ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1153] ヨーロッパの急激な極右化
日時: 2011/07/24 09:32
名前: 反戦主義者 ID:RnLjP4Bo

前々から、ドイツでは人手不足を補う為に導入した、トルコ系労働力を、一転して不景気に成ると、自らの失業に起因する者として、貧困白人層が“ネオ・ナチ”等の極右排他主義者と呼応して、定住化しているトルコ系住民を弾圧し始めました。

実に自分勝手で人を馬鹿にした言動である事よ!です。

彼等欧米の白人種は、常に他民族それも有色人種を、恰も麦畑で鋤を牽かせる牛馬の如くに余所から移入し、不要に成ったら邪魔者にする精神構造の持ち主です。

私はスカンジナビア諸国の情報に疎いので的確な事は言えませんが、先日、ノルウェイで起きたテロ事件も、犯人は現地の極右勢力と繋がりが有ったとか無かったとか、色々言われています。

スカンジナビア三国など、私の認識ではあの国々の国民は、高負担高福祉、くらいは知っていましたが、国民は皆それなりに納得して暮らしているものと思っていました。

所が実はそんなものではなく、結構不満分子も居るのだと今度の事件で認識した次第です。何処の国もそうそう“パラダイス”と言える所はないとは承知していても、実に短絡的な考えながら、此れで又あの諸国の“素敵神話”が崩れた訳で、我が国の“原発安全神話”と同様、世界中で色んな“神話”が崩壊しつつ有るものよ! と勝手に思っています。

序の事に、内面に「エゴイスティックで残虐な魔性」を持った、「キリスト教神話」も崩壊してくれると、世界はチットは平和に成るんではないかと、無信心な私としては思いますなぁ。

何方か、この情報(ヨーロッパの右傾化)に詳しい方、又色々教えて下さい。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ヨーロッパの急激な極右化 ( No.1 )
日時: 2011/07/25 08:05
名前: 天橋立の愚痴人間 メールを送信する

昔から極右と言うものはいて政治家の暗殺やクーデターをやったものです。

それが現在、極右と称して市民の無差別殺戮を始めます。
通常は、右翼、左翼というのは政治の中の闘争のはずです。

現代社会は、政治ゴッコ、デモゴッコ、人生ゴッコが蔓延しまして、全てが思想と言うものではなく単なる個人の欲求のはけ口、不満のはけ口に過ぎません。

極右を称してやっていると言っていますが、自分の社会生活不適合症を、そんな形で癒すか、自爆して決着をつけるためです。

イスラム過激派の闘争は別としまして、アメリカなどで時折起きる無差別殺人などは、すべてが政治的意味はなく、人間の精神の荒廃を示しているだけと思います。

その精神の荒廃というものが、実は防ぐことが出来ない人間の性と言うものです。
原因は、民主主義という考え方を正しく理解できなくて、皆が自由に生きて行き、その上に皆が概ね平等に生きることが可能であると錯覚した上に、それが理想の有り様と思い込んでいるためです。
ところが実際は、競争社会であり、ノンビリ構えたり、努力をしないもの、能力に欠けるものはどんどん取り残されて行きます。
民主主義社会は考えようによっては、全てが個人責任の厳しい社会の形態です。
それを多くの人々は、パラダイスと勘違いしています。

一方で、昔と違い情報の発達した現代社会では自分が如何に取り残されているかが一目瞭然に判ります。

他人の贅沢、享楽を目の当たりにし、そこで人生の幸せの価値観を正しく認識できないもの、パラダイムのチェンジが出来ないものが、自分の不満を社会のせい考え、自分の人生を失敗と考え、幸せに生きている人間を道連れに自分の人生に決着をつけるという人間が多く出てきても、それを見際め、事件の発生を防止することは出来ません。

