 ジョン・ロックフェラー」■■

皆さん、ビルゲイツやウォーレン・バフェットという方々が,
大変な資産家だということは知っていると思います。ちなみに、
ビル・ゲイツの資産は、約6兆円といわれ、10年以上、長者番付で
一位を維持していました。でも、アメリカ史上で考えれば、
5番目だといわれています。

では、アメリカ史上、一番の富豪は誰だと思いますか? 

それは、かの有名なジョン・ロックフェラー氏(John Davison
Rockefeller, Sr., 1839 - 1937)なのです。

彼は、1937年に亡くなっていますが、彼が築いた資産を、現在の
貨幣価値で換算した場合、20兆円以上にもなると推定されています。

彼は、石油ビジネスを通じて、世界一の富豪となり、また、
第2の人生として、世界一の慈善事業家として、社会に多大な貢献
をしました。

ロックフェラー財閥については、資本主義の巨悪の象徴として弾劾
されたり、さまざまな批判記事も少なくありません。

このメルマガでは、ジョン・ロックフェラーの、ポジティブな面
だけに光を当て、私達がステキなグローバル人となるために学び
を求めたいと思います。
世界一の富豪になったロックフェラーですが、55歳のときに、 
とうとう病に襲されてしまいました。どうやら、事業に専念しすぎる
あまり、体を酷使してしまっていたようです。気管支、不眠症、
消化不良、皮膚病、、、。髪の毛と眉毛も抜けていきました。

医者から、あと1年以内の命と宣告されたのです。

このとき、初めて、「人生は、お金が全てではない」と悟ったといい
ます。今まで、10分の1献金など、模範的と思える行動をして
きましたが、結局、「自分のために」やってきたことだと気付いたのです。

彼は休養をしはじめ、クリスチャンだっと彼は必死に祈りました。

そして、この病気を機に、引退を決意し、これからは、「自分の財産を
人類の福祉のために用いて、世界一の慈善事業家になる」という
決断をしました。

慈善事業家として彼やその一族が残した偉業は、主に、教育、医療、
文化の復興です。以下が、その一部です; 

○シカゴ大学の創立を含む全米24箇所の総合大学の支援
○一般教育委員会(General Education Board, GEB)の設立
○ロックフェラー財団の創設 
→当財団の研究スタッフに、野口英世もいて、その研究費の助成。
○ロックフェラー医学研究所、ロックフェラー大学の設立
○ロックフェラーセンターの建設
○数千もの教会の建築(NYの有名なリバーサイド教会もそうです)
○国立公園や国際連合など設立するため、無償で土地を提供
○ニューヨーク近代美術館(MoMA)の建設
などなど。。。

特にすごいのは、ロックフェラーセンターの建築です。1929年
10月に、NYの株価暴落をきっかけに始まった金融恐慌で、多くの
人々が、不安と恐怖にさらされました。 

ロックフェラーセンターは、この大恐慌時代の真っ只中である
「1930年」に建設が開始されました。その後、建設完了までの
9年間、多くの人に安定した職を提供しました。

ロックフェラーセンター建設に関わった人々は、感謝の気持ちで一杯
でした。当時の人々が、感謝の気持ちを形にしようとして飾ったの
が、かの有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリーなのです。
「クリスマスツリー点燈式」は、現在も続いていて、クリスマスの
季節になるとが行われ、観光名物になっています。

このロックフェラーセンターは、16棟のビルで構成され、ラジオ
シティー・ミュージックホールや、NBCなどのテレビスタジオ、
映画館、ショッピングセンター、そして、聖パトリック教会などが
入りました。

また、これらの建物は、全て、地下鉄とつながっていて、最高の
利便性です。史上初ということから、先進的な複合文化空間とみな
されました。

ロックフェラーのこれらの偉業を通じて、感じること、、、
それは、人というのは、「死」を目の前にした時、本音で、「自分が
生きる意味」について考えるのではないか、、ということです。

なぜ、生きたい、と思うのか、、、。 

多くの人々は、命の大切さを忘れて。「目の前」の仕事や行事に追われ
ています。しかし、「もし、あなたの命は、あと3ヶ月です」、なんて
いわれたら、100人いれば、ほぼ100人とも、生きたいと、望む
はずです。 

