ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1326] 現代版 蜘蛛の糸考 
日時: 2012/03/10 06:42
名前: 政治は年寄りがやれ ID:eGzW/68I


 
  そこでかん陀多は大きな声を出して、「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己のものだぞ。
お前たちは一体誰に尋いて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」と喚きました。

 その途端でございます。今まで何ともなかった蜘蛛の糸が、急にかん陀多のぶら下っている所か らぷつりと音を立てて断れました。ですからかん陀多もたまりません。あっと云う間まもなく風  を切って、独楽こまのようにくるくるまわりながら、見る見る中に暗の底へ、まっさかさまに落ち てしまいました。

 ご存じ芥川龍之介の名作、蜘蛛の糸の一節である。

 こころの貧しいものは
 土壇場になればなるほど心の貧しさが顕れる
 というわけである。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  権力者も大泥棒も同じである。やりたい放題、すがりついてくる貧乏人や
  病人、若者たちを足蹴にして振り落しているのだ。

  浅ましい政治家たちの姿を少しでも記録に残しておきたい。
 
  岡田副総理。

 時事電はこう伝えている。

 国家公務員採用7割削減=09年度比、目標上積み―岡田氏が指示

 時事通信 3月9日(金)20時32分配信

 国家公務員の2013年度の新規採用人数について、岡田克也副総理が各府省に対し、09年度比で平 均7割程度を削減するよう総務省を通じて要請していたことが9日、分かった。6日の行政改革実行 本部では4割超の削減方針を決めていたが、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革に理解を 得るためには、さらなる合理化努力が必要と判断し、目標を上積みした。(後略)

 と伝えている。
 09年度の採用人数は8511人が新規採用は2550人程度に縮減されという。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  国内経済が不況において一般企業が新卒の採用を控えるのは当然である。
  こう岡田副総理は述べているという。

  民間企業の不況対策はさまざまである。

  ただこれから高齢化社会が本番を迎えようという時である。
  若年労働者を確保することは、国家経済を支える意味からも
  最重要課題であるべきではないか。

  新卒者は、蜘蛛の糸をさわるな!
  こういっているのは、イオングループの御曹司の岡田副総理というわけだ。

  公務員制度は、きわめてゆがんでいる。
  勤続年数が長ければ長いほど給与が上がっていく
  という考え方は、もはや民間にはない。

  政府が既存公務員の雇用を維持したいのであれば
  公務員の定年を段階的に延ばし、と同時に民間企業と
  同じように給与を45歳以降漸減していけばよいのである。

  こうしたなかで新卒採用予定者を7割減らすというのは
  既存の公務員に対して既得権を保障するという姿勢である。
  決してこれから世に出る若者や
  国民に顔を向けた決定ではない。

  自分はやめるからどうぞそのお金で
  若者たちを採用してください
  後進に道を譲るという官僚がいないのが哀しい
  退職したのちの生活設計が心配なのであれば
  一般企業と同じように45歳以降は給与の4割カットを
  申し出ればよいのだ。

  まして新卒者を7割減しろという男は政治家でもなんでもない。
  人間の夢を奪う大泥棒である。
  こんな男が副総理という。

  国民新党の亀井氏が消費増税法案を出せば総理と地獄に落ちるぞ、
  といったそのもう一人の相手である。
  こんな二人が大きな顔をしている。(たしかに顔が二人ともでかい)
  日本の不幸がここにある。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

  御釈迦様おしゃかさまは極楽の蓮池のふちに立って、この一部始終をじっと見ていらっしゃいま  したが、やがてかんだたが血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、悲しそうな御顔をなさ  りながら、またぶらぶら御歩きになり始めました。自分ばかり地獄からぬけ出そうとするかんだ  たの無慈悲な心が、そうしてその心相当な罰をうけて、元の地獄へ落ちてしまったのが、御釈迦  様の御目から見ると、浅間しく思召されたのでございましょう。(芥川龍之介 蜘蛛の糸)
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 現代版 蜘蛛の糸考  ( No.1 )
日時: 2012/03/10 07:15
名前: イントゥイッション ID:Xnc9gR/w

おはようございます。。。

本当に岡田はフランケンシュタインよりも醜い心を持っているし、政治はフランケンの顔より醜いことをしますね!!!

