ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2192] タリバンとアルカイーダとイスラム国
日時: 2015/01/24 19:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:/Mg.99D2

[タリバン]

タリバンは、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義運動の団体。
アフガニスタンの難民キャンプの中から生まれたイスラム原理主義に基づく運動で、パキスタンの軍情報部の支援を受けて活動を拡大し、アフガニスタンを実効支配した。
なので、あくまでもタリバンはアフガニスタンの地元の運動。

ターリバーンは、ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻(1979年〜1988年)後の長年の内戦の中から生まれた武装勢力。パシュトゥーン人の割合が多い。ソビエト連邦に支援されていた共産主義政権を打倒したムジャーヒディーンたちが内輪もめから再び戦闘を始め、アフガニスタンが無秩序、無法状態に陥っていた。そうした現状を憂えてイスラム教に基づき治安と秩序の回復のために立ち上がったのがターリバーンの起源である[1]。パキスタンの強力な支援を受けて急激に勢力を拡大、カンダハールを拠点とし、北に軍を進め、首都カーブル、そして北部の主要都市マザーリシャリーフを制圧し、2001年9月の米国同時多発テロ事件のころまでに国土の大部分を支配するに至った。

[アルカイーダ]

アルカイダは、ソビエトがアフガニスタンに侵攻したことに対抗するために、アメリカのCIAが、アラブ諸国から集めたイスラム義勇兵を軍事訓練して、武器を与え、ソビエト軍にゲリラ戦で対抗させたことが始まり(サイクロン作戦)。
ソ連軍のアフガニスタンからの撤退後、闘争の舞台をイスラエルやカシミールやコソボやアルジェリアなどの世界各地の紛争地に求めるムジャーヒディーン(イスラム過激派)が中心となって1988年にアルカーイダを組織した。

なので、最初からアラブ諸国全体に国際的なネットワークを持った武装組織でした。
ビン・ラディンは大金持ちのスポンサーとしてアルカイダに参入して資金を提供した。

湾岸戦争で、アメリカ軍がサウジアラビアに駐屯したことがきっかけになって、アルカイダの中で路線対立が起きました。
ソ連軍撤退後に勃発したアフガニスタン内戦を最優先アブドゥッラー・アッザーム(従来の指導者)に対し、ビン・ラディンは世界各地でテロを行うことを主張。
1989年にアブドゥッラー・アッザームは何者かに爆殺され、アルカイダはアメリカを敵視するビン・ラディンの支配下に置かれた。


[イスラム国]

イスラーム国とは、イラクとシリアで活動するサラフィー・ジハード主義組織である。

「ジハード」とはしたがって、ムスリムのあるべき姿を述べた、イスラームの代表的な言葉でもある。

『クルアーン』におけるジハードの教えは、ムスリムの人びとの自己認識、そして、唯一神アッラーを敬う心、共同体の動員・拡大・防衛などの諸点において、根本的に重要なものである。それは、ひとりの人間として善き人生を送ることは決して容易なことではなく、また、決して単純なことでもないという認識や思念に関わってくるからである。「神の道」にかなうような、道徳的で高潔な人となるためには、自らの内面に潜む悪と戦い、善行によって社会の改善に資するよう、真剣に奮闘努力しなければならない。

それにまた、ジハードは、その人の置かれた環境によっては、不正や抑圧に対する戦いという意味をもつこととなり、宣教と説得によって、また場合によっては、必要に応じては武器をとり、「聖なる戦い」を繰り広げることによって正しい社会をつくらなければならないという考えと結びつくのである。

ただし、「イスラーム国」はラッカが首都だと宣言しており、ラッカでは一般市民に税金を納めさせており、次第に国家としての体裁を整えつつある。また防衛省・保健省・電力省などの省庁を置き、各省庁には閣僚もおり、治安組織(警察組織)も持っており、パトロールカーも巡回させている。ロイターの記者が取材によって2014年9月に明らかにしたことによると、イスラーム国は、次世代を見据えて「国家モデル」(国家の仕組み)を構築しており。たとえばシリア北東部の砂の平原にある町々においては、電気の供給、水の供給、銀行・学校・裁判所などだけでなく礼拝所、パン屋にいたるまでがイスラーム国によって動いている。 現地の住民らは、イスラーム国の勢力拡大の大きな要因は、効率的で極めて現実的な統治能力にこそあると語った、という。また、活動家たちはイスラーム国が大規模で組織的な仕事をやっていることに感嘆していると言い、さらに、イスラーム国に批判的な活動家までが、イスラーム国がわずか1年足らずで近代国家のような構造を作り上げて来たことに言及せずにはいられないという。イスラーム国は「カリフ国家」(カリフの指導下で運営される国家)が中東から東は中国、西は欧州まで広がることを望んでいるとされるが、彼らが言う「カリフ国家」がどのようなものなのか、ラッカなどで実例を示そうとしているようだという。

