ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[267] 当代世間裏算用
日時: 2009/10/14 23:01
名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(15) ( No.871 )
日時: 2010/08/19 08:17
名前: 満天下有人 ID:NKZRNrXk

・・・相変わらず、この地球は謀略に覆われているようだ・・・

国際情報筋によると、反米主義の固まりのようなイランのアフマデネジャド大統領が数日前に暗殺?されかかったという・・・イラン側も最初は暗殺を匂わせていたが、それは同大統領の遊説先で喜んだ民衆が、お祝いの意味でfirecracker=爆竹を鳴らしたものに過ぎないと発表を訂正・・・

・・・そんな暗殺説が飛び交う伏線に、イラン初のブッシエール原発がこの日曜日にも稼働開始することにあるらしい・・・その背景に、原発が稼働すれば核兵器がいくらでも製造できるからとして、猛反対していたイスラエルのモサドが、イラン大統領の暗殺を実行に移したのではないかとの憶測・・・モサドの背後にはアシュケナージユダヤ人名誉棄損防止同盟のADLが居る、このADLの諜報活動に比べるとCIAやモサドなど、赤子のようなものだと言われている・・・

しかしこの原発は、国連の国際原子力機構・IAFAが開発容認=アメリカも同意していたことだから、イスラエルは表立ってイラン原発施設の空爆は出来ない、よって暗殺行為に出たのではないかとの憶測が出てきた・・・

・・・中東を常に不安定に落とし入れる原種ユダ民族を名乗るこのハザール帝国の末裔どもは、軍事に金融、政治面でいつまで地球を不安定にすれば気が済むというのだ・・・そして彼らに差配されるアメリカとは対等な関係に戻すとした民主党政権も、それを引っ込め、菅政権は今や、そんな歴史的葛藤の産物であるテロ撲滅名目のアメリカの行為を認め、補助アクセルを踏み込もうとする・・・

菅直人が国会議員1年生を一人一人面接する行為は、そんな政策の是非について踏絵でも踏ませるつもりなのであろうか・・・

・・・ハザール帝国の末裔どもと一緒になって、かれらの怨念晴らしに手を貸したのが、小泉政権での新自由主義内閣であった・・・事もあろうにハザール帝国の末裔であるエマニュエル現大統領首席補佐官がクリントン政権時代に起草した日米年次規制構造改革に乗り、イラク戦に加担した・・・あれこれ絶叫していたあの頃の純一郎の姿を想像するに、イラクアリババ街道(別名盗賊街道)を、破れサムライ衣装の腰に、錆びた脇差を差して、正義を絶叫しながら砂漠を突っ走るドンキホーテサムライにも似た姿を想像したものだ(笑)・・・そして今や菅直人がそれに続こうとしている・・・
・・・この日米年次規制構造改革のインチキをモロに実践した事項の一つに、りそな銀行問題があった・・・小泉、竹中、木村剛(当時の金融庁顧問)ラインによるマッチポンプ式インチキ銀行再生問題である・・・概要は依然紹介したので省略するが、簡単に言うと同行は救済しないとして株価が紙切れ同然となり、その間米巨大投資フアンドが大量に買い込み、そして竹中ラインが突然同行を救済すると発表し、株価は大暴騰・・・所謂巨大インサイダー取引疑惑である・・・その操作によって大きな政治資金が創作されたのではないか・・・

当時あれこれ小泉内閣を批判し、冤罪痴漢行為でムショに一時閉じ込められた評論家の植草氏が、その陰謀を証券取引委員会にねばり強く訴えて来た努力が実る気配が出て来たとブログで言われている・・・

日銀OBであった木村剛は別件(旧商工フアンドとの融資偽装工作)で、既に逮捕されているのだが、当局はおそらく、りそな銀行問題も視野に入れているのではないか・・・小泉とまでは追及するのはムリがあるとしても竹中くらいまでは手が伸びる可能性がある・・・

・・・摘発する背後には、郵政民営化見直しをスローガンにしていた亀井静香が居るのであろう、前国会中に亀井案を成立させると言っていた菅直人が、突然約束を破って連立離脱・・・郵政ユニバーサルサービスの復活を謳い、郵政株式の放出に歯止めをかけるべしとする亀井案を反故にした菅直人一派は、ハザール帝国の末裔たちに手を貸すという構図である・・・何故なら放出を最も願っているのは、彼ら末裔たちであるからだ・・・手を貸すということは、売国行為であるとも言えるのではないのか・・・

