ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2689] 森友学園問題の真実
日時: 2017/03/09 14:48
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:RbRG0Hig

良くあること、またかという思いで、初めはあまり興味も湧かなかったのですが、皆さんが興味を持っておられるようなので、検証してみました。

いろいろな問題があるようですが、国有地払下げの問題について。

8700uあまりで評価額9億5000万円の国有地を、1億3000万円で払下げを受けた問題。
豊中市の土地の公示価格は、沿線で道路が狭い場合は10万円/u、広い場合(この場合結構広い)で15〜25万円と言ったところ。
該当の評価額は、約11万円/uで少し低めの評価。

土地の購入と言うのは普通は公示価格を最低とし実際は必要に応じて高くなるもの。
それをゴミが埋めてあるから、そのディメリットを考慮して8億円を値引きしている。

その財務省の売却予定価格でもゴミ処理費用を8億円見ていたと言うこと。
ここが、そのそも問題であり、どうしてゴミ処置に8億円も見たかである。
豊洲の問題のように科学汚染された場合は、土砂は総入れ替えしなければならず、かつ汚染度を処理しなければならない。
ところが、森友学園が取得した土地のゴミは生活ゴミであると言う。

ネットの情報によれば2000m3の量であるようだ。
2000m3のゴミを処理する費用を算出する。
まずは運搬費用について、捨てに行く場所によって異なるが、仮に1台のダンプが1日に2回往復できる場所に捨てに行くとして、何台のダンプをチャーターしなければならないかと言うと。
10tダンプとして、2000÷10=200台。
1日に2往復するとして200÷2=100台をチャーターしなければならない。
1台の1日のチャーター料を5万円として、500万円。

さて、そのグミをダンプに積み込み手間がいる。
これはユンボという重機が必要。
普通、工事現場では、1m3の土を掘り起こしダンプに積み込むまでの費用を800〜1500円/m3程度見る。
対象がゴミという厄介なものなので、仮に2500円/m3として、2000×2500円=500万円

さて、まだ問題があります。
そのゴミを捨てる場所が有料なのです。
昔は、ただ空き地にゴミを捨てていたのですが近年は、ゴミが大量になり、それではすまず焼却できるものは焼却し、資源として再利用できるものは再利用できるように粉砕し仕分けします。
そのために、これらの施設にゴミを運び込む場合思うより費用が重なります。

その費用は物によって違います。
簡単に焼却できるものは5000〜10000万円/m3 コンクリート系のものや金属、プラスチックなどは高くなります。
しかしながら現在では高くても25000〜30000万円と言ったところです。

生活ゴミならばたいていは焼却の対象なので、その仕分け費を見ても、15000〜20000万円/m3も見る必要はないでしょう。
仮に2万円を見ても、2000×2=4000万円。

都合、2000+500+500=5000万円がゴミ撤去費となります。
ゴミを取り去った後を新しい土で埋め戻しても、その費用は高々、2000×3500〜4000円=700〜800万円程度。

このようなことが常識なのに、初めから財務省は8億円と計算していた。
この計算に実態は関係なく、初めから森友学園に1億数千万程度(市場価格で言えば13億円にもなる物件)で売り渡すための計画がなされていたと言うことです。
何時、誰がやったのでしょう(もちろん安倍ですが)。

国会での質問の要旨は、財務省側の予定価格が漏れていたことを問題にしていますが、とんでもない猿芝居で、そのような質問をする議員自体が不正の共犯者の様なものです。

かつ、当該土地の売却の入札では、はっきりと談合が行われていたと言うことです。
談合に応じる不動産業者を集めた入札を行っていたと言うことです。

なにせ国有地の払い下げは多くの不動産屋にとって目玉商品。
民間であるなら、1回限りの商いで相手にどんなに嫌われようと平気ですが、相手は国、ここではおとなしくしてないと長期的に見れば、どのような嫌がらせをされるか解ったものではない。

