ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間はクビ無しチキン、21世紀で世界は終わるのか? ( No.384 )
日時: 2017/07/09 14:56
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

★同感です〜。。。

日時: 2015/02/06 02:25名前: 贅六 ID:i5zU6ujI

は、は〜ん、皆はんのお宅の政所もそないな傾向がおますか! いやいや、ワテとこもおんなじですねんけど、何処も同じ秋の夕暮れ、ちゅう奴でんなぁ。

世間には、知的で教養も有り、シッカリした事を喋るオナゴはんも大勢居てはるんですが、ワタイらの身辺にはそうや無いオナゴはんが多過ぎますわ。現にウチのおばはんもそうで、二段論法やったら何とか思考回路に叶うんですが、三段論法に成るともう頭痛がするようでんな。

そやから、「風・桶 論」と成ったらもうお手上げですわ。 説明してやった時は、判ったような顔してますねんけど、ホンマは解ってぇしまへんねん。前の話題に関連付けて考える事が出来まへん様だすわ。

漫才は見ててゲラゲラ笑いよるんだすが、落語の“長講一席”を、「オイ、此れオモロイでェ」ちゅうて聞かしてやろ思ても、途中で必ずゴソゴソ他の用事始めよりますわ。

もう一つ、内のおばはんは“お上 信仰”が抜け切らんとこがおます。「市役所がチャンと考えてる筈や」とか「政府が其処まで悪い事するやろか?」てな事を、しょっちゅう云いよるんですわ。

そこでコッチャは向きに成って「カクカク、シカジカ」と巧妙な悪だくみを説明しよ とすると、「もう、判った、判った」ちゅうて頭痛持ちみたいな顔で、人の話を遮りよる。 こっちはもう白けるだけでんなぁ。

以上、ボヤキの一席でおました。 何方はんも失礼、御免!
メンテ
文明の衝突(3)>国家同士の対立なのか? ( No.385 )
日時: 2017/07/09 15:01
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

日時: 2015/02/06 09:36名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

ハンチントンが言った民族のアイデンテテイとしての文明の衝突。それは現代にあっては同じイスラムであっても衝突している。同じイスラム圏でも、それぞれ部族が違い、それぞれの部族のアイデンテテイの違いによって衝突が起こっているとするなら、ハンチントンの分析も正しかったことになるのだが、でも彼が言ってたことは、イスラムを一つの文明圏として、他の文明圏と衝突するという分析だったから、目下のイスラム内における衝突の説明がつかない。

も一つ整理しておきたいことは、イスラム「国」という呼称である。私も彼らを呼ぶとき ISISと略して使っていたが、その後色んな資料から学んでみると、ISISなる呼称は既に使われていないようだ。現在では Islamic State で、ISが英語圏での正式呼称らしい。

お勉強の序に(笑)では、Stateとは何じゃい、という次の疑問が出て来る。誰もが知っている Unaited States Of America = USA で、ステーツは国家を現すということからISのSが、イスラム「国」と日本語では訳されたようだが、イスラム国と言っても別に、国家としての実態がある訳ではない。明確な統治領域を有している訳でも無い。

そこで英語の State には色んな意味、ある状態を示す時のその状態も State と言うし、また述べる、言う、演説するのも State と言う。

ISが使っている場合の State は、言葉の意味、前者の「ある状態」を示す場合に使う State を意味しているのであろう。政治的「状態」としての State という意味であり、地域、国境などを有する地勢的国家という意味では無い。そういう国家を創ろうとしていてもだ・・・・

言葉の意味、後者の「述べる」と言う代表的概念を表しているものが、米大統領が毎年念頭に行う一般教書演説で、The State of the Union address  である。これは米憲法で規定されており必ず行われなければならない。 The Unionとは、アメリカ合衆国の古典的言い回しで、その合衆国の毎年の状況を大統領は State しなければならない。次の政治を行う政策の前に国家の現状、「状態」を「述べ」なければならない。 

そして State が国とかの意味となると、その存在の根底に「主権」が存在するという、最も基本的で最も重要な概念があるのだ。アメリカが Statesと言う場合の各州、それぞれが、主権を土台に強い自治権を持っている。ではイスラム国が State であるとする主権は何なのだろうか、ISISからISに呼称を変えて、一つの国家であると宣言したのはついこの間の昨年4月だ。

