ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

・・・そうですね、コーンを中心に過去最高値を超える勢い・・・ ( No.104 )
日時: 2017/06/26 17:44
名前: イントィッション ID:rNrJVSks

今日はここまでにしておきます。。。

日時: 2012/07/13 10:37:54名前: 満天下有人

・・・そうですね、コーンを中心に過去最高値を超える勢い・・・

先日、ロンドン金融短期市場LIBORで金利操作の疑いがあるとされた英・バークレイズ銀行・・・ここはシカゴ穀物相場でいつも相場をリードすることでも有名です・・・

・・・ジョージソロスなども、今後は株式市場は期待できない、商品市場だと年初に言っておりました・・・旱魃予想は願ったりかなったりの状況です・・・これで日本の畜産家はまた採算が取れずに困ることでしょう・・・それでも現物が手に入るうちは良いのですが、価格高騰で契約を破棄して来るのが怖いですよ・・・これをマーケットクレイムと言うのですが・・・昔、砂糖原料相場が急騰し、豪州との年間契約が破棄される事態もありました・・・食糧自給はこの面でも大事な安全保障なのです・・・

・・・ロンドンで開かれた国際航空ショウで、日本の軍事筋が、日本もオスプレイを購入して自衛隊に配備する予定だと発言したことが話題になっておりました・・・何事にせよ、この国独自の基準などは、どこにも無い有り様となってしまいました・・・

一重に、菅直人以降の民主党がこんな国にしてしまった・・・先日の民主党総会で野ブタが、党のピンチをチャンスに変える努力が必要で、結束しようと・・・政権与党なのだから国家のピンチをと言うならまだしも、政党のことしか考えていない・・・国家の前の党のことの方が、大事なのだ(笑)・・・

・・・しかし小沢グループを追い出してピンチは無くなった筈なのに、追い出した後がピンチとは、これ如何に?・・・(笑)。
メンテ
尖閣周辺が時化(しけ)て、浪高し・・・★★★ これが今でも継続中! アジア極東戦争を企てている金融マフィアが株主の軍事産業 ( No.105 )
日時: 2017/06/27 09:58
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/07/28 00:49:12名前: 満天下有人

・・・病の時は、具合悪くなる俗世から離れること肝要なりとのお見舞を頂いても、性分のせいか、クソ内閣どもの言辞が目の隅に止まると、もうだめだ(笑)・・・黙っておれるか!という気分がどうしても頭をもたげて来る・・・

・・・25機のオスプレイ強引搬入のおかげで中国が刺激され、これは日米による尖閣諸島防衛強化が狙いであると反応し始めた・・・

・・・古来、軍事的緊張が高まり、現実に戦争が始る時の経緯は、どれも鶏が先か卵が先かの論争に似て、どちらがどうだったからそれが戦争の原因であったと分析されてしまうことが殆んどだ・・・その陰でいくら戦争回避派が努力しても、時の政府が武闘に傾いて行けば、どのケースでも双方癒しがたい傷を負って終わり、そして時の経過と共に戦争を知らぬ世代が増えてまた、同じことが繰り返されて行く・・・

・・・世界に多様な民族が生まれ、それがネイション=国家枠なる形を取って来た以上、資源にせよ国家国民安全保障にせよ、その国家枠を基準に利害が生じ、紛争が絶え間ない・・・それが古代からの国家枠を持つ人間の宿命とするなら、その度ごとにドンパチを始めるしか手が無い・・・年がら年中やっておれば良いだけのことだ・・・だがそれでは人間は生存できない、長い歴史の中でさような本能的な感覚を持ち始めたのも他ならぬ人間ではなかったのか・・・

・・・皆が戦争ほどバカバカしいものは無いと思っているにも関わらず、それでも血を流す事態に追い込まれて行く契機になるのが、回避の為に総合力を発揮すべき政府が、あいつが眼(がん)をつけやがったから、こっちも仕返しをしてやろうという、街中のチンピラ同然の果たし状を突きつけた時である・・・

