ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2169] 補助金をちらつかせる安倍政権の「地方創生」と決別する2015年
日時: 2015/01/08 19:08
名前: 北の国から ID:JpLZ/LEw

 ボクの住んでいる北海道は、長きにわたって「北海道開発予算」なるものに強度に依存
してきていました。そのことが北海道民の「自律性」を結果として抑えてきているという
ことが指摘されていました。
 イシバ大臣は、横柄きわまりない上から目線で「アイデイアを出せ。優れたアイデイア
には金を出す」とのたまわっています。

 一時期、1、2兆円だった「開発予算」もいまは6千億円以下、とあいかわらず「おこ
ぼれ型地方創生」を煽るマスコミも少なくありません。

 しかし、ここ数年、北海道の地方町村でも「持続的地方起こし」「地域循環型経済」など
を実践しはじめるところも出てきています。

 たとえば、自然エネルギーでの地域供給(稚内市、芦別市など)での地域循環型経済や、
輸入材木に対抗して、地域の林業を「付加価値の高いものにして売り込むことに成功」(
滝の上町)など。

 これらの取り組みに共通しているには、「補助金にすがりつかない」「行政は巻き込む
が、発想自体は役人の発想でなく、良質の民間のセンスと緊張感を堅持」ということのよ
うです。

 補助金などという一時的で、木端役人的的な発想と決別する。地域の若者とともに、高
齢者の知恵と技術をしっかりとコーデイネイトするしくみを最大に重視しているというの
が、とりあえずの成功の背景になっているようです。

 2015年。安倍政権のネオナチズム路線に実践的に対抗していく住民の叛旗とは、こ
うした地方でのさまざまな決断と工夫ではないでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存