ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

役人と政治屋は,日本人ではない・・・ ( No.134 )
日時: 2017/06/29 12:02
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/05/18 18:39名前: 満天下有人 ID:AuuxifI6

・・・先ほどニュースショウで、公益法人の日本競馬会から別の公益法人へ利益の配分が行われていたと・・・

日本競馬会は数多の公益法人のなかで利益はダントツ、確か累積内部留保は1兆円くらいあったと思う・・・

・・・馬は一生懸命走る、その走りから挙がる利益を木っ端どもは、国に返さず山分けする・・・馬にも劣るヤロウだ・・・こやつら馬に蹴らせるか・・・。

メンテ
麻生政権の普天間問題 なぜか、 阿房の長命さんの投稿が多いスレッドですが、ヨロシク! ( No.135 )
日時: 2017/06/29 12:08
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/05/20 05:31名前: 阿房の長命 ID:o1/kBmo6

普天間問題を疑え〜2兆円も差し出す日本は占領地なのか

(ゲンダイ的考察日記)http://p.tl/lPM3

麻生政権の昨年2月17日、東京において中曽根外相とヒラリー国務長官の間で、グアム移転に関する日米政府の協定。

米軍にとって最善の案が、自民党政権時代に合意した辺野古移設案
メンテ
自民政権下のB層マーケティング ( No.136 )
日時: 2017/06/29 12:13
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/05/20 06:06名前: 阿房の長命 ID:o1/kBmo6

小泉元政権のB層マーケティング

http://electronic-journal.seesaa.net/article/141948444.html

どの政権も、甘いものに群がってる。

小泉元首相も普天間米軍基地の辺野古移転計画には異常
なほどのこだわりをもっていた。

かつて沖縄の公共事業の配分権は経世会がを握っていた。

それが、そちらのほうも構造改革が進んでいるというわけか。
メンテ
Re:アメリカのシナリオ!・・・ ( No.137 )
日時: 2017/06/29 12:19
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/05/27 14:03名前: 満天下有人 ID:K4YoNRz6

・・・はい、今日は・・・

韓国艦の爆破沈没事件について、韓国が断交宣言、翌日北朝鮮も、ならば戦時体制を取ると人民武力相が応酬・・・双方後に引きませんね・・・しかし北朝鮮では防衛相とか国防相とは言わず、ずばり「武力」相と言うんですね(笑)・・・

・・・カギは韓国側調査団による北魚雷の破片証拠を提示した調査報告書の信憑性にあるようです・・・、北は韓国軍が中心となった調査報告は飲めない、よって北側の調査団を受け入れよと主張するが、韓国側はこれを認めない・・・もし韓国が言う通り調査が客観的で科学性に基づいているなら、何故北側の調査団を受け入れないのかと、反発・・・

・・・クリントン/胡錦涛会談でクリントンも、韓国調査報告書を提示して北再制裁を強く主張したようですが、中国側は朝鮮半島と北東アジアの安定を第一義として、制裁を急ぐ米国を牽制・・・
本音部分では、韓国側の調査に疑問があるとしたようです・・・

・・・そしてロシア大統領が一昨日、ロシアも専門家調査団を韓国に行かせるから、100%北魚雷が立証されるまでは、国連安保理への提訴は自重すべきと声明・・・北朝鮮魚雷攻撃説への疑問は、使用火薬が北のものではないこと、魚雷に刻印された字が、兵器につける番号字とは違うこと、更に軍事技術的に見て、米原潜が張り付いているのにソナー探知を回避して北が魚雷発射できるものなのか・・・魚雷攻撃を受けた場合、被爆艦の周りに必ず水柱が立つのに、その形跡が無いこと、等々、疑問が沢山あるようです・・・

この韓国の調査結果に疑義が生じている最大の原因は、北朝鮮の目と鼻の先で行われた米韓合同演習の指揮を取った米原潜コロンビア号が、魚雷を誤爆したか韓国艦天安と間違って衝突したか、同時に沈没した事実を米韓側が完全に伏せていることにあるようです・・・

