ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1908] 新しい日本のかたち
日時: 2013/12/01(Sun) 07:31
名前: 天橋立の愚痴人間

以前にも同じ名前のスレッドを立てていましたが、古いものは名前をかえて(国のかたち)、ここに新たに書き起こします。

「新しい」と言う言葉に何を想っているかにつきまして、それは現代社会が民主主義と言う面でも、資本主義と言う面でも、知らず知らずの内に、想っていたよりも矛盾が噴出し、ただ、それを信奉しているだけでは、その言葉で期待していた成果を得られないようになって来ている事を鑑み、反省し、その認識の上に、我々は何かをするべきではないかと言うことを問うものであります。

民主主義と言う面では、個人の権利、自由の希求が、共生(助け合いながら生きている)と言う認識を希薄にし、結果、場合によっては、個人の精神を蝕むことも起きるようになって来ています。

また資本主義経済のありようは、ヒューマンスケールを飛び越えて展開し、生産手段の発達は、多くの人々から就労の機会を奪い始めています。
このような事は、人類の歴史数万年の中で理想と想っていた社会のありようが、理想を超えてしまい、人類として戸惑っているようにも見えます。

また、現代社会は、情報、物資の交流において、民族、国家と言うものの枠を超え、人々は容易に世界中の情報、物資を得る事が出来るようになって来ています。
国家の概念も従来の、それでは捉えられなくなって来ています。

これらの事が何を意味するか。
それは、まさしく新しい文化、文明の始まりと想います。
飽くまでも、人間そのものの本質は変わらないとしても、こうした環境に適合する智恵を、人間は文化、文明として展開して来ました。

このような視点にたち、これからの社会つくりに、我々は何を考えて行かねばならないかを自問自答して行きたいと想います。
それが、新しい国の形であります。

具体的には、如何に生きると言うこと、どうすれば生きられるかと言うこと、即ち、経済の事が中心になりますが、その為にも、我々は我々自身の生き様まで思案しなければなりません。
また、それは決して従来のそれを否定するものでもなく、突飛な展開を想定するものでもありません。
人類の歴史に立って、次に何を成すべきかを問うことであります。

今まで掲示板にいろいろと書き込んで着ましたが、その総集編としてまとめて見たいと思います。
かつ、掲示板での、いろいろな方との交流で多くのヒントを頂き、ようやく、ここらで一度、纏めたいと思うようになったことを付け加えさせていただきます。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ユートピアは地獄の一丁目! ( No.23 )
日時: 2013/12/09 01:30
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:mV4JLzy2

民主主義と言う言葉がでたついでに、ユートピアと言うものが、どのようなものかも検証しておかねばなりません。

それは、私がベーシック・インカム政策を極端に否定していることと、共産主義社会を否定している事につながります。

人間の存在は、文化、文明と言う皮をはげば単なる動物としての存在です。
一見、豊かで思惟ある存在に見える人間も、窮地に陥り自己保存本能むき出しの動物と化すことを忘れてはなりません。
そこには何万年の人間の歴史も意味はないのです。

人間が共生の秩序を守り社会を安定させ発達させてきたのは、そうしなければならない人間自身の束縛感からなのです。
それは、生きることは容易でない、働かねば生きて行けないと言う本能的な束縛がある故に、人間はルールも守り社会的な使命も果たしてきたのです。

ベーシック・インカムを徹底し、誰でも何をしていても生きることを保証されるとか、共産主義社会が到来し、個人の競争などしなくても生きる苦難から開放されることを、おそらくユートピアに置き換えているでしょう。

それが大間違いであることを認識しなければならないのです。
どのような形にせよ、ユートピアが訪れたなら、人間の精神はどのような方向へ進むかと言うことを考えねばなりません。
このように言えば、趣味の世界に生きられるので問題はないと言う人も結構います。
100歩譲って、当分は、その様にユートピアを楽しめたとして、人間の性はそのままでは納まりません。

生きる為に何の苦労もなくなった人間は、自らの享楽を貪る事に集中するか、あるいは生死の問題を軽んじて殺人、性犯罪などあらゆる倫理道徳を破壊しつくします。
それで逮捕監禁されても生きる上の何の問題もないのです。

