ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1787] アホにつkる薬なし、バカは死んでも直らない!!
日時: 2013/07/28 19:39:51
名前: ryu ID:1375007991

アホにつける薬なし、バカは死んでも直らない!!
最近、ニュースや新聞を賑わせているのが消費税増税の話題。これまでの円安で一部の人たちに恩恵があったものの、多くの人間は、ガソリン、灯油、電気、ガス等のエネルギー関連、食料等々、僕たちの生活を取り巻く多くが値上がり、きつい生活を強いられている。にも、かかわらず今度は、増税の話。またかよ。失業している身でたいへんシンドイ!!
 
一部の人間がまるで世の中を動かしているように思えさえする。あの人たちに都合の良いようになんでも上書きされているような錯覚にさえ陥る。まさに傲慢で腹がたつ!!この世の中に、生活保護を受けている面々、低賃金で働かされ散る非正規労働者、再就職が大変な離職者、孤独な高齢者はいっぱいいるのに。

 以前、ニュースで生活保護の申請が受理されず結局、餓死するというかわいそうでいたたまれない事件があったことを思い出す。生きるためには仕事やお金が必要であり、食べるという行為、人間の基本的な生理欲求さえ満たされないで亡くなっていく。その人たちの立場でもの考え場合、すごく憤りを覚えるし、同じ人間として大変、恥ずかしい気になる。人間のネガティブな面に対してはまさにクサイものにはフタをする、である。

 今後、こういった悲しい事が増えるか増えないかはよくわからないが変に偏った政策はやめてほしい。人間的にも、道義的にも。お金のある人たちは仮に増税しても耐えれる。身の保身を担保しているから、、、、。だから人事のようにいえる。これからは、あの55年体制に戻るのだろうか?だと、したら本当に懲りない面々である。まさにアホにつける薬なし、バカは死んでも直らない!!である。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: アホにつける薬なし、バカは死んでも治らない!! ( No.1439 )
日時: 2016/09/14 05:33
名前: コリュウ ID:T1ord9tY

とうとう、私と同じ町内でこんなヤツが、、、!!


 民政クラブでも不正 高田・針山両市議あす辞職へ
(2016年09月13日 18時54分)

 12日、富山市議会の民進党系の会派『民政クラブ』の政務活動費に関する疑惑をお伝えしましたが、一夜明けた13日、事態が急展開しました。

 民政クラブの高田一郎(たかた・いちろう)市議と針山常喜(はりやま・つねき)市議の2人が、政務活動費を選挙対策に流用していたことを認め、14日、議員辞職することを明らかにしました。
メンテ
首相「最大の壁は男性中心の文化」その前に男尊女卑の考えを改めたらどうか ( No.1440 )
日時: 2016/09/14 05:39
名前: コリュウ ID:T1ord9tY



首相「最大の壁は男性中心の文化」その前に男尊女卑の考えを改めたらどうか(引用)


まったくこの首相の姑息な発想にはあきれ果てる。

一見、差別を撤廃するかのような発言だが、女性の輝く社会の
名のもとに、女性を自分の手となり足とするためで、配偶者控
除撤廃同様、これもその手のにおいがプンプンする。

>首相「最大の壁は男性中心の文化」 異例の自衛隊批判
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000076-san-pol
                産経新聞 9月13日(火)7時55分配信

>安倍晋三首相は12日、防衛省で行われた自衛隊高級幹部
会同に出席し、女性自衛官の比率が少ないことに触れ「最大の
壁は根強く残る男性中心の働き方の文化だ。これを根底から
変えていく必要がある」と述べ、異例の自衛隊批判を展開した。
欧米諸国の軍と比べ自衛官の女性比率が低いことも指摘、「男
性幹部諸君が自らの問題として積極的に(比率増加に)取り組
んでもらいたい」と指示した。

>首相は「欧米諸国にできて日本にできないはずがない」と語り、
首相が掲げる「女性活躍社会」を自衛隊も実現するよう迫った。

欧米諸国に出来て日本に出来ない筈はない?

だったら、自民党の女性議員の割合も、欧米諸国と同じような
半々程度の比率にしたらどうか。

(その数少ない女性議員が、男性議員におもねて生きてきたの
だろうけど、女性の皮をかぶった筋肉バカばっかり)

企業の女性役員の割合も大きく改めたらどうか。

悪代官菅は、天皇の退位・即位問題も、現在の天皇に限った
制度を考えていると言っていたが、天皇陛下の発言通りに、生
前退位を認めて、皇太子直系の愛子天皇も認めたらどうか。

こういう所だけは、伝統だから男性・男系でないと駄目だと主
張して譲らないが、当事者の天皇一家に取ったらどれだけ重
圧か分からないのだろうか。

多くの国民が、生前退位へ賛成、今後のすべての天皇も退位
できるようにするのがよいと考え、皇室典範を改正し、女性も
天皇になれるようにと考えているのに、自民党や日本会議の
メンバーや、その古臭い考えを受け継いでいる一部国粋主義
者達は、頑として受け付けない。

