ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2535] 認識論<歴史哲学
日時: 2016/08/10 14:30
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:q7VimIas

認識論と言えば、多方は宇宙の有り様、生命(人間)の有り様などを規定するものであり、遠くギリシャの時代から、哲学と言う形で言われてきた。

大きくはギリシャ時代の認識
キリスト教世界の認識
西欧、特にドイツの観念論
更には唯物論的認識論
その他、経験論とか色々と認識の仕方はあるが、最近は心理学的、生理学的な認識論が特徴である。

また、人間研究の認識論は、歴史に対する認識論に通じる。
このスレッドで言いたいことは、認識論自体を云々することではない。
そのために、とりあえず歴史認識についてさらに検証しよう。

(代表的な歴史観)
政体循環史観
古代ギリシャの歴史家・ポリュビオスが唱えたもので、共同体を統治する政治体制には『王政・貴族政・民主政』の3つがあると述べ、それぞれは長期に渡ると必ず堕落し、次の政体へ変化するという史観。王政は、王を僭称する“僭主政”へ、貴族政は少数の貴族が独裁する“寡頭政”へ、民主政は市民が詭弁家に扇動される“衆愚政”へと堕落して崩壊する。

キリスト教的歴史観
アウグスティヌスなどによってまとまられた歴史観であり、天地創造から神の国への到達によって終わる目的論的歴史観。失楽園から、キリストの再臨によって神との人間の関係が回復されるという進歩史観である。

ライプニッツ的歴史観
ライプニッツの主張した楽観主義であり、すべては神の予定調和であり、不幸や不合理なことがあっても、それには理由があり、最終的には最善となるように企画されているという歴史観。

ヘーゲル的歴史哲学
ドイツの哲学者ヘーゲルによって唱えられた歴史哲学。歴史とは弁証法的に発展する自己意識の発展の過程であり、自由を獲得する過程であるという観念論的歴史観。ヘーゲルは当時のプロイセン国家の成立を歴史の終わりと見た。

唯物史観
主にマルクスが唱えた、ヘーゲルの観念論歴史哲学に対して、生産構造や技術革新などの経済的・物質的要素を重視する唯物論的歴史観。歴史上のすべての闘争は階級闘争だと主張し、階級格差のない共産主義社会の実現を歴史の先史の終わりと見た。

永劫回帰
ドイツの哲学者ニーチェによって唱えられた歴史観。歴史に始まりも終わりもなくすべては繰り返すという歴史観。

シュペングラー的歴史観
ドイツの歴史学者シュペングラーは、文明論的な比較形態学を試み、文明が栄枯盛衰することを主張して、西洋の没落を説いた。

フランシス・フクヤマ的歴史観
アレクサンドル・コジェーヴの解釈によるヘーゲル的な歴史哲学を援用し、歴史とはリベラルな民主主義が自己の正当性を証明する過程であるという歴史観。ソビエト共産主義の崩壊による冷戦の終結を、リベラルな民主主義の最終的な勝利であり、歴史の終わりであると主張した。

(引用終わり)

この中で、ヘーゲルとマルクスだけが、唯物史観によっていると言える。
ヘーゲルのそれは論理的認識論ではあるが、結果として観念論に至っている。
問題は、この二人だけが、国家の経営にあたり、理論から国家の有り様を論じていることになり、ヘーゲルのそれは後日のナチスの台頭につながり、マルクスのそれは共産主義国家の実現をもたらす。
※ ナチスはユダヤ人を論理的な帰結として不要の民族とし抹殺を計ることになる。
何が問題かと言う事をヘーゲルをたとえに話してみよう。

ヘーゲルの歴史哲学は,「哲学が歴史に赴く際に携えてくる唯一の思想は,単純な理性の思想,つまり理性が世界を支配し,したがって世界の歴史も理性的に進行する,という思想である」という信念のもとに,現実の歴史を捉え直そうとする
ヘーゲルの国家論もかなり独特なものである.というのは,普通,国家というものは社会契約説が主張されるように「個人が同意に基づいて形成される」ものだからである.つまり,契約説によれば,国家の基盤は「個人」なのである.しかし,ヘーゲルの国家論では,基盤は個人ではなく国家に置かれる。

