ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1787] アホにつkる薬なし、バカは死んでも直らない!!
日時: 2013/07/28 19:39:51
名前: ryu ID:1375007991

アホにつける薬なし、バカは死んでも直らない!!
最近、ニュースや新聞を賑わせているのが消費税増税の話題。これまでの円安で一部の人たちに恩恵があったものの、多くの人間は、ガソリン、灯油、電気、ガス等のエネルギー関連、食料等々、僕たちの生活を取り巻く多くが値上がり、きつい生活を強いられている。にも、かかわらず今度は、増税の話。またかよ。失業している身でたいへんシンドイ!!
 
一部の人間がまるで世の中を動かしているように思えさえする。あの人たちに都合の良いようになんでも上書きされているような錯覚にさえ陥る。まさに傲慢で腹がたつ!!この世の中に、生活保護を受けている面々、低賃金で働かされ散る非正規労働者、再就職が大変な離職者、孤独な高齢者はいっぱいいるのに。

 以前、ニュースで生活保護の申請が受理されず結局、餓死するというかわいそうでいたたまれない事件があったことを思い出す。生きるためには仕事やお金が必要であり、食べるという行為、人間の基本的な生理欲求さえ満たされないで亡くなっていく。その人たちの立場でもの考え場合、すごく憤りを覚えるし、同じ人間として大変、恥ずかしい気になる。人間のネガティブな面に対してはまさにクサイものにはフタをする、である。

 今後、こういった悲しい事が増えるか増えないかはよくわからないが変に偏った政策はやめてほしい。人間的にも、道義的にも。お金のある人たちは仮に増税しても耐えれる。身の保身を担保しているから、、、、。だから人事のようにいえる。これからは、あの55年体制に戻るのだろうか?だと、したら本当に懲りない面々である。まさにアホにつける薬なし、バカは死んでも直らない!!である。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

安倍首相登場に違和感「主役は選手。首相は出てくるべきではなかった」 ( No.1301 )
日時: 2016/08/22 14:42
名前: コリュウ ID:V91weh2M


安倍首相登場に違和感「主役は選手。首相は出てくるべきではなかった」 :引用


リオデジャネイロ五輪閉会式 (8月21日)


 ▼スポーツ評論家の玉木正之さんの話 閉会式で安倍晋三首相が登場したことには大いに違和感があった。スポーツは政治から独立したもので、主役は選手。政治家はあくまで応援する存在であり、首相は出てくるべきではなかった。東京五輪・パラリンピックを、政治色を排して開催できるのかは今後の課題だ。

 日本が獲得したメダル数が過去最多になったことは良かった。指導が良かったのか、周囲のバックアップの影響なのか、各競技団体で分析して今後に生かしてほしい。日本の強化費は増えていて、東京五輪の成績も心配していない。ただ、東京五輪が最終目標ではないので、そこからサポート態勢を縮小するようなことはやめてほしい。

 ブラジルでは、6年前からプロデューサーと演出家が開会式の準備をして素晴らしいものになった。ソフト面やコンセプトは見習うべきだ。

 ▼タレントのミッツ・マングローブさんの話 普段は見ないような競技まで、いつも応援しているかのように見てしまうマジックが五輪にはある。卓球は地味な競技の代表格だが、水谷隼選手らが派手に活躍し、ギャップにみんなが食い付いた。

 五輪はさまざまな体質の国が集まる場。その中で、ばか正直で真面目な日本がこれだけメダルを獲得したのはすごい。柔道の3位決定戦は、負けた後に再び試合という状況なのにモチベーションを維持し、銅メダルをいくつも獲得した。これも日本人の気質だと思う。

 東京五輪では、選手たちもホームになるので、リオよりもやる気が上がるはず。費用を縮小しスマートにするのであれば、開会式では入場行進と選手宣誓、聖火点灯だけにするとかシンプルにやるのも良いのでは。世界もあっと驚くのでは。
メンテ
“安倍マリオ”にネット騒然 首相サプライズに「笑った」「身体張ったな」 ( No.1302 )
日時: 2016/08/22 14:45
名前: コリュウ ID:V91weh2M

↓:ボクは違う意味で苦笑いしたよん!!何、考えているの!????


“安倍マリオ”にネット騒然 首相サプライズに「笑った」「身体張ったな」 (引用)


リオデジャネイロ五輪閉会式 (8月21日)


リオ五輪が閉幕 閉会式の首相
閉会式に登場した安倍首相
Photo By 共同

 リオデジャネイロ五輪の閉会式で、東京都の小池百合子知事(64)に五輪旗が引き継がれるセレモニーが行われた。4年後の東京五輪を紹介するパフォーマンスには安倍晋三首相(61)が世界的人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」の主人公マリオに扮して登場。インターネットでは“安部マリオ”の登場が大きな話題となった。

 20年東京五輪をPRするVTRには競泳の北島康介氏(33)や世界的に有名なアニメ「キャプテン翼」や「ドラえもん」が日本の魅力を紹介した。安倍首相はマリオに変身。日本から地球の裏側までゲームでおなじみの「緑の土管」でつなぎ、東京からリオデジャネイロへ移動する映像が流れ、映像画面がマラカナン競技場に戻ると、フィールド中央に出現した土管の中からマリオ姿の安倍首相が登場する演出だった。

 インターネットでは衝撃の“首相コスプレ”に「安倍マリオ笑った」「噴き出した、、、ナイスセンス」「中々面白かった」「東京五輪PRは格好よかった。首相も身体張ったな」と好意的な声が多かった。
メンテ
安倍の馬鹿! ( No.1303 )
日時: 2016/08/22 17:53
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1cjBOeEU

この程度のことなら無難にこなしたと、言うことさ!

