ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2628] 日本会議を甘く見ていいのか?
日時: 2016/11/27 20:02
名前: 取越 九郎 ID:CpLdkwKA メールを送信する

橋立さんの「日本会議」についてのご意見は、「腫瘍は出来ているが良性だからそれほど気にかける事は無い」との事のようですが、昨日のTBSの「報道特集」では日本会議を取り上げ,かなり叱りした内容にまとめて放送していました。

 彼らの改憲のうねりは想像以上大きなものになり、「美しい日本の憲法を作る会」等の様に、安倍のよく言う!美しい!と言う言葉に若者も高齢者も酔った様に動かされ、集会の終わりには大きな会場いっぱいの者どもが!天皇陛下バンザーイ!」と叫び、「君が代」を斉唱して終わりました。

 要するに、戦時中の国家主義をすべて美化し、日本をその時代へ戻すことが狙いなのです。日本が中国大陸に侵略したり、第二次世界大戦をはじめたことなど総てアジアの開放と発展のための聖戦であったとするものです。
大きな会場を埋めた群衆は熱気に満ちていました。

 その他、信濃毎日新聞に出た記事には、日本会議と神社本庁が、日本中の神社庁に指示を出し、櫻井よしこのバックに桜と富士をバックにし、「美しい日本の憲法を…」と書いたポスターを各神社の正面に張らせているとの事です。

 この日本会議の活動はかなりの効果を上げ、護憲派の活動などすっかり影が薄くなってしまっているようです。

 「日本の政治を糾弾する」と言ったこのサイトがそれを見逃していていいのでしょうか?

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本会議を甘く見ていいのか? ( No.74 )
日時: 2017/10/16 18:43
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:e0V36IIk

これ以後、同様の発言は全て削除する。

掲示版を誹謗中傷の場とするような者は、当掲示板には不要である。

この方針は断固貫く。

メンテ
中川隆様 ( No.75 )
日時: 2017/10/16 20:25
名前: 名無しの言平 ID:bPrSxB4k

中川様

あなた様の世のすべての裏を知ったような物言い
そのソースを、この掲示板で開陳頂けると有り難き幸せにございます。

ただしそのソースがフェイクで無い証明も併せ開陳頂きたければ
なお有り難き幸せにございます。

よろしくお願いいたします。

メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか? ( No.76 )
日時: 2017/10/17 11:29
名前: 中川隆 ID:F5xrBGR2

>>75
僕が書いてもすぐに削除されてしまいますから 残念ながらご希望には添えません

人間は誰でもみんな本当の真実は知りたくないからね
メンテ
そもそも安倍、小池は右翼じゃないけどね ( No.77 )
日時: 2017/10/17 11:35
名前: 中川隆 ID:F5xrBGR2

>>77
>安倍、小池、と同類の右翼ですよ。


そもそも安倍、小池は右翼じゃないけどね

大昔はともかく、現在では右翼・左翼・保守・リベラルの意味自体が変わってしまったからね


選挙対策で今は右翼気取りの小池百合子も本当はリベラルだよ

民進党内のリベラル派は希望の党への入党条件「外国人に対する地方参政権の付与に反対すること」だけが受け入れられなかったんだな

アホはリベラルを何かいいものだと誤解してるみたいだけど

リベラルというのは日本を中国人移民に乗っ取らせる事だ:


リベラル=新自由主義・グローバリスト、移民受け入れ推進派、反マルクス主義

右翼=移民受け入れ反対派、多文化共生反対派(欧米では反イスラム・反ユダヤ、日本では反中国・反朝鮮)