安倍首相や自民党は、女性を一人の人間としてではなく、労
働力としか考えていない。

女性を利用するだけ利用しているが、その前に根っこにある
男尊女卑の考えを改めるべきだ。
メンテ
もうブラック企業なんて呼ばせない!ワタミ、解体的「脱ブラック化」改革の内実 ( No.1441 )
日時: 2016/09/14 05:44
名前: コリュウ ID:T1ord9tY



もうブラック企業なんて呼ばせない!ワタミ、解体的「脱ブラック化」改革の内実(引用)



「24時間365日働け」「ビルから飛び降りろ」――。

 創業者・渡邉美樹氏のこうした発言が大きく取り上げられ、世間から「ブラック企業の代名詞」として批判を浴びた大手飲食店チェーンのワタミ。2013年には入社間もない社員が過労自殺したとして遺族が同社を提訴するなどして、同社の労働環境を問題視する声が高まった。そんな同社は15年に社長に就任した清水邦晃・新体制の下、「これまでブラック企業であった」と認め、全社的に企業体質や労働環境の改善に取り組んでいるという。

 今回は、100人以上の同社関係者への取材に基づき、その改革の内実に迫った書籍『ワタミの失敗』(KADOKAWA)を9月8日に上梓した、働き方改革総合研究所代表の新田龍氏に話を聞いた。



『ワタミの失敗 「善意の会社」がブラック企業と呼ばれた構造』(新田龍/KADOKAWA)


――新田さんはブラック企業アナリストとして、ワタミ批判の急先鋒でした。そのワタミが新田さんにブラック体質脱却にあたって協力を求めてきたということですが、どのようにアプローチをしてきたのですか。

新田龍氏(以下、新田) ワタミが叩かれている真っ最中だった2014年、同社幹部から共通の知人を介して打診がありました。当時のワタミは「世間からバッシングされている状況が続いてしまってはまずい」と考えて、労務環境の改革に取り組み始めていたのですが、それがまったく世間に伝わらないことに悩んでいました。その取り組みを伝えようとしても、逆にさらなる批判を呼ぶ恐れがあったので、専門家に広報を手伝ってほしいという考えが出てきたところでした。

 当時の私はワタミを激しく批判していた1人でした。そういう立場の人物がワタミの変革を客観的に見て「本当に変わった」と伝えられれば、説得力が増すのではないかという意図もあったようです。
 
――アプローチを受けて、どのように判断されたのですか。

新田 私はアンチの立場だったので、仲介してくださった方も、「ワタミからこんな相談があるが、大丈夫か?」という打診から話が始まりました。「ワタミが本腰で改革に取り組んでいて、具体的な形になっているのであれば興味がある」と答え、まずは話を聞かせてほしいと。そこで何回かワタミの幹部社員とミーティングの機会を持ちました。

 その場で主要な業績数値の変化や、改革の取り組み状況を聞かせてもらったのですが、本気で改革しようとしているという姿勢が伝わってきて、成果も少しずつ現われ始めていました。「ここまで徹底した取り組みであれば、その内容を広く知ってもらうことで、同じような労働環境で困っている他社の参考にもなるはず」と考えました。

 また、「批判していた問題が解消されたのであれば、その事実まできちんと伝えることが、批判していた者としての責任だ」という考えもあり、お引き受けすることにしました。

 ただし、条件がありました。「私はあくまで第三者のジャーナリストとしての立場で、客観的に見て思った通りのことを書きます」と。御社にとって不都合なこと、嫌なこと、昔の出来事の掘り返しなども書くかもしれませんよと。原稿になってから、「そういうことは書かないでほしい」といった要望は一切受け容れられない、ということを約束頂きました。

――事前の原稿チェックを認めなかったのですね。

新田 原稿でチェック頂くのは、細かい数字など事実関係の確認だけで、私の視点や論調、表現のニュアンスに至るまで、一切の変更や修正はご容赦頂きました。その条件で、改革の内容と成果、それに対する評価を書くことになったのです。

――ワタミの広報支援をしたわけですね。

新田 そうです。ワタミが自ら発信した情報だと、どんなに良いものでもアンチが批判する材料になってしまう。そこで、同じアンチな立場の者から発信することによって、少しでも世間に広く伝えようということです。約1年半をかけて取材をして、それを一挙にまとめたのが本書です。取材を進めていくなかで、インターネット上などでポジティブな情報を発信する機会は充分にあったのですが、ワタミはあくまで「書籍」という形で発信することを望んだので、本書で一挙出ししました。

――取材では、どのぐらいの人に会いましたか?

新田 取材にはワタミの全面協力をいただく前提でスタートしたので、証拠となるデータの提出、ネガティブな意見も含めて証言してくれる社員の紹介を依頼しました。役員、エリアマネージャー、店長、フランチャイズオーナー、結婚・出産を経て復職した女性社員、身体障害をお持ちの方、内定者の学生などを紹介していただき、さらに非公式ルートとして私のネットワークで多くの関係者を取材しました。ワタミからの紹介、ネットワーク、過去に取材した人を合わせると、100人以上の関係者に取材したことになります。

 本書のテーマを考えると、創業者の渡邉美樹さんのインタビューは必ず掲載したいところでしたが、これは結果的に見送りになりました。渡邉さんがいくら真摯に話した内容だとしても、一部の言葉が切り取られてそこだけ報道されたり、渡邉さんが持論を発言すると、一般論を語っただけでも「いまだに反省していない」と受け取られたりするなど、過剰な反応を引き起こしてしまう懸念があったからです。

――でも、渡邉氏本人は取材に対して大変前向きだったのでしょう?