サーカスならば

安倍は有能な役者と言えよう!

だが、

政治を同じように考えている クソ安倍

政治の能力など皆無の アホ安倍

そのまま

リオに永住するべし。

気に入られたのだから!

・・・


日本は、何か、可笑しいのさ。

AKB48 漫画

が全てなのさ!

だから

あんな行為も

好意で受け止められるのさ。
メンテ
【ワロタ】安倍首相の気合を入れた服装、あまりにもヤバすぎてネット上が騒然!靴下アカンw ( No.1304 )
日時: 2016/08/23 08:04
名前: 斎R ID:z5I5uKQ.



【ワロタ】安倍首相の気合を入れた服装、あまりにもヤバすぎてネット上が騒然!靴下アカンw(引用)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13058.html
2016.08.21 20:00 情報速報ドットコム





↓安倍晋三氏の奥さんである昭恵さんが投稿した画像。靴下の向きを指摘する声も・・・。


安倍昭恵
https://www.facebook.com/akieabe/posts/10154391003891779
ゴルフにいってらっしゃ〜い!
本当に元気だなあ・・・



以下、ネットの反応



伊藤 継豊 だらしなく崩れた身体。
みっともなく突き出た腹。


平居 ますみ あれだけの活動をされている昭恵さんもお元気なのは負けていないと思います!
総理は最近お痩せになったのではと思っていましたが大丈夫のようですね。だってお腹が…(失礼しました 笑)
昭恵さんも良い夏休みを❗


宮原 秀一 婦人。総理は少しお腹がふくよかなられている感じが見受けられているのは僕だけでしょうか?(@_@)。婦人のご尽力にて、総理のふくよかなお腹が平均値まで下がる事を願って止みませんm(__)m(笑)。


Hidehiko Maeda 総理閣下にお腹を引っ込める為、食事の改善と健康面の進言を総理夫人より〜お願いします! 後2年は総理で事に当たって頂きたいし、総理退任後も政界のドンとして影響力を発揮し、稲田氏や岸田氏を支えていって頂きたい!


木村久美子 半ズボン 膝下の真っ白な靴下 ちょっと膨らんだポッコリ。
昭恵様が ゴルフにプレーに行かれるありのままのご主人様の姿を見せて下さるのは どれだけご主人様を思いやられているか理解します。


Tsuyoshi Uemura 安倍総理は何を着ても似合います。各国の大統領と並んでも素晴らしいです。まだまだ頑張って頂きたい素晴らしい総理大臣です。


これはアカン(笑)。安倍首相の写真でこんなに笑ったのは初めてですよw 奥さんも写真を投稿する際に違和感を感じなかったのかと気になりますが、ちょっと大人のするような服装ではないと私は思います。
メンテ
日本の恥! リオ五輪閉会式で安倍首相がアスリートをさしおいて政治宣伝…背後に官邸と組織委のグロテスクな思惑 ( No.1305 )
日時: 2016/08/23 08:07
名前: コリュウ ID:z5I5uKQ.



日本の恥! リオ五輪閉会式で安倍首相がアスリートをさしおいて政治宣伝…背後に官邸と組織委のグロテスクな思惑(引用)



 こいつら、頭がおかしいんじゃないのか。リオ五輪の閉会式、2020年の開催都市・東京のプレゼンテーションで、土管からマリオのコスプレをした安倍首相が登場したとき、まず、口をついて出たのはこの言葉だった。

 断っておくが、本サイトが安倍嫌いだから言っているわけではない。閉会式で行われる次期開催都市のプレゼンテーションについては、前々から誰がサプライズ出演するのか、と注目されていた。北京五輪閉会式でのロンドンのプレゼンテーションのクライマックスにはベッカム、ロンドン五輪閉会式のリオのプレゼンテーションにはペレが登場しており、今回の東京のプレゼンテーションにも、日本を代表するアスリートが抜擢されるのだろうと思われていた。ネットでも、北島康介、高橋尚子、中田英寿、イチロー、錦織圭の名前、さらにはキャプテン翼などアニメキャラの名前などが飛び交っていた。

 ところが、登場したのはアスリートでもなんでもない、日本の民主主義を壊している総理大臣・安倍晋三だったのである。しかも、安倍がクローズアップされたのは現地でのショーだけではなかった。

 ショーではまず、国家主義的な匂いがプンプンする日の丸・君が代斉唱パフォーマンスが繰り広げられ、続いてプロモーション映像が流された。その映像は、水泳の北島康介や、マラソンの高橋尚子らメダリストが赤いボールをパスしていくというものだが、ここで最後にボールを受け取ったのが安倍首相だった。そして、ボールを受けとった安倍首相は、永田町の国会議事堂から黒塗りの車でリオに向かうのだが、このままでは間に合わない、と車内で突如マリオに変身。前述の現地会場のショーにつながるわけだ。

 この映像に映っている時間も北島らアスリートよりはるかに長く、しかも、世界的にほとんど顔を知られていないことへの対策か(だったら出すなという話だが)、安倍首相が登場するカットにだけわざわざ「SHINZO ABE」「PRIME MINISTER」というテロップまで付ける特別扱い。

