ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1857] 邪悪也、アメリカ共和党
日時: 2013/09/29 21:02
名前: 平和ボケもん ID:ao5rMgB.

米国大統領オバマの来年度予算編成が頓挫し、彼の国の官公署の内に、業務の停止状態が発生しそうですね。それと言うのもオバマが提案した予算組の中に、「医療保険制度改革法」なる物が有り、其れに対して共和党が反対をすると同時に、国民に党特有の反対論をキャンペーンして、世論を反対の方向へ誘導した結果でもあるそうです。

【引用】
ロイター/イプソスが発表したオンライン世論調査によりますと、オバマ大統領のこの保険改革法をめぐり、国民の44%が支持する一方、56%が反対しているのだそうです。
【引用終わり】

この依って来たる理由は、冒頭に書きました共和党のネガティヴキャンペーンによる自己責任論者の多いアメリカ国民を、巧みに誘導と言うより洗脳した結果であると言えるでしょう。

何度も言いますが、アメリカ合衆国の成り立ちその物が、ヨーロッパを食い詰めたゴロツキ共が、先住民を虐殺して乗っ取った国である事から、地の果てと思われる土地へ来て、すべて自己責任で生きてゆかねばならない過酷な環境により、他者それも弱者の事など構って居られない気風が一つの国民性と成っており、往々にして自分勝手な思考パターンを強引に押し通します。
この傾向の強いのが今の「米共和党」で、俗に「新自由主義者」と言われる連中は殆ど共和党支持者です。

この共和党的或いは新自由主義的考えのもとに、此の度の「TPP]も押し進められているのですが、実に共和党とは我々日本にとっても「百害あって一利なし」の海賊的存在です。

話を戻して、オバマの「医療保険制度改革法」が廃案と成ると、アメリカの中流以下の国民にとって将に「死ね!」と言われるに等しい結果を招きます。 アメリカの「民間医療保険」が如何に悪辣な物か、かってテレビのドキュメンタリーでも報道されましたし、劇場映画、1997年製作、コッポラ監督の「レイン・メーカー」と言う映画にも事細かにその犯罪性が描かれています。

こういう保険企業がやがて「TPP」を締結した暁に、日本上陸をし、日本の企業の「組合保険」や自治体が運営している「国民健康保険」に対抗して商戦を繰り広げ、その商売が上手く行かないと、企業活動に対する差別であると言う因縁を付けて、裁判に訴え、日本の医療保険を壊滅させようとする事は必定です。

この他の事に付いても大同小異、日本の滅亡は目の前に迫っているのですが、安倍政権は尚も売国政治を進めようとして居ます。

さぁ、皆さん、此れからの日本如何なさいますか?
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

確かに: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.4 )
日時: 2013/09/30 01:32
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:E4XVbsbE

米国共和党の大統領

アイゼンハワー
ニクソン
レーガン    中南米攻略
ブッシュ(親) 湾岸戦争
ブッシュ(子) アフガン進攻

米国民主党大統領

ケネディ    ベトナム戦争
ジョンソン   ベトナム戦争
カーター
クリントン
オバマ

共和党は北部を中心に興り、保守主義を貫く
民主党は、南部に本拠を置き、社会主義的な志向もある(南北戦争の頃とは以外に感じる)。

リンカーンを輩出した進歩的であった共和党は、その後、キリスト教右派を取り込み、保守的な姿勢に転換し民主党と政治的立場か入れ替わった。
現在は、退役軍人会、全米ライフル協会などが強く支持し、各種産業界の後押しを受けている。

ユダヤ資本との関係は、満天下さんの解説がなければ、私には判らない。
ともかく、レーガン以来、新自由主義一辺倒の政策を取ってきたことは確かである。

確かに、アメリカと言う国の、邪悪なところは全て持っている政党である。
オバマが就任以来目指している「国民皆保険制度」も「銃規制」も共和党の反対で進んでいないようである。
メンテ
ピューリタン達! ( No.5 )
日時: 2013/09/30 01:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:E4XVbsbE

アメリカ合衆国の保守とは何か!