・・・韓国の民間自主ネットなる自主民報が、米韓合同演習の写真を取り(先頭で米原潜コロンビア号が韓国艦3隻を先導)、更に原潜から遺体をヘリで吊り上げるところも撮影し、天安は真っ二つに折れて沈没艦が沈んでいる箇所はA、B2カ所のはずなのに、間隔が6キロ離れてA、Bにブイ標識を置いた写真も撮影している・・・このA、B線上の上、つまり三角形の頂点にあたる場所に謎の第三ブイ標識が浮かべられている・・・これが米原潜の沈没場所ではないか・・・

この原潜コロンビア号の母港はハワイ真珠湾だが、いまだ帰還していないとか・・・写真を見ていると、それがほんものと仮定した場合、謎の第三ブイに目が止まり、推理が楽しくなります(笑)・・・

中国、北朝鮮、ロシアはこの米原潜沈没を知っているから、韓国調査報告を問題にしているのでしょう・・・でもそれを隠しているとするなら、アメリカの顔も立てて、事を解決したい、そんな雰囲気ですね・・・米原潜コロンビア号はロスアンゼルス型と言われ、世界最新のものらしい・・・

米次期ステルス戦闘機F22もすごい戦闘機ですね・・・準実戦の場で性能をテストしたくてしょうがなくなるはずですね・・・沖縄普天間基地移転先でどうしてもヘリの訓練場所が欲しい、そのヘリはオスコンと呼ばれ、小型飛行機とヘリのあいの子みたいな変な形をしておりますが、過去実験でかなりの死者を出しているようです・・・

・・・韓国政府による北朝鮮との断交について韓国世論では約60%が断交反対・・・もう半島での戦争はごめんだと言う意思表示でしょう・・・北の金さんが居なくなれば北の軍部もかなり変わると推測しますが・・・もうしばらく辛抱すればこの世に居なくなるのにねえ(笑)・・・あの方は糖尿病?・・・ならば大好物のオオトロをどんどん食べされば良い、時間が短縮できます・・・(爆笑)。
メンテ
Re:韓国軍艦「天安」沈没の深層・・・ ( No.138 )
日時: 2017/06/29 12:30
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

★たしか、韓国の高校生が乗ったセウン?号だったかが沈没した時も、メディアの様子が奇妙でしたね〜。救助も遅れたし、特定の人しか救助に行けなかった。。。


日時: 2010/05/27 23:13名前: 満天下有人 ID:K4YoNRz6

・・・長命さん、追加資料どうもありがとうございます・・・

この事件について日本のマスコミは一切報道しませんね、韓国が北朝鮮魚雷攻撃と断定した時は、1面トップでデカデカと報道するのに、謎の疑問点につての検証記事は、一切ありません・・・日米韓ペンタゴンに押さえられている気配が濃厚です・・・

・・・それにしても地図で見ると、ペンニョン島は北朝鮮領海と見間違うほど、本土の目と鼻の先に位置している・・・ここに最新型の米原潜が張り付いていたとすると、これは北朝鮮にかなりの緊張感を与えていたことは想像がつきます・・・

・・・しかし客観的に見ても、常識で考えても、北が仮に魚雷攻撃を仕掛けたとして、最新型の米原潜なら簡単に探知できるはず・・・そして「ヨントゥリム岩の陰に原潜が隠れていたとすると、周辺は北と東が陸地でさえぎられ、島の北方にあたる北朝鮮の本土からペンニョン島の方向を監視しても、島の南側のヨントゥリム岩の周辺に米潜水艦の動きを知ることはできない。」・・・

・・・こうなると北朝鮮による魚雷攻撃の可能性は、素人目にも有り得ないと思えますね・・・まあ,元はと言えば、そもそも北朝鮮が核開発で突っ張るから、米韓に監視されるわけですが、まあもう朝鮮動乱終って何十年経ちますかね、いまだ昔の亡霊をひきずっている・・・