※ 形は国家のようであっても、実際に自立して政経できる根拠はなく、マフィアの大親分がファミリーを率いている様なもの。
故に、

周辺のシーア派・スンナ派(スンニ派)イスラム教諸国の政府などからも国家としては承認されておらず,日本政府も今のところ国家とは認定していない。

(引用終わり)


この中で、タリバンだけが地元住民と結び付き、社会思想を持って活動している。
その思想が過激なイスラム原理主義であり、民主国家としては到底認めることは出来ないが、それはその住民の選択肢としなければならない側面もある。

アルカイーダは、言わば傭兵組織が成長を試みたものであり、その方向性は反米行動を繰り返すことに集約されていて、これも新しい社会を率いるべき何の理念も持っていない。

イスラム国になると、こうした愚連隊が、あつかしくも自分のシマを公的社会に認めさそうとしているもの。
マフィアが独立国宣言をしているようなもの。

実際のマフィアは、裏で社会を操作はしても表に出るような愚はしない。
マフィアが堂々と国の分割を要求すれば、それは全国のあらゆる組織と決戦を行わねばならない。
世界中の民主国家を的に廻さねばならない。

と、言うよりも、民主主義を大切に思う、世界中の組織が、これをたたきつぶさねばならない。
世界にイスラム国を容認する余地などないのである。

今回の安倍の言動は稚拙であり、幼稚ではあるが、イスラム国と言うものを正しく認知しているなら、その安倍に対する誹謗中傷も、これで良いかと思う。

イスラム国を認めてはならないと言うのは、我々自身の問題である。
世界が統一国家であれば、その軍隊や、警察機構が動く問題である。

現在、国連が理想的に機能していないことは解る。
それゆえに、我々自身が世界の安全保障と言う認識に立たねばならない。
出方によって我が国がテロに巻き込まれるのを恐れるだけの論調は無責任と思う。

私は、何が何でもイスラム国は、世界から排除しなければならないと思う。


このような記事を彼らの目に触れるところで書いていると、暗殺対象となるだろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本人として今回の事件をどう見るか。 ( No.24 )
日時: 2015/02/02 01:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pxbr05oo

今回の事件に対して寄せられる記事を二つ紹介します。

(一つは)

「安倍首相を辞職させることが、我々日本国民のテロとの戦いでもある:おくあき まさお氏」  憲法・軍備・安全保障
https://twitter.com/tuigeki
(晴耕雨読氏ブログ)

1人は仕方がないとしても、2人目まで見殺しにした安倍首相の責任は重大どころではすまない。

謝ってすむものではなく、なるべく早期に辞任すべきだ。

安倍首相の2億ドル支援発言で起きたこと。

⇒交渉余地なしと判断か=後藤さんめぐり「イスラム国」 http://t.co/lnbfMRE77V

ヨルダンのパイロットが先に殺されるというメッセージがあったが、後藤さんの方が先に殺害されたのはヨルダンを交渉人に選んだ安倍首相の大きなミス。

人気blogランキング <-- クリックしていただくと、より多くの方に読んでいただけます。応援よろしくお願いします。

安倍首相は2つの大きすぎる失敗を重ねた。

国民の命を守る─をこれまでになく突出して言ってきた安倍首相の責任は重大。

公約違反の責任をとるべき。

政治は結果責任。

2人も日本人を殺害されてしてまった安倍首相の責任は重大。

このまま首相を続けるようであれば日本国の政治的モラルが問われる。

なるべく早く辞任表明することが日本の政治のプレゼンスを保持することになる。

これは最早、安倍首相だけの問題ではない。

日本政治のためにも首相辞職を!

