ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2378] 人生論<現代に生きるとは
日時: 2016/02/27 08:01
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:feTh8YOA

現代社会は物質的に豊かになり、あらゆる情報が飛び交い、メディアによってほとんどの人の知るところとなっています。
民主主義の発想と相まって、人々は自分自身のの生き方を考えます。
そういう余裕があるのです。

物事の事象、生命の神秘も科学的に解明され、因果関係などは誰もが知っています。

インターネットの発達により、我々はあらゆる知識を瞬時にして取り込めます。
学者が何年もかかってまとめた知識も、30分もあれば自分のものにできます。
気儘勝手に過ごしている大衆も、時代が時代なら偉大な哲人、科学者、宗教家なのです。

言葉でこそ現せないが、先人が主張してきた様なことは、無意識のうちに体現しているのです。
宗教心についても同じです。

逆に言えば、現代の社会に生きる人々には、人生の指標がないのです。
民主主義は良いとしても、引き換えに人々は自分の人生を自分で切り開くしかないのです。
問題は、70億と言う人口、日本で言えば1億の人々が、皆、自分の人生を自主的に確立できるのでしょうか。

一般的に無気力、怠惰と言う現代人の性癖は、彼ら自身の内面的な葛藤の結果であり、それ以上のものを全ての人に自主的に求めることはできないのではないか。
このままで人類は幸せであるのか。

それを問い直して見ることも必要ではないか。
昔の人生論と対照するに留まらず、新しい可能性を探りたいものであれる。


(人生 その1)

私の住んでいるところは京都北部の田舎町です。
時折、京阪神へ車で行くのですが、途中の内陸部の過疎地域(と言っても私が住んでいる町とそんなに変わらないのですが)と通るとき、ポツン、ポツンとある家に洗濯物が干してある光景が見えます。

こんなところにも家族がいて、奥さんが毎日、毎日家を守って生活しているのだ。
何の刺激もないようなこの場所で、いったい何を張り合いに生活しているのであろうと。勝手に同情して人生の儚さを感じます。

そうして、その後で、何時もの事ですが、人生とは何であろうと言うことへ向かいます。
妻のことを伴侶とも呼ぶように、妻でなくとも人生には伴侶がなくては空しさに耐えられないのではと思います。

そういうものが何処から来るのかは、別の範疇の問題として、人は多くの人とつながりながら生きていることに心の安寧を感じることだと思います。

その結果、1軒屋の生活を寂しく思い、都市部の密集に我を忘れることになるのでしょう。
まあ、密集と言っても「隣の人は何する人」と言いますように密集の中の孤独と言う概念もあります。

また、単につながりと言いましたが、量的なつながりばかりではないはずであり、小さな集団であっても、その深さにおいて量を凌駕することも考えられます。

結局は、その1軒屋の家族が幸せであれば良いのだと、幸せであることを願って、私の心を納得させるころには、車は数キロ先を走っていることになります。

1軒屋の奥さんにとって、まったく御節介な干渉ではありますが、車で通る時、私自身の心が平穏であるときは繰り返し浮かぶ感傷です。

「人生とは何か」と問うとき、
もっともっと、赤裸々な答えを出すことがあります。

人生論の始めに言ってみたかった経験でした。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 人生論<現代に生きるとは ( No.1 )
日時: 2016/02/27 12:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:6i.z3m02

(人生 その2)

>結婚したくない人が増えている。

総務省の調査によると現在25歳〜29歳の未婚率は男性71.8%、女性60.3%なのだとか。これは10年前と比べても10%ほど高い数値です。

一体なぜ若者は結婚をしないのでしょうか。彼らのホンネをまとめてみました。

その1.義理の親や親戚付き合いが面倒

「結婚したら必然的に相手の家族の一員になるわけじゃないですか。でも全然違う環境で生きてきたわけだから、価値観だって違うでしょ。そんな人たちと付き合わなきゃいけないと思うと息苦しいなあと思います。

現に姉が旦那さん側の親戚トラブルに巻き込まれて大変そうでした。まあ結婚するとしても30代になってからでいいかな。」(23歳/女性/会社員)

結婚したら相手の家族との交流は避けては通れません。気が合えばいいのですが、そうじゃないことを考えたら荷が重いのは確かでしょう。

その2.一生同じ相手としかセックスできない

「今の彼女は大好きだけど、結婚したら浮気はおろか風俗だって許されないじゃないですか。仮に彼女がセックスを拒むようになったらどうすればいいのか考えると怖いですね。これから先の長い人生、彼女としかできないと思うと窮屈さを感じます。」(27歳/男性/公務員)

