ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1418] トモダチのトモダチによるトモダチのための消費税増税国会。
日時: 2012/05/06 16:35
名前: 政治は年寄りがやれ ID:A799HtWs

 福島原発事故では
 米軍は空港にパラシュートで降下、「トモダチ作戦」を開始した。
 もちろん事故現場の状況は、日本国民に公開される前に
 アタッシュケースでアメリカに運ばれ、今日詳細な状況が明らかになっている。
 これが日本の民主党政権の素顔である。

 明日から国会がスタート、消費税増税国会が始まる。
 太古以来、日本の歴史始まって以来の傀儡政権による
 米国課税作戦のスタートである。
 消費税増税はトモダチ消費税ゾウゼイ、
 消費税国会論戦はトモダチ消費税ゾウゼイ国会という。

 いやおかしい、終戦直後だって占領されていたではないか
 というひとがいるだろう。
 残念ながらそれはちがう。時の政権は民族の存続をかけて
 占領政策に必死の生き残り政策を戦っていた。
 その点では政治家も国民も一体であった。

 いまはどうであろう。
 ドジョウはぬかりはない。そっくりまとめて日本を売る。
 国民や国土や産業をアメリカに売り渡す準備は着々と進行している。
 国策半導体会社はアメリカに売り渡すことが内定した。
たかが時代遅れのDRAMと思ってはいけない。
 半導体は特許のかたまりである。
 まだしばらくシリコンの時代が続く。
 いったいどれだけの国産技術が外国の手に渡るのか。
 ライバルがつぎつぎに降りてい決まった。
 これをドジョウ訪米の前の不思議という。
 だれが被害者か分からない弱いものいじめの
 ベアリングのヤミカルテルの摘発も行われた。
 
 消費税法案閣議決定前は85円まで戻した円相場が今は
 79円台で推移している。
 これをドジョウ訪米後の不思議という。
 

 そしていよいよドジョウ訪米そのものの不思議。
 日米共同宣言に姿を見せなかった消費税増税
 本当のものは姿を隠す真実。
 しかし米側の記録からはいつの日か現れる真実
 消費税増税。

 日本の国会におけるトモダチ作戦。
 ジェラルドカーチスという人が必ず日本の消費税は必ず増税させるという玉璽
 
 トモダチに見守られながら行われる日本の国会の消費税増税論議。
 民主党政権はすばらしい政権である。


 
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: トモダチのトモダチによるトモダチのための消費税増税国会。 ( No.1 )
日時: 2012/05/06 17:14
名前: グッキー ID:Am783l/6

政治は年寄りがやれさん

ねえ、どうして消費税を増税するとアメリカが儲かるの???

別に税収が増える訳ではなし。
アメリカに貢ぐお金が出来るわけじゃないよ。
メンテ
一体改革とは、日本人を埋める穴をお金を出して掘ってもらっているようなもの ( No.2 )
日時: 2012/05/06 19:53
名前: 政治は年寄りがやれ ID:4fVo9y3g

AIJで垣間見た年金の運用の闇。

 たとえば国民年金の運用制度はつぎのようになっています。

 国民年金基金連合会の運用制度

(2)長期的資産構成割合(基本ポートフォリオ)

 基本となる投資対象資産は、国内債券、国内株式、外国債券、外国債券(円ヘッジ)、
 外国株式及び短期金融資産とし、長期的な積立金の運用目標を達成するため、
 資産及び負債の変動 予測を踏まえ、将来にわたる最適な組み合わせである
 長期的資産構成割合を策定し、これに基づく運用を行う。

 平成22年度国民年金連合会の運用実績をみれば
 外国株式 30,1%
 外国債券 10.9%

 もちろん日本株式への投資は24%。これ以下です。

 この運用にあたる投資顧問会社

 アライアンス・バーンスタインエムエフエス・インベストメント・マネジメントJPモルガン・アセット・マネジメント 住友信託銀行(注)DIAMアセットマネジメント大和住銀投信投資顧問T&Dアセットマネジメントニッセイ アセットマネジメント野村アセットマネジメントピムコジャパンリミテッド富国生命投資顧問フィデリティ投信 ブラックロック・ジャパン三井住友アセットマネジメント三菱UFJ信託銀行(注)明治安田アセットマネジメント ラッセル・インベストメント (50音順)信託銀行:5行投資顧問:17社(うち国内系10社、外資系7社)

 これは国民年金のこと
 それぞれの年金に深い闇がのぞけるでしょう。

 日本は年金一体化という名のもとにより多くのお金をあつめ
 より多く外資にみつぎ
 外資はより多くのマネーゲームを楽しみ
 為替相場をいじくり
 日本の産業を苦しめ、技術特許ノウハウを買い叩く
 そして年金が足りないからといって
 またより多くのお金を集める

 お金を払って穴を掘り、頭の飢えから土をかぶせてもらい
 生き返らないように踏み固めてもらう
 それが一体改革。

 大変おめでたい国です。

PS 5月6日19時43分
  天橋立さま
   後続の書き込み拝読しました。
   本当にドジョウ殿下はどこを押せばあのような思考になるのか理解できないですね。
   米大統領のさんざん無視しておいて呼びつける手練手管は
   なかなかのものですね。
   ドジョウ様では太刀打ちできないでしょう。
   いや日本の政治家全部でしょうか。
   もう日本の国民の大部分は、もうこのままアメリカに
   なってもいいやって思っているんではないですか。

   政治に人がいない、国士がいない ということは大変なことなのですね。
   右も左もしっかりしてほしいものです。
  
  

   
   
