ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1787] アホにつkる薬なし、バカは死んでも直らない!!
日時: 2013/07/28 19:39:51
名前: ryu ID:1375007991

アホにつける薬なし、バカは死んでも直らない!!
最近、ニュースや新聞を賑わせているのが消費税増税の話題。これまでの円安で一部の人たちに恩恵があったものの、多くの人間は、ガソリン、灯油、電気、ガス等のエネルギー関連、食料等々、僕たちの生活を取り巻く多くが値上がり、きつい生活を強いられている。にも、かかわらず今度は、増税の話。またかよ。失業している身でたいへんシンドイ!!
 
一部の人間がまるで世の中を動かしているように思えさえする。あの人たちに都合の良いようになんでも上書きされているような錯覚にさえ陥る。まさに傲慢で腹がたつ!!この世の中に、生活保護を受けている面々、低賃金で働かされ散る非正規労働者、再就職が大変な離職者、孤独な高齢者はいっぱいいるのに。

 以前、ニュースで生活保護の申請が受理されず結局、餓死するというかわいそうでいたたまれない事件があったことを思い出す。生きるためには仕事やお金が必要であり、食べるという行為、人間の基本的な生理欲求さえ満たされないで亡くなっていく。その人たちの立場でもの考え場合、すごく憤りを覚えるし、同じ人間として大変、恥ずかしい気になる。人間のネガティブな面に対してはまさにクサイものにはフタをする、である。

 今後、こういった悲しい事が増えるか増えないかはよくわからないが変に偏った政策はやめてほしい。人間的にも、道義的にも。お金のある人たちは仮に増税しても耐えれる。身の保身を担保しているから、、、、。だから人事のようにいえる。これからは、あの55年体制に戻るのだろうか?だと、したら本当に懲りない面々である。まさにアホにつける薬なし、バカは死んでも直らない!!である。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

吉永小百合さんが関西市民連合街宣に寄せられた素晴らしいメッセージ 「戦争をする国になってはいけない」 ( No.985 )
日時: 2016/06/13 18:18
名前: コリュウ ID:enwy4eyM

 私は、人に殺されるのも嫌だし、、、他人を傷つけたり、殺すのも嫌です!!戦争に大義なんてあるか!!



吉永小百合さんが関西市民連合街宣に寄せられた素晴らしいメッセージ 「戦争をする国になってはいけない」(引用)



今、私達はしっかり考えて


行動しなければいけない時です。


戦争をする国になってはいけない。


憲法9条を守って、武器ではなく


対話で平和な世界を作って


いきたい。私は強くそう思います。


初めて選挙権を持つ十代の皆さんも


ぜひ投票して、あなた達の思いを


考えを一票に託して下さい。


      吉永小百合 
メンテ
安倍首相「私は立法府の長」発言だけじゃない! 都合の悪い議事録を次々改ざんする安倍政権の危険性 ( No.986 )
日時: 2016/06/13 18:21
名前: コリュウ ID:enwy4eyM



安倍首相「私は立法府の長」発言だけじゃない! 都合の悪い議事録を次々改ざんする安倍政権の危険性(引用)



 またも安倍政権が議事録に“勝手な修正”を行ったことが発覚した。

 先月5月16日に開かれた衆院予算委員会で、安倍首相は民進党の山尾志桜里政調会長の質問に対し、「議会についてはですね、私は立法府、立法府の長であります」と答弁。言わずもがな、安倍首相は「行政府の長」であって、総理大臣とは思えない無知っぷりを露呈させたが、議事録ではこれが「議会については、私は行政府の長であります」と修正されているのだ。

 ちなみに、安倍首相はこの答弁のなかで「国会は国権の最高機関として誇りをもってですね、いわば立法府とは、行政府とは別の権威としてどのように審議をしていくかということについては、各党各会派において議論をしているわけでございます」とも答弁していたが、この部分も「いわば行政府とは別の権威として」と、議事録から立法府発言が削除されている。

 もともと何が言いたいのかさっぱりわからない答弁ではあったが、それでも議事録とは“そのままの発言”が残されなくては意味がない。しかも、本サイトで追及したように、この安倍首相による「立法府の長」発言は、たんなる言い間違いなどではなく、三権分立さえ軽んじる安倍首相の本質が露わになった事案だ。議事録から発言を削除する場合、与野党代表者の合意が必要になるが、この修正にどのような手続きがあったかは不明。だが、勝手に修正したとなれば、“歴史の改ざん”にほかならない。