「死ぬなんていやだ! 私は子供にまだ何も残せていない」、

あるいは、

「私は妻(夫)ともっと一緒の時間を過ごしたかった」とか。。 

ロックフェラーの場合は、 

「どうか、私の健康を取り戻してください。長生きしたいから
ではなく、稼いだお金を、この世のために用いたいからです」

だったのです。 

この決断をした後に、生まれ変わったロックフェラーは、初めて、
心からの幸せや喜びに満たされた人生を送ったといわれています。 

そして、神様がその祈りに答えたかのように、体調が回復し、
98歳という、長寿を全うできたのです(信じられない!)。

もしかして、ロックフェラーが巨万の富を与えられたのは、このよう
な、社会に富を還元するためだったかもしれませんね。 

私たちは、大義名分でなく、「本音で」、どう人生を生きたいか考えた
いものです。それを与えるきっかけが、もしかしたら、病気や大きな
トラブルかもしれません。

でも、心から目指したい目標が見つかることって、素晴らしいと思い
ませんか? その目標が、自分だけでなく、他人をも幸せにする
なんて、もっと嬉しいと思いませんか? 

続く

メンテ
慈善事業 3 ( No.49 )
日時: 2016/05/07 21:06
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:kRS4487k

ロックフェラーは、1914年頃から、アイビー・リー氏
(Ivy Lee, 1877 - 1934)を広報(PR)に関するアドバイザーとして、
起用しました。 

実は、PRは、20世紀初頭に米国で登場したといわれていて、リー氏
は、後に「PRの父」と呼ばれたほど、現代のPRの根幹を作った人だと
いわれています。

当時のPRとは、自分の主張を前面に押し出し、世論を味方につける
ために活用されているような類で、「自己防衛的な一方向型」だった
のです。 

しかし、リー氏は、「正確性、信頼性、顧客の利益」をモットーに、
正確な情報を、わかりやすい言葉でパブリックに発信した最初の
実務家です。コミュニケーションを通して、一般社会との相互理解を
醸成する、”双方向性コミュニケーション”という概念を実践しま
した。

例えば、彼の代表的な仕事として、「ペンシルバニア鉄道会社」
(Pennsylvania Railroad)による列車事故があります。鉄道会社は、
ひたすら事実を隠そうとしましたが、リーの提案は違ってました。

彼は、記者たちに、事故が起きたら、即座にプレスリリースを
発行し、情報開示に努めました。また、事故現場に招いて、状況を
実際に見てもらい、マイナスとなるような事実情報をも積極的に
開示したのです。

これが好意的に受け入れられ、マスコミとの関係が大幅に
改善されました。

ロックフェラーは、リー氏とのパートナーシップの最初の仕事と
して、コロラドで起きた大規模なストライキのメディア対応を
依頼しました。また、ジョン・ロックフェラー自身のカウンセラー
としても活躍しました。

リー氏は、ロックフェラーがいかに巨額な資金を寄付したかという
内容でなく、寄付を受けた人々による”感謝の言葉”を活用しま
した。また、自分の庭園を一般の人に解放したり、教会への奉仕、
ゴルフが好きなこと、などに焦点をあてていきました。

また、ロックフェラーの回顧録や自叙伝を出版したりして、彼の思い
や、パーソナルな一面を世間に伝えました。また、建設中のロック
フェラーセンターの見学会なども催しました。

大恐慌のときには、自らの5700万ドル(約57億円)という金融資産
が、たった700万ドル(7億円)にまで減ってしまいました。しかし、
このときも、リーの独創的なアイデアが功を奏しました。ロック
フェラーは、街を歩いては、真新しい銀貨を分け与え、人々に、
希望を持ち続けることを伝えたのです。人々は、ロックフェラーから
もらった小銭を、お守りのように大切にしました。

一昔前、ディズニーで、John D. Rockerduck (ジョン・ロッカー
ダック)というキャラクターも作られました。大金持ちの男性という
設定で、ドナルド・ダックの関係者ですが、これは、ロックフェラー
をイメージして作られました。      

これら多くのPR活動の結果、ロックフェラーやその一族のイメージが
大幅に改善され、ロックフェラーは人々から尊敬されるスターと
なっていきました。

優れた経営者は、優れたPR担当を雇うべきだと思います。

なぜなら、自分の優れた点は、他人に理解されるとは限らず、その
魅力を伝えるのに、「第3者の視点」が必要だと思うからです。 

人々は、ありきたりの情報は求めていません。人々の心に響く
ように伝えるには、客観的な視点での「コミュニケーションスキル」が
必要です。経営者自身がその力を持っているとは限りません。 