消滅させるのは天下りであり、厚生省のAIJに関与した天下りどもはすぐに牢屋に入れるべきです!!!

そして、年功序列などもうありません!!! この異常なまでの資本主義というこの世を悪用して、年配官僚が特に何もせずにお金だけ吸い上げていく吸血鬼だから、すぐに55歳になったらパートにすべきです!!! 今すぐ実行あるべきです!!!

そして、たくさんの若者を公務員にして、色々なチャンスを与えるべきです!!!

ところで、明日311の前日なので比べてみました。。。

石巻?でしたか、防災をスピーカーで最後まで叫びながら津波に巻き込まれて亡くなった女性とフランケン岡田とどちらが立派な人ですか?

間違えました。。。フランケン岡田は立派な人ではなく卑劣な人間なので、どちらが卑劣ですか?

間違えました。。。防災を皆に知らせるために津波に巻き込まれて亡くなった女性は卑劣ではなく立派な人なので、つまり比べようがないのです!!!

この防災を皆に知らせようとスピーカーで叫びながら亡くなった人と、温存する自民党も民主党もほかの党も政治屋とは比べものにならないのです!!!

よって、官僚は大泥棒で下劣であるし、温存する政治屋どもは姿も行動も卑劣なものである結果がでました!!!
メンテ
Re: 現代版 蜘蛛の糸考  ( No.2 )
日時: 2012/03/10 08:45
名前: グッキー ID:tuAvvjO.

>国家公務員の2013年度の新規採用人数について、岡田克也副総理が各府省に対し、09年度比で平 均7割程度を削減するよう総務省を通じて要請していたことが9日、分かった


これは本性が露骨に表れていますね。
自分たちのことしか考えられない我利我利亡者です。

マクロ的に公務員採用を7割削減したらどうなるか、まるで理解していない。
ギリシャやスペインの二の舞で若年失業者が溢れることになる。

天下りや高給官僚の給与を減らさず、若年労働者を採用しないとは、我利我利亡者の本質が露骨に出ています。
メンテ
その津波放送は国民の宝。 ( No.3 )
日時: 2012/03/10 16:12
名前: 政治は年寄りがやれ ID:mhRISaxM

  イントゥイッションさま、そしてグッキーさま

 わたしもその女性に感銘をうけています。

 ラジオのニュースによると30分のテープがあるそうですね。
 
 最初は、潮が引くのが見える、とか
 津波は6メート、そして10メートルにかえ
 最後は、 さん逃げろ、と上司の声が入っている。

 ニュースでは、どこかで、放送するという風にも聞こえましたが
 聞き取れませんでした。残念です。
 あるいはもうテレビなどで放送したのでしょうか。
 30分の録音どこかで手に入れる方法があればご教示ください。

 レコードや記録媒体にいれて、発売し、
 売り上げ(収益ではない)はすべて
 遺族のお見舞いや、被災者の遺児の奨学金にすべきだとおもいます。
 どうされているのでしょうか。

 どんな本、どんな記事よりも日本人の
 こころの支えになってくれると思います。

 管理人さま 本当にご苦労様です。お体にお気を付けください。
 もし倒れられたらとおもうとぞっとします。
 この掲示板の妨害、海外がらみとは日本人も甘く見られたものです。
 なにしろアメリカのCIAなど謀略予算は膨大なもので
 だれも全体像がわからないとか。残念なアメリカの暗部。
 それほどに気になっているのはここに皆様が書き込んでいるのが
 かなり核心をついているためでしょう。

 それだけに堕落した日本の官僚組織を
 一日も早く立て直してほしいものです。
 命がけで国をまもる。労働組合の組合員の権利を守るという視点では
 かって世界におそれられた日本の官僚組織は絶対に再建できません。
 
メンテ
こんな57歳の課長補佐に給与を払うために、新卒の採用は削られる 35 ( No.4 )
日時: 2012/03/11 05:20
名前: 政治は年寄りがやれ ID:B4ApzrBA

 さて、震災関連のニュースに隠れるように
  昨日は昨日で神奈川県茅ヶ崎署が57歳の経産省本省課長補佐を
  30何歳の女性の乗用車のフロントガラスを
  割った罪で逮捕したというニュースが流れている。