・・・一丁前に子供じみた綺麗ごとを言い、実は裏でハザールの亡霊たちと手を組む政治スタンス・・・見え透いた手品などを使うより謀略の行く末まで徹底してやって見たらよかろう・・・真夏の夜の夢を見るなら、その方がよほど面白い・・・

折しもイラン・ホルムズ海峡で損傷を受けた三井商船の原油タンカー、今日の報道では船底にも損傷が発見され、海中からの攻撃が囁かれている・・・世界原油タンカーの80%が行き交うあの海域で、さような攻撃が出来るのはアルカイーダしか居ないとの説が有力だ・・・2000年にあった米イージス艦攻撃、02年のフランスタンカー攻撃とイメージが重なって来る・・・

・・・そして何故、日の丸タンカーまでもが狙われるようになったのか・・・。
メンテ
真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(16) ( No.872 )
日時: 2010/08/20 08:06
名前: 満天下有人

・・・ジャクソン第七代大統領によってロスチイルド私的中央銀行である第二合衆国銀行は1836年に閉鎖されてしまう・・・

報復措置としてロスチャイルドは、アメリカで流通させていた金属貨幣を引き揚げてしまい、約10年間、アメリカ経済は混乱に落ち入る・・・金本位制の時代だから、かなりの混乱であったようだ・・・

・・・それを救ったのが1848年のサンフランシスコにおける約5億ドル相当の金鉱脈の発見であった・・・米英戦争での戦費が2億ドルで財政難に落ち入った米経済に比べると、この金鉱脈の発見がいかに大きなものであったかが想像できる・・・

そうなるとロスチャイルド貨幣支配構造の有効性がなくなって行く・・・彼らは貨幣を通じての政治面での支配構造戦略を転換し、金融危機が収束する前に暴落していた資産を買いまくる・・・鉄道債の26%、州債の58%を手中に収めその償還を厳しく迫る戦法に出た・・・

・・・前にモルガン財閥の創始者ピアポンドが、マサチュセッツ州債を英国に大量に販売し、その償還問題でロスチャイルド系グレンフエルと合体し、モルガン財閥の基礎をモルガン・グレンフエルとして築いた話は紹介した・・・

金鉱脈の発見により力強く回復して行くアメリカを見てロスチャイルド金融資本は、広大な新大陸の力を一つにしていたのでは、貨幣による支配が困難になるとして、二つの勢力に分断して戦わせ、お得意の敵対する二つの勢力双方を支配し、双方から利益を得る戦略に転換して行く・・・

・・・それが1861年の南北戦争勃発の下敷きとなった訳だ・・・

ドイツ統一を成し遂げたプロイセン(現オーストリア)の鉄血宰相・ビスマルクが回顧録で「アメリカを経済力の弱い南北二つの連邦体に分裂させることは、内戦勃発前にヨーロッパの金融勢力によって決められたことである。これに疑問をはさむ余地はない」・・・ロスチャイルド家とも関係が深かったビスマルクのこと、壮大な戦略の本質が分かっていたのであろう・・・

・・・リンカーンが奴隷解放をスローガンにしたこの戦争の本質は、どこにあったのであろうか・・・戦争の背景には必ずと言っても良い経済問題があるということだ・・・

南部諸州がこのリンカーンの人道的スローガンに猛烈に怒ったのは、黒人も賃金労働者になるということにあり、ロスチャイルドはその南部の気持ちを利用した・・・

ロスチャイルド金融資本はアメリカ独立戦争の頃から既に、イギリス綿紡績産業と南部地主たちの間を通貨でもって結び付け、南部がいつでも北部連邦から脱退する火種をこしらえていた・・・一つの例が米英戦争時に海上臨検を強化し、南部諸州の綿花を欧州へ輸出する不便さを演出し、怒りの矛先を北部諸州に向けさせた企みである・・・

英仏が争ったナポレオン戦争のとき、相反する二つの勢力の間に均等に資金を提供し、ロンドンロスチャイルドとフランスロスチャイルドとの連携の下にボロ儲けした史実、そして日露戦争のとき、日本にはダミーを通じ、ロシアにはカスピ海バクー油田権益取得名目で、双方に資金を出した史実については、前に紹介した通りだが、この南北戦争においては、どのような手法を取ったのであろうか・・・

・・・ロスチャイルド家五男で、創業者の命でフランスロスチャイルド家を興していたジェームズ・ロスチャイルドは、南北戦争3年前からアメリカを観光客としてくまなく回り、情報を三男ロンドンロスチャイルド家に漏らさず送っていた・・・まさにナポレオン戦争と同じ手法を取ったわけだ・・・

