ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1225] ・・・・・・・・
日時: 2011/10/21 17:01
名前: グッキー ID:iJD2RPkM

BIS(国際決済銀行)
ドイツの戦争賠償金を統括する為に作られた国際機関
世界の中央銀行同士の決済を受け持つ(中央銀行同士の決済を民間銀行に委託すわけにはいかないでしょう)
各国中央銀行が出資する。議決権は出資比率と関係無く、加盟国の中央銀行が一票ずつ持つ。総裁任期3年。ほとんど中央銀行総裁から選ばれる
毎月1回開かれる中央銀行総裁会議でBIS気勢などが決められる。
各国中央銀行には、中央銀行業務に差しさわりがあるときは、拒否権がある。

IMF(国際通貨基金)
国連の専門機関、国際収支の支払い不能に陥った国へ緊急的に融資する機関
返済しない国が多発したため、現在は融資条件を付けることが多い。
各国政府が出資し、出資比率に応じた議決権がある。
日本も加盟、出資し理事国になっている。
慣例として欧州から専務理事が選ばれる。

FRB(連邦準備制度理事会)
米国政府の独立した機関、公開市場操作を行う
議長、副議長、理事5名、大統領が任命し上院の承諾を得る。

FOMC(連邦公開市場委員会)
FRB議長、副議長、理事5名、ニューヨーク連銀総裁、持ち回りで各連銀総裁4名で構成される。
金融政策を決定する。後に議事録公開

地区連銀、公開市場操作以外の中央銀行業務を行う。
地区の銀行が資本金に応じて出資する。議決権は出資比率に関係なく、各銀行一票。

日本銀行、日本の準政府機関
独立性を持たせたのは政府の国債発行を牽制するため。
総裁、副総裁、理事とも総理大臣が議会の承認を得て任命する。
株式55%政府保有
財務大臣に指揮権あり。

こんな組織を誰がどんな権限、力で支配できると言うのでしょう。
権限を持っている人間は(権限のあるポスト)居ませんからm力により命令するしかありません。言うことを聞かないと殺すぞと脅して命令するのでしょうか。この大規模な人間たちを。

まあ、影響力を持っている人間は多数居ます。支配ではなく影響力と言うのなら分かります。

陰謀は世の中にたくさんありますね。
旭硝子、日本電気硝子が(他1社)欧州でカルテルで摘発され136億円の制裁金を課された。韓国でも調査を受けているみたい。
だいたい業界団体など10社くらいでは競争にならない。みんなで仲良く儲けましょうということで業界団体が出来る。暗黙の了解で価格競争をしない。暗黙の了解を破ると村八分、財界からも嫌われる。官庁からも睨まれる。
海外の会社が絡むと暗黙の了解とは行かず、カルテルになることが多い。

まあ、こんなことはしょっ中、表に出るし、裏ではどれほどやっているか判らないでしょう。日本では政官と結託しているため、ばれても課徴金が安い。
日本では安土桃山時代くらいから、商人は座を組み、他を排除し、価格を協定し儲けることをしていた。時代は替わっても人間のすることは同じですね。

競争したんじゃ儲からない、だから座を組むのは仕方ないんだ、ということが現実です。
一般労働者も負けずに座を組めれば良いのですが、、、、何しろ派遣労働解禁、、、座を潰されてしまいましたから。

オリンパスも企業買収に絡んでヘイマン諸島(タックスヘイブンの島)に、ファイナンスアドバイザーの会社、所有者不明の会社に6億ドルも送金したとか。
まあ、こういうケースは裏金の場合がほとんど。買収先への裏金か、自社役員へのキックバックの裏金か、政治家が絡んでいるのか、だいたいそんなものでしょう。

営業なんて取引先を接待し、出来れば裏金を相手先幹部に掴ませる。それで有利な条件での契約を取るのが優秀な営業マンですからね。
官僚を接待し篭絡する、これも企業の社員にとっては重要な仕事ですし、当たり前のこととして行われます。
料亭、クラブ、ゴルフ、こういう目的で使われますね。どうせツケはすべて消費者に回せばよいことですから。