・・・朝鮮半島の識者、良識者は、半世紀たっても民族同士で事を解決できないのは、民族の恥であると、嘆いているようです・・・

・・・でも、岡目八目的には,事の成り行きがどうなるか、不遜ながら、興味深々です(笑)・・・。
メンテ
Re:ロシア艦隊の日本海演習・・・ ( No.139 )
日時: 2017/06/29 12:36
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/05/29 21:58名前: 満天下有人 ID:Xg0sDAfY

・・・ほ〜、黒海艦隊まではるばる日本海へお出ましですか・・・

天気晴朗なれど,波高しの感じ(笑)・・・

日露日本海海戦では、バルチック艦隊が、はるばるやって来て、東郷元帥旗下のT字戦法で、やられましたね・・・

旗艦三笠には、英国海軍観戦将校トロウブリッジが乗船し、あのT字型攻撃戦法は、実はイギリス将校の指導であったという説が、有力のようです・・・

・・・しかし何でまた、ロシアまでが日本海の波を高くするようなマネをするのか、・・・朝鮮半島問題で中国がお出まし、第二次大戦のときのような何か、キナ臭いものが漂いはじめました。
メンテ
Re:政局は小沢が仕切っている・・・ ( No.140 )
日時: 2017/06/29 12:42
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/06/04 07:12名前: 満天下有人 ID:rY7WhUic

・・・来週月曜日の組閣を見ないと、何とも言えませんが、マスコミは盛んに菅直人は小沢と距離を置いて、反小沢グループを主要ポストにつけると,煽っているやに見えます・・・

菅発言の、小沢は”しばらく”大人しくしていた方が良いという、そのしばらくという言葉が微妙ですね・・・

・・・しかし実際に仙石、前原、枝野、野田を主要ポストにつけたら、短命内閣になるでしょう・・・小沢が要所要所に人を送り込むことをしなくとも、自壊が逆に早くなるような感じを受けます・・・彼らの政策が、右往左往していたことが何よりの証拠です・・・

いまだに小沢が退いたことは良かったとする世論の86%・・・それとて崩れて行くような・・・しかしバカですねえ、一体小沢のどこに説明不足があるというのか、何が不透明だというのか、その意見が全く分かりません(笑)・・・あ〜あ、いつまで煽られているのでしょうかねえ・・・。
メンテ
「メディア全般に機密費が渡っている」 ( No.141 )
日時: 2017/06/29 12:48
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/06/05 16:15名前: 阿房の長命 ID:kl4fy9gQ

●「メディア全般に機密費が渡っている」(EJ第2827号)より転載
http://electronic-journal.seesaa.net/article/152097232.html

 「記者懇」というものがあります。これは表向きの会見とは別に、大臣をはじめとする内閣関係者が夜回り記者たちに対し、オフレコを前提に話す懇談会のことです。なお、記者懇は与党の幹部も開いています。

 以下にご紹介するのは、自民党時代に官邸がやっていた話であり、民主党がやっているかどうかはわかりません。あらかじめお断わりしておきます。情報源は、『週刊ポスト』6/4号(上杉隆/本誌取材班)です。

 オフレコといってもそれに参加するすべての記者は、ICレコーダーを回し、後でそれを文章に書き起こしてメモ化します。これを「記者懇メモ」というのです。

 記者は文章化した記者懇メモを上司のキャップにメールで送ります。そのとき「これはオフなので、絶対に表に出さないでください」と断り書きを付けて送るのです。

 それを受け取ったキャップは、同じように断り書きを付けてデスクに送ります。そして、デスクは政治部長に、政治部長は編集局長に順次送られます。記者懇メモは、大勢の政治部記者から上がってくるので、相当な量になります。

 いわゆる政局記事は、こうしたメモを基にして書かれているのですが、このメモはもうひとつ重要な働きをするのです。それは編集局長がそれらのメモを官邸に上納するからです。

 このメモを読むと、与党の各派閥や他党の動向が手に取るようにわかるのです。官邸にとってはとくに反主流派の政権批判や官邸内でしか知りえない情報を野党の幹部が話しているような場合どこから情報が漏れたかを調べることができるのです。

