ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

中央アジアに、核廃棄処理工場建設とは・・・ ( No.224 )
日時: 2017/07/03 12:56
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

日時: 2011/07/02 08:55名前: 満天下有人 ID:Cqxi.LKg

・・・モンゴルで、使用済み核燃料の再処理工場を建設する計画は、昨年から存在していたが、先月、米電気メーカーで原子炉製造も行う・ウエスチングハウスを買収し子会社としている東芝が、経産省のバックアップの下に米政府に書簡を送り、国際的な核再処理をモンゴルで行う新構想を推進するよう求めていたと言う・・・

・・・青森六ヶ所村で建設は完了したものの、再処理過程で放射能をまき散らす問題で反対が強く、かかった費用累積額はウン十兆円と言われ、しかし現に稼働できない・・・これを大草原モンゴルでやろうということらしい・・・

・・・核再処理工場の危険性は二つあると言われる・・・一つは再処理過程で放射能を絶対に漏らさないということは不可能・・・原発原子炉では、メルトダウンが無いことを前提とした場合、いくつかの壁で仕切られている・・・だが再処理工場では廃棄されたプルトニュウムを取り出すには核燃料を細切れにせねばならず、その場合作業上、仕切壁があっては作業が進めにくいと言う・・・ここで閉じ込められている放射能が分離の過程で解放され、100メートル級の煙突から大気中に放出されてしまう・・・

・・・第二点は、再処理とはウラン、プルトニュム、死の灰の三つの分離を行うことだが、分離させる為には大量の化学薬品を高温で使用する・・・言い換えると常に火災爆発という化学工場の危険性を合わせ持つことになる・・・

今回福島事故で誰もが名前を知ることになったフランス巨大原子力コングロマリット・アレバ社は、長い間この処理を英仏海峡に面したラ・アーグトシエルプールの二つの工場で行っている・・・そこでの処理能力を超えた分は、シベリアの架空名をつけた村でブン投げている話は以前、紹介した・・・

・・・原子力時限爆弾で広く知られるようになった広瀬隆氏、チエルノブイリ事故の時に原発批判を開始し、そのことによって干されてしまったが、最近TVも呼び始めている(笑)のだが、氏の言葉ではこのフランス、ラ・アーグの再処理工場は、世界最悪の地獄の再処理工場であるらしい・・・

ブザンソン大学・ヴィエル教授の調査では、周辺10キロ圏内での小児性白血病発症率は、全フランス平均の2.8倍におなるとの調査も公表されている・・・

・・・このラ・アーグ再処理工場は、1950年頃に欧州最大のアルミ産業で、ウラン採掘から最終工程を持つペシネーの株式をフランスロスチャイルドが取得し、原子力産業に介入したその延長線上にある・・・そして前にも紹介したが、六ヶ所村再処理工場建設に際し、技術提供の条件として我が国は(日本原燃)、二つのラ・アーグ再処理工場の一つに投資することを飲まされて、しかし未だに二つ目の工場は影も形も無いと言う・・・

・・・話をモンゴルに戻して、経産省や東芝は、六ヶ所村を避けてフランス、ラ・アーグの悪魔の再処理工場をモンゴルでやろうと言うのだ・・・条件は何であろうか・・・朝青龍のような八百長ありの相撲取りを、いくらでも受け入れるとでも言うのか(笑)・・・冗談はさておき、発展途上国に原発を輸出するに際し、再処理も引き受けますよという条件を満たしておき、モンゴルにも分け前を出すということであろう・・・海江田が原発再開に異様に熱心なのは、節電と併せてさような密約を実行せねばならないからではないのか・・・

・・・しかし、言わば地球のド真ん中に人工核の廃棄物を埋めたりする行為は、いよいよ地球に時限爆弾を仕込むようなものである・・・それを我が国経産省と東芝が率先しようとしている・・・

科学というものは、そこまでやらないと気が済まないものなのか、はたまた資本なるものは、そこまで儲けたいのか・・・21世紀の悲劇はこの二つの要因が合体することで加速されて行く・・・。
メンテ
中央アジアに、核廃棄処理工場建設とは・・・(2) ( No.225 )
日時: 2017/07/03 13:01
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

