ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[25] 食料鎖国論
日時: 2013/11/24 21:58
名前: 天の橋立の愚痴人間 ID:6qIgZj7M

食料鎖国論の目的は食料の自給率を確保することではありません。
グローバル化に取り残されたり、生産技術の発達で職場をなくする人たちの受け皿として農業、漁業を確保すると言うものです。

ですから自民党の言うように、農業を大規模化することで食料自給率を上げるのではなく、出来るだけ多くの人が従事できる環境を整えることです。

でも実際には農地の問題や、農業がそんなに甘くはない仕事と言うことです。
そこで考えたのが国営農地の開発です。

鉄筋コンクリート製の農地を全国に作ります。
其処には灌漑設備も、関連の倉庫、その他の施設を作ります。
農機具類は共同で仕えるようにしておき、ところに拠ってはビニールハウスの機能も持たせます。

施設さえ整えば、水耕栽培やいろんな新しい農業が出てきます。
最近では、LED照明の色を組み合わせて作る野菜工場もあるようです。

農作業の集約化と技術開発により、アメリカでやっているような飛行機で種を撒く農業に対抗しようと言うのです。

そうして、食料自給だけでなく、品質の良い食料を輸出することも視野に入れてもよいのではありませんか。


でも実際は言うが易く、実行するのは至難の技です。

こう言う農地を格安で農業を目指す人々に賃貸するようにします。
ところで、そのための経費の試算ですが、これが成立しません。

現在、日本では1町歩(約10000u)の農地を持つことが一人前となっています。
一人で耕作するにも適当かと思います。

その農地をせめて年間50万円くらいて賃貸したいのですが、10000uの鉄筋コンクリート製の農地を作るのに最低でも5億円はかかると思います。
無利子で償還するとしても、単純計算で1000年かかってしまいます。
せめて200年で償還する計画を立てねばなりません。

そうかと言って年間の賃料が250万円では、それに見合う売り上げなど、どのように考えても不可能です。

米作を全てとすれば、8俵×20000×10(反=1000u)が相場で160万円にしかなりません。
米作は半年のことですので畑も併用しても予想される収穫はどんなに頑張っても300〜400万円くらいでしょう。

農業で楽な生活は出来ないことは解っているといっても、これでは食べては行けません。
最初の予定通り、年間の賃貸料は50万円くらいにしなければなりません。

さあ、
どうすれば、良いでしょう。

断っておきますが、私は回答を持ってはいません。
何かアイデアはないものでしょうか。
この条件がスタートなのです。

ですが、決して夢物語ではないのです。

国家が100年かけて取り組む大切なテーマではありませんか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 食料鎖国論 ( No.5 )
日時: 2009/08/25 13:18
名前: 天の橋立の愚痴人間

http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=712&sty=2&num=1

以下は全文、他のサイト(老人党)の記事の中で、農業問題に関する基本的認識の為に役に立つと思いましたので転載します。


1 【6549】誤解だらけの農業問題
原口 隆志 2009-8-25 7:05:08 New [返信]

  佐賀県在住 農民作家の 山下惣一さんの論稿 転載いたします。農林漁業の再生 どの党も いいことばかり云っていますが、
 事の本質 わきまえていないように思えます。

  山下惣一:「誤解」だらけの農業問題(2)
 「農業は過保護」というのは私たち農家が一番アタマにくる「誤解」ですね。くどくどと弁解はいたしません。私の質問にひとつだけ答えてください。「それほど大切に保護されている農業をやる人がいなくなるのはなぜですか。保護される側から保護されない側へ雪崩をうて移っていくのはなぜですか?」さ、答えてください。

 「農業の産出額はGDPの1%程度だから農業が無くなったとしても日本経済からみればたいした問題ではない」こう主張する経済学者がいます。つい数年前、FTA(自由貿易協定)EPA(経済連携協定)推進ムードのころに農業が足枷になっているとして盛んに喧伝された論です。いづれまたむし返されることでしょう。こういう主張をするアホな経済学者が世間に通用し、それを信じて農業を「誤解」する人が多いことが私には信じられませんね。ちなみに同比率の国際比較ではアメリカ・ドイツが0.9%、イギリスは0.8%です。