 ニュースが本当としたら実に情けない話です。
 公務員である。

 こんな公務員のために、新卒の若者を減らせ
 とフランケンはいっているのだ。かれも経産省
 出身。年齢も近く、この男とは知己であろう。

 まさに、茶番である。

 59歳で課長補佐という役職がそもそもおかしい。

 定年前ならとっくに役職離脱になっているべきである。
 定年まで年功序列の職制、賃金を維持しているから
 こんな驕り昂った公務員が温存されているのだ。

 新卒者は仕事がなく走り回っている。
 被災者34万人はいまだに定住できない。
 そんななか公務員は女を追いかけまわしている

 まさに公務員、大企業の労働組合の天下。
 
 
 そんなに女を追いかけたければ
 さっさと公務員をやめて
 視野を広げて新宿や池袋でホストクラブの下足番にでも
 天下りすればよい。

 3月10日0時のNHKのインターネットニュースによると

 また、岡田副総理は、国家公務員を志望する若者への影響について、「公務員を志望する人は、公 のために働くことを目指していると思うので、今の国の状況を理解してほしい。競争は厳しくなる かもしれないが、勝ち抜いてほしい」と述べました。

 勝ち抜いて、見事公務員になったら、57歳になっても国民の悲鳴をよそに
 思う存分、女をおいかけることができる。
 そういうわけである。

 先輩に席を譲られて、公務員になるのと
 わずかな席を奪い合って公務員になるのと
 どちらが先憂後楽の魂をもったまともな公務員になるか。
 こんなことすら銀のスプーンを咥えて生まれてきた
 イオングループの御曹司には分からないらしい。

 ちいさな細い糸をみんなで助け合い登ってきたら
 全員極楽に迎えてやろうとしたお釈迦様

 小さいな細い糸を先着2800名とさらに細くして
 阿鼻叫喚の競争を繰り広げさせ、権力者の美酒に酔う
 大馬鹿者の岡田副総理。無慈悲、驕り昂った醜い政治家そのものである。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 御釈迦様は極楽の蓮池のふちに立って、この一部始終をじっと見ていらっしゃいましたが、
 やがてかんだたが血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、悲しそうな御顔をなさりながら、
 またぶらぶら御歩きになり始めました。
  自分ばかり地獄からぬけ出そうとするかんだたの無慈悲な心が、そうしてその心相当な罰を
 うけて、元の地獄へ落ちてしまったのが、御釈迦様の御目から見ると、浅間しく思召された
 のでございましょう。(芥川龍之介 蜘蛛の糸)

 人を貶める自分が情けない。
 しかし、言わなければならない。人の道、正義のため、国を守るためである。
 岡田よ。お前には政治をする資格がない。まず親の道、子の道を学んでくることだ。

銀のスプーンを咥えて生まれてきた政治家といえば
 岡田、鳩山の元民主党代表の二人であろう。

 この二人の違いは顕著である。
 片や地下足袋にはじまり日本の輸出産業をけん引してきた一族。
 片や全国の商店街や商店主を破滅させながら財を成してきた一族。
 冷酷無比で、破滅にの瀬戸際にある人々を後ろから突き落とすことが
 政治家の仕事と思っているふしがある。
 この男がフランケンといわれるのは、決して偶然ではない。 
 
メンテ
30万人 日本の官僚総入れ替え作戦しかない ( No.5 )
日時: 2012/03/14 01:02
名前: 政治は年寄りがやれ ID:sMDyTUvY

  NHKラジオ。
 本日の参院予算委員会でみんなの党の小野次郎議員が
 公務員の新卒採用の問題をとりあげていた。

 新卒の公務員採用を4割減、7割減するなど暴挙である
 との指摘に対し、野田総理、岡田副総理、小宮山厚労相の答弁は
 「前年も4割減らした」「公務員の定員は決まっている」
 と、政治家失格の答弁を繰り返した。
 情けない連中である。