私たちH&Kは、経営者やデザイナー、プロフェッショナルの「魅力」を
「ヒト・ブランディング戦略」として提案します。その際に重要視する
のは、彼の「ストーリー」です。そのストーリーには、彼の情熱、
思い、パーソナルな一面が大切になってきます。

そして、それらを、メディアを通じて雑誌や新聞などに取り上げて
もらい、ウェブやイベントなど、あらゆる方法で、コミュニケー
ションしていくのです。

100年も前に、ヒト・ブランディングを実践していた
ロックフェラーに乾杯!です。



1.寄付をする英雄
昨年2005年の雑誌TIME誌が選んだ「今年の人」はマイクロソフトのビル・ゲイツ夫妻等でした。もっとも、これはウインドウズで大金持ちになったから、ではなく、多くの慈善的な活動をしたから、でした。タイム誌(12/26-1/2号)によると、ゲイツ夫妻は290億ドル(3兆円強1)の世界最大の慈善基金を設立しており、そのゲイツ基金はこれまで6年間にワクチンへの投資などにより、発展途上国の70万人もの命を救ったそうです。このほか、ゲイツ基金は1万1千の図書館にコンピュータ・インターネット環境を整備したり、9千人以上の優秀なマイノリティの学生に大学進学のための奨学金支援を行ったとのことです。今では、ゲイツ基金には毎日140通もの寄付の依頼が世界中から来るそうですが、ビジネスマンであるゲイツ氏は単に貧しい人にお金をあげているわけではありません。発展途上国の医療に寄付をすることは幼児死亡率の低下につながりますし、優秀な人材の教育に投資することは、寄付を受ける側の努力を促すことになります。ゲイツ基金が寄付をすることが、他の国や基金などからの寄付のきっかけとなることもありますので、寄付が効果的に行われることを考えているようです。

2.税金の使い道
米国国勢調査局の統計(Statistical Abstract 2006)によりますと、2002年に米国の個人が行った寄付で所得控除の対象になったものは、約4,000万人分、1,405億ドル(約16兆円)にも上ります。このように、米国の税制では、慈善団体等への寄付金が所得控除として認められる場合があります。大雑把に言えば、所得5万ドル、税率27%の人が税制優遇の対象となる団体等に2千ドルを寄付した場合、540ドル($2,000×27%)分の税金を得することになります。
タイム誌によると、2004年はアメリカ人は2,485億ドルの寄付を行い、政府は寄付金の所得控除により400億ドル(約4.6兆円)の税収を失ったそうです。このように、寄付金の所得控除を認める、ということは、国から見れば税収が減り、損をするようにも思えます。しかしながら、米国以外の国でよく行われているように国税局が国民から税金を徴収してから公共性の高い事業などに対して補助金を交付する場合と、米国のように国民が公共性の高い事業などに寄付をした場合に税制上所得控除を認めることは、お金の経路が違うだけで、国民から公共性の高い事業にお金が流れる、という意味では同じことです。ただし、前者のように国民と事業の間に国税局が間に入ると、お金を出した国民が受け取る側の事業に関与したくてもしにくくなる、という問題があります。
例えば、ベンチャーのような新しい起業に対し、廉価で事務所を貸したり、エキスパートを紹介するなど、さまざまな支援する業務(インキュベーターといいます。)は、地域経済の活性化に貢献している、という意味では公共性の高い事業です。そのインキュベーターに対して、政府が税金から補助金を出す場合と、個人や企業が寄付金を出してそれが所得控除(損金算入)する場合を比較すると、個人や企業からインキュベーターにお金が流れることには変わりませんが、後者の場合は、寄付をした個人や企業がインキュベーターと直接的に接点を持つことから、インキュベーターが育てたベンチャー企業に対して、今後より直接的に関与できる可能性があります。つまり、ものになりそうなベンチャー企業であれば、寄付をした企業はその後直接的に投資をしたり技術指導をしたりすることも可能となるわけです。
このように、寄付金の所得控除というのは、税金を払う国民側が税金の使い道を自分で決めることが出来る、という効果があります。国民が国税局に税金として払い、あとは国が税金の使い道を決める、というやり方とは実は大きく異なるのです。

3.強いからこそやさしくなれる
アメリカが寄付大国である理由は、こうした税制優遇などの実務的な理由以外に、アメリカ特有の強者の哲学が背景にあるようにも思います。ケネディの次の大統領であったリンドン・ジョンソン大統領は、子供のころ、お母さんに「強くなりなさい。権力を手に入れなさい。そうして、人にいいことをするために権力を使いなさい。」と言って育てられたそうです。どんなに優しい心を持っていて、いいことをしよう、と思っても、お金や権力がなければ、できることには限界がある、ということは現実であると思います。米国では、社会で成功して、お金持ちになって、強くなって、そしてこれまでお世話になった世間に恩返しをしたり人助けができるのであれば、それは素晴らしいことであると考える人は多くいるように思います。