大から小まで、陰謀はさまざまに有りますね。


メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ・・・・・・・・ ( No.6 )
日時: 2011/10/22 14:12
名前: グッキー ID:Bitzflok

オリンパス、聞けば聞くほど内容が酷いですね。
7億7千万ドルで買収した企業を1年以内に76%もの現存処理。しかも買収した3つの企業の株を持っていたのは3つの特別企業買収事業体とか
お金がどこえ流れたやら

20億で買収した英国企業も、ファイナンスアドバイザーにケイマン諸島の会社を通じて6億ドル払ったとか。これも最終的にどこに金が流れたのか判らない。

これって全部、税務調査の対象になるでしょう。それとももう、そちらには手を回しているのかな。

大王製紙のバカ息子会長、系列企業からの迂回融資で100億円背任容疑で告発
こちらは判りやすい、カジノで20億円負けたとか、バカ息子丸出し。

まあ、こういう人たちは感覚が狂い、モラルなんて無くなっているのでしょう。
メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.7 )
日時: 2011/10/30 18:58
名前: グッキー ID:pbwZn2Cs

なるほどね。簿外債務の解消かー

キックバックにしては金額が大きすぎると思った。
バブルに手を出し、簿外で融資保証でもしていたのかな。
未だにバブルの後遺症は残っているのか。

事実なら刑事事件に発展するね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111027-00000001-gendaibiz-bus_all
日本の恥をさらすオリンパス巨額粉飾疑惑の「絵を描いた」のは誰か? /伊藤 博敏
現代ビジネス 10月27日(木)7時5分配信


証券界を「オリンパス・ショック」が襲っている〔PHOTO〕gettyimages
 東京・日本橋本石町にあった証券会社が、昨年末、ひっそりと業務を停止、ホームページでも「金融商品取引業停止」のお知らせを出した。

 取締役に名を連ねる野村證券出身のN氏が中心的役割を担っていたという。店を閉じた段階で社名を変更、法人登記簿上、会社は存続しているものの、代表電話は留守電になっている。

 このN氏と、野村證券時代の"仲間"であるS氏が関与したのが、オリンパスが行った英医療機器メーカー・ジャイラスの買収だった。オリンパスのFA(ファイナンシャルアドバイザー)を務めたのは、米国に本社のあるAXESアメリカとケイマン籍のAXAMインベストメントだが、両氏は両社の経営に関与していたという。

 今、証券界を「オリンパス・ショック」が襲っている。

 今年2月、オリンパスはヒラ取締役でもない英人執行役員のマイケル・ウッドフォード氏(51)を、25人抜きで社長に就ける人事を発表、カメラ事業と医療機器事業を二枚看板に、医療用内視鏡では世界シェアの7割を占めるグローバル企業らしい決断、と評価された。

 しかし、10月14日、同社取締役会はウッドフォード氏を「経営の独善」を理由に解任。誰もが訝しがっていると、ウッドフォード氏は、英FT(フィナンシャル・タイムス)に「説明のつかない過大な報酬の支払いや、過大な金額のM&Aについて追及していたところ解任された」と告白した。

 ウッドフォード氏には、菊川剛会長(ウッドフォード氏解任後は社長を兼務)らM&Aを推進した前経営陣らの責任を追及する材料が揃っていた。在職中に大手会計士事務所・PwC(プライスウォーターハウス・クーパース)に調査を依頼、その"常識外"の証拠を握っていた。



 ウッドフォード氏が問題にしたのは、1.ロンドンに上場していたジャイラスを、08年3月期、2117億円を投じて買収するにあたり、FAに優先株の取得も含め約690億円もの巨額支出をしたのはなぜなのか、2.同じ期に、事業とは関係のない産業用廃棄物処理、電子レンジ用品の企画販売、化粧品や健康食品の通信販売などを行う3社を、約734億円もの高値で買収したのはなぜなのか、というものだった。

 確かにFAへの買収金額の3割にも達する仲介手数料は法外だし、3社とも売上高が数億円の零細企業を、4~5年で100数十倍の規模になっているという「将来価値」で買収したM&Aも不可解だ。