 ようするに、このショーは最初から最後まで、完全に安倍首相が主役だったのである。

 東京という都市で行われるスポーツの祭典をアピールする映像であるはずなのに、なぜ、アスリートを隅に追いやり、国家の政治権力者を主役にする必要があるのか。

 しかも、五輪は「都市」で開催される祭典であって、「国家」のものではない。もちろん、開催都市によるセレモニーは、その都市や国の特色やエスニシティ(あるいはステレオタイプ)をモチーフにして、世界へ向けアピールするのが常だ。しかし、理念はスポーツと平和の祭典であり、事実、競技中の宗教的、政治的アピールの一切が禁じられている。

 過去の五輪閉会式の例をみても、セレモニーでその都市が位置する国の政治権力のトップがメインを張るなんていうのは前代未聞だ。北京五輪の中国ですらこんなことはやらなかった。ソチ五輪のロシアでもプーチンがショーに登場することはなかった。これから先も、北朝鮮などの独裁国家でオリンピックが開かれないかぎり、こんなショーはありえないだろう。

 そういう意味では、今回の東京セレモニーは日本が民度の低い前近代的独裁国家であるかのようなイメージを世界に振りまいていしまったといってもいい。

 それにしても、いったいなぜ、次期五輪開催都市のプレゼンテーションが安倍の政治宣伝パフォーマンスに堕してしまったのか。この東京セレモニーのクリエイティブスーパーバイザーを担当したのは、ソフトバンクのCMで知られる元電通の有名CMディレクター・佐々木宏氏と歌手の椎名林檎で、総合演出と振り付けはPerfumeのライブ演出などで知られるMIKIKO氏だが、安倍首相の起用は、彼らだけのアイデアでなく、東京五輪組織委員会との相談で決まったらしい。

「目玉のサプライズキャストについては、当初、アスリートを起用する案の他に、ゲームやアニメキャラでいくという案が出ていると聞いていた。それが、いつのまにか安倍首相がマリオをやることになったんです。そんなところから五輪組織委と電通が裏でプッシュしたんじゃないかと言われています」(JOC関係者)

 五輪組織委は、安倍首相の元ボスである森喜朗元首相が会長として君臨しており、役員や理事にも、御手洗冨士夫経団連名誉会長やプロデューサーの秋元康など、安倍応援団がずらりと名を連ねている。しかし、今回、安倍首相の出演の仕掛人は、側近の組織委理事に送り込まれた安倍首相の側近中の側近、萩生田光一内閣官房副長官ではないかといわれている。

「いま、安倍首相は自民党総裁の任期を延長して、東京五輪まで首相を続けることを狙っている。側近の萩生田氏が動いて、安倍首相に閉会式の主役をはらせ、それを既定路線にしようと考えたんじゃないでしょうか」(全国紙政治部記者)

 しかも、スーパーバイザーの佐々木宏氏や椎名林檎もこうした安倍周辺の意向を率先して取り入れていった気配がある。安倍首相の登場以外でも、今回のショーでは、やたら日の丸が出てくる、国威発揚、国家主義的演出が露骨だったが、これはおそらく、政権の空気や国旗・国歌にこだわる森喜朗会長の意向を汲んだ結果だろう。

「今回、評価が高ければ、2020年の東京五輪本番の開会式・閉会式のプロデュースや演出を任される可能性が高くなる。明らかに今の組織委の意向や、そのバックにいる安倍政権の好みを反映させるでしょうからね」(前出・JOC関係者)

 いずれにしても、リオ閉会式でのプレゼンテーションが、この国の歪んだ空気感を反映したグロテスクな政治宣伝だったことは間違いない。そのことの危険性に気づかず「安倍ちゃんがマリオのコスプレwwうはwww」と喝采しているようでは、2020年東京五輪がナチスドイツ下で開催されたベルリン五輪の再現になる可能性だってゼロではないだろう。
メンテ
片山さつきが取り上げたNHKの番組 〜 「子どもの貧困、 学生たちみずからが現状訴える」 ( No.1306 )
日時: 2016/08/23 08:11
名前: コリュウ ID:z5I5uKQ.



片山さつきが取り上げたNHKの番組 〜 「子どもの貧困、 学生たちみずからが現状訴える」(引用)
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/8d4a8976c1445f3884b5dfda1d705437
2016年08月22日 のんきに介護


子どもの貧困 学生たちみずからが現状訴える



生活保護を受ける「貧困」状態にあるという


受給資格の問題が


最近、注目を集めています。


そのきっかけになったのがこの番組に対してなした


片山さつきのつけた“いちゃもん”です。


片山は、


「この人は贅沢だから貧困者ではない」


として


事実を捏造したと


バッシングの対象にしました。


それもこれも、


受給者は


「食うや食わずの人が受けるもの」


という理解は、


片山さつきの独自説が大前提です。


すなわち、


片山は、


「貧困者 vs 金持ち」


という構図で自分を被害者だと思っているようです。


貧困者は、


みじめにしておればいい。


富の再分配など望むなということでしょう。


片山の頭の中では、


日本は、


もう戦争か何かしているのでしょうか。


なぜって、


贅沢は敵だって話でしょ?