 しかし、安倍政権にとって、議事録の改ざんはいまにはじまった話ではない。昨年9月17日に開かれた参院平和安全法制特別委員会では、安保法制を採決させるために、自民党議員が鴻池祥肇委員長を“人間かまくら”で取り囲み、ヒゲの隊長こと佐藤正久自民党筆頭理事などは抗議する野党議員に暴力さえ振るった。そのような、何が起こっているのか誰にもわからない状態で法案を強行採決させてしまったことは記憶に新しい。

 とても民主的な手続きとは思えない下劣な方法で採決されてしまった安保法案だが、当然、参院事務局が作成した未定稿の議事録でも「速記中止」と記され、鴻池委員長の発言は「……(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)」となっていた。

 だが、同年10月に公表された議事録では、「委員長復席の後の議事経過は、次のとおりである」という説明書きが加えられ、「質疑を終局した後、いずれも可決すべきものと決定した。なお、(安保法制について)付帯決議を行った」と、本来なら委員会で読み上げられなくてはいけない付帯決議までもが議事録に記載されていた。もちろん、委員会当日のVTRを何度見返しても、鴻池委員長が付帯決議を読み上げている声などまったく聞こえない。この議事録と現実の委員会の様子が大きくかけ離れているのは一目瞭然である。

 安倍首相はこの改ざん問題について、「参院の運営だから参院で決めている」と説明したが、野党は無論、この議事録に反発。合意など得られていないまま“公式発表”とされてしまったのだ。

 さらに、同じく安保法制をめぐる国会審議の場で質問を行うなかで、社民党副党首の福島瑞穂議員が「戦争法案」と発言(15年4月1日参院予算委員会)したことにも、自民党は議事録修正を要求。福島議員は、「戦争法案」について〈安倍総理と私は、戦争法案という言葉をめぐって議論をしており、これを他の言葉に置き換えたら、議論そのものが成り立ちません。削除や修正要求には応ずることは、できません〉と反論し、実際に議事録には「戦争法案」の発言は修正されることなく残ったが、こうした発言の削除・修正の要求が出てくること自体が、自民党の歴史修正主義、議論を封じ込めようとする姿勢をよく表している。

 このように、政権に都合の悪い話が議事録から削除され、言い換えられれば、どんな議論が行われたかはおろか、いかに醜いやり方でも法的手続きを踏んだと事実をねじ曲げられる。安保法制がそうだったように、どんな暴走だって後付けで許されていくだろう。

 たとえば、ジョージ・オーウェルのディストピア小説『1984年』では、歴史の改ざんを国家が主導して行い、主人公ウィンストン・スミスは議事録などの記録を体制側の都合のいいように修正する役割を負っていた。当然ながらその国には改ざんされた歴史しかなく、それが正しいものなのか検証することもできない。──このままこの国が議事録の改ざんを日常茶飯事として行うようになれば、その先には、『1984年』のような世界が待っているはずだ。
メンテ
安倍晋三首相は、「死んでも死にきれない」舛添要一知事の首に早く鈴をつけないと自分が首になる危険 ( No.987 )
日時: 2016/06/13 18:25
名前: コリュウ ID:enwy4eyM



安倍晋三首相は、「死んでも死にきれない」舛添要一知事の首に早く鈴をつけないと自分が首になる危険(引用)


◆〔特別情報1〕
 東京都民のみならず、全国国民・有権者の「舛添辞めろコール」が、高まる一方。なのに「なんとしても仕事がしたい。死んでも死にきれない。都民に伏してお願いしたい」と東京都の舛添要一知事は、続投の意思を示していので、自ら辞職する気配はない。しかし、安倍晋三首相は、「参院議員選挙で自民党の敗北覚悟で、舛添要一知事を守り通すか否か」の決断を迫られている。東京都知事選挙で舛添要一候補を公明党とともに推薦した自民党の最高責任者である。そのなかで、参院議員選挙(6月22日公示日、7月10日投開票)が時時刻刻と近づいているので、気が気ではない。だれが、いつ舛添要一知事の首に鈴をつけるのかも決めていない。決断時期を誤れば、安倍晋三首相自身、参院議員選挙敗北の責任を問われて、退陣に追い込まれる危険がある。その最中、安倍晋三首相は、またもや「ウルトラC級」の「サプライズ」をつぶやき始めているという。果たして何を企んでいるのか?
メンテ
狭まる包囲網…自公も舛添都知事「不信任決議案」提出へ ( No.988 )
日時: 2016/06/14 16:25
名前: コリュウ ID:T1ord9tY



狭まる包囲網…自公も舛添都知事「不信任決議案」提出へ (引用)


