ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1285] イランとドイツは同一民族。ドイツは金縛りのままだろうか。
日時: 2012/02/08 13:23
名前: 政治は年寄りがやれ ID:kHHOWXo2

 なにやら第2次世界大戦の代理戦争のようなめぐりあわせ。

  
  「われわれはドイツ人と同じ祖先をもつ」
   イラン人はいう。
  同じ中東でもイランはドイツ系。他の国とは人種がちがう、
  という主張である。

  ちなみに「ドイツ」「イラン」「同じ人種」などのキーワード
  を並べインターネットを検索してみる。
  たしかにそれらしき項目がどっとヒットする。

  イラン人とドイツ人は同じ民族と
  書いている日本人の旅行記もある。

  「イランを旅行するとあちこちでドイツ人と
   おなじ顔をした人たちに会う」
  と記している。

  ドイツとイランの間には見えない
  糸がつががっているかのごとくだ。

  ドイツ議会はIEA幹部を招いて
  イランの核の軍事利用疑惑を否定する証言を聞いている

  ドイツのマスコミはイランに同情的だ。
  
  歴史をひもとくと、イギリスは2次大戦中、ロシア向け油田を国有化
  した親ドイツの当時のイラン皇帝を国外敗走させ、
  イラン油田の権益を回復している。

  中東に渦巻くユダヤ、ドイツ、イランの因縁。それに日本の
  石油輸入や北朝鮮がからめば、第2次大戦戦後処理のかおぶれ。

  日本は例外、石油は買わせてください。

  本当にこれでよいのだろうか。
  日本にIEAの事務局長をさせたのも
  対イラン制裁から脱落させない
  との主軸国の用意周到な思惑で包囲網を縮めてきたのだろう。

  ロシア外相はイランにでかけた。
  日本は遠吠えだけでよいのか。

  核武装を直接糾す、あるいは最悪の事態の回避に努めるべきではないか。
  ドイツと共同歩調をとるくらいのことは
  できるのではないか。
  少なくとも世界の核兵器最前線
  日本民族はどう動くべきかの経験くらい積めるだろう。
  

  いの一番に日本が石油採掘権を放棄しておいて
  今頃になって、全面輸入禁止は死活問題という。
  それなら採掘権の放棄を迫られたとき、民族
  の死活問題と前原外相はアメリカに抵抗すべき
  ではなかったのか。
  
  採掘権が悪く、石油輸入はいいという論理が世界に通じるわけがない。
  
  まず最初になんの展望もなくアメリカに
  石油の採掘権の放棄を命じられたとき、
  次は石油の輸入禁止を命じられると
  悟べきであった。

  チョコレートを毎日食べている子供が
  親にチョコレートは虫歯の原因と叱られたら
  いずれチョコレートを買い食いするのは禁止される
  ということは子供でも予測する。

  虫歯が一本もない子供が
  親にチョコレートは虫歯のもと、と禁止のそぶりを見せたら
  即座に虫歯がないのにチョコレートを悪者にするのは
  行きすぎだ とたとえ親にでも主張すべきだったのだ。

  それがチョコレートではなく、産業のコメ、原油。
  案の定、原油は高騰を続ける。
  見返りに取得したイラク原油は怒ったイランに  
  海賊が横行する海峡を封鎖されれば絵に描いた餅。

  「2-3年はあばれてみせます」
  と日米開戦に突入した大本営と同じ。

  「2-3年は耐えて見せます」
  国民に断わりもなく
  いわれるままに日本の貿易赤字を永久に固定
  したのは前原元外相だということを国民は
  よく記憶しておく必要がある。

  日本がアメリカに対し、最初から石油の対イラン制裁
  に抵抗をしていれば、別の展開であったことは間違い
  がない。すくなくとも日本にイラン原油からの撤退を
  もとめるなら、アメリカ本体がアラスカ原油など
  日本に同量の供給をもとめることが外交であろう
  
  稚拙な前原

  お粗末な前原、日本の苦節の資源外交に泥を塗った大ばか者。
  外交とは日本のためにするもの。考えなしの前原。
  単なるアメリカのポチ
  前原。史上最悪、前代未聞の売国奴である。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ドイツ外交の素晴らしさばかりが目立つ。前原よ、はめられた責任をどう取るのだ。 ( No.1 )
日時: 2012/03/07 05:47
名前: 政治は年寄りがやれ ID:LC2ztntM


ロイター電がイラン問題の展開を伝えている。
 
 鍵を握ったのはやはり安保常任理事国に急きょ加わったドイツだったようだ。
 ドイツがはいることでイランも安心、
 世界は、総選挙で宗教色が強まったことを心配していた。

 しかし、ここでも日本はなんの主体性も示せなかった。
 むしろ日本経済の安定性を保障していたイラン石油を
 引っぺがし、世界中が祝杯をあげている。
 石油のない丸腰だった第二次世界大戦に日本の悪夢の再現だ。
 
 結局、いまのとこ国家的大損をしたのは日本。
 おお馬鹿、前原外相が何の展望もなく
 日本が血税を投入してきたイランの石油掘削権益を
 放棄した。しかもわんと吠えて落とした肉を
、みごとに中国にさらわれた。前原は亡国の政治家である。
  
  今後日本はアジアのどの資源国からも信頼されることはないだろう。
  ドイツ、中国の影響力はたかまる。
  前原のせいで日本はだれからも信用されないだろう。
  ドイツの外交とは大違いだ。

 ロイター電はこう解説している。
  
[ニューヨーク 6日 ロイター] 6日の原油先物相場は下落。(中略)
主要国がイランの提案を受け入れ、同国の核問題に関し協議する意向を示したことで
、供給ひっ迫懸念が和らいだ。

 欧州連合(EU)のアシュトン外務・安全保障政策担当上級代表はこの日、
 米国、ロシア、中国、フランス、英国、ドイツの6カ国を代表し、
 イランの核開発問題について協議するとの同国側の提案を受け入れる
 考えを示した。(後略)
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存