日時: 2011/07/02 12:43名前: 満天下有人 ID:Cqxi.LKg

・・・何がモンゴルでの処理工場だ、原発輸出に必要な二国間原子力協定の批准も、国会承認を取り付けられそうもない・・・そりゃそうだろう、福島事故対処も3カ月以上経っても大した進展も無い、購入した放射能汚水分離処理機でさへ、動かなかった、目利きも出来ない状態で米国に、モンゴルプロジェクトの後押しを頼むとは、そんな状態で原発輸出のための再処理工場建設云々とは、おこがましい、そのおこがましさにも気がつかないノー天気ぶり・・・ノー天気は民主党だけではない,菅だけの問題でも無い・・・

特に三菱重工が仏アレバ社と合弁で参加するヨルダン向け原発輸出、契約期限が6月末だった、経産省は期限延長を求めているらしいが、契約時にニッポン技術優秀だからと称賛したヨルダンなどが、事の顛末のほんとうなど知らないだろう・・・多分、狡猾アレバ社があの手この手でヨルダンをなだめにかかっているであろう・・・

・・・しかし冗談抜きにこの国は、日に日に落ちぶれて行ってる・・・自然再生エネルギーをやると言って、では原発維持せよという二律背反の政策でさへ纏めきれない無能者では、数がいくら多くても新しいことに向けて何も出来るはずが無い・・・

・・・再度言おう、一旦失われた規範は、修復不可能なのだ、機械とは違うのだ、その機械でさへお手上げ状態であるということは、その先は推して知るべしだ・・・。

メンテ
・・・地球は陰謀に満ちている・・・ ( No.226 )
日時: 2017/07/03 13:07
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

日時: 2011/07/03 07:35名前: 満天下有人 ID:eDarhtlk

・・・セクハラ問題で失脚したIMF専務理事・ストロスカーンの女性暴行事件は、デッチ上げの冤罪であったと、海の向こうでは賑やかになっているそうで・・・

・・・某ホテルのアフリカ人清掃婦、ストロス氏に暴行されたと訴えたものの、
どうも証言が曖昧・・・彼女の携帯通話記録を調べた警察が、麻薬密売デイラーとの会話を発見、銀行通帳を調べた所、約800万円のオカネが分割でどこからか振り込まれていた・・・

・・・本人は相手がIMF専務理事とは知らずに、誘惑を仕掛けて見たと言っているようだが、IMFを巡る改革の声が高まっているこの時期、改革派のストロス氏にピンポイントで謀略を仕掛ける可能性は高い・・・更には、これは知らなかったが、次期フランス大統領選ではサルコジの有力対抗馬であるようだ・・・ストロス氏は何でもフランス社会党に属する政治家でもあるのだ・・・
しかし本人の日ごろの女グセが逆に利用されたのであろうが、サルのコシカケにせよ、政治は政策よりも女問題で左右されるものなのだな(笑)・・・

・・・ドル代弁者でもあるIMFの歴史的構造・・・パクス・アメリカーナの為なら謀略なんぞ朝メシ前・・・この手のネタは、多々映画化されている・・・映画ネタを作る為に陰謀があるのではない、普通では信じられない陰謀があるから、面白い映画が出来上がるのだ(笑)・・・

仕掛けは一日で成されるのではない、かなり以前から仕組まれるものなのだ・・・

・・・まあ、ヘタレ与謝野などによる消費税増税など、ネタは見え見えで謀略と言えるほどのシロモノではないが、しかしIMFまでが我が国の消費税増税の%まで言うことには、注意しておかねばならない・・・注意した所でどうすることも出来ないにせよ、注意する率の増加も無ければ、いつまで経っても陰謀に食われてしまうだけになる・・・

・・・世にも不思議な物語に見える現象には、必ず「因」があるのだ・・・。

メンテ
ニッポン原発紀行・・・ ( No.227 )
日時: 2017/07/03 13:13
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