 官邸としては、一か月に1回程度の割合で編集局長などの新聞社の幹部を食事に招待し、情報の対価として機密費から100万円程度を支払うのです。このシステムはそれを作り上げた官房長官の名前をとって、「Nシステム」──おそらくNは野中──と呼ばれていたのです。なお、Nシステムといわれる前は「Gシステム」──おそらくGは後藤田──と呼ばれていたのです。

 それだけではないのです。これとは別に各記者クラブから一名ずつ総勢10名ほどが参加する官房長官招待の食事会があるのです。この帰りには官房長官の地元の銘菓などが参加者ひとり一人にお土産として渡されるのですが、ただの銘菓ではなく、その中に100万円程度の現金が入っていたとされています。もちろんお金は機密費から出されています。

 このように新聞・テレビは機密費の毒に冒されているのです。野中元幹事長はこれを「毒まんじゅう」と呼んでいますが、国民に大きな影響力を持つ言論界が毒まんじゅうに汚染されていることは、メディアの伝えることに信頼が置けなくなり、ジャーナリズムの崩壊の原因になります。このようなカネを受け取っているメディアに小沢氏の政治とカネの問題を正義ぶって批判する資格などないと思います。

 しかも、毒まんじゅうをもらったのは、メディアの上層部だけではないのです。彼らはメディア全体に「共犯関係」を形成するため、次のようなことをやっているのです。これについて、『週刊ポスト』6/4号は次のように書いています。
―――――――――――――――――――――――――――――

 機密費を受け取った人間が、ある日、社内の後輩記者と食事し ながら囁く。「大変だろうから、お小遣いとっといて」。上司 のポケットマネーかと思って受け取ると、後輩記者もその日か ら「毒まんじゅう」を食らった仲間入りだ。あるいは、上司が 新任の部下や見込みのある若手記者を官房長官らに引き合わせ る。それぞれのお土産には、またもや菓子とともに現金が入っ ている。
―『週刊ポスト』6/4号

―――――――――――――――――――――――――――――
 これに加えて、自民党──とくに経世会周辺では「就職陳情」と呼ばれるものがあるのです。政治家自身の子息や後援者などからの就職依頼に関して、新聞・テレビへの就職の口利きをしているのです。新聞・テレビに政治家の子息が異常に多いのはそのためです。中には、そのように就職した子息たちの中には、最初から「色の消えたスパイ」として活躍している者もいるのです。

 こうした機密費を介したメディアとの「共犯関係」は自民党政権を通じて強固に構築されてきたのです。それは習慣化しておりそれが悪いことだとは誰も考えていないのです。

 だからこそ、元自民党官房長官の野中広務氏の機密費発言に対して、新聞・テレビが一切報道しないのは、自らにやましいことがあるからです。しかし、自分たちの都合の悪いことは報道しないという姿勢は、メディアの自殺行為といえます。

 しかし、なっとくできないのは、政権交代した民主党の平野官房長官が公約であるはずの機密費の公開に背を向け、記者クラブの存続にも力を貸していることです。とくに官邸については再三の申し入れにもかかわらず、会見のオープン化に抵抗しているのです。これは完全に公約違反です。

 マニフェストに書かれていることの多くは、財源の問題もありすぐには着手できないものも少なくないでしょうが、機密費の公開や記者クラブの廃止などはその気になればできるはずです。つまり、やればできることをやらないのです。こんなことを続けていると、真の民主党支持者まで民主党から離れてしまいます。まさか自民党時代と同じことをやっているわけではないでしょうが何をもたもたしているのでしょうか。

 上記の『週刊ポスト』の記事は、既出のフリージャーナリスト上杉隆氏によるものですが、現在上杉氏は、地上波民放テレビ各局からの出演依頼はゼロになっているそうです。どうやら「上杉を使うな」という談合が行われているからです。テレビ局は、メディアを批判する者をテレビに出さないのです。上杉氏はメディアの敵なのです。上杉氏だけではないのです。今までにもメディアに批判的な多くの評論家たちが外されているのです。
             ―──[ジャーナリズム論/31]
メンテ
政治を知らない「政治のプロ」たち ( No.142 )
日時: 2017/06/29 12:54
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/06/13 20:02名前: 阿房の長命 ID:zadfE15U