その時に掲げた理念は「イスラム教が支配し、シャーリアが適用される」というものであったらしい。シャーリアとはイスラム法のことで、語源は水場への道、というものらしい。我々とて水が生命の根源であることは知っているが、それを毎日認識する必要も無いから意識もしないが、あの過酷な砂漠地帯で人間が発生して以来、水は人間が生きる上での最も大切な道しるべであり、だからコーランにも理想郷としての天国には、「緑陰豊かに、小川には水がせんせんとして流れる所」として、彼らにとっての大事な人生の指標であるコーランでも水が重要視されており、水を基本に様々な「律」が敷かれており、それがシャーリアとして彼らの文明を形成している。

液体である水と共に、近代生活の重要物資となった石油、それを盗みに来る者は、水泥棒と同じレベルで許し難いものがあるだろう。シャーリア哲学の最深層部にある概念が水場への道を意味するなら、現代にあっては石油泥棒も水泥棒と同じくらい許し難いものがあるのだろう。同じイスラム文明圏でも、米英になびく国が多くなっていることに対しISが、それにも攻撃を仕掛けているとすれば、ハンチントンが言う文明の衝突論も、かなりズレたものになる。

ISが同じイスラム文明圏の国々に対し攻撃的になり、その背景である水泥棒的侵略を仕掛けて来た米英、そこと連携する者も敵だとして我が国も名誉ある標的国家にされてしまったのだが、その米英と連携する日本なる国・・・上述の State 論からすれば、 State の基本概念に含まれる「主権の存在」がなければならない。

ISには一見、独立国家  Japan  のように見えて、実は今回事件を通じ State of Japan of USA であることが彼らの目に明確になったのであろう。彼らのテロの残虐性は、今回一連の人質殺害で明らかになったが、テロでなく戦闘になった時でも、元々が命を省みないジハードであるから、その勇猛さは相手軍を震えあがらせるほどの、すごいものらしい。そのせいかアメリカは空爆はやるが、地上実戦部隊は投入しないと言ってる。

テロには屈しないシンゾーは、それでも自衛隊を投入するのか、集自権行使条件として、日本「国」に対し緊急避けがたい状況が発生し、他の手段がない時には、と、歯止めはかけているとうそぶいているが、お前の所為でISの標的国家に指定されてしまった上で、何らかの攻撃が仕掛けられたら、国家に対する緊急事態の発生として、その震えあがるしかない勇猛な戦闘に自衛隊を向かわせるのか・・・ISテロを容認しているのではない、シャーリアを第一義に置く全く違う文明に対し、お前が率いるこの国に、何が出来ると言うのか、関わり合うなと申しているのだ。

それと State 概念で上記勉強したように、米大統領が年頭に必ずせねばならない国の現状について State する一般教書、お前は選挙に勝ったからとして、第三次内閣発足に際してさえも所信表明演説をしなかった。政策も全部と言ってもいいほどに、一部を除き国民には何の安心感も与えるものではなかった。だがそれでも国の現状について新たに Stateしようともしない・・・

もうこの国は 「State 」ではなくなった、なくなるように何故したのか、何の為に、それが全く分からないのだ。イスラム国が、State なる字を付し、だがそれは政治的存在概念しか表していない事と同列にせねば、この国も相手とケンカを始められないからなのか?。
メンテ
Re: 首無しチキンとは、道徳、洞察、理性を失った単なる生物体 ( No.386 )
日時: 2017/07/09 15:08
名前: イントィッション ID:6YQJ/Sik

「当代世間はクビ無しチキン、21世紀で世界は終わるのか? 」はここまでです。。。

今日はここまでにしておきます。。。

日時: 2015/02/07 18:54名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

<(人間の限りない利己心)、それを抑制して来たのが宗教、近世以後は、哲学、倫理道徳が利己心の暴走を抑える役目を果たしてきました>

近世に入って、それまでの神による律からの解放が芽生え、人間中心の世界に転換が民主主義の概念を産みました。それを促進させたのがルネサンスでもあったと思うのです。ルネサンスとは人間発見の意味が大きく横たわっており、技術的には羅針盤の発明が、世界をそれまで以上に知らせる役割を果し、活版印刷がそれを文字で世界に広め、敵対する者は火薬で撃退する世界が出現。