新田 そうでしたね(笑)。ただ、渡邉さんへの取材にまつわる一連の経緯を見るなかで、ワタミが「脱・創業者」を本気で志向していて、渡邉さんからも独り立ちした会社になろうとしていることが垣間見られて、これも変革のひとつではないかと感じました。

■悪意はなく「善意」がベースになっている

――そもそも、なぜワタミはブラック企業になってしまったのでしょうか。

新田 これはどの成長企業にも当てはまることなのかもしれませんが、ワタミは最盛期で年間100店舗を出店するほどの急成長を続けていたにも関わらず、その成長に対して会社の管理体制やシステムが中小零細企業時代のままに据え置かれた状態でした。しかも社員には「素直な頑張り屋さん」が多かったので、その状態のままなんとかキャッチアップしようと頑張り、無理が続いてしまったことが、大きな問題につながったと考えています。

 世間がイメージするブラック企業とは、「経営者が悪意を持って私利私欲のために若者を使い潰す」という構図ですが、私が見てきた限り、ワタミはその構図に当てはまらないと考えています。渡邉さんをはじめ経営幹部も皆さん真摯に世の中に良い影響を与えたいと考えて、居酒屋という“おじさん”相手の業態をファミリー層にまで広げ、健康に良い料理を安く提供するという社会貢献的なミッションを持っています。そのミッションに共感した人たちが入社してきたので、社員は素直で人柄が良く、「頑張ればなんとかなる」という思いで急成長を続けてきたのです。その成長にマネジメントのレベルが追いつかない状況に対しても、経営陣は「これまでなんとかやってきたのだから、なんとかなるだろう」という考えでした。

 さらに、渡邉さん自身は異様に成長意欲が高く、超人的な努力もできる人なのですが、自分と同じぐらいの努力や成長を社員にも求めてしまったのです。

「社員の成長を期待するあまり、高い水準を要求する」ということはよくありますし、応えられる社員が多いうちは問題ないのですが、会社が拡大し、従業員も増えれば、社員の価値観も多様になってきます。そんなところに、創業時と変わらない厳しい要求が投げかけられると、「無理強い」と感じてしまう社員も少なからずいたことでしょう。何も「会社ぐるみで若者を使い潰してやろう…」といった悪意があったわけではなく、あくまで善意によるものですが、ひずみが修正されないまま成長を続けたことが大きな原因だと考えています。

――ブラック企業の社長には支配欲求の強い人が多いように思います。「自分は人を使う側の人間で、他の社員は使われる側の人間なのだから、自分の言うことに全面的に従え」という処世観を持っている人が多い。

新田 ブラック企業と呼ばれる多くの企業の社長にはそういうタイプが多いでしょうね。しかし渡邉さんの場合は逆で、「社員全員が経営者マインドを持つべき」という考え方です。「店長なら会社に使われる人間ではなく、店舗という会社を経営している社長のような存在なのだから、その視点で考えて行動しなさい」と社員に話すのです。確かに正論であり、そんなマインドが理想なのですが、そうはいっても実際は経営者でなく一社員なので、齟齬が生じるわけですね。
 
 取材を通して振り返ってみると、ワタミという会社からは「社員を使い潰そう」というマインドは感じられませんでした。実際、賃金は飲食業界のなかでは良いですし、やる気のある社員にはFCオーナーとして独立を促し、好業績店を任せる仕組みを早々に構築しているぐらいです。

――渡邉さんは長時間労働について、どのように考えていましたか。

新田 長時間労働を美徳と考えるのではなく、「自分の店なのだから、自分のやりたいように運営しなさい」という考え方です。世間から見るワタミは、「勤務時間内に終わらない大量の仕事を無理やり与えられ、社員が苦労している…」というイメージがあるかもしれませんが、事実ではないですね。繁忙店の店長でも、自ら仕事を効率的に工夫して、残業なく店を切り盛りできている人もいます。

 店舗勤務の場合、開店は17時ですが、段取りの良い社員は15時頃に出勤して普通の業務をこなして店を回しています。一方で、段取りの苦手な社員は13時に出勤して、どうにか店を回している状態で、このタイプの社員をマスコミは面白おかしく取り上げてきたわけです。渡邉さんも「早く出勤して働け」などとは言っていません。
メンテ
<富山市議会>補選実施へ 新たに自民会派1人辞職願提出へ ( No.1443 )
日時: 2016/09/15 05:45
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2



<富山市議会>補選実施へ 新たに自民会派1人辞職願提出へ(引用)



 ◇欠員が計7人に 政務活動費不正疑惑

 富山市議会(定数40)を巡る政務活動費の不正請求問題で、新たに自民会派(7月時点で28人)の浅名長在エ門市議(65)が14日、領収書偽造による不正を取材に対し認め、議員辞職する意向を明らかにした。既に自民系3人が辞職し民進系2人が辞職願を提出しており、浅名市議が辞職すれば、富山県議に転出した1人を含めて市議会は欠員7となり、補欠選挙が行われる。21日の市議会本会議で辞職が正式決定する。政務活動費の不正を巡る議会の補選は極めて異例。