もし、日本がまともな平和国家なら


趣味ぐらい


普通に是認されるはずです。


ところで、


片山の、監視的な、


この誤った節約思考は、


どうやったら克服できるのでしょうか。


たまたま今日見たツイートに


小泉純一郎が


「『自民党をぶっ壊す』と豪語して大衆の心をつかみ、見事成功させた『郵政民営化選挙』のPRを受注したのは、アメリカのスリード社という広告代理店だ。」


という報告がありました(夜は真夜中 @otoseyoさんのツイート〔7:24 - 2016年8月6日 〕参照)。


どっかの広告店に頼んで


打倒する


戦略でも考えないといけないでしょうか。


僕は、単純に


議員の不良行為として懲罰にかければいいように思います。


生存権ってのは、


人間が生物として生存できる


最低限の


援助をしてもらうってことじゃありません。


憲法は、


人間として社会的に生存するため


(1)健康で


(2)文化的な(3)最低限の水準を超えることを求めています。


一言で言うと、


浜矩子さんが仰るように


“まとも”な生活を保障しますってことですよ


(拙稿「片山さつきは、ゲシュタポのつもりか。この女、犬っころをぶつように弱い者いじめをしている」参照。*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/b5169008fc5ed45e1ae668c6b6675f8b)。

将来への夢を描けない生活は、


まともではないです。
メンテ
丸川珠代氏の手の平返し 怒り通り越して感心するレベル ( No.1307 )
日時: 2016/08/23 08:15
名前: コリュウ ID:z5I5uKQ.



丸川珠代氏の手の平返し 怒り通り越して感心するレベル(引用)



 東京都の女性初となる知事に就任した小池百合子氏。その真骨頂は当選後に発揮された。就任直後の議会への挨拶回りで自民党の都議会議長に握手をしながらの写真撮影を拒まれると、“じゃあもっと上の人と直接話します”とばかりにすかさず安倍晋三首相と二階俊博・幹事長に相次いで面会して握手を交わした。選挙で敵対した東京都連の頭越しに自民党のトップと手打ちをして見せたのだ。

 それだけではない。小池氏は続いて“天敵”ともいえる五輪村のドン、森喜朗・元首相(東京五輪組織委員会会長)とも会談し、ガッチリ握手した。

 その小池氏の“かませ犬”として五輪担当相に起用された丸川珠代氏は将来の女性首相候補の1人と目されているらしい。ヒラリー氏がディベートの達人なら、テレビ朝日のアナウンサー出身の彼女の売りは毒舌と強気のヤジだ。

「この愚か者めが!」

 民主党政権時代、子ども手当法案強行採決をそう批判した女ヤジ将軍は、環境大臣在任時には講演で、「(自民党の)批判ばかりしていたニュースステーションの久米宏は責任を取りましたか? メディアというのは文句はいうけど、何も責任を取らない」「私自身もメディアから来たので、内心、本当にイヤだなと思っていました」と古巣のテレ朝をコテンパンに批判した。

 あるテレ朝局員は、「自分も一時期は出ていたNステを批判し、アンカーマンは呼び捨て。こうも露骨な手のひら返しはやろうとしてもできることじゃない」と怒りを通り越して感心している様子だ。

 今回の五輪相就任後も、その“稀有な能力”はいかんなく発揮された。都知事選では、小池氏を「スタンドプレーばかりうまい人」と酷評していたので、五輪相就任で2人がどう火花を散らすかが注目されたが、大臣就任会見に現われた丸川氏は白のスーツに青のインナーという出で立ち。これは小池氏が都庁初登庁で着用して“ブルーオーシャン”と呼んだ色合いだった。自民党の女性秘書が語る。

「完全に恭順の意を示したつもりでしょう。女性にとって、あえて同じ色の服を着るのは相当な好意を示すサインですから。あのあざとさは見習いたいレベル」
メンテ
<リオ五輪>閉会式の“安倍マリオ”に韓国ネットは冷たい視線「一国の首相が娯楽ショー?」「韓国は東京五輪をボイコットすべき」 ( No.1308 )
日時: 2016/08/23 08:18
名前: コリュウ ID:z5I5uKQ.




<リオ五輪>閉会式の“安倍マリオ”に韓国ネットは冷たい視線「一国の首相が娯楽ショー?」「韓国は東京五輪をボイコットすべき」:引用



2016年8月22日、ブラジル・リオデジャネイロ五輪の閉会式で安倍晋三首相がゲーム「スーパーマリオブラザーズ」の主人公マリオに扮(ふん)し登場したと、エクスポーツニュースなど複数の韓国メディアが報じた。

22日(日本時間)、リオデジャネイロのマラカナン競技場で行われた五輪閉会式終盤、東京都の小池百合子知事に五輪旗が引き継がれた後、4年後の東京五輪をPRする約8分間のパフォーマンスが行われた。VTRには競泳の北島康介氏のほかアニメ「キャプテン翼」や「ドラえもん」が登場し日本の魅力を紹介したが、最も注目を集め会場を沸かせたのは、マリオのコスプレで登場した安倍首相。韓国メディアもこれに大注目、「安倍首相、スーパーマリオになってサプライズ登場」「下水管の中のスーパーマリオは安倍首相?」などの見出しで一斉に報じた。

韓国のネットユーザーもこれに反応しさまざまなコメントを寄せたが、好意的な声は少数。「こうやって戦犯国のイメージを洗い落としている」との声が最多の共感を得たほか、次のようなコメントが寄せられた。

「本当に衝撃的!」
「マリオよりクッパの方が似合ったと思うけど?」
「朴槿恵(パク・クネ)大統領も一緒に登場したら最高だったのに」
「似合わない」

「軽過ぎ。一国の首相ともあろう人が娯楽ショーかよ」
「安倍さんが任天堂の社員だったとは知らなかった」
「安倍首相のせいで歴代最悪の閉会式になった」

「東京五輪の開会式では、選手入場の音楽が全部アニメソングになりそう」
「韓国は東京五輪をボイコットすべきでは?日本の天災と放射能汚染の危険性について積極的に宣伝しなければいけないと思う」
「放射能はどうするんだよ?地球上の人たちを呼び寄せて遺伝子を破壊するつもりだな」

「この人が何をしても怒りしか湧かない」
「この人はいまだに帝国主義を熱望している。オリンピック精神に反する人間は五輪に顔を出すな。政治だけやってろ」
「好意的にみるのは無理。朝から嫌な気分だ」
メンテ
安倍首相も続投に意欲…あと4年も続く五輪の狂騒と結末 ( No.1309 )
日時: 2016/08/23 08:21
名前: コリュウ ID:z5I5uKQ.