日時: 2011/07/04 07:32名前: 満天下有人 ID:eP1CRWCk


・・・過去の検査手抜きは数々あるのに、佐賀玄海原発1号機が老朽化で最も危険だとの科学者による警告がある時、2,3号機の運転再開について県知事は、首相との直接会談後に態度を決定すると言う・・・

・・・おかしな話だ、言い換えるとド素人のド菅の見解を最も重視するということになるからだ・・・

経産省役人による地元説明会出席の住民側代表は、経産省が抽出決定し、しかも質問は1分に限定、解答はわずか2分・・・ほ〜、自信を以て説明に及ぶなら、徹夜してでもやるべきなのに、後はド素人首相の判断に任せるという、いやはや恐ろしい成り行きに任せるのだ・・・

・・・敦賀もんじゅで、燃料棒吊り下げのクレーンが原子炉に落ちて、やっと引き揚げたらしいが、中で器機に損傷を与えた可能性が高い、それをどうするのか思案中に1号機ではベント装置(原子炉高温水蒸気による爆発回避の為、外部への放出メカ)が設置されていなかったことが一昨日判明・・・恐ろしい、いい加減さが次から次へと発覚している・・・

福島では5号機の循環冷却装置が地震で壊れ、作動テストで動かなかった、3月19日には、機能回復したと発表されていたのに、これもまた水漏れが発見され、作動停止の状態に戻ったと報道されている・・・

・・・ニッポン原発はどこを歩いても、メタメタ手抜き発見の旅である・・・にも拘わらず海江田は原発再開に血道を上げる・・・何故そんなに亡国の道をひたすら歩きたいのか、いくら人種が変わったからとは言え、普通感覚の人間はまだ大勢居るのだ・・・

復興大臣に任命された、いわば後始末屋・松本龍(旧社会党出身)が、岩手県に対し、お前らが考えてやれと、まっ逆さまのことを言い出す・・・岩手に対するその発言には、小沢地元を意識した内ゲバ感覚も臭う・・・どうしようもない奴らが、内ゲバ発想から政治を行い、何故か亡国への道をひた走る・・・

・・・原発に限らない亡国へのニッポン紀行から見える風景である・・・そこまで民衆をモミモミしないと、気が納まらないのか、揉みくちゃにしないとニッポン復興は成し遂げられないものなのか!・・・。
メンテ
ひょっこりひょうたん島の崩落・・・ ( No.228 )
日時: 2017/07/03 13:19
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

日時: 2011/07/07 07:30名前: 満天下有人 ID:I08KD8W6

・・・この島はいよいよアナーキーの様相を帯びて来た・・・

何を基準に誰が島を操縦しているのか、訳が分からぬ状態になってしもうた・・・拠り所は法しかないのか、憲法でさへ飾り物の状態であっては、法の拠り所も無いではないか・・・

・・・レーガンやサッチャーの新自由主義の理論的支柱となったハイエク思想・・・人間の「理性」なるものは、そもそも文明社会を創造する能力は持っていない、理性では無く先天的本能行動の累積が文明を創る、しかしそれだけではアナーキーになってしまう・・・よって経験から積み重ねられてきたルール(法)が最後の拠り所となる・・・

・・・さてさて、そのルールさへも無視されるようになると、一体どういうことになるのか・・・小沢秘書裁判で検察が証拠採用を求めた38通の検事調書の内12通もが、東京地裁で採用却下された・・・

検察審査会は小沢本人の起訴も、その秘書取調べ検事調書を証拠とし、その調書で秘書が政治資金報告書の虚偽記載を小沢に相談した、それを拠り所として小沢も起訴相当とした、だがそれは検事による脅迫まがいの取調べによるものであるから、地裁は証拠として採用を却下した・・・、これは今後どういう展開になるのか、最後の拠り所である法は、どのように適用されるのか・・・

・・・このひょうたん島では、ハイエクが言った最後の拠り所「法」に従うのではなく、法ルールに合わせるべく違反が創り出される、話が逆さまなのである、こうなると、もう社会規範の拠り所は完全消滅と言う状態になる・・・