 民間は新卒を優先する。
 なぜなら新卒は新技術に対応できる。
 総人件費を抑制し、競争体質にするには
 世代の交代がもっとも効果的である。
 
 政府が新卒の雇用を促進するためつぎのことを
 実施すべきである。
 1.国家公務員、地方公務員、独法職員の
   希望退職募集を義務づける。
   規模は総定員の1割、30万人とする。
 2.対象はともに公務員の夫婦とし、
   とくにどちらが管理職にある場合には
   強制的に退職するものとする。
   これはかって電電公社が夫婦職員の
   片方が役職に就いた場合、強制的に
   退職させていた前例がある
 3.50歳未満の希望退職者には退職金を
   2倍支払いかつ1年間は出社せず職業
   訓練や求職活動に専念させ、この間の
   給与を保障するものとする。
 4.それでも30万人削減の目標に達しない
   ときは、指名解雇をおこなうものとする。
   指名解雇の基準は、かって懲戒処分や降格
   けん責などの処分を受けたもの、扶養家族
   のないもの。希望退職募集開始時に目標
   人数に達しなかった場合は、指名解雇の
   対象となることを当初からあらかじめ
   本人に通知することにする。
    当然指名解雇には、退職金の割り増し
   や1年間の有給休暇の恩典は与えられない
   ことにする。
 5.公務員は全員、45歳で役職離脱する。
   給与は毎年、昇給時と同じ率で低減。65歳
   まで勤務できるが、給与は初任給と同額
   まで減額される。
 6.人事院は廃止。人事院職員は公務員制度を
   腐敗させた責任を全員に問うものとし、全員解雇。
   籍を置いたものはたとえ一時期であっても公務員
   として永久に再雇用を禁止するものとする。
 7.裁判所と公取委も希望退職募集の対象とする。
   最高裁事務局と裁判官、公取委事務局と委員は
   永久に外資系法律事務所、外資系会計事務所への
   再就職を禁止する。

 堕落した日本政府は今、荒療治しなければ後世のために
 ならない。
 
メンテ
退職金2倍で公務員30万人を希望退職。21兆円節約!国民、新卒、役人も幸せ。89 ( No.6 )
日時: 2012/03/22 10:08
名前: 政治は年寄りがやれ ID:S.XMVYxw

 「次の世代のポケットに手を入れている」
  と野田総理が言っていた。
  民間企業なら倒産とまで言っていた。
 
  民間企業ならやることはひとつ。
  従業員の希望退職である。
  年寄りは身を退き、若者に席を譲る。
  「次の世代のポケットにカネを入れる」
  

  やるならば本気でなければいけない。

  民間企業なら不況企業は従業員の1割希望退職などざらである。

  公務員も1割、30万人の希望退職でなければ
  国民は納得しないだろう。

 政府の公務員の希望退職募集は、国民をだますもので
 あってはならない。

 ここ15年来、日本経済は希望退職募集の歴史である。
 日本には、いまや掃いて捨てるほど希望退職の専門家がいる。
 遅すぎた公務員の希望退職を万全の態勢で進めるため
 常識的にはつぎのとおりだ。

 1.再就職のあっせんはいっさい行わないこと
 2.次の仕事をみつけるまで半年以上の十分な有給職業訓練期間を設けること
 3.希望退職募集期間は、5年間と年限をきり優遇期間を有限にすること
 4.退職金は最低でも規定の2倍とすること。
 5.公務員給与は、民間と同様45歳をピークに毎年低減を明文化すること。
 6.65歳まで雇用を保証の新体系を定める。再雇用は45歳以降2年契約。65歳で初任給同等。
 7.希望退職は総定員の1割、30万人を目標とすること。
 8.新卒公務員を積極的に採用すること。

 民間企業では、希望退職者に親身なオリエンテーションをおこなう。
 公務員であればそうしたオリエンテーションは不要であろう。
 50歳代の公務員の平均年収が1000万円、平均退職金が2000万円なら
 2倍つまり2000万円の上積みは2年分の年収。45歳以上を希望退職の対象年齢
 とすれば、余りあるほどの人件費削減効果がある。
  たとえば45歳が応募してきたら60歳まで1億7000万円(うち退職金2000万円)
 の人件費コストに対して5000万円(退職金2000万円、上積み2000万円、
 有給休暇1年1000万円)で済み、都合1億2000万円の人件費削減効果がある。
 50歳なら7000万円、55歳でも2000万円の節約である。
  希望退職者の平均年齢を50歳におけば、平均1人7千万円の人件費節減、
  10人で7億、100人で70億、1000人で700億、1万人で7000億
  10万人で7兆、30万人なら21兆円の人件費が節約できる。
  これに対し、毎年、例年どうりの新卒採用の人件費など微々たるものだ。