保守=改革をすべて否定する、反新自由主義・反グローバリズム、移民受け入れ反対派


中国共産党とロスチャイルドがリベラルの本家

竹中平蔵・橋下、安部、前原と小沢、自民党、維新、民進党と自由党は移民受け入れ推進派なのでリベラル

小池・希望の党はメンバーはグローバリストばかりだけど、現時点では選挙対策で移民受け入れや多文化共生に反対しているから一応疑似右翼

日本で保守勢力は日本共産党だけ
但し、日本共産党は反中国・反朝鮮ではないから右翼ではない


自称「リベラル(自由主義)」の枝野・小沢が目指すのは強者総取り、巨大資本が世界を支配する体制の構築で小池、安部、小泉と全く変わらない

前原誠司は野田佳彦幹事長と同じ松下政経塾の出身で、考え方は似ている。

経済問題は新自由主義(ニューリベラル)、国際問題は新保守(ネオコンサーバティブ/ネオコン)。

リベラルとコンサーバティブは正反対のようだが、実態は同じで、強者総取り、巨大資本が世界を支配する体制の構築を目標にしている。


「リベラル(自由主義)」を左翼や修正資本主義の意味で誤用しているのは日本くらいで、外国に行っても通じない。

それはさておき、その「ソフト化された左翼」の「リベラル」を好んで使っている人は結構多いのだ。戦前の共産党やその他の左翼思想家、自由思想家に対する弾圧の「後遺症」もあり、この国では「私は共産主義者(社会主義者)」だとか「左翼だ」とか言うと「暴力革命も辞さず」みたいなふうに受け取られかねない。つまり、何処か「非常識な人間だ」と思われたくないので、誰もあまりそのようには言いたくはないのだ。

だから欧州流の社会民主主義的な香りを漂わせるような気がする(実際には欧州でも「リベラル」は左翼の意味ではないらしいが)リベラルと言う言葉を使いたがる人は多い。

「私はリベラルです」というと「常識的な範囲で福祉の充実した社会を望む」というような良い意味になるとアホは思っている。
メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか? 中川さんへ ( No.78 )
日時: 2017/10/17 12:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:DyeYAQBc

>リベラル=新自由主義・グローバリスト、移民受け入れ推進派、反マルクス主義

>右翼=移民受け入れ反対派、多文化共生反対派(欧米では反イスラム・反ユダヤ、日本では反中国・反朝鮮)

>保守=改革をすべて否定する、反新自由主義・反グローバリズム、移民受け入れ反対派

中川さん、面白い分析だ。

確かに、リベラル、リベラルと叫んでいるものは、概念の上だけ。

実際の判断になると(政権運営させると)、途端に保守となる。

それでは何の為にリベラルを支持したのか解らない。

つまり政治上のペテンが日本のリベラル。

そういう意味で、現在のリベラルの対極が、求める思想となる。

結果、現在の保守は浮上してくる。

>保守=改革をすべて否定する、反新自由主義・反グローバリズム、移民受け入れ反対派

論理的には解るが、

保守(自民党)→反新自由主義・反グローバリズム、移民受け入れ反対派

も現実ではない、

だが、現実を無視して考えると

望ましい政治形態(保守)は→(反新自由主義・反グローバリズム、移民受け入れ反対派)を目指す政治

とあるべきと言える。

また、

右翼→日本らしい政治を求める

とすれば、保守につながる。

そういう意味で私は真正右翼を自称している。

いい加減で理論の空中戦(現実を見ないで理想論に終始する思考)は止めたいものだね。


(追伸)

表記の文章は見事な弁証法。
皮肉屋の貴方らしい。
これが理解できる人は少ないだろうが。
やはり、貴方は表面的な事象で判断する人ではない様だ。

>人間は誰でもみんな本当の真実は知りたくないからね

貴方は上の言葉を良く使っている。
確かに弁証法的思考で見ないと、正しい方向性は示せない。
それを言っていると思う。
ただし、弁証法的認識は誰でもできはずである
というか、そういう認識を持たねばならない。

「雨降って地が固まる」

というのも弁証法的認識、
昔のたとえ話には大切なものが含まれているが

だが、悲しいかな、現代人は飽くまでも刹那的。
生活の中の弁証法に気が付かない。

メンテ
Re: 大変だ!このサイトがウイルスに感染してるのではないか! ( No.79 )
日時: 2017/10/17 17:14
名前: 取越 九郎 ID:GoieOboo メールを送信する

「日本の政治を糾弾する」とのこのサイトがウイルスに荒らされて本来の方向性を見失い、危機的状態を感じるこの頃である。

 本来、「政治を糾弾する」目的は、「権力は腐敗する、絶対権力は絶対腐敗する」との格言があるように、国家のために、国民のために、との志を持って権力を握った者も、長く権力の座にあると次第に、国民や国家のためにとした理想を忘れ、自分の権力を守ることに専念するようになる場合が殆どであるといってもいいほどの歴史的事実を残してきた権力者共。