間接民主主義制度では、政治がルールの運用に間違いがないかを常時監視せねばならない、ところが、政治が率先してルール破りをやる、小沢は相変わらず党員資格剥奪されたままである、政治が鈍感であるとしても、間違ったルール適用があったと感じるのなら、いち早く是正に動くべき所、話の順序を解きほぐすこともなく、いきなり小沢を復興担当大臣にという話が飛び出て来る・・・

・・・殺人とかのことは別にして、この島では法が完璧に適用されているのは、税法だけのような気もする(笑)・・・

菅の問題しかりである、与野党は菅の任命責任を問うばかりで、ルールの適用は何もしない(憲法第69条)、確かに内閣不信任案は否決された、それとて民主党が具合悪いものだからルールを都合よく自分たちの生命維持に合わせただけのことであった・・・原発問題しかりである・・・

・・・原子力利用法?と言うのかな?内容は知らないが、多分原発についてもルールがある筈だ・・・海江田が原発再開を言うのは、ちゃんとルールに乗っているのか?・・・ここでも違反事項と雖も、うまくルールに合わされて来ているのではないのか・・・

驚くべきことは、原発再開についても、島操縦の最後の責任者である船長に何の相談も無く経産省バクテリアが勝手に操縦を始めているという事実である・・・そもそも船長が、自分だけは振り落とされないように島の大木にしがみついているようでは、島航行の原動力が原子力しかないとする連中が勝手に決めるのも、やんぬる哉である・・・

・・・原作ひょっこりひょうたん島は、世の中に起こる有象無象の事について、子供たちがそれに挑戦し、有象無象を象徴的に凝縮した冒険譚としての物語であったように記憶する・・・皆がハミングしたテーマ曲が、昨今の世情にぴったりと合致して来る・・・

♪ひょうたん島は どこへ行くぅ〜僕らを乗せて どこへ行くぅ〜う〜う〜〜♪
♪丸い地球の水平線にぃ〜何かがきっと待っているう〜う〜う〜〜〜♪

♪進めえ〜 ひょっこりひょうたん島ぁ〜 ひょっこりひょうたんじ〜まぁ〜〜♪

・・・水平線の向こうは、いきなりナイアガラ瀑布のように、断崖絶壁になっていて、島が崩落する可能性がある・・・。

メンテ
ドイツ脱原発正式に法案化・・民族の理性によるものなのか・・ ( No.229 )
日時: 2017/07/03 13:24
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

日時: 2011/07/09 12:20名前: 満天下有人 ID:d5FfyX7U

・・・下院が既に脱原発を決議していたのを受けて昨日、上院もこれを決定、これでドイツは2022年までに現在停止中の8基の他に稼働中の9基も正式に廃止することを法的に決定したことになる・・・

・・・閉鎖に強く影響を与えたのが、世論を背景にしたドイツ原発倫理審査委員会であった・・・先月、委員の一人であるベルリン自由大学の教授であるミランダ女史が、その背景について東京で講演をされていた・・・

・・・委員会の議論を通じ最も基本的なことは、核の事故は一度起こると永遠の負担を人類に与える、そのリスクはどのエネルギーよりも大きく、国境を越えて世界に拡散するものだ、その基本哲学に認識が一致した・・・ドイツ歴史の中では冷戦時代に、NATO加盟国西ドイツに米国の核ミサイルを置くことの是非についても議論があった、結論は、ドイツをグラウンド0にするリスクは回避しようと言うことであった・・・

そしてチエルノブイリ事故が発生した、この現実のインパクトは非常に大きかった・・・これを契機にドイツの市民運動は脱原発と一体化し、核燃料輸送反対デモには何十万人もの市民が結集する強いものとなった・・・

ドイツにおける脱原発NPOは常時30万人のメンバーを有している・・・そして単なる反原発でなく風力発電推進にも力を入れて、今や欧州のシエア50%にも達する1万2千Kwを有し、鉄、コンクリート、機械産業にも波及効果を及ぼし雇用増加は約5万人・・・

・・・ミランダ女史が言外に込めていたかどうかは知る由も無いが、福島原発事故が起こったのはドイツではなく日本・・・その日本で常時脱原発活動を行っているのは数千人にしか過ぎない・・・そして事故国であるのに、脱原発なのか、新エネルギーなのか、その併用なのか、皆目方針が分からない・・・