(引用終わり)

如何でしょうか。
ロックフェラー礼賛の文章でしょう。

これがアングロサクソン流と言う世界なのです。
冒頭でいいました様に、キリスト教世界の確たる証です。

良いか悪いかは別として、私は容認する気持ちにはなれません。
何かが可笑しいのです。

メンテ
白人至上主義 ( No.50 )
日時: 2017/08/15 14:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:JsKXTNTg

アメリカ南部・バージニア州のシャーロッツビルで8月12日、白人至上主義者やネオナチの支持者らのデモに抗議していた群衆の中に自動車が突入し、1人が死亡し19人が負傷した。ガーディアンなど複数メディアの報道によると、この事件に関連して12日夜までにオハイオ州モーミー在住のジェームズ・フィールズ容疑者(20)が逮捕された。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/13/man-arrested-after-car-crash-in-virginia_n_17742826.html


 【ワシントン時事】トランプ米大統領は14日、南部バージニア州で週末に起きた白人至上主義者らのグループと抗議グループの衝突についてホワイトハウスで声明を読み上げ、「人種差別は悪だ。その名の下に暴力をもたらす人々は犯罪者であり悪党だ」と白人至上主義者の側を非難した。
 12日の衝突では、極右思想に傾倒していたとみられる男が抗議グループの人混みに車で突っ込み、女性1人が死亡。しかし、大統領は当初の声明で白人至上主義者の側の責任を明言しなかったため、全米に反発が拡大した。14日に改めて発言したのは批判の沈静化が狙いとみられる。
 大統領は声明で、クー・クラックス・クラン(KKK)やネオナチを扇動集団として名指ししながら、「われわれが米国人として大切にするあらゆることと矛盾する」と指弾。司法省が公民権侵害の観点から捜査を始めたことを明らかにするとともに、「人種主義者の暴力に関わったすべての者に責任を負わせる」と強調した。

アメリカの極右組織、白人至上主義の団体には

有名な、クー・クラックス・クラン (KKK)・アメリカ・ナチ党などがありますが、その上に、WSSPと言う概念があります。

WASP(ワスプ)とは、「ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント」

北米,おもにアメリカ合衆国で,白人 (White) ,アングロ・サクソン系民族 (Anglo-Saxon) ,プロテスタント (Protestant) の3条件を満たしているエリート層のこと。 WASPは上記3つの社会的属性の頭文字をさしている。 1620年アメリカへ『メイ・フラワー』号により移住してきた清教徒たち,ならびに彼らと同じ民族的・社会的属性をもつ民族集団がアメリカ合衆国におけるエリート層とみなされてきた。その意味では,同じヨーロッパ系の白人の移民のなかでも地中海のラテン系白人は,アメリカ白人社会のなかではしいたげられてきた層であった。また従来はワスプは意識上の主流派であるばかりでなく,数のうえでもアメリカ社会の多数派であったが,19世紀後半における大量の非ワスプ系移民の流入により,ワスプは多数派ではなくなった。さらに世代を重ねることにより,ワスプ系白人と非ワスプ系白人や少数民族との結婚が次第に増加し,厳密な意味でのワスプ系アメリカ人の数はかなり減っているはずである。それと同時に一部のアメリカ人 (保守的で伝統主義的な南部のワスプ系白人など) を除いて,意識のうえでも自分が厳密な意味でのワスプであると自負すること自体が特異な状況となりつつある。 1960年の J.ケネディ大統領の当選は初のカトリック系大統領の誕生であり,また 88年の民主党大統領候補デュカキス氏はギリシア系で,アメリカ社会の主流がもはやワスプ系白人のみに独占されていないことを意味することとなった。今日では保守系白人層という概念のほうが,ワスプの概念に代ってアメリカの伝統主義的な白人層の主流意識を的確に表わしていると考えられる。

実際にWASPの団体がある訳ではありませんが、アメリカの保守層として政財界に彼らの暗黙の支配意識が強く残っています。
その様なものが、またぞろ頭をもたげてきたことを憂慮するものです。

アメリカ社会は人種のるつぼ。
アメリカンドリームなどと言う事とは裏腹の現実があるようです。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存