世界をより広く知れば、そこには色んな文明文化が存在することを識ることになるのに、違う文化文明との共存には向かわずに、征服に向かってしまう「人間の利己心」が、利己心の解放とと共にその裏側に存在していた黒い部分を加速させてしまったようです。中世の神中心からの人間解放が、何事も個人を中心とする考えが中心になった。

その弊害を逸早く説いていたのが17世紀哲学者のトマス・ホッブスでした。人間は本来的に自然権を持つ。これは当然の論理でしょう。誰も頼んで人間として生まれたのでは無いし、それでも人間と言う生命を持った生き物としてこの世に出て来た以上、自然なる生存権を認めそれを維持するのが、自然界の原則で、多数の複数の生き物として社会を構成している以上、その生存権は、共同「社会」における秩序の下になければならない。

ホッブスはそのことを「社会契約」と呼んでいたようで、それは人間という生き物に自然権が本来的に付与されているとしても、ただそれだけでは己の欲望を満たすだけの利己的な存在に過ぎない。それでは共同社会は成り立たない訳で、放置しておくと本能的な人間対人間の紛争が絶えなくなる。それが「万人による万人の戦い」というものでした。

そこでそれを防止する何らかの歯止めが必要になる、それが「国家」である。一定の秩序を立法も含めて守らせる、つまり社会と契約しましょう、ということになって近代社会に向かって来た。

それがどうでしょう、21世紀に入って、理性と洞察力で以って万人による万人の戦いを制御すべき立場にある国家が、逆に理性を喪失させる方向で動いている。人間の利己心を制御すべき立場の者たちが逆に人間の自己中心的な欲望を満たす方向で煽っている。正に首無しチキン状態です。元々人間なる生物体は、個人としては首もちゃんと付いているんですが、社会と言う複数集団の中に入ると、欲望充足のために社会概念では首無しチキンのような生き物に転じてしまうようです。

しかもそのような状態を阻止すべき政府が、逆のことをやっているのですから、これはもうタイトルに掲げたように、この世の終わりに向かっているとしか言えない。

イスラムもイスラムです。橋立さんもイスラム歴史の概観で書いておられたように、この残虐行為は許せるものではないが、でも目には目を、歯には歯を、との、紀元前18世紀にまで遡るシメール文明からバビロニアとして統一した古代バビロニア王国のハンムラビ大王が制定した最古の律法書に書かれている復讐許容の律法精神は、元々強者による弱者イジメを戒めるものであったと思います。

282条からなるこの粘土板法典の刑法198条に、「敬虔なる君主で、神を畏れる朕ハンムラビをして国の中に正義を輝かせる為に、強者が弱者を虐げない為に、シャマシュ神のように黒い頭どもに向かって立ち昇り国土を照らすために・・・・・・もし人がアウイルムの子の目を潰した時には彼の目を潰す。もし人の骨を折った時には彼の骨を折る。

鶏、卵の論争になりますが、どちらが先に強者として弱者を虐げのか、ウン千年に亘る歴史の中でそれを検証することは不可能でしょう。ただ言えることは、アメリカでさえ空爆はやりすぎだとの批判が大きい時に、正にハンムラビ法典を地で行くような、世界の果てまで追いかけて成敗するということを、一国の首相として言う者がいるという現実です。

これは個人的権力者として、己の欲望だけを追う、理性、洞察以前の自然人間利己心と同じレベルでしょう。国会決議にせよ、足腰が座ったような強いものでもなく、例によって、西洋首無しチキンを追いかける、これまた首無しチキンそのものです。本質が分からないならむしろ、不介入の姿勢を保つ方が、どれだけ安全保障に寄与することでしょう。