ですので人間から働く必要をなくすと言う事は、人間社会に終止符を打つようなもので、ユートピア=地獄の一丁目と言う事になります。
ですが、実際の人間社会も、有り余る商品の生産が出来、働く場所がないものにはベーシック・インカムで金を与え、飼い殺しすることも出来る環境になっています。

このような時期に、働くと言うことを、単なる経済問題に限って言うのではなく、哲学的、宗教的な領域まで昇華して考えねばなりません。
人間、皆、生きる為に働いてこそ、人間らしい幸せを得る事が出来るのです。

「人間、皆、生きる為に働く」

今までは何でもなかったこの事が、これからは難しい命題となって来るのです。
そのための発想の転換を要請するのが、このスレッドの主題でもあります。

メンテ
失業者の増大 ( No.24 )
日時: 2013/12/09 13:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gtSPWxpM

世界の失業率
1位 マケドニア 31.3
2位 ボスニア  28.0
3位 南アフリカ 25.1
4位 スペイン  25.0
5位 ギリシャ  24.2
12位 ポルトガル 15.6
30位 イタリア  10.6
32位 フランス  10.2
41位 アメリカ  8.0
42位 イギリス  8.0
44位 スエーデン 7.9
50位 デンマーク 7.5
55位 フィリピン 7.0
70位 ロシア   6.0
79位 ドイツ   5.4
87位 日本    4.3
91位 中国    4.1
96位 韓国    3.2
105位 タイ    0.6
106位 ベラルーシ 0.6

こんなところですが、この数値自体が信じられるものではありません。
失業率8.0%のアメリカですが、一方の統計で4700万人のフードスタンプを発給していると言います。総人口3億1000万人に対して47000万人分のフードスタンプと言うのは人口の15%が殆んど収入がなく生活保護を受けていると言う事になります。

アメリカの就労人口は16000万人と言われています。これを分母に失業率8.0%で換算すると12800万人の失業者がいます。失業者世帯を1280万として家族を含む人口は同じ比率で2500万人がフードスタンプ受給の対象者になります。
4700−2500=2200万人分のフードスタンプ受給者は仕事についていることになり矛盾が生じます。
要するに失業率算出の前提となる失業者の定義が間違っているのです。
実質の生活困窮者は4700万人いて、それは人口比で15%になっていると言う事です。
さらに生活困窮者と言えば、日本で言う生活保護を受給しているものに限っている訳ではありません。
アメリカで、仕事に就けず、あるいは必要な生活費を稼げる仕事に就けない実質の失業状態にある人は、優に20%を超えているといえます。

中には40%近いという人もいます。
我が国でも同じような事が言えます。
失業率は4.3%ですが、総就労人口6500万人のうち、年収100万円以下が600万人、200万円以下の、いわゆるワーキングプアーといわれている人は2000万人いると言う事が国税庁の資料にも出ています。
2000万人を失業者とすると30%。失業状態に当る実際の生活困窮者は半分としても15%は失業状態と言えるでしょう。

韓国なども、表向きの失業率は3.2%で統計の中では優秀な国であるようですが、実際には日本より酷い状況であると言います。
スペイン、ギリシャはともかく、経済的には成功者の部類である、ヨーロッパの諸国が軒並み10%前後であります。

これも実際は、どのような内容であるか疑問を呈することであります。
要するに、これだけ発展したと思われる資本主義経済のシステムでは、人口の20%がまともな職業に就けない状況になっていると言う事実です。
この状況を、普通は景気のせいにして、景気が回復するようにあの手、この手の施策を出しているようですが、それは全くのマヤカシであり、期待しているのは庶民ばかり。施策を打ち出している当局自体が、そんなもので解決できるとは思っていないでしょう。

当局は権力者であり、弱みを隠して権力をふるいます。
それでも当局(政治)信じるつもりでしょうか。
まずは、我々は、この現実、失業者の増大は決して抑えられなくなっていることを、自覚しなければなりません。

メンテ
雇用の確保 ( No.25 )
日時: 2013/12/09 15:06
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gtSPWxpM

次に多くの失業者を出している別の側面を検証して見ましょう。

(先進国の産業構成比率)

