ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

無能政治のままで良いのかな?日本(3)>米変化で新たな大航海時代が始まるのに ( No.694 )
日時: 2017/07/23 12:14
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/10 19:45名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

贅六はんの嘆きは、ずっと共有しております。

休みなく動いている現実、時代の行き詰まりと、それに対処する微かな変化も含んだ現実、これらにも鈍感な有権者国民。地球が誕生して国なるものが形成されて来る途中で、わが国はアジアの最東北・極東に生まれて、地勢的な四季の変化の中で、大陸文化の大きな影響の下に国が創られてきました。

その歴史を概観して見ても、忖度の情が強い国民性の所為か、時代転換の重要な局面で、相手にも色々事情もあるのだろうとして、やんわり、ほんわかと変化に対処し、自律的な変化を遂げることは出来なかったように見えます。良く言えば穏やかで親切な民族、悪く言えば己の釜戸に影響が及ぼされない限り、人任せで過ごしてしまう。

贅六はんだったか青いトマトさんだったか忘れましたけど、黒沢明監督の名画・七人の侍」で、農民たちが強盗退治に侍たちを雇い、強盗退治に成功した途端に、隠していたオコメなどを取り出して祭り騒ぎを始めるが、事が済んだら侍たちには一顧も与えない。自分たちの事なのに、人任せにしてずるい素質がある(笑)。

親方米大統領でも、誰がなろうが火の粉が己の頭に降りかかってこない限り、他人事で、国内の政治に対してもその傾向が如実に出ます。

革命だと、勇ましい言葉を被せながら、にわか輸入の西欧文明になじもうと、押っ取り刀でチョンマゲ結ったまま背広にネクタイ締めて、これからどのような国にして行こうか、まあ、向こうに行ってから考えようや(岩倉使節団)笑・という程度ですから、何も自らによって変革できない。この度のシンゾーによる米経済学者訪日召請にも、その気質がよく出ておりました。

最近ニホンザルさんが出て来られなくなりましたが、氏の見解では特に長州閥にそれが多いと常々言っておられました。(今日は珍しく書いておられたが)

皇室と明治、昭和史に詳しい文筆家・半藤一利さんの幕末史を読むと、当時の手紙のやりとりを根拠に、驚くほどいい加減な国創りの模様が記されています。

『(国創り会議で)やることはあくびにタバコ

慶應四年九月から明治元年となりました。翌明治二年二月に新政府が東京に出てきて、いよいよ新しい国家づくりを開始します。といっても、全員がいっぺんに出て来た訳でも無く、順番に住む家を整えて出てきますから、太政官のすべてが揃ったのは三月頃のようだった。

ところが新政府の仕事といっても、田舎出といっては悪いのですが、長州や薩摩、土佐出身のどちらかといえば下級武士、しかも「左様、しからばごもっとも」の政治すらやったことがないような連中だらけ。加えてどこまで能力があるのかわからない公家さんたちが寄ってたかって、がたがたやってもろくな政治が出来る筈もありません。てんやわんやであったことは言うまでもありません。それを示す手紙がいくつもあります。

まず明治二年二月一日、東京に来ていた木戸孝允が京都の三条実美、岩倉具視に宛てた手紙には新政府や色んな人達の内情が記されています。

「諸藩も旧藩のときより驕気は大いに増長し、名義とか名分とか申すものは、声のみに成り果て、藩力を以って相応にわがままに朝廷に申立て、御一新のご趣意を体し奉り、皇国をして万世に維持仕り候などと申す所作は甚だ少なく、多くはただ己に利を引き候ことのみにて、このままにては、四方小幕府の相乗り候様の姿と相成り、決として興起の基は相立ち申さず。」

(現実の維新戦争も、大義名分とは裏腹に、西欧から与えられた近代武器を手に、ただ戦をする衆寓によって進められた有り様が、生き生きと表現されている)

「薩長土肥だけでなく、戊辰戦争に勝った、勝ったと言うだけの色んな藩がいい気になって東京に出てきているが、うぬぼれのぼせた気持ちが増長しているだけ。皇国とか御一新だとか声だけは盛んに政府側にあれこれ申し立てるけど、国家づくりというものを、今後いかにあらしめるべきかについては、全く考えもせず、多くはエゴイズムだけである。」

木戸孝允からの手紙を読んだ京都の三条実美は東京にきて見て、同じ惨状を京都在の岩倉具視に記している。

「内外、実にもって容易ならざるの状態にて、ほとんど瓦解の色相現れ、この有り様にては不日大壊乱に至るべく、誠にもって危急存亡のときと、ただただ焦思苦慮仕り、浩歎に堪えず候」

(まあ考えて見れば、維新の志士と呼ばれた連中の当時の年齢は、平均35才くらいで、血気にはやるだけで思慮深い国創りを求めること自体がムリであったかも)

それにしても外の流れというか、ある意味狡猾な西欧文明連中相手するには、思慮、分析が足りない。今でもそうなのだから、これはもう民族気質としか言いようがない。最初は「舶来上等」から始まって、資源が無いと欧米資本主義には勝てないとなると、他国満州収奪に向かい、これに欧米が反発すると今度は、「鬼畜米英」となる(笑)。