鴻池か誰かは知らないが、旨く自民党を利用した森友学園の願いを聞き入れざるをえなかったと言うことで、常識の問題です。
私が腹が立つのは、こうした根源的な問題に、メディアさえも近づいていないことです。


メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 森友学園問題の真実 此れは悪質な疑獄事件です ( No.9 )
日時: 2017/03/11 21:57
名前: 贅六@関西弁 ID:Qw6br/EI

我々素人でもちょっと考えたらわかる事を、此の森友事案を取り巻く各関係方面の連中は臆面も無く遣って来たんだすなぁ。

現在の安倍自・公政権がここまで鉄面皮で恥知らずやったとは、呆れると同時にその幼稚さに可愛そうになって仕舞いますわ。

安倍は、この問題にかかわりが有れば、今の職を辞し、議員も辞める! と大見得を切ってましたが、今はクスッとも言いまへんなァ。

自・公も、橋下も、松井も、勿論安倍一族も、この問題に深く関わってるのは明々白々ですのに、皆ダンマリを決め込んでこの嵐が通り過ぎるのを首をすくめて遣り過ごそ、としてます。

仲でも鴻池のオッサンはとんでもない食わせ物でっせ! このオッサンもテレビ取材の前で外連味たっぷりに大見得を切って見せましたが、此の声高な吠え方がいっちゃん怪しいでんがな。

人間は、何事に付け「隠すより現る」又は「天網恢恢疎にして漏らさず」で、ワテが見る限り、あのオッサンの虚勢にしか見えまへんわ。
メンテ
Re: 森友学園問題の真実 ( No.10 )
日時: 2017/03/12 03:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:VK56n4LM

民進党の玉木雄一郎議員が森友学園問題で、別の場所で撮影されたゴミの画像に疑念を投げ掛けています。

問題となっているのは国有地の8億円減額の根拠として国が提出した資料で、民進党の玉木雄一郎議員は「私には同じ場所を違う角度から撮った写真にしか見えません。もしそうだとしたら、国有地の8億円減額の根拠として政府から提出された資料に偽りがあることになります」と述べ、資料に違和感があると指摘。

この玉木雄一郎議員の指摘を受けて一般人が調査したところ、全く同じ画像の角度を変えただけで、中身が一致していることが判明しました。国は1か所で撮影した複数の写真を使うことで、複数の地点でゴミを撮影したように誤魔化していたということです。

森友学園が買収した国有地には地面の約40%に相当するゴミがあったとされていますが、根拠とされた資料に画像の捏造が発覚したことで政府の証言その物が怪しくなったと言えるでしょう。

http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/251.html


小学校用地として大阪府豊中市の国有地を格安で取得した学校法人「森友学園」を巡る一連の疑惑について、同市議や弁護士らが11日、真相究明を求める集会を市内で開いた。主催者側は土地の売却交渉に当たった財務省近畿財務局を、近く背任容疑で大阪地検に告発する方針を表明した。

http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/248.html

(転載終わり)


さあ、総攻撃だあ!

贅六さん

この線で総攻撃すれば、少なくとも安倍は消去できるでしょうね。

だが、それだけではね!

しかしながら、トランプが、いよいよ日米間のFTAを言い出しました。

安倍だけは、早急に始末しなければなりません。

8億の問題では済まないから。
メンテ
Re: 森友学園問題の真実 ( No.11 )
日時: 2017/03/12 12:40
名前: 贅六@関西弁 ID:c65hO6Yg

さぁ 其れでんがな ! 民進党には死ぬ気で頑張って貰いたいけど、共産党の調査能力に期待いたします。

昨日あたりから、豊中の市議会でもこの疑惑に付いて調査が必要との動きがおますが、いささか遅きに失した感無きにしも非ずですが、彼等にも大いに頑張って欲しいと思いまんなぁ。

