ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1847] 格差社会 <我々の多くは、国民と言えるであろうか!
日時: 2013/09/10 14:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:wKq22xiE

国税庁発表の申告所得金額及び平均税額(平成23年度)からのデータを参照してください。

http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/shinkokuhyohon2011/pdf/gaiyo.pdf

年収 100万円以下      8.1%
同 100〜200万円      24.8%
同 200〜300万円      20.0%
同 300〜500万円      19.5%
同 400〜1000万円      16.3%
同 1000〜2000万円      7.5%
同 2000〜5000万円      3.1%
同 5000万円以上       0.2%

我が国の労働人口を6500万人とすれば、

年収 100万円以下      526万人
同 100〜200万円      1612万人
同 200〜300万円      1300万人
同 300〜500万円      1267万人
同 400〜1000万円      1059万人
同 1000〜2000万円      461万人
同 2000〜5000万円      201万人
同 5000万円以上       13万人

実際の所得税納税額

年収 100万円以下      0.1%
同 100〜200万円       1.1%
同 200〜300万円       1.8%
同 300〜500万円      12.9%
同 400〜1000万円      22.2%
同 1000〜2000万円      29.7%
同 2000〜5000万円      13.8%
同 5000万円以上      14.4%


如何でしょうか。すでに我が国の人の1/3はワーキングプアーであり、かつ、半分くらいの国民は所得税も納めていないのです。
要するに、上位半分くらいの国民の御蔭で日本と言う国に住まわせていただいているようなものです。

このような状況で、国の政策、政治と言うものが、上位半分くらいを向いて施行されている事が納得出来るでしょう。
東京オリンピック景気に浮かれているのは、6000万人の皆様だけでありますが、オット、どっこい、半分を切り捨てても、後の半分、6000万人でも世界で言えば確たる大国なのです。

我が国のサラリーマンの平均給与、470万円、公務員の平均年収(退職金は含まない)が600〜750万円と言うことが、何を指しているのかが判るでしょう。


(日本国憲法)

第十一条  国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第十二条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

第二十七条  すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

第三十条  国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。


現代の日本の社会は著しく憲法の精神に違背している、格差社会となっている。

これを糾すべき政治が、格差を助長することはあっても、政治の本来の目的足るべき、是正をしようとしていない。

アベノミクスなどを堂々と掲げる自民党政治の矛盾を指摘しない。
それは上位半分の国民が、それを支持しているからである。
今の所は、それで成り立っているが、いずれは、厄介者の国民の数が2/3にも増えてくると、そうは行かないであろう。

暴動、革命の時代の前夜である。

我々は負け犬に甘んじている必要はないのである。

(追伸です)

別スレッド(貧困の構造)で紹介した宮津市の場合、国家・地方公務員・公的企業に就労する労働者の占める割合は12%となっています。
ギリシャの25%を笑っている場合ではありません。
それより、まともな仕事がなくなっているのです。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 格差社会 <我々の多くは、国民と言えるであろうか! ( No.1 )
日時: 2013/09/12 13:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:9ymeHZIE

UP
メンテ
Re: 格差社会 <我々の多くは、国民と言えるであろうか! ( No.2 )
日時: 2013/09/15 15:58
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:iMMrs4Bk

UPします。

消えたスレッドですが、今回はP3にも移動していました。

どうも、改装後に投稿されたり、UPされたスレッドの数が、20くらいに近づくとスレッドの移動が発生するようです。

具体的に言いますと、今のところ「平和の値打ち」スレッドより新しい分です。

メンテ
Re: 格差社会 <我々の多くは、国民と言えるであろうか! ( No.3 )
日時: 2013/09/16 01:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:XB99p4NQ

UP
メンテ
Re: 格差社会 <我々の多くは、国民と言えるであろうか! ( No.4 )
日時: 2019/08/30 22:52
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:wLLWgqu2

「が国の番外地事情」スレッドより

以下の数字を見て、日本は優れた福祉国家と思われますか。

                  日本    アメリカ   イギリス   ドイツ   スエーデン 

社会保障費の対GDP比較    19.2    16.5    21.3    26.2    27.7 %
生活保護費の対GDP比較     0.8    3.7     4.1    2.0   
貧困率(ワーキングプアー)    16.1   17.5    10.5    9.5

