ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2304] 仏教を日本に持ち込んだ帰化人。彼らは古代の支配層となり、律令体制まで出来上がったが、体制も仏教もふやけて今の有り様。これが日本。
日時: 2015/07/26 18:32
名前: 青トマト ID:uHl.hH72 メールを送信する

http://web.joumon.jp.net/blog/2014/04/1705.html

新規のスレッドを立てるかどうか迷いました。

天橋立の愚痴人間様が、私に、
仏教には立脚しないのか?と問われまして、
実は、返答に困っておりましたが、

キリスト教にも依拠してはおらず、
日本の仏教受容を社会現象として、捉えるのみであり、

世界での宗教の有り様も、社会現象として、
認識対象として考えております。

従って、日本で、
仏教もユダヤ教もキリスト教もイスラムも無用と考えております。

それで、現在の私の考えるところに比較的に近くて、既にかなりの成果を上げておられる探究blogを今回はじめて探しだして、冒頭に紹介いたしましたので、是非、御高覧のほどをお願い致します。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 仏教を日本に持ち込んだ帰化人。彼らは古代の支配層となり、律令体制まで出来上がったが、体制も仏教もふやけて今の有り様。これが日本。 ( No.1 )
日時: 2015/07/26 18:54
名前: 青トマト ID:uHl.hH72 メールを送信する

さてさて、難しい命題であり、宿題でございます。

我々日本人が是非とも取り組まなければならない問題であり、答えを探さなければなりません。

冒頭に紹介したblogでは、既に一定の答えを出しておられます。

古代神道と渡来仏教は、役割分担をしてしまった。

ということですね。

渡来帰化人達と日本のもとからの上層とは、熾烈な闘争を行った事は事実で、その後の日本がそれにより迷走したことは確かであります。

帰化渡来人達は自分達の思想は捨てることはなく、その思想を都合よく使っての支配体制を造ろうと努めたのでしょう。

しかし、その後の混乱を通じて、日本では強権支配体制は確立することはなかった。

仏教も非寛容的な思想としては残れなかった。

御利益宗教としてのみ残っていて、あらゆる宗教教団はこの姿なのです。

天皇を巡っての精神的命題は、秘密に包まれており、仏教はそこには介入出来ず、
古代の前律令体制の仏教渡来から、日本は二重構造の国家体制として経過してきていると考えられます。

ですから、仏教も御利益宗教で強圧性を持ち得ない日本の社会構造ななでしょう。

それで、ふやけた有り様にあるのでしょう。

受け入れた思想も、政治体制もふやけて川の流れを浮いて行く気分で運行されて行くのが大多数であるのが日本なのだが、

総ての人がそうであってはいけないのであって、

船長役や音頭取りは必要なのです。

天皇は別格であって、役割ははるかに広くて深いと考えられますので。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存