まァ、ねェ、狡賢き籠池は「日本会議」のメンバーに成って、政治屋とパイプを繋ぎ、利益誘導を図ったんだすが、どっこい! 政治屋の方が一枚上手やった! 色々バリアを用意しといて、此れはヤバイ!と成ったら簡単にしっぽ切りをしまんねん。

籠池が「しっぽ切りをせんといて呉れ!」ちゅうてる声が悲痛な響きを持ってましたなぁ。

でも、此れは彼が自らまいた種、自分で蒔いた種は自分で刈り取らなしゃぁ無い、ちゅう事だんがな。
メンテ
前代未聞<時の宰相の国有財産横領事件 ( No.12 )
日時: 2017/03/12 17:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:VK56n4LM

公的機関や組合等の巨額横領・着服事件

>年金横領問題

年金横領問題とは社会保険事務所の職員・地方社会保険事務局の職員・市町村職員などが年金保険料を 横領した問題の総称です。

年金横領問題は2007年5月に表面化した「年金記録問題」の確認作業の中で明らかになったもので、 発覚しただけで社会保険庁職員による横領が50件で1億4197万円、 市区町村職員による横領が49件で2億77万円となっています。

>外務省機密費流用事件

外務省機密費流用事件とは2001年に発覚した問題で、 外務省要人外国訪問支援室長であった松尾克俊により約9億8800万円もの 官房機密費が横領されていた事件です。
松尾克俊は横領した金で競走馬の購入、ゴルフ会員権の購入、 高級マンションや女性へ浪費などのに使用しており、 事件発覚後に詐欺罪で逮捕され要人外国訪問支援室は廃止となりました。


>長野県建設業厚生年金基金横領事件

長野県建設業厚生年金基金横領事件とは長野県建設業厚生年金基金の掛け金約24億円を 元事務長であった坂本芳信が横領した問題です。

この事件で坂本芳信は資金を送金する際に一部を抜き取るという手口で、 44回にわたり約28億8000万円を抜き取っていました。

坂本芳信は2014年6月25日に行われた裁判で、業務上横領罪と収賄罪の最高刑である 懲役15年と追徴金430万円の判決が言い渡されました。

>青森県住宅供給公社巨額横領事件

青森県住宅供給公社巨額横領事件とは、青森県住宅供給公社の経理担当主幹であった千田郁司が 1993年2月から2001年までに約14億5900万円を横領した事件です。

この事件で千田郁司はチリ人妻であるアニータ・アルバラードに約11億円送金し、 チリにプール付きの豪邸などを建てていましたが、2001年に発覚し千田郁司は裁判で 懲役14年の判決を受けました。

>茨城県国民健康保険団体連合会巨額横領事件

茨城県国民健康保険団体連合会巨額横領事件とは、 茨城県国民健康保険団体連合会の元会計課主任であった森知勇により 約11億円が横領された問題で、森知勇は裁判により懲役14年の判決を受けました。

>河内長野市職員生活保護費横領事件

河内長野市職員生活保護費横領事件とは、 都市建設部まちづくり推進室主査であった宮本昌浩により 2億6千万円以上もの生活保護費が横領された問題で、 宮本昌浩は平成25年10月21日に逮捕されました。

>安中市土地開発公社横領事件

安中市土地開発公社横領事件とは、安中市土地開発公社の経理担当であった 多胡邦夫が、1987年から1995年にかけて約51億円を横領した問題で、 多胡邦夫は裁判で懲役14年の実刑判決を受けました。

>山梨県消防協会横領事件

山梨県消防協会横領事件とは、山梨県消防協会の会計担当であった若尾佳奈が 約1億4000万円を横領した事件で、若尾佳奈は2013年9月25日に逮捕されました。

>撚糸工連事件 撚糸工連事件とは、

日本撚糸工業組合連合会の元経理課長の横領に端を発する 理事長の横領、国家公務員や現職国会議員への贈収賄事件です。

横領については 1985年の日本撚糸工業組合連合会の元経理課長である三谷健一 による約2億7000万円の横領事件、 1986年の撚糸工連理事長である小田清孝が約7億6000万円資金を 撚糸工連の口座から私的に引き落とした業務上横領事件があります。