そして南部の指導者に対し、戦費は仏ロスチャイルドが全面的にバックアップし、欧州でアメリカ南部独立国を必ず認めさせると約束した・・・
北部諸州に対しては、既にロスチャイルドの代理人として渡米し、NY金融界を牛耳り、大統領金融顧問にまでなっていたオーガスト・ベルモントを通じ、リンカーンに対しこれまた戦費は全面的にロスチャイルドがバックアップするとの約束を出していた・・・

・・・対峙する二つの勢力への同時バックアップの根が同根であることを隠すために、一方に対しては代理人を使う手法は、日露戦争の時に高橋是清に対しては代理人であるジェイコブシフ家のクーンレープ商会を通じて日本国債買い名目で戦費を貸した手法と同じである・・・

・・・ちなみにこのクーンレープ商会は、アメリカ鉄道起債ブームの時にベルモントとタイアップしてペンシルヴェニア鉄道を抑え、1916年のFRB創設に関わり、現在でも末裔たちがFRBに対し大きな影響力を保持している・・・。
メンテ
聞いちゃおれない、ニセ黄門と、 ( No.873 )
日時: 2010/08/21 15:41
名前: 満天下有人 ID:j5ljA6tk

・・・ゴマスリマスゴミの対論・・・テレビ東京で渡辺恒三と日経政治記者OBの田勢が、鳩山グループの集会を批判していたのだが、ニセ黄門は相も変わらず小沢批判、小沢担ぎのムード高揚は、政治による悪者隠しとなり、小沢が首相になると検察も起訴できなくなる、それを狙っているに過ぎない・・・

・・・いつまでトンチンカンなことをキー局で全国に流すのだろう・・・普通の人間なら検察とて、不起訴処分を決定し、それを検察審査会が蒸し返すことに戸惑っていることくらい、もう分かっていることなのだ・・・じゃあ、小沢の悪がどんな悪をやったのか、この連中いつも具体的なことは何も言わない、言うことは怪しげな世論調査を楯に、国民の8割が疑念を持っているからとしか言わない・・・

鳩山別邸での豪華な集会で、国民生活云々などと言うのは、国民生活から遊離しているとも批判・・・オイオイ、国民生活重視し公約を破棄したのは、お前さんが担いだ菅直人であろうが、どっちが国民生活を無視したと言うのだ・・・

・・・挙句に55年体制時代の政治家はもう引退すべきとも言いだす、小沢出馬と55年体制に何の関係があるのだ?敢えて談合政治をやりかねないと言うのであれば、ではスキあらば何時もジミンににじり寄ろうとするお前さん及び菅一派の政治スタンスは何だと言うのだ・・・引退すべきは、お前さんであろうが・・・

・・・しかしフリージャーナリストになった田勢なる御仁も、ゴマスリマスコミを絵に描いたような男だな、渡辺なんぞのニセモノに相槌を打つのでなく、何故公平な感覚でクソジジイの矛盾した発言を問わない・・・

元日経論説委員で田勢と同期で、目下は某大の教授をやっておられる方を、ほんのちょっとばかり存じているのだが、田勢は昔からゴマスリ専門で、社内の評判は芳しいものではなかった人物だそうな・・・こんなのが主流を占める言論界が世間をおかしくしてしまっているのだな・・・

・・・そうかそうか、世間がおかしくなるのが、無常にうれしいのだな・・・がんばって、どんどんおかしくしてやれ!ガハハハッ!・・・いつもは見ない政治番組だが、精神衛生上もっとも悪い番組を、今日は見てしまった・・・しまったな・・・。
メンテ
真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(17) ( No.874 )
日時: 2010/08/22 09:25
名前: 満天下有人 ID:zmQjlWTg

・・・新大陸を二つに分断し、双方へ資金を供給し、どちらが勝っても負けても損はしないで通貨で以ってその国を支配するヘッジシステムを取ったロスチャイルドの戦略・・・リンカーンのバックグラウンドである北部に対しては、代理人オーガスト・ベルモントを使って北部の味方だと約束し、しかし万一に備えて英国政府には北部抑制の軍隊をカナダに駐留させた・・・リンカーンに対し、仮に北部が勝利した暁には、ロスチャイルドによる私的中央銀行の復活を認めさせる圧力をかけていた訳だ・・・戦費支援をアメとするなら、カナダ駐留英軍の8千人増派兵は、万一に備えたムチであったのであろう・・・