安倍首相も続投に意欲…あと4年も続く五輪の狂騒と結末(引用)



 17日間にわたった祭典が幕を閉じた。日本時間の22日午前、リオ五輪の閉会式が行われ、開催前から数々の問題を抱えていた大会も何とか無事に終わった。

 この間、新聞もテレビも報道は日本選手団のメダル獲得一色で、「ときどきSMAP解散」といった調子。同じ熱意で1カ月前の参院選を報じていれば結果は違ったかもしれないが、それはさておき、金メダルの数こそ目標の14個に2個足りなかったものの、日本選手団のメダル獲得数は計41個に上り、前回ロンドン大会の38個を抜いて史上最多となった。

 それでもトップの米国には3倍近くも離されているのだが、メダルラッシュに浮かれっぱなしの日本のメディアに、冷静な分析を期待するだけムダだ。この国では、日本選手がメダルを逃した競技はほとんど報じられないため、国民の間で「4年後の東京五輪はゴールドラッシュだ!」という熱狂ムードが、ますます燃え広がっていく。

 日本中が五輪の熱病にかかっている最中に自民党内で浮上しているのが、18年9月で切れる安倍首相の党総裁任期の延長論だ。任期延長の牽引役を務める二階幹事長は、現行の「1期3年、連続2期6年まで」から「連続3期9年」に改める意向のようだが、その口実も「五輪」である。

 党内の安倍シンパは「東京五輪は招致に成功した安倍首相で迎えるべき」と主張する。前回1964年の東京五輪を誘致した際の首相は、安倍の祖父・岸信介氏だった。しかし、誘致から間もなく安保闘争の混乱で退陣を余儀なくされ、開会式には後任の池田勇人首相が出席した。安倍にとって東京五輪の開会式に首相として出席するのは「改憲同様、祖父が実現できなかった夢をかなえる悲願」(自民党関係者)という。

 安倍は記者団に「次の東京五輪・パラリンピックは世界に感動や夢、希望、勇気を与えるものにしたい」と語り、意気揚々とリオの閉会式に出席した。次回開催国トップのパフォーマンスからは祖父への倒錯した敬愛や五輪に名を借りた政治的延命が透けて見える。

 ただ、リオの熱戦に沸き立ち、金メダル選手を凱旋将軍のように持ち上げるメディアと国民を見ると、五輪に便乗した安倍の居座り策も「この国民にして」という気がしてならない。

 今後4年間、日本全体が「東京五輪にかこつければ何でも許される」という風潮に包まれていくのだろう。
「国の威信」とやらを懸けた五輪によって理性を失った熱狂が、どれだけ日本の経済と社会をマヒさせるのか。その先に何をもたらすのか。


■20年までノーブレーキで突っ走る狂乱の祭典

 洪水のようなリオ五輪報道に隠れて、すっかり忘れ去られているが、東京五輪招致を巡る裏金疑惑が噴出したのは、たった3カ月前のこと。日本の招致委が国際陸連の前会長側に約2億円を払ったとされる重大問題を、改めて検証し直すメディアは皆無だ。

 招致時に「選手村を中心とした半径8キロ圏内に85%の競技会場を配置する」とうたった“コンパクト五輪”も全くのデタラメ。今や会場予定地は箱根の山を越え、静岡・伊豆市にまで広がる。招致段階で約3000億円に過ぎなかった関連予算も、2兆円とも3兆円ともいわれるまでに膨れ上がっている。コンパクト五輪なんて口先の方便に過ぎなかったのだ。

 そもそも、福島原発の汚染水は「アンダーコントロール」という安倍の大ボラで勝ち取ったような大会だ。「返上」を求める大手メディアが一社くらいは出てきてもよさそうなものだが、一向に現れない。普段は議員の不倫すら許さず、やたらと政治に「清廉さ」を求めるのに、まるで禁句のように「五輪返上」と口にするのさえ、ためらわれるようなムードだ。

 それもそのはずで、朝日、読売、毎日、日経の主要4紙は、東京五輪組織委と「オフィシャルパートナー」という大口スポンサー契約を締結。「公正・中立」のタテマエを捨て、五輪ビジネスの当事者になっている。

「日本のメディアがメダルラッシュだけを伝え、リオ五輪の負の側面を積極的に報じなかったのも納得です」と言うのは、経済評論家の斎藤満氏だ。こう続けた。

「リオの州と市は五輪開催前に財政が破綻し、公務員に給与を払えず、五輪期間中も市民の抗議デモはエスカレート。財政に穴があいた要因は五輪施設への過剰投資で、国力はすっかり疲弊しています。当然、日本は過剰投資を避けるべきなのに、安倍政権はブラジル政府と同じ轍を踏もうとしています。先日、閣議決定した事業規模28兆円超の経済対策も、中身は不要不急の過剰投資だらけ。リニア開業の前倒しや大型クルーズ船の停泊可能な大型港湾造りなど、訪日外国人の増加を狙った観光インフラ整備にこだわり、列島上空から日銀のカネをばらまくようなヘリコプターマネーも辞さない雰囲気です。『とりあえず東京五輪までは突っ走ろう』という無軌道さには危うさを感じます」