https://vid.me/RMEQこれが殺される直前までの動画。

犯人は後藤さんの顎に手を当て、その後ナイフを持っていく素振りまでが映されている。

安倍のような人物を首相にし、しっかり批判できなかった我々国民やマスコミにも責任がある。

安倍が首相でなかったら、2億ドル軍資金援助表明をしなかったら、こんなことにはならなかった。

安倍は、後付けで人道援助だなどと言っているが、あの時はそんなことは言っていなかった。

「イスラム国と戦っている国に援助する」といっているのだ。

敵対行為以外の何物でもない。

イスラム国に日本人2人の殺害の口実を与えたのは間違いない。

安倍首相の責任は日本政治史上、重大だ。

安倍首相を辞職させることが、後藤、湯川両氏への日本国民の贖罪ともなり、これからの日本国民の安全を担保することにもなる。

安倍首相を辞職させることが、我々日本国民のテロとの戦いでもある。

この期に及んで安倍が首相の座にしがみつくのは許されない。

主権在民を忘れてはいけない。

首相や内閣は国民より下位にある。

首相や内閣は国民のために使い捨てにすればいいのだ。

それが民主主義の基本。

なのに今は首相が国民の前にきて国民を犠牲にしている。

この倒錯した現状を正さなければならない。

安倍の代わりはいくらでもいる。

安倍首相は辞職して、新たな体制で出直すのが真っ当なこと。

安倍が首相のままでは問題は複雑化するだけ。

安倍は自分の責任をなるべく過少にするだろう。

証拠隠滅も可能だ。

そんなことでは問題は解決しない。

日本では原発事故でも責任者が責任を取らな過ぎ。

長野智子さん@nagano_t 報ステで声を震わせ、段取りも間違えるほど。

その怒りをイスラム国だけでなく、安倍政権に向けることです。

安倍首相が発端で起きたこと。

好戦的な安倍首相の体質が招いたこと。

> 安倍の目論む自衛隊派兵の法整備に時間を与えない為に、ISが後藤さんを殺害したのかと思うと… 自民党が最大与党になっている事が、どれだけ危険なことなのか考えさせられる。 後藤さん救いたかった。殺させてしまった。


(もう一つの記事)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5395.html
2015/02/01 Sun. 22:00:42 真実を探すブログ

<イスラム国騒動>首相官邸前で静かな抗議デモ!「救えた命を救わなかった!」「安倍首相が在外邦人の命を危険に」

2月1日にイスラム国で誘拐された後藤健二さんが殺害されたことを受け、首相官邸前ではプラカードだけを掲げる「サイレントデモ(静かな抗議)」が行なわれました。

参加者は自作のプラカード等を掲げ、安倍政権の対応などに強く抗議しています。プラカードには「救えた命を救わなかった」「安倍首相の愚かな行為が国民を危険にさらしている」等と書いてありました。
参加した人数は数百人程度と見られ、多くの方が湯川さんや後藤さんを無事に助けだす事が出来なかったことに声を上げています。


(引用終わり)

この中で、安倍を責める言葉はあっても、イスラム国へ抗議するものは見当たりません。

安倍の失態は安倍の失態。
それとは別に、イスラム国の非常識なテロに関する、同胞を殺されたことに関する恨み、抗議の意思表示もあってよかろう。
これでは、イスラム国の全く思うツボ。
完全なる敗北である。

どうして、安倍は馬鹿だったか、俺たちはイスラム国を許さないと言う事ができないのだ。

テロに対する基本的な姿勢が国民自身の間に何もない。
だから、安倍のような馬鹿が出てくるのである。

本当ならば安倍の馬鹿が中東を訪問し、あの言葉を言った時に、国民は怒りを感じるべきであった。
問題意識を持つべきであった。

事件が起きてからの安倍を非難してみても始まらない。
阿部でなくて、オバマでも、誰でもイスラム国相手に思うようには出来ない。

安倍の非難のしどころが違う。
その民意の幼稚さが問題である。

一端の論客気取りのグロガーさえ、これである。
民主主義か、何か知らないが、その様な衣は脱ぎ捨てて、言うべきことは言わねばならない。

こう言う優柔不断、事なかれ主義が日本を滅ぼす。


メンテ
途中で腰を折って申し訳ありません。911について少しだけ触れさせてください。 ( No.25 )
日時: 2015/02/02 02:21
名前: 青トマト ID:8ZtfltG6 メールを送信する

天橋立愚痴人間様が迫って居られます。

私も同感のところが多いのです。

崩壊については、爆薬の前もっての仕掛けとか、旅客機からミサイル発射とか、地下に小型核爆弾を設置とか、色々とハリウッド活劇映画的な話が流されていましたが、これって皆がやはり喜ぶのでしょうかね?