 そうした権力者に対してその過ちを厳しく抗議し、本来のあるべき方向に戻るよう抗議をするのが、本当の「糾弾」なのである。

 ところが、「楽しく糾弾しよう」等と言いながら、次々と音楽がどうのこうのと書き連ね、本来の趣旨をぼやかし「妨害」を狙っての投稿が驚くほど続いているのには、黙って見過ごすことはできない。

 私の唯一のこのスレッドに一万を超えるアクセスがあり驚いているが、こんなことが続くとこのサイトはやがて人々の関心を失っていくことになるだろう。

 橋立さんも、○川なんとやらに調子を合わせるのをやめて音楽関係の投稿は削除してほしいものです。

 序ながら、○川なんとやらは、要するに今のアベ容疑者を中心とする陰でアメリカが糸を引く日本国の政治に賛同する反糾弾族であり、朝日、毎日、東京などの新聞を非難し、読売、日経、産経、には問題を感じていない権力よりの人物なのですね。
 それは個人の自由で、その立場で意見を述べるのには別に構わないのですが、本当の目的はこのサイトをひっかきまわすことが本来の目的のように見えますよ。
メンテ
ついでに枝野や小沢みたいな売国奴の犯罪も糾弾してね ( No.80 )
日時: 2017/10/17 17:35
名前: 中川隆 ID:F5xrBGR2

>>79
ついでに枝野や小沢みたいな売国奴の犯罪も糾弾してね:


2017-09-28
民進党の議員がうごめいている限り、希望などどこにもない
民進党は日本最悪の政党であり、その議員もまた最悪のメンバーが揃っている。だから、このような人間どもをことごとく落とすのが選挙の大義である。


民進党が離党ドミノに見舞われて大混乱に陥っているのだが、この党が崩壊していくのは必然でもある。なぜなら、民進党はまったく日本の役に立たない政党であり、有害であり、危険だからだ。

民進党は自民党の邪魔しかしない政党である。

北朝鮮のミサイルが飛び交っている中で、まったくそれに関心を寄せず、安倍政権のやっていることを、ただ難癖を付けて真偽を邪魔するだけの存在だった。

政局について語っても、政策について語ることはない。つまり、政権を打倒して日本を混乱させることを狙っているだけであり、日本を良くすることは何も考えていない。

民進党は日本を良くするどころか、日本を破壊することを目論んでいた政党でもある。民主党時代に、何をやっていたのかを見ればそれが分かる。

(「4つの日本破壊工作」を執拗に仕掛けていた民主党政権)
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2014/11/20141121T1548520900.html


村田蓮舫はどこの国の誰なのか今でも分からないが、民進党は最初から「二重国籍の容認」と「永住外国人への地方選挙権付与」を目指していた。

これで中国・韓国・北朝鮮のスパイが容易に日本の政治を乗っ取れるように画策していた。


民進党は日本のために活動をしているのではない

「多文化共生を取り入れろ」とわめいていたのも民進党であり、「大量移民を受け入れよ」と言っていたのも民進党である。

民進党の元代表である岡田克也は、EU(欧州連合)が大量移民で大混乱している最中の2016年に「多文化共生を取り入れろ」と言っていた。

「二重国籍の容認」「永住外国人への地方選挙権付与」「多文化共生の促進」「大量移民の受け入れ」をすべて実現したら何が待っているのか、誰でも分かる。

反日国家から大量の移民がやってきて、彼らが数にモノを言わせて自分たちの都合の良い政治家を送り出して、日本の政治を乗っ取り、国を乗っ取ることになる。

民進党はそれをすると言っていた政党なのである。日本人なのかどうかも分からない胡散臭い議員が、日本を破壊するための活動をしていたのだ。

日本のために政治をしているのではない。中国・韓国・北朝鮮のために政治をしている。それが民進党の議員の正体である。

北朝鮮がミサイルを撃って暴走している最中、「北朝鮮と対話しろ」「日本は北朝鮮を刺激するな」と言っていたのも民進党の議員である。

前原誠司は2017年8月29日、これだけ北朝鮮が暴走しているというのに、その最中にまるで他人事のように「北朝鮮とは対話を模索することもしなくてはいけない」と言って、圧力を重視する安倍政権を批判していた。

