ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2389] 反転攻勢 これでは不起訴処分とはゆかない
日時: 2016/03/14 12:49
名前: 遂犯無罪 ID:CbIpo/b6
参照: http://www.suihanmuzai.com/

ネット公開目的に、刑事判決書の作成権限のない北詰淳司が、真正な判決書の本質的部分を改ざんした事実は、1年以上10年以下の懲役に処される。なお、北詰淳司の逆転無罪は民事裁判で明確に否定されて、有罪とする事実認定がされている。

北詰の告訴から送検事件となった事案の「理由開示請求」をしてみる、不起訴処分には、罪とならず・嫌疑なし・嫌疑不十分・起訴猶予、この四つらしいが、家宅捜査・送検調書録取と実態被害・精神的被害が生じている、また前科歴が残る不利益も多大だ。
東京地検検察官・島田健一 平成26年 東地刑第3796号・第3795号

柏市戸籍改ざん事件の嘘つき小川は、一度も家裁には相談していないと文書でも述べている、然るに吉田が作成した小川書面には、以下の画像の如く吉田の作文が小川主張となっている・・訴訟勝訴目的に小川主張を改ざんした私文書偽造罪、及び敗訴すべき裁判で支払いを免れたのは詐欺罪が成立する、これも執行猶予が付かない重罪である。
■添付画像が入力できず、この3頁を参照ください。
http://www.suihanmuzai.com/141209.jpg.html

謄本と書記官認証された北詰逆転無罪判決書の裁判官記名
http://www.suihanmuzai.com/index2/160313.jpg.html

巫グループのSNSを媒体としたサイバー犯罪
http://www.suihanmuzai.com/index2/160312.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ごね得が通る刑事・民事裁判 北詰逆転無罪事件 ( No.147 )
日時: 2017/05/07 13:03
名前: 遂犯無罪 ID:BPSWZfRU
参照: http://www.suihanmuzai.com

判決前夜に北詰は立川支部の夜間受付に、裁判官と書記官共に”忌避”する申立書を投函した、
この欠陥書面の提出から8月後の判決は北詰勝訴である、これも刑事と同じく完敗は必至と裁判官忌避した。

この敗訴金全額を北詰に送金したが受取拒否、相互控訴となり北詰は控訴を取下げて、原告の控訴審となったが、
何と高裁は控訴人に原審の5倍、25万の支払い命令をした。

そしたら北詰は60万寄こせと上告、判決確定後に一部を北詰に払ったが、領収書の発行を拒否して残金を払え払えと騒いでいる

裁判官・書記官忌避は却下されて、この特別送達も北詰は受取拒否した、そして更に特別抗告までする悪あがきに、
裁判所はお手上げ状態だ。

控訴理由書に怯えた北詰は、夜間にこそこそと高裁判事への裁判官忌避申立をしたそうな、始まってもいないこの裁判官共に何の問題があるというのか。

ごね得が通る刑事・民事裁判 北詰逆転無罪事件
http://suihanmuzai.com/170507.jpg.html
メンテ
巫グループの虚偽弁護士懲戒請求事件 ( No.148 )
日時: 2017/05/08 08:32
名前: 遂犯無罪 ID:yKXeKxrg
参照: http://www.suihanmuzai.com

我が非常上告事件(再審事件)の鍵を握る赤沼弁護士の分野は民事であり、後見人問題では第一人者といわれて著作も多い、
民事専門弁護士といえども非常上告事案だから、確たる証拠がある以上は問題ないが、眺めて20年が過ぎる、
やはりせっつかなければ動かないのか。
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%B5%A4%E6%B2%BC%E5%BA%B7%E5%BC%98+%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F

赤沼弁護士の画像に何故か北詰の書面がでる、これは巫グループの橋本と北詰の偽証の打ち合わせに使った封筒に添えた、
赤沼弁護士に対する橋本の偽造懲戒申立書、事件屋の手口のひとつである。
http://suihanmuzai.com/index3/150226.jpg.html
メンテ
非当事者の記録謄写申請 原田國男の裏刑事判決 ( No.149 )
日時: 2017/05/09 11:42
名前: 遂犯無罪 ID:Su6khsT.
参照: http://www.suihanmuzai.com

2008年9月に執行猶予で釈放された北詰は、控訴を理由に開示証拠の公開を始めた、そして一年後に無罪判決を得た、
しかし開示証拠の公開を自己顕示欲と民事裁判の援用目的で続けた、もちろん刑訴法に触れる違法行為であり、
この下段に載せているが控訴中の被告人が、開示証拠を自己ブログに掲載したところ逮捕されている