・・・天橋立さんが欧州における厳しいストレステストの内容を投稿されていた、こちらではただストレステストをやろうというだけ、しかも玄海原発再開を求めた後にである・・・

・・・日本もドイツも、どちらも敗戦国である、そしてどちらも驚異的な経済成長を遂げた・・・そして我が国は核兵器の被害も受けた国である、ビキニ環礁では核実験の被害も受けている・・・だが、どこからどうしてかくも違う道を歩み始めたのであろうか・・・そもそもの民族気質が違うのであろうか,信仰が違うからなのか・・・

これも天橋立さんが立てられたアングロサクソンの研究及びアメリカ研究・ピューリタリズムなるスレッド・・・表裏一体のものでありこれに参加するには縦横斜めの検証、いわばストレステストに堪え得る展開を要し、いつも尻込みしてしまうのだが(笑)、アングロサクソン人と雖も源流はゲルマン民族なのだ・・・

食料確保が難しい自然環境から、ゲルマン民族の移動もあって、七つの海に乗り出してまで略奪と支配を繰り返して来た民族の原点が、かくも理性的な気質を持っている・・・それは原気質なるものをユダヤ人迫害の歴史を通じ、理性を呼び起こしたことによる変化なのか・・・

・・・とするなら、同じく迫害を受けて新大陸に逃げて来て、新自由主義を唱えたハイエクが言う所の人間による理性というものは文明文化を創造し得ないという論理も、どこかおかしいことになる・・・

ドイツでは世界に名だたる社会経済哲学者が排出されて来た、特に倫理基準から資本主義を批判する哲学も、マックスウエーバーやゾンバルトにマルクスなどを産んで来たお国柄である・・・宗教と資本主義、近代化と資本主義に対する深い洞察の歴史も又、民族に影響を及ぼし、理性と倫理観から客観的な未来の検証を呼び起こし、一種の歯止め効果を生み出しているのかも知れない・・・

・・・我が国では、原発とエネルギーと未来に関する議論が行われる時、必ずと言って良い程、問題が相対化される・・・有り体に言うなら、絶対基準は横に置かれて、原発無くせば当面のエネルギー源をどうする、という類の議論である・・・

・・・これは民族発生の時から唯一絶対の神ではなく、やよろずの神が存在すると言う無意識の信仰原点が、あれもこれも立てるということで、今尚人々の気質に埋め込まれているからかも知れない・・・

・・・しかし、現代の有象無象の諸現象の根に存在する唯一心の神は、資本主義なのである・・・あれもこれも尤もで、それらの顔を全部立ててやるという多神教的な気質が、中庸を以て良しとしても、矛盾をはらんでしまい、落ち着くところは効率なる唯一心の神に収斂されてしまう・・・

原発にせよ何にせよ、西洋文明とて神との契約から、現実の市民、国民の生活は、エリザベス女王が国家と個人の契約概念を持ち込んだ時から、国家と個人の関係に転じている・・・それが現代の唯一神教・資本主義が妨害するなら、それを辞めさせないと、どうにもならない・・・

・・・あれも尤も、これももっともだと言う、ないやら白か黒か判然としない状態で、中庸を保てる時代ではない・・・特に原子力については・・・。
メンテ
・・・今やどこの国も米国債を持ちたくない=ドル買い支えはしない、よって我が国保有の米国債を第三者に頼むことは、出来る話ではありません・・・ ( No.230 )
日時: 2017/07/03 13:30
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

日時: 2011/07/11 21:53名前: 満天下有人 ID:Q2Iv3FqQ

・・・今やどこの国も米国債を持ちたくない=ドル買い支えはしない、よって我が国保有の米国債を第三者に頼むことは、出来る話ではありません・・・仮に出来たとしてもその国の通貨をどう扱うかという二次的な問題が起こりますから、非現実的です・・・あくまでも米国との相対関係の中で何とかならぬか、ということをやらねばなりません・・・