・・・ムチは、フランスロスチャイルド・ジエームスを通じても準備されている・・・1862年に、英仏スペインの連合軍がメキシコ湾から上陸し、南部から北部軍に圧力をかける戦陣が敷かれていた・・・リンカーン北部に対するこの脅しは、はったりではないと言う証拠を見せるために1863年、フランス軍が後方固めのためにメキシコを占領している・・・(それ以前の米、メキシコ領テキサス、カリフオルニア州争奪紛争は省略)

・・・北部に対するロンドンロスチャイルドのアメの内容はどのようなものであったか・・・戦費支援一括融資計画書に記されていた利率は、年26〜35%というものであり、さすがにリンカーンは激怒し銀行団をその場で追い返している・・・この時リンカーンはおそらく、彼の理念である新大陸における経済は、ロスチャイルド金融資本による通貨支配権によってではなく、経済の潤滑油である通貨は、人々によって生み出されねばならない・・・人々に選出された議会が金融資本にひざまずいているようでは、何のために人々は新天地に逃れて来たのか・・・ならば、大統領特権で政府が通貨発行権を握らざるを得ない・・・この決断はおそらく、銀行団を追い返したその時に強固なものになったのであろうと、推測される・・・

・・・リンカーンの有名な「government of the people, by the people, for the people」なる言葉には、通貨とアメリカ史の視点から見ると、通貨発行権を人々のものに取り戻すという強い意図も含まれていたのではないかと思う・・・

・・・しかし現実の通貨はロスチヤィルドに発行権を握られてしまっている、現実に要する戦費おカネをどう調達すれば良いのか・・・独立戦争、米英戦争を通じ、その都度莫大な財政赤字を積み上げ、その都度国民による塗炭の努力をまた繰り返さねばならないのか・・・

その悩みを解決するヒントを与えたのが、シカゴの友人リチャード・デイックであったと言われている・・・デイックは、財務省に通貨発行権を与える法案を何とか議会で通過させるしか手がない、法的に裏付けのある通貨を作らせるのです、それで兵士に給料を支払うのです、ロスチャイルドに高利を払ったのでは、戦争に勝ってもまた、同じ苦しみを繰り返すだけです・・・

・・・リンカーンは、しかし国民が風雲急をはらんでいるこの時期、突然の新通貨を信用してくれるだろうか、そんな心配が脳裏から去らない・・・ここでデイックは、第七代大統領ジャクソンが、議会で訴えた言葉、そもそも合衆国憲法は通貨発行権を議会に与えており、議会に反省を訴えた故事を引き合いに、
大統領ともあろうものが憲法規定に逡巡するようではダメだと、叱咤激励しリンカーンも政府紙幣発行を決断する・・・

・・・当時流通していた銀行による銀行紙幣と区別するために緑色を配色した「緑背紙幣・グリーンバックス」を合衆国通貨として発行する・・・内容は、金銀貨を担保とする必要はない、20年で5%の金利をつけて流通促進のために銀行側にもいささかのメリットも与えた・・・

これが成功した背景には、やはりサンフランシスコでの金鉱脈の発見が、政府紙幣に無言の信用を与えていた・・・そのことが、法律によって緑背紙幣を政府準備金としたことと相まって北部銀行の信用を高めることになり、軍事工場などの拡大をもたらし、南北戦争の勝利への基礎を固めることになった・・・

・・・南部分断支配を狙ったロスチャイルド一派の恨みは、かなりの高さまで嵩じたことであろう・・・。



メンテ
,真夏の夜の徒々に・・・ ( No.875 )
日時: 2010/08/22 21:53
名前: 満天下有人 ID:zmQjlWTg

・・・昨夕刻、東京タヌキなる番組をNHKで拝見した・・・

あれはアライグマなのか、東京での繁殖はすごい勢いを増しているらしい・・・水系でも日本古来種でない魚が激増し、古来の生態系を大きく揺るがしているという・・・

彼らとて、日本へ態々来たくて来たのではないのであろう、国際交流の垣根がなくなって人間どもが、貿易船も通じて運んで来たのであろう・・・

その理由が何であれ、命あるものはどこへ連れて来られようとも、どこへ行こうとも、食わねばならない、生命維持の本能がある、運ばれて来たものといえども、夜な夜な出没してエサにありつかねばならない・・・彼らには物資を手に入れる通貨の持ち合わせは無いのだから(笑)、どうしても夜陰に紛れてという生物行動になってしまう・・・

・・・人間の場合はどうか・・・物資入手の手段が無くなると、どうするのだろうか・・・自然死か自殺か、神を思い餓死するのか・・・終戦直後に、ヤミ米など立場上食うわけにはいかぬとして、餓死された裁判官も居られた・・・