>飛鳥会事件

財団法人飛鳥会理事長である小西邦彦は、j法人の年間約2億円の収益を7000万円程度と過少に申告し、 数年に渡りその差額約6億円を横領したとして、2006年5月8日に業務上横領で逮捕されました。

銀行の巨額横領・着服事件

>滋賀銀行9億円横領事件

滋賀銀行9億円横領事件とは、滋賀銀行山科支店の行員である奥村彰子が 交際していた男性に貢ぐ為に、約9億円を着服していた事件です。

(引用終わり)

さて、今回の森友学園問題ですが、
上で紹介したように、チンピラ職員の公的資金横領はあっても、大物政治家と言われる者が、国家財産を横領した例は見当たらなかった。

もっとも明治の初期、井上馨こと井上聞多という維新の大立者がいました。

尾去沢銅山汚職事件と井上馨

江戸末期、南部藩(現在の岩手県)は財政難におちいっていました。そこで藩の御用商人であった鍵屋の村井茂兵衛という者から多額の借金をしていました。

しかし、当時の身分制度からくる慣習により、その借金の証文には藩から村井に貸し付けたということになっていました。井上馨はこの証文を盾に村井に借金の返済を迫り、村井の所有していた現在の秋田県にある尾去沢銅山を没収してしまいました。これにより村井は破産に追い込まれました。井上はさらにこの銅山を同郷人で自分の腹心である岡田平蔵に競売で払下げ、銅山に「従四位井上所有」という立札を立てさせて私物化を図りました。


如何でしょう、安倍の犯罪は、ここまで遡らなくては例がないのです。

そこで、公的機関や組合等の巨額横領・着服事件に新たな項目を付け加えましょう。

>森友学園事件

時の宰相安倍晋三が、御友達の籠池の事業を助けるために、9億5000万相当の国有地を、ほとんどタダ同然で財務省に払下げさせた。


メンテ
Re: 森友学園問題の真実 ( No.13 )
日時: 2017/03/16 20:23
名前: 鞍馬天狗 ID:TisjkWPM

横レス、ご容赦願います。

安倍総理夫妻はじめ、自民党公明党の関係者の面々は、籠池元理事長の言動を見、飛んでも無い地雷原に這入り込んだ物だと、今頃苦り切って居るでしょうが、自業自得と言うべきです。

私が自民党の議員で在っても「野郎はトンデモねェ変節・裏切り野郎だ!」と言うでしょう。

彼、籠池氏は、報道などで見る限り、自民党議員に一片の仁義も通していない感じがします。其れと言うのも、政治屋連中は事が露見するや、手の平を反して「俺は知らない」「私は関係ない」等“われ関せず”の態度に豹変した事に、本人も言って居た様に「尻尾切りをされて堪るか!」と小出しに政治屋の関与を示す材料を出している様に見えます。

今日、3月16日も、籠池氏の自宅の前に大勢のマスコミその他有象無象が群れて、籠池氏から何らかの情報を得ようとして居るようですが、フッと良からぬ想像が私の脳裏を翳めました。

現場の殺気立って騒々しい雰囲気から、若しかしたら籠池氏は何者か刺客によって殺害されるかも知れない、と言う不吉な予感です。

もうず〜ッと以前の巨額詐欺事件が有った時、取材のマスコミの人達に紛れて何かの筋の指令を受けた刺客が、主犯クラスの男を刺殺した事件が有りました。

話変わって、今日のニュースを見て居まして、籠池氏に或る筋から、「一週間ほど姿を隠してくれ!」と言う話があったとか言うコメントが流れていましたが、此の疑獄事件は安倍自・公政権の命運に関わる大事件なので、事件の解明が進むと大勢の中央・地方を合わせた政治屋たちの身辺が危ない! 