 まぁ、そんなわけで農業・農村の実態を知らないただの無知からくる誤解なのか、曲解なのか、それとも意図的な攻撃なのかはともかくとして、この国の農業は国民の誤解の大海の中で溺死させられているのです。


「農業構造改革による零細農業からの脱却」という最大の幻想

 そして、最大の誤解、錯覚、幻想は国の農業政策の方向だと私は考えています。いったい農業をどうしようというのでしょうか。

 「農業構造改革による零細農業からの脱却」というのは日本の農政の長年の悲願です。零細農家が多いために兼業化、高齢化がすすみ自立も産業化もできず国際競争力もなく補助金頼みにならざるを得ないというわけです。

 日本の農業が零細なのは日本の国土のせいであって農家の責任ではありません。飛行機の窓から眼下の風景を見てください。山また山のつらなりで、国土の7割近くが森林、山林です。山と山との間を川が流れ、川沿いに水田と民家が並び、やがて河口の平野と都市につながる。国土に占める耕地面積はわずかに12.5%しかありません。北海道や八郎潟など一部の地域を除けば日本の農業は自給農業だと私は考えています。売るためではなく食うための農業です。

 だから昔から日本の農家は農業生産だけでなく、山仕事、炭焼き、わら細工などもやって、これを「副業」と称したのです。日本の伝統工芸のほとんどは農家の副業から始まったといわれています。このようにカネもうけではなく、暮らしを目的としてそれに必要なことは何でもこなす人のことを、私は自分もそうありたいという願望をこめて「百姓」と呼ぶのです。

 日本の村社会はいまもなお基本的に血縁関係であり、何百年も同じところに住み続ける定住社会です。住んでいるのは「百姓」です。高齢化した百姓衆が村を支え、乏しい年金をつぎ込んで、赤字の農業を守っているのです。農家が農業を守っているのが実感です。その根っこ、核、コアとなっているのは稲作に使う「水」なのです。田んぼは個人の所有ですが、水は個人のものはなくみんなの共有財産です。この水の共同利用こそが日本の農村の土台でもあり、畑作農業地帯とは異なるところでしょう。何よりも公平、平等、和が尊重されないと維持できない社会で個よりも集団が優先します。たとえば溜池の水を落とす、川の井堰で流れをせき止めて田んぼに水を入れるなどの日を決めるのは総意であり、個人の自由は許されません。つまり、一人の百歩ではなく、百人の一歩前進がルールです。
 経営規模の大小というのは個人の立場での話であって、集団でみれば全体のパイには変わりはないわけで大した意味はないのです。

 集団内ではゼロサムゲームですから一方に大きくなる人がいれば他方に小さくなる人が出る。そういう変化は好まないのです。人がいなければシステムそのものが維持できないからです。ですから、農家はやり方が下手だから農業がもうからないのではなく、もともと「もうけ」を目的としていないのです。私が尊敬する百姓の大先輩は、若いころ世襲に際して父親から「いいか、大きくなるな、小さくもなるな」と教わったそうです。これが村の論理なのです。

 長い間農政が進めてきた「構造改革」は「村こわし」「村つぶし」なわけでその結果生まれたのが、「限界集落」です。農家の数が減って、残った人の経営規模が大きくなるどころか、結局みんな滅びるのです。

 つまり、日本人の風土にアメリカ型の単作、単品専業モデルを導入したことが、とりわけ戦後農政の誤りではなかったのでしょうか。

 一例をあげれば畜産です。構造改革が進んだ分野で、小規模農家が淘汰されてどんどん大型化しています。それ単体ではロットが多いことが合理的でしょう。しかし、飼料用のトウモロコシだけで毎年1200万トンも輸入して食糧自給率低下の主因となり、糞尿は産業廃棄物として日本の環境に放出、処理されているのです。地球規模でみれば資源の一方通行であり、輸出国は国力の喪失、輸入国は汚染の輸入という構図で、こんなやり方が何百年も続くのでしょうか。これを逆に小規模にすれば里山や田んぼの稲わら等の地域資源で飼育でき、糞尿は貴重な有機物として活用する循環型社会となるのです。