日本は北朝鮮に国民を拉致されて解決することもできず、ミサイルで国民が不安に駆られている。対話などまったく意味がないことはすでに何十年も前から分かっていることだ。

ここで圧力をかけて北朝鮮を変えていかないと、今度は核ミサイルで恫喝され続けることになる。

2017年9月13日、北朝鮮は日本を名指しして「日本列島の4つの島を、核爆弾で海中に沈めるべきだ」と威嚇したのではなかったか。

それなのに、「対話を模索」などと今ごろ言っているのが前原誠司という人間である。


前原誠司や蓮舫。薄気味悪い議員だらけの民進党

「外国人参政権」を臨み、「夫婦別姓」を賛同している前原誠司は韓国にも北朝鮮にも甘い男だ。

「日朝友好議連」に参加し、「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」にも参加している。

京都で焼肉屋を営む韓国人、チャン・オクプンという名の年配女性を大臣室のイスに座らせて記念撮影をしていたのも前原誠司だ。

前原誠司はこの女を「お母さん」と呼んでいるのだが、この女は北朝鮮の組織「朝鮮総連」に所属している女で「外国人参政権獲得運動」を進めていた。

さらに週刊文春は9月21日号で前原誠司が北朝鮮の接待係の女と観光地・妙香山で親密に身体を寄せ合って戯れている写真をスクープしている。

この男の裏側では常に韓国や北朝鮮の人間が顔を出す。

民主党時代から、前原誠司は北朝鮮のスパイではないかとも言われていたが、こんな男が民進党の代表をしているのだから、いかに危険なのか分かるはずだ。

この前原誠司が現在の民進党の代表をしているのだから、民進党がいかに胡散臭い政党なのか推して知るべしだ。

そもそも、前原誠司の前任の村田蓮舫からして、どこの人間なのか分からない薄気味悪い議員である。

村田蓮舫は自分の国籍の説明を二転三転させてうやむやにしたので、今でも日本人は村田蓮舫がどこの誰なのか分からないままだ。

インターネットでは『国籍喪失許可証7つの疑惑』が村田蓮舫に突きつけられているが、村田蓮舫はそれに答えようとしないし、マスコミもまったく報じない。

(村田蓮舫の『国籍喪失許可証7つの疑惑』を報じないマスコミ)
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2017/07/blog-post.html


民進党に関わっていた人間を落とすことが重要だ

民主党は戦後最悪のマニフェスト詐欺政党であり、売国政党であり、反日政党でもあった。2009年から2012年までの3年間で、日本を大混乱させて国民に見捨てられた。

もはや民主党という名前では何もできないと思ったこの反日政党の議員たちは、2016年3月17日に名前を「民進党」に変えてネームロンダリングした。

民主党という名前が悪評にまみれて勝負できなくなったので、名前を変えて「自分たちは民進党で民主党は関係ない」というスタンスを取ったのである。

犯罪者がよくやる手口だ。いくつも名前を持っていて、ひとつの名前が都合悪くなったら別の名前に乗り換えていく。そして、「名前が違うから関係ない」と言い逃れる。

都合が悪くなったら、いつでも名前を捨てる。

こういう姑息でインチキなスタンスでやってきたのが民進党なので、ここの議員たちはいつでも同じことをする。

民主党という名前が駄目になって民進党にして、民進党というという名前が駄目になったらまた違う名前に鞍替えする。

次はどうするのか。民進党という名前で勝てないと考えた民進党の議員たちは、自分は民進党とは関係ないという顔をして別の名前の政党で立候補することになる。

たとえば、一部は「希望の党」みたいな名前の党に潜り込んで、民進党とは関係ないという顔をするし、他の一部は新しい何かの泡沫政党でも作って、やはり民進党とは関係ないような顔をして選挙に臨む。

犯罪者がいくらでも名前を使い捨てするように、民進党の議員たちも政党を使い捨てにして、議員報酬を貪り食って反日しながら生きていく。

民進党は日本最悪の政党であり、その議員もまた最悪のメンバーが揃っている。だから、このような人間どもをことごとく落とすのが選挙の大義である。

(次の選挙の大義は「反日の議員を絶対に落選させること」だ)
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2017/09/20170925T1456020900.html


民進党に関わっていた人間は落とす。それが日本を変えていくための一歩である。民進党の議員がうごめいている限り、希望などどこにもない。
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2017/09/20170928T1735040900.html