1年10月も拘置されながら、逆転無罪となった事件が全く報道されない、この不可解から北詰のブログを探ったところ、
大量な開示証拠がマスキングもせずに公開されていた、そして判決裁判官が原田國男と知り、北詰の記録を精査したところ、
何と巫グループぐるみの偽証・捏造メモ等、また弁護士に成り済まして書面の作成行使までが判明した

非当事者の記録謄写申請 原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170509.jpg.html

メンテ
謄写許可を巡る訴訟沙汰が始まる ( No.150 )
日時: 2017/05/10 13:08
名前: 遂犯無罪 ID:lKlhkEnI
参照: http://www.suihanmuzai.com


確信犯の冤罪主張の見込み違い

被告人に前科はなく犯行を認めて被害者に対して、謝罪金の支払い意思を述べている・・こうして当方の場合にも執行猶予付き判決で釈放は必至と考えていた、それが何故にそうはならなかったのか。

それは以前に書いたが外部に発信する信書に、「謝罪・反省文の提出は高橋真検事の指示に従ったもので、もちろんこの反省ポーズと出任せの戯れ文である、法廷での謝罪金の提示は、弁護人の指示に従ったもの、そもそも被告人とは検察立証を黙って観ていればよい、立証責任は検察にある」こうした趣旨を書いて発信、やはり高橋検事は盗み読みしたいた。

あれから21年が過ぎるが、このときにこの先に何が起きてどうなるか見通していた、実にあっぱれな確信犯の冤罪主張のステージであった、しかし解決までの遅延は計算外で愕然としているなり。



■謄写許可を巡る訴訟沙汰が始まる

東京地裁記録謄写室から、当事者資格を満たしていず謄写は不可との回答があった、そこで再度の閲覧に出掛けて謄写申請書を提出、これに裁判所は不可の決定をする、それに対して東京地裁に謄写請求の訴訟を提起する・・まどろっこし過ぎる。

そこで、北詰刑事裁判の偽証に係った大高・橋本とは、でっち上げと主張する巫を簡裁に提訴、この訴訟の中で当該裁判の記録謄写を「文書送付嘱託」として簡裁に申立てる、そうすれば謄写は可能となる。

文書送付嘱託は、民事訴訟手続における、書証の申出方法のひとつである。裁判所が、本案訴訟の一方当事者の申立てに基づき、文書の所持者に対し、所持する文書の提出を求める。

或いは用意できている第二谷口訴訟の中に、同じ趣旨を加えても可能だ、こうなると簡裁はまたもや立川支部に移送する、この過程で谷口の刑事書面の偽造事件は検察も看過は出来ない筈だ。

虚偽告訴した卑劣な被告と訴えた民事裁判、この記録の閲覧阻止する申立をした卑劣北詰、これだけでも真相が解る。

メンテ
巫摘発に慎重な検察の事情 ( No.151 )
日時: 2017/05/12 12:00
名前: 遂犯無罪 ID:sqXkz1As
参照: http://www.suihanmuzai.com

捜査当局が注視する画像

原田國男の画像が我が書面で充実してきた、我が思考では、原田國男といえば北詰淳司だが、この北詰の写真が一枚も無い、
やはり検索画像は何らかの作用がされている。

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%9C%8B%E7%94%B7&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwibxOeXuujTAhWIX5QKHcprBh4QsAQIXA&biw=1024&bih=582

北詰淳司の画像も我が書面が圧巻 北詰の悪行を探す記事や吉田の顔もあり何かと便利なり
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E8%A9%B0%E6%B7%B3%E5%8F%B8&hl=ja&rlz=1T4PLXB_jaJP735JP735&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjkpKKT7OjTAhVDLpQKHeQVDQEQsAQISQ&biw=1024&bih=582

藤島利久 画像・・これはヒットしない、やはり当局が注視している対象者・北詰だ。「吉田卓朗 画像」が消えて、
今では吉田卓朗と検索すると歌手の吉田拓郎に変換される、意図有ってのことだ。



巫摘発に慎重な検察の事情

巫が公然と長年に亘り、刑事開示記録の公開を続けているのは、刑事記録の目的外使用の禁止は憲法違反であり承服できない・・
こうした事を述べていた、摘発となれば法廷闘争に持ち込んで、反検察・反裁判所のうねりを起こす。