由って一日も早く震源地の「籠池」を消去しなければ成らないと言う、機運が醸成されて来るのは想像に難く無いからです。大きな地雷さえ取り除けば、その妻や息子は震え上がって若しかしたら姿を隠すであろう。 そうなると後は何とでも有耶無耶に出来る。

と言う私の危惧が外れると宜しいのですが、過去に何人かの政治家の不審な死が有った事を思うと、いや、全く桑原、桑原、です。
メンテ
Re: 森友学園問題の真実 ( No.14 )
日時: 2017/03/16 22:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:brc/Tyd6

鞍馬天狗さん はじめまして

籠池元理事長が意外な言動をし始めて、面白くなってきました。

思い上がった安倍の実に馬鹿らしい犯罪ですね。
稲田大臣のお粗末な国会答弁も、自民党自体の衰退を感じます。

同時に、このような事件に対して三面記事的な興味を示すに留まるメディア、国民の対応も情けなく思います。

日本でも、政治家を巻き込む疑獄事件では、不審死亡者が出ています。
籠池氏も危ないでしょうね。

ですが、これほど派手に言いまくっていれば、容易に消すことも難しいのではとも思っています。

もう少し希望の見える記事を書きたいですが、やりきれない思いでやっています。
鞍馬天狗とは、あなたも相当お年の様ですね。

レスをありがとうございました。
メンテ
ごみ処理費 8億2000万円の根拠 ( No.15 )
日時: 2017/03/17 10:00
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MeVmp2VY

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/200125/1
(全文引用)

 いよいよメチャクチャな展開になってきた。大阪・豊中市の私立「瑞穂の國記念小學院」(寄付金を募った際の名称・安倍晋三記念小学校)の国有地の激安払い下げ問題で、また新たな仰天事実が発覚だ。

 学校法人「森友学園」が校舎建設中に地下で見つかったと主張し、土地を管理する国交省大阪航空局が撤去費用で約8.2億円を見積もった「埋設物」について、現地確認したとされる財務、国交の両省が、揃って“見ぬふり”をしていた疑いが浮上したのだ。

 民進党や共産党などの野党が指摘している通り、この問題の疑惑のひとつは、大阪航空局が算出した埋設物のバカ高い「撤去費用」が適正だったのか――だ。2016年3月11日、森友学園から埋設物発見の連絡を受けた財務省近畿財務局と大阪航空局は3日後の14日、現地を視察したといい、その後、撤去費用の積算根拠につながった。

 ところが、民進党の玉木雄一郎議員が22日の衆院予算委第八分科会で、この現地確認について「近畿財務局と大阪航空局が(16年3月14日に)現地確認した場所はどこなのか」「どの(杭打ち)穴から埋設物は出てきたのか」と質問すると、答弁に立った国交省の佐藤善信航空局長はシドロモドロになり、「私どもも聞いていません」などと答えたのだ。

 公共事業の工事現場では、日時や場所を書き込んだ小黒板を設置し、工事前後の写真を細かく撮影して記録しておくのが常識だ。公共性の高い学校の敷地から大量の埋設物が見つかったのであれば、発見場所や状況の詳細を記録・保存しておくのは当然だろう。「分からない」で済むはずがない。それでいて約8.2億円の金額について、佐藤航空局長は「想定しておくべき撤去費用を積算した」とか言っているからフザケている。

 要するに財務、国交の両省は森友学園の「言いなり」だったワケで、もはや職務怠慢を通り越して“グル”だったと言っていい。

■豊洲問題と同じになってきた

 公共事業が専門の五十嵐敬喜・法大名誉教授はこう言う。

「豊中市の国有地売買の問題は、東京・豊洲市場の問題と同じです。つまり、土地の適正価格がよく分からない上、きちんとした入札が行われずに、不透明な金額で売買されたこと。豊洲も豊中も、地下に汚染物質やごみが埋まっていながら、片方は売買金額が不自然に高く、もう片方は安かった。豊洲問題で都議会が百条委員会設置を決めたが、豊中のケースも国会で厳しく追及するべきです」