手を出さない意気地なしのように思われるかも知れませんが、ほんとの意気地って、日の丸バンザイ鉢巻のようなものでは無い筈です。

メンテ
当代世間騙し装置・続編 ( No.387 )
日時: 2017/07/10 16:28
名前: イントィッション ID:OwO4Stjc

日時: 2015/02/08 18:29 名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。
メンテ
軍事使用でなければ軍事関連でもODA枠を広げる!!???! ( No.388 )
日時: 2017/07/10 16:34
名前: イントィッション ID:OwO4Stjc

日時: 2015/02/10 13:30名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

11年振りのODA大綱改正に、シンゾーの積極的平和主義とやらを盛り込んで、直接軍事に使わないものであれば、他国軍などへの援助を増やすことを決定したという。

つまり、戦闘状態にある他国であっても、後方支援なら、直接の武器使用ではないから援助するという訳だ。小泉の時のイラク支援で、水補給とかの後方支援でも批判があったことを踏まえ、それを平和主義の一環として法令化しておこうとの魂胆である。

バカじゃないか、戦争、戦闘においていくらデジタル時代の戦争に変化したとは言え、現実には空爆を重ねても蟻を一匹残らず殺戮することは不可能である。結局地上戦が最終的に求められる。今のIS殲滅作戦など、その典型だろう。

その場合、いくら戦闘が近代化したとは言え、補給兵站、つまり後方支援が無ければ相手を殲滅させるkとなど不可能である。その後方支援は、文字では後方に居て実際の戦闘にタッチしていないとは言え、明らかに戦争の重要な一部を形成している。なのに戦争には参加はしていないとする論理の、何とも言いようのないくらいの騙しではないか。

イラク戦でも、日本の行動が現地で評価された背景には、あくまでも憲法で戦争を放棄した国であるとの信用が、現地で安心感を与えていた、ここで憲法改正も視野に入れているシンゾーの、積極的平和主義なる騙しは、既に世界に見ぬかれている。そりゃ米英の政治軍事施政者達は喜ぶさ、でも世界国民はどう見ているのか・・・国民とてカネをタダでくれる国だと、そこの政府が言えば、深い裏の構図など知らない国民は喜ぶだろう、そしてそれを見て喜ぶのはシンゾーである。

シンゾーを喜ばせていてどうする!

騙し隠しに必死のシンゾー政権、軍事産業が儲かれば国民負担による海外軍事への支出は屁とも思わない。米英の攻撃的擬態騙しによって国が喰われて行く。そしてシンゾーもまた平和なる呪文擬態で、国民を騙して行く。ジッと待って相手をパクッてしまうカマキリなのだ・・・シンゾーカマキリ野郎!。
メンテ
戦争屋に乗せられているシンゾー ( No.389 )
日時: 2017/07/10 16:41
名前: イントィッション ID:OwO4Stjc

日時: 2015/02/09 17:40名前: 満天下有人 ID:AyJRluO.

シンゾー自身も日の丸掲げて戦争したくてしょうがない人間の」ようですが、そこをうまくけし掛けられて乗せられている気配も濃厚ですね。年明けいきなりの中東歴訪、かなりの違和感を持ちましたが、後藤氏人質、湯川殺害の情報はかなり前から入手していたとの暴露が、裏付けられたようなものです。成程、情報を持っていたからいきなりの中東歴訪になったのでしょう。

ウクライナ問題で、英独仏がロシアプーチンと和平交渉を始めるようです。あそこもアメリカが介入してややこしくなりましたが、プーチンなどは落ち着いて裏の動きをウオッチしていたようで、欧州がアメリカの思惑だけで動く筈がない、経済関係も密接だし、必ず英独仏から合図が出ると・・・

案の定、アメリカは横においてドイツメルケルが動きました。もちろん、ロシアとの経済関係が一番大きかったドイツという事情があったにせよ、こんな茶番を続けていて、何の利益があるのか、地続きで天然資源が関係し合う欧州の事、いざとなればアメリカの顔色など伺いもしない。

翻って、従属と書いたシッポを振り回すだけのシンゾーとその一派。簡単に中東紛争に巻き込まれてしまいましたね・・・おっちゃんが怖いのは、イスラム過激派は東南アジア、特にインドネシア、マレーシアでの潜伏が多いことです。2002年に、インドネシア・バリ島で起こされた日本人も含む観光客200人が自爆テロでやられた事件、ネシアで監禁されている首謀者・バシル師はISと獄中からでも連絡し合う仲のようです。