 幕府から明治政府に政権が移行したとき、全国で失職した武士が
 いわゆる武士の商法に挑戦した。
  平成の公務員の商法。
  目標30万人で本気で取り組めば、おおきな景気対策になるかもしれない。
 
メンテ
新卒6割減、消費税増税、いい加減にしろ!300万人公務員の1割希望退職をすべし。123 ( No.7 )
日時: 2012/03/27 15:51
名前: 政治は年寄りがやれ ID:eMR3Q/EE


まともな経営者なら不況下で経営再建をはかるとき

 まず、 希望退職を募集して贅肉をそぎ落とし
 つぎに 新卒を募集する

 1.組織の効率を高める
 2.人件費の圧縮ができる

 という一石二鳥の効果があるからだ。


 ところが野田・岡田両氏を含め、政治塾や官僚、弁護士の寄せ集め
 経営というものをしたことがない人物ばかりの現政権である。

 まず新卒の採用減をきめようとしている。
 しかも6割減。岡田案の7割減から1割鉛筆をなめたから
 それでよい、と思っているらしい。

 こんな案ではだれもが不幸である。
 
 どんと公務員に退職割増を払い、大幅に公務員を減らす。
 新卒は倍増でも、人件費圧縮は画期的なものができる。

 300万人公務員が全員いまのままで蜘蛛の糸にぶら下がったら
 大元からプッツンと切れるのをまだ気づかないらしい。

 しつこいが、庶民は自分にわかることしかいわない。
 新卒採用は増やせ。減らすな!
 消費税を上げる前に、  
 公務員の1割、30万人を希望退職させる。
 金は払う。ガンは除去しなければならないのだ。
 がん細胞に食べさせる消費税はない。

 今日の時事電。
 公務員新規採用、6割減=30日決定へ最終調整−(略)午前の閣僚懇談会でも「取りまとめに向けて最大限努力してほしい」と各閣僚に指示した。(2012/03/27-12:50)


 
メンテ
消費税で深刻な打撃を受けるのは新聞社。マスコミを軽減税率で救済したら裏切り。171 ( No.8 )
日時: 2012/04/04 03:36
名前: 政治は年寄りがやれ ID:nyI3yikg

 4月3日付け 読売新聞1面 左肩 連載

 「 消費税法案」
   一体改革の行方 下

 「(前略)少子高齢化が進む中、
   若い世代は10%の税率では
   まだ足りないことを覚悟し
   つつある。
    それでも引き上げに抵抗
   感が強いのは、所得が低い
   ほど負担が相対的に重くな
   る「逆進性」とされる問題
   が影響している。
    英国では、財務相の判断
   だけで日本の消費税にあた
   る付加価値税率を変更でき
   る。昨年1月、標準税率を
   17.5%から20%に引き上
   げた際も、世論の反発はほ
   とんどなかった。標準税率
   は20%でも、食品や子供服、
   新聞、雑誌などの税率はゼ
   ロだからだ(以下略)」

  大暴風雨のホームの混雑を避けた簡易な喫茶店。
  駅スタンドで買った読売新聞朝刊をここまで読んで
  思わず、噴き出してしまった。

  ここにもまた醜い蜘蛛の糸である。

  いや、私だけ感性がおかしいのかもしれない。
  念のため、みなさんももう一度前の文章を読み
  返してほしい。
   面倒なので、もう一回、再掲させていただく。

  「 消費税法案」
   一体改革の行方 下

 「(前略)少子高齢化が進む中、
   若い世代は10%の税率では
   まだ足りないことを覚悟し
   つつある。
    それでも引き上げに抵抗
   感が強いのは、所得が低い
   ほど負担が相対的に重くな
   る「逆進性」とされる問題
   が影響している。
    英国では、財務相の判断
   だけで日本の消費税にあた
   る付加価値税率を変更でき
   る。昨年1月、標準税率を
   17.5%から20%に引き上
   げた際も、世論の反発はほ
   とんどなかった。標準税率
   は20%でも、食品や子供服、
   新聞、雑誌などの税率はゼ
   ロだからだ(以下略)」