 破れかぶれな経済政策を批判すべきメディアも、「東京五輪の成功」という国是の前では政権と利害が一致してダンマリだ。

 4年後のゴールを目がけてノーブレーキの暴走政権とメディアが足並みそろえての五輪狂騒曲。国民が踊らされ、全ての悪材料を熱狂の渦でカキ消してしまえば、あらゆる無理筋が「五輪の成功」を免罪符にまかり通ることになる。

■無謀な戦争に突入したのと同じ偏狭な精神論

 五輪フィーバーには大手ゼネコンも高笑いだ。関連施設の工事だけでなく、東京の中心部は2020年を目指した再開発や大型ホテルの建て替えが目白押し。都心には次々とクレーンが立ち並び、1平方メートル当たりの建築着工単価も昨年度は約21万円と、90年代バブル期のピーク値を超えた。

 現在、五輪組織委が入居する虎ノ門ヒルズの隣接地には東京五輪に間に合わせるべく、新たに3棟の超高層タワーが林立。渋谷駅の直上には高さ約230メートルもの巨大ビルが出現する。ホテルオークラも味わい深いモダニズム建築をぶち壊し、五輪までに地上38階建てのタワービルに生まれ変わる予定だ。

 東京五輪のころには完成間もないピッカピカの摩天楼がそびえ立ち、世界中のアスリートや観光客を出迎えることになるが、深刻なのは“宴の後”だ。今でさえ、都心部のオフィスは飽和状態にあるのに加え、東京は五輪後に人口減少の本番を迎える。供給過多に陥るのは目に見えている。

「問題はオフィス需要だけに限りません。人口減社会で、ムリに需要を求めれば外資系企業やインバウンド頼みとなる。彼らを誘致するには円安政策を続けるほかなく、日銀の異次元緩和の出口戦略は永遠に遠のきかねません。実質的な財政ファイナンスの禁じ手から延々と抜け出せなければ、日本の財政は常にデフォルト危機と隣り合わせの状態になりかねない」(斎藤満氏=前出)

 アテネ五輪から数年後に債務危機に陥ったギリシャの二の舞いだ。筑波大名誉教授の小林弥六氏(経済学)はこう言った。

「今の日本の国力を冷静になって考えれば、五輪開催で負の遺産を抱え込むことになるのは誰にでも分かる。『国の威信』のために国の借金を増やすのはナンセンスなのに、すでに『東京五輪は間違っている』と言いだしにくいムードが醸成されているのは異常です。私のような先の大戦を知る世代にすれば『この戦争は間違っている』と言えば“非国民”扱いされた時代を想起させるほど。こうした偏狭な精神主義がまかり通るのも、あのころと同じ。一度動きだしたら立ち止まらず、引き返せないレベルまで突き進んでしまう国民性が災いしているのでしょう。その背景には日本人の同調圧力への屈しやすさがある。安倍政権は常に『東京五輪の成功を望まない国民はいない』と決めつけ、巧妙に同調圧力を仕掛けてくるだけに厄介なのです」

 金メダルを逃して「取り返しのつかないこと」と嘆いた選手には、「そこまで思い詰めなくても」と言いたくなる。4年後の五輪開催こそ本当に「取り返しのつかないこと」なのだ。無謀な大会に「待った」をかけられるのか、今こそ国民の真価が問われている。
メンテ
参院選で露呈した「若者に無責任な政治」のリアル 問われるべきは「大人」たちの態度だ ( No.1310 )
日時: 2016/08/24 11:50
名前: コリュウ ID:PAvlNVxg



参院選で露呈した「若者に無責任な政治」のリアル 問われるべきは「大人」たちの態度だ(引用)


■若者たちの「政治の季節」

2016年7月に行われた参議院議員選挙から、選挙権を持つ年齢が18歳に引き下げられました。それと前後してか、若い世代において「政治的」な運動が広がりました。

最も有名なのは、大学生(当時)の奥田愛基らが創設した団体「SEALDs」でしょう。同団体は、2015年に安全保障関連法案に反対する目的で結成され、国会前のデモにも顔を出してきました。2016年の参院選においても活躍し、同年8月15日に解散しました。

SEALDsは、左派の運動界隈にも、ネット上においても、いまどき珍しい「政治的な主張をする若者」として、過剰と言える絶賛や批判に晒されてきました。左派においては、彼らを若い世代による新しい運動の旗手として持ち上げ、出版業界も関連書を多数出してきました。

思想家や知識人の中にも、彼らを礼讃する向きがあり、例えばいままで『下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち』(講談社、2007年)などで若い世代について誤った「解説」をしてきた内田樹はそのひとりに数えられるでしょう。

他方で、ネット上の、主に左派を嘲笑する側においては、彼らは共産党や左派政党の手先であるなどといった評価が常につきまといました。

私も経験はあるのですが、若い世代が何らかの政治的・社会的主張をすると、必ず「良識派」ぶる大人から「お前は誰々に政治利用されている」という「評価」を受けます。

例えば私が学生の頃、共著で『「ニート」って言うな!』(光文社新書、2006年)を出したり、若者論関係の勉強会や講演会に呼ばれたりしたとき、「お前は本田由紀氏(東京大学大学院教授、『「ニート」って言うな!』共著者)や浅野智彦氏(東京学芸大学教授、『検証・若者の変貌』(勁草書房、2006年)などの著者)に利用されている」というメールをいただいたことがあります。