結果以下のような認識に至ることになる。
歴史哲学でヘーゲルが示したかったことは「歴史を貫く理性を現実の歴史に目を向け,その理性を見いだすこと」である.このときにヘーゲルが注目するのが,個々の人間なのではなく,「民族」や「国家」なのである.
この「民族」や「国家」の構成を述べたものが「法哲学」なのである.つまり,歴史哲学でヘーゲルが「民族」や「国家」の成立についてそれほど詳しく論じないのは,「法哲学」の課題であるからである.ヘーゲル自身も『歴史哲学講義』の序文において「国家論の詳しい展開は法哲学である」と主張しているように,「個人−国家」関係は歴史哲学においては前提として認められたものとされるのである。
※ せっかくのヘーゲルの論理学(哲学)も、これが帰結では話にならない。

(引用終わり)

要するに、ヘーゲルは純粋思考により達した結論から国家を見てとり、法哲学を完成し、それによって国家を統治することを考えた。
ヘーゲルの時代は、それは単なる論理であったが、この考え方は歴史において専制独裁国家が生まれる根拠となってきた。
例えば古い話になるが中国の秦は法律で民を統治した最初であったが、その厳しすぎる法規制が民のためとはならず、結局は国家を滅ぼす事になった。

観念論のような仮の設定で人間を見るのではなく論理的に追求する事の必要性は認めるが、しかしながら、それで得た結論が人間そのものを包括できているとするのは間違いである。
論理的な積み上げをいくらしても人間は測れないことは、現代のスーパーコンピューターでも、実際は人間に変わることができない事と同じである。

その不完全な論理で国家を統治できると思うことは間違っているのである。
だが、どのような論理も、それが法となって統治の一端を担えば、人々はそれに従わざるを得ないことになる。
統治する方も、される方も、法に振り回される事になる。

認識論で、これを持ち出したのは、認識の過程において論理を重んじることは必要ではあるが、その結果の認識を絶対視すること、固定化することは間違いであり、許されないことである。
偉大な哲学者、ヘーゲルもマルクスも、結果として、この誤りを冒しているのである。

認識とは、このようなものである。

同じ掲示板に「るいネット」がある。
そこでは熱心に論理的探求がなされていて賞賛に値する。
だが、それが決して結論を導かない事を願っている。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 認識論<歴史哲学 ( No.1 )
日時: 2016/12/25 21:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:KNWgpDp2

UP
メンテ
Re: 認識論<歴史哲学 ( No.2 )
日時: 2017/10/22 19:48
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:njs7o6TM

>その不完全な論理で国家を統治できると思うことは間違っているのである。
>だが、どのような論理も、それが法となって統治の一端を担えば、人々はそれに従わざるを得ないことになる。
>統治する方も、される方も、法に振り回される事になる。

>認識論で、これを持ち出したのは、認識の過程において論理を重んじることは必要ではあるが、その結果の認識を絶対視すること、固定化す>ることは間違いであり、許されないことである。
>偉大な哲学者、ヘーゲルもマルクスも、結果として、この誤りを冒しているのである。


要するに、物事の認識とは常に二面性を考えて認識する必要があると言うこと。

しかしながら人間の日常生活に於いて、それに拘りすぎると身動きが出来ない。
よって、何らかの価値観を想定し言動する事が常である事は否めない。

そこへもってきて、本来の認識論、二面性の認識論に出あうと対応できないことが生じる。
私の意見を見る人は、私が自民党かリベラルかで、戸惑っているようだ。
自民党でもリべラルで何でもないのだが。

しかしながら、選挙の投票など実際の行動を起こさねばならない場合、どちらかに決めねばならない。
けれども私の認識では、自民党もリベラルも選択肢ではない。

それで棄権と言う選択をする。
まあ、民主主義を守ると言う意味では白紙投票をするのが筋であろうが、そこは私の横着。

棄権は許されないが、認識とは、このようなものと思っている。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存