まあ、G20でさへ持て余している話を、何の力も無い一介の市民が言う事は、単なる正論としてであって、政府も財界もそんな話をする度胸も無いでしょう・・・だが、米国債保有は所詮、米国への貢物であったと、これまでさんざん言われて来たことを、しょうがないことだと諦めてしまうのも、如何なものかと・・・橋本首相でさへ一度は言って見たことを、当時とは違う国際関係が生じている今でも、尻ごみして従来路線と同じ姿勢を取ることは、如何なものかと思うのです・・・

現実に不可能と言う姿勢なら、あらゆる面で、改革のカの字も言うことも出来なくなってしまいます・・・それが対米関係において仮に不可能だとするなら、そもそもが政府短期証券で借金して買った米国債、二重担保になるにせよ、日銀がそれを担保に震災国債を引き受けることだって、出来ない話ではない・・・

・・・震災復興財源から少し国際通貨論に話がそれてしまいましたが、どこもドルを買い支えるまねはしない事の序として、今や通貨の国際関係における相対関係は、経常収支から離れてしまっていると思いますね・・・
それは正に戦後ブレトンウッヅから基軸通貨として位置付けられて来たドルが、資源市場においては確かに全ての国際商品がドルでないと決済出来ないという面では、基軸通貨の地位を保っておりますが、米国そのもののフアンダメンタルズの変化が、ドル売りを誘発しても、資源市場や金融商品市場に入り込み、ドル交換価格のバランスがある程度保たれている・・・
別の言い方をすれば、通貨は本来的な諸国の経済フアンダメンタルズから乖離して、金融商品の発達に伴って投機的な動きで交換比率が決まっていると言う側面が非常に強くなっている・・・
・・・それでは困るから、新興国はドル一極ではない通貨の多極化を求め出している・・・本尊アメリカとて、北米貿易圏で共通通貨アメロを発行しようではないかという話まで飛び出している・・・ロシアなどもルーブルを国際決済通貨にしようとし、中国は東南アジアで元決裁圏の拡大を目論んでいる・・・イランはイランでユーロによる石油市場の開設まで唱えておりました・・・
・・・グローバル化からブロック化の動きも同時に見ておくことも必要ですね、TPPもその一環でしょう・・・

話がまた脱線しました・・・しかし、どこを見ても我が国程米国の言う事を聞く国は無いでしょう・・・何を畏れているのかなぁ、正にアメリカが唱える自由主義を実践するのだ、市場主義にもとづいて国債も売却するのだと、相手の論理を逆手に取ってやれば良いだけの話なのに・・・それを言うとCIAによって一発で権力の座を降ろされるから?・・・降りて貰おうじゃありませんか(笑)・・・。

・・・要するに言いたかったことは、災害復興で増税を持ち出すな、もっと知恵を絞れということです。
メンテ
実に奇妙な頭脳だ・・・現在は安倍政権の狂った人脈! もっと悪いことになっております! ( No.231 )
日時: 2017/07/03 13:42
名前: イントィッション ID:iXO2d/x.

ここで「世にも不思議な物語」を終了いたします。。。

今日はここまでにしておきます。。。

日時: 2011/07/21 21:13名前: 満天下有人 ID:MYqoxBD.

・・・スレッドが満杯になる前に投稿止めねばと思ったが、まだ少し枠が残っているし、かくも奇妙な話が、それもこの国の全ての基準を決める施政の場で、しかも施政のトップが実に奇妙な話を展開しているとあっては、黙っても居れない・・・

・・・いや、奇妙な話のフィナーレとしては格好の光景であるかも知れない・・・

参院予算委員会での拉致犯人への献金と、在日から受けた献金追及についての無血菅の頭の構造のことである・・・そして居並ぶ閣僚たちの光景、ママにいつお叱りを受けるか、ビクビクしながら質問を待つ光景・・・

拉致犯家族の政治団体に巨額の献金を菅の政治団体が行っていたことについて菅は、そのような人の団体とは知らなかったとケロンとして答弁・・・血が無いというよりも、血はあっても色が違うのであろうか・・・突つくと、得も言われぬ色の血が流れ出して来るのではないか・・・誠に宇宙時代そのもので、エイリアンが飛来して政治を行っている・・・