・・・オスプレイ強引搬入問題がキナ臭くなっていた時に、その展開注視の為に国内に居るべき外相が、目先どうにもならぬ北方領土問題でロシアとの話し合いにウツツを抜かし、帰ってきた途端に、オスプレイ配置は中国の海洋進出の抑止力になると、刺激的言辞を極力回避して外交折衝に邁進すべき外相が防衛大臣みたいな言辞を臆面もなく発しおる・・・

・・・そして閣僚が少し勇み足をしたとして抑制に回るのが首相というものだが、その首相までが、オスプレイ搬入後に中国による領海侵犯には自衛隊を出動させると追い打ちをかけてしまう有り様である・・・防衛大出身の森本防衛大臣が、騒乱も無くオスプレイが岩国に搬入されてほっとしたとの発言、これはまあ軍人さんだから、強力なケンカ道具がどんどん入ってくることを喜ぶ立場の人間だから、ある意味しょうがない、軍事オタッキー的に喜んでいる範囲内であれば、まだそれで済む・・・

・・・だが、外相が尖閣問題について中国の外洋進出阻止を言いだし、首相が自衛隊の出動も容認するとなっては、これはもう宣戦布告に等しくなる・・・この問題は日中国交回復の時にケ小平が、中国内保守派の尖閣領有突き上げを抑える政治的棚上げを狙ったことから、線引きが曖昧な話として尾を引いている・・・

その延長線上での1997年に於ける日中新漁業協定でも、黄海などの排他的経済水域では日本は締めだされてしまったが、この尖閣周辺での漁業については、「暫定水域設置海域」、中間水域として妥協案に双方が署名している・・・

・・・問題はこのような過去の協定を一つ一つ外交議題としてねばりつよく落としどころを見つける努力もせずに、政府がいきなり尖閣については日中間に領土問題は存在しないとして、過去の中間水域協定も無視し、あげくに外相が尖閣問題を一足飛びに中国による太平洋外洋進出の脅威に絡めてしまう、稚拙な外交姿勢にあるのではないか・・・

・・・この問題がオスプレイ搬入と同時に輪を広げてしまった背景については、賢兄諸姉なら既にお分かりのことだ・・・要するに世界最大の米国債保有国となった中国にキンタマ握られてしまったアメリカが、裏では中国と手を握らざるを得ない、だが軍事産業の顔も立てなければならない、両方のニーズを満たすために日本にケンカを売らせている構図だ・・・軍事は常にケンカ状態が無いと商売にならない・・・
これに玄葉や安住に野ブタがホイホイと乗っている光景で、芯からのあるべき安全保障問題など、ハナから頭に無い・・・昨日、中国古代の「渾沌(こんとん)帝王」の寓話に絡めて、掴みどころが無いのっぺらぽうの話をしましたが、五官があるのか無いのかさっぱり分からぬこの野ブタ一派も、アメリカが後ろ楯に居ると敏感に反応すると中国には角を立て始める・・・

・・・昨年秋にヒラリー国務長官が前原誠二に、尖閣も日米安保の適用範囲に入ると言ったことが、野田たちによる米国は尖閣問題でバックアップしてくれるとの根拠になり、且つ、何かにつけて外交問題に首を突っ込んで来る前原に日米関係で大きな顔をされたくないとの思惑が、野田一派による尖閣問題へののめり込みの根拠になっているとの見方が強くなっている・・・

・・・言うなれば宗主国に対する手柄を争うガキどもの光景になっている・・・だが米国はほんとに尖閣問題の後ろ盾になるのか・・・ヒラリーに耳打ちされて日中ケンカをそそのかされているだけではないのか・・・その証拠につい先日、アフガン支援東京会議に合わせて来日したヒラリーは、日本からアフガン支援金を出させる目的を達したら、尖閣問題などは歯牙にもかけず、さっさと帰国している・・・

・・・それより以前から米国の対中政策は、ブッシュ政権時代にゴールドマンサックスCEOから財務長官になったポールソンが中国の隅々まで回って、世界一のドル保有国(=米国債保有国)となった中国とぶつからないように経済政策面で神経質に気配りを行い、ブッシュ大統領など訪中の前に我が国に立ち寄ってまで、靖国参拝を強行して中国を刺激する小泉に対し、京都会議でブッシュが、も少し穏やかに対処せよと苦情を言っていたことも記憶に新しい・・・