2017-09-25
次の選挙の大義は「反日の議員を絶対に落選させること」だ


アメリカの株式市場は2008年のリーマンショックで衝撃的な大暴落に見舞われたのだが、日本の株式市場もアメリカと一緒につるべ落としの暴落となった。

この大混乱はずっと尾を引くのだが、アメリカが混乱を収束させたのは2009年の終わりあたりからである。2010年に入ってからは暴落した株式はどんどん回復して、2011年には早くもリーマンショック以前に値を戻した。

ところで、リーマンショックの震源地とは遠かったはずの日本はどうだったのか。

リーマンショックの激震が収まったのは、やはりアメリカと同じ2009年の終わりあたりである。ところが、ここから日本はアメリカと対照的な動きを見せるようになった。

日本の株式市場はまったく元に戻らず、元に戻るどころかどんどん低迷していったのである。この低迷は2012年までずっと続いていた。

本来であれば、サブプライムローンに関わっておらず、バブル崩壊の震源地でもなかった日本はアメリカよりも早く立ち直っていなければならなかった。

それなのに、なぜこの2009年から2012年まで日本は地獄のような経済低迷を迎え、地を這い回っていたのか。


2009年から2012年の地獄の経済低迷は誰の責任か?

理由は言うまでもない。日本では2009年から2012年まで民主党が政権を取っていて、この政権によって政治も経済も大混乱に見舞われてしまったからである。

民主党政権が下野して第二次安倍政権が本格的にスタートした2013年から株価が怒濤の如く上昇していったのを見ても、それが分かる。

日経平均株価が2008年の後半に1万円割れしたのは、アメリカのサブプライムローン問題とリーマン・ショックがあったからだ。それはアメリカと世界経済の問題であり、日本の問題ではなかった。

しかし、2009年から2012年の日本の経済低迷は、世界経済やリーマンショックは関係ない。この時期の地獄は、民主党政権の問題だ。

民主党が稀に見る信じがたいまでの「無能集団」だったので、それがゆえに日本は這い上がれなかった。

民主党の党首だった鳩山由紀夫は全世界から「ルーピー」だと言われて嘲笑されていたし、菅直人は頭の中が空き缶だと言われた。

さらに野田佳彦に至っては、今でも収束できていない原発事故を2012年12月16日に「収束した」と言った信じがたい嘘つき男だった。

こんな無責任な人間どもが政権を取って適当な政治をしていたのだから、回復するはずの株価さえ回復しなかったのは当然だ。まさに株価も景気も「地を這う」状態だったのである。