この確信犯を刑事裁判の俎上に挙げれば、検察は梃子摺るのは目に見えている、巫の持論である裁判所不要論から、
奴の狙いは察しがつくが、吉田と共謀してのプライバシー侵害では量刑が不足だ、
しかし本人訴訟支援業者巫が作成した吉田書面を、法廷提出していた事実となれば、私文書偽造罪で少なくとも5年刑には処せられる。

この傍証として、吉田・小川の書面送達は有り得ない「特別送達郵便」を使った、しかもこの郵券は当方が払っている、
まあ刑事事件となれば吉田の支払い命令拒否は解決する、事件屋の首領巫とした摘発が望ましい。

巫召鴻氏の裁判概論
http://shizensou.org/140129-1.jpg.html

メンテ
画像検索で捜査当局の動向を探る 巫グループの組織犯罪 ( No.152 )
日時: 2017/05/13 00:33
名前: 遂犯無罪 ID:HUGMkj.k
参照: http://www.suihanmuzai.com


事件屋が個人情報である実名を隠して偽名・通称を使うのは当たり前だが、
この者達と争いになると名前や家族や職場を挙げて威嚇してくる。
これが怖くてチンピラ北詰・坪井・吉田等の好き放題を赦している、
しかし幸か不幸か係累無き我が身は失うものが無い、相手を見てから喧嘩はするものなり。

谷口功が谷口健と偽り受領署名をしたなら、これは虚偽公文書作成罪になる、
例えば宿帳に偽名を書いただけでも過激派なら逮捕だ、果たして谷口健とは在宅していたのか?

裁判所から被告谷口には住民票の家族構成を提出させる、もしも当時に谷口健が不在か存在しなければ、
これは金星だな、また谷口健が実名ならそれこそ裁判は不成立なり。

画像検索で捜査当局の動向を探る 巫グループの組織犯罪
http://suihanmuzai.com/index5/170512.jpg.html

メンテ
心証は有罪の北詰逆転無罪事件 原田國男の裏刑事判決 ( No.153 )
日時: 2017/05/14 11:23
名前: 遂犯無罪 ID:EMvsMh2o
参照: http://www.suihanmuzai.com

北詰淳司の刑事告訴から知るだけでも三人が送検されている、この告訴事実とは何であるか北詰の告訴状からは何か解らない、
日本語が通じない北詰相手では弁論にならず、刑事裁判でも意味不明な答弁に終始する。

北詰に手を焼いた原田國男は著作でも述べているが、恐喝傷害犯北詰を灰色無罪として、
刑事補償金を渡して口封じしたのである。

心証は有罪の北詰逆転無罪事件 原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170514.jpg.html
メンテ
谷口と北詰が共謀した有印私文書偽造行使罪 ( No.154 )
日時: 2017/05/15 19:56
名前: 遂犯無罪 ID:nYdCSXSM
参照: http://www.suihanmuzai.com

あるツイキャスサイトが北詰に狙われて、録画の再生も中止ざる得ない情況に追い込まれている、
いわゆるブログ等とは、我が庭の庭木や花等を公開しているものとすれば解り易い、
だから気に入らなければ観なければよい、意見があれば投稿する。

北詰の遣っていることは、お前の庭のあの木は切って俺が言うの変えろ、こんなキチガイに悩まされて一年とか、
小難しい著作権がどうだなどではなく、水でも掛けて迷惑条例で通報すべし。
http://twitcasting.tv/hagre001/movie/372366657

我がブログは、事件はアートとした奇形のオブジェで埋め尽くされて、これを覗き見するゲストは常連ばかりだが、
前衛芸術とあり意見感想が出ない、尤もワイに意見等しようものなら、悪態を突かれ兼ねない、
協調性・甲斐性皆無には、ツイキャス等はアホに見えるわい。

ツイートなどすれば何を言い出すか解らん、秘密の暴露をしてしまう恐れがある、だから弁護士からも止めれている。

しかし仮にだな、北詰のように刑事補償目当ての事件屋さんであっても、北詰のような小細工や偽証等の共犯者はいない、
総ては法曹三者の不徳にあり、わいは言われたとおり恭順に、ただただ眺めていただけだ。 
これでワイに何か問題ありますか?