第一次産業  2〜10
第二次産業  20〜25
第三次産業  65〜75

(アメリカの産業構成の比率)

第一次産業  1.6
第二次産業  17.2
第三次産業  81.2

(開発途上国の産業構成の比率)

第一次産業  20〜50
第二次産業  20〜30
第三次産業  30〜50

このように、経済が発達していると思われる国ほど、第一次、二次産業の比率が低くなり第三次産業に集まっているのです。
原因は、全て生産技術の発達によりものであり、それが悪いとは言いません。
ですが、人間の歴史は、この分野(第一次m二次産業)で生計を成り立たせてきたのです。

第三次産業と言うのは、確かに社会資本の充実に伴って広がってきた経済の領域であり、それなりに労働力を吸収して来ました。
ですが、最近の失業者の増加も、ワーキングプアーといわれる低所得者が増えているのも、この第三次産業も飽和状態となっていると言う事です。

第三次産業にはアルバイト、フリーターでも出来る不定期性の職場も多く、過酷な労働条件を押し付ける「和民」問題も、このような分野の出来事です。

最近、アメリカで99%運動が起きていますが、現実はもっと深刻であり、格差の問題でもないのです。

現状分析はこれくらいにして、失業者をなくせ無いかと言う問題に移りましょう。
現行の経済のシステムをそのまま放置していては無理な事です。

結論は、政治が介入しなければ問題は解決しないと言う事です。
政治が介入すれば解決できるのです。
何時からか忘れられていた事ですが、経済と政治が、おのおのの立場を別にして行動するべきであるのです。

これについては経済学の分野でケインズが「公共事業」ありようで、少し言及した事がありますが、本格的に機能しないまま現在に至っています。
経済学も雇用と言う問題を取り上げてはいましたが、飽くまでも金融管理以上の事には介入せず、机上の論理だけで終わっていました。

さて政治の介入により雇用の確保ですが、いろいろな方法があると思います。

公共事業発注による雇用の確保
食料鎖国政策による雇用の確保
国土利用計画に伴う雇用の確保
行政による日雇い事業
・・・
このあと、これらを検証してみましょう。








メンテ
Re: 新しい日本のかたち ( No.26 )
日時: 2015/11/24 10:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:kQgluorA

少し続けたい為に、久しぶりでUPします。

メンテ
おさらいに変えて ( No.27 )
日時: 2015/12/04 11:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:9PPft5Vg

このスレッドで今まで書いてきたことは、現代の資本主義の有り様を俯瞰する為のものであります。
何の為にと言いますと、そもそも「経済」とは、どのようにあるべきか、「経済」と何かと言う素朴な問いに答えるためです。

一言で言えば、「経済とは、社会生活を営むための財やサービスを交換するしくみのことです」
と言って良いでしょう。言うべきでしょう。

資本主義の理屈では、それを次の用に現しています。

古典派の主張の中心点は、貨幣が経済の実体面に影響を持たないということである。古典派の経済学は、貨幣の不足による需要の不足を否定した。それをもっとも簡潔に示したのが「セイの法則」である。すなわち、「供給はそれ自らの需要を生み出す」という命題である。セイは需要を経済循環の視点から見た。供給をした人は何かが欲しいから供給をしたという理解が基礎となっている。生産がなされればそれと同額だけの所得が生まれているはずだとすれば、供給があればそれと同額の需要があるはずだという考え方である。

ですが、産業革命以来、豊かになればなるほどに、経済活動における利潤の追求が目的となり、資本が自らの理念にそって独走を始めたという事でありますが、これは一概に巨大資本のことを指すのではなく、庶民一人一人の心の中も、同じ発想であり、人間の本能であります。

ところが、生産手段の発達と流通の発達は、ヒューマンスケールを飛び越えて展開し、利潤を生むことが経済の有り様になって行き、新自由主義などが展開することになる。

結果、最終的には、資本(貨幣)の為の経済のシステムが経済のシステムであるように変遷し、現代に至っている。

新自由主義(ネオリベラリズム)とは、市場原理主義の経済思想に基づく、均衡財政・福祉および公共サービスの縮小・公営企業民営化・経済の対外開放・規制緩和による競争促進・情報公開・労働者保護廃止などをパッケージとした経済政策の体系、競争志向の合理的経済人の人間像、これらを正統化するための市場原理主義からなる、資本主義経済のレジームをいう。