 日刊ゲンダイは地下埋設物の撤去を担当したとみられる業者を直撃したが、応対した人は「分かる人間がいない」と言うばかり。やはり森友学園の籠池泰典理事長はもちろん、当時、売買に関わった財務、国交の両省担当者を参考人招致するしかない。
メンテ
2015年9月4日のこと。 ( No.16 )
日時: 2017/03/17 10:19
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MeVmp2VY

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-377017/
(全文引用)

疑惑の会合の当日、安倍首相も現地に滞在していた。戦前回帰のアナクロ学校法人「森友学園」への国有地“爆安”払い下げ問題をめぐり、共産党が国会で暴露した財務省近畿財務局での価格交渉会合。財務省は当日の交渉記録をすでに廃棄したというが、安倍首相の動向もかなり怪しい。この日は国会をわざわざ抜け出し、大阪入り。安保法制の審議が大詰めを迎えていた時期に政治のウラ側で何が起きていたのか。ひとりの高級官僚の存在が一躍クローズアップされている。

 近畿財務局9階の会議室に関係当事者が集結したのは、2015年9月4日のこと。森友学園側からは「瑞穂の國記念小學院」の校舎建築を請け負った設計会社と建設会社の両所長が出席。共産党の調査によると、土地を管理していた国交省大阪航空局の調査係と近畿財務局の統括管理官を相手に、埋設ゴミの撤去について、かなり高額な費用を提示しながら話し合ったとされる。

 午前10時から2時間に及んだ交渉が終わった頃、安倍首相は伊丹空港に降り立った。その後、読売テレビの2番組に出演。読売テレビは近畿財務局から車で10分程度の距離にある。国会開会中の平日(金曜)に現役首相の地方出張は異例で、ましてや当時は安保法制審議がヤマ場を迎えていた。

 東京からの中継という選択肢もあったのに、午後6時過ぎの飛行機で再び羽田へトンボ返り。安保法制の鴻池祥肇・参院特別委員会委員長(当時)に「一国の首相としてどういったものか」と不快感を示されても強行軍を敢行した安倍首相には、大阪入りへの並々ならぬ決意を感じざるを得ない。

「国交省はこの日、小學院の校舎建築に対し、補助金約6200万円の交付を決定。翌日には首相夫人の昭恵氏が、園児に教育勅語を暗唱させる『塚本幼稚園』で講演、小學院の名誉校長に就任しました」(問題を取材するジャーナリスト)

 これらのタイミングが安倍首相の大阪入りと重なったのは、単なる偶然だろうか。実は出張の前日、安倍首相は国有地問題のキーマンである高級官僚と会っていた。

 当時の首相動静を見ると、午後2時17分から10分間、官邸で財務省の迫田英典・理財局長(現国税庁長官)と会談。理財局の主な仕事は国有財産の管理だ。つまり、国有地の売却を差配する責任部局のトップから、安倍首相は何らかの報告を受けていたのだ。

「迫田氏は安倍首相の地元・山口県豊北町(現下関市)出身で、東大法学部卒。昨年6月17日付の定例人事で国税庁長官に“棚上げ”されるまで、82年入省同期の福田淳一・現主計局長と次期次官レースを争っていました」(財務省関係者)

 トップの事務次官ポストを狙う高級官僚が、時の首相に取り入るために「花を持たせる案件」を常に探り、ライバルと忠誠心を競い合う――。官僚組織を扱う小説や映画では、そんなシーンがよく出てくる。