・・・「(自然というものが)どの程度まで人間の自然的本質となったのか、どの程度まで人間の人間的自然が、人間にとっての自然になったのか」・・・カール・マルクスの哲学草稿の一節なのだが、世界的に人間が劣化したのではないかという論に接して、フトこの一節が思い出された・・・

・・・この因果関係はダーウインにでも聞かないと分からないのだが、その前に、交換手段が人類の生死を左右することになったことは、8割方事実であろう・・・その手段がない人間は、諸々の他の要因も重なってのこともあろうが、物質から遠ざけられるほどに観念的になって、神を思う気持ちに傾く・・・個体差はあってもマジョリテイとしては、人間の人間的自然から人間が遠ざけられてしまへば、形而上のことを想うに至るのかも知れない・・・

・・・しかし「悩める者の溜息は、現実の溜息なのである・・・現実の不幸を吸収できるとする宗教は、まさに“宗教の”不幸なのである」(マルクスエンゲルス集)・・・

現実の溜息とは、持たざる者の溜息であったろうし、現実にそうであろう・・・何故持てないのか、ここに通貨のマジックが潜んでいるような気がしてならない・・・今の世界上の人間が劣化した原因は、他にも大きな要因があるのかも知れない・・・それはITによって生まれたヴァーチャルな世界が出現し、その影響の下に何がコアなのか訳が分からなくなったせいもあるのかも知れない・・・その現象は経済関係では、紙切れ錬金術の発達によって、一種のヴァーチャルナ世界を出現させ、何が真の価値なのか訳も分からなくしてしまっているのではないのか・・・訳が分からなくなった人間一般のことを劣化人間と言えるのかも知れない・・・

・・・話が飛んで何の脈略があるのかという疑問は、あえて承知の上で言うなれば、経済関係を金価値で縛ってきた人間経済の歴史・・・それでは通貨によって経済のパイを広げるには、どうすれば良いかという自然な流れが生じて来る・・・

それが本来的に「人間にとっての人間の自然」な流れでなかったことに、現実の溜息が現実に今なお続いている気がする・・・しかしそれを更に応用して次なる通貨支配権を確立しようとしたロスチャイルド金融資本のひらめきは、実に天才的である、ヘッジシステムにせよデリバテイブ発想にせよ、ロスチャイルド家の歴史を知れば、節々にその兆しが感じられる、別に昨今のマネタリストが発明したことではない・・・

・・・その戦略に転換した時期については、投稿の流れもあって、少し先で独断と偏見を恐れず紹介したいのだが、実物から乖離させヴァーチャルナ経済に持ち込み、そして複雑に仕組まれた構造を人間が分からなくなってしまい、考える力が劣ろえ始めたその結果現象が、劣化というこになっているやに思えて仕方がない・・・。
メンテ
真夏の夜の奇妙な夢・・・ ( No.876 )
日時: 2010/08/24 10:49
名前: 満天下有人 ID:ubhJ5PgE

・・・これは夢ではなく現実の光景で、夢よりも奇妙な光景だ・・・事実は小説より奇なりとよく言われるが、夢よりも奇妙な現実もあるのだな(笑)・・・これじゃあお日様も顔を見せにくい、日はまた昇るではなく、現実はお日様が昇りにくいように、昇りにくいようにしているのだ・・・

昨夕の朝日一面の主要見出し・・・トップが「老人よ生きがいを持ち、万引きやめて」
続いて「首相、新人議員との懇談会で、ダブル選挙は3年後」、次が「首相と日銀総裁円高で電話協議」・・・

読売は、ご老体西岡参院議長の発言を紹介、「代表選で首相に対抗し、破れた者は離党すべし」・・・なんじゃこれは・・・いやしくも民主主義政治の場の議長ともあろうものが・・・

毎日の社説に至っては、「小沢擁立論、民主党の勘違いに驚く」・・・こんな社説を掲げる方に、こちらは驚いてしまう・・・

・・・こんな見出しの乱舞から共通して感じることは、この国の行く先については何の志向も無いということだ・・・それが朝日トップ記事の「老人よ生きがいを持て」などという、何ともトンチンカンな記事へ結びつき、そして何もわかっちゃいないなという「菅首相、新人議員に対し総選挙は3年後」という記事に結びつき、そして国際関係においては日銀総裁と電話会談という口先介入記事で円高を阻止できるという、なんともはや、ドル、ユーロが出来ることなら通貨切り下げたい本音があるのに、実際問題としてできないからドル、ユーロ安を放置している本質的な構造も分からずして、そしてG20では世界金融の根本問題について菅直人は何も発言せずに、財政改革だけに呼応して消費税増税だけをブチ上げるだけだった・・・