この事件の目的から逆に考えてみると、私は、別に全崩壊をさせる必要は全く無かったと考えますよ。

むしろ、半分燃え落ちて、そのままの姿でいつまでも残っていてくれたほうが米国民の憎しみの感情を育てるのに好都合だったと考えますよ。

今でも真珠湾の日本海軍機に沈められて戦艦を見世物扱いしてるのですから、平和を希求して広島・長崎の被爆建物をを残しているのとは大違いですが、どちらも姿を残しているから、いまだに宣伝に使える訳です。

その観点からすれば、建物に飛行機をぶつけるだけで、それだけで十分です。

それだけでも大被害がでるのですから。

では、なぜ全壊したのかと言えば、

鉄という素材について余りにも初歩的な知識が一般において不必要だから知られていない事により、当たり前の事が判らないから誤解を生むのでしょうが、

鉄はそんなに高熱を加えなくても、簡単に軟化して、強度を失って、重さを支えられなくなるのです。

私はかつて仕事柄、鉄の素材を曲げて貰うことを依頼する事が度々でしたが、鉄はそんなに高い熱を加えなくても、熱すれば簡単に曲がります。

これは強度に耐えられなくなるということです。

冷めればまた固くなって強度を支える事が出来ます。

911ではエンジンを燃焼させて突っ込んで、航空燃料がガソリンとは違って燃え難いジェット燃料で、それが建物内部で不完全燃焼し、かえって瞬間的にではなく構造を支える鉄を熱したのです。

鉄はグニャリと曲がって、飛行機が突入した部分より上の建物を支えきれなくなり、それが下部に覆い被さりました。

ところが、この建物は昔の例えばエンパイアステートビルとか丸ビルとかの鉄筋コンクリートとは違って軽い構造を全体で旨く支えていただけなので、簡単に崩れたのです。

決して不自然な衝撃に強い建物ではなく、合理的に無駄を省いて出来ていたので、全崩壊したのです。

まあ、ビンラディンの言葉をどこまで本気に捉えるかで解釈が違って来ますが、

彼が語った言葉として、

「全崩壊は予測していなかった、予想外の出来事だった」

というものが残されています。

ですから、崩壊させた側としても予想外であったのではないでしょうか。

こんな事件に精緻な技術を投入する必要はありませんよ。

サラシモノが無くなってしまって、困ったかもしれませんよ。

鉄なんて簡単に曲がって頼り無くなりますよ。

ガラスと鉄だけで立ってる建物は不自然な衝撃には弱いでしょう。

鉄のタワーに燃える石油製品を塗りたくって火をつけて燃え続けさせれば、途中からグニャリと曲がるでしょうよ。

馬鹿な子供でも対象が大きすぎて実行できないだろうから、こんな冗談を書くのですが、そんなもんですよ。

ですから911には計画目的以外には出来事として不思議なものはないと考えています。でも
メンテ
ツインタワーの崩壊 ( No.26 )
日時: 2015/02/02 10:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:QBtIQlkg

青トマト さん

あなたは鉄に詳しい様です、現場で鉄の組成を見ておられる様です。

私は建築士をしてまして、あなたが確かな指摘されているのに吃驚しました。
テロリストとしても、危険を冒して建物全体に爆薬を仕掛ける必要もないし、それができれば飛行機を突っ込む必要もないでしょう。

構造の問題については、阪神大震災のおり、倒壊はしてないのですか、高層マンションの鉄の柱が根元で刃物で切った様な切断面で食い違っていたそうです。
1回写真が出たように思いますが、なぜかネットから消えてしまい、その様な報道もありません。

柱の大きさは、50cm×50cmで厚さは2cmもありました。
地震のときは下の階ほど強い応力がかかるのですが、柱の根元だけ、すざましい破断が起きたと言うことです。

これは構造計算が予測してなかった現象なのでしょう。
一時、構造計算の専門家が信じられないと言う発言をしていました。
でも、現実はその現象を解明できいなのか、解明できても、現実の構造の計算基準に変えると建物の経済性に大きな問題が出るのか解りません。