 野党は今回の問題で迫田氏の国会出席を要請しているが、与党側は一切、応じようとしない。迫田氏はやましい要素がなければ、身の潔白を進んで証明したらどうか。

「森友学園との国有地の売買契約締結は昨年6月20日。1年未満の案件の交渉記録が既に廃棄されたのは不自然です。いずれにしろ、国有地は理財局長の決裁がなければ動かせないし、その際は次官の了承を必ず得ることになります」(財務省OB)

 交渉当時、財務次官だった田中一穂氏は、第1次政権時代に首相秘書官を務めた安倍首相の“大のお気に入り”。

 同期2人が次官に就いた後の異例のトップ人事には、安倍首相の猛プッシュがあったとされる。疑惑の登場人物が皆、安倍首相と強い接点を持つのはなぜなのか。
メンテ
これぞ、真実<森友学園の用地の、ごみ撤去費に関する情報。 ( No.17 )
日時: 2017/03/17 10:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MeVmp2VY

森友学園問題の本質は「適正な売却価格」ではないかもしれない
http://www.keieikagakupub.com/38DEBT/adw/pc/korea_vsl.php?ts=adw_img_d&gclid=CI34iOWv3NICFcWWvQodOCAMAw

野党は、森友学園が国交省の見積もり通り土壌汚染対策を実施していれば、ダンプ4000台分の土砂の搬出があったはずだが、近隣住民からそれを裏付ける証言は出てきていないことから、実際には土壌汚染対策に8億円もかかっていない可能性が高いことを指摘している。

こうした指摘に対して、森友学園の理事長はその事実を認めたうえで、全ての土砂を搬出したのではなく、搬出したのは校舎部分のみであり、校庭部分はそのままにしていると証言している。

こうした国交省の見積もりの前提となる工事を行っていなかっただけでなく、堀出した一部の土砂は搬出せずに敷地内の埋め戻しに利用したという指摘もされている。

ヒ素や鉛といった有害物質を含んだ土砂を、小学校の敷地の埋め戻しに使用するというのは常識的に考えられないことであるし、そのことを国が見逃しているとしたら信じられないこと。ヒ素や鉛が検出されている土地に小学校を立てるのであれば、全ての土砂を入れ替える土壌汚染対策をとる必要があることは明白なことである。

朝日新聞では、「11年にこの国有地の取得希望を国に伝えていた別の学校法人は朝日新聞の取材に対し、撤去費を約2億5千万円と見積もっていたと答えた。12年4月に国交省から『大量の埋設物がある』と知らされ、見積もりをゼネコンに頼んだ。撤去費をふまえ、7億〜8億円だった購入希望額を約5億8千万円に下げたが財務局から低いと指摘され、断念した」ことが報じられている。

こうしたことがあった後、国は2015年の5月に森友学園との間で将来の売却を前提とした土地の貸付契約を結び、森友学園が廃材などの撤去工事や土壌改良を行ったことを現地で確認したうえで、その費用として1億3000万円余りを学園側に支払っている。

森友学園が、別の学校法人がゼネコンから得た見積もり額である約2億5000万円の半額で廃材撤去や土壌改良を行ったことが決め手になったのか、国は2013年夏にこの国有地の取得要望を伝えてきた森友学園と2015年5月に土地の売却を前提とした貸付契約を結ぶことになる。

そして、2012年に5億8千万円でも安過ぎるといっていた国有地を、その4分の1以下の1億3400万円で森友学園に売却することを決定している。

こうした経緯を踏まえると、初めから森友学園に国有地を売却することが決まっていたのか、あるいは森友学園に安価で国有地を売却しなければならない何かしらの事情が生じたのかのどちらかであったのではないかという疑念が湧いてくる。

もしかすると、この部分が今回の問題の本質かもしれない。

(引用終わり)

ここに書かれているように、森友学園が当該用地を取得する前に、別の学校法人が、その用地の払い下げを申請したおり、すでにゴミが放棄されていることが解っており、購入費を下げるために、ゴミ処理費を25000万と算出し払い下げ価格の交渉をしていた。
交渉のネタであるから、その2億5000万円も法人側の希望価格であり、公正な金額とは言えない。