最貧困者への救済は、先進国中で格別に冷たい国、これが日本です。

生活保護の補足率比較

日本 15〜18%
ドイツ  64%
スエーデン 82%
イギリス  47〜90%
アメリカ  60%

国税庁発表の申告所得金額及び平均税額(平成23年度)からのデータを参照してください。

http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/shinkokuhyohon2011/pdf/gaiyo.pdf

年収 100万円以下      8.1%
同 100〜200万円      24.8%
同 200〜300万円      20.0%
同 300〜500万円      19.5%
同 400〜1000万円      16.3%
同 1000〜2000万円      7.5%
同 2000〜5000万円      3.1%
同 5000万円以上       0.2%

我が国の労働人口を6500万人とすれば、

年収 100万円以下      526万人
同 100〜200万円      1612万人
同 200〜300万円      1300万人
同 300〜500万円      1267万人
同 400〜1000万円      1059万人
同 1000〜2000万円      461万人
同 2000〜5000万円      201万人
同 5000万円以上       13万人

実際の所得税納税額

年収 100万円以下      0.1%
同 100〜200万円       1.1%
同 200〜300万円       1.8%
同 300〜500万円      12.9%
同 400〜1000万円      22.2%
同 1000〜2000万円      29.7%
同 2000〜5000万円      13.8%
同 5000万円以上      14.4%

如何でしょうか。すでに我が国の人の1/3はワーキングプアーであり、かつ、半分くらいの国民は所得税も納めていないのです。
要するに、上位半分くらいの国民の御蔭で日本と言う国に住まわせていただいているようなものです。

このような状況で、国の政策、政治と言うものが、上位半分くらいを向いて施行されている事が納得出来るでしょう。
東京オリンピック景気に浮かれているのは、6000万人の皆様だけでありますが、オット、どっこい、半分を切り捨てても、後の半分、6000万人でも世界で言えば確たる大国なのです。

その中で番外地に住む住民の数はいかほどか!

あらゆる分野で最弱者を切り捨てて形を整えているのが我が国の現状。

税金も払えないような奴は、切り捨ててよいのです。

生活保護給付、国民健康保険被保険者資格証明書、障害者自立支援法などなど。

おそらくは、人口の1/4、3000万人は日本の準国民の地位に甘んじている。

幸せな皆さんは気が付かないでしょうが、このような世界があるのです。

そうして、

この様な国にしたのは、自民党と官僚だ!


ある人に聞いた話であるが、知人の息子はトヨタに入社して3年目で年収は900万円と言う。
ボーナスは年に3回でるそうである。

また地方でも夫婦で公務員をやっている家庭の年収は1500万円を超える。
NHKの職員は平均年収1120万円、その他に年金の企業負担や福利厚生関係で年収とは別に年間400万円ほどの恩恵を受けている。
銀行など大企業の平均年収は1000万円を超えるところが多い。

そう言う人たちは普通の家計費とは全く別の世界に住んでいる。

まあ、そう言った人たち、年収が1000万円を超える人は労働者の10%、家庭で見れば15%くらいのものであろう。
1000万円は超えなくても、それに近い人たちは、全人口の30%くらいはいる。

日本国と言っても、実質、努力によって報われ、日本国の法律、制度の恩恵を受けている人は30%にすぎないと言う事になる。
後の2/3は、必死で生き延び、各種社会保障を当てにして生きている層である。

そのうちの1/3は、どのようにあがいても、テレビでみる幸せな話題は別世界の貧困層。
資本主義のシステムかた弾き出された環境に生きる者たちにとって、高給が得られる職場はなく、商売をするにも貧乏人相手ではなりたたない。

日本と言う国に住みながら、国の発展とは関係なく、ただ国の福祉を頼りに生き延びているだけ。
こういう環境にすむ人たちを、番外地の住人と言う。

※ 冒頭に紹介したように、半分近い労働者は、所得税を殆ど払っていない。
と言うか、僅かしか払わず、金額的に言えば、豊かな人たちが治める所得税が、所得税の大半なのである。

払わないのは、払いたくても、それだけの収入がないのである。
国民の半分を占める貧乏人など、福祉などで世話がかかるばかりで、国にとってお荷物なのである。

だから彼等2級(下級)国民を相手に国の有り様等語る必要もない。
と、政治屋、官僚共は考えている。

選挙があるので、形だけは政治家を気取ってはいるが。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存