性欲は3大欲求の一つ。実際にセックスレスや体の相性が悪いという理由で離婚するカップルも存在しますし、ないがしろにできない問題かもしれませんね。

その3.自由が利かなくなる

「人と暮らすってことで安心感は得られるけど、それと引き換えに自由が奪われてしまうと思います。精神的な面だけじゃなくて、自分で稼いだお金だって全部自分で使えるわけじゃない。だったら多少の寂しさはあっても気楽で自由な独り身も捨てがたいですね」(21歳/女性/学生)

プライバシーの侵害に厳しい世の中で育ってきた我々の世代。他人に干渉されるのを窮屈に感じる人も多いのでしょうか。

その4. むしろ経済的に大変

「老後とか経済的に安心したいから結婚をする人もいるけど、家庭を作るのってすごくお金がかかること。養育費に保険料、あと住宅ローンとかね。だったらむしろ自分の食い扶持だけを稼いで計画的に貯金した方がよっぽど経済的には安定するんじゃないかと思います。

性格的に人と暮らすのにも向かないし、子供も別に欲しいと思わない。私にとって結婚はメリットがないんです。」(25歳/女性/専門職)

昔と違って今は「結婚しなければならない」という半ば脅迫のような観念が薄れています。女性も社会進出をしてから久しく、“1人で自由に生きたい”という意志の通りに人生を歩くことが可能な時代なのです。

“結婚”は確かに転機にはなりうるかもしれませんが、それが人生のすべてではありません。大切なのは生きていく上で「自分にとって何が幸せなのか」ということなのではないでしょうか。まだまだ若い私たち。“幸せになる方法”を模索していきたいですね。


>出世したくない人が増えている

 最近、若い世代のサラリーマンで出世を希望しない人が増えているという記事をよく見る。
 管理職に昇進しても給料は増えず責任だけが重くなることが多く、昇進しない方が気楽でよいという。
 最近の若い人が云々というのは、いつの時代にも繰り返されてきた話題であり、基本的にあまり信用しない方がよい。昇進を希望しない人が増えているという話はバブル時代や高度成長期にもあった。特に目新しいことではない。

出世できなくてもよいというのは、実は高度成長期の話
 それはともかく、本当に出世しなくないという人はたくさんいるのだろうか?また、出世したくないという希望は実際に受け入れられるのだろうか?答えはイエスでもありノーでもある。

 出世しなくてもよいと考える人の多くは、無意識的に、出世しなくてもそれなりの給料と立場が維持されるということを前提にしている。もし、出世した人は億の年収となり、出世できないと給料は恐ろしく安く、しかもいつクビになるか分からないという環境であれば、ほとんどの人が出世を希望するだろう。
 つまりあまり出世したくないというのは、終身雇用と年齢による昇給が維持されていることが前提なのである。

 今までの日本であれば、これが実現できるケースも少なからずあった。日本経済が右肩上がりで成長し、昇進はしなくても勤続年数で昇給を続けることが可能であった。また事業も拡大を続けていたので、どんな人でも恥ずかしくない程度のポストには昇格させることができた。

同一職種、同一賃金であれば実現可能だが
 だが今の時代はそうはいかない。経済のパイが縮小しているため、分け与えるポストは少なくなる一方である。会社としては管理職でない人に高い給料を払いたくはない。出世しないヒラのベテランよりも給料が安い新人を活用した方がよいということになり、年齢が高い社員の居場所は少なくなってくる。この傾向は今後も続く可能性が高い。

 そうなってくると、出世したくないというスタンスの社員が存在し続けることは難しいだろう。

 この問題を解決する唯一方法は、諸外国がやっているような同一職種、同一賃金の導入である。これは、同じ仕事であれば、年齢に関係なく同じ賃金しか支払わないというもの。

 例えば、ヒラの営業職であれば20代の若者も50代のベテランも同じ給与をもらう。営業チームを管理する営業チーフになれば、給料は上がる。ただしチーフに昇格するのは優秀な成績を上げた人であり、25歳の若者かもしれないし、50代のオジサンかもしれない。

 こうなると社内の競争は、全体的な出世競争ではなく、同一職種の中での争いとなる。同期で誰が出世するのかではなく、営業チームの中で誰が実績を上げるかが重要となる。競争相手は、年齢が大きく離れた社員かもしれないし、同世代かもしれない。

(引用終わり)

出世に対する、この発想は少し間違っている。
この文章は、収入と言う面で刺激を与えれば出世競争が再燃する様に書いている。

本当は、そうではない。
出世しなくても何とか食って行けると言う面では納得はするが、多くの若者が出世を望まないのは、出世することによって生じる責任の問題など、煩わしい事に関わりたくないのである。