 あえて支出を膨らませている印象で、「巨額粉飾疑惑」というしかない。

 冒頭の証券会社が、今回の「オリンパス・ショック」にどう関与したかは定かではない。野村證券退社後、メリルリンチやドレクセル・バーナムなどを通じてオリンパスを顧客にしていたN氏が、野村證券の同僚で米国に居を移したS氏とともに、AXES、AXAMでオリンパスのFAを務めたのは間違いない。

 一方、同じく「法外」という形容がピッタリの国内3社のM&Aにおいて、段取りをつけたのがコンサルタント会社を経営するY氏。Y氏もまた野村證券OBで、98年に退社後、同社を立ち上げ、現在は幾つもの会社を経営している。その関係会社の取材依頼をしても、「社長は会社に出てこない。取材依頼も取り継げない」と不可解な対応に終始、ピリピリしたムードが漂う。

 当然だろう。

 この英人社長退任劇は、日本より海外で問題になっている。

 まず社会貢献活動で「ナイト」の称号を得ているウッドフォード氏は、怒りに加えて、自分を馘首したのは、「不正を暴かれたくないからだ」という正義感に燃え、現経営陣を追及している。

 そこにFTを始めとする欧米メディアが乗った。常識では考えられないFA手数料の支払いにM&A資金。二つ合わせて約1400億円もの不明朗支出の目的は何なのか。

 英国ジャーナリズムには、明らかに「ナイト」を侮辱、証券市場もなめ切ったようなオリンパスに対する怒りがある。ジャイラスがロンドン市場に上場していただけに、疑惑の追及に必死になるのも当然で、すでにウッドフォード氏はSFO(英重大不正捜査局)に資料を提出、捜査着手は時間の問題だ。



 それよりも早く動きを見せたのは、FBI(米連邦捜査局)でマネーロンダリングの疑いもあって捜査に乗り出している。

 先を越されてはならないと、いつになく燃えているのが日本の証券取引等監視委員会。ウッドフォード氏が提出した資料をもとに、調査を開始した。

 日米欧の捜査当局が、それだけ関心を示しているのに、オリンパスの対応は鈍く、「手数料も買収も適正に行われた」というばかり。「常識外れ」に対する回答はない。

 それにしても約1400億円の不明朗支出の原因は何だったのか。オリンパス関係者から聞こえてくるのは、「簿外負債の処理」である。バブル崩壊以降、簿外に隠していた債務を08年3月期で解消、一気にカタをつけようとした、という理屈はわかりやすい。

 もちろん、解明は捜査結果を待つしかないが、"仮定"通りだとすれば、「製造のニッポン」を代表するオリンパスによる「粉飾の証明」で、それを衆人環視の証券市場で、裏をかくように開示せず、投資家をだまし、株価暴落で株主に損害を与えた罪は大きい。

 刑事事件化は必死。その前に上場廃止や事業の選択と集中によって、再建会社や銀行によって、切り刻まれる可能性もある。

 だが、ごまかしの発覚後、2週間も経つのに、誰も何の責任も取ろうとせず、説明責任も果たさない。すでに、現段階でオリンパス経営陣(社外取締役や監査役も含む)は、万死に値するといえるのだ。

メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.8 )
日時: 2011/11/08 10:58
名前: グッキー ID:gb8t.WKQ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111108-00000507-san-bus_all
オリンパス、過去の損失先送り認める 粉飾決算の可能性も
産経新聞 11月8日(火)9時21分配信


拡大写真
過去に粉飾決算を続けてきた可能性が出てきたオリンパス(写真:産経新聞)
 オリンパスは8日午前、問題になっている過去の買収案件が、同社の有価証券含み損を解消するために使われていたことが判明した、と発表した。この種の損失計上の先送りは、1990年代ころから行われていたという。高山修一社長が午後0時半に記者会見して詳細を説明する。