 浅名市議によると、一昨年と昨年に計2回、市政報告会の茶菓子代と偽って計約4万6000円を会派に不正請求した。白紙領収書は、普段から利用している食料品店からもらって自宅で保管していたもので、金額などは家族に書いてもらったという。浅名市議は「金額の多寡は問題ではない。市民の信頼を裏切ったので辞職する」と述べた。

 14日は民進系会派の民政クラブ(4人)の幹事長、針山常喜(70)と会派会長の高田一郎(69)の両市議も辞職願を議長に出した。2人は2013〜15年度、領収書に数字を書き加えたり白紙領収書を偽造したりし、広報誌の印刷代などとして計1292万円を不正請求し約1180万円を得たと説明した。また09年と13年の市議選では、会派の口座にプールしていた不正取得金を選挙資金に充てたという。今も針山市議の口座には500万円以上、高田市議の口座には400万〜500万円が残っているという。

 一方、不正を認めた自民会派前会長の中川勇氏(69)=既に辞職=と谷口寿一市議(53)について、市民団体は15日、詐欺容疑で県警に告発する。

 市選挙管理委員会によると、補選は市議会が辞職を認めた翌日から50日以内に行われる。選挙には約1億円の費用がかかる見込みのうえ、来年4月には任期満了による市議選もある。市民からは「不正に税金を受け取っていたうえに補選でさらに金がかかることに、全く納得がいかない」と怒りの声が上がっている。
メンテ
慎太郎よ、騙されたのはこっちだ、都民の側だ!! ( No.1444 )
日時: 2016/09/15 05:48
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2



慎太郎よ、騙されたのはこっちだ、都民の側だ!!(引用)


 厚顔無恥という言葉は慎太郎にはピッタリだ。13日、BSフジの番組に生出演した石原慎太郎が、築地市場の移転問題に「僕はだまされた」―。よくもまあ、いけしゃーしゃと言えたものだ。

 騙されたのはこっちだ。都民だ。お前は騙した側の頭目ではないか。それを「騙された」などと、よく言うよ。

 そもそも築地市場の豊洲移転は石原が現職だった2001年に正式に決定した。それを今になって「オレは知らなかった」では済まない。

 百歩譲って慎太郎が知らなかったとしたら一体、「知事として何をしてきたんだ?」高給を取っていながら、仕事は部下に丸投げし、小説ばかり書いていたのか?

 都知事の小池に、「徹底してやってもらいたい」と慎太郎。まるで人ごとだ。自分は頬かむりをして責任転嫁に終始。石原慎太郎という人間は本当に悪い奴だ。常に大ぼらを吹くが、いざとなれば逃げ回る。

 これについて、テレビキャスターの安藤優子は、「騙されたって言われてもねー。それを言いたいのは、築地の業者さんたちだと思います。当時の知事(慎太郎)は、それの一番の現場監督、責任者ですから。

 どちらかと言うと、騙した側です。グループ分けすれば、私は騙されたってだけではすまないと思う」と、石原を厳しく批判した。

 さらに慎太郎はBSフジで、「豊洲の移転問題ではスキャンダルが出そうなんですよ」と、新たな問題の発覚をほのめかした。泥田にはまったも同然でもう、メチャクチャだ。
メンテ
甘利氏の記者会見の茶番。政権により捜査が変わる、日本検察の威信は地に落ちた ( No.1445 )
日時: 2016/09/15 05:52
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2


甘利氏の記者会見の茶番。政権により捜査が変わる、日本検察の威信は地に落ちた。(引用)


甘利氏が今頃になって、自分がお金を出して雇った弁護士の調査結果を受けて、斡旋利得容疑について、捜査機関と同様の結論を得たと述べた。全くの茶番である。いくら弁解しようが、誰も甘利氏を信じない。

そもそも、甘利氏にお金を贈った方が、お金を懐に入れたことを証言し、また秘書2人がUR側に金品を要求している録音がありながら、検察は不起訴にした。それも検察審査会で不起訴不当と議決されたのに、検察は頑なに不起訴とした。これが、陸山会事件のように野党の議員がやっていたら、これだけの証拠があれば確実に秘書も本人も起訴されていただろう。

検察は、巨悪を眠らせないと豪語しているが、安倍首相のお友達には手心を加えているとしか思えない。日本の司法行政機関も、本当に劣化してきたと思っている。今や、沖縄の基地にしろ、政府に逆らうものは有無を言わせず反対を抑え込む。その状態を許しているのは、与党が何をやっても法案が通る状態を許しているからだ。民進はいくら頑張っても、直ぐには政権など取れっこないのだから、まずは野党共闘で、少しでも野党勢力を増やすしかないのだ。このことを今の3名の民進代表候補が理解しているとは思えない。