 いま株式会社の農業参入が注目されており国はその方針のようですが、これはあくまで部分的、限定的と考えるべきでしょう。農林業の本体ともいうべき全国津々浦々の農山村の家族農業が担っているものをそっくり肩替わりするという話ではないのです。問題の本質は「本体」をどうするのかということです。「誤解」のないように願いたいものです。
(「熱風」2009年7月より)

>>「誤解」だらけの農業



メンテ
Re: 食料鎖国論 ( No.6 )
日時: 2011/07/01 09:30
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:52nF3jHs

随分と以前に書いたものですが、過去ログへ入りそうなのでUPしておきます。
メンテ
*バカになる方法* ( No.7 )
日時: 2011/07/01 11:07
名前: 山西一郎

無意味な投稿でしたので削除しました。

西山一郎様
節度をわきまえて下さい。

管理人 安楽庵
メンテ
Re: 食料鎖国論 ( No.8 )
日時: 2011/07/01 11:35
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:52nF3jHs

山西一郎

わざわざ、人のスレッドに毒づくだけに登場するなら、個性は個性として放置することは出来ない。

すぐさま、このレスを削除せよ。
メンテ
Re: 食料鎖国論 ( No.9 )
日時: 2011/07/01 23:36
名前: 北の国から ID:p8.G4boo

 山西一郎さん。
この掲示板は、ご承知のように、右だろうと左だろうと、反論しようが、馬頭しようが、「議論にさんかする」という(この掲示板の)最低の良心的レベルで、多くの人が参加しているわけです。また「本当のことを勉強するきっかけ」になっています。
 ところが、あなたのレスポンスのほとんどは、たとえば7月1日11時07分の「馬鹿になる方法」などをみると(たぶんだれがみても)、客観性、根拠が全くないだけでなく、議論や掲示板参加者への良心のかけらも(だれがみても)みられないのですよ。
 山西さん。おちついて鏡をごらんなさい。
メンテ
こういう発言をする人も出てきました。 ( No.10 )
日時: 2011/09/17 10:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:9KKidE2c

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/dc3fecc264015c16caf8e4bea9b3ef58

「世相を斬る あいば達也」

グローバル経済は多国籍企業の亡き骸 案外「鎖国政策」が日本を救うかも


  なぜ野田佳彦が、実現不可能な普天間移設を辺野古だと鸚鵡のように語るのか?なぜ復興債・財政再建の財源を各種の増税に頼るのか?夫々、関係各省の何年にも亘る周到な根回しがあるのだろう。税の組み替え派やリフレ派の経済理論など完全無視で、財政再建で日本の経済のすべてが解決する様な強弁に終始している。なぜ「国民の為の税制改革」ではなく「経団連の為の税制改革」に邁進するのか、どんな屁理屈をマスメディアが並べ立てても、筆者を納得させる論拠は明示されたことがない。

  昨年秋に菅直人は突如TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)なる米国主導の自由貿易圏構想が持ち出されたのだが、こちらの参加にも、酷く前向きでつんのめり寸前の姿勢を崩していない。TPPなるものが国家体制を揺るがしかねない米国支配の経済圏構想と云うリスクがあることは、識者の間で常識化している。日本の米国社会同一化構想だと言える。野田は実態を本当に知っているか甚だ疑問だ。

 TPP構想にあと乗りし、TPPの自由貿易圏構想の庇を奪ったのが米国オバマ政権だ。鳩山民主党政権のASEAN+3(日本・中国・韓国)と云う自由貿易圏構想に現実味があったためだ。金融経済で国体の維持が困難になりかけたオバマは、貿易に活路を見出そうとした。欧米市場の将来性は見えない今、活性化している唯一の市場アジアから仲間外れにされたら一大事と云うのが本音だ。

 ただ米国は、日米同盟を背景に日本を引き込み、ASEAN+3(日本・中国・韓国)阻止と、それに替わる自由貿易圏の構築を画策している。最低でも、日本市場の独占を狙っているはたしかだ。鳩山はASEAN+3(日本・中国・韓国)に米国の参加も容認していたが、それではイニシアチブが取れないと云うのが米国の考えだろう。