この様な事件は、概ね先進諸国(豊かな国)で発生します。
なぜならば、貧しい国の人たちは、今、生きることが大変で、ことさらに自分の人生を問うている暇はないのです。

人間にとって、豊かさは目標であっても幸せの基準にはならないということを、皆が認識しなければなりません。
自由時間(余暇!)の増大が、人間性の破戒を招くことを認識しなければなりません。

皆が皆、そうではなくても、多くの人間はそんなに強い自制心を持っている訳ではないのです。

ところが現実に競争社会を生き抜き、それなりの成果を得ているものは自分の満足感を満たすために、それを維持するために、社会が抱えている根本の課題を認めたくありません。

ですので、民意というものも、政治も知らぬふりを決め込み、教育の問題や、極左、極右などと言うあらぬ方向へ誘導しようとします。

丁度、福島原発の処理と同じようなものです。
こういう状態が何時まで続くのでしょうか。

我が国でも、この様な事件が毎週報告されるようにならないかぎり政治や教育の問題として大騒ぎするのしょうね。

大量殺人ではないが、すでにこのような根拠に基づく殺人がアチコチで起きていることを認めたくないのです。

メンテ
Re: ヨーロッパの急激な極右化 ( No.2 )
日時: 2011/07/26 11:13
名前: 反戦主義者 ID:ouM0XmpU

この2〜3日、横文字の変な書き込みが這入り、スレッドのタイトル欄が文字化けして嫌な感じでしたが、管理人さんが処理してくれたのですね。 スッキリしました。

記事の内容も判らないし、ヤッパリあれは妨害だったのでしょうね。
メンテ
Re: グローバルに 政治の劣化が進行中 ( No.3 )
日時: 2011/08/05 20:43
名前: 反戦主義者

事、日本だけではなく、地球規模で政治の劣化が進行しています。

中近東は言うも更なり、欧米も、極東も、アジアの諸地域も、アフリカも、南米も、世界中の政治家が品位の無い低劣な人間ばかりに見え、色褪せ、輝きを失った、匹夫野人の如くに成り果てたと思うのは、私だけではないでしょう。

若しかしたら、人類は此の侭ズルズルと品格を後退させ、人類史始まって以来の文明は存続しながら、仁、礼、義、に於いて滅亡して行くのではないかと思われます。

これぞ、仏法で言う「末法」の世、キリスト教で言う「アルマゲドン」であろうと思います。

人類は早晩天の業火に焼かれて跡形も無く消え失せ、地球は生命の存在しない太陽系の他の惑星並に成ります。

自分は歳だから如何でも良いが、子孫の為に良き地球を残したいものと思っていましたが、こうまで人類が愚劣に成って来ると、自分や身内を含めた人類そのものに救い難い絶望を禁じ得ません。

此処まで人間が愚かで低俗に成り果てると、「猿の惑星」では有りませんが、いっそチンパンジィやオランウータンやゴリラに地球を任せた方が、余程気が利いていると思います。
メンテ
Re: ヨーロッパの急激な極右化 ( No.4 )
日時: 2011/08/06 12:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:OqRzEPCk

反戦主義者 さんも、根本的なところで嘆いておられます。

以前から主張していることですが、この様相は全て、民主主義、資本主義文化が爛漫期を迎えたことと思っています。

動物の世界も群れには必ずリーダーがいます。
人間世界も良きにつけ、悪しきにつけリーダーが存在してきました。

ところが資本主義社会がもたらせた豊かさ、民主主義社会がもたらせは個人の自由の確保、その上に情報の氾濫が、人間一人一人からリーダーの存在価値を希薄にしてしまいました。

リーダーの世話にならなくても生きて行けると思い込んだのです。
果たして霊長類のトップである人類にそれが可能なのでしょうか。

私は否、と思います。
100億にまで膨らんだ人類と言う種族が無放任のまま無事で住むはずはありません。

リーダー不要論は小沢を見ていても判ります。
国民のみならず、民主党の党内でも衆愚の渦に巻き込まれ、さしもの小沢もさじを投げ出した、と言うのが小沢の現状でしょう。

これも何度も引き合いに出していますが、アーノルド・トインビーは文明の変遷を文明に対する挑戦と応戦の歴史と言っています。

何かの理由で応戦が出来ないとき、文明は絶えるか衰退することになります。
マヤ文明などはスペインの侵略に応戦できなかったということであり、西欧文明が続いているのは、宗教改革や民主主義革命により当時の社会的、危機を乗り切ったからと考えています。
文明への挑戦には自然災害も含んで考えているようです。