メンテ
Re: トモダチのトモダチによるトモダチのための消費税増税国会。 ( No.3 )
日時: 2012/05/06 18:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LLqEIcoI

政治は年寄りがやれ さん

今回の野田の訪米のニュースを見ても、
国を引っ張る気概も感じられず、
訪米に託した意思の貧しさ、
己の信念の貧しさ、
否、
人間自身の貧しさが感じられ、実に情けなく思います。

野田の頭の中は、単純に、増税を言う内閣は潰れるといわれ、その中を、果敢に挑戦した、竹下、橋本を評価し、自分もその一員となり後世に評価を残そうとしがみ付いているのでしょう(政治生命をかける)。

竹下、橋本の時代とは時代が違うという事も、判らず、まさに柳の下の泥鰌狙いと言うことをしている。
己が食われることも判からず。

(一度柳の下で泥鰌を捕まえたからといって、いつもそこに泥鰌がいるとは限らない。一度偶然によいことが起こったからといって、再度同じ方法で幸運が得られるものではないということ)

メンテ
TPP、消費増税、原発再稼働。3大対日要求。ご褒美はホワイトハウス会食。 ( No.4 )
日時: 2012/05/09 10:34
名前: 政治は年寄りがやれ ID:J.teSi7U

 「If he makes it to a second year,
   maybe he’ll get dinner at the White House.」
 (ワシントンポスト紙5月1日、論説 Fred Hiatt氏)

 「もしそれができれば、野田首相はホワイトハウスで食事を
  させてもらえるでしょう。」


日刊ゲンダイが
 
 「ノダ」ベタ褒め米紙手のひら返し

 とワシントンポスト紙の論説記者が野田首相の
 恥かき訪米報道を上記のように伝えている。

 日米首脳会談について
 @アメリカの主要紙はそろって短信。NYタイムスは1行も報道せず
 A大統領との会食はなし、国務長官に押し付け
 B国務長官は、会食もそこそこに北京に出発

 なぜそうなったか。
 TPP、増税、原発再稼働。アメリカの対日要求をどれひとつ野田首相は実現できないからだ。
 論説は、野田首相は農業貿易自由化勢力の前になにもできないと指摘、続けて

He has bravely taken on a host of tough goals — expanding trade, raising taxes, reopening nuclear power plants — and he has to make progress on at least one of those in the coming months if he is to survive in power longer than his five predecessors.
If he makes it to a second year, maybe he’ll get dinner at the White House.

(貿易の拡大。増税。原発の再稼働。野田首相はやるやると言っている。
 もし前任の5人の首相(いずれも1年でやめた)より長く首相の座に
 とどまっていたいならこの数か月の間にこのうちのひとつでもなんらか
 の前進をしなければならない。)
 
 「もしそれができるなら、野田首相はホワイトハウスで食事をさせて
 もらえるでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 新聞記事であるから何を書こうと自由である。
 それにしても中味はひどい。

 アメリカは、マスコミを含めて日本を独立国家として認めていない。
 外国記者も両首脳の共同会見において、日本に対する質問が
 一つもなく、中国やほかの国に関する質問に終始すした。日本に対する侮辱である。
  国務長官との会食会についても記事には「leave」という動詞
 が使用されている。もし事実なら置き去りにされたかのような
 現場の様子が目に浮かぶ。
 ひたすらそうでないことを祈る。

 対米追随をいう自民党、ノーベル賞欲しさに尻尾をふる公明党、
 もし次の政権を夢見るなら、自主防衛に目覚めることである。

 対米追随の先にはハワイ王朝の末路しかない。

 媚を売るため、あるいは政権延命のお墨付きをもらうため
、アメリカを訪問したとしか思えない野田政権。
 
 情けない限りである。国民を売り、
 とんでもない対日3要求をお土産に持たされた政権など一日もはやく退陣すべきである。

 TPP、消費税増税、原発再稼働。
 これは日本人の選択の問題、主権の問題である。
 国土、国民生活。外国に指一本触れさせるべきではない。
 野田首相にノーということが日本を守ることである。
メンテ
TPP、消費増税、原発再稼働。3大対日要求。ご褒美はホワイトハウス会食2。 ( No.5 )
日時: 2012/05/09 11:06
名前: 政治は年寄りがやれ ID:J.teSi7U

  原発に対する恐怖心は海外の方が強いとばかり思っていた。

  このワシントンポストの記事からすると
  原発の再稼働はアメリカの現政権の意向とよめる。

  (原発を再稼働,など三つのうちの一つでも実現したら)
   ホワイトハウスでデイナーをゲットできるだろうと
   モスクワ勤務の経験もあるこの記者は書いている。
   ゲット。彼らの日本蔑視からすれば(晩餐に)ありつける
   だろう、とでも訳すのだろうか。

  アメリカの新聞の記事がでてみればよくわかる。
  野田政権の原発再稼働ごり押しはそれにもとづくものということなる。
  日本の大新聞は、TPPをやれ、消費税を上げろ、原発を再稼働せよ
  とかいているが、それが宗主国アメリカの意向だとはどこも書いていない。
   
  しかし不思議である。原発に限って言えば、
  原発を稼働させず、化石燃料を高騰させておけば石油資本はウハウハのはず。
  それなのに原発を再稼働させよ、と要求するのはなぜだろうか。
  アメリカのガソリン価格が上がって困るのか、それとも
  日本に欠陥原発さえ抱えさせておけば
  日本はいつでも火の海にできるということなのだろうか?

  いずれにしろ原発の再稼働問題は、日本の問題。
  逆に欠陥原発を再稼働する方が国際問題と思うのだが。
  アメリカという国は、本当によくわからない国である。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存