「捜査機関と同様の結論得た」 甘利氏の発言要旨全文


 甘利明・元経済再生相らの現金授受問題で、甘利氏が14日、記者会見を開いた。同氏の事務所を通じて配布された「発言要旨」は次の通り。
    
 本日は、急なお知らせにもかかわらずお集まりいただきましてありがとうございます。

 8月16日に東京地方検察庁が検察審査会の元秘書2名に対する「不起訴不当」との議決を受けた捜査の結果を発表し、元秘書2名について再び不起訴との判断をしていただきました。
 そこで、本日私から元秘書2名について説明をさせていただくこととしました。

 説明に入る前に、今回「不起訴」とのご判断を頂きましたものの、法令に反するような事実はあったのではないかとの疑念を抱かれたこと自体、私の不徳の致すところであり、ご心配とご迷惑をおかけした皆さまに深くお詫(わ)び申し上げます。

 まず、私自身が経験したことについては私の大臣辞任の記者会見の際に率直に事実関係をお話しし、あっせん利得処罰法等に違反するような事実はない旨をご説明しました。そして、捜査機関及び検察審査会においてもいずれも不起訴とご判断頂いたことでご理解いただけたものと思っております。
メンテ
安倍首相の機関投資家向けセミナーの発言 ( No.1446 )
日時: 2016/09/15 05:56
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2



安倍首相の機関投資家向けセミナーの発言(引用)



高速増殖炉もんじゅの存続が厳しい、と報道があります。1兆円かけた夢の原子炉、などともされますが、最近では原型炉に格落ちし、仮に存続できたとしても商業炉として新たに建設し、安定して発電できる状況ではない。つまり採算をとれる見込みがない。ただの原型炉では、政府系機関しか扱えませんが、それすらどこも手を上げない、お手上げです。

しかしそれこそこれは、使用済み燃料の再処理全体に影響する問題です。青森県に建てた再処理工場は、それこそ3兆円と言われる事業費をかけた一大事業。それが無用の長物となれば、電事連にも相当の打撃です。さらにこれまで英国や茨城にある再処理工場でつくってしまったガラス固化体はどうするのか? 今は中間貯蔵として茨城や青森で受け入れていますが、高レベル廃棄物でもあるガラス固化体を作らない、となったらもう造ってしまった僅かなガラス固化体のために、日本のどこかに地層処分の施設をつくるしかなくなる。非効率で、大きな問題が未来に残ってしまった、となってしまうのでしょう。

最近の安倍政権の発言、安倍首相は「デフレから脱しつつある」「日銀の金融政策は徐々に実体経済に波及」など。菅官房長官は「マイナス金利は一定の成果を上げている」などですが、安倍―黒田会談後から増えた、こうした発言には裏がある、との見方が専らです。日銀は物価目標の旗を下ろす、なので政府がダメージコントロールを図り、物価2%は難しかったが、デフレ環境を脱したことでよしとする、という空気を醸したいのです。

しかしここに来て、日銀や政府の口先介入の失敗がめだちます。マイナス金利導入後、何を言っても、やっても上手くいかない。今回も、すでにヘッジファンドの運用担当などは日本にヘリマネなど「できることは何でもやれ」というスタンスであり、それがなければ日本は売りでとる。今の金融政策ではもう満足しない、ナゼなら結果が出ていないのですから。3年もやって「…つつある」などという政策が、これから劇的に状況を改善させる力がないことは明白、さらに「徐々に…」などという言葉は待っていられない。「マイナス金利は一定の成果」に至っては、「それ以上のマイナス効果」という言葉で打ち消されます。地銀が赤字転落、という記事もでてきましたが、金利が下がって借り易くなった、のと同時に、金融機関は貸し難くなった、のです。地銀の経営環境が悪化すれば、地方や中小企業に打撃となる。マイナス金利のマイナス効果は、着実に日本を蝕んでいます。

最近、私が耳にしたのは安倍ノミクスならぬ安倍ノゴミクス、という言葉です。もうこの経済政策はゴミレベルで、早く廃棄物処理にださないといけない。しかも生ゴミなので、時間が経てば腐臭がひどくなる。そんな位置づけであって、だから外国人投資家は、その廃棄物レベルの経済政策を覆い隠してくれるだけの何か、がなければ投資はしない。お金をドブに捨てるようなものだからです。しかも入ってくるのは長期で運用するマネーではなく、短期で運用するアクティブ。その結果、ボラティリティーを高めるだけで、ますます長期マネーは逃げていく。そんな相場つきにしかならなくなります。

日本は高レベル廃棄物どころか、安倍ノミクスというゴミまで、どうやって捨てるかが悩ましい。地層処分どころか、外国人を馳走し、お金をださせて処分するしかないのが、現状なのでしょう。しかし外国人投資家はそっぽを向く。日本が成長して行く、という夢がないためです。馳走とは、元々仏教用語で、走り回って他人のためにつくすこと、です。しかし走り回りもせず、自分のために誰かをもてなし、お金をださせようとする企みには誰も心を動かされません。もんじゅは元々、知恵の神。獅子の背に乗った形で表現されます。しかし安倍政権が乗っているのは火の車、知恵もなく、マイナス金利を深彫りするだけでは、やがてその落とし穴に嵌るのは自分たちでしょう。それこそ安倍ノゴミクスも地層処分するしかない、となってくるのかもしれませんね。
メンテ
黒田日銀、崩れる強気…マイナス金利の失敗認め政策転換か、金融界から総スカン状態 ( No.1447 )
日時: 2016/09/15 05:58
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2