要するに、解明できたとしても現在の構造基準を変える事が出来ないので隠蔽しているのかです。
9.11のツインタワーの崩壊も人知で解らなかった事が起きたと思います。
あのような衝撃は、構造計算では出てこないのでしょうね。

第三のビルの破壊は、これではないようですが。
メンテ
イスラム国事件、後藤健二さん殺害に世界中が抗議! ( No.27 )
日時: 2015/02/02 12:32
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:QBtIQlkg

イスラム国事件、後藤健二さん殺害に世界中が抗議!イスラム教徒達も怒り!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5400.html

イスラム国が後藤健二さんを殺害した事件で、世界各国の首脳が抗議声明を発表しました。
アメリカのオバマ大統領は「後藤さんはシリアの国民の苦しい状況を勇気を持って伝えてきた。安倍総理大臣、そして日本国民と共に結束していく」と述べ、フランスのオランド大統領も「フランスはこの新たな事態に直面する日本政府を支援する。そして、中東に平和をもたらしテロ組織を壊滅させるために今後も協力を続けるだろう」と記者会見で語っています。

また、イギリスのキャメロン首相や国連のデュジャリック報道官もイスラム国の行為を批判しました。イスラム教徒からも「人を殺害することはイスラム教の教えに反する」とのコメントがあり、世界中から後藤健二さんの殺害を悲しむ声が相次いでいます。

さらに、フランスのオランド大統領も声明を発表し、「フランスはこの新たな事態に直面する日本政府を支援する。そして、中東に平和をもたらしテロ組織を壊滅させるために今後も協力を続けるだろう」と述べ、日本との連帯を強調しました。
そして、国連のデュジャリック報道官は、NHKの取材に対し、「後藤さんの殺害が事実であれば、国連はこれを最も強いことばで非難する。この暴挙は『イスラム国』の残忍さを改めて示すものだ。国連は『イスラム国』が拘束しているすべての人質の無条件での解放を求める」と強く非難しました。

イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)とみられるグループが日本時間2月1日朝、拘束していた仙台市出身のフリージャーナリスト、後藤健二さん(47)を殺害したとする新たな映像をインターネット上で公開した。大阪市西淀川区にあるモスクに礼拝のために訪れたイスラム教徒らも落胆した表情を見せ、「人を殺害することはイスラム教の教えに反する」と憤った。

(引用終わり)

最もな反応である。
反対に日本は安倍の悪口を言うばかりで、イスラム国の非道性の言及しない。
そこが可笑しいのである。

最も、世界中が言葉で言っていても何にもならない。
イスラム国は命知らずの気違い集団。
イスラム国の支配下にある、800万人の人々も人質の様な存在(一般人を年間、1000人以上処刑しているらしい)

そのイスラム国に鉄槌を下ろすとすれば、大量の地上軍の侵攻よりないであろう。
50万人ほどの軍隊が、四方八方から攻め寄せねばならないが、一般人の間に潜んだテロ組織の壊滅には、多くの一般人の犠牲者と長い期間が必要であろう。

これとは別に、イスラム国への武器の供給源を絶つことが考えられる。
これを確実に行うためにも十万以上の軍隊が必要であり、支援がなければ周辺国でできるはずはない。

この場合でも、イスラム国の反撃は激しいものとなり、各地でテロが続発するであろう。
でも、それを覚悟で世界中が対応しなければテロは潰せない。

それがテロであるからだ。
日本国民も、そこまでの視野で見るべきである。

安倍を避非難しているだけではテロは無くならない。
喉元を過ぎれば、後は、知らん顔では無責任である。


(追伸)

テロ対策にも国連中心主義を言う者がいる。
国連に頼っていても、何十年経っても事態は変わらない。

仮に、国連が直ぐに強硬手段にでる様になれば、それは国連ファシズムである。
テロをする方にも一応は、大義名分がある。
犯罪としての処罰はできても抹殺を図る様な事をやれば、国連が恐怖独裁者になってしまう。

国連が独裁者になってしまっては、それこそ世界は救われない。
安易な国連中心主義も問題である。

メンテ
ええ、これねえ、ヤバイですよ。鉄の問題とは別件ですが。 ( No.28 )
日時: 2015/02/03 02:42
名前: 青トマト ID:HoxsKMHQ メールを送信する