この過程で、信用創造を言う事が発展し、世界で発行されている通貨の量は、既に何京円とも言われ実体経済の規模をはるかに凌駕している。


初めに返りまして、現状のシステムが

「経済とは、社会生活を営むための財やサービスを交換するしくみのことです」

上記に適したものであるでしょうか。
上記の条件を満たせる様なものでしょうか。

答えは、否 です。

近年、言われている各国の経済の施策を見れば判るでしょう。
通貨のシステムの安定の事が至上命題であり、企業の活動の保全が全てであり、人々が生活を営む為のシステムの維持と言う面には無関心であります。

「人々の生活を営む為のシステム」と言う面では、企業の繁栄こそが、それを導く様な理屈を通しています。
それは、冒頭の古典主義経済学の理論が成り立たないことで、矛盾が証明されているはずである。



メンテ
Re: 新しい日本のかたち ( No.28 )
日時: 2016/02/08 21:11
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:5MBe./mI

最近、経済の問題のレスが多くなっています。

政治に物申しても埓が開かない現在、仕方がないことでしょう。

経済の基本的な認識と、将来の可能性を探るために、UPします。

出来ますれば、最初から目を通して頂きたく思います。

メンテ
Re: 新しい日本のかたち ( No.29 )
日時: 2016/02/29 17:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:HDnb.89E

みんなが、新しい国のかたちをイメージし

それが土壌にならなければ、社会は変わらない。

経済の理屈も、GDPの話題も不要。

新しい国の形を思いやる、その心が、その総体が社会を変えられるのである。

難しいことではない。

不可能なことでもない。

このスレッドを読んでいただいて

想いを巡らせていただきたい。

それだけで

社会は変えられる。

幾ら官僚共が横暴であろうとも

幾らユダ菌が力をもっていても

大衆の相違にはかなわない。

メンテ
Re: 新しい日本のかたち ( No.30 )
日時: 2016/03/09 12:43
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:RA.xYlXk

新しい日本のかたち。

1 生活基盤は、資本主義の原則に基づき自由競争の場とする。

 働かねば生きられない事を原則とし、余暇に埋没する社会は否定する。

1 生活の為に働かねばならない人たちには雇用の場を提供する。

民間で雇用がなければ国家が何かの形で、それを設ける。
 具体的には公共事業の発注、介護保険事業への支援。

1 食料など基本材の自給自足の為に、第一次産業を盛んにする。

 インフラの整備、補助金の整備

1 都市部、地方の交流の活性化。

 行政機構、研究施設などの地方への分散。
 現役世代とリタイア後の住み分けを奨励し、都市と地方の人口の流動化を図る。
 産業施設の為ではない、国土利用計画を策定する。
 極端な過疎地を統合するための施策を行う。

1 人間の身の丈にあった制度を考える。

 サービス産業における省力化(無人化)は、全体の状況に合わせてコントロールする。

1 基礎年金分は国民全員を対象に国家が支給する。

※ 以上の為に通貨の発行権は国家が所有し、必要な通貨の増刷を行うものとする。
 ただし、ベーシック・インカムのような現金をバラまく事は戒める。


企業の社訓のようなもので、難しい理屈ではない。
これを実践するための決意、努力、方策が問題なのであり。
それが政治であり、学問である。

メンテ
Re: 新しい日本のかたち ( No.31 )
日時: 2016/03/11 21:11
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:XG07sYFE

何回も繰り返して言いますが、現代の問題の根本は、生産技術の発達と、流通のグローバル化で、取り残された人々が多く出てきていることです。

それは、景気、不景気の問題ではなく、格差の問題でもない。

欧米先進国の失業率が10%にも上がり、下がって行く傾向は見られない。
アメリカなどで失業率が5%内外と言われている一方で、フードスタンプの受給者が5000万人近くいると言う現実が、統計の矛盾を物語、現状を訴えている。

日本においても、非正規雇用が就労者の4割を超えていることは何を物語っているのか、真摯に受け止めねばならない。
雇用と言う問題が従来の感覚では考えられなくなってきている。