400年前、メイフラワー号で新天地に向かったピューリタンは、斯くも身勝手で邪悪な精神の持ち主たちであったのであろうか。
ピューリタンとは、どのような人たちであったのか!

否、ピューリタンたちに、何が起こったのかと言う方が正しいかも知れない。

否、否

元々、ピューリタンには、ユダヤの影が付きまとっていたともいえる。

アメリカを検証することは、

人類の壮大なドラマを紐解く事になりそうである。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.6 )
日時: 2013/09/30 06:04
名前: グッキー ID:pbwZn2Cs

アメリカは理想主義の国でも有ります。
戦争賠償を放棄した。
これは世界の歴史上画期的なことです。
略奪、強姦、賠償金、名前を変えても、勝った方が奪うのが
戦争でした。
それを放棄し、戦争による領土拡大などという野望を世界から
非現実的にしたのです。

主権在民という憲法も創りました。
日本人で主権在民という憲法を創れたでしょうか??

財閥解体、農地解放など結構良いこともしたんですよ。
しかし日本を操縦したいという輩もおりました。
CIAを中心とする勢力です。

アメリカはマッカーシー旋風の頃から大資本、大企業に
政治が支配されるように成って行ったのでしょう。
ニューディールを推進した、リベラルで自由な人々は
赤のレッテルを貼られパージされたと言います。

大資本、大企業の既得権者が共産主義、社会主義の台頭に
恐怖を覚えしたのでしょう。
ニューディールが上手く機能しなかったのも、これらの勢力のため
マネーを循環させるという思想、目的を持てなかったからではないかと
思います。

その赤狩りの手先と成ったのがハリウッドではレーガンです。
ケネデイもマッカーシーの支持者だったと言います。

現在は大資本、大企業にアメリカは支配されています。
企業献金無制限などというとんでもない国です。
大資本はユダヤと結びついています。

それで国民はアマゾンの例で示したように「仕事が有るだけ
ありがたいと思え」と言われ、奴隷労働をさせられようとしています。
労働需給の悪い状態が継続すれば、日本もアメリカも労働者は
賃金奴隷にされてしまいます。

何か最近は仕事が無いのが当たり前なのだ、賃金が下がって行くのは
仕方が無いのだと、刷り込みをやっているような気がします

ということで、バカ言ってるんじゃなよ〜と
3年目の浮気の浮気、でもどうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=-TuFqVLDxZU
誰か、バカ言ってるんじゃないよ〜と替え歌創ってくれないかなー

アメリカは何処に行くのか皆目不明です。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.7 )
日時: 2013/09/30 18:55
名前: 平和ボケもん ID:GwpdFjDk

民主党も、共和党も、基本的にアメリカのIMPERIALISM・PARTY=帝国主義政党に変わりありません。その程度に差が有るだけです。
欧米諸外国は、20世紀前半までその基本的国是としてこの帝国主義に血道をあげて来ました。 日本も遅ればせながら明治以後その列強の仲間入りをしようと意気込みましたが、その不器用さ狡猾性不足に加え肌の色が同類の黄色人種であったが為、欧米白人連中より以上の怨嗟と憎悪を受けました。
何故か、アジアの有色人種は白人達に故無きコンプレックスを抱き、彼ら白人に対してその言動を容認するきらいが有ると、私の独断と偏見で思います。

そのアジア諸国は過ぐる第二次世界大戦の終結と軌を一にして次々独立を果たして行きましたが、その後米・ソ冷戦時代を経て今はアジア地域に於いては米・中の覇権争いが年毎に厳しさを増し、中国・毛王朝とアメリカ、の帝国主義の鬩ぎ合いに成っていると見る事が出来るでしょう。そのアメリカがオバマであろうと無かろうと根底に流れるのは共和党的思考パターンの、新自由主義、ネオ・コン、が影響力を及ぼしているのです。
メンテ
アングロサクソン流 ( No.8 )
日時: 2013/09/30 12:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:E4XVbsbE