米国に占領されてしまうとまた、アメリカメリケン上等ね、となってまた、元に戻る(笑)。吉田茂が敷いた路線は戦後長く続きました。物資不足だから高度経済成長に乗れたのも不思議ではなかった。だが良き中間層が形成されたのに、政治が向こうの言いなりになって、金融不安を介してそれをまたぶっ壊しやがった。
まあ国民も、あの高度成長期の発展で生活が向上したものだから、元々関心が薄い分野のことなど、二の次に放置してしまった。政治に関する感覚度は、都知事に舛添を選んでおきながら、長い時間をかけていじくり回すことに熱中する有り様によく現れています。即刻辞任させる方向に手順を切り替える段階に入っているのに、些か気持ち悪くなるほど、イジメの体質で追及しているだけのようにしか見えなくなりました。

この少し異様にも見える追及の仕方、むしろシンゾー政治に向けられるべきなのに、それはやらない。

南沙諸島にロシア海軍までが出て来ました。新米大統領はかなり難しいかじ取りを求められることになると予想しますが、わが国官僚どもはまだ話が通じるヒラリーが大統領になって欲しいと願っていることでしょう。トランプをとてもじゃないが、相手にできる能力はないと思う。ましてや米国民でさえ強い支持表明を与えたサンダース議員の、社会主義的政策が実行されることは、極度に嫌うでしょう。嫌う一方で改革改革と、言葉だけを発する日本国。維新の時とその体質は同じです。

でも、上記木戸や三条の手紙にも記されているように、有り様を憂うものがリーダー層には居ました。今やどうでっしょう。1億総鈍感状態です。世界情勢は変化し、覇権の構図が変わって来る。世界は第二の大航海時代に入った感じがします。ということは新たな羅針盤が米大統領選の合間に着々と準備されている。

わが国はどうでしょう、羅針盤をシンゾー一派の自己都合で、取っかえひっかえするだけで、ただ無為に日々をムダに過ごしているだけではありませんか。
メンテ
無能政治のままで良いのかな?日本(4)>戦後隷属の基となった講和と日米安保条約 ( No.695 )
日時: 2017/07/23 12:22
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/11 16:34名前: 満天下有人 ID:H3c56B22

贅六はんが言われる通り、午前中にサンフランシスコ講和条約締結、午後は吉田茂が一人単独で、日米安保に署名。何故吉田だけが単独署名人となったのか、他の一万田や池田勇人などの全権大使が、安保条約には署名したがらなかった、よって吉田が自ら一人で責任を負うと乗り出したのでしょう。

しかし考えて見れば、あの真珠湾奇襲から全面敗北の日本を、緩やかな講和条約で済ませたアメリカには、深い条件がもぐり込まされていた、それが日米安保で、その意味を深く知っていたのは吉田茂一人だったのでしょう。第二次大戦中、外交官であった吉田は、中国における日本権益擁護論者で、しかし一方で戦争が終われば米英覇権が必ず強くなると見ていたから、米英を刺激するほどの外交もしておらず、とにかくソ連嫌いでは有名だったようで、そのような吉田の資質を見抜いていたアメリカは、講和、つまり日本の独立を認めるアメを投げておきながら一方で、米軍永久駐留を認めさせるムチを、日本が同時に受け入れないだろうと考え、ソ連嫌いの吉田に気脈を通じて、ひっそりと日米同盟を吉田人に署名させたのでしょう。

同盟条約である以上、両国は双務契約の義務を負わねばならず、アメリカは双務契約だと言っても、こちら当時の詳しい事情を知らぬ代に変わるにつれて、片務契約ではないかとする日米安保反対論が強くなり、そして今やアメリカも内籠りに変わろうとしている時に、こちらでは日米同盟について波風も立っていませんね・・・これが不思議でしょうがないのですが、外務官僚以下、対中国政策上、日米同盟は継続とするヒラリーが大統領になると読んで、安閑としているのでしょう。

仮にトランプが大統領になった場合は、日韓の防衛費は全額日韓で負担せよと言ってるのだから、その場合の日韓の防衛費の負担増はどれくらいになるのか、先日軍事専門家による概算では年15兆円とか言ってましたが、詳細内容について誰も言わないから(多分官邸から口止めされている)、ほんとうのことは分かりません。

吉田茂による講和及び安保条約をアメリカが急いだのは、一重にソ連に対峙する必要があったからでしょう。

今回も、中国が覇権領土にする南沙諸島海域及び尖閣諸島に、早速ロシア艦艇が現れた。アメリカ変化によって変わるであろう覇権構図で、今回もロシアが絡んで来るようで、歴史は繰り返すの様相になって来そうです。今回はウクライナ問題でのロシア経済制裁封じ込めに対するロシアの日米牽制行為でしょう。

その中で、長い歴史で1000年に亘る中国の支配と70年に及ぶフランスの植民地化にもめげず、ヴェトナム戦争後にも侵略してくる中国には、米ソが放り出した中古兵器で戦うしぶとさを持ち、今やアメリカとも仲良くする、自立心をバネにした上手な外交を展開する。先月の伊勢志摩サミットには、同国フアン首相がオブザーバーとして列席しておりました。

強い自立心を軸に多面外交をやれる能力がある。我が国の政官は、何故それができない、何度も言いますが維新の時に既に、対外的無能力を示しております。今後も変わらないと思います。このような土壌の上に、何の構造を改革しようと言うのでしょう。
メンテ
無能政治のままで良いのかな?日本は(5)>日本人のノー天気さを危惧した元米諜報員 ( No.696 )
日時: 2017/07/23 12:27
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/12 07:35名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