すぐ近くの東南アジアで過激派が大勢隠れているとなると、今回人質事件で既に敵視国にリストされてしまった以上、ASEANでTPPを先導しているシンゾーニッポンが、現実に攻撃される可能性が一段と高くなったということです。

しかし何故そこまでアメリカに命を売り、国を危険に晒す必要があるのか、ほんとに変わったお人ですね、シンゾーという男は。国内では訳の分からぬアベノミクスを掲げて、この道しか日本再生は無いと言う。何がどのように再生されたのか、訳が分からないままに逆に、行き詰まりを見せている米英文化に一生懸命ついて行くのですね。ほんとに理解できない世の中になったものです。

解ることは、幼稚な騙しで問題を隠しおおせていると思う、頭隠してシッポ丸見えの姿です(笑)。
メンテ
本末転倒、おっとり刀の軍事法令整備 ( No.390 )
日時: 2017/07/10 16:47
名前: イントィッション ID:OwO4Stjc

日時: 2015/02/12 10:26名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

先週シンゾー内閣は、直接戦闘に使用されなければ、後方支援としてのODA額を増やすことを決定した。
次に間髪を入れずに一昨日、自衛隊が米軍以外の他国軍への後方支援を可能とするため、周辺事態法を改正し始めた。

元の周辺事態法は平成11年に、にわかに浮上して、憲法との整合性を詰めないままに、あれよあれよと言う間に成立、当時問題になったのが緊急事態における民間施設、極端に言えば個人の家宅でも軍事徴用されてしまう条項にあった。

今回は、その周辺事態、つまり近隣の極東での有事は、日米同盟により米軍を後方支援するものとしていたが、今回の改正では、例えば朝鮮半島有事の際には、カナダ、豪州など米国以外の国が戦闘に参加する可能性があり、それに対して自衛隊が後方支援できないのはおかしいとして、米国以外の国も含めるとするものである。これはどういう基準で支援する国を定めているのか、仮に中国も北朝鮮めいう事聞かないから攻撃するとして参加した場合、我が国は中国にも後方支援するのか・・・その時、仮に中国が南シナ海でASEANに対し脅威を振るい、それが我が国への安全保障にも脅威になるとして、そちらでは中国攻めをやり、半島では支援することになるのか?(笑)。

集自権もそうだが、わが国の安全を脅かす事態とは、実際にドンパチが始まらなくとも、その危険が感じられた時は、先制攻撃も可能なわけで、アメリカが大量破壊兵器保有の疑い有りとしてイラク攻撃を開始したように、感じられる事前の危機は、いかようにもデッチ上げることも出来る。

これも仮の話だが、アメリカが北朝鮮攻撃に踏み切る時は、同時に我が国に対する危険も含むことが想定されるから、実際には米朝の戦いでも我が国自衛隊は戦闘に参加する。これもまた今更言うてもしょうがない話で、そもそもシンゾーが積極的平和維持を垂れた時のその集自権行使について、わが国との戦闘状態でなくとも同盟国が攻撃されることは、わが国への攻撃とみなすから日本も戦闘に参加すると、アッと驚く論理の拡大解釈が土台になっていたのだから、今回の周辺事態法改正も、軍事関連法規を検証していたら辻褄が
合わない部分が見つかり、慌てて穴を塞ぎにかかったという訳だ。

どの軍事関連法令制定も、大元の憲法は「自衛権」は禁じていないとする解釈が土台になって創られている。その行為が本末転倒に見えるのは、何もかもを自衛権があるとする拡大解釈に基づいており、だが大元の憲法の精神は、もともとから軍事紛争には参加しないようにしよう、その為に紛争解決の手段として軍事力は用いないとする、大元の精神は戦争忌避にある。