・・・ジミン山谷りえ子が、在日横浜信用組合理事から受けた献金について、3月14日に返したと答弁していたのに、事実は3月11日であり、しかも領収証を貰い弁護士が保管していると答弁していたのだから、ではさっさと出したらどうかと突っ込むと、政治資金規正法とのかねあいを良く調べて、来週にでも決めたいと答弁・・・怒ったジミンが委員長席に怒鳴り込んで審議が30分も中断・・・

・・・歴代内閣でもこんな光景は何度も見た、だが首相自らの疑惑で紛糾したのは竹下登以来久しぶりだ・・・でも竹下はさっさと辞任した・・・

政治の世界ではよくある話なのだが、今回の異様さは、いまだ鮮明に記憶にある菅の年頭所感・・・首相ともあろう者が、年頭に一国の方針として政治とカネの問題を冒頭に掲げて、小沢排除を鮮明にしていた・・・

その小沢は、検察による1年がかりの鹿島建設、小沢事務所の大掛かりな家宅捜査にも拘わらず、そして水谷建設の巨額献金も物証が無く、検察が不起訴処分にしたのに検審会がムリ筋起訴、進行状況は皆が知っての通り裁判所が検事調書の証拠不採用、だが民主党は菅の年頭所感の方針に沿って小沢の党員資格停止、更には小沢による不服申し立てにやっと昨日結論を出した・・・

・・・結果は不服申し立て却下である・・・党としては小沢有罪の結論である・・・

そして今日の参院予算委員会での光景である・・・今日は拉致被害者の方々も参考人として出席されていた・・・横田さんの声を振り絞るような、一体私たちは何を信用し、何にすがれば良いのか・・・菅が、拉致犯人の家族団体に献金を知らなかった、お詫びするという通り一片の答弁にハラワタが煮えくり返る思いがその言葉になったのであろう・・・当事者でなくともバットで頭をぶん殴りたい気持ちになる・・・

・・・岡田は岡田で、8月には菅降ろしに「背水の陣」で臨むと言う・・・では今までのやるやるという言葉は、背水でなくいい加減なものであったとでも言うのか・・・エイリアンはやるやる詐欺まで知っていたのか・・・

・・・おかしいなあ、不思議なことだな、それを超えて奇妙な光景だなとの思いは、既に危険だなという水準にまで来てしまった・・・かくもデタラメな連中であるとは、いくら何でも誰も思いもしなかったであろう・・・

・・・ここまで来て地検が何もしないとなると、この国は実に恐ろしい状態になっているとしか言いようが無い・・・どこからどう見ても狂った人間どもに国が支配されてしまっている・・・

・・・世にも不思議なではなく、世にも狂った物語である・・・。
メンテ
2009年からの当代世間裏算用 ( No.232 )
日時: 2017/07/04 13:03
名前: イントィッション ID:EtUtqUtQ

今日から2009年からの当代世間裏算用 です。 80くらいの重要内容を3日間でまとめていきます。。。

まずはじめに、

日時: 2009/10/14 23:01 名前: 満天下有人 メールを送信する

「経済学の怠慢」@

・・・世間胸算用は、江戸時代の浮世草子作家の井原西鶴の名作か・・・

江戸時代では大名から庶民に至るまで、世間の勘定にツケ払いは当たり前のこと、掛売り期間が長い商いは年末大晦日に決裁・・・庶民はツケ買いの胸算用が狂って決裁から逃れるために、大晦日が近づくと必死に智恵を絞る、知能指数はかなり高かったようである(笑)・・・

・・・江戸時代の両替商は今で言うところの銀行のようなもの、一定の保証金を担保に入れておくと小切手帳を発行してもらえた・・・掛け売り人もツケ買い人も、残高以上の小切手を発行し合って、それが残高不足の複数人が絡んでしまうと、売り人も買い人も訳がわからなくなって、大晦日を越えてしまう(笑)・・・