黒田日銀、崩れる強気…マイナス金利の失敗認め政策転換か、金融界から総スカン状態(引用)



 日本銀行の黒田東彦総裁は変節したのか――。

 9月20、21日に日銀の金融政策決定会合を控え、市場関係者は黒田総裁の真意を測りかねている。9月5日に都内で開かれた講演で、マイナス金利政策や大規模緩和のデメリットに初めて踏み込んで言及したからだ。追加緩和に踏み切るかは微妙な情勢となった。

■確実視される金融政策枠組みの見直し

 黒田総裁は講演のなかで、マイナス金利政策について「金融機関収益に与える影響が相対的に大きい」と指摘。金融政策全般についても「ここまで大規模な緩和を行っている以上、当然、追加措置の『コスト』はある」と語った。

「正直、耳を疑いましたよ」と漏らすのは経済担当記者。

「黒田総裁はこれまで大規模緩和のメリットばかり訴えていた。欧州はマイナス金利幅が日本よりも大きいので日本も大きくできる、というスタンスを前面に押し出していた。あの頑固な黒田総裁が副作用に配慮する姿勢を示したのだから、驚きですよ」

 日銀は9月の決定会合で、3年半の金融政策を振り返る「総括的検証」を実施する。金融政策の枠組みの見直しは確実視されてきた。

■2%の物価目標は3年半経っても達成せず

「就任時に掲げた2年程度で2%の物価目標は、3年半たっても達成の見通しが立たない。7月に9月会合での『総括的検証』の実施を打ち出したことで、政策変更がささやかれ始めた」(アナリスト)

 具体的にはマイナス金利の拡大のほか、年間80兆円ベースの現在の国債買い入れの減額、さらには円安を狙った外債購入まで浮上している。

 黒田総裁は7月以降、市場での国債買い入れ減額観測を意識し、「緩和の縮小という議論ではない」と主張。「追加緩和の余地は十分にある」と従来の方針を強調してきた。それだけに5日の発言の変化は、関係者にとって衝撃だった。マイナス金利をめぐっては金融機関から猛反発を受けたが、黒田総裁は頬被りを続けてきた。

 日銀はマイナス金利導入で、長期や超長期の国債金利が低下、企業や家計の資金調達金利も下がり、資金需要が刺激されると主張。一方、金融機関側はすでに貸し出し競争が激しく金利競争に晒され、すでに利ざやが低水準にある。これ以上、金利が下がったところで、資金需要が掘り起こされるわけもなく、マイナス金利の導入は死活問題になりかねないと訴えてきた。

■あらわになった政策の手詰まり

 それでも、黒田総裁はどこ吹く風という顔だっただけに、三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長が公然と日銀を批判。民間金融機関のトップが中央銀行の政策を批判する異例の事態に発展していた。

「新聞やテレビは講演を受けて『追加緩和可能』と報じましたが、講演の最大のポイントは副作用に配慮を示したこと。市場との対話にようやくカジを切ったのでしょう。逆にいえば、サプライズ頼りの金融政策の手詰まりを感じているのではないか」(日銀関係者)

 実際、黒田総裁は講演終盤で「構造改革の取り組みを通じて潜在成長率を高める必要がある」と語り、金融政策一本足での限界を示唆し、政府の成長戦略への期待をのぞかせた。「追加緩和なし」の気運が高まるなか、21日の金融政策決定会合後にサプライズはあるのか。
メンテ
慎太郎の「聞いていない」は真っ赤なウソだった!! ( No.1449 )
日時: 2016/09/16 05:48
名前: コリュウ ID:EgOCj8jg



慎太郎の「聞いていない」は真っ赤なウソだった!!(引用)


 豊洲新市場の建物下に盛り土がされていなかった問題で、石原慎太郎が「聞いていない」と言うのは真っ赤なウソだった。東京新聞が都知事在任中の記者会見での慎太郎の発言を洗い直した結果、デタラメがバレた。

 人のせいにして素知らぬ顔をする。慎太郎は汚い男だ。ズルい奴だ。こんな男に嬉しがって一票投じていた東京都民。今、どんな心境なのか。付和雷同、無責任のツケは常に自分に降りかかる。

******************
東京新聞によると、
 都知事在任中の2008年、地下にコンクリートの箱を埋める案に言及していたことが分かった。長所として工費の安さや工期の短さを挙げていた。土壌汚染対策を検討する専門家会議の盛り土案に反し、都が地下空間案を採用した判断に、石原氏の意見が影響したかどうか、解明が進むことになりそうだ。

 専門家会議は2007年5月、ベンゼンで土壌が汚染されていた豊洲市場の地下利用について「有害物質が建物内に入る恐れがあるため、地下施設は造らない方がいい」と指摘。

 しかし、石原は2008年5月30日の都知事の定例会見で、海洋工学の専門家がインターネットで「もっと違う発想でものを考えたらどうだ」と述べていると紹介。土を全部さらった後、地下にコンクリートの箱を埋め込み「その上に市場としてのインフラを支える」との工法があると「担当の局長に言った」と説明していた。