何が「小沢擁立、民主党の勘違いに驚く」なのだ・・・菅違いしているのはどちらなのだ・・・

・・・小沢はあの時、潔よく幹事長を降りたではないか、そして菅や枝野は、参院選は菅政権の信を問う選挙だと公言していたではないか・・・小沢を降ろして尚それが惨敗したとは、どういうことだったのか考えたことがあるのか・・・すると今度は、消費税増税について口がすべったのが敗因だという・・・ならばG20国際会議での発言はウソ八百だったとでも言うのか・・・

・・・何よりも、選挙の前だったか、記者会見映像で見ていたが、増税については1ミリたりともブレていないと言い、玄葉政調会長など、遅くとも2012年実施と公言していたことを忘れるな、何がつい口がすべったというのか・・・

冒頭の朝日トップ記事、「生きがいを持ち、万引き止めて」、これは警視庁が言ったことらしいが、その対策として地域ボランテイア活動に参加を促すという・・・確かに、社会との接点がなく孤独感から万引きに走る原因もあろう、しかし考えようによっては、年金から社会保障費も天引きされて、生活苦のご老人も多いと推察される・・・更に全部に網をかぶせる消費税増税を政府はぶつ、通貨問題では打つ手もない、格差問題や官僚機構の是正は既にぶん投げてしまっている・・・万引きに走るご老体の心情とは直接の関係はないにしても、全体として生きがいが失われている社会状況の中で、ボランテイアでもやって生きがいを見つけろなどと言う警視庁の感覚・・・

・・・昨年の夏前にこんなことがあった・・・近くの大きなショッピングモールに続く六車線の立派な車道、しかし車道に反し歩道が狭い・・・しかも夏が近づくと身の丈ほどもある雑草が生い茂り、対向して来る自転車も見えにくい・・・

15年前に暴走自転車に跳ねられたトラウマがあって怖い・・・役所道路課に早く刈り取れと催促しても、やれあそこは私権が重なっていて草刈同意を取るのに時間がかかるとか言って、例の如く役所体質でなかなかやらない・・・

・・・やむなく手挟みを持って少しずつ刈り取りを始めたが、手におえるシロモノではない・・・通りすがりの人たちは、ボランテイアご苦労さんと声をかけてくれるが、そもそもこれは役所公共の仕事なのだ・・・それを説明しても、皆さん、はあ?そうなんですかと言う程度・・・

一人では手におえないので再度役所に行き、今度自転車事故に会ったら、お前らの責任にすると怒鳴り込んだら、翌日きれいに刈り取ってしまった(笑)・・・今年は何も言っていないのに、そこだけは真っ先にきれいに刈り取っている(笑)・・・

・・・警視庁のボランテイアで生き甲斐をと言うセリフ、公共の怠慢をボランテイアに刷り替えるんじゃねぇっ!・・・見よ民主党最高顧問の渡辺恒三に西岡参院議長のポンコツ老体、あんな老体になってはいけない、そういう所にも目を向けるべしで、孤独感などにはまる時間も無い・・・

・・・世のご同輩ご老体の方々、こういうことに目を向けていると、孤独感に襲われているヒマなど、あるはずがないと思いますよ、警視庁が言う連帯感で孤独を回避せよなどと、クソ食らえ・・・お前さんたちの飲み食いウラ金を雑草刈り予算に回せ・・・ガハハハッ!。
メンテ
真夏の夜に思う、リンカーン暗殺の怪奇・・・(18) ( No.877 )
日時: 2010/08/25 09:27
名前: 満天下有人 ID:ZJF2cR1A

・・・昨日の金融市場は、もうどうにもならんと言わぬばかりに、為替、証券市場は何とか持ちこたえるのかと思われていた前の二番底を下へ抜けた・・・

対円ユーロ安は9年ぶりだし、対円ドル安は何15年ぶり、日経平均は1年4カ月ぶりに9千円割れ、後は昨年3月の6年ぶりの、バブル崩壊後二番目の安値7054に向かうだろう・・・
03年の安値7607円から09年7054円の安値7054円まで約9年間のスパン、それは中国成長に伴う上昇過程があったから9年という余裕があった・・・しかし今回7千円台に向かうスパンは、もっと短くなるのではないか・・・背景はドル安によるユーロ安にあり=米欧経済の金融破綻によることは言うまでもない・・・