・・・昨今、世界を大不況に落し込んだレバレッジ・金融錬金術、主要諸国中央銀行もフアンド発行当事者も、一体どれほど未決裁残高があるのか、誰にも把握できない・・・その点に限って言えば、誠に西鶴が面白おかしく書いた江戸時代の風景と大して違いも無い・・

把握している未決裁残高とて、さて公的資金を引っ張り込むにはどうすべえか、ビクビクものの胸算用に忙しいことであろうが、これは表に出せない算用であるから、裏算用というものであろう・・・政治資金などと言うシロモノも裏算用の一つであろうか・・・

・・・西鶴の時代のそれぞれの家計の裏事情から生じる駆け引きは、まだ牧歌的な匂いがあって、ほほえましくもなるが、当代ではさようなわけにも行かない・・・
通貨を媒介しての庶民の暮らしなどと言うものから大きく乖離してしまって、正にお金様々だけが大手を振って街を、いや世界を闊歩し、庶民の暮らしなどとは全く無関係に動き、いや逆に生活を、実質経済を振り回してしまう・・・

今日のその光景は、江戸庶民が実質生活維持のためにツケ買いし、売り方がツケ売りした風景と似ても似つかぬものである・・・

・・・出発点は確かに、借金を証券化してあなたがたの借金はこれで儲けて返済可能になりますよと・・・だが証券化された借金を、別の機関が借金で買い、その借金をまた証券化し、更に別の機関がそれをまた借金で買い・・・延々と借金の額が天文学的数字に膨れ上がってしまった・・・

今日の地球とは、貨幣錯覚がどれほど無用な苦しみを自ら製造しているのかが分からないままに、ババ抜きゲームを行なっている惑星のようになってしまった・・・。
メンテ
「経済学の怠慢」A ( No.233 )
日時: 2017/07/04 13:09
名前: イントィッション ID:EtUtqUtQ

日時: 2009/10/14 23:07名前: 満天下有人

「経済学の怠慢」A

・・・合成の誤謬とは既に言い古された経済学上の言葉である・・・ミクロである個々人、あるいは個別資本体が自分にとって合理的行為と思うものが集積されて、マクロ総体となった時、往々にして歪んだ全体が出来上がってしまうという、経済上の理屈である・・・

この現象は何も経済行為に限ったものでもない・・・個々の役人が、いやオレたちは日々正しいことをやっている、一生懸命やっていると考えていても、それが全体像に纏まったとき、国民生活からすると、望む所と大きく乖離して実におかしな形になってしまっている・・・

・・・国民側にも言えることは、個人の自由というものが、全体となったとき、自分の自由を縛ってしまうおかしな結末となって自らを束縛してしまうことも、合成の誤謬の一つのケースである・・・

話を経済のことに戻して見ると、古来経済学の大御所は沢山輩出されてきた・・・
古典派と言われる先哲も新古典派と言われる学者たちも、お金貨幣というもののが人間経済にとってどのような影響を及ぼすかについて、理論を生み出しては来た・・・

しかしどの理屈も最初からマクロありきで、マクロから理屈を末端に当てはめるものばかりで、マクロ理屈が末端ミクロに落し込まれて行かない、だからこの地球で何時まで絶っても貧困層や所得格差の問題を解決することができない・・・極限状態の恐慌、あるいはその一歩手前の段階になってもそれを食い止めることが出来ない・・・

経済が破滅的になり失業者があふれても、あるいは全体としては破滅的になってはいないのに失業者や貧困層が増加するという現象を理論化した経済「学」をいまだ見たことはない・・・

・・・合成の誤謬から生じた貨幣の動きが、マクロ面で既にこれほど、影響を与えているというのに、しかも何度もとんでもない事態を生じせしめて来たというのに、そこを中心にしたマクロ経済論が出て来ないというのは、正に経済「学」の怠慢というものであろう・・・

いや新古典派なる経済学は逆に、マネーの供給を操作することで経済は成長すると云うことのようだが、それが失敗した時、マネー本位の経済制御を中心に論を修正する試みも聞いたためしがない・・・

既存の経済学が常に貧困層を生み出し、格差を是正することも出来ない背景には、貨幣の動きを手段としか位置つけないマクロ理論から脱却できないからではないか・・・
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存