ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2116] 戦争で苦しめられる人びとと、大儲けする人
日時: 2014/11/16 16:20
名前: 北の国から ID:4yHai.Yg

 今日、11月16日は、沖縄県知事選挙の投票日です。
 投票所にむかう人びとは、さまざまな想いを貴重な一票に託しているに違いありません。

沖縄には、日本の米軍基地の75%が集中していることはよく知られていることですが、軍
事専門家によると、日本に基地があるおかげでアメリカは、毎年2500億ドル(約3兆円)
節約できているそうです。

 イラクへの米軍の派兵で明るみに出たのは、兵隊としてイラクに送られるアメリカ国民の
その多くは、経済的な困難を抱えた青年でした、民間の派兵ブローカーみたいなひとたちが、
「大学に行きたいけど学資の支払いが困難」などの青年をみつけては、かたっぱしから「イ
ラクにいけば金になる」などと、軍隊に送りこんでいたということです。

 日本はもちろん、アメリカも今は徴兵制度はありませんが、戦争を起こして大儲けしよう
と考えている人にとって「若者が経済的に困難になればなるほど」、軍隊に送ることのでき
る青年がどんどん増える、とでも考えているのでしょうか。

 ユダヤ系民族の人びとが、アメリカをはじめとする世界の大企業をコントロールできる財
力と能力で、戦争産業も支配していることについては、この掲示板でもさまざま具体的に糾
弾されているところです。しかし、そのことの善悪は別にしても(別には出来ないのかも知
れませんが)、この民族の歴史をみてみると、このことは、ある意味、歴史的必然というも
のをもっているのかもしれません。
 天橋立さんが指摘しておられるように、この支配の根拠は「お金がすべて」という価値観
を、現時点では圧倒的多数の人類に共有されているからにほかならないのでしょう。しかも
この価値観は、個人の願いというレベルではなく、「巨大なシステム」として、この価値観
を増幅させているのですから「戦争してもうける」組織が大手をふって存在できているし、
また、「統治」や「国民の不満そらし」に、武力行使とか「血の同盟」(安倍晋三)、仮想
敵国が登場してくるのでしょう。
 そしてまた、戦争という方向に向かっていくのでしょう。

 「価値観の転換」。このこと以外に、この巨大なシステムの連鎖から人類は逃れられない
のでしょうか。

 「戦争をするのに一番大事なのは国民感情を煽ること」(クラウゼビッツ)。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

沖縄知事選、翁長氏当選の意味 ( No.1 )
日時: 2014/11/16 22:58
名前: 北の国から ID:4yHai.Yg

 沖縄県知事選挙で翁長雄志氏が、圧倒的とも言える得票で当選しました。
この沖縄知事選挙の結果は、仲井真陣営に最大規模の国会議員の応援をくりだして支援した
自民党に極めて大きな影響をおよぼすだけでなく、アメリカ政府を震撼させる結果になって
いるにちがいありません。
 このアメリカ政府の「震撼」の度合いは、自民党から民主党に政権交代したという「バケ
ツのなかの争い」などと、その質と比較しても極めて巨大なものです。

 「沖縄県民は戦後69年一度もアメリカに『基地をつくってください』などと頼んだこと
はない」「にもかかわらず『普天間基地を無くしたいのであれば沖縄が代案を考えるべき』
などとんでもないこと」。(翁長氏の16日の発言)

 理論的にも、だれにも解る明快さだと思います。

 69年の間、アメリカ政府は、目下の日本の自民党などに「抑止力」などという(世界の
歴史のなかで「軍拡競争」はたくさんあったが、アメリカの基地が抑止力としての役割を果
たした例はみあたらない)国民だましで沖縄に居座りつづけてきたのですが、これからは、
たぶん「沖縄とアメリカの新しい時代」になるのでしょう。

 それは翁長氏が圧倒的に得票して当選した、ということより、沖縄県民多数が「新基地建
設はノー」という意思をひとつにしたこと。しかも仲井真陣営の「沖縄を共産主義者に牛耳
られるな」という薄汚いネガテイブキャンペーンにたじろぐことなく「新基地建設ノー」を
貫くという力を示したことでしょう。

 もちろん安倍シンゾウなどに、ことの深刻さが理解できるはずもありません。

 アメリカにしても「仲井真は脅すことができたが、今度は翁長が相手というより、沖縄県
民全体が相手になった」という段階としてとらえているでしょう。

 日本本国の国民の多数を騙すことはできても、筋金入りの沖縄の人びとを騙すことは、も
はやできないでしょう。
メンテ
沖縄県独立! ( No.2 )
日時: 2014/11/17 10:35
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:VfLNVbkw

沖縄は、本土とは手を切って(独立して)県全体の構成をやり直せば良いのでは。

もちろん、成り行きに任せて、それをすれば、疲弊っして行くことは避けられないでしょう。
しかしながら、私が主張しているように、地方通過を発行し、その通貨で財政のヘリマネを行い、生活の構造改革の為のインフラ整備などをどんどん進めます。

それで、当面の活況は可能です。
そうしてグローバル化で侵された国民経済を取り戻すのです。
沖縄の場合は規模が小さいので鎖国と言う概念はなく、他の国も、地方もあまり関係ないのでヘリマネを実行することにも関与しないでしょう。

他地域との交易は必要最小限にとどめても、県内循環型経済圏を作るのです。
年間1兆円くらいのヘリマネを続ければなんとか新しい産業構造ができるでしょう。
米軍基地など、それに見合う借地料を払えば条件付きで認めてやれば良いのです。
県民さえ、団結すればできることです。
そういう試みがなされる事を希望します。

でも、大変ですよ。
最近「神の言葉」と言うスレッドができ、そこで、フリーメーソンの事を非難していましたが、ですが、世界観に対する発想の大転換につきましては、しっかりとヒントとして勉強させていただきました。

やれば、出来のですが!
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存