・・・各紙は、政府の口先介入の失敗が円高を助長したと一斉に書いているが、それもあるにせよ、政府日銀介入について他の閣僚がそんな話は聞いていないなどとノー天気なことを言うようではお笑いにもならない・・・そもそもが世界金融構造が暴走した結果なのに、そして円だけで食い止めることなど不可能な状態の構造になっているのに、昔ながらの手法が通用するとでも思っている感覚がおかしいのだ・・・他の政策でもそうだが、単純に米従属路線に戻るような菅一派政権では、何も出来るはずもない・・・そして議論しようなどと未だに言う・・・バカな民主主義論など、休むに似たりで犬も食わないだろう・・・

・・・金融破綻の背景は?・・・延々と書き続けている米欧の歴史的金融構造の通りである・・・通貨を債務化しその債務を債権化する金融資本構造による、債券市場バブルとその崩壊である・・・それは暗殺までをも伴うアメリカ新大陸での金融構造史からその本質が良く伺えるところである・・・

南北戦争の引き金となった戦費を巡る金融資本とリンカーンの戦い、戦費は出してあげるから通貨発行権を元に戻せとは、一種の恫喝である・・・金利26〜35%というべらぼうなレート、政府を借金漬けにしても国民生産を担保にしているのだから、こんな美味しい取引はない・・・

リンカーンは断固それを拒否し、グリーンバック政府紙幣を発行し、ロスチャイルド金融資本に頼らずに南北戦争で勝利を収めた・・・その発行額は5億ドルであったと史料に記されているが、それはサンフランシスコで発見された金鉱脈価値とほぼ同額であったようだ・・・

・・・米欧金融資本によるその手法は、対政府関係でなくとも最近の我が国でも起こされたことである・・・端的な例が、不動産活性化の名目で債権を発行する、所謂REIT不動産投資信託である・・・まあ雨後のタケノコのように、横文字カタカナ名の投資会社がいくつあったであろうか・・・株価は軒並み10万円とか20万円であった・・・久しぶりに今はどれくらいの価格かと思い、数社調べて見ると、もう名前も無い(笑)、倒産したものが多い・・・残っているものといえども、株価は1/10か1/20分くらいだ・・・

2年前に新興不動産開発会社でアーバンコーポというのが倒産した・・・直接のインパクトは、ロスチャイルド系フランス大手投資会社BNPパリバとの二重金融契約にあり、その一つである裏契約となっていたスワップ契約にあった・・・短期資金繰りがひっ迫したアーバンは300億円のMSCB・転換社債発行をパリバに引きうけて貰う・・・しかし裏でのスワップ契約、つまりアーバンの株式価格に一定の条件が付けられていて、株価に応じて転換社債引受額及び緊急融資額に制限がかけられていた・・・

転換社債発行発表時の株価は344円、それが発表と同時にずるずる下げはじめ、63円までに下落、スワップ契約条項を適用したパリバが実際に引きうけたアーバン転換社債は300億円中92億円・・・これじゃあ倒産しても当然なのだが問題は、この裏スワップ契約をパリバは株主にも東証にも隠していたことにある・・・民事再生申請の段階でこれがバレて、東証は重大な関心を持っていると言ったものの、倒産してしまってから何を言っても後の祭り・・・

・・・東証が重大関心を持った事項とは、パリバがアーバン転換社債を一部引き受けた直後から社債を株式に転換し、先行空売りをかけ、それが株価下落になったとする所謂インサーダー取引にあった、数年前ではそんなやり方はあっちでもこっちでも見られた・・・だが我が国ではホリエモンや村上フアンドなどが時代の龍児として持て囃されたものだ(笑)・・・

対国家相手でのインサイダー取引では昨年のギリシャ破綻で明らかになったゴールドマンサックスによるギリシャ政府への融資で、国債引き受けを為替スワップ取引でごまかしていて、米下院で論争の的になっていた・・・

ゴールドマンサックスは、超高速CPを開発し、市場取引開始直前に、相手方のポジションが全て把握できる仕組みまで構築しているとも言われている・・・

・・・話が飛ぶが、昨日鳩山首相は小沢と会談、民主党を分裂させないためにも小沢に代表選出馬を遠慮してくれと申し出たそうな・・・裏返せば菅直人に任期一杯やらせるということだ・・・対米従属、それが影響する通貨問題にせよ、法人税減税、消費税増税、格差問題等々、菅一派にもう根本的な改革理念など期待する気持ちはとっくに失せてしまった・・・