グッキーさんの言われていること、よーく判ります。

確かに、奴隷解放のための内戦もするなど、ヨーロッパ諸国と異なった開けた面がありますね。

其れに明るい。

ただ、

アングロサクソン研究で、取り上げているのは、そのことなのです。

「アメリカは良いと」気を許していると、現在のようになるのです。
アングロサクソンとキリスト教の関係にも触れました。

キリスト教の布教、そのものは宗教的見地から献身的に世界中で行なわれています。
しかし、インドでも、アフリカでも、その後に、アングロサクソンが乗り込み国家そのものの支配を試みます(ヨーロッパの事)。
日本では、徳川幕府が禁教令を出したのは、政治的危険性を察知し、それを施行できた少ない例でしょう。

アングロサクソンと言うのは、常に親切で、好ましい顔を現しながら、深く取り入ってきます。
そういう手法を、アングロサクソン流と言っています。

考えると、アメリカの善政と思われる背後にも、必ず金融資本の影が見えます。
日本の農地改革や財閥解体なども、本当に日本の為を思ってやったのでしょうか。
一見、そうであったとしても、やがて日本はアメリカの市場にする事を計算してたとしても不思議はありません。

まあ、それも、思わぬ日本の復興で計算どおりにならなかった面があったとしても、全体としては確実に、日本はアメリカに組み敷かれて来ています。

アングロサクソン流と言うのは、対外的なものに関わらず、国内に於いても、その様に振舞っているのと違いますか。
要するに、元はと言えば、ピューリタン革命で、市民権を得たユダヤを中心とする金融マフィアが、政治の奥底に寄生してしまっている状態を言うのではないかと思います。

奴等は、内部から国家、社会を食いつぶしてくるのです。
アンデルセンの童話のように、狼は獲物を太らせてから食べようとしているのです。

それがアングロサクソン流。
メンテ
ヒットラー ! ( No.9 )
日時: 2013/09/30 19:52
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:E4XVbsbE

今から思えば、好意的過ぎるかも知れないが、

ヒットラーはユダヤ民族の、そういう気質を見抜いていたのでしょうか。

日本の官僚も、一人一人を見ていると善良でも、組織となると、あんなに悪辣に豹変します。
ユダヤ民族も、そうではありませんか。

その様にでも思わないと、

民族抹殺の対象が、大きく分けると、同じ白人種、それも生活圏を共にしている民族を、あそこまで徹底的に弾圧と言うよりも、抹殺を図る意図が見えません。

それとも、将来の世界支配者として、ゲルマン民族とユダヤ民族を想定し、好敵手の抹殺を図ったのでしょうか。
いずれにしても、トンでもない方向へいてしまいました。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.10 )
日時: 2013/10/03 09:13
名前: 平和ボケもん ID:fy7YKk/o

私もヒトラーに付いては同じ様な事を言ってきております。 若い頃は単純に弱い者を虐待する強力な権力者に対して、青臭い正義感から言い様の無い嫌悪感を抱いて居りましたが、此のところのユダヤ系資本の金融面における暴虐ぶりを見るにつけ、若しかしたらヒットラーはこの姿を洞察して居たのかも知れない、と思う様に成りました。

然し、ユダヤの世界経済支配の性向は、第二次世界大戦後に、極端に、強烈に、に成って来たのかも知れません。第二次大戦後に英米の強行でパレスチナの地にユダヤ即ちイスラエルの建国が勝手に設定されたものの、その他のヨーロッパ諸国の様に国土の面積も狭くしたがって民族の人口も少ない上、まとまって居住している訳でもないので、国の基盤は不安定なものですから、世界に確固たる力を示すのはその昔から自分たちの特性の最たるものである、資本力で世界を牛耳る、世界の首根っこを押さえる以外に道は無いと思い定めたのに違いありません。

その様に考えるとやっぱり、ヒットラーは彼らユダヤをそういう方向に向かわせた引き金を引いたのであると言う事に成り、結果として世界の現状を招来した張本人と言う事に成ります。ヒットラーに洞察力が有った無かったは別にして、ユダヤを此処まで強烈に金の亡者にした犯罪人と言う事に成ります。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.11 )
日時: 2013/10/02 23:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:IS9/hILI

