ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1857] 邪悪也、アメリカ共和党
日時: 2013/09/29 21:02
名前: 平和ボケもん ID:ao5rMgB.

米国大統領オバマの来年度予算編成が頓挫し、彼の国の官公署の内に、業務の停止状態が発生しそうですね。それと言うのもオバマが提案した予算組の中に、「医療保険制度改革法」なる物が有り、其れに対して共和党が反対をすると同時に、国民に党特有の反対論をキャンペーンして、世論を反対の方向へ誘導した結果でもあるそうです。

【引用】
ロイター/イプソスが発表したオンライン世論調査によりますと、オバマ大統領のこの保険改革法をめぐり、国民の44%が支持する一方、56%が反対しているのだそうです。
【引用終わり】

この依って来たる理由は、冒頭に書きました共和党のネガティヴキャンペーンによる自己責任論者の多いアメリカ国民を、巧みに誘導と言うより洗脳した結果であると言えるでしょう。

何度も言いますが、アメリカ合衆国の成り立ちその物が、ヨーロッパを食い詰めたゴロツキ共が、先住民を虐殺して乗っ取った国である事から、地の果てと思われる土地へ来て、すべて自己責任で生きてゆかねばならない過酷な環境により、他者それも弱者の事など構って居られない気風が一つの国民性と成っており、往々にして自分勝手な思考パターンを強引に押し通します。
この傾向の強いのが今の「米共和党」で、俗に「新自由主義者」と言われる連中は殆ど共和党支持者です。

この共和党的或いは新自由主義的考えのもとに、此の度の「TPP]も押し進められているのですが、実に共和党とは我々日本にとっても「百害あって一利なし」の海賊的存在です。

話を戻して、オバマの「医療保険制度改革法」が廃案と成ると、アメリカの中流以下の国民にとって将に「死ね!」と言われるに等しい結果を招きます。 アメリカの「民間医療保険」が如何に悪辣な物か、かってテレビのドキュメンタリーでも報道されましたし、劇場映画、1997年製作、コッポラ監督の「レイン・メーカー」と言う映画にも事細かにその犯罪性が描かれています。

こういう保険企業がやがて「TPP」を締結した暁に、日本上陸をし、日本の企業の「組合保険」や自治体が運営している「国民健康保険」に対抗して商戦を繰り広げ、その商売が上手く行かないと、企業活動に対する差別であると言う因縁を付けて、裁判に訴え、日本の医療保険を壊滅させようとする事は必定です。

この他の事に付いても大同小異、日本の滅亡は目の前に迫っているのですが、安倍政権は尚も売国政治を進めようとして居ます。

さぁ、皆さん、此れからの日本如何なさいますか?
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.12 )
日時: 2013/10/03 04:07
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

国を失った民は迫害される。
迫害されるからお金と権力に頼ろうとする。
お金と権力に頼るから嫌われ迫害される。
悪循環です。

過剰な恐怖心で過剰防衛をする。
過剰防衛をするから憎まれる。
憎まれるから過剰な恐怖心で過剰防衛する。
これも悪循環です。

人はこの悪循環を智恵で解決しなければ成りません。
相互不信を取り除くには、強い者がまず一歩引かなければ
成りません。

キッシンジャーが言っていた。
「67年の前の国境に戻ることは現実的ではない。」
バカ言ってるんじゃ無いよ〜
力で国境を押し付けようとしたら相互不信など無くなるはずが有りません。
武力による国境変更は認められない。これが世界の市民の総意だと思います。
これが護られなければ世界中に不信が増えて行きます。
イスラエルがまずはっきりと譲らなければ成らないのです。

ユダヤが世界を支配しようとしている。
バカ言ってるんじゃ無いよ〜
そんなウザイことを誰がしたがるものか。

中国が何で華外の民をほとんど征服しようとしなかったのか。
国内を統治するだけでも問題山積みなのに、華外の民まで
統治出来るかって

人を支配するには人に気を使わなければ成りません。
でないとすぐに反乱が起きます。
人を使うとは苦を使うと言います。そんなウザイことを誰がしたがるのか。
したがる奴はアホだから人がついて行きません。
まあ、ある程度均一化された国民、国を統治するので精一杯でしょう。

メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.13 )
日時: 2013/10/03 10:09
名前: 平和ボケもん ID:fy7YKk/o

アメリカ共和党の話が、何時の間にか「ユダヤ」の話に傾斜して居ますが、ま、仕方ないでしょう。

で、やっぱりユダヤに付いてですが、現代ユダヤ人 と言う物は肌の色に関係なく「ユダヤ教」を信仰している人々をユダヤ人と言って居ますが、大昔は西アジアの果てに住むコーカソイドの一グループでした。ですからネグロイドなどは居ませんでした。

そして現代、全世界に占めるユダヤ人の総人口に比して、ノーベル賞を受賞する学者・研究者の数は圧倒的にユダヤ人が多いのです。
その分野は理系・文系何れにも亘り偏っては居ません。この現実は一体如何言う事か、飽く迄素人の貧弱な脳味噌で考えて見るに、彼らの長い被迫害の歴史の過程で、培われた学究の習慣がやがて彼らのDNAに組み込まれたのではないか、と思うのです。

勿論其れだけでは無く、本来彼らは物事の探求力に於いて優れた素養を持って居た事も、大いに働いて居る事は確かです。ですから彼らは諦めずに物事を探求し、事を極めることを達成して来ました。 本来なら「その質や良し」と言うべきなのです。

所が彼らユダヤ人の産み出した科学の成果は、人類にとって必ずしも恩恵を及ぼす物ばかりではなかった。その悪い例が、「原子爆弾」と言う悪魔の破壊兵器です。如何にアメリカに於けるアイデンテティを勝ち取るためとは言え、人道と自己存在の区別を忘れて確信犯的な仕事をしたと言う事は、どうしても許せない事です。

其れを、彼らの弱みに付け込んで、そそのかしたアングロサクソンはもっと邪悪な民族です。

もし日本が先に原爆を発明して居たら、自制心を以って其れを使用しなかったか、と言えばやっぱり使用して居たとは思いますが、その前に日本はそう言うものを開発する能力は無かったでしょう。

公平に考えて人類は自己存立の為には何でもすると言う事でしょうが、今現在於いては、アメリカ共和党を始め、其れに与するユダヤ的新自由主義者たちの悪行は一刻も早く止めさせなければ成りません。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.14 )
日時: 2013/10/05 12:17
名前: 平和ボケもん ID:fRcn69NY

大方の杞憂に違わず、共和党の頑ななエゴイズムによって、アメリカ合衆国の予算編成は成立せず、その影響の一つ「公的機関の支払い(公務員の給与も含めて)が停止」し、その所為で国の公共の施設などが一時閉鎖に追い込まれ、観光客は大変迷惑を蒙っています。 観光客は兎も角、国民の多くを占める低所得層に及ぼす迷惑は計り知れません。

アメリカ(USA)と言う国は、元々自立自尊、自己責任、の国である事は承知していますが、其れは時として人々に、弱肉強食、我儘勝手、にも繋がり、非常に酷薄な処世術を採らせます。

アメリカの或る調査によりますと、米国民の半数以上がオバマの「国民皆保険制度」的新しい政策の法案に反対しているとの事ですが、此れは勿論、アメリカの「民間医療保険会社」の巨額献金とその意を受けた、共和党のネガティヴキャンペーンによるもの以外の何物でもありません。その反対層の中にはかなりの貧困層も含まれて居るそうですが、此れは共和党の国民に対する巧妙な「被害意識」の植え付けが、自己責任意識の強いアメリカ人を、「相互扶助」の精神から遠ざけて居るかが判ります。

先に紹介した、コッポラの「レインメーカー」と言う映画以外にも、ドキュメンタリー映像作家の“マイケル・ムーア”が「シッコ」と言う記録映画で、「アメリカの医療保険会社」の「悪徳性」を暴いて居ましたが、其れなりに現在のアメリカ批判と言う物が有りながら、尚もこの様な歪んだ社会通念を持ち続けり人々が居る事に、他人事とは言えぬ遣り切れなさを感じます。