・・・しかし鳩山が、民主党創業者としての視点だけから党の分裂回避を重視するなら、言うことも無し・・・通貨問題にせよ根本的には国民負担があってのこと、負担緩和を放置している、いや放置させる無能さをおいて、国民生活第一などと言うではない・・・。
メンテ
常に役者が一枚上 ( No.878 )
日時: 2010/08/25 09:49
名前: 反戦主義者 ID:L9OwLAwM

ワタクシも、

此の所の風潮、(何でもボランティア)!  に違和感を感じる者であります。

「市民と行政の協働」活動と銘打って、何かと言えば市民を“タダ使い”する事を、当然のように言って居ますが、本来はお前さん方の仕事じゃぁねぇのか!?と思うのです。

又そう言う事に先頭切って旗を振っているのは、市役所上がりの裕福な定年退職者が多いのも、厭な感じで、私は参加しません。

況して、私企業の病院が経営する「デイ・ケア・センター」や「老人ホーム」の人手を補う為に“ボランティア”を募集して手伝わせている事も何か変です。募集に応じて其処へ行き手伝っている方は、老人福祉の為に寄与していると思っているのでしょうし、其れは事実ですが、実体は営利企業の収益アップに寄与している事が分かっているのでしょうか?
その人本人が納得してしている事に目くじら立てる必要は無いと言われますが、世相に便乗して人をタダ使いするサモシサに嫌悪感を感じるのです。
何故なら、最初から営利を目的にして始めた事業で、誰の強制も受けずに起こした事を自覚せず、安易にスタッフのタダ使いを組込んでいたのかと、腹が立つからです。

兎角、蒙昧なる庶民は何時も上手にタブラカされて居るのです。
メンテ
鳩山親子の魂胆 ( No.879 )
日時: 2010/08/25 11:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:yAyaBq2A

聞き捨てならないことを聞き(読み)ました。

>・・・話が飛ぶが、昨日鳩山首相は小沢と会談、民主党を分裂させないためにも小沢に代表選出馬を遠慮してくれと申し出たそうな・・・

>・・・しかし鳩山が、民主党創業者としての視点だけから党の分裂回避を重視するなら・・・


ならば、

鳩山は親子揃って自家営業(家業)としての民主党を作るために多額の私財を出していたことになる。

これは何にもまさる民主主義に(国民に)たいする冒涜であり、政治資金に関わる最高の犯罪であることになる。

残念ながら、そのように考えれば鳩山の不可解な態度が理解できる。

事実であれば、事実でなくてもその流れを承知した上の言動であるなら、

鳩山は死刑相当である。
メンテ
Re:常に上手がいる、そして気がつかない民衆・・・ ( No.880 )
日時: 2010/08/25 14:59
名前: 満天下有人 ID:ZJF2cR1A

・・・反戦はん、以前、終戦直後に伊丹万作氏が終戦直後に、あの戦争で国民は全く罪がなかったのかという随想を紹介したことがありました・・・

上から言われるとすぐにお国のためと、人を村八分にしてまで町内会長中心に自らのグループを守る体質・・・現代では介護問題にその気質が滲み出ている・・・役人どもの怠慢を受けて立つ庶民のボランテイア活動、純粋な気持ちの方々も多々居られるとは思うも、少なくとも私の狭い範囲では、参加しないと心やさきないとして何か白い目を感じます・・・変な同情心と変な排他的気質・・・助け合う前にもっと言うべき相手があるはずではないかと言うと、もうダメですね、触らぬ神に祟りなしと言わぬばかりの風情だ(笑)・・・

お上たちによって誘導される変な同情と助け合い、戦争中とよく似たものを感じますね・・・そして介護関係がいかに業者中心に組み込まれているか、用品価格の高いことにいつも驚きます・・・そして高い介護保険を払い続けているのに、いざとなると介護日用品などに適用される保険の制限が何と多いことやら・・・

・・・上には上がいる構図、要するに日本人気質をうまく利用するという構図は、至る所で目にしますね・・・

こいつらにいくらカネ使っているのか、財務省主計局による最新の、22年度公務員人件費なる資料に行き当たりましたが、民主党とてこれを一気に減らす気はない・・・長い時間かけて薄めて行こうとする・・・

国家公務員 5兆2千億円(内自衛隊2兆900億円)
地方公務員21兆7千億円

これには特殊法人公益法人は含まれていない・・・そして、毎度の繰り返しになりますが毎年3.5兆円補助、そのために財投債で約2兆円借金を繰り返している・・・老人医療費の増加なんてもんじゃない・
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存