民主党大統領候補に事実上決まったヒラリー女史、二位につけたサンダース候補を副大統領に指名する事をほのめかしていたが、今度はそのサンダース議員が、最後の最後まで指名選を闘うと宣言、自分の主義に妥協は無いとの意思表明なのだろうが、仮にヒラリーが共和党トランプに本選で勝って大統領になった場合、サンダース議員も政権に入ってその社会主義政策を実行できる場を持っておいた方が良いと思えるのに、強い支持がある手前、支持者に対しても政権入りを匂わされて、やはりニセ者だったと言われてはならないから、そう簡単に政権入りにイエスを出す筈も無い。

オバマ大統領が特にサンダース議員と会談をしたいと言い出していることも、異例のことのようだ。それほど社会主義者サンダース議員に対する米国民の支持がすごい勢いで増えていることの証だろう。

ま、米国民でもないからどっちでも構わないことだけど、真に格差社会を是正して行くには、野に下るより、政権内に居て影響力を行使し、世界にも影響力を発揮し、変わる米国民を世界に発信して欲しいものだ。何だかだ言ってもアメリカ、その変化は世界にも影響して来るから。

ヒラリーも内政面では元々健康保険充実論者だから、サンダースも必ずしも政策面で対立しないように見えるが、こと外交に関してはサンダース議員の思想は分からない。大統領が変わって内籠りに転じても、国際政治、通貨、貿易上、米国にとって中国のやり方が密接な影響力を持っている以上、中国とは関わらない訳には行かない。いや真に内籠りしないなら、真の世界変化も起こらない。キイワードは世界に関わり合はないとやって行けない多国籍企業に、新大統領がどう向かい合うかにかかって来る。ヒラリーはイスラエルロビーにおんぶに抱っこしてもらっているから、従来と同じだ。

ヒラリーもかねがね中国は、大量の米企業などの情報を盗んでいる、ルールを守れ、守らないなら責任を取らせる、とまで宣告した対中国強行派だ。米安全保障局NSAの諜報員であったスノーデン氏がロシアに亡命する契機となった2013年5月の、香港で英紙ガーディアン紙への暴露会見、NSAが毎月米国内だけで30億件、全世界では1000億件に上るインターネットや電話の傍受を行っていたことを暴露してしまった。実はヒラリーまでがこのスーパー国家情報機能を私用に使っていたとして、今回の大統領選のネガテイブキャンペーンに利用されているのだから、お笑いだ。

NSAは情報大企業であるマイクロソフトやアップルなどのソフトウエア企業、ヤフー、グーグルなど検索エンジンを起点とする情報企業、AOLやスカイプ、パルトークなどコミュニケーションに端を発する企業からフェイスブックやユーチューブなどマルチメディアSNSに至るまで、様々な異なる情報企業から、ユーザ個人を特定するメタデータを含む情報提供を受け、あるいは傍受し、それら正味の「ビッグデータ」を、強力な検索エンジンで解析している。

それは例えば日本人1億人の生活に於ける親族関係から宗派、学校での成績の内容など、発言を繋ぎ合わせて思想傾向の把握、何から何まで個人情報を瞬時に取り出せるという。アメリカドラマでよくお目にかかる追跡装置まで付けられて、一挙手一投足まで監視されているあれが、現実のようだ。このアメリカのやり方は行き過ぎだとしてスノーデン氏はロシアに亡命した。その亡命劇もいずれドラマ化されるだろう(笑)。

先週4日に東京で開かれたシンポジュムにTVインターネットで参加し、米国は既に日本人一人一人を監視対象としているのに、だが日本人は世界で最も政治に対するコントロールが薄い国民であることが、これからの日本のネックになるだろうと警告していたようだ。

15、6世紀にスペイン、ポルトガルを中心に始まったあの時代の大航海は、荒海という自然を越えてでも、別の世界の発見、それもただ発見するだけでなく、その資源を奪取するのが目的であった。

現代の大航海とは、既に始まっているネットによる、膨大な情報収集によって行われる。それは超ハイテク情報企業群によって行われる。通貨戦争なる言葉と同列で、情報戦が次の大航海時代のリスクとなる。
余談だが、そのスーパー企業群はどこで技術を磨いているのか、中東のシリコンバレーと言われるイスラエルである。世界的な大企業が研究開発拠点、生産拠点を置いていることで知られている。
 IBM、インテルは40年以上前から研究開発設置しており、マイクロソフト、シスコシステム、グーグル、アップル、フェイスブックなどもM&A等を通じ、研究開発拠点を開設している。特に、インテルは同国内に複数の生産拠点、研究開発拠点を有しており、イスラエル国内での従業員数は約1万人で、同国最大の民間企業と言われている。IT関連以外でも、GE、ファイザー、シーメンス、SAP、ネスレ、フィリップスなどが研究開発拠点を設置している。

国民の動向は全て把握され、そして当人たちはノンビリ構えて、シンゾー支持率を50%にまで引き上げる感覚は、スノーデン氏に指摘されるまでもなく、わが国の将来へのネックになってくることだろう。
 
メンテ
無能政治のままで良いのかな?日本は>終わりの始まりを見物させて頂きましょう ( No.697 )
日時: 2017/07/23 12:34
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/13 15:54名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

終わったと思うのは贅六はんだけではありません。私も、良き昔に戻ろうというスローガンを掲げながら、昔よりひどい政策を臆面もなく遂行し、言葉と裏腹に失敗しても、昔なら潔く切腹する義も感じず、正反対に隠し騙しに専念するようなヤツが国のトップを続けて、そしてそれを何となくボンヤリ支持している有権者の存在に、「終わり」の始まりを感じています。