 当時は、670億円と見込まれた汚染対策費が1000億円を超えるとの見方も出ていた。石原は5月16日の会見で「もっと費用のかからない、しかし効果の高い技術を模索したい」と説明。

 5月23日の会見では専門家会議の座長が「新しい方法論を試すにはリスクが高い」と述べたことについて、「その人の専門性というのはどんなものか分からない。いたずらに金かけることで済むものじゃない」と反論した。

 2カ月後の7月、専門家会議は敷地全体を盛り土にするよう都に提言した。都は翌月、工法を検討する別の有識者の「技術会議」を設置。その会議で、地下空間を設けて駐車場などに有効利用する公募案を候補の一つに選んだ。

 この公募案は委員の反対で不採用になったが、「浄化作業のため」とする都の別の提案で地下空間案が設計に反映された。土壌対策費は最終的に858億円となった。

 石原は今月13日のBSフジの番組に出演し、盛り土にしなかったことを部下から「聞いてません。これは僕、だまされたんですね」と述べた。東京新聞が14日、事務所を通じて石原に取材を申し込んだが、コメントは得られなかった。

詳報はここをクリック
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016091590070411.html


豊洲市場 石原氏、08年に地下コンクリ箱案に言及「ずっと安く早い」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016091590070411.html
2016年9月15日 07時04分 東京新聞

 築地市場(東京都中央区)からの移転が延期された豊洲市場(江東区)の主要な建物下に盛り土がされていなかった問題で、石原慎太郎氏が都知事在任中の二〇〇八年、地下にコンクリートの箱を埋める案に言及していたことが分かった。長所として工費の安さや工期の短さを挙げていた。土壌汚染対策を検討する専門家会議の盛り土案に反し、都が地下空間案を採用した判断に、石原氏の意見が影響したかどうか、解明が進むことになりそうだ。 (中沢誠、中山高志)

 専門家会議は〇七年五月、ベンゼンで土壌が汚染されていた豊洲市場の地下利用について「有害物質が建物内に入る恐れがあるため、地下施設は造らない方がいい」と指摘。〇八年五月十九日、土を入れ替えて盛り土にする方針を決定した。

 しかし、石原氏は〇八年五月三十日の都知事の定例会見で、海洋工学の専門家がインターネットで「もっと違う発想でものを考えたらどうだ」と述べていると紹介。土を全部さらった後、地下にコンクリートの箱を埋め込み「その上に市場としてのインフラを支える」との工法があると「担当の局長に言った」と説明していた。

 当時は、六百七十億円と見込まれた汚染対策費が一千億円を超えるとの見方も出ていた。石原氏は五月十六日の会見で「もっと費用のかからない、しかし効果の高い技術を模索したい」と説明。五月二十三日の会見では専門家会議の座長が「新しい方法論を試すにはリスクが高い」と述べたことについて、「その人の専門性というのはどんなものか分からない。いたずらに金かけることで済むものじゃない」と反論した。

 二カ月後の七月、専門家会議は敷地全体を盛り土にするよう都に提言した。都は翌月、工法を検討する別の有識者の「技術会議」を設置。その会議で、地下空間を設けて駐車場などに有効利用する公募案を候補の一つに選んだ。この公募案は委員の反対で不採用になったが、「浄化作業のため」とする都の別の提案で地下空間案が設計に反映された。土壌対策費は最終的に八百五十八億円となった。

 石原氏は今月十三日のBSフジの番組に出演し、盛り土にしなかったことを部下から「聞いてません。これは僕、だまされたんですね」と述べた。本紙は十四日、事務所を通じて石原氏に取材を申し込んだが、コメントは得られなかった。
メンテ
富山市議の不正と同じ手口なのに…テレビはなぜ稲田朋美防衛相の“白紙領収書”問題に一切触れないのか ( No.1450 )
日時: 2016/09/16 05:51
名前: コリュウ ID:EgOCj8jg

  

富山市議の不正と同じ手口なのに…テレビはなぜ稲田朋美防衛相の“白紙領収書”問題に一切触れないのか(引用)



 富山市市議の政務活動費不正受給問題が大きな騒動になっている。9月以降、5人の自民会派議員が不正を認めており、今日までに3人が辞職。さらに民進党系会派の幹事長も同様の行為を行っていたとして、辞職を表明した。

 その手口の多くは白紙領収書を使うというものだ。たとえば昨日議員辞職した自民党会派の村山栄一元市議の場合、ストックしておいた白紙の領収書に自ら金額を記入していた。5年間で95回の市政報告会を開き、その全てで白紙領収書を使用、不正受給の総額は約469万円にのぼる。 

 富山市議会自民党幹事長であり前会長の中川勇元市議にいたっては、印刷会社から白紙の領収書を束でもらい、架空請求を繰り返すなどして、合計約695万円を不正計上していたという。