[フォト] この主張は偽りだったの? オリンパス新社長「違法、不正な事実はない」

 同社では、これまで過去の買収案件にともなう過大な支出については「適切に処理しており、問題はない」と説明してきたが、過去に粉飾決算を続けてきた可能性が出てきた。

 オリンパスをめぐっては、英医療機器メーカー「ジャイラス」買収の際に、助言会社に660億円もの報酬を支払っていたほか、健康食品会社など国内3社に734億円もの巨額の投資を行ったことが問題視されている。

 この件を問題提起していた英国人のマイケル・ウッドフォード元社長が10月14日に解任。直後に同氏が「過去の買収に不明朗な資金の流れがあった」と指摘し、株価が急落するなど経営が混乱が続き、株価も急落が続いた。

 この責任を取って、同氏の後任として再登板した菊川剛会長兼社長も2週間足らずで辞任した。

 ウッドフォード元社長の問題提起を受けた投資家などから疑念の声が上がり、オリンパス側は一連の買収の妥当性を調べるため、弁護士と公認会計士6人で構成する第三者委員会を設置。第三者委は、買収を決めた経営判断の妥当性や違法性の有無を調査し、12月上旬にも最終報告書を取りまとめる予定だった。

 同社では、「今後、第三者委員会への情報提供を通じて、真相の究明を尽くすべく、最善の努力を尽くす所存です」とコメントし、株主、投資家、取引先などに迷惑をかけたと謝罪している。

 同社では、これまで過去の買収案件にともなう過大な支出については「適切に処理しており、問題はない」と説明してきた。
ーーーーーーー

オリンパス、やはりバブルのツケの先送り、解消だった。
責任逃れが横行する。
メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.9 )
日時: 2011/11/08 12:10
名前: 馬鹿者の戯言 ID:boS9avE.

儒学で申す「君、君たらざれども、臣、臣たらざる可からず」は遠い昔の事。

今は「この親にして、この子あり」と同じく「この政府にして、この財界あり」じゃよ。

為政者が成って居らぬ故、役人も、商人も、その他下々の輩も、「悪事」「不善」の仕放題じゃ。

可哀そうじゃが、日本の民草は牧草地の草に等しく、伸びては食われ、伸びては食われ、の繰り返し、花を咲かせ、実を実らせる暇無しじゃ。

ソレガシは今の世を、罵り、糺す、事に倦み飽きたゆえ、この上は最早“拱手傍観”を決め込んだ。

今の日本の愚かしさは、誰の所為でもない。皆国民全員が愚かなる故じゃよ。
メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.10 )
日時: 2011/11/08 13:46
名前: グッキー ID:gb8t.WKQ

http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/828.html
アルゼンチン: 何故フェルナンデス大統領が当選し、オバマが落選するのか
ーーーーーーー

馬鹿者の戯言さん
いつか日本もこのように成ります。
その悲惨さを、少しでも少なく、早く終らせるのは、情報と知識ではないでしょうか。
メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.11 )
日時: 2011/12/10 00:25
名前: グッキー ID:eqoiQxx.

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00001121-yom-bus_all
金利を不正誘導…監視委、外資2証券の処分勧告

読売新聞 12月9日(金)22時33分配信
 銀行間取引の指標となる「東京銀行間取引金利(TIBOR)」を不正に誘導しようとしたなどとして、証券取引等監視委員会は9日、「シティグループ証券」(東京都千代田区)と「UBSセキュリティーズ・ジャパン・リミテッド」(同)に対し、金融商品取引法に基づく行政処分を出すよう金融庁に勧告した。

 シティ証券では、役員が不正を行い、社長もそれを知りながら適切な措置を講じなかったと認定された。

 TIBORは、大手銀行18行が採用している融資金利の平均。全銀協が毎日、公表し、銀行間で行われる各種取引の金利を決定する際の指標としている。

 監視委によると、シティ証券では、元常務と部下の元トレーダーがそれぞれ、TIBORに連動する金利取引で利益を上げるため、系列銀行や他行の担当者に連絡して、金利を動かすよう依頼していた。元常務は昨年4月から、元トレーダーは2009年12月から不正を行っていた。元トレーダーは以前勤めていたUBS社でも同様の不正を行っていたという。
ーーーーーー