自分とは考えが違う「若者」が現れたとき、彼らは自分の気に入らない、あるいは敵対している政治勢力の傀儡である、という考えはよく見られるものです。

そのため、SEALDsの奥田が解散の記者会見時に《「若い人がイエス、ノーを言うのがこんなにもつらく、大変なのかと思った」と活動の苦しさを語った1》というのは、実感としてよくわかります――特に、主に直上の世代による、左派への嘲笑、中傷が猖獗を極めているネット界隈の現状を知っていれば……。

また、政治的主張をする若い世代は、何もSEALDsに限ったものではありません。

『SAPIO』2016年9月号においては、SEALDsの主張に敵対もしくは対立する団体として、AO入試予備校代表の斎木陽平による「高校生未来会議」と、東大生の小村聡士が主宰で、反共(勝共)主義に基づく団体「UNITE」が採り上げられています2。

また、若い世代による社会活動団体を立ち上げた富樫泰良(『ボクらのキボウ 政治のリアル』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2016年)や、中学生のときにマーケティング会社を立ち上げ経営者となった椎木里佳(『大人たちには任せておけない!政治のこと――18歳社長が斬る、政治の疑問』(http://urx.red/xUXY)マガジンハウス、2016年)も、政治に関する著作を出すようになっています。

若い世代において、急速に「政治の季節」がやってきたような印象を受けます。

特にSEALDsに関しては、その活動や解散に関して様々な人が意見、助言と称するものを投げかけています。しかし私は、そのような状況にこそ危うさを感じるのです。

最初に述べておきますが、SEALDs自体には私はなんの新しさも感じていません。『「ニート」って言うな!』を出して以降、いくつか若い左派の運動が勃興して消滅しましたが、その過程とあまり変わらないからです。

むしろ私が感じるのは、SELADs、そして参院選における若者の投票行動に仮託して、若者を「語りたがる」人が多いという状況の危うさです。このことは、我が国の、若い世代をめぐる政治状況における、大人たちの「無責任さ」を見事に表しています。以下それについて述べていきたいと思います。

■「若者と政治」の失敗史

「若者の政治的無関心」が嘆かれていたのは、何も最近のことではありません。

私が2013年に『統計学で解き明かす成人の日社説の変遷――平成日本若者論史5』(後藤和智事務所OffLine、2013年)という同人誌を書いたとき、1994年から2013年までの20年分の「成人の日」の社説を分析したのですが、1994年の段階ですでに若い世代の政治的無関心は嘆かれていました。

〈 若者像を知る手がかりとなる「世界青年意識調査」をみると、気になる点もある。日本の青年は政治や社会への関心度の項目でいずれも低い数字を示している。

国情の違いがあり、むしろ日本社会の安定をあらわしているという見方もあるかもしれないが、関心がいかにも内に向き過ぎている。個を確立することは望ましいが、新時代を切り開いていかなければならない世代としてはもっと心の窓を外に向けて欲しいと願う。(1994年1月15日付読売新聞)〉

〈「怒れる若者」の時代は、とっくに去り、いまは自分の殼に閉じこもって身近な幸せを求める若者たち。透明なカプセルに入って安住しようとしているようだ。

その「カプセル化」は人間関係にも見られる。友人と面白おかしいことはしゃべりあうが、相手の心の中に踏み込んでまで付き合うことは避けたがる。「相手を傷つけたくない」。それは「自分も傷つけられたくない」ことでもある。

社会に対しても、友人に対しても一定の距離を置こうとする。総じて日本の若者は社会的に未熟といえよう。「社会化」されていない。(1994年1月15日毎日新聞)〉

若い世代の政治的無関心が嘆かれるのと表裏一体の現象として、積極的に政治的な主張をするような若者が「素晴らしい若者」としてメディアに採り上げられることがあります。

2000年代以降の例で言うと、例えば当時予備校生で、NHKの「真剣10代しゃべり場」で保守系の主張をしていた遠藤維大が、『正論』2001年9月号に「自傷行為「リスカ」と日教組」という文章を寄稿。その内容は、若い世代の精神状況の原因は日教組に代表される戦後教育である、というものでした。

また2014年に産経新聞社が開設したニュースサイト「iRONNA」においては、1995年生まれの慶大生の山本みずきが「特別編集長」として登場しています3。

そもそも山本は、高校生時代にボランティア団体を立ち上げ、2013年には『正論』2013年9月号に「18歳の宣戦布告」という文章を寄稿しています。特定の主張を持った若い世代をメディアが「利用」するのは、決してSEALDsまわりの論客のような左派だけではない、ということは知っておいた方がいいでしょう。

さらにメジャーな例を挙げるとすれば、タレントの春香クリスティーンでしょう。クリスティーンは出身地であるスイスでの経験から、日本の若い世代がなぜかくも政治的に無関心なのかに疑問を持ち、もっと政治に興味を持つべきだ、と述べることがあります。

例えば2013年の参院選のときには、毎日新聞において《高校2年まで暮らしていたスイスの学校では、休み時間になると政治や社会問題について友達と当たり前に話していた。それが日本に来てびっくり。まるでタブーかのように一切話さないでしょう。聞くと「政治家はみんなウソつき」とか「私が関わっても何も変わらない」という子が多くて》というコメントを出しています4。

そのほか、NHKの「日曜討論」などの番組にも登場し、「政治や社会に関心のある若者」のモデルとしての活動が見られます。

他方で、先に引いた1994年の成人の日における毎日新聞の社説にもあるとおり、若い世代の政治参加のロールモデルとして、1960年代の全共闘運動、学生運動や、1970年代のカウンターカルチャーに代表される「怒れる若者」が存在してきました。若い世代の政治参加の可能性としてかつてのデモを採り上げる動きは、過去に何回か見受けられます。