  野田佳彦も訪米、日米会談に臨むに当たり、隷米色を演出する必要性もあるだろうし、国内議論もなされていないあらゆるジャンルに包括的参入障壁撤廃協定は、国家の米国化が助長されるのみである。まさに、国家と云うか国境のグローバリゼーションだと言っても過言ではない。

 この経済のグローバル化そのものが、現在の欧米の疲弊の元凶であることを知りつつ、欧米及び日本の政治行政は雁字搦めになっているのだろう。 グローバル経済の元凶は多国籍の大企業群の利益追求のなれの果て、亡骸なのだと思う。基本的資本主義を逸脱した巨大な資本に国家や国民が食い物にされる結果が示されている。

 では多国籍大企業が誰のものかと云うと、これが見当もつかない。ロスチャイルドだ、ロックフェラーだと云う象徴的解説もあるが、そんな単純な分析で真実を語ることは難しい。地球上に金融から派生的に生まれた資本主義の滓であり、ヌエ的存在と考えるべきなのだろう。簡単にTPPを解説しているユーチューウブ「TPPで日本をぶっ潰せ!」があったので、参考までに。 *リンク正常挿入不可、検索で辿ってください。

 まぁ復興増税にせよ、社会保障と税の一体改革にせよ、TPP参加にせよ、野田政権ですんなり通るとも思えないのだが、この決定に携わる連中の顔ぶれをみると、民主党議員の1/3の賛成で押し切るような面々なので、予断は許さない。

 自由貿易が成立しないと本当に国民は飢え死にするのか?日本の繁栄はないのか?否、繁栄どころか沈没するのか?「地球上に金融から派生的に生まれた資本主義の滓であり、ヌエ的存在」の多国籍な誰のものか、何のためのものかも判らない存在に汲々とさせられて人類が平和なのだろうか?

 政治経済の枠組みから一歩離れたポジションで、日本と云う国を見直す必要もあるのだろう。 17%のGDPにしか貢献せず、消費税の還付を受け、法人税もロクスッポ払っていない経団連が、なぜあんなに威張るのか?説教強盗と物乞いが同居した経団連が国家国民の為に本当に役立つのか?輸出がないと本当に日本人は死ぬのか?雇用はゼロになるのか?輸入が滞り、食い物がなくなる?石油がなくなる?

 太平洋戦争突入時の軍部と官僚の不安と同じじゃないのか? 最悪、鎖国状態になっても生きていけるような国家が、本来は理想なのだろう。その方が断然強いのだ。そこに、二国間協定で一定の貿易が補完する程度の国家が実は一番強い。筆者の第六感なので、多くを検証して貰わなくて結構だ。(笑)ただ、思考経路の原点として、その立脚点があればこそ、次なる展開もあるのではないだろうか。金融資本主義の限界があり、行き過ぎたと知るつつも抜け出せないのが、今の欧米の経済危機である。財務省の主張に沿った政策が実行されることは、行き過ぎた資本主義・金融資本主義の火中に無防備に身を投げる結果になるような気がする。
メンテ
Re: 食料鎖国論 ( No.11 )
日時: 2011/09/18 15:09
名前: 馬鹿者の戯言 ID:7mfyFfZA

天橋立の愚痴人間 殿、

某は、難しい理論・理窟は全く知り申さぬが、単純に某が思うのは、

日銀が通貨の「総量規制」を廃して、早急に「通貨供給を今の2倍」にすれば良いと思う。即ちインフレ誘導である。
今、何故円が高いか? 其れは欧米の主要国が通貨をドンドン発行しているのに比べ、日銀と財務省の“石頭”どもがかたくなに路線変更を拒み、其のレクチャーを受けた馬鹿国会議員どもが、日銀・財務省の言い成りになっているからである、と愚考する。

増税をしても、国債を発行しても、日本の景気はドンドン落ち込んで行くばかり、其の政策に最も大きな被害を蒙るのは、我々低所得層ばかりである。

インフレに成れば成ったで、庶民の生活の苦しいのは変わらぬが、見掛けの給与は上がり、所得税も増収になり、国債の償還もし易くなる。為替レートも円安になって貿易依存企業は多少とも潤う。というのは輸入原材料が値上がりするからである。