また出世することによって指揮官としての権力を使いたくないのである。柔弱に育っている彼らには、能力がないのである。
それよりも、マイペースで個人の生活を維持する方を選ぶのである。




メンテ
人生論と人生観 ( No.2 )
日時: 2016/02/28 19:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:keCpiPyA

「人生論」とは

人生について論じること。また,人生の意義・目的・価値などについての考え方。

「人生観」とは

人間ひとりひとりが、自身自身の人生や人間全般の人生について抱く諸観念のこと。人生の見方。

人生観とは多分に形而上学的な認識。

ここでは、人生論について掘り下げてみましょう。

まずは、トルストイの言葉を紹介します。

人生論「現代の迷える人たちへ」トルストイ

いっさいの自己愛を捨て、理性的意識に生きることによってのみ、人間は真の幸福を獲得することができる――人間いかに生きるべきか? 現世において人間をみちびく真理とは何か? 永年にわたる苦悩と煩悶のすえ、トルストイ自身のこの永遠の問いは、本書にみごとに結実した。誤ることのない鋭い観察力と、愛の直感と心の目で綴った、人生についての内面的、哲学的な考察。
人はだれしも、自分が快適になるために、自分の幸福のためにのみ生きている。自分の幸福を望む気持ちを感じないなら、その人は自分を生きていると感じていない。自分の幸福を望む気持ちなしに、人は、人生を想像できないものだ。一人ひとりの人間にとって、生きるということは、幸福を希、獲得することと同じだし、幸福を望み、獲得することは、いきることと同じである。

ところが、自分のその幸福を手に入れようと努めているうちに、人はその幸福が他の存在によって左右されることに気づく。


この世界の限りないすべての存在が、それぞれ自分の目的の達成のためにいつなんどきでも、自分一人のために生命が存在するはずのこの自分を抹殺しかねないのだ。
お気に入り詳細を見る

互いに滅ぼし合い、みずから滅びてゆく無数の同じような個我の中で、自分の幸福だけを得ようと努める個我としての人間の生活は、悪であり、無意味であって、本当の生活はそんなものではあり得ない。

生命とは何か、幸福とは何かも知らないのに、自分たちが生きているように思っているのであり、それはちょうど何の方向もなく波に運ばれている人間が、自分の望んでいる必要な方に向かって泳いでいるのだと思いかねないと同じである。

それでも、生きていかなければならない。

(引用終わり)

これでも結構抽象的な概念ですが、その言葉の中に、幸福とか、真理とか愛などと言う言葉が出てきます。
トルストイは、これらの言葉の意味を自分なりに想定しています。
この言葉で連想される共通の思いを前提としています。

ところが、現代社会において、民主主義の名の下に、やたらと個人の自由、権利意識が強い人たちに、トルストイが思い描いた「幸福」「真理」「愛」の概念が当てはめられるでしょうか。

現代社会と言っても、まだまだ我々の多くは、トルストイに共感できるものを持っています。
それに照らし合わせて現代の若者は!
と言いますが、現代の若者にとっては、何故!トルストイでなければならないか!

と言う事になります。
そうなのです、ある意では現代の気質が正しいのであり、その息で、そのまま受け入れるべきと言えます。
結婚をしたくないことも、出世を望まないことも、それぞれが、そのまま受け入れられるべきであるのです。

新しい人生論として認めれば良いことで、それを批判する根拠などはないのです。



と、まあ

このような論理になるのですが、
果たして、それで良いのでしょうか。

民主主義が謳歌されている現在、あっさりと、それを認めるべきでしょうか。
認めないと言っても

それなりの根拠が必要で、頭ごなしに言うべきではないことは確かですね。

とりとめもない話になりましたが、これが究極のテーマです。




メンテ
お金と人生 ( No.3 )
日時: 2016/05/13 14:27
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:1gpzstmM

銭亡者・守銭奴と言う言葉があります。
概して次のような者に対する形容です。

>強欲な ・ 欲深い ・ 利己的な ・ 私利私欲を追求する ・ がめつい ・ 拝金主義者 ・ 貪欲な ・ 貪婪な ・ 飽かず求める ・ むさぼる ・ エゴむき出しの ・ 我欲むき出しの ・ 意地汚い ・ 卑しい ・ 銅臭にまみれた ・ 我欲むきだしの ・ 金に汚い ・ 守銭奴
けちんぼ ・ がっちり屋 ・ 吝嗇
ちょっと変わった表現に
>世界経済、秩序、貨幣の安定などを一切無視してマネーゲームに
走るアングロサクソンを中心としたヘッジファンドの連中でしょう。