谷口と北詰が共謀した有印私文書偽造行使罪
http://suihanmuzai.com/index5/170515.jpg.html
メンテ
共謀共同正犯・北詰淳司と坪井隆作の虚偽告訴事件 ( No.155 )
日時: 2017/06/10 09:49
名前: 遂犯無罪 ID:/E5.9h82
参照: http://www.suihanmuzai.com

2001年6月9日坪井隆作を刑事告訴した、一年後の2012年10月24日、坪井に共謀した北詰淳司を告訴の追完した、
両者への告訴は受理はされているが、逆に2014年1月23日、坪井と北詰の告訴から、家宅捜査が入り被疑者として
埼玉地検及び東京地検に送検された。

更に民事でも被告・北詰坪井の告訴事実から原告敗訴となった、昨年10月に北詰は、自分が書いた告訴内容が歪曲されたのは、
巫グループの補佐役谷口の仕業と抗議した、谷口は仲間である北詰の書面作成代行をしており、北詰の刑事裁判にも提出している、
この谷口を提訴したところ立川支部は二度の補正命令で潰した、坪井北詰を告訴したから7年となる、何が起きているのか解るだろう。

北詰への告訴の追完書面を始めて公開したが、これに自称吉田卓朗も追完するか。

共謀共同正犯・北詰淳司と坪井隆作の虚偽告訴事件
http://suihanmuzai.com/index2/170610.jpg.html
メンテ
三通の特別送達郵便報告書に偽造署名した谷口功 ( No.156 )
日時: 2017/10/27 10:23
名前: 遂犯無罪 ID:g13VWj2k
参照: http://www.suihanmuzai.com

三通の特別送達郵便報告書に偽造署名した谷口功
http://suihanmuzai.com/index5/171025.jpg.html

事件屋巫グループの自称吉田や谷口は、違法・不法行為で提訴されると金目的の濫訴だと騒ぐ。
カネが欲しいから訴訟提起した訴訟詐欺と罵倒をする、事件屋の犯罪行為を解明すべく事実確認訴訟等で提訴する、これには印紙代一万三千円を貼付する。

すると裁判所は事実確認をして、それで満足するのかと、訴えの利益がないことを理由に民訴法140条で弁論を経ないで門前払いをして印紙代は没収となる、こうした体験は数度ある、これに親切な書記官は損害賠償請求なら弁論は開かれると助言をしてくれた。

今回の谷口訴訟でも被告は、盛んに裁判所を使った恐喝事件と騒ぐ、しかし訴状送達には特別送達郵便の受取人の署名を偽り、当事者である被告には訴状送達がされていず、提訴されたことも知らないと惚ける。

前訴谷口訴訟は二度の補正命令から却下された、しかし再度の谷口訴訟から前訴手続きの不審が発覚して、前訴との弁論の併合を申立てた、この原告主張の主意を書面提出せよと簡裁から連絡が入っている、たぶん立川支部に移送されるだろう。

二次田中訴訟の原因主張は、裁判忌避して3万の敗訴となった被告田中は、「カネが欲しければ何ぼか遣るから家に取りに来い」 このネット上での侮辱発言を提訴をした、やはり前回同様に訴状の受取拒否して付郵便手続きとなった。
擬制自白となり訴訟費用程度の勝訴となるが、現在に賠償金「踏み倒し」に待ったとする法制度見直しの議論が起きている、これに期待して田中には三十万の訴額にして、被告田中には答弁書・出廷を促したい。



三次巫訴訟の訴状を公開しない理由

簡易裁判所に提出された前訴谷口訴訟は、被告への訴状送達後に立川支部に移送となった、立川支部支部長判事渡邊は二度の補正命令で弁論を経ないで潰した、これに被告谷口は訴訟提起そのものが無かったと嘯いている。

訴状全文は提出と同時してネット公開している、相手方はこれを読み訴状の受取拒否をする、そこで被告谷口は、訴状送達も判決書の送達も息子が受領しており、裁判が有った事すら知らないと答弁書で述べている、更に架空の訴状をでっち上げて、金銭を強請る恐喝事件とまで述べている、これが赦せるか。

来週の火曜日は巫訴訟の第一回口頭弁論だが答弁書は未だ届かない、もちろん巫は前回と同じく控訴審まで一度も出廷せず、簡裁の書面陳述で終える目論見をしている、しかし地裁では一度は出廷せねばならず立川支部への移送もある。

三次巫訴訟の訴状を公開しないことから、自称吉田は反論理由に窮しており、また自称吉田の背乗り事件を否定する戸籍謄本の提出も出来ない、一次吉田訴訟の控訴審では吉田の訴訟当事者資格から、三人の裁判官が頭をつき合わせて自称吉田の運転免許証を検認した、この時点で自称吉田の戸籍名は明らかになっている。

自称吉田は今回の訴訟での答弁書には、高裁裁判官の被告吉田の免許証の検認の事実から、
戸籍謄本の提出は不要とした主張が無い、だから更に疑惑は募るのである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存