政治、経済、社会評論家のあいば氏が、私と同じような国の分析をしているので引用させて頂くと、『相当離れた場所から、日本の世の中を眺めていると、“物語で、でっち上げられ”(古事記、日本書紀)たと云う歴史の原点を持ち、明治維新で、その物語性の上にペンキを塗りたくった。「脱亜入欧」という“物語を重ね”「廃藩置県」、「神仏分離」をおこなった。そこで、日本の歴史改竄が二重に行われた。そして、第二次世界大戦でボコボコにされるまで、“二重の物語”の中をほっつき歩いていた。そこで、「物語の中に生きる日本」が大きく是正されれば良かったが、アメリカンデモクラシーと云う香辛料を吹きかけられて、“手にも負えない”愚民を生むに至った。

その愚民度は、年年歳歳ブラッシュアップされ、遂には「物語しか口にしない内閣総理大臣」を生むに至った。しかし、愚民たちは、まさか内閣総理大臣や日銀の総裁や、日経新聞やNHKが、真面目な顔で「物語を読み聞かせている」とは露知らずなのも、ムベなるかなである。なにせ、話している内閣総理大臣が「物語ではなく真実だ」と思い込んでいるわけだし、次第に「物語を作る」事になれた、官僚もマスメディアも、土台に「物語がある」という記憶を飛ばしてしまうので、「物語が真実」になってしまう』

端的に言うなれば、有権者たちはアベノミクスなどと言う物語が語られると、それが現実のように洗脳されてしまう、そういうことを指摘されたものだと思います。まあ昔から言われてきた俗諺、ウソも百回つけばほんとになる、というあれですね(笑)。

昨日は元米諜報員スノーデン氏の発言を紹介しましたが、現役時代スーパー情報機器によって世界中を分析した結果、一番ノンキな国民は日本人であったと発言したように、でもこれは、民族性というか、気質ですから変えようがないことで、でも世界は何がしか変化する方向へ向かっている時、そしてアメリカがモンロー主義傾向を強めた際に、独立してやっていけるのかどうか・・・一番怖いのはシンゾーのような体質の男が権力のトップに居て、得体の知れない日本会議とかの右翼がその精神的支柱になっている時、自立精神があの太平洋戦争に繋がった時と同じような形で、独立しようというムードになってしまうことです。

ヴェトナムのように、したたかに多角的に対処する能力が、わが国にあるのかな?日の丸バンザイ突撃的な単純さもこの国の特徴ですから。

いずれにしても先月の伊勢志摩サミットで、トンチンカンな世界情勢分析が遺憾なく発揮されて世界の笑いものにされ、わが国の行く先に何の羅針盤も無いことがまた明らかになりました。もう終わりの始まりを見ている気分です。
メンテ
無能政治のままで良いのかな?日本(6)>ささくれ立った世相と市場 ( No.698 )
日時: 2017/07/23 12:40
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/14 07:04名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

来る日も来る日も、些細なことで信じられないような人殺しが起る。今日も傘がぶつかり合ったとかで、片方が相手を刺して、死んでしまった。似たような事件が全国に広がっている。行き場もやり場も無いような閉塞感が、突発的に人まで殺してしまい、そしてそれが当たり前のような社会になってしまっている。

やり場の無さが集大成されて何かの運動にはならず、個人個人が内に籠めてしまって、はけ口が無く、吐き出した時の相手は、何の罪も無い個人なのだ。

そのようなことをぼんやり考えていたら、日経平均500円以上の大暴落とのテロップが目に止まり、こちらは別に同情する必要も無い(笑)。おお久しぶりにスカッとした下げ振りではないかと(笑)眺めていたら、そのインパクトは英国国民のEU離脱を望む%が、留まるべきとの世論を遂に上回ってしまったのが、金融市場にまたパニックを起こし、久しぶりに世界同時株安が見れた。

アメリカが世界に関わり合うのはもうよそうとの傾向が強まり、右旋回に回り始め、フランスでも右翼政党が勢力を増し、英国でももう手を広げてEUにとどまる必要はないとの国民が過半数を超えてしまった。どこもかしこも、ささくれ立った空気が広がり始め、金融、証券市場も余りタチが良いとは言えない乱高下を繰り返している。

今日の600円近い日経平均の下げで、円は逆に105円にまで上昇した。もう日銀クロダバズカー砲などと言う言葉を使うのも嫌なことになってしまったが、日銀クロダのあの慌てたマイナス金利の発動も、金融市場にささくれ立ったムードを醸し出した。具体的には三菱UFJが国債入札の恩典がついているプライマリーデイーラー(PD)の資格を返上すると言い出した。つまりこれまで政府が発行国債消化の為に特別に仕組んだ制度が、政府債務の増加によりPD22社の中に不安感を醸成していた所へ、マイナス金利導入で市中金融機関では損失が増えて来る、このままだと三菱UFJは国債勘定が7.4兆円の評価損になるから、アホらしくてやっておれるか、というムードが出て、トップの三菱UFJが降りたとなって、そこえ英国のEU離脱で株が大暴落、例によって円は逆に暴騰。

一体、日銀の実態はどうなっているのかと思って、最新のこの3月期の決算書を見たら、やはり財務諸表は悪化している。前期10兆円あった剰余金が約▼6兆円減ってしまっている。為替損失約▼7.7兆円が大きく影響している。これまでの為替介入によるポジションを円安過程でキメ細かく整理していなかったからだろう。途中での円安を利用せず放っておいて大損こいている。民主党政権の時もそうであった。米国債でせっかく50兆円も利益出していたのに、外貨は簡単にいじるものではないとして、まんまとアメリカの通貨、財政策に遊ばれてしまった。