其れと言うのも、アメリカ人は我が日本人と同様、真面な 新聞、テレビ、を殆ど見ない、見るとすれば碌でもない、三流新聞、テレビの馬鹿番組、等で、専らふんだんに資金力でキャンペーンを張る、政党のプロパガンダぐらいのものです。更に、西南部の諸州へは貧困メスティーソたちが流れ込んで居ますから、彼らがアメリカの世論に与する事はほとんど皆無。将に共和党と南部大資本の思う壺です。

こういう国にべったりと従属して、此れを模倣する事ばかりを行っている日本の政権は、亡国の政権と言わずして何と呼べば良いのでしょう? アメリカ同様、こういう政権を選出した日本の有権者も、将に売国奴の一味と言うべきです。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.15 )
日時: 2013/10/05 13:43
名前: グッキー ID:kW5ScYuA

平和ボケもんさん

>アメリカの或る調査によりますと、米国民の半数以上がオバマの「国民皆保険制度」的新しい政策の法案に反対しているとの事ですが、此れは勿論、アメリカの「民間医療保険会社」の巨額献金とその意を受けた、共和党のネガティヴキャンペーンによるもの以外の何物でもありません。その反対層の中にはかなりの貧困層も含まれて居るそうですが、此れは共和党の国民に対する巧妙な「被害意識」の植え付けが、自己責任意識の強いアメリカ人を、「相互扶助」の精神から遠ざけて居るかが判ります。

これはお金が無ければ医療を受けられない社会で良いのかと
考えてみれば簡単に分かるはずです。
医療を受けられない人の痛み、苦しみを知ればみんな「否」という答が出るはずです。

社会とは医療費無料がまともな社会です。
医療を金儲けの道具に使うから、どんどん医療費のGDPに占める比率が高くなって行き、
医療費の支払いで自己破産などということが起きるのです。

アメリカ人も馬鹿では有りません。
90%の人が議会を信用していないと言う。
これではマスコミも信用していないでしょう。

しかしどうしたら良いという目標が分からない。芯が無いのです。
OWSにしろ不満だけが有ってどうして欲しいという目標が無い。
これでは運動が尻すぼみになっていくわけです。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.16 )
日時: 2013/10/05 17:32
名前: 平和ボケもん ID:fRcn69NY

「馬鹿でも無く、90%が議会を信用して居ない、マスコミも信用して居ない」アメリカ人が何故共和党にこれ程の力を与えるのか、其処の所の説明をして呉れませんか?

何故彼らは相互扶助の精神が判らないのか? 其れは元々アメリカと言う国が、何度も言う様に、抑々の初めから先住者を排除殲滅して創り上げた国だからと言う事は承知していますが、同じ国に住む人間がお互いに助け合う精神を何故持てないのか?

その精神が有ったら、幾ら保険会社が自分有利な国策を進めさせようとも、国民の総意で「国民皆保険」的な政策を採る政党を増強させる事は出来るのでは有りませんか?

グッキーさんの様に、中途半端にアメリカを批判し、中途半端にアメリカを評価する、のでは、天橋立さんも時々言って居られる様に、一体どちらなの? と生活感の無い二又膏薬の言のような感慨を持ってしまいます。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.17 )
日時: 2013/10/05 18:32
名前: グッキー ID:kW5ScYuA

平和ボケもんさん

>「馬鹿でも無く、90%が議会を信用して居ない、マスコミも信用して居ない」アメリカ人が何故共和党にこれ程の力を与えるのか、其処の所の説明をして呉れませんか?