しかもこの民主党には中国・韓国・北朝鮮の息のかかった工作員が大量に紛れ込んでいて、意図的に日本の破壊を目論んでいたのだった。

円高も、日本企業に大きなダメージを与えて中国・韓国の企業を躍進させるものだったし、東日本大震災の復興予算が食い物にされて韓国に流れていたという実態もあった。

さらに瀕死になっている日本経済をよそに、韓国のために日韓通貨スワップさえ積極的に結ぼうとしていた。


日本は安倍政権によって間一髪で助かったのだ

民主党はマニフェストを掲げて「あれもする、これもする」と国民に約束して政権を奪い取ったのだが、ことごとく約束を破っていった。

マニフェスト詐欺という言葉も生まれたが、国民に「詐欺だ」と言われるほど民主党政権はひどかったのだ。

埋蔵金があると言ってなかったし、天下りを許さないと言って郵政三役を天下りさせたし、赤字国債を抑制すると言って過去最大の赤字国債を発行したりした。

逆にマニフェストに入っていないことには、力を入れて推し進めようとしていた。民主党政権はマニフェストにはなかった「何」をしようとしていたのか。

朝鮮人学校無償化、外国人地方参政権、人権侵害救済法案、外国人住民基本法、夫婦別姓等である。まさに反日政策のオンパレードだった。

しかしながら、マスコミの民主党絶賛の声に洗脳されて多くの日本人が2010年に入ってもまだ民主党を支持していた。

この時点で、私はもう日本は終わりだと確信して、資産の半分はドル建てのアメリカの株式、残りはゴールドに変えて、日本円をなるべく持たない方向に切り替えた。

さらに2012年の初頭にはもう一度考え方を変えた。この時にゴールドをすべて売却し、資産のほぼ90%をアメリカの多国籍企業に投資して現在に至っている。

日本の景況感の悪化、異常な円高、株式市場の低迷は、すべて民主党の売国のせいだった。

だから、2012年12月16日に民主党政権が崩壊して自民党政権が復活したとき、日本がリセットされたと気付かなかった人はほとんどいない。

もし、第二次安倍政権が生まれていなかったら、日本は確実に崩壊していたのは間違いない。日本は安倍政権によって間一髪で助かったとも言える。


次の選挙の大義は「反日議員を落選させること」だ

安倍政権にも欠点はある。相変わらず消費税を増税すると言っているし、守られもしないのに韓国と日韓合意をして翻弄されたりしている。報復外交もしない。韓国と断交もしない。

中国・韓国・北朝鮮は反日国家であり、日本にとって危険極まりない存在であるのはすでに明確になっている。にも関わらず、国内に大量の工作員が紛れ込んで工作活動をしているのを放置し続けている。

北朝鮮も日本の上空を横切ってミサイルを飛ばし、「核兵器で日本の4つの列島を海へ沈める」と恫喝しているのに、いつも遺憾の意を表明するくらいでうやむやにする。

国内には北朝鮮の工作機関である朝鮮総連が堂々と存在しているのに、まったく手をかけない。

パチンコという違法ギャンブルが街中に林立して日本人をギャンブル依存症に陥れ、その利益が北朝鮮のミサイルの資金源になっているのにこれも見て見ぬフリをしたままだ。

おおよそ、反日国家には何もできていないのが安倍政権である。しかし、それでも自ら売国していた民主党政権とは100倍も200倍も良い政権であると評価できる。

再び政権交代するというのは絶対にあり得ない選択肢であり、特に民進党みたいな政党に期待をかけるというのは、まわりを巻き込んで自殺すると言っているのと同じである。

民進党の前代表だった村田蓮舫は、どこの国の誰なのかまったく分からないままだし、現在の代表である前原誠司は北朝鮮の女性と親しく付き合っているのが週刊紙でバラされている。

民進党はすでに民意を失っており、支持率も8%かそれ以下くらいしかない泡沫政党になりつつあり、次々と離党者が沸いて出て党内はガタガタだ。

まだこんな政党が残っているというのがどうかしている。

次の選挙でやらなければならないのは、日本を混乱させることしか能がない民進党や反日議員をことごとく選挙で落とすことである。

次の選挙の大義は「反日議員を落選させること」である。これ以上に大切なことは他にない。



安倍政権は日本にとって重要な政権である。もし、第二次安倍政権が生まれていなかったら、日本は確実に崩壊していたのは間違いない。日本は安倍政権によって間一髪で助かったとも言える。
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2017/09/20170925T1456020900.html
メンテ
Re: 日本会議を甘く見ていいのか?   取越 九郎さんへ ( No.81 )
日時: 2017/10/17 20:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:DyeYAQBc