そして債券取引損失引当金は逆に4500億円積み増している。自ら発動したマイナス金利の反動に備え始めたということだろう。日銀の剰余金減は、その分国庫への還付が減るということだ。国民税金によって国債費も賄って来たのだが、クロダバズカー砲超金融緩和で税収が増えるとしたものが、実際にはその日銀がノド元を占め始めているのだから、世話は無い(笑)。日銀の純資産は3.5兆円しかないのに、こんな下手な操作をやっていたのでは、今回3月末決算ではスイスバーゼルクラブによる取り決め自己資本比率8%をかろうじて維持しているが、このままアベノミクス支えに加担すると、三菱のようにトップ銀行による国債もう結構という行為を背景にとんでもないことが起る。日銀内部でも金融政策変更時(QEの出口)には約7兆円の債務超過になるだろうと予測計算まで始まっている。

マイナス金利は結局最終的には、市中金融機関としては採算上一般預金者の各種預金金利を下げる方向に向う。かくして一般はオカネを箪笥預金にしてしまう。それでも内閣総理大臣様はGDP600兆円にする!と号砲だけは勇ましく、やってることの結果は、逆さまにしかならない。

こんな状況を世間はどうすることも出来ず、はけ口も無く、うっぷんを晴らす対象として、個人を選んでしまい、ささくれ立ったムードが世間に充満してくる。

メンテ
独立国家⇒共同体⇒また独立国家へ>不寛容時代のなせる業か ( No.699 )
日時: 2017/07/23 12:46
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/15 07:36名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

資本主義世界経済危機が起ると、その指標である株式市場は暴落する。日経平均など暴落幅が一番大きい。だが為替となると何故か、円に逃げ込んでくる。為替市場が主要通貨のペアー取引になっているから、ドルにせよユーロにせよ、自由通貨である円にリスクをヘッジしてくるから、しょうがない。まあ円高でも結構で悪い事ではないし、主要企業は既に海外生産工場を持っているし、別にどうということもない。

困るのはアベノミクスと日銀だけだろう。円安にして物価を上昇させ、国家借金の目減りを謀ったのに、日経平均は二日連続で大暴落、EU各国でEUに加盟している意義が薄れてきて、EU離脱の世論がどんどん増えている。

通貨面では日本株式市場暴落にも関わらず、円に逃げ込んで来るから、ユーロなど約3年ぶりに119円半ばまで暴落。その分、対ユーロでも円は高くなった訳だが、昨日も指摘させて頂いたように、為替で巨額損失を蒙った日銀が、ユーロも保有していたとすると、更に損害が増えて財務は更に悪化する。

明日は日銀定例の政策員会が持たれる。クロダハラグロを共にする委員共が、またシンゾーをよいしょして参院選目的で追加金融緩和をやるのか、ミソはそこにある。英国EU離脱旋風によるだけの円高を、クロダ円が防衛し切れるものではない。ただ政権維持の為に、公共政策であるべき金融政策が、国民にとって何のクソ役にも立たない方向で行はれる。

英国のEU離脱世論が、残留すべしの世論を上回ったのは、あのスコットランド独立国民投票時に似ていて、事前の世論では独立が大勢を占めていたが、結果は英国として残留すべしが勝った。事前の予測に危機感を持った中間層が増えた結果であったと同じように、今回も23日の英国国民投票まで、確かなことは言えないらしい。

でも、長年に亘って豊かな風土を荒らして絶えることがなかった欧州内での戦争。これを避け、同時に米ドル圏に対抗し得るような広大な経済圏を創ろうとの発想で出発したEU。だが共同体政府を誰が動かすのかで、政治が漠然としてしまい、唯一、統一された通貨ユーロではあったが、その発行と諸国の財政もまたEU政府のサジ加減でそれぞれの国情に合った政策が取れなくなり、ギリシャ問題のようなことが起ってしまった。

そして共同体参加国の内、出発時点での経済状況面ではむしろ負け組からスタートしたドイツ、サブローンショックからも一番脱出が早く、一番の経済力をつけてしまった。そして共同体なのにドイツだけが主権を持ってるかのような不満が、参加国に充満してきた。米シンクタンクの調査によると、全欧州を通じ、EUで行こうとの支持率が17%も低下し、国別でみると、

支持する :ポーランド72% ハンガリー61%、スペイン47%、英国44%、フランス38%、ギリシャ27%。

そして年齢層別では若年層の支持が56%に対し、中高齢層では31%に激減している。歴史を知っていて、結局は共同体など夢物語であり、現実は各国が実情に合わせて工夫して主権国家としてやって行くしかない。その矛盾が最も影響したのが難民問題ではなかろうか・・・・事実上フリーパスで国境を越えてくる難民対策も、共同体として解決しようともせず、旧諸国に任せてしまっているでは、共同体の意味を成さない。

特に人種、風土、歴史的発展経過の違いなどを越えて、共同して生活して行くところまで人類というヤツは、まだそこまで脱皮していない、いやそれが本能かも知れない。そして最後は主権を求める本能がある限り、それをカバーできる経済的平等しか手が無いのに、北米自由貿易圏NAFTAがそうであるように、むしろ不平等を創ってしまっている。
そこにトランプのような移民排除を掲げる者が、大統領候補として民衆の支持を得ている。正に絵に描いたような共同体ユートピア論排除の構図である。

