ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1656] 或るちいさな“羊の国”の物語
日時: 2012/12/26 18:55:14
名前: 小心者 ID:1356515714

前門の虎、後門の狼、と言う言葉がありますが、将に現在の或る“小羊国”は此れに近い状態。否、もっと良くない状態と言えます。この二つの野獣の他に少し北にはヒグマが虎視眈々と“羊の国”を狙っていますし、そのチョッと南のも目障りで薄汚い狐がウロチョロしています。

“小羊国”はその後門の狼(実はコヨーテ)を頼りにして、万一の際には守って貰う積りで居るのですが、守って貰うどころか「俺がバッファローを襲うときはお前も手伝え!」と何時も発破をかけられています。

でも牧羊犬に追い立てられて右往左往するだけの 羊 には他の動物に襲い掛かるほどの勇気も能力もありません。ウッカリ他の動物に手出しをしようものなら、却って踏み潰されたり餌食にされるのが落ちです。

何故って、もう70年も前からシャーマンに魔法を掛けられて、間違っても他の動物に盾突いたり喧嘩を吹っ掛ける様な事をしないように縛りを掛けられているからです。

精々戦う姿勢を見せるのは、メスを巡る争いでオス同士の頭突き合戦をする程度です。

其れを良い事に前門の虎は、この所毎日のように牧草地の境界まで遣って来て、物欲しそうな目で牧草地を眺めては姿を消し、羊達の神経を弥が上にも苛立たせています。

でも羊は、間違ってもその虎に頭突きを食らわそうなどと考えてはいけません。そんな事をすると虎は待ってましたとばかりに居丈高になって、堂々と境界の内側へ這入り込み、好みの羊を銜えて子虎の待つ巣へ持って帰ろうとするでしょう。

その時、後門の狼は頼りに成ると思いのほか、この狼こそ羊を食らう為にジッと機会を待っていたのです。虎と同じ様に我先に羊を食い荒らし始めるのです。虎と狼は予てから裏で共に羊を食らう約束をしていたのです。

こうなるともう歯止めが利きません。羆も羊争奪の競争に参入してくるでしょう。ヒョットしたらカンガルーのような草食動物や、遠い西の果てのライオンまでもが、俺にも分け前を寄越せと割り込んでくるかもしれません。

斯うして羊達は次々と餌食になるか、一部は生かされて毎年毛を刈られて丸裸にされるか、何れにしても哀れな末路を辿る事になります。

でも此れは羊達が選んだ運命です、他の誰の所為でも有りません。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 或るちいさな“羊の国”の物語 ( No.1 )
日時: 2012/12/26 19:59:12
名前: 天橋立の愚痴人間

小心者 さん

なかなか風刺が御上手です。

行く年、来る年のスレッドにも、

肩のこらない一文を御願いします。
メンテ
Re: 或るちいさな“羊の国”の物語 ( No.2 )
日時: 2013/01/01 11:33:22
名前: みつこ

新年明けましておめでとうございます。
今年も生きていられたことに感謝します。

小心者さんの言ってること、動物に例えていますが、とてもよくわかります。

「でも此れは羊達が選んだ運命です、他の誰の所為でも有りません。」

そう思います。分かっていてもどうすることもできない・・・。
どんな悲惨な運命が襲ってきても、羊はそれを受け入れることしかない。
悲しいけれど ・・・。そうかもしれないのだと感じている今日この頃。
慎ましくでも、その最後の日まで投げやりにならず、自分にできることをして生きていくしかないのかも。
メンテ
Re: 或るちいさな“羊の国”の物語 ( No.3 )
日時: 2013/01/06 19:01:05
名前: 小心者

イソップの寓話に、タイトルは忘れましたが、“蛙の国の王様”の話があります。

蛙の国に王様が居ないので、蛙たちは神様に「私たちの国に王様を下さい」とお願いしました。
神様は「よしよし分かった」と仰って“案山子”を王様にしてやりました。
案山子は来る日も来る日も田んぼの中に突っ立って、あらぬ方を睨んでいるばかりです。
やがて蛙たちは只突っ立って居る案山子の王様にあきれ果て、
神様に「こんな王様は要りません、もっと他の王様を下さい」と言いました。
神様は「そうか分かった!」と言って今度は“鷺”を王様に遣わしました。
新しい鷺の王様は、早速蛙たちを片っ端から啄ばみ始めました。

この話の結末はもうお分かりですね、何処かの「羊の国」とよく似ているでは有りませんか。
メンテ
Re: 或るちいさな“羊の国”の物語 ( No.4 )
日時: 2013/11/26 08:47
名前: 北の国から ID:1FT/4Ugw

他の場所から移動しています。
メンテ
Re: 或るちいさな“羊の国”の物語 ( No.5 )
日時: 2013/11/28 19:10
名前: ひのきとひなげし ID:Fz8NLSoM

UPさせていただきます
メンテ
Re: 或るちいさな“羊の国”の物語 ( No.6 )
日時: 2013/11/29 00:23
名前: 小心者 ID:ao5rMgB.

又ちょっと、野次を入れさせて頂きます。な〜に、直ぐ消えますから、

此のところの安倍政権は、益々ファッショ化を進め、国民を奴隷の様にしようとして居ます。

イエ、もう既に半分は奴隷にされて居ますねェ。

先の選挙で自・公に票を入れた方々、さぞ嬉しい事でありましょう。

そのうち貴方方も同じ様に成るのです。

政治家が嘘ばかり吐くから、商人まで偽物を売ります。

己の無策や失敗を隠す為に、何でも秘密にして国民の目から見えぬ様にします。

此れが民意の為せる業、民主主義の偉大なる成果です。
メンテ
小心者 さん ( No.7 )
日時: 2013/11/29 02:07
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:zKXU9UBs

小心者 さん 

久しぶりです。掲示板を見ていてくださるようで、有難うございます。

言われる通り、何処をとっても気がめいる状況です。

最近、小泉が反原発で騒いでいます。
それで小泉にエールを送れば、またまた、方々から御叱りを受けること必死でありますが、そんな事でも考えていないと、あまりにも空しく、いたたまれません。

満天下さんや私など、毎日記事を書いていますが、本当につらいのです。
書くことを作らなければ書くものがないのです。

>な〜に、直ぐ消えますから、

などと、言われないで

チョコチョコでも、顔を出して下さい。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存