政治を知らない「政治のプロ」たち
田中良昭の「国会探検」より転載

 シルクロードから帰国して見たこの国の新聞、テレビ、雑誌の政治解説は、私の見方とことごとく異なる。私がこの政局を「民主党が参議院選挙に勝つための仕掛けで、将来の政界再編を睨んだ小沢シナリオだ」と見ているのに対し、新聞やテレビに登場する「政治のプロ」たちは「民主党内で反小沢派が権力を握り、小沢氏の政治力が無力化された」と見ている。

 私の見方が当たっているか、「政治のプロ」たちの見方が当たっているかはいずれ分かるが、困るのは「みんなで渡れば怖くない」で書いたように、日本の新聞やテレビは間違いを犯しても「みんなが間違えたのだから仕方がない」と何の反省もせずにそのままにする事である。だから何度も誤報を繰り返して国民を惑わす。私は間違えたら反省するし、なぜ間違えたかを分析して次の判断に役立てる。

 ところでここで問題にしたいのは政局の見方の当否ではない。「政治のプロ」を自称する人たちの解説の中に、まるで政治を知らない「素人」の議論が多々ある事である。それだけは訂正しておかないと国民に誤った認識を与える。

 「政治のプロ」たちは、「権力の中枢を反小沢派が占めた事で小沢氏は無力化された」と見ている。官房長官も幹事長も反小沢派の急先鋒で、財務委員長も反小沢派だから、小沢氏は金も動かせないと解説している。「建前」はそうかもしれない。素人ならそう思う。しかし多少でも政治を知る者は、それが「建前」に過ぎない事は分かっている。総理、官房長官、幹事長のポストに権力がある訳ではない。本人の資質と政治力がなければただの「操り人形」になる。

 アメリカのレーガン大統領はアメリカ国民から「父親のような存在」として敬愛されたが、彼が真の権力者であったと思う「プロ」はいない。見事に大統領を演じてみせただけで、シナリオを書いたのは別の人間である。中曽根康弘氏も総理在任中は権力者であったとは言い難い。ひたすら田中角栄氏の考えを忖度し、それに逆らわぬ範囲でしか政治を動かせなかった。そして田中氏が病に倒れた後も金丸幹事長の意向に左右された。中曽根氏が政治的に力を持つのは総理を辞めてからである。

 田中角栄氏も実は総理在任中より辞めてから、しかもロッキード事件で刑事被告人となってからの方が強い権力を握った。と言うと素人はすぐ「金の力で」と下衆な判断をするが、金の力だけで権力は握れない。田中氏の力の源泉は人を束ねる力、すなわち「数の力」である。それも「参議院議員の数の力」であった。

 私は再三に渡って日本政治の特殊性を論じてきた。その時にも説明したが、日本政治の特性の第一は参議院にある。日本国憲法では衆議院から総理大臣が選ばれ、衆議院が参議院より優位にあると思われるが、実は参議院の方が力は強い。参議院で法案が否決されると再議決には衆議院の三分の二の賛成を要する。与党が三分の二の議席を持つ事は滅多にない。従って法案の帰趨を握るのは参議院である。参議院が協力しなければ法案は1本たりとも成立しない。総理はすぐクビになる。参議院には総理、官房長官、幹事長のクビを飛ばす力がある。

 そのため昔から参議院の実力者は陰で「天皇」と呼ばれた。総理より偉いという意味が込められている。戦後の総理在任最長期間を誇る佐藤栄作氏は「参議院を制する者が日本政治を制する」と言った。角栄氏は参議院の多数を束ねた。つまり参議院選挙は衆議院選挙よりも重要なのだ。民主党は去年衆議院で政権交代を果たしたが参議院で単独過半数を得ていない。実は本当の意味での政権交代はまだ終わっていないのである。だから小沢氏は何よりも参議院選挙に力を入れている。