特に不寛容の時代に代わった、と言うよりも、寛容であるべき筈のものが、共同してやれない状況ばかり産み出すものだから、バラバラに戻ってそれぞれが主権国家としてやって行かざるを得なくなっているのが、今の状況ではないか・・・バラバラになって一番懸念されることは、共同体の中では戦争は起らないが、それぞれが独立してしまうと逆にぶつかり合いがモロに出て来はしないか。

それを避けるために安全保障体制を造り直しても、そこに不平等が混じると、共同して安全を保障し合えなくなる。人間と言うヤツは、どこまで行っても利害関係にある生き物のようだ。
メンテ
独立国家⇒共同体⇒また独立国家へ(2)>共同体という美名に隠れた支配主義 ( No.700 )
日時: 2017/07/23 12:53
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/15 12:29名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

英国EU離脱を問う国民投票が近ずくと共にクロ−ズアップされ始めた国際共同体の本質。

一見、国境も無く通貨も同じ、労働条件なども平等にする理想社会のように見えるが、現実には生臭い人間、それも人種、歴史、風土も違う集団同士のいがみ合いの上に構築されたものであるから、どこかで火花も散ることがある。

それでも英キャメロン首相のように、個々に火花が散るようなケースがあっても、共同体維持によって大きな火花にならない、戦争が防げるメリットが大きいとしてEU維持論を唱えている。もし英国がEUから離脱すれば、欧州大陸で大紛争が必ず起るとまで予言している。離脱でもっと怖れていることは、離脱すればまたスコットランドで英国からの独立運動に火をつけかねない。

そして国民世論の手前、残留する場合はEU政府に対し英国の特権を担保することを求めると言ってる。「英国の特権を求める」とまで言う所に実は、共同体の本質が見え隠れする。共同体理論の根底にある概念は「スープラナショナリズム=超国家主義」である。人種も国境もなく、自由貿易もできて花園のような共同体、そこに残留すべしとする英首相が、では何故英国特権を求めるのだろうか?

超国家主義とは、参加する諸国は独立した国家主権なるものを放棄し、共同体だから政治の中枢は、EU政府というこになり、参加国はそこへ全ての政りごとを任せねばならなくなる。だが実際は、では誰がその共同体政府を選び、運営の議決は誰がどのように決めているのか、そのプロセスがはっきりしない。

異人種、異歴史文化の集まりを共同体政府は、どうやって合意に持ち込めるのか・・・結局、実質上のリーダーが必要となり、現実には独仏が実質上のEU政府になっている。ギリシャがいくら財政支援を求めても、それは助けない。何故か、通貨ユーロと、それを供給する国債発行権を全て、主権放棄の上EU政府に委ねてしまっているから、助けるか助けないかはEU政府とECBの判断でしか決済されない。

英国はEU参加国であってもユーロ通貨には加盟していない。已然として自国金融政策で動かせるポンド経済を維持している。英キャメロン首相の残留条件である英国特権とは、このような通貨問題、そして大事な財政政策の裁量権は確保しておく、そういう意味である。ドイツに言うままにはならない、その特権をリザーブしておこう、そういうことだから、共同体などと言うものの本質は実は、美名のもとにどこかが労せずして実質支配できる集合体ということになる。

北米自由貿易圏NAFTAや、特にTPPにスープラナショナリズムの本質が見える。参加したら主権は無くなり、憲法違反であっても、TPP裁判所の決定権の方に優先権があり、そしてそこでは参加国の公平な共同による合意ではなく、全てアメリカ、それもユダ菌多国籍企業が実権を握っている。

今回の英国EU離脱問題で、参加国にもEU不支持の機運が盛り上がっているが、これを上手に押さえて回っているのがゴールドマンサックスでありモルガンスタンレーなどのユダ菌多国籍金融資本である。そのあくどい手法はギリシャ問題が起った時に発覚していた。

次にEU残留反対派の主な理由は、共同体とは名ばかりで、実質はドイツが握っており、ヒトラーのイメージと重なって、悪夢の再来を感じ、ローマ帝国以来欧州には、欧州統一の夢が根を断たず、ナポレオンやヒトラーのような奴が排出する土壌があり、現在のEUにもその野望が根底にあるから、何事にも慎重さを要する、と。

そのアジア版が正に米ネオコンが多国籍企業の手に乗ってやろうとしたTPPである。我が国の場合は、その手先になったのが何と、内閣総理大臣様自らなのだから、夜もオチオチ寝られない。まあ、終わりが始まった国だからどっちに転ぼうが同じことではあるのだが・・・それにしても長州下級武士が如き何のオーラもない輩によってではなく、騙されるにしてもも少しましなヤツに騙されたいものだ(笑)。

メンテ
遂に殺人まで起こしてしまったブレグジット問題 ( No.701 )
日時: 2017/07/23 13:00
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/17 13:00名前: 満天下有人 ID:yJ68zwLA

ブレグジットとは、ブリテイン(英国)が、EUから退出する(イグジット)の二語を組み合わせた造語で、勿論、英国のEU離脱問題を意味している。ギリシャが離脱するのではないかと騒がれた時は、ギリシャ(グリース)が組み合わされてグレグジットと言われた。