さて、人々は、どうしてお金にそんなに執着するのでしょう。
理由などは、改めて言わなくても、それぞれに思いがあるはずです。

齢、70歳を迎え人生の大半を終了した者として、お金とは、どういうものであったのか。
途中は、ほとんどの方と同じで、必要なお金を得ることに四苦八苦し、それが人生でした。

子供も独立し、住む家も手に入り、あとは余生と言う段階になって、お金に対して余裕が出来たと思います。
いや、なに!
余裕が出来たと言う意味は、十分に溜め込んだと言う意味ではありません。
もう、そんなにお金を追い求める気持ちが和らいだと言う意味です。

実際には年金に頼る生活で預貯金なども、そんなにありません。
現在は、後、2000万円ほどあれば、すき放題、安心して暮らせると、宝くじを買っています。
要するに私にとっては、2000万円程度で理想の人生が手に入るのです。
大騒ぎし、高望みしてきても結局は人生とはお金で測ればそのようなもの。

このような中で、冒頭に出した守銭奴、銭亡者さん、又はそうでなくても自然と大金を手にする富豪の皆さんの、何億、何十億のおかねの意味するものはなんでしょう。

毎日食べるものでも、ある程度、好きな時に好きなものが食べられれば、特に人が食べられない高級食材を食べ続けたいとは思わないし、海外旅行も毎年、何回も渡り歩くよりも、1,2年に一度くらい、計画し家計をやりくりし旅行する方が味わいがある。
大邸宅も、それこそ無用の長物、夫婦で便利で、使いやすい程度の広さで良い。出来れば狭くても庭付きが良い。

だから富豪がうらやましいとは思わないし、望みもしない。
このように言えば成功できなかった者の負け惜しみと蔑む人もいるであろうが、齢、70に達すれば、それが負け惜しみではないことが分かるであろう。



「足るを知り己を知ればいますでに身にあまる幸をおもえ喜ぶ」

「古妻と トソ酌み交わす 老いの春
  寂しくもあり 寂しくもなし」 

(新村 出)

メンテ
エスキモーの生活 ( No.4 )
日時: 2018/10/07 17:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:hIrqWxwU

皆様に置かれましても同じ様なものと拝察しますが、肝心の政治を語る気持ちが湧きません。

思いつくままに、久しぶりにこのスレッドをUPします。

何日か前ですが、テレビでグリーンランドのエスキモーの事を放映していました。

グリーンランドに関わらずエスキモーの人たちが居住する地域は、農作物も育たない不毛の土地です。
そこで、彼等はアザラシなどを狩猟することで生活をしている様です。
アザラシの食肉はビタミンも含まれていて野菜の代わりにもなるようです。
テレビでは、白熊などの陸上の野生の動物も含まれているかも知れませんが、犬ぞりを使って狩猟の旅をしている光景でした。

彼等の生活の中心は食料となる野生の動物(海洋動物を含む)を取ると言う事です。
狩猟に失敗すれば、生きては行けないのです。
他の番組で、白熊も餌を捉えることが出来なければ餓死してしまいます。

ここでは人間自身も白熊と同じ状況に置かれている様です。
移動手段である犬そりを引かせるためにエスキモー犬を使っています。
大型のそりは十数頭のエスキモー犬に引かせています。

多くのエスコミー犬が従順に人間に従っている光景を見ていても、彼らとエスキモー犬の関係は決して我々の社会におけるペットの様な者ではあリません。
エスコモ―犬と人間の関係も切実で、必死な関係です。

人類が数千年前まで営んできた自然との必死の戦いの関係が、ここでは未だに存在しています。
グリーンランドはカナダに属しています。
カナダは寒冷地は多いが広大な国土を持つ国です。
その様な過酷な土地に住まわなくても、適当な土地へ移住すれば良いだろうに。
もっとも、若い人たちは、そうしているであろうが。

映像の一部に出てきたが、実は彼等は犬そりと言ってもFRP製の近代的なものや、モーターボートも持っています。
主食も食パンでした。
カナダ政府から、いろいろな支援を受けているのでしょう。

ですが、それでも、どうして、その様な過酷な土地に住まわねばならないか。
ここが、この記事の主題です。

近大生活に慣れた我々とは違う価値観、人生観があるのではないかと思います。

私には、とても理解できませんが、理解できないこともあると言う事は解らねばならないのではないかと思います。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存