取越 九郎さん こんばんわ

貴方の大切なスレッドで趣旨の合わない問答を繰り返していて申し訳けない。

糾弾掲示版は昔から誠実な問答のできるサイトであるように気を使ってきました。

しかしながら、以前もそうでしたが、時には邪魔する人が出てきます。

その様な人には退場願っていますが、私としては邪魔をされない限り、どの様な書き込みも受け入れるようにしています。

音楽のスレッドですが、貴方にはご迷惑なようですが、糾弾掲示板は堅苦しいと思われ勝ちです。

その様な印象を受けないためにも、また私自身、特には息抜きで音楽などを聞いてみようと思う時もあります。

度は過ぎないように気を付けてやりますので、この分、どうか御理解願います。

現在は、その度が過ぎていると思いますが、そのうちに落ち着いて目立たなくするつもりです。

それにしても、このスレッド、結構人気があるようですね。

あと2年もすると3万を超えるアクセスがあるでしょう。

中川さんへ、

という事ですので

続きは、私のスレッド(安倍内閣打倒宣言)か、貴方が最近立てたスレッドへ移るましょう。

糾弾掲示板は皆が、それぞれ気持良く投稿されるものであるようにしたいと思っています。


最後に、

私はこのサイトに12年ほど書き込んでいます。

多くの方の投稿があれば良いのですが、なかなかそうは行きません。

1年くらいは続けられても、2年、」3年となると同じことを書き続けるのに疲れる方も出てきます。

2〜4年前のメンバーは、それでも結構投稿していただきました。

このサイトとしては非常に華やかな時代でした。

また、公開された掲示板として、ある程度は毎日投稿を続けなければなりません。

他のスレッドでも書きましたが、当掲示板へのアクセス(ページビュー)は5000〜10000/日あります。

その方たちの為にも記事の更新に努めています。

現在、ほとんど毎日やっているのは、私とコルルさんくらいです。

こそ様な環境でやっていますので、私が出しゃばっている事を悪く言う人がいますが、御理解のほど、宜しく御願いします。
メンテ
安倍のバカが国民の金を泥棒して株価を吊り上げて、今は選挙のために意図的につりあげているだけ! ( No.82 )
日時: 2017/10/18 14:54
名前: イントゥイッション ID:KNx/1VeA

>日経平均株価が2008年の後半に1万円割れしたのは、アメリカのサブプライムローン問題とリーマン・ショックがあったからだ。それはアメリカと世界経済の問題であり、日本の問題ではなかった。

しかし、2009年から2012年の日本の経済低迷は、世界経済やリーマンショックは関係ない。この時期の地獄は、民主党政権の問題だ。

民主党が稀に見る信じがたいまでの「無能集団」だったので、それがゆえに日本は這い上がれなかった。

民主党の党首だった鳩山由紀夫は全世界から「ルーピー」だと言われて嘲笑されていたし、菅直人は頭の中が空き缶だと言われた。

>さらに野田佳彦に至っては、今でも収束できていない原発事故を2012年12月16日に「収束した」と言った信じがたい嘘つき男だった。

その嘘つき男と安倍は繋がっていた! もうシナリオが出来上がっていた! 

リーマンショックで、ドルは崩壊中だった! 

2011年の311の地震と大津波前は1ドル70円台だった!

もし311が無ければ、強い経済日本の円に対して、もっともっと落ち込み、1ドル30円になっていただろう!

FXをやっているバカどもは、大衆を民主党が悪いと思わせるように仕向けている! 中川のように!!!

もっとひどいのは安倍政権だ! GDPが4%? 笑わせるな! 今は−9,9%だ!

安倍を持ち上げるなんて反吐がでる!

株価は戦争屋の大企業の大株主のものだけにある! 上昇したものは必ず意図的に下げる!

株屋や証券会社は労働者や国民から泥棒をしているだけ!

あいつらのやっていることは、

★資源は略奪! 

★自作自演テロを起こして戦争させ、軍需産業だけ儲けさせる! 

★安倍のお友達のロックフェラージュニアのモンサントの遺伝子組み換えを森永の甘味料に入れ、日本で儲けさせてやっている!

★麻薬や遺伝子組み換えを日本に拡大させてきた!

★安倍政権の統一教会関連の北朝鮮を支配し、パチンコ屋が増えに増え続けた! 

国民を貧乏にさせ、経済的徴兵制を作り上げて、憲法改正して戦争をやらせ軍需産業だけが伸び、その大株主が儲かるシナリオができている!

また11月にトランプが来るが、北朝鮮の問題ではなく、金がないのでせびりに来るだけである!!! 
メンテ
神社本庁が気多大社との法廷闘争に敗れる。他の神社の後追い離脱の可能性も ( No.83 )
日時: 2017/10/18 21:13
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:DI5LK6NY

神社本庁が気多大社との法廷闘争に敗れる。他の神社の後追い離脱の可能性も

(2010年4月27日の記事)

皆さんは神社本庁という組織をご存じですか。現在は一宗教法人に過ぎませんが、いかにもお役所っぽい名前から想像できるとおり、実際には国と密接な関わりをもった、神社の中央機関というべき存在です。

世界的にも政教分離が進んでいると評価されている日本ですが、宗教政党の存在に加え、この神社本庁の存在はまさに政教分離のアキレス腱といってもいいでしょう。

しかし今、官僚組織と中央集権が問題になる中、各地の神社が神社本庁に反旗を翻しつつあります。あの日光東照宮や明治神宮も既に神社本庁を離脱しており、今回ご紹介する気多大社もその一つです。


「最高裁、神社規則の変更認める 羽咋市の気多神社訴訟」

「縁結びの神様」として知られる石川県羽咋市の気多神社(通称気多大社)の役員9人が、神社本庁から離脱するため変更した規則を認めなかった文部科学相の裁決を取り消すよう求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は20日、請求を退けた二審判決を破棄した。