アメリカの中間選挙の得票率を見てみましょう。
投票率は40%前後です。
つまり全有権者の20%あまりの票を取れば多数派を形成するのです。
しかも逃げ道の無い2大政党制です。
支持はしないが、こちらの方がましだろうということで投票している人が
かなりいると思います(私自身そうですからww)

議員、議会の信頼が10%しかないのなら、5%くらいが実際の支持者で、
15%は仕方なしに投票しているということが考えられます。
現在の選挙制度というものは、少数のものが多数を支配する選挙制度に
成っているのだと思います。

私は人間は善も悪もいろいろ有る灰色だと考えています。
人間が灰色なら政府も社会も企業も灰色だと思います。
その灰色の濃さが少し違うだけだと思います。

>故彼らは相互扶助の精神が判らないのか? 其れは元々アメリカと言う国が、何度も言う様に、抑々の初めから先住者を排除殲滅して創り上げた国だからと言う事は承知していますが、同じ国に住む人間がお互いに助け合う精神を何故持てないのか?

過去のトラウマも有ると思います。
しかし洗脳でしょうね。
大資本、大企業に不利に働く思想は出れなくなっています。
それは日本も同じことだと思います。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.18 )
日時: 2013/10/06 07:13
名前: 平和ボケもん ID:MMuK9MLs

投票率が40%前後と言うのであれば、中間選挙であれ、本選であれ、あれ程の金を掛けて遣る「馬鹿騒ぎ」は一体何なんでしょう?

経費対効果の観点から見ると実に非効率な仕事です。経済性、合理性、を金科玉条とするアメリカ社会の遣る事では無いのでは?

全きフザケタ話です。あんな無駄金を使うのであれば、もっと建設的な方面に使った方がどれ程良いか、アメリカの選挙に関する習慣と言うか、仕来たりと言うか、「馴れ」と言う物はオソロシイ物ですね。

で最後には、お互いにネガティヴキャンペーンの応酬。知性が無いと言うか教養が無いと言うか、あれを見ているとアメリカも日本も政治家と言う連中の思考回路は同じ様なものと言う事が良く判ります。

こんな奴らの為に膨大な国費を消費され、国民は地獄へ追い落とされたのでは堪った物では有りません。此処まで来ればもう政治の仕組みと言う物を根底から変えなければ如何にも成らない所まで来ていると思います。

昔、職業軍人が日本を駄目にした様に、今、職業政治屋が日本を駄目にしているのです。ある意味今の日本は“封建時代”に先祖返りしているのです。代議士たちは地方の封建領主で下剋上が無い限り代々世襲する。と言う状況です。

日本は民主主義でも、主権在民でも、ないのです。地方へ行くと常に代議士先生はまるで“お館様”です。こう考えて見るとすべての根底にあるのはやっぱり国民の政治意識と言う事に成りますがねェ・・・。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.19 )
日時: 2013/10/06 14:28
名前: グッキー ID:Se0h.E.c

平和ボケもんさん

>投票率が40%前後と言うのであれば、中間選挙であれ、本選であれ、あれ程の金を掛けて遣る「馬鹿騒ぎ」は一体何なんでしょう?

大統領選挙で50%前後、中間選挙で40%前後ということだそうです。
アメリカの国民の多くは諦めているか、どうしたら良いか分からない
といった状況ではないでしょうか

>経費対効果の観点から見ると実に非効率な仕事です。経済性、合理性、を金科玉条とするアメリカ社会の遣る事では無いのでは?
全きフザケタ話です。あんな無駄金を使うのであれば、もっと建設的な方面に使った方がどれ程良いか、アメリカの選挙に関する習慣と言うか、仕来たりと言うか、「馴れ」と言う物はオソロシイ物ですね。

シチズン・ユナイテッド判決という最高裁判決で、企業の政治献金が
無制限に成りました。
アメリカは昔から右翼資本家が政治を乗っ取ろうという試みが有りまして、
現在は乗っ取られてしまったのではないかと思います