懲りない人々
これほど金融機関への風当たりが強いのに、何をしても金儲けをしたいという面々は後を絶たない。
メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.12 )
日時: 2012/01/18 20:00
名前: グッキー ID:CkpdEtLw

米国が日本に対し行ったこと

1、原爆投下
2、天皇主権から国民主権への転換
3、農地開放
4、財閥解体
5、戦争賠償金の放棄(世界初)
6、シャウプ税制(格差を縮小する当時としては先進的な税制)
7。警察予備隊の創設
8、CIAによる政治への関与

さて皆さんはこれをどう評価するのでしょう。
白黒混じっているのではないですか。

米国映画を見てつくづく思うことがある。昔からワンパターンだ。
西部劇、ならず者と正義の保安官
凶悪テロリストと正義のヒーロー
人間を善と悪に分けてしまい、生身の人間がいない。
人間には善悪が同居しているのが普通です。個人の中の善悪の葛藤、そういうものが米国映画には無いので物足りない。

アメリカ支配、日本属国と白黒に分けて考えるのは、米国的思考が蔓延して来たからでしょうか。
メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.13 )
日時: 2012/04/07 20:23
名前: グッキー ID:UTZSJrcs

http://gendai.net/articles/view/syakai/135989
AIJ 報酬は売上高の3倍! 基金理事らに接待攻勢
【政治・経済】
Share
2012年4月4日 掲載
13日に証人喚問
 巨額の年金資産を消失させたAIJ投資顧問の浅川和彦社長(59)らが高額報酬を得る一方で、顧客の基金理事らに猛烈な接待攻勢をかけていたことが明らかになった。 AIJが2010年12月期に支払った人件費(報酬)は営業収益(売上高)の3倍にあたる2億3118万円。その手口はウソの運用実績を示して預かった年金資金を運用する過程で、傘下のファンド会社が手数料として得た利益を配当の形で集め、社内で山分けしていた。浅川社長は3日の参院での参考人質疑で「自分個人として儲けるつもりはなかった」と強弁したが、真っ赤なウソだった。
 参考人質疑では、AIJの接待交際費が年間1400万円に上ることも判明。接待相手に年金基金の理事らが含まれていたかを追及された浅川社長は「当然入っています」と認めた。解約した顧客への払戻金を詐欺的な手法で捻出していたことも裏付けられた。傘下のアイティーエム証券がAIJの不正を認識しながら発覚を遅らせていた疑いも浮上した。
 衆院財務金融委員会はAIJの年金消失の実態解明には、ウソをつけば偽証罪に問われる証人喚問が必要と判断。13日に浅川社長とAIJの女帝こと高橋成子取締役(52)、アイティーエム証券の西村秀昭社長(56)、AIJと顧問契約を結んでいた社保庁OBの石山勲氏(75)の4人を呼ぶことを決めた。
ーーーーーーーー

接待して毒饅頭を食わす。
これを証券業界ではやり手と言うんじゃない。
欲の深い天下り役人など、ころりと毒饅頭を食ってしまう。

これが日本社会というもの
ゴルフ場、銀座のクラブ、赤坂の料亭が何のために有るか考えて見れば分かること。

こんなことを報道するマスコミ自身が毒饅頭を食わされているんじゃない。
なにおかいわんやだよ。
メンテ
Re: ・・・・・・・・ ( No.14 )
日時: 2012/04/30 07:28
名前: グッキー ID:cBJi7lRo

http://blogs.yahoo.co.jp/olympass/MYBLOG/yblog.html
AIJと企業年金事件 (メモ)

投資会社AIJがどのようなことをしたのかを記す。

・2004年頃、企業年金基金は資産運用に手を焼いていた。サラリーマンは退職すると、国民年金、厚生年金、そして企業によっては企業年金の3種の年金を受け取る仕組みになっている。いまここで問題になっているのは「企業年金」である。これが基金に集められ、その資産運用がそこに任されるわけである。ところが、ゼロ金利の時代、安全なかたちでのポートフォリオは至難の業で、多くの年金基金は赤字を出していた。
 そこに目をつけたのがAIJである。近づく手口は、社会保険庁OBを抱える年金基金にあたりをつけてのセールスである。「わが社の手法では6%、7%の収益があげられます」などと、(じつはウソであったのだが)いってセールスを展開したのである。結果的に中小企業の年金基金からかなりの額の運用を任されることになった。