 14日午前、自民党都連は会合を開き、都選出の国会議員や都議会議員らが対応を協議。都議会自民党と公明党が不信任案を出すことも視野に調整を進めている。

 公明の山口那津男代表は「わが党は不信任決議案を出す方向で進めている。15日がひとつのヤマ場だ。自民党と足並みをそろえるよう、いろいろ交渉している」と話した。

 野党各会派は14日午後、議会運営委員会に不信任決議案を提出し、会期末の15日に審議される見通し。都議の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。議会の3分の2近くを占める自公が賛成に回れば、一巻の終わりだ。



           ◇


舛添知事の不信任決議案 自民も提出の方針



東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、都議会では、15日の本会議に向けた対応を協議する委員会の理事会が開かれ自民党が不信任決議案を提出する方針のほか、これまでにほぼすべての会派から不信任決議案が出されました。一方、自民党は舛添知事に対して15日の本会議を前にみずから辞職するよう求めているということです。

東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、都議会は13日、集中審議を行い、自民党を除く5つの会派が、辞職を求めたのに対し、舛添知事はリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが終わるまで不信任決議案の提出を猶予してほしいという考えを示しました。

都議会は15日の本会議を前に、14日議会運営委員会を開いて対応を協議する予定で、これに先立って各会派の幹部による理事会が行われています。この中で、自民党が不信任決議案を提出する方針のほか、これまでにほぼすべての会派から不信任決議案が出されたということです。

一方、舛添知事は14日午後、自民党の川井重勇都議会議長と会談し、15日の本会議で不信任決議案が提出される前にみずから辞職するよう促されたのに対し、「応じられない」という考えを伝えたということですが、自民党は引き続き舛添知事に対して速やかに辞職するよう求めているということです。
メンテ
安倍政権の終りの始まり? ( No.989 )
日時: 2016/06/14 16:28
名前: コリュウ ID:T1ord9tY



安倍政権の終りの始まり?(引用)



■露呈した「安倍1強」のきしみ 麻生氏、菅氏とぎくしゃく

 国会会期末に勃発した消費増税再延期と衆参同日選を巡る政局。安倍晋三首相が政権中枢の反対を押し切る形で決着したが、政権内の微妙な人間関係のきしみや先行きへの不安材料も露呈した。永田町では「安倍1強」が曲がり角に差し掛かったとの見方がささやかれる。

 「この選挙戦の最大のテーマは経済政策です。アベノミクスはまだ道半ば。エンジンをフル回転させていく必要があります」
 7月10日投開票の参院選まで約1か月。安倍晋三首相は早くも遊説を本格化し、各地で消費増税を2年半先送りした自らの判断やアベノミクス推進への理解を訴えている。

 6月1日の増税先送りの正式表明以降の各種世論調査では見送りを支持する割合が大きい。内閣支持率はオバマ米大統領の広島訪問効果もあり、軒並み跳ね上がっている。

 安倍首相にとって追い風が吹く展開だが、その心中は決して穏やかではないはずだ。消費増税先送りと衆参同日選を巡る今回の騒動で、「安倍1強」と称されてきた権力基盤の内情や軋みが表面化してしまったからだ。

 まずは一連の経緯をおさらいしておこう。景気腰折れや不人気政策の実施による支持率低下を懸念した安倍首相は、今年に入り、中国経済の失速に端を発した急速な円高・株安を目の当たりにし、増税先送りへの環境整備に着手した。

 最も障害となったのが、2014年11月に増税先送りを決めた際「再び延期することはない」と断言した自らの発言との整合性だった。しかも、前回の先送り時に財務省や自民党の財政再建派から猛烈な抵抗を受けたことは記憶に新しい。

 増税派の巻き返しを警戒した安倍首相は、今井尚哉首相秘書官ら首相官邸の数人の側近と極秘に議論を重ね、「アベノミクスは失敗していない。だが、世界経済が危機に陥るリスクに対応するため、あらゆる政策を打つ」との論理をひねり出したのだ。

 おぜん立ての舞台に選んだのが、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)だった。サミット議長を務めた安倍首相は、現在の世界経済の状況がリーマンショック前に似ていると説明するための参考資料を駆使し、各国首脳に力説した。

 各国の報道機関からは「増税先送りの狙いが明白」「あまりに芝居がかっている」などと酷評された。とはいえ、首脳宣言には狙い通り「新たな危機に陥ることを回避する」「すべての政策手段を個別にまた総合的に用いる」との文言を盛り込むことに成功した。オバマ米大統領の歴史的な広島訪問も予想以上の反響を呼び起こし、安倍首相は上機嫌で帰京した。