素材としての鉄について語っていただき恐縮してます。

私は専門家ではありませんが、仕事で接した知識を語っているに過ぎません。

ツインタワーはもろかったにすぎないわけで、それは当然です。軍艦でも戦車でもないのですから、無茶をされれば壊れるだけの事です。

それを、強い建物だったとかなんとか…滑稽な議論ではないですか。

それにもうひとつ、突っ込んだ旅客機は中で燃えたのですよ。

ジュラルミンの機体が航空燃料が飛び散ってジワッと燃えるなかで、燃焼した筈なのです。

薄いアルミ系の金属板は鉄よりも燃えやすくて、燃えて高温を発します。

この熱も、建物の鉄骨を軟化させて、鉄骨は建物の上部を支えられなくなりました。

上から崩れ落ちてくる構造物を下では支えきれない構造の建物だったので瓦礫の山となったのでしょう。

大きな音が聞こえたから爆薬の爆発音だとか…素人考えを巡らしてはいけない。

崩壊は大きな音を発します。

大きな地震の時も、地面の下から地鳴りが聞こえてきます。

雷だって音を発するではありませんか。

大きな音が聞こえるのは当然なのです。

そんなことをさも大切に邪推に使うのは非常識であり、論理的思考が無い事を露呈するだけの事なのです。

ISとの戦いに英米が本腰を入れる事があれば、それは本当にヤバイことになるのではないでしょうか。

ハルマゲドンを無理矢理に起こすことになりかねないからです。

広大な中東の平野で大規模な戦闘があちらこちらで戦われる事になり、かつての陸戦のような大会戦とはならないので、それは独ソ戦のような組織的なものではなくなるので、イスラエル国内も攻め込まれて激しい市街戦が展開され、イスラエルの核兵器も危うくなるでしょう。

そこまで行くと、欧州も不安定化します。

もしかして、そうやって自己を清算しようとしている連中がいる可能性も考えられると思いますよ。

旧約聖書もクルアーンも終末の到来を語っているので、読みようによっては、このような事態を招こうとの解釈も起きることも考えられるのです。

それに使うためにISを養成したことすら考えられるのです。

イスラエルにとっては不利な動きと私は解釈するのですけれどもねえ。だから
メンテ
Re: タリバンとアルカイーダとイスラム国 ( No.29 )
日時: 2015/02/03 12:02
名前: 贅六 ID:G1r/qkj2

#27の天橋立はん、

>日本は安倍の悪口を云うばかりで、イスラム国の非道性を言及しない・・、て云うてはりますが、 イスラム国を含むムスリムテロ集団の非道・暴虐は、皆はん何方も先刻承知ですわなァ。あいつ等問答無用で話し合いもろくに通じまへんねんで。言うてみたらエイリアンみたいな奴等ですわ。其処ででんなぁ、

一国の政治家、特に首相とも在るお人は、そういう事を充分考えて発言せなあきまへん。其れを不用意に、反イスラム勢力の国のところで「テロを許さない」とか「テロと対決して行く」とか言うて、「テロによる難民の救済の為」て云う但し書きみたいなことを付けても、テロ集団にしたら「ワシらの遣る事に対抗してる、ケンカ売ってる」くらいにしか取りよりまへんで。

ワテは敢えてもう一度言いますが、“安倍を批判しますわ”

安倍自身が書いたんか、害務省の奴が書いたんか、知りまへんけど、無神経過ぎますなァ。なんでこないな弱腰とも取れる事を云うか、て云いますと、日本は欧米みたいな戦争国家やおまへんやろ。1945年以来70年も本格戦争ちゅうか実戦経験がおまへん。なんぼ訓練が行き届いてても、人がバタバタ死ぬ実戦に自衛隊はどこまで耐えられまっしゃろか?