世界を席巻している西欧第3期文明は、その主題たる民主主義、資本主義が内包する矛盾と対峙しなけらばならなくなっています。
その上に科学技術の発達がもたらせた豊かさ、余暇の増大も文明に対する挑戦でしょう。

人類が、これに応戦できなけらば「末法」「アルマゲドン」の世界が到来することになるということでしょう。

どちらにしても決着がつくのは200年ほど先のことのようですが。
メンテ
Re: ヨーロッパの急激な極右化 ( No.5 )
日時: 2011/08/07 06:34
名前: 反戦主義者 ID:qJ8/K12Y

生きると言う事は実にツライですなぁ。そして生半可に他人様より少しだけ、好奇心が強いと余計ツライ!
“頼まれもせぬのに”世間や、日本や、世界や、果ては宇宙の事まで、心配して、怒ってみたり、嘆いてみたり、勝手にストレスを増幅させているのですから。

余計な事は心配せずに、その日、その日、を刹那的に生きていく方が、どれだけ楽チンか知れません。しかし其れが出来ない所に“中途半端な人間”の悲劇があるのです。

正直な話、世の愚劣さを、指弾・憤慨・問題提起 する事に疲れた。と言うのが私の現状です。やはり此れは“老い”以外の何物でも有りません。
と、言う事は即ち 政・官・財・報 の悪のクァルテットの思う壺であるのですが、思えば彼等“四悪”は国家・国民の体内に巣食う寄生虫ですから、“宿り主”が死ぬと、己もまた死に至る訳で、別の“宿り主”を探して、それに寄生すると言う様な、器用なことは出来ません。

そう言う事に気が付かぬのが彼等“四悪”の限界で、共に倒れるのは口惜しいけれど、彼奴らに抗う事は選挙の際の一票を以ってしか出来ぬのなら、彼らの悪行を冷笑しながら見捨てるより他に道はなし、と言う訳で、これ以上“憤怒の河”を漕ぎ登るのは休みにしようと思います。

と言いながら、思わず余計な横槍を入れてしまうかも知れませんが、当分の間、諸兄の“見(賢)識”を拝見させて頂きます。
メンテ
Re: ヨーロッパの急激な極右化 ( No.6 )
日時: 2011/08/07 12:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:eRPpiYyE

反戦主義者 さん、お疲れの皆さんも。

何時も投稿を、ありがとうございます。

もともと、掲示板の活動は、心あるものにとって空虚な思いを伴っています。
その上に、最近の様相は、虚脱感に陥らせられています。

それでも、ネットがあるかぎり、掲示板を絶やすべきでないと思い頑張って行くつもりです。
禿頭さんは身体を壊されているようですし、ボノボさんも早くから御高齢の為に顔を出されなくなりました。

同じようなことを繰り返し書くことに疲れておられることも重々に拝察いたします。
ごゆっくりされて、たまには投稿されて、貴方の独特の切り口で元気をもってきていただけることを御願いします。

メンテ
Re: ヨーロッパの急激な極右化 ( No.7 )
日時: 2011/09/13 21:57
名前: 馬鹿者の戯言 ID:9pPCfh6E

先日のデモ参加者の逮捕により、反戦主義者氏の危惧が日本も含めた世界の現実として俄かに真実味を帯びてきた。

世界は今歴史の河を逆行している。
メンテ
Re: ヨーロッパの急激な極右化 ( No.8 )
日時: 2017/11/13 14:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:t7TZHxoI

UP
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存