 この時、既に安倍首相はもう1つの懸案である衆参同日選については見送る意向を固めていた。安倍首相の自民党総裁任期は2018年9月まで。同日選で勝利すれば政権基盤を再強化できるうえ、「総裁任期満了までにもう一度衆院解散を仕掛ける可能性がある」と解散カードを保持することで求心力を維持できる−−。こうした思惑から安倍首相が検討を重ねてきたのは事実だ。

 4月14日発生の熊本地震の影響もあったが、最終的には自民の情勢分析などを基に、衆院選は20議席超減らす公算が大きい一方、参院選は自民の単独過半数も十分うかがえると判断したのが見送りの理由だった。

 後は増税再延期と同日選見送りの考えを政権中枢に伝えるだけ。安倍首相は単なる通過儀礼のように考えていた節があるが、思いがけない展開が待ち受けていた。

「宰相になるか、ポピュリストになるか、どちらかですよ」

 5月28日夜、安倍首相と向き合った麻生太郎副総理兼財務相はこう言い放った。菅義偉官房長官、谷垣禎一自民幹事長が協議に加わると、麻生氏は「前回、総理は国民に2017年4月に必ず上げると約束しましたよね」と畳み掛けた。公約を守らない以上、解散して国民に信を問うべきだと迫ったのだ。

 これに谷垣氏も同調。菅氏が公明党が同日選を嫌がっていると安倍首相に助け舟を出したところ、麻生氏は「公明党の言うことばかり聞くな」と不快感を示したという。

 昨年、軽減税率の導入を巡る議論が沸騰した際、対象品目をできるだけ絞る考えだった谷垣氏や麻生氏を「公明への配慮」を錦の御旗にした菅氏がねじ伏せ、公明の主張に沿って決着したことは記憶に新しい。これ以降、麻生氏と菅氏の関係はぎくしゃくしている。この日の麻生氏の発言には菅氏への複雑な感情が率直に表れたと言える。

 翌日、麻生氏は講演で「衆院を解散して信を問わなければ筋が通らない」と持論を展開。永田町では安倍首相と麻生氏の役割分担との解説も流布したが、実態は違った。

 「平場」で公然と異論を唱える麻生氏に対し、安倍首相は親しい関係者に麻生氏への疑念を吐露。「どうして麻生さんはあんなに解散にこだわるのか?」と首をひねった。

 もっとも、麻生氏の怒りは自分への根回しがなかったことや、筋が通らないことに対する不満が大半だった。サミットに先立って行われた主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議は世界経済について「過度の悲観はやや後退した」との認識で一致していた。議長を務めた麻生氏からしてみれば、自分のあずかり知らぬところで無理筋のデータを作成してまで「危機」をあおった安倍首相と側近の手法に納得がいかなかったのだ。

 前回の増税先送り、軽減税率論議に続いて「3連敗」となる以上、簡単に振り上げたこぶしを下ろすわけにはいかない事情もあった。「後で説明すればわかってくれるはず」と気楽に考えていた安倍首相にとっては大きな誤算だった。

 結局、安倍首相に頭を下げられた麻生氏は「先に相談してもらえば、もっといい説明ができたはずだ」とトーンダウン。最終的には「総理の判断を尊重する」と矛を収め、谷垣氏らも従った。「終わりよければすべてよし」とある閣僚は語るが、一連の騒動の影響は決して小さくはない。

 まずは、「安倍1強」の内実があぶりだされたことだ。第2次政権発足以降、安倍首相は菅氏、麻生氏、甘利明元経済財政・再生相の3閣僚を軸に政権を運営し、基本方針を決めてきた。

 「俺と、菅と、甘利がしっかりしている限り、この政権は大丈夫だ」。麻生氏は親しい自民議員らにそんなセリフを口にしていた。

 だが、緩衝剤として重要な役割を果たしていた甘利氏が金銭授受疑惑で辞任し、政権内のパワーバランスは大きく変化した。前述のように麻生氏と菅氏の関係は冷え込み、麻生氏、菅氏はともに甘利氏の後任に就いた石原伸晃経済財政・再生相と不仲なことは政界関係者の間では公然の事実だ。

 さらに、安倍首相と菅氏の関係の変質を指摘する向きも少なくない。安倍首相は昨年から重要な政策決定や党役員・閣僚人事などで菅氏の意向を聞かずに独断で決める場面が増えている。このところ、安倍首相と菅氏の会話の機会が減っているとの証言もある。今回の件でも、安倍首相が側近とだけで「増税先送り・同日選見送り」のレールを敷き、菅氏は距離を置いていたと関係者は明かす。