この問題を直視せずに、経済を語って何になるのか。
辻褄合わせの経済の施策が意味をなさない事を考えるべし。

この観点から見れば、ユダ菌問題など本質ではない。
今までの産業の有り様事態が問われているのである。

資本主義の理論は、たかだか200年の歴史。
資本主義の原理は、それ以前から存在し、人類とともにあったもの。

現代資本主義の理論を打ち破っても、それが資本主義の否定にはならない。
生産技術の発達は、これほど世界を、人間社会を変えている。

ここの新しいシステムの構築を考える事は、決して先走った行為ではない。
文明史的転換と大きな事を言っているが、最近の200年は、過去2000年以上のスピードで変遷している。

文明史的転換と言っても、何ら可笑しくはないのである。
メンテ
新しい日本のかたち ( No.32 )
日時: 2016/03/23 23:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3zxz9qTM

1000兆円もの借金を抱え、通貨危機となり預金封鎖もやむを得ないなどと言う戯けた論理がまかり通っていることは他のスレッドで検証すみ。

現行の金融理論など、クソ喰らえで、ここでは全く新しいシステムで経済を検証して行こう。

まず最初に問題にするのは、通貨発行権を国家に取り戻し、政策遂行の為の通貨の増刷は、これを認める。
通貨の増刷と言ってもインフレを誘発するような増刷は、固く禁じる。
ベイシック・インカムのように現金をバラまく事は基礎年金支援以外は固く禁じる。

さあ、何からやろうか。
まずは、1000兆円の借金の問題。

これは毎年発行する借転債(平成27年度で110兆円あまり)は全て通貨の増刷で賄う。
国債の多くは10年おのであるので、これを続けて行けば10年で借金はなくなる。

さて一般会計予算であるが平成27年度を例にとってみましょう。

各省庁で使う事業費の合計は75.8兆円
これに国債費       25.8兆円を足して
             101.6兆円が予算として計上されています。

レ レ レ 下の記事とは、つじつまが合いません。

平成27年度国債発行

建設国債       6.0兆円
特例債(赤字国債)  31.0兆円
借換債       116.0兆円

ここが国の予算の解りにくいところ、

国債についても、償還金の一部資金を調達するために、借換債(借換国債)が発行されます。借換債は、国債整理基金特別会計において発行され、その発行収入金は、この特別会計の歳入の一部となります。なお、借換債の発行に当たっては、新規財源債と異なり、国会の議決を経る必要はありません。

そうなのです。
最近数年は、借換債の発行が100兆円を超えていることは確かなのです。

一般会計における税収は、50兆円そこそこなので、一般会計の国債費(何を指すのかわからない)25兆円を含めて、106−50=56兆円は錬金術で編み出さねばならない。
56兆円だけで良いかと言えば、それもさにあらず、実質は平成27年度国債発行金額は152.兆円であるのである。

ところで、そう言うややこし話とは、もうおさらばです。
国債は、発行しないからです。

1000兆円の借金返済の為の通貨の増刷の他に、75.8−50=25.8兆円通貨の増刷をします。

つでに、24.2兆円増やして50兆円の政策遂行の為の通貨の増刷をします。

これによって、基礎年金は一人あたり月に10万円は保証され、
介護保険への支援は3兆円増やします。ヘルパーの給料が上がり介護サービスに従事したい人が殺到するでしょう。
公共事業として
老人医療施設を大増築します。
農業、漁業のインフラ整備に今までの3倍以上の金をつぎ込みます。
新幹線もドンドン作ります。

プラス、24.2兆円で、これくらいは楽にできるでしょう。
さあ、これで何が不都合か考えてください。

悪性インフレが起きると思いますか。
株価、為替に大問題が起きますか。

国内の景気が回復すれば、何も輸出にこだわることはありません。
大きな問題は何もない。

否、あった!
それは資金の貸出して命をつなぐ金融機関が困るのです。
金融業などは、現在の規模から縮小して、職員の年収もグット下げてやらせれば良い。
国家相手に商売するなどと、おこがましい。

ユダ菌が困るのです。
皆さんは、金融機関を支援しますか、ユダ菌を支援しますか。

それとも我々の国作りへ向いますか!

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存