実際にドンパチ遣らなんだイラクへの派遣でも、帰って来てから尚、自殺者が20数人出たちゅう話を聞きまっせ。

更に、昔と違い、今は日本人が海外にゴマンと居てますわなぁ、その人らが今後標的に成る可能性がグ〜ンと上がったんだす。此れの対処の為に政府は色々な事を云うてますが、そんなもん穴だらけでっせ。その上金が掛かりますわなァ。その金は何処から出ますかいなぁ? みんなワテらの税金から出ますねん。

安倍さん、ちゅうお人は日本国内で金使わんと、世界中に金ばら撒いて挙句の果てに、他人から敵視されることまで言いよる、碌な奴やおませんわ。 ワテは自他ともに認める憶病もんでおます。そやから若もんを戦争に駆り立てる様な事は、なんぼ罵られても反対します。
メンテ
Re: タリバンとアルカイーダとイスラム国 ( No.30 )
日時: 2015/02/03 12:47
名前: 被害者 ID:sQ30.1nk

西洋から東洋へ文明の転換が始まった 世界は「武」の時代に進む 正義を殺す 日本の不幸の始まり 天の怒りか?
メンテ
民主主義 ( No.31 )
日時: 2015/02/03 18:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:d2glMWbk

かつて、ボノボさんが良く言われていました「政治は殺しあい」。

だから、戦争、テロ、暗殺、陰謀の類は決して無くならない。

平和を唱える人も、無抵抗主義の考えも、倫理道徳で解決しようとする人も、もちろん存在してきました。

その喧騒の中で歴史は進む。

民主主義の欠点は、民主主義であれば平和でいられると言う錯覚だ。

逆に民主主義であればこそ、争いは頻発に起きるもの。

争いの主な原因は、人間の強欲による。

民主主義は、その強欲を促進する。

それでも民主主義は価値あるシステム。

守らなくてはいけないシステム。

守らなくてはいけないと言うことは、戦わねばならないと言う事。

民主主義と言う檻を作って自分の住宅に被せて見ても、外出すれば戦地である。

否、住宅に檻をかぶせても、家族どうして争いが起きる。

いわんや、国家においておや、である。

世界には他人の平和を脅かす、国家を脅かす邪悪な強欲が存在する。

民主主義、そのものは平和と言う概念ではなく、単に主権在民であると言う事を認識すべし。

国家である以前に人間であるように、

政治の前に、民主主義を守る気概が必要である。

公を尊重しすぎる日本人は、平時のうちは規範に従順で好ましい国民であっても、

一旦、ことある時は、方向性を見失い、どこへ飛んでいくか解らなくなる。

ファシズムを嫌いながら、ファシズムに踊らせられ安いのも日本人。

日本人は民主主義と言う借り物のシステムの恩恵を享受することに狂奔し、自身で民主主義を守ろうとはしない。

自分で自分の目、耳をふさいでいれば民主主義が守れると思い込んでいる。

世界の住人は、それほど甘くはない。

世界の住民の強欲は、日本人のそれを上回る。

日本がおとなしくしていても、最後には彼らの餌食となる。

戦い方には問題があるが

それでも、戦いを忘れてはならない。

国内で、民主主義を守る場合も同じである。

政治に全てを託しても、我々の社会を守ることはできないのである。

最後に、安倍は我々のリーダーとして戦術を誤った。

本当に出来の悪い司令官であった。

そんな司令官の元、戦っても、

国民の犠牲が増えるだけ、犬死するだけである。

安倍など罷免し、責任を取らせるべきなのである。

軍法にかければ極刑でも、しかるべし。

1億国民の命を危険に晒す

それほど、無能で幼稚な司令官であった。


メンテ
ヨルダン軍は「大規模な」報復をする考えを示した。 ( No.32 )
日時: 2015/02/04 11:53
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:h2vhi/RE

>過激派「イスラム国」は3日、拘束しているヨルダン軍パイロット、ムアズ・カサスベ氏と見られる人物の殺害映像を公開した。これを受けて、ヨルダン軍は「大規模な」報復をする考えを示した。


何と言おうと、これが正解である。

ところが日本の民意の趨勢は、下記のブログの内容のようなものへ傾いている。

http://ch.nicovideo.jp/horijun/blomaga/ar722120

目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。−そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった。(後藤氏の言葉)