 安倍首相にとって「盟友」と称されることが多かった麻生氏。お互いに相手を立てながら、いい距離感を保ってきた二人についても、「そこまで親密に物事を話す間柄ではなかったことが明らかになった」と自民のベテラン議員は話す。

 また、安倍首相の経済運営が実は行き当たりばったりで、戦略性に乏しいことも浮き彫りになってしまった。

 「地方創生の次は一億総活躍で野党の主張をつぶすなど、巧妙だが、選挙に勝つための仕掛けに終始している。2度の増税延期も、自分の任期にはもうやりたくないというだけだ」。民進党のある幹部はこう喝破する。

 安倍首相の経済政策に批判的な自民議員は「どんなに言い繕ってみても、アベノミクスは金融緩和と財政政策頼み。サミット以降の無理筋の説明を見ても、政策の継続性や透明性は軽視され、次にバトンタッチする人間にすべて押し付けてしまう腹積もりだろう」と話す。

 3つ目に挙げられる影響は、実は最も深刻かもしれない。同日選に踏み切らなかったことで、「安倍首相の勢いに陰りが見え始めた」との声が急速に自民や公明内で広がり始めたのだ。

 参院選は与党に対し、野党が1人区で野党統一候補を擁立する展開となっているが、自民の選挙対策関係者は「現時点では大勝はしないが、大敗もしない見込み。うまくいけば単独過半数もありうる」と漏らす。

 参院選を勝利に導けば安倍首相の党内基盤がすぐに揺らぐようなことは考えにくい。だが、自民の中堅以上の議員の間からは「解散は遠のいた。安倍首相はもう解散を打たない可能性がある」との声が相次いでいる。

 増税先送りというカードを手放し、今度こそ解散の大義名分がないとの見方が1つ。さらに、衆院選挙制度改革のスケジュールも解散戦略の幅を狭めそうな事情もあるのだ。

 衆院選挙区画定審議会は衆院小選挙区の「0増6減」を柱とする改正公職選挙法の施行を受け、今後1年以内に区割りの改定案を首相に勧告する。政府は内容を反映した公選法改正案を国会に提出。成立後、理論上は約1カ月間の周知期間を経て、それ以降の衆院選で新たな定数と区割りが適用される見通しだ。

 ただ、自民の中からは「定数削減は議員の生き死に関わる問題なうえ、区割り見直しの影響は小さくはない。勧告後、来年中に解散するのは難しいのではないか」との声があがっている。そうなると、現実的には今年後半から2017年前半まで、または2018年の前半ぐらいしか安倍首相が解散に打って出るタイミングはないことになる。

 「総裁任期延長を実現できる情勢であれば勝負するはず。そうでなければ、総裁任期満了で退任し、解散総選挙は後任首相に託すシナリオが有力だろう」。安倍首相に近い自民議員は安倍首相の胸の内をこう読んでみせる。

 果たして参院選を無事通過後もレームダック(死に体)化を防ぎ、悲願の憲法改正や経済再生への道筋をつけることができるのか。それとも、ポスト安倍レースの号砲が今度こそ鳴ることになるのか。

 国会会期末に勃発した今回の騒動。後になってみれば、盤石とみられた安倍1強体制の「終わりの始まりだった」と評されるのかもしれない。
メンテ
ペーパー読むだけの無能議員と解散チラつかせて脅す都知事の猿芝居 ( No.990 )
日時: 2016/06/14 16:32
名前: コリュウ ID:T1ord9tY



ペーパー読むだけの無能議員と解散チラつかせて脅す都知事の猿芝居。(引用)



 別に期待していたわけではないが、昨日のマキゾエのセコイ税金ドロボーに関する集中審議における自民党の鈴木なんたらとかいう無能な議員の質問には、TV中継観ながら失笑、冷笑しちまった。さすがに、日テレ『ミヤネ屋』ですら批難ごうごう。一問一答の審議だってのにペーパー読みながら「報道によれば」の連発で、独自の調査なんて何もしてやしないんだから、恥さらしなこってす。自民党にはこんなテイノーしかいなかったのか。それとも、ただのセレモニーだからって、都民を舐め腐った結果こうなったのか。いずれにしても、やる気がないことは確かだ。

 それに比べりゃ、辞職を突きつけた公明党の方がまだましってもんだが、ひれだって自民党と公明党にはマキゾエ都知事の製造責任ってもんがあるんだから、ある意味同罪なんだね。そこをねぐって、いくらマキゾエを追求したところで、免罪符にもなりはしません。