そのブレグジット問題に関し、EU残留の集会を開こうとした英国労働党の女性議員・ジョージコックス女史(41)が、集会準備中に射殺されてしまった。

男性二人が言い合っている所に仲裁に入った議員を、片方の男性が発砲、その時男性は「ブリテイン・フアースト(英国第一)と叫んだそうだ。

ブリテイン・フアーストとは、英国の右翼政党、ここにも世界的潮流となった右翼抬頭が、共同よりも独立国家覇権を望む傾向が見れる。フランスでもEU反対、移民排斥でクローズアップされて来た右翼政党・国民戦線が折に触れ名を上げている。

でもG7の中でも先進国の右翼政治は遅れている。我がジャパンを御覧なさい、既に日本会議なる右翼と思想を共にする政権が成立している(笑)。何が気に要らなくてそうするのかさっぱり分からないが、世を悪い方へ悪い方へと変えて行く。

英国離脱懸念で金融、証券市場は大暴落を重ねている。特に大きな金融市場を持ち、それが経済のパイを維持しているシテイを持つ英国の離脱懸念が、世界市場を揺さぶっている。残留を嫌い離脱せよとの主張に右翼は、現行市場制度の破壊も望んでいるのかどうかは、知らないが、まあその部分もあるだろう、ハンガリーが政府紙幣発行権を振りかざした右翼首相に向って、右翼層は快哉を叫んでいたのだから。

我が右翼政権も今回の大暴落を、苦々しい気持ちで眺めていることだろう。大暴落の後、昨日も大暴落し、今年の最安値を更新してしまった。一昨日、昨日と日銀は、これをどうすべえか政策審議委員会を開いたはずだが、いつもと違って大々的な報道が無い。恰好が
悪いからか、もう打つ手がないからか、両方の所為だと思うが、小さな声で、金融政策は現状維持というだけで、いつもの、アベノミクス支えには何でもやると言っていた勇ましさが、引っ込んでしまった(笑)。だって資本主義の終焉を意味するマイナス金利を導入しておきながら、これ以上何をやったところで、資本主義的市場が上向くはずが無いからである。

対ドル、対ユーロに対し、数年ぶりの高値を示現した円。でも先月アメリカによる為替操作監視国に指定されてしまったのでは、政府介入の手も出せない。遂に円は昨日103円台にまで一気に跳ね上がった。一般生活者にとっては別にどうということもなく、少しは物がまた安くなることを歓迎するだろう。だって物価上がったところで実質生活指数は下がるばかりで、でも国民生活を破壊する方へ傾く右翼権力は維持したいと言う、実に不思議な国だから、西欧理論など当てはまらない。

ブレグジットもまあ、間もなく納まるだろう。欧州ヘッジフアンド金融筋270社、79%が、英国のEU残留を予想しているし、賭け事の好きな同国ブックメーカーでも、残留確立が65%に持ち直しているから・・・。

メンテ
大英帝国のプライドと現実の狭間に悩む老大国 ( No.702 )
日時: 2017/07/23 13:06
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/18 14:27名前: 満天下有人 ID:n101Butk

贅六はんが言われる通り、今日の近代世界文化の元祖は大英帝国にありとのプライドが、忘れられてたまるか、常に話題の中心にいるぞ、との誇示のムードも確かに感じられます。

その典型例が最近見られました。エリザベス女王が国賓として英国を訪れた中国習金平一行の振る舞いが癇にさわったらしく、それをグチった所を運悪くTVの集音機に拾われてしまったのだが、同時にそれに対する世界の論評は、何言ってるのだ英国は、中国におもねて経済の素を中国から貰おうとしているくせに、というものでした。

そこに英国のプライドと、一方でどこかと共同することで経済を維持せねばならない狭間に落ち入ってる老大国の苦悩が感じられましたね。中国のアジア巨大インフラプロジェクトAIIBに、他国は慎重姿勢を崩していない時に真っ先に手をあげて参加を表明したのも英国でした。

ドイツで発祥したロスチャイルド家、次男のネイサン・ロスチャイルドがロンドンで成功し、英国を今日の金融国に仕立て上げたように、ロンドン・シテイを世界の金融取引の場にして英国は、経済を維持している。米ロがケンカしていてもプーチンにはロンドンでのルーブル取引の道を開き、中国を牽制するアメリカをしり目にロンドン・シテイで元取引の場を創ってる。

英国は1973年にヒース政権下でEUの前身EEC加盟を決定したものの、当時から加盟に疑問を示す国内世論が強く、1975年にEECからも脱退する国民投票を実施した前歴があります。そのような事がある度にポンドが売られ不安定になる。今回もそうですね、ポンド下落は激しく、ロンドン株式市場も大幅下落。まあこれは騒動の発祥地ですから、しょうがない。

このような英国金融証券市場の本質を見抜いたヘッジフアンドのジョージ・ソロスがイングランド銀行相手にポンド売りを仕掛け、イングランド銀行はこれを買い支えることができず、ERM(欧州為替相場メカニズム)を脱退。ソロスは巨利を得て今日の世界的投機家の地位を築いている。20ほど前にソロスにやられてしまったトラウマが、今回、イングランド銀行の早々のコメントになったのかもです。

今回は英中央銀行イングランド銀行が、国民投票の結果、仮に離脱となった時に備えて巨額金融支援の準備に入ったとロイターが伝えており、EUに残留すべしとの残留派が残留すべしの理由では、この金融経済の破綻を最も恐れていることが、イングランド銀行の声明に出ているように思えます。