その後、森友学園が当該用地の払下げを希望し、実際の払下げ前に10年間は借地(借地料年間2730万円)として学校建設に着手すると言う契約を近畿財務局とかわした。

そうして着工したものの、実際にゴミが出てきて、その処理費用が負担になると、財務省から1億3000万円を支給された。
それなのに、当該用地の購入費から、ごみ処理費として8億2000万円を引いて売却している(ごみ処理費を二重に計上している)。

10年間借地すると言いながら、実際は1年間の借地料、2730万円を支払っただけで1年後には払下げを受けている。
その価格は、なんとゴミ処理費として以前に支給された1億3000万円とほぼ同じである。

要するに、ゴミ処理費を返す代わりに、当該用地をタダで手にしたのである。
まあ、1年間の借地料は支払ってはいるが。

要するに、初めから当該国有地をタダで森友学園に払い下げることが決まっていたのである。
払下げ価格の1億3400万円は、単なる以前に渡した1億3000万円に金利を足しただけであり、土地の評価額ではなかったのである。
このようなことは、有力な政治力が働かなければ出来ることではない。

前の2つのレスから考えて、個人的な関係から考えて、日本会議の関係から考えて、安倍以外にこれを企んだ者はいないことは明白である。

また、これほど稚拙で粗雑な事件を起こすところは、さすがアホ総理と言える。
このようなアホに国政をゆだねていることは、危険極まりない。

ここまで来れば安倍政権は終わることは確実であるが(自民党が籠池の喚問を機縁たのは安倍を切った事である)、1日も早くしなければならない。

安倍、安倍で

5年ほどやってきたが、ようやく終わりそうである。




メンテ
Re: 森友学園問題の真実 ( No.18 )
日時: 2017/03/17 11:42
名前: 勢六@関西弁 ID:qGHjCRFg

チョッと話が短絡的ですけど、この際、安倍自・公政権は政治の舞台から身を引いて貰いたいですなぁ。

こない言うても、あいつ等、横領と口利きで肥え太ってますねんさかい、辞める筈おまへんけどねェ。

ま、ほんまに、「もう、ムチャ、クチャ、で御座りますわァ!」 て言う、昔ラジオで聞いたアチャコの声が聞こえて来そうだす。



とは言え、「昔は良かった!」てな事は申しまへん。明治以後、ニッポンが「議会政治」を初めてこの方、ず〜ッと絶える事無く政治屋と役人は私腹を肥やして来ましたんですよってねェ。此れは日本だけに限らず世界中何処も彼処も皆おんなじ事してまんねんけど、

名前は忘れましたが、南米の小国のナントカ言う大統領みたいな政治家は、正に“60数億人分の1”の人間で、斯う云う人物は未来永劫二度と出て来んのや無いか? て思いますわ。

話がガラッと変わりますけど、あんまりにも酷い世間の風から一時遁れて、平安のこころに成る為に、クラッシックを聞きに行きまんねん。て言うても、関西地方にもこの頃ゴマンと有る「アマチュア・オーケストラ」ですけどね。アマチュア言うても1000円とか2000円とか入場料取るとこもおますけど、わてはもっぱら「タダ=無料」のオーケストラを選んで行きまんねん。

「アマ・オケ」「学・オケ」いろいろ有りますが、上手い楽団も結構おまっせ。彼らは趣味で遣ってますねんけど、その趣味を遣る人間が、結構大勢いてて、ワテらに音楽を提供して呉れる。彼らの演奏を聴きながら、今の日本の政治屋共の汚さに比べたら、此の楽団の連中は何と純粋なんやろ! と頭が下がります。今の政治屋の連中に、此の楽団のメンバーの「心根」の半分の純粋さが有ったら、ニッポンは数倍住みよい国に成るのになァ! とつくづく思いますわ。        
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存