 そしまた、マキゾエもマキゾエだ。不信任案提出をチラつかせられて、「可決されれば選挙になる。時期がリオ・オリンピックに重なる。2020年東京大会にとってマイナス」って言いやがんの。解散ほのめかして脅してるわけね。オリンピックについて言えば、こんなセコイ都知事の存在こそがマイナスだってもんだ。

・舛添要一知事、給与全額カット提案 「不信任案、猶予を」都議会の集中審議【発言詳報】
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/13/masuzoe-congressional-debate_n_10435878.html

 それにしても、TV各局の昼のワイドショーのマキゾエ叩きは凄まじいものがある。水に落ちた犬は打てってんで、ほとんど袋叩き状態。確かにセコイ税金ドロボーだけど、ワイロ甘利のあっせん利得疑惑に比べれば可愛いもんなんだね。それなのに、いまや政界復帰なんて不埒なことまでしてるってのに、ワイロ甘利はお咎めなし。そんなアンバランスなメディアの姿勢こそが問題だ。

 ひょっとしたら、マキゾエもその辺のところはちゃんと計算していて、自らが人身御供になってワイロ甘利の疑惑隠しに協力することで、何かしらの見返りを要求してたりして・・・なんて妄想に耽りたくなる火曜の朝であった。
メンテ
安倍首相は今世紀最も高い水準の賃上げを実現というが、実質賃金は四半世紀で最低! ( No.991 )
日時: 2016/06/14 16:34
名前: コリュウ ID:T1ord9tY



安倍首相は今世紀最も高い水準の賃上げを実現というが、実質賃金は四半世紀で最低!(引用)


実質賃金が四半世紀で最低!

安倍政権は「今世紀最も高い水準(2%水準)の賃上げを3年連続で実現」(自民党参院選公約)したと言います。しかし、実質賃金は2011年度から15年度まで5年まで減り、統計をさかのぼれる1990年度以来、最低に落ち込んでいます。今世紀最高どころか、四半世紀最低です。アベノミクスという金融緩和と大企業減税という政策のツケは実質賃金低下で家計消費2年連続マイナスという戦後初の停滞につながっています。さらにアベノミクスをふかすというのは、私からみると戦中の戦争に負けてるなか、国民に勝ってると嘘の大本営発表とかぶってみえてなりません。



赤旗 6/14

今世紀最大の賃上げ根拠となっているのは、厚生労働省による春季賃上げ集計や連合の春闘回答です。厚労省がまとめているのは、資本金10億円以上かつ授業員1000人以上の大企業で、労働組合があり、妥結状況を把握できた300社あまりだけです。連合の春闘回答は4700余りの組合が得た回答の平均です。いずれも380万社ある日本の企業のごく一部にすぎません。しかも、ベースアップだけでなく定期昇給分を含む数字です。

物価変動の影響を除いた実質賃金指数(2010年平均=100)は、15年度平均で94.8。1990年以来最低です。5年間で5%も下落しました。年収400万円程度の労働者なら年間20万円もの目減りです。
メンテ
環境大臣丸川珠代様「放射性廃棄物を含んだ除染土を公共事業で利用する方針の撤回を」 ( No.992 )
日時: 2016/06/15 16:42
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2



 環境大臣丸川珠代様「放射性廃棄物を含んだ除染土を公共事業で利用する方針の撤回を」(引用)



環境省は、3月30日、東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土に関し、8,000ベクレル/kg以下の汚染土を、全国の公共事業で利用できる方針を決定しました。
しかし、原子炉等規制法に基づく規則においては、原発の解体などによって発生したコンクリートや金属などの再生利用の基準は100ベクレル/kgとなっています。今回の環境省方針は、この80倍となります。
降雨、浸食、災害などによる環境中への大量放出も懸念されます。工事中においては、工事従事者も通行人も被ばくします。大地震が発生すれば、道路の陥没、崩壊などがあちらこちらで発生し、汚染土がむき出しになるでしょう。
まさに、子どもも含めて、日本中の人たちを被ばくさせるために、壮大な「ナショナル・プロジェクト」にほかなりません。断じて許すわけにはいきません。
メンテ
舛添より酷かった石原慎太郎都知事時代の贅沢三昧、登庁も週3日! それでも石原が批判されなかった理由 ( No.993 )
日時: 2016/06/15 16:46
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2

 

舛添より酷かった石原慎太郎都知事時代の贅沢三昧、登庁も週3日! それでも石原が批判されなかった理由(引用)