 この問題に対しては、テレビや新聞も珍しく厳しい追及の姿勢を見せている。ワイドショーもこぞって取り上げ、出演者らが声を大にして元市議らを批判。たとえば、今日13日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、司会の小倉智昭は憤怒の面持ちで「地方議会っていえば、あの、号泣の野々村議員の一件がありましたけど、あれで騒がれている後の話じゃないの、この人たちのって」と語気を強め、コメンテーターも「有り得ないですね」「赤信号みんなで渡れば怖くないっていいますけど、赤信号が悪いってことすら認識としてもちあわせていない」と徹底して糾弾した。『ひるおび!』(TBS系)など他局もほぼ同じ論調で報じていた。

 たしかに、富山市市議らの白紙領収書を使った不正は相当に悪質だ。有権者に対する背信行為であることはもちろん、文書偽造という刑法上の犯罪に当たる可能性もあり、メディアが徹底追及するのは当然だ。

 しかし、その威勢のいい報道を見ていると一方で、だったらなぜ? という疑問が抑えきれなくなる。

 なぜなら、まったく同じ領収書の文書偽造を使った不正であるにもかかわらず、新聞・テレビが一切だんまりを決め込んでいる“政治とカネ”の問題があるからだ。そう、稲田朋美防衛相の白紙領収書をめぐる“巨額不正疑惑”だ。

 これは、「しんぶん赤旗」が先月14日にスクープしたものだ。稲田氏の政治資金管理団体「ともみ組」の領収書のなかに金額、宛名、年月日が同じ筆跡の領収書が大量に存在していることが発覚。これは、自民党議員らの政治資金パーティに参加した際に、金額や日付などが未記入の領収書を得て、稲田氏側が自分で書き込んでいたものだった。「赤旗」の調べでは、この白紙領収書は2012〜14年の3年間で計260枚、約520万円にのぼるという。

 繰り返すが、領収書に自分で勝手に金額等を書きこむ行為は文書偽造にあたり、刑事罰の対象となる。また、富山議会自民党会派のように、領収書を偽造することで架空のカネをでっちあげ、不正受給や横領をまねく危険のある極めて悪質な行為だ。

 しかも、自民党ではこの“白紙領収書”が常態化していた。「赤旗」を後追いした「フライデー」(講談社)9月9日号には、自民党ベテラン代議士秘書が「白紙の領収書を渡すのは永田町では“常識”です」と証言している。さらに、「赤旗日曜版」9月4日付のスクープ第2弾によれば、稲田氏側へ白紙領収書を発行した自民党議員は、現内閣だけでも、高市早苗総務相や加藤信勝一億総活躍相、丸川珠代五輪相ら現役閣僚10人のほか、副大臣や副官房長官なども加えて30人にのぼるという。

 つまり、地方議会だけでなく国政の場でも、自民党では組織ぐるみの“白紙領収書”が乱れ飛んでいたのだ。もちろん、資金パーティへの参加費などには、血税である政党交付金が混ざっているとみられ、これまでに横行してきた“白紙領収書”を利用することで、国民の税金の私的着服や裏金作りが行われた可能性もある。よしんば正確な金額を書き込んでいたとしても、白紙領収書を受け取って自分たちで記入すれば公的証明となりえないし、非課税の政治資金で不透明なカネの流れをつくっていること自体は変わらない。国民への裏切り行為であり、決して看過できない重大な問題だ。

 ところがマスコミは、同じく白紙領収書による犯罪が発覚した富山市議会自民党会派については、威勢よく追及するくせに、稲田氏ら安倍内閣の重大疑惑は完全に“知らぬ存ぜぬ”を決め込んでいる。

 たとえば前述の『とくダネ!』で小倉は、「怪しいと思われたその時点でアウトだよね、この手のものは」と笑いながら吐き捨てていたが、安倍政権の“白紙領収書”疑惑を1秒たりとも取り上げないし、「じゃあ、国会議員はどうなのか」という当たり前のコメントすら一言も出さない。あえて問題を拡大させないように努めるかのごとくだ。

 あるワイドショースタッフに取材してみると、自嘲気味の口調でこんな答えが返ってきた。

「稲田さんの件なんて取り上げられるわけがないじゃないですか。今のテレビでは、稲田さんにかぎらず内閣の閣僚や自民党幹部の不正を取り上げようとしても、絶対に上に潰されますよ。各局とも、国会で大々的に追及されるか、本人が認めない限り報道しない、というのが不文律になっていますから。ただ、知事や地方議会になると、このハードルがかなり下がるので、思い切った厳しい追及ができる。というか、舛添前知事のときもそうでしたが、安倍政権のことをやれないぶん、そのうっぷんを地方政治家にぶつけている、という構造はあるでしょうね」

 テレビ局が官邸によるさまざまな圧力によって萎縮し、完全に飼いならされている状況は、これまでもなんども指摘してきたが、地方議員叩きはその代償行為ということらしい。

 地方議員という“ザコ”は叩いてアリバイづくり、自民党の有力国会議員の前ではおとなしく“おすわり”。これが報道機関の取るべき態度なのか。今回、小倉らワイドショーのMCたちは富山市市議に対して「恥ずかしくないのか!」とエラソーに説教していたが、恥ずかしいのは自分たちも同じだ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存