ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1422] 小沢控訴を高笑いの亡国の政治家達よ。日本は最期。監視してるのは国民ではない。
日時: 2012/05/09 17:50
名前: 政治は年寄りがやれ ID:Wx8D.uyQ

政治は殺し合い。
 この掲示板で諸先輩がことあるごとに口にしてきた言葉である。

 今日もまた、この言葉をかみしめている。
 政治家の殺し合い。ただそれだけだ。

 しかし、小沢一郎元代表よ。
 あなたは決して落胆してはならない。
 控訴されることによって本当の日本民族の神となったからだ。

 あなたが追放されてから、日本は坂道を転げ落ちている。
 これからも1年間、日本はいよいよ地獄に落ちていく。
 もう日本の破滅を止めようとするものがいないからだ。
 日本の人々が許しを乞うても、神のあなたは救うことはできない。
 愚かな日本人たちよ。そして政治家よ。そして悪魔の手先たちよ。

 日本はまだ戦後が終わってはいなかった。
 ドイツはいまだに罪を償っている。
 日本人は調子に乗りすぎだ。
 つぶれるまえにきっちり落とし前をつけてもらう。
 日本の農業はつぶす。税は命じるままにおさめさせる。
 欠陥だらけの原発は再稼働を命じる。
 日本を再び立ち上がらせてはならない。

 彼らは第2次世界大戦でもなしえなかった日本本土への
 パラシュート降下作戦は、象徴的であった。
 
 戦艦ミズリー号での講和条約調印のとき、マッカーサー連合軍総司令官は
 ペルリ提督が黒船に飾っていた16州の合衆国国旗を飾って、重光葵を迎えた。
 日本の植民地化は、ペルリ提督以来のアメリカの悲願であったのだ。

 しかし、その植民地作戦は朝鮮戦争の勃発により、未完に終わった。
 朝鮮戦争での核兵器使用を主張したマッカーサーが解任されたからである。

 しかし、因果はめぐり、北朝鮮の核武装の動きにより
 アメリカの対日政策は急転回し、国土、国民、経済そのものへの
 露骨な介入へと姿をかえつつある。

 民族自立の拠り所となった
 小沢一郎は単に彼らにとって目障りなだけだったのだろう。

 自らが組織しないデモによって身を護られる政治家は
 小沢一郎だけであった。
 
 しかしペルリの末裔に不可能なことはない。

 かれらはインターネットにより監視され
 上司と家族を人質にとられ、ペルリの末裔の犠牲になっている。

 小沢一郎の控訴を喜ぶものは、自分の顔の上に唾を噴き上げている。
 その唾は自らの顔とその家族とその子孫に汚毒となって舞い落ちてくる。
 その唾は、ひたすら祖先が異民族の支配から守ってきた国土を汚す。

 小沢一郎の控訴を思い切りよろこぶがよい。
 腹の底から自らの子孫と同胞の不幸をよろこぶがよい。
 アフガニスタンがどうなったか。
 イラクがどうなったか。
 
 自らの仲間を護れなかった民族がペルリの末裔にどのような国土にされたか
 思い起こして、小沢一郎の控訴を喜ぶがよい。

  日本人がインターネットを使う限り、
 日本民族はガラス張りのアリの巣箱で観察されている。
 それでもなお日本人は馬鹿だからインターネットを使う。
 控訴審では、アメリカの盗聴資料さえ堂々と提出される
 可能性がある。日本の政治家のインターネットはすべて
 アメリカの監視下にあると思うがよい。
 脅し、手なずけ、刃向うものは暴露する。

 先の日米首脳会談で、インターネットを使ったテロ攻撃に
 両国は共同して戦うと宣言した。
 これでアメリカは今後は堂々と日本のすべてを盗聴できる。
 共同で摘発もできる。

 おめでたい政治家がいると民族が滅ぶという典型である。

 農業の自由化、課税の指示、欠陥原発の再稼働の命令。
 すべてをペルリの末裔のとおりにするがよい。

 小沢一郎は神になった。
 もうだれもこれ以上貶めることはできない。

 インターネット。元の名は米国防省通信ネットワーク。
 はじめから日本民族の負けは決まっていたのである。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存