 今回の政変で総理、官房長官、幹事長は代わったが、参議院執行部は誰一人として代わっていない。つまり民主党の権力構造は底流で変わっていない。「プロ」ならそう見る。人事権は総理にあるから菅総理は参議院執行部を自分に都合良く代える事は出来た。しかし参議院選挙直前に参議院の人事をいじるのは常識的でない。このシナリオはそこを読んでいる。小沢氏が敷いた参議院選挙のレールも取り外して敷き直す余裕はない。

 もう一つ総理、官房長官、幹事長の「寝首」をかく事が出来る重要ポストがある。国対委員長と議院運営委員長で、国会運営の全てを取り仕切る。菅総理は総裁選挙で対立候補となった樽床伸二氏を国対委員長に就けた。思わず「えっ!」と思った。国対委員長と議院運営委員長には腹心を配するのが当然で、敵側の人間を配するのは異例だからである。議院運営委員長はそのまま、国対委員長に小沢グループの支援を受けた樽床氏が就任した事は、これも民主党が変わっていない事を示している。
メンテ
続 政治を知らない「政治のプロ」たち ( No.143 )
日時: 2017/06/29 12:59
名前: イントィッション ID:QCbOGOpw

日時: 2010/06/13 20:05名前: 阿房の長命 ID:zadfE15U

続く 政治を知らない「政治のプロ」たち
田中良昭の「国会探検」より転載

 日本政治の特性の第二は、こちらの方が重要なのだが、権力が国民に与えられていない事である。権力は霞ヶ関とアメリカにあって国民の代表である政治家にない。つまり政権与党に権力はなかった。かつての自民党は霞ヶ関やアメリカと戦う時には野党の社会党と水面下で手を結んで抵抗した。しかしここ20年は自民党が戦う事をやめて霞ヶ関やアメリカの言いなりになった。それが国民の信頼を失わせ、去年の政権交代となった。国民が初めて権力を発揮した。

 国民が選んだ政権を潰しにかかってきたのは霞ヶ関とアメリカである。霞ヶ関を代表するのは検察権力で鳩山・小沢両氏の「政治とカネ」を追及し、アメリカは普天間問題で鳩山政権を窮地に陥れた。しかし国民が選んだ政権を潰すか潰さないかは国民が決めるのが民主主義である。検察や外国に潰されたのでは「国民主権」が泣く。この政権の是非は国民に判断させるべきである。そこで民主党は参議院選挙で勝つための条件整備をした。

 野党自民党が今度の選挙で民主党を攻撃する材料は三点あった。「政治とカネ」と普天間と民主党の経済政策である。「政治とカネ」では小沢・鳩山両氏が、普天間では鳩山氏がターゲットになり、経済政策では「バラマキで財政が破綻する」と批判される筈だった。自民党はそのために消費税導入を選挙マニフェストに掲げる予定でいた。

 それが今回の政変で鳩山・小沢の両氏が辞任し、「政治とカネ」と普天間が攻撃材料になりにくくなった。次に菅政権は「財政健全化」に政策の力点を置いた。さらに将来の消費税導入に積極的な玄蕃氏が政調会長に就いた。これで三点への防御態勢を固めた。自民党の谷垣総裁は民主党の路線転換を「クリンチ作戦」と批判したが、その通りである。しかしそう言って批判しても始まらない。これから選挙までの短い間に違う攻撃ポイントを見つけなければならない。困っているのは自民党である。

 選挙の公示まであと1週間余りしかない。もはや選挙戦は事実上の後半戦である。政治を知らない「政治のプロ」たちが解説をすればするほど、また素人にも分かるように「建前」に終始した話をすればするほど、民主党は「変わった」という話になり、参議院選挙は民主党に有利になる。2人擁立が批判されていた2人区で小沢・反小沢がしのぎを削れば2人当選する可能性もある。そして選挙後に「多くの参議院議員を束ねた者が日本政治を制する」のである。 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存