この急場を凌ぐのは「紙幣の増発」以外に無いと思うが如何に?
メンテ
Re: 食料鎖国論 ( No.12 )
日時: 2011/09/18 15:43
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3R2ku166

馬鹿者の戯言 さん、

>インフレ誘導である。

については、満天下さんが、自身のスレッドで、雇用がなく失業者ならびにワーキングプアーが増えているとき、インフレを起こせばトンでもないことになるといっておられます。

これは、年金の受給が日増しに減っている現状や、何とか蓄えで食いつないでいる老人たちを直撃することにもなります。

インフレ誘導で切り抜ける時代は、20〜30年以前の話ではないでしょうか。
ともかくも、日本の政治家の質が悪すぎたのです。

>「紙幣の増発」

と言う点について申し上げます。
単なる紙幣の増刷は、ベーシックインカムという流通の手段とる以外、今までの様に金融の問題として、本当に必要なところへは流れません。

ベーシックインカムをやり続けると、精神の退廃をきたします。
それで、以前から言っていますのは「新しい公共事業」と言う形で、仕事を国家がばら撒けばよいのです。

震災復興にしても、財源がないので消費税を引き上げるなどと言ってないで、財政出動で、どんどん復興工事をやればよいのです。
ただし、その多くは、フランス、アメリカのハイエナ企業や、日本の大手企業には発注せずに、地域の企業中心に発注するのです。

こうすれば、工事の完成が多少遅れても、事業と言う形で地域に金が落ち続けます。
先ず、被災地の生活手段を確保してやれば、それだけ自立で復興も進むでしょう。

既成の利権を手放したくない連中が、復興事業さえ、よって、たかって無茶苦茶をしているのが現実と思います。

政治の無能、無責任を思うと、小沢待望論で明け暮れる世相事態が笑止というものです。
小沢も、今、言ったようなことは視野には入れていないはずです。
メンテ
Re: 食料鎖国論 ( No.13 )
日時: 2011/09/18 18:25
名前: グッキー ID:CkpdEtLw

馬鹿者の戯言 さん、
一寸失礼

>日銀が通貨の「総量規制」を廃して、早急に「通貨供給を今の2倍」にすれば良いと思う。即ちインフレ誘導である。
ーーーーーーーー

通貨にはモノを買うマネーと、貯蓄するマネーがあります。
日銀が金融緩和して銀行にマネーを供給しても、ほとんどが貯蓄するマネーになってしまうので、ほとんど景気拡大効果がありません。

企業は消費需要が無いので設備投資意欲が有りません。
銀行からマネーが向かう先は、国債を買うか、日銀への当座預金(ブタ積み)、海外投資、投機資金です。
世界的に投機資金が蠢き、コモディティーインフレ(石油、資源、食料)が起きているときに、火に油を注ぐような行為で、米国のQE2など副作用ばかりが目立ちます。

通貨を
貯蓄するマネーと
モノを買うマネーにわけ
モノを買うマネーを増やさないと景気は良くなりません。

日銀は通貨を増やしインタゲをしろなどといっているのは、投機資金が欲しい金融関係者でしょう。
FRBがQE1,2で16兆ドルもマネーを銀行にばら撒いたので、金融関係者は金融危機から救われ、わが世の春を謳歌しています。
メンテ
Re: 食料鎖国論 ( No.14 )
日時: 2013/10/28 17:07
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:OdsjuKjA

食料鎖国論も大事なスレッドであると思っています。

この論では、単に食料の自給率に拘るのではなく、食料生産を通して雇用の確保とか、日本の国土の保全、伝統的文化を通して日本人の心の問題へも見通す雄大な構想です。

スレッドの前半でも触れていますが、食料鎖国による現実的なメリット、ディメリットの検証も必要です。
かつ、大前提として国土の利用の問題も、農業、漁業に従事してくれる人間の問題もあります。

大変困難な課題ではありますが、それを乗り切ることこそが、豊かな社会を作るという事になるはずです。
最近、食料鎖国の事をチョクチョク問題として取り上げていますので、このスレッドをUPして置こうと思います。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存