平和ボケもん さん

御互いに、ユダヤ人に会う時は気をつけましょう。
メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.12 )
日時: 2013/10/03 04:07
名前: グッキー ID:FzYg6wrI

国を失った民は迫害される。
迫害されるからお金と権力に頼ろうとする。
お金と権力に頼るから嫌われ迫害される。
悪循環です。

過剰な恐怖心で過剰防衛をする。
過剰防衛をするから憎まれる。
憎まれるから過剰な恐怖心で過剰防衛する。
これも悪循環です。

人はこの悪循環を智恵で解決しなければ成りません。
相互不信を取り除くには、強い者がまず一歩引かなければ
成りません。

キッシンジャーが言っていた。
「67年の前の国境に戻ることは現実的ではない。」
バカ言ってるんじゃ無いよ〜
力で国境を押し付けようとしたら相互不信など無くなるはずが有りません。
武力による国境変更は認められない。これが世界の市民の総意だと思います。
これが護られなければ世界中に不信が増えて行きます。
イスラエルがまずはっきりと譲らなければ成らないのです。

ユダヤが世界を支配しようとしている。
バカ言ってるんじゃ無いよ〜
そんなウザイことを誰がしたがるものか。

中国が何で華外の民をほとんど征服しようとしなかったのか。
国内を統治するだけでも問題山積みなのに、華外の民まで
統治出来るかって

人を支配するには人に気を使わなければ成りません。
でないとすぐに反乱が起きます。
人を使うとは苦を使うと言います。そんなウザイことを誰がしたがるのか。
したがる奴はアホだから人がついて行きません。
まあ、ある程度均一化された国民、国を統治するので精一杯でしょう。

メンテ
Re: 邪悪也、アメリカ共和党 ( No.13 )
日時: 2013/10/03 10:09
名前: 平和ボケもん ID:fy7YKk/o

アメリカ共和党の話が、何時の間にか「ユダヤ」の話に傾斜して居ますが、ま、仕方ないでしょう。

で、やっぱりユダヤに付いてですが、現代ユダヤ人 と言う物は肌の色に関係なく「ユダヤ教」を信仰している人々をユダヤ人と言って居ますが、大昔は西アジアの果てに住むコーカソイドの一グループでした。ですからネグロイドなどは居ませんでした。

そして現代、全世界に占めるユダヤ人の総人口に比して、ノーベル賞を受賞する学者・研究者の数は圧倒的にユダヤ人が多いのです。
その分野は理系・文系何れにも亘り偏っては居ません。この現実は一体如何言う事か、飽く迄素人の貧弱な脳味噌で考えて見るに、彼らの長い被迫害の歴史の過程で、培われた学究の習慣がやがて彼らのDNAに組み込まれたのではないか、と思うのです。

勿論其れだけでは無く、本来彼らは物事の探求力に於いて優れた素養を持って居た事も、大いに働いて居る事は確かです。ですから彼らは諦めずに物事を探求し、事を極めることを達成して来ました。 本来なら「その質や良し」と言うべきなのです。

所が彼らユダヤ人の産み出した科学の成果は、人類にとって必ずしも恩恵を及ぼす物ばかりではなかった。その悪い例が、「原子爆弾」と言う悪魔の破壊兵器です。如何にアメリカに於けるアイデンテティを勝ち取るためとは言え、人道と自己存在の区別を忘れて確信犯的な仕事をしたと言う事は、どうしても許せない事です。

其れを、彼らの弱みに付け込んで、そそのかしたアングロサクソンはもっと邪悪な民族です。

もし日本が先に原爆を発明して居たら、自制心を以って其れを使用しなかったか、と言えばやっぱり使用して居たとは思いますが、その前に日本はそう言うものを開発する能力は無かったでしょう。

公平に考えて人類は自己存立の為には何でもすると言う事でしょうが、今現在於いては、アメリカ共和党を始め、其れに与するユダヤ的新自由主義者たちの悪行は一刻も早く止めさせなければ成りません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存