  
  どうだろうか。
  噴き出したのは、わたしだけなのだろうか。

 
  皆さんは絵で想像してほしい。

  蓮池の上は、極楽浄土。
  財務官僚や、天下り官僚、使い走りの政治家が
  桜吹雪のなかで美酒、美女、音曲の宴会を繰り広げている。
  そして蓮池の下は、世にも恐ろしい消費税地獄。
  地獄の底では、飢え死にしたミイラ、布団をはがれる病人、
  逃げ惑う中小企業の従業員、などなど。阿鼻叫喚。

  そこにお釈迦様がすーうと、1本の蜘蛛の糸を垂らされた。
  なんとそこには「課税免除」と書かれているではありませんか。
  
  地獄の底で、すばやくこの糸をつかんだ読売新聞の男は
  一斉に近寄ってくる、中小企業の従業員たちを蹴飛ばしながら
  大声で叫びました。
  「寄るな。この糸は、新聞社のものだ。おれたちは、上の友達で特別なんだ」

  そのとたん。読売新聞がつかんでいる手前から、蜘蛛の糸はぷつんと切れ、
  読売新聞の男たちは、再び地獄へきりきり舞いながらみんな落ちて行きました。

  一部始終をご覧になっていたお釈迦様は、池のほとりで酔いどれている悪徳官僚や
  政治家などみなをを、下駄でぽーんと消費者地獄へ蹴込んでしまわれました。


  以上で分かっていただけただろうか。

  1.新聞社は終始一貫、消費税増税を主張している。
  2.表向きは、国家の大計。つけは次世代に回さないとの理由だ。
  3.消費税増税の論調を強めないと、税務当局は怖いところだということも
    新聞社は上から下までよく知っている。
 
   ・・・・・・・ここまではこれまでの話である。
  
  ところが、さすがに新聞社も今回の増税は日本有史以来の愚策である
  と気がつきはじめた。あまりに稚拙な政策であるからだ。

  4.消費税増税の弊害はいろいろいわれているが、
   一番最初に経営的打撃を受け、最後まで回復しないのが新聞社である  
   と気がつきはじめたからだ。
  5.消費の節約、買い控えはまず毎月の新聞代から始まる。テレビや
    インターネットが普及した今日、一度離れた読者は高齢化したこ
    ともあって、戻ってこない。

  そこで読売新聞社が考えたのが今回の連載。
  タイトルは「一体改革の行方」。
  一体改革の中味を論じているようにみせ、
  実は「行方」に狙いがある。

  消費税を軽減税率ににもちこみ、
  もちろん、いの一番に新聞購読料を消費税の適用除外に
  しようという作戦である。

  こうすれば、
  6.政府広報の広告料は大幅増が期待できる
  7.消費税値上げで読者が減ることもない。
  8.増税反対の政治家からも感謝される

  まさに3位一体の改革というもくろみである。

  その意味で、軽減税率の主張は、自分だけが助かろう
  という新聞社の意図がミエミエなのだ。

  しかし、それで一番浮かばれないのは雇用の7割を担う中小企業である。
  政策の矛盾と政府コストの無駄を一身に背負わされる。
  苛め抜かれる事業に嫌気がさし、価格転嫁できない税値上げ分。
  中小企業の廃業、倒産が激増することは目に見えている。
  中小企業の壊滅は、失業者、消費の冷え込み、となって
  結局、消費者にしわ寄せされていく。

  消費税の軽減は、まず雇用を担う中小企業対策から
  考えられなければいけないのだ。

  たとえば、現在、大企業がポケットに入れている
  消費税の還付金。これを中小企業にまでさかのぼって
  還付するように義務づけるとか、還付金を強制的に
  集め、中小企業の設備投資の資金や技術開発の補助金
  にするなど。
   中小企業が活力化してこそ、軽減税率の議論の意味
  がある。
メンテ
Re: 現代版 蜘蛛の糸考  ( No.9 )
日時: 2018/02/12 19:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:i0PbXTvQ

UP
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存