 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上  


 舛添要一東京都知事の税金を使った贅沢三昧が次々と判明し、批判が殺到している。約2年間で8回の海外出張に費やされた経費は計2億円以上、本人は一泊20万円のスイートルームにも宿泊していたという。さらに「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、ほぼ毎週末、公用車で湯河原の別荘へ通っていた問題……。

 各社報道によれば、舛添都知事の海外出張の宿泊費は、都条例が定める1泊あたりの上限を最大で3.8倍も上回っている。もちろん原資は血税だ。また、毎週末の別荘移動についても、地震などの非常時に都知事としてすぐ対応できるとは思えない。新聞やテレビも徹底追及の構えを見せ、連日のように報道しているなか、舛添都知事は疑惑を払拭できない限り、即刻辞任が妥当なところだろう。

 だが、この問題では、舛添都知事をフクロ叩きにしているマスコミがなぜか一切ふれない事実がある。それは、東京都知事の豪遊、税金での贅沢三昧が、石原慎太郎・都知事の時代から始まっていたということだ。いや、それどころか、1999年から2012年まで続いた石原都政での知事の“公私混同”は舛添都知事を遥かに上回っていた。

 たとえば、04年、「サンデー毎日」(毎日新聞出版)が「『知事交際費』の闇」と題した追及キャンペーンを展開したことがある。「サン毎」が情報開示請求を通じて明らかにしたのは、高級料亭などを使って一回に数十万単位が費やされていた「接遇」の実態だった。これは、他の知事と比べても突出したもので、しかも相手の顔ぶれを見ると、徳洲会理事長の徳田虎雄氏や文芸評論家の福田和也氏など、ほとんどが石原氏の友人やブレーン。ようするに石原氏は“お友達”とのメシ代に税金を湯水のごとくぶっ込んでいたのだ。

 さらに、海外視察も豪華すぎるものだった。石原氏は01年6月、ガラパゴス諸島を視察しているが、公文書によれば、その往復の航空運賃は143万8000円、もちろんファーストクラスを利用していたとみられる。しかも、この視察で石原氏は4泊5日の高級宿泊船クルーズを行なっており、本人の船賃だけで支出が約52万円。この金額は2人部屋のマスタースイートを1人で使った場合に相当するという。なお、随行した秘書などを含む“石原サマ御一行”の総費用は約1590万円だった。

 訪問国や為替レートを考えると、これは、今問題になっている舛添都知事と同じ、あるいは、それ以上の豪遊を税金を使って行っていたといっていいだろう。ところが、当時、この「サンデー毎日」のキャンペーン記事を後追いするメディアは皆無。世論の反発も怒らず、追及は尻すぼみに終わった。

 しかし、その2年後、石原氏の“無駄遣い”が再び発覚する。発端は、共産党東京都議団の追及だった。しんぶん赤旗06年11月16日付によれば、石原氏が都知事に就任してからの19回の海外出張のうち、資料が入手できた15回だけで、総経費が2億4千万を超えていた。たとえば、06年5月からのロンドン・マン島出張では、本来の目的であるはずの五輪の調査は実質約1時間半にもかかわらず、マン島でのオートバイレース見物などをして3600万円もの経費をかけていたという。

 この再燃した豪華外遊問題に加え、石原氏が自分の四男のプロジェクトに都の税金を億単位もつぎ込むなど、身内を重用したことも問題視された。そして、湯水のように使っていた交際費についても、裁判で一部が「違法」と認定され、09年に石原氏の敗訴が確定している。

 つまり、先に述べたとおり、東京都知事の公私混同&贅沢三昧は、石原都政の頃からすでに顕在化していたのだ。

 さらに言えば、舛添都知事は「湯河原へ行っているときに大地震が起きたら指揮がとれないだろ!」と糾弾されているが、実は、石原氏にいたっては、都知事でありながら登庁すらせずに、たびたび“行方不明”になっていたという。

「サン毎」は04年1月25日号で石原氏の「勤務実態」についても追及しているのだが、入手した公文書によれば、石原氏の“出勤”は週平均でわずか3日程度。また、公用車の運転日誌によれば、登庁日も自宅を出るのはだいたい午前10〜11時ごろだったという。

 企業の相談役でも石原氏よりは“出勤”しているのでは?と思えるサボりっぷりだが、しかも問題は、知事日程表にしばしば登場する「庁外」なる文言だ。これは、知事の動向を職員たちが把握していない日を指す。つまり“動静不明”なわけだが、これが資料に記された1年間7カ月の期間で、なんと110日も数えられたという。