http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-231.html
アメリカ合衆国株式会社。
ejnews: 1月は色々な事が起こりましたが中でも最も重要な事件は12月27日に私のブログでも紹介した“Citizens United v. Federal Election Commissionシチズン ユナイテド対連邦選挙委員会”と言う最高裁での裁判です。元々ヒラリー クリントンについて右翼団体シチズン ユナイテドが作った偽ドキュメンタリーを選挙直前にテレビで放映しようとしたのを法律違反の可能性で放映が禁止された事によって起こった裁判なのです(シチズン ユナイテドはドキュメンタリー製作費用が何処から来ているのか公表を拒否した事で選挙法違反が疑われたそうです)が、最高裁判所が終に“企業の政党や政治家への選挙キャンペーン資金援助を合法”とする決定を下しまったのです。と言う事は資金援助を偽草の根運動に資金援助して嘘ばかり言っている共和党を助ける様なややこしい方法をとる必要が無く、直接企業は共和党や其の議員の選挙キャンペーンテレビ宣伝等に資金援助が出来ると言うことで、資金欲しさの為民主党も企業の為の政策を打ち出すと言う可能性が高く、両党間の政策が現在よりも企業よりの政策となり“政府と企業が同一機関”であるベニート ムッソリーニの始めたファシズム政権がアメリカでも大ぴらになると言う事なりそうなのです!米右翼資本層は米国のファシズム化を昔から計画している様で、フランクリン ルーズヴェルトが大統領だった1933年、民主党の政治家や資本家が集まりルーズヴェルトをクーデターで追い出しヒットラーやムッソリーニの様なファシズム政権を計画したThe Business Plotビジネス プロットと呼ばれる事件があったのですが、スメドリー バトラーと言う有名な海兵隊将軍の通報によって挫折したと言う歴史もあります。
The Business Plotビジネス プロットについて興味の有る方は下記で

http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-category-42.html

唯、オバマ大統領も2010 State of the Union Address(2010年一般教書演説)で此の最高裁の判断を非難し後に議会を通じて他の方法で此の反動的判決に対処して行く意向を示しています。此の最高裁の判断についてのインターネットでのニュースの見出し等は下記です。
ーーーーーーーーー

日本も大資本、大企業のクーデター、TPPにより乗っ取られそうです。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.20 )
日時: 2018/03/06 08:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BIfAsfqI

UP
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.21 )
日時: 2018/03/07 11:08
名前: 日本貧民党 ID:6Klg8SgA

アメリカ共和党、と言うより「アメリカ」その物が邪悪であると、此の頃は思って居ます。

思い返しても見て下さい! アメリカは建国の時から「邪悪の塊」でした。抑々古い人種分類で云う所の「コーカソイド」と言われる「白人」達は歴史始まって以来「白人」以外を「劣等民族」と見做して、差別・蔑視して来ました。

此れは今に至るも歴然と続き、白人以外はサルと同じなのです。

だから、新大陸にアメリカを建国した時、彼ら英国食い詰め者のメイフラワーの連中は、先住民に助けられた恩も忘れて、彼ら先住民を迫害・殲滅して、新しい国を作ったのです。

先住民を殲滅するには圧倒的な殺戮能力を持つ「銃器」が大いに力を奮い、彼ら白人はその伝統から「銃器」を手放せなくなったのです。それが現代の銃連射事件の頻発に繋がり、弱肉強食の歪んだアメリカ社会における人心の荒廃と共に、「銃」こそが正義の守り神であるなどと言う正気の沙汰では無い悪弊が続いているのです。

21世紀の現代、アメリカ人のメンタリティは西部開拓時代の侭、「銃」が無ければ治安は守れないと、ノーテンキな事を考えているのです。何故なら、悪党は銃器を以って我々を襲う! だから我々も其れに対抗して武装する必要が有る。 と言うのですが、その前にアメリカ社会での軍隊と警官以外に銃器の所持を禁止すれば、「ピストル強盗」は出来ません。まして学校で銃乱射などと言うキチガイ染みた事も出来ないのです。

この理屈は小学生の児童でも分かる理屈です。其れを大の大人が「全米ライフル協会」のプロパガンダに感染して、アメリカ社会に銃は必要だと思い込まされているのです。

アメリカでは、事・銃器に関しては「共和党」も「民主党」も大差ありません。彼らアメリカ人の幼稚で狂った頭では、建国以来の先住民虐殺の経験から、その報復に必ず誰かが銃で我々を襲うと思い込んでいるのです。

狂った憲法の、狂ったアメリカ、が国民の銃所持さえ規制すれば、アメリカは世界一住み良い国に成る事請け合いです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存