・さて、AIJはこの資金をどう使ったのかだが、まずケイマン諸島などを経由して香港の投資会社にそれらの資金が流れるようにする。そして香港の投資会社はその資金にレヴァレッジをかけて、じつは日本の国債先物市場に参入するという仕組みである。この段階で、巨額の資金の出所は分からなくなっている。典型的なSBSである。

・AIJがとった方策は、次の通りである。いま国債価格は上昇を続けているが、まもなく下落に向かうだろう。そこで先物で売る契約を行うことにした。
(1997年のロシア国債についてヘッジファンドLTCMは逆の読みをしてみごとにはずれ、世界経済をほとんど金融恐慌に陥れる寸前にまでいったことが思い出される)予想が当たれば巨額のもうけになる。
 例えば、半年後に1枚が50万円で売る契約をしたとする。AIJは半年後には1枚がいまの市場価格70万円が半年後の市場価格では30万円になると予想したのである。すると1枚あたり20万円が懐に入ることになる。
 が、予想はみごとにはずれた。日本の国債価格は上昇を続け、結果としてレヴァレッジも災いして巨額の赤字を生み出すことになった。
 つまり、企業年金はばくちに使われ、そしてすってしまったのである。

・しかしAIJはウソをいい続けた。まず運用実績にウソの数字を書き並べ、ものすごくもうかっているようにみせかけ続けた。企業年金基金はそのようなことには何の知識もないから、その数値をそのまま信用し続けたのである。

・AIJは、その後も他の企業年金を勧誘し続けたのだが、実際はそれらの資金は、既存の企業年金への返済などに充てるだけの状態に陥ってしまっていた。

・AIJは巨額の赤字を出して倒産となったのである。

***

・企業年金基金は、このことで計り知れない損失をこうむることになった。運用資金が消えてしまったのだから、従業員は退職後、企業年金を受け取ることができなくなったのである(国民年金と厚生年金は支給される)。

・問題はこれだけでは終わらない。加盟企業の倒産という問題が発生してきている。これは厚生年金もAIJに運用資金としてわたしており、それは国の資産であるから、基金は必ずその部分を返済しなければならない。だが、基金には資金が残っていない。残っていないから加盟企業から徴収するしかない。その負担金が加盟企業を苦しめているのである。

・この問題がやっかいなのは、途中で年金基金からペナルティを払って脱退する企業が出てきていることである。こうなると少ない加盟企業で負担しなければならなくなるため、1企業の負担金は減るどころか増え続けており、それが中小企業の経営をひどく圧迫するというような事態に陥っている。

このようにAIJというバクチ企業と年金基金というわが国の年金システムとがみょうな関係になることで、いろいろな社会・経済問題が明るみに出されることになっている。
ーーーーーーーーーーーーー

社会保険庁OBがカモとして狙われたのか。さもありなん、民間企業経験者なら6%の利回りと聞いただけでブルッちゃうよ。

日本国債の売り投機なんてバカなことをするもんだ。
景気が良くなるわけも無いし、日銀が国債金利が上がることを容認するはずも無い。
投機に目の眩んだ人間はこんなことも分からない。

社会保険庁のOBが大穴を開けて中小企業が倒産の危機。
役人がこういう時にやることは責任回避。
メンテ
電池交換したばか ( No.15 )
日時: 2013/09/22 15:37
名前: ウブロコピー ID:KxeG1AXE

クオーツ腕時計のよくあるQ&A. Q, 「電池交換をしたのにすぐに時計が止まってしまった!どうして?」@. A, 電池交換が完了した場合でも、まれに電池交換後、すぐに、 ...
http://sakurawow.com/hgwares/wow-Watch-24/
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存