 つまり、今、舛添批判のひとつとなっている「都知事が緊急時に連絡がつかない」という問題についても、石原氏はその“先駆者”と言えるのだ。いや、一応湯河原の別荘にいることが分かっている舛添都知事と比較してみると、職員らが行く先を把握していなかったという石原氏のケースは「危機管理」の観点から見ても、よっぽどトンデモだろう。

 では、なぜ、目を爛々とか輝かせて舛添都知事を追及しているマスコミがあの時、石原都知事の問題を徹底追及しなかったのか。それは、石原批判が多くのメディアにとって“タブー”だからだ。

 ご存知のとおり、石原氏は芥川賞選考委員まで務めた大作家であり、国会議員引退後、都知事になるまでは、保守論客として活躍していたため、マスコミ各社との関係が非常に深い。読売、産経、日本テレビ、フジテレビは幹部が石原べったり、「週刊文春」「週刊新潮」「週刊ポスト」「週刊現代」も作家タブーで批判はご法度。テレビ朝日も石原プロモーションとの関係が深いため手が出せない。

 批判できるのは、せいぜい、朝日新聞、毎日新聞、共同通信、TBSくらいなのだが、こうしたメディアも橋下徹前大阪市長をめぐって起きた構図と同じで、少しでも批判しようものなら、会見で吊るし上げられ、取材から排除されるため、どんどん沈黙するようになっていった。

 その結果、石原都知事はどんな贅沢三昧、公私混同をしても、ほとんど追及を受けることなく、むしろそれが前例となって、豪華な外遊が舛添都知事に引き継がれてしまったのである。

 にもかかわらず、舛添都知事だけが、マスコミから徹底批判されているのは、今の都知事にタブーになる要素がまったくないからだ。それどころか、安倍政権の顔色を伺っているマスコミからしてみれば、舛添都知事は叩きやすい相手なのだという。

「安倍首相が舛添都知事のことを相当嫌っているからね。舛添氏は第一次安倍政権で自民党が参院選で惨敗した際、『辞職が当然』『王様は裸だと言ってやれ』と発言するなど、安倍降ろしの急先鋒的存在だった。安倍首相はそんな舛添氏の口を塞ごうと内閣改造で厚労相にまで起用したが、内心ではかなり舛添に腹を立てていた。都知事になってからも、五輪問題で安倍の側近の下村(博文・前文科相)を批判したり、憲法問題で『復古的な自民党改憲草案のままなら自分は受け入れられない』などと発言をする舛添都知事のことを、安倍首相はむしろ目障りだと感じていたはず。だから、今回の件についても、舛添が勝手にこけるなら、むしろいいチャンスだから自分の息のかかった都知事をたてればいい、くらいのことを考えているかもしれない。いずれにしても、官邸の反舛添の空気が安倍応援団のマスコミに伝わっているんだと思うよ」(政治評論家)

 実際、普段は露骨な安倍擁護を繰り返している安倍政権広報部長というべき田崎“スシロー”史郎・時事通信社解説委員なども、舛添に対してはうってかわって、「外遊なんてほとんど遊びだ」と激しい批判を加えている。

 一方で、石原元都知事にその贅沢三昧のルーツがあることについては、今もマスコミはタブーに縛られ、ふれることさえできないでいる。

 舛添都知事の不正を暴くのは意味のあることだが、「マスコミもやる時はやるじゃないか」などと騙されてはいけない。強大な権力やコワモテ政治家には萎縮して何も言えず、お墨付きをもらった“ザコ”は血祭りにする。情けないことに、これが日本のメディアの現状なのである。
メンテ
舛添氏もさることながら、一番のワルは甘利明氏です ( No.994 )
日時: 2016/06/15 16:50
名前: コリュウ ID:EGgoPlT2



舛添氏もさることながら、一番のワルは甘利明氏です(引用)


 国会が終わるやすぐに病院から出てくる甘利氏の厚かましさ。そして、東京地検特捜部は、甘利氏本人と秘書の2人をとくにおとがめなし。都市再生機構関連でもおとがめなしです。悪い奴は決して眠らせないという、地検の誓いはどこへいったのでしょう。

 もっとも悪いのは、甘利氏です。それがのこのこ出てきてまたぞろ悪だくみを始めます。そうだ。やはりあの手で懲らしめなければ。

 すでに、甘利氏を「落選させる会」がスタートしたようです。選挙区の神奈川県綾瀬、海老名、座間あるいは大川などでつくる「戦争法廃止4市共同市民の会」です。

 甘利氏には、なんとしても「落選の会」でみごと落選ですか。早くそのつらの顔をみたいものですね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存