ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2129] 今回の 衆院選について、その性格観察。
日時: 2014/12/07 21:12
名前: 青トマト ID:PR6OcIm. メールを送信する

今回の選挙も前のアベ政権誕生の時と同じく12月の国民が忙しくて浮き足立っている時を狙って仕掛けて来ているわけで、これは自信のなさの表れなのです。

詰まりは、正々堂々と国民に政策を訴えて選択を仰ぐということではありません。

ここに、現在の日本の政治権力の腐敗によるどろどろと崩れつつある腐った果実のような実態が表れて来ているのです。

裏口から空き巣狙いを行おうとしている、しかも、それを再び…というわけです。

では、何故、今なのか?

実際には、アベノミクスをはじめとしてのアベ政権の政策の騙し看板がほころび破れて、このままでは国民を騙し切れなくなってきているせいであり、来年になって矛盾が噴出してくるので、今の自公弱体政権では対応が難しくなってきます。

それで、偽の出直しをやろうといいうわけでしょう。

内閣改造なんかでは乗り切れない訳ですよ。

元々がアベノミクスはインチキの出鱈目な宣伝に過ぎないわけで、何れは早い直に嘘が国民にバレる事は、アベ首相ではなく、黒子達には判っていた筈でありますから、そろそろ解散して、自公政権を継ぎ足し的に続けて行こうということになったのでしょう。

まあ、本当の事が政治音痴の国民にバレてきたので、再び裏口入学ならぬ裏口空き巣狙いによって日本の国家権力を主人の国民から掠め取ろうというわけです。

この経過から見ると、政治音痴の国民が思惑や利権自公議員達の思惑や権力盗人の霞が関官僚達の思惑といった主観的思いとはまるで無関係に、

日本の政治は腐って落下して崩れ落ちて腐臭を放っている有り様なのです。

ですから、いくら自民党と公明党が頑張ったって、日本の政治権力は今後において、維持できないのです。

低落していきます。

欲の塊である政治家と官僚と責任放棄の主人である筈の国民の政治音痴により、まともに復活することはあり得ません。

これは不可逆的構造なのです。

やがて横転するでしょう。

日本の政治権力体制と運行形態としての官僚機構主導による政治体制が。

その時に引き起こすことが出来るのは国民でしかありません。

今回の選挙の後では、再び騙す必要があるので、今までのアベ政権の政策の大きな転換が図られるのではないかと考えるのです。

アベ首相の退陣までも考えられていても不思議ではないでしょう。

でも、崩れ路線を走るのは変わらないわけで、

実は、国民の大多数は日本の政治を見放しており、政府も見放しております。

この見放しの深みと拡がりを権力者達は波に浮いているので自覚出来ていないのです。

ですから、私は悲観してはおりません。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 今回の 衆院選について、その性格観察。 ( No.1 )
日時: 2014/12/07 22:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:TH3.13pE

青トマトさん、初めまして。

>今回の 衆院選について、その性格観察。

ですが、確かに、それ以外の興味などない選挙ですね。

仰る通り、今の時点で選挙をする理由など、国民の側からすれば無いと思います。

最近の選挙予想が出ていますように、今、選挙をすれば自民党が大勝すると踏んでいて、安倍の政策を確実に実行できる条件を整えたいのでしょうね。

消費税値上げとか憲法改正などです。

ネットではアベノミクス批判が大勢を占めており、意見のある人の間では当然成り行きですが、一般大衆の目からみれば、その様な理屈よりも、当面の生活の有り様が問題なのです。

株価が上がり、公共事業の増加は、理屈抜きに民主党時代よりも自民党の方が良いと見ています。
この現実を自民党はしっかりと把握していたのでしょう。

ともかく経済の施策について全く触れなかった民主党政権への不信感が根底にあり、野党では話にならないことを肌で感じているのです。

野党の側に、しっかりとした経済政策が生まれないと、当分は何と言っても自民党政権が続くでしょうね。

念のために、断って置きますが、私は自民党政権が消滅することを願っているものです。
自民党政権と言うよりも、自民党、そのものが!
メンテ
Re: 今回の 衆院選について、その性格観察。 ( No.2 )
日時: 2014/12/09 23:45
名前: 青トマト ID:pPZ2Ehx6 メールを送信する

挨拶を後回しにしてしまい、失礼しました。

このサイトへの投稿方法に未だ慣れておらず、何度か失敗をしながらどうにか少しは解ってきました。

ご存知かもしれませんが、私は植草応援ブログに投稿していましたが、何故か休止となり、閲覧専門の状態にあるために、また、個人ブログを今のところは多忙により開いておりませんので、投稿先を探しておりました。

先のサイトが再開されれば、こちらと両方に投稿いたします。

再開されるかどうか判りませんが…。

天橋立愚痴人間様は、阿修羅サイトを覗いていたときによくお目にかかりました。

今後とも宜しくお願い致します。
メンテ
Re: 今回の 衆院選について、その性格観察。 ( No.3 )
日時: 2014/12/10 02:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:lvFRBVSc

青トマト さん

阿修羅でお会いしていましたか。

あそこでは、少々派手にやっていますので、お恥ずかしい限りです。

ここでは8年近くなり、最古参となってしまいました。

小さなサイトですが、皆さん頑張っておられます。

私がよく出張るので管理人と間違われることがありますが、管理人ではありません。

管理人さんはヨーロッパに永住しておられる日本人で、結構、日本にも帰国しておられます。

9年ほど前に、日本の政治の現状を憂れいて、このサイトを立ち上げられました。

管理人さんの人となりは、糾弾サイトのトップページの趣旨と提言、きままコラムなどを見られると解ります、結構豪快なお人のようです。

最初の頃は管理人さんもちょくちょく掲示板に顔を出されていましたが、今はほとんど出られません。

そういう訳で、私が世話役の様な振る舞いをしております。

今後とも、よろしくお願いします。



メンテ
Re: 今回の 衆院選について、その性格観察。 ( No.4 )
日時: 2014/12/11 01:02
名前: 青トマト ID:r2KFtekY メールを送信する

色々と教えていただき感謝いたします。

私は天橋立愚痴人間様が管理人をされているのだろうと漠然と思っていました。

何事も中に入らなければ判らないことがあります。

そういえば、阿修羅におけるあなた様の投稿とここでのそれとはトーンにおいて大きな違いが見られて、私はそれに戸惑いを感じておりました。

阿修羅においては、あなたに少しお世話になった事があったかも知れません。

管理人様は欧州在住とか…。

私が外国住まいであれば、やはり日本の現状を憂いて何とかしようと考えたでしょう。

今では出来ない境遇ではありますが、むしろ外国に出て、そこから日本に向けての活動をすることも夢想したりします。

かつて延安で対日工作に従事した野坂参三氏の事を考えたりします。私は共産主義者ではありませんが、彼の行動は一つの参考になります。

ちなみに、野坂参三氏が何故か晩年であったか死亡後であったか忘れましたが、日本共産党から除名されたことには、この戦時中の獄中体験者ではない外地活動者であったことが関係しているのかもしれません。

と考えたりします。

拘束を受けなかったことの意味は大きいかもしれません。

私も外から日本を眺める機会を持てたら視野が広がるかもしれないのですが…。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存