離脱派の理由で最も大きいのが、EU加盟のままだと難民=低賃金労働者が際限なく流入し、自国の安定した雇用が脅かされることにあるようです。そういえばEU継続賛成派が最も多かったのがポーランドやハンガリーなどの経済が破綻していた旧東欧圏の国々でしたから、離脱派の言い分は、旧ソ連圏を助けるような制度に加盟していること自体がナンセンスだという訳です。

この考えが右翼思想とうまく合致したのが、大英帝国のプライドと共に、今回の離脱・残留騒動の根底にある訳で、色んな要素が絡み合ってるように見えますね・・・私が注目している要素は、アメリカでもトランプのような過激な国益を唱える者が出てきて、フランスでも右翼ル・ペン女史が率いる国民戦線が名を上げ始めている。

国益を極端に前面に出し、それが右翼思想と一体化した時が、独立国家同士の覇権のぶつかり合いとなって、大きな戦争になる。核兵器とまでは行かないとしても、軍事産業にとってはヨダレが出そうな状況が出てきそうです。EU離脱x右翼x軍事産業xユダ菌金融資本・・・この要素が全部詰まっているな、との角度からブリグジットを見て見るのも、面白いですよ(笑)。

メンテ
口曲がりは根性曲がりのせいか、麻生さんよ ( No.703 )
日時: 2017/07/23 13:22
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

★★★この内容は、私たち国民生活者にしたら、本当に大変重要なことですよ〜!!!

   安倍も麻生もとんでもないゴロツキ一味です!!!

   日銀黒田も3人、それともう一匹、菅チンパンジーも早く牢屋に入って、国民に今まで飲み食いし、使った税金返してください!!!



日時: 2016/06/19 10:46名前: 満天下有人 ID:twT0ShN2

東京新聞より引用:「いつまで生きるつもり」麻生氏発言、北海道の集会で

『麻生太郎副総理兼財務相は17日、北海道小樽市で開かれた自民党の集会で「90になって老後が心配とか訳のわからないことを言っている人がテレビ に出ていたけど、いつまで生きているつもりだよと思いながら見ていた」と述べた。消費拡大が経済の浮揚につながるとの文脈での発言だが、高齢者の侮蔑とも 受け止められかねず、論議を呼ぶ可能性がある。
 麻生氏は国内で1700兆円を超す個人金融資産があるとして「みんながじーっとしているのが、今最大の問題だ」と指摘。「あったらその金は使わなきゃ、何の意味もない。さらにためてどうするんです」などと話した後、この発言をした。 』

このおっさんも、あの曲がった口でよく失言する。失言とは言ってはならないことを言う事で、言ったことは日頃から思っている事である。間違えて言ったのではなく、本心を言ったものである。

言ってはならない事以前に、財務大臣ともあろうものが、よくもまあこんなことを言えるものだと思う。出来の悪い経済学部初年生の類である。日銀は1万円札紙幣を発行すれば、印刷費約25円差引いて約9,975の利益が出るとかトンチンカンなことを言った、内閣総理大臣様と、どっこいどっこいのレベルである(笑)。バカか、日銀は政府が国債を償還した時(もうあり得ない、というか不可能)、同時に発行円を消却せねばならないのに、中世の領主が発行した金貨とは全く違うことも知らない。

麻生がいう可処分金融資産が1700兆円あるという話はほんとか?。確かに日銀最新資金循環統計の、部門別金融資産、負債統計を見ると、家計部門金融資産は1,706兆円となっている。

だが細かく見ると、家計負債が390兆円ある。そして社会保障基金積立金509兆円が資産に含まれている。これを差し引くと・・・

1,706兆円−390−509=807兆円である。国全体として見た場合、政府証券負債が約830兆円ある。普通国債の残高だ。ではこれを買うそのオカネはどこから出たのか・・・郵貯や銀行、生保が国債を引き受けたからである。ではそのオカネは誰の?となる。主力は零細個人たちが郵貯、簡保、銀行などに大勢預金して、巨額の資金となり、国はそれがあるから会計の資金繰りが可能となる。

麻生が家計金融資産1700兆円が眠っている、だから消費が振るわず景気が回復しないと言う時、家計金融資産は間接的に既に郵貯、銀行を通じて提供してしまっており、残るは国民家計が営々と積み立てて来て手をつけてはいけない、つけられない社会保障基金がほとんどなのである。

そして政府政策が、財政の基礎的収支を赤字にせずに0にする為に、社会保障費を削減する方向に対し家計は危機感を持ち、消費を極力抑えに走る。当然の生活行為である。一般的には少々食品代価格が下がっても、税負担と保険料値上げに対し年金減額がずっと続き、可処分所得はかなり下がってしまっている。なのに一方で物価を上げることに釈迦力になる。

なのにこのバカ大臣は、G20ではIMFに10兆円すぐに出す!と、恰好をつける。毎夜銀座を徘徊できる大金持ちのフトコロ(これも公費を使っているのだろうが)と庶民の支出感覚の違いさえも分かっていない者が、財務大臣であり、それに輪をかけたような男が総理大臣様なのだから、もうこの国は終わりが始まったとしか思えないし、事の自然法則からしても成り立たない。世界はそのことに気が付き始めているというのに。

戦後米隷属の構造を創り上げた吉田茂首相の孫のことだから、元々根性が曲がって生まれたのか、口曲りは何かを暗示しているようにしか見えない。高齢者に向っていつまで生きてるつもりかとの発言、そっくりお返ししよう。「いつまで政治家やってんの?早く辞めてくれ」・・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存