ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2132] 今回の選挙はどうもおかしい…不自然だ。直感的嗅覚を効かしてみる.
日時: 2014/12/10 00:45
名前: 青トマト ID:4naeT9z6 メールを送信する

アベ自民党の選挙ポスターを目にしてのだが、アベ氏と自民党が気の毒に思えた。

「景気回復にはこの道しかない」とか大きく書いてあった。

虚しい訴えてを吠えている印象だった。

もう国民の多くは、この路線では景気回復はないと判っているし知っている。

それが判らない自民党ではないだろう。

外国メディアがこっぴどくアベノミクスを批判してもいるのだ。

だったら、どうしてもっと上手く嘘をつかないのか?

公明党の方が進んでいる。消費税の更なるアップを当然の事として、軽減税率を今こそ実現しよう、とポスターで訴えている。

有権者に増税を覚悟しろ、と言っているのだ。

で、思うのだが、確かに年末の選挙は前回の例から味をしめて柳下の二匹目のドジョウを捕まえようと言うことだろうが…しかし、

アベ政権は、実は何処かから、解散して選挙をするように追い込まれているのではないか?

空しくアベノミクスのスローガンにすがり付いて、そのうちに景気回復しますよ、ではお粗末だろう。

このようなお粗末なスローガン・宣伝をする他にないということは、準備不足であって、追い込まれたか、誘導されたかということではないのか?

そもそも、中国首脳と面会したことがおかしい。

面会するのはアベ氏のスタンスからして不自然だ。

日本国民に、アベは中国なんか相手にしないと虚勢を張ることが彼としては自然な姿ではないのか。

とすると、アベ氏は役割を終えて、退く、いや、退かされるのではないのか。

アベノミクスについて、米国金融資本の代弁をする有力マスコミの幾つもがアベノミクスへの本質的批判を掲載してきている。

種明かししてくれているわけだ。ここまで書いてやってるのだから、日本国民は気がつけよ!とでも言いたげだ。

これって、アベ引き摺り下ろしではないのか!?

アベ政権誕生の時に、準備万端整えて、アベノミクスを教え込んで、自民党を政権に付かせて、日銀には財務省の人脈の黒田氏を送り込んで、円安誘導をやらせた。

円安により、円の価値が下がって日本の国富は自然に外の国々に流れた。

それよりも何よりも、リーマンショックで大損をしょい混んだ国際金融資本は、円安誘導により、日本での株債権投資を有利に行うことが出来て、株高を造り出して、大きく利益を得たと考えられる。

これは、リーマンショックによる損失に?対する補填がある程度出来たということだ。

ところが、ここに来て、アベノミクス批判を彼らが行うということは、利用する限界に達したので、手を引き始めるということではないのか。

アベノミクスが彼らに利益をもたらすならば批判はしないだろう。

これ以上の円安誘導は、日本経済の暗礁乗り上げをもたらすか危険性が出てきている。

日本経済が今現在において大きく破綻すると、世界経済を引き摺り混んで米国をはじめとして再びバブル崩壊に追い込んでしまう。

財務省がやりたがっている消費増税は直接にはアベノミクスそのものではない。

で、その消費増税を批判してはいない。それはやらせたいのだろう。収奪はしたいわけだ。

しかし、アベノミクスは世界経済を地獄へ引き込む危険性が出てきており、十分に利用し尽くしたので、ブレーキをかけさせるべきではないか…と考えられているのではないか。

となれば、選挙結果がいかなる形になろうと、たとえば、自公が議席を減らせば、それはアベノミクスへの国民の批判であったとしての、不況を招いたとしてアベ氏に責任を取らせるといった選択が出てくる可能性がある。

議席が大して減らなかったとしても、経済統計が正直に不況を示しているのだから、次の内閣は大きく経済政策を転換させられる、つまりは、誘導させられる事があり得るのではないか。

これも詰まりは、アベ政権の方針転換・方向転換ということであり、ただ単に現在のアベ路線が継続するということではないだろう。

詰まりは、アベ政権はただ日本を引っ掻き回しているだけなのだ。日本の国益を損ねて。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存