さはされど人間世界、現実に戦争は無くならない、としても、それを避ける方法もある筈だろう。戦後ウン十年間、我が国がある程度安全を保ってこれたのも、日本は武器を用いて軍事行動に参加しないという信用が最も大きな安全保障となっていたはずだ。
それを今にも攻撃されるかの如き錯覚に陥ったものだから、本末転倒の細部に亘る軍事放棄の見直しから始めてしまった。ならば憲法の条項が今一分かりにくい、時々の政府によって如何様にも解釈変更が出来るような紛らわしい文章だと言うなら、そこを先ずキチッと明確にしてから事に当たるべきなのに、これがまた、本末転倒の細部から事を始めている。自衛権を楯に、大元の精神とはどんどんかけ離れて行ってる。むしろ自衛権の名の下に、戦争したくてしょうがない風情に見えるのは、私だけか・・・シンゾーどもがやっていることは、普通に言われる当然の自衛権とはかけ離れたものではないか。

だから平和と称してカネをばら撒くのだ。直接の真の侵略危機であれば、その範囲でいくらでも自衛できる手段はある筈だ。なのに何を怖がって、いやテメエだけがいらんことをするから危機発生の危険が生じているのに、今度はその恐怖撃退の為に予め世界にカネをばら撒いておこう!バッカじゃないか!。

それにしてもこの国、財政規律ばかり言いおって、よくもまあカネがあるものだ。政治の基本は予算編成に顕れて来るのだが、このようなお金は別勘定の特会で疑惑だらけの手法でやりおる。ほんとに汚い・・・
大和は国のまほろば・・・やまとしうるわし・・・

何が麗しいのだ、やまとし 汚なし 、ではないか。
メンテ
カラ威張りニッポン、万歳! ( No.391 )
日時: 2017/07/10 16:52
名前: イントィッション ID:OwO4Stjc

日時: 2015/02/13 17:40名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

<・・・間抜けドル軍団を叩く姿をテレビで見せれば、B層オバ脳足りナン:統一創価信者どもが、“素敵〜シンジロ〜!”と叫んでくれますよ〜。。。(苦笑。。>

いや、ほんものの戦闘に出会えば、腰抜かして逃げると思いますよ〜(爆)。だって、日頃から勇ましいネットウヨが、待ってましたとばかりに今回一連のシンゾー演説に拍車をかける動きが全く見れません(笑)。・・・相手が朝鮮半島でないからかなぁ?(笑)。

そしておかしな光景は、何やら柔道連盟が、柔道の海外試合において、イスラムに狙われないように柔道着などから、日の丸を消すと・・・

シンゾー様がテロには屈しないと力強く宣言された時は美しいニッポン、伝統のニッポン復活なる高邁な精神がテロには屈しないと述べられたニュアンスがありました。誇り高きニッポンとしてテロには屈しないと・・・

なのにそのニッポン精神の表現でもある柔道において、日の丸を隠せとは、一体、ニッポン武士道を何と心得えおるのか!!!。官邸は、そのような事に対して何故激怒しない!!!

美しきニッポン復活を求めるオラが内閣総理大臣、それを支持するニッポン国民なら、何故柔道着を着て、タケヤリ担いでイスラム国へ突撃しないのだ、何故ナンミョウホウレンゲキョーと小太鼓叩いて中東を呪い倒しに行かないのだ!!!

国民がシンゾー様を支持しているというのに、全く、理解しようにも理解できない国ではある!・・・ガハハッ!!。
メンテ
所詮、日本のツートップが最凶のアホだからでしょうか ( No.392 )
日時: 2017/07/10 16:57
名前: イントィッション ID:OwO4Stjc

ryuさん。また出現してください。。。

日時: 2015/02/13 20:00名前: ryu ID:Qpm7Y7i6

 所詮、日本のツートップが最凶のアホだからでしょうか。(シンゾーと最近、タイ人と勘違いされやすい桃太郎侍)この二匹、あるいは3匹(AAA:アキバ、アベ、アマリ(オマリ−))が日本を毒しているからでないでしょうか。やはり コヤツらには 「Go To Ass!! Hip To Be Square!!」という言葉がお似合いですね。
メンテ
Re: 間抜けなくせに、気障りなツートップ ( No.393 )
日時: 2017/07/10 17:04
名前: イントィッション ID:OwO4Stjc

日時: 2015/02/14 07:12名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

Yes 、Sinzoo & Akiba , as if they were running with no pants.

They are such damb―Ass !。 (手のつけようもない間抜け野郎)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存