ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1443] 国会議員枡添要一も税金ドロボーだ
日時: 2012/05/30 12:45
名前: 井上 ID:6sM1UJaw


次長課長河本準一の母親の生活保護受給スキャンダルの発覚から、舛添要一参院議員の姉の生活保護受給の話が復活。

舛添要一 「生活保護の姉 北九州市の扶養要請を断わった非情」


舛添議員の元妻、片山さつき議員が河本騒動に大きく関わってることから余計に話のネタになってるようだ。

出典週刊文春2007年10月4日号 / 9月27日号
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/img/shukanbunshun071004.jpg

        2007年当時の役職は自民党福田内閣で厚生労働大臣

  福岡県八幡市(現・北九州市八幡東区)に父・彌次郎、母・ユキノの長男として生まれた。4人の姉がいる。

2度目の妻が、現自民党代議士である、官僚時代の片山さつき(当時朝長さつき)であり、衆議院議員だった近藤鉄雄の紹介でお見合いしたのが馴れ初めで1986年に結婚。しかし、噂では枡添のものすごい家庭内暴力に耐え切れず、実質的な結婚生活は長続きせず、3ヶ月後には片山が弁護士に相談する事態に陥ったといい、調停を経て89年に離婚した。


週刊文春の記事によれば生活保護を受けている実姉を放置絶縁。 姉は認知症の母親の介護をしていたとの事だった。
舛添の姉も生活保護を受けていたが、役所から再三資金援助の要請あってもシカト決め込んでる。姉の生活保護申請に自治体による姉の扶養をしてほしいと言う要請を断ったとの事。

以下2チャンネルからの引用

113:可愛い奥様:2010/05/02(日) 12:43:56 ID:qQAMQXJx0
舛添の姉と妹が生活保護なので市職員が舛添に 「高収入なのだから面倒見てあげて」と意見したら
追い返された、って記事は読んだな。
億以上の年収があった枡添が姉の扶養を拒否した頃ろ、生活保護の申請さえ断られて餓死した例が北九州市であった。
国会議員の身内だから贔屓で?? なんか納得いかないのだが

 河本のやった事は犯罪行為に近い悪事で、決して言い訳できない事であるが、同じ事を国会議員の枡添がやれば、あまり騒がれないのはどういうわけだろう。第一、おくと言う年収がありながら、法律で定められている姉妹の扶養義務を公然と無視して、税金で肩代わりさせていながら平然と国会議員をやっている枡添要一という極悪人を何とかできないものか。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存