例えば『週刊金曜日』編集部による『70年代 若者が「若者」だった時代』(金曜日、2012年)は、1970年代のカウンターカルチャーを参照して、「社会を変える」可能性を現代に見出すというものでした。また1988年生まれの政治学者である佐藤信は、2011年に出された『60年代のリアル』(ミネルヴァ書房、2011年)で、現代では失われた政治の「リアル」に触れています。

このように「現代の若者の政治的無関心」と「かつての『怒れる若者』」という、「若者と政治」をめぐる2つの像が交錯する中で、若い世代をめぐる政治についての議論は深められてきたかというと、残念ながらそうとは言えません。

2000年代終わり〜2010年代はじめの「ロストジェネレーション(ロスジェネ)」による運動です。2005年〜2007年における「ニート」論への反論や若い世代の労働環境の過酷さを訴える言説に端を発するこの運動は、若い世代の「新しい運動」として採り上げられつつも、最終的には世代の問題に閉じ込められ、左派を既得権益層としてバッシングする言説のみが残ったというのは、以前の「現代ビジネス」の文章で触れた通りです。

若い世代の政治的無関心を嘆きつつ、他方でその時々に現れた「怒れる若者」を持ち上げて消費するというメディアの動向は、むしろ若い世代を身近な政治から遠ざけ、無関心を醸成してきたと言えるでしょう。

左派の運動界隈がSEALDsを持ち上げている影で、ネット上においては彼らに対する中傷としか言い様がない批判が渦巻いていたのは、むしろ若い世代の政治的無関心を嘆き、「怒れる若者」や「政治に関心のある若者」を消費しつつも、実際にどう考え、行動すべきかについては「お前らが考えろ」と「大人」としての責任をメディアが放棄してきた故の結果と言うほかありません。

■「選挙に行かないから若者が不幸になる」?

ここまで見たとおり、我が国の「若者と政治」をめぐる言説は、若い世代の「政治的無関心」を嘆くのと、「新しさ」に過剰に反応して持ち上げ、消費するという動きが並行して進んできました。

そのような流れの中で、我が国の政治言説において、若い世代の問題が大人たちの問題とは「切り離された」ものであるという認識が強められていったのではないかと思います。

それを象徴するのが、「若い世代が選挙に行かないから若者が不幸になる」といった類の言説です。ネット上で有名なあるツイッタラーは、若い世代における過酷な労働環境の進行と、若い世代の投票率の低さを並べて、「これが若者が選挙に行かないから起こった結果なのだ」という言説を展開しました。そしてそれは、7000以上のリツイートをもって拡散されています(2016年8月16日確認)。

〈 出産・育児環境の整備やブラック企業取り締まり、最低賃金引き上げといった政策がいつまでたっても進まない根拠画像をあげとくね。これが50%超えれば一気に変わるよ。間違いなく。5〉

残念ながら、これは若者バッシングの論理、若い世代をバッシングする上で持ち出される「自己責任」の論理とまったく変わるところはありません。この短文の中には、いくつもの根拠に基づかない幻想が含まれています。

第一に、若い世代における投票率の低さを《出産・育児環境の整備やブラック企業取り締まり、最低賃金引き上げといった政策がいつまでたっても進まない根拠》としていますが、出産や育児環境の整備、若い世代に過酷な労働を強いる企業の取り締まりという問題は「若者」のための政策であり、上の世代とは敵対するものだというものです。

しかし若い世代の労働環境の悪化は、上の世代にとっても決して無視できない問題のはずです。

第二に、これを《根拠》とする客観的根拠が不明瞭です。このような認識も、恐らく若い世代と上の世代が敵対するものだという考えから来ているものでしょう。

第三に、《これが50%超えれば一気に変わるよ。間違いなく》と言っていますが、これも根拠がありません。若い世代に投票を促すための方便だとしても、このような「お前らのせいで社会が悪くなったのだ、責任を取れ」という物言いでは、むしろ若い世代の反発を生むだけではないでしょうか。

■問い直されるべき「大人の視線」

私は2015年6月に共同通信で配信された、選挙権年齢の引き下げに関する論考で、「問われているのはむしろ大人のほうだ」と述べました。

〈 しかし、若者の問題は社会情勢と無縁に存在しているわけではないし、それは中高年、高齢者の問題もそうだ。例えばデフレ不況に伴う財源の不足は、福祉の後退という点で現役世代も高齢者も苦しめるものだ。そうした世代を超えた課題に触れることなく、いたずらに「若い世代」の責任を強調するだけでは、かえって世代間の対立を強めることにしかならない。

今回の公選法改正で危惧されるのは、またぞろ「若者」と「大人」の対立をあおり、前者の「味方」であることを強調する論客たちによる「祭り」が再燃することである。「老害」といった言葉が乱舞する「祭り」の火種は、既成の政党からネットまで至る所でくすぶっている。そこに油を注ぎ、ヘイトスピーチのような不毛な分断を広げる愚は、避けなければならない。(後藤和智「不毛な分断は避けたい――世代間対立の再燃を懸念」2015年6月17日共同通信配信記事)〉

このような状況は、改善されないばかりか、むしろこの1年の間で悪化したと言っても過言ではありません。

若い世代による政治的な運動を無責任に持ち上げたり中傷したりして若い世代から「政治」を遠ざけつつ、いざ選挙となると若い世代に「政治的になれ」「社会が変わらないのはお前達の責任だ」という視線を投げかける状況は、果たして健全な状況と言えるのか。

改めて強調しますが、若い世代の政治参加を考えるとき、真に問い直されるべきなのは、「大人」たちの視線なのです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存