日本時間3日、午前0時45分現在、後藤健二さんのこのメッセージは2万1千リツイートを超えている。私もリツイートしたその一人だ。日本の大衆が今とるべき行動はまさに後藤さんが言う、「憎むは人の業にあらず」というアラブの兄弟の言葉に沿ったものであるべきだろうと思うからだ。私たち市民の動揺が、武器の輸出、集団的自衛権行使容認、憲法改正を掲げ、積極的平和主義をうたう現政府の背中を紛争の渦中へと押し出してしまいかねないからだ。ポピュリズムに陥ってはならない。
&#8232;かつてアメリカニューヨーク同時多発テロ発生直後、悲しみは憎悪に変わり、憎悪が人々を泥沼の対テロ戦争に誘った。聖戦を叫ぶテロリストが多くのアメリカ人を殺し、アメリカ人はテロには屈しないと大義を掲げ、ありもしなかった大量破壊兵器を口実にイラクで多くの人々を殺した。その後も憎しみの連鎖は止むことなく、罪のない子供達も巻き添いになりながら泥沼の対テロ戦は世界各地で続いている。後藤さんが身体を張って伝えようとしたのは、そうした連鎖の中で懸命な笑顔を見せる子供達の尊さだったはずだ。命の重み、はかなさ、そして大切さ。

私たち日本人だからできる、平和の貢献のあり方があるはずだ。ヨーロッパやアメリカとは異なるテロ集団との向き合い方を今こそ矜持をもって実行していくときだ。テロとの戦いを最大のメッセージに掲げるのではなく、テロを生み出す憎しみの連鎖を許さないと国際社会に訴えかけるべきだ。武力ではその連鎖は断ち切れない。正義の旗を奪い合うのをやめ、旗を互いに降ろし、向き合うことができる機会や場所をつくりだすのが、私たち日本人の役割だ。&#8232;&#8232;憎しみのらせん階段をどこまでも降り続ける人々にあらたな道を用意することができるか、今こそじっと目を閉じて、自らの心の中に未来を照らす希望の光りを探し見つめる時であるべきだ。

(引用終り)

この文章は日本人の情感に訴えたものであろうが、そういうもので世界が動くと思い込んでいること自体、悪いとは言わないが何の役にもたちはしない。

9.11テリとイラク攻撃をたとえに出して検証しているが、今回のイスラム国によるテロ、アフガンの状況、ロシアのテロなど、各地で起きているテロが、その様なもので説明できるか。

因果関係の不確かなものを、情緒的にくるんで見ても、それが正しい認識とはならない。

>正義の旗を奪い合うのをやめ、旗を互いに降ろし、向き合うことができる機会や場所をつくりだすのが、私たち日本人の役割だ。&#8232;
文章としては成立していても、正義とは、そんなものであろうか。
全ての正義を認めるならば、正義と言う概念が消滅するのだ。

このようなノーテンキな発想に終止する日本人の未熟さは、おとなしくしていれば平和が保てるとか、触らぬ神にたたりなし、といった身勝手さを、上品に言っただけのもの。

&#8232;
メンテ
Re: タリバンとアルカイーダとイスラム国 ( No.33 )
日時: 2015/02/05 10:46
名前: 贅六 ID:zEf44JCs

天橋立はん、

ワテは、今話題の後藤さんの全体像を知りませんので、判ったような事は言えまへんが、天橋立はんが引用しはった文章のすべてが後藤さん像や無いと思いまんねん。
其れともう一つ、“人間は理想を掲げる事が必要や”と思てます。そうや無かったら、人は益々アホ臭い麩ゥみたいなもんに成るんとちゃいますか?

人は誰しも多面性を持ってますんで、毀誉褒貶は半ばするもんやおませんかなぁ? と言う事で、最近知った情報、You Tube にアップされた“フリージャーナリスト・常岡浩介”と言う人の外国人記者クラブでの談話を聞いてますと、日本の内閣府や公安の無為無策ぶりがよう解りまっせ。

湯川遥菜ちゅうオナゴみたいな名前に改名した、軍事オタクとも取れる「民間軍事会社」の日本代表を自称する、川島芳子の生まれ変わりや! ちゅう変なオッサンより、後藤さんには数倍生きてて欲しかった! て思いますんやが、今回の事で結果的に悲劇の幕を開けてしもた事は、其れなりの責めは負わんといけまへんわ。

なんせアンタ、世界の列強に伍して、日本も“目出度くテロリストの標的に成った”んでっさかいナァ。安倍君も満足でっしゃろ。

常岡浩介氏の話では、「公安外事三課」ちゅうとこは、世界に類を見ん「無能集団」やそうでっせ!

お粗末なんは、嫁はんが居てるのに女作って、女から別れ話を切り出されて、その女を殺してしもた警官が居てたちゅう、ワテの棲家の有る大阪府のの大阪府警もどっこい、どっこい、でっけどねぇ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存