この背景には神社本庁と気多大社の確執があります。実は2006年にこのような報道がありました。


「気多大社 人事で混乱 宮司2人 法廷頼み」

気多大社には現在、宮司が2人いる。神社本庁が8月末、それまでの宮司を懲戒免職にして、新宮司を任命したが、免職された宮司側は反発。事務の引き継ぎを拒否したうえ、地位保全を求める仮処分を金沢地裁に申請。争いが法廷に持ち込まれる一方で、同じ神事を2人の宮司が別々に行う異常事態に陥っている。

要は、
気多大社が神社本庁を離脱しようと計画。県の認証を得る
神社本庁が文科省を動かして離脱を阻止。文科省様の御威光をもって県の認証を取り消し
気多大社、さらに反発。争いを法廷に持ち込む
最高裁の御威光によって、文科省の判断が「違法」認定。気多大社は神社本庁を離脱の公算
ここまでが事件の流れです。実際の詳細な経緯については気多大社側の見解も参考になるでしょう。

————————-

● なぜ、神社本庁と各地の神社は対立するのか?

しかし近年になってなぜ、神社本庁に反旗を翻す神社が増えているのでしょうか?

その背景には各地の神社の存亡の危機があります。

近年インターネット参拝などユニークなアイデアがマスコミにも取り上げられましたが、最近は参拝とまではいかずともお札をネットで買えるようになったりと、神社のITかも進みました。その他にもTVCMの普及や受験グッズの販売、鉄道会社との提携プロモーションなど、各神社が生き残りをかけ、必死の努力を続けています。

何故なら、宗教離れが進む現在において、新たな収入源の確保と多角化は各地の神社にとっての死活問題だからです。

一方で、神社本庁はこうした行為を「神の尊厳性を損なう」として快く思っていません。そもそも神社本庁にとってはホームページの作成ですら、好ましくはないのです。まぁ、神社本庁の言わんとすることも一理あるでしょう。かくいう筆者は長らくIT業界でビジネスを続けていますが、それでも「神社のIT化・ネット対応」など言葉にしてしまえば、まさにジョークのように思えてしまいます。

しかし、地方の各神社にとっては生きるための必死の努力なわけです。「言いたいことはわかるけど、現実にはそうとばかりもいっていられない」というのが、各地の神社の本音。宮司にとって神社の置かれた状況はまさに死活問題であり、神社本庁の理想論などは、氣多神社の言うところの「神社と神職を守ることができなくなった神社本庁」としか映らないのです。

実質的には国の後ろ盾の元、身分が保障されている神社本庁には基本的に危機意識というものはありません。その一方で各地の神社は信者の減少とそれに伴う寄付金の減少から財政難に陥っており、運営を続けていけない神社も出ています。旧来通り「神の尊厳性を大切にしよう」とする保守主義の神社本庁。対する、死活問題を背景にあらゆる経営を探る各地の神社。この構図は、

「危機的な状況にある地方 VS 旧態依然とした中央の官僚組織」

という国の政治の構図にも似ています。
そして、民意の洗礼を受ける政治の世界でさえ、この構図を変えられていないという現実から学べば、神社本庁がその態度や考え方を改めるという可能性は極めて低いことが分かるはずです。それに何しろ、神社本庁側が本庁側で「我々は正しいことをしている」と確信していて、その言い分にも確かに一理あるわけですから。

しかし今回の裁判の結果によって、他の神社にも追従の動きがおそらく現れるでしょう。そして長い年月を経て神社本庁はその権力を失い、縛りの緩い加盟団体へと変化していくように思われます。

そもそも信仰がどうあるべきかという事を、実質的に国の後ろ盾を得ているような機関が決めるのも、おかしな話ですしね。

http://wktm.jp/archives/1908

(引用終わり)


私が神社総代をしていた当地の神社ですが、伊勢神宮の系列に組み入れられていても上納金を取られるだけで何も良いことはない。
脱会したく思ったのであるが、当地の神社は小さく昔から専従の神主がいない。
近くの神社から来ていただいているが、当地の神社が神社庁から脱会すると、件の神主はおそらく来なくなるだろう。

そういう卑劣な締め付けを神社庁はしているのである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存