・・・それに呼応して駐日米大使館に張り付いて対日政策の中核であったマイケル・グリーンなど、米国は東アジアにおける領土問題については中立であるとコメントしていたここも記憶に残っている・・・更にはヒラリー国務長官が尖閣は日米安保の適用範囲内にあると言いながら、国務省スポークスマンであるクローリー報道官が共同通信のインタビューに答えて、確かにヒラリー長官の発言はその通りなのだが、それは原則を言っただけで米国の対中基本政策はあくまでも領土問題については中立であり、尖閣問題についても日中どちらの側にも立つ積りはないことを明言しておきます、と、明確に述べていた・・・

・・・第二次大戦終了時のヤルタ会談もそうであった・・・北方領土問題でもアメリカは特にソ連に対し異議を唱えてもいなかった、その為に現在でも我が国の対ロシア交渉についても知らんぷりである・・・米戦略は相手が大国の場合には、そこに神経を集中し、それを取り巻く衛星国のことなど二の次の問題としか捉えないのである・・・

・・・玄葉が尖閣問題とオスプレイ搬入を繋ぎ合わせて、岩国の次に沖縄に移動させることは、中国の外洋への進出に対する抑止力になるなどと、国内のことは放ったらかしにして偉そうな事を言う青二才の言辞は、よほどヒラリーに懐柔されてしまっているのであろう・・・あのババアも油断ならないしたたか婆さんで、日本をけしかけて日中が益々離反するようにし、その間に中国市場から日本を巧妙に排除して米国独占市場にする企みが無いとは言えない・・・米国基本戦略は、かくの如く中国を軸しているのだ・・・なのに現民主党バカ政権は、石原が東京都で尖閣を買い上げると言いだしたことに負けてはならじとの対抗意識から、自衛隊まで出動させると、首相ともあろうものが単純バカ丸出しの有り様である・・・オスプレイ搬入問題でもアメリカは、かくもスムーズに事が運んだことに内心では驚いているのではないか(笑)・・・対中抑止力になるよと耳元で囁やいただけでこんなにあっさり決まってしまう(笑)・・・安全確認の為に航空自衛隊員が操縦してくれれば、尚更有難い!、何故って?、そうなれば次はオスプレイを買ってくれる(笑)・・・

・・・オスプレイ沖縄配備反対の団体が、交渉団を編成して直接アメリカに乗り込んで訴えると言う・・・沖縄は日本政府の管轄にある日本国である・・・それが政府を飛び越えて直接アメリカに乗り込むと言う・・・古代よりネイション・民族が必要としたから国家枠なるものが形成されて来た・・・では、「日本国」とは、一体、何者なのだ・・・。
メンテ
カリブ海には、カネ隠し大タコが棲んでいる・・・ ★★★おっちゃんの手話は最高です。グローバライゼィションの汚い元祖の説明です。 ( No.106 )
日時: 2017/06/27 10:10
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/08/02 06:15:31名前: 満天下有人

・・・イントちゃん、真夏の夜の会談話でもありませんが、キューバ下のケイマン諸島からヴェネズエラ沖の諸島が連なるカリブ海には、昔から大金を食う大タコが生息しているのです・・・

そして大西洋にあるバミューダ諸島とフロリダとプエリトリコの三地点を結ぶ三角海域地帯、魔のバミューダ三角海域と呼ばれる地域も、昔から謎の遭難事故が多く、ここにも巨大な海坊主が生息していて、お腹が減ると行き交う船舶乗組員や飛行中の航空機のパイロットを食べてしまう(笑)・・・

・・・有名な事件として1872年にイタリア・ジェノバへ向けてNYを出港したメアリー・セレスト号が魔の三角海域で行方不明となり、ポルトガル沖で漂流中の所を発見されたのに、食堂では食事中の痕跡が残されたままで、乗組員全員が忽然と消えてしまった事件・・・コーヒーはホットのままであり、ハムエッグも湯気を立てたままであった(笑)・・・大タコは湯気を立てているハムエッグは食べずに、頭から湯気を立ててどうやら人間を食べてしまったらしい・・・

1881年にはバミューダ海域を航行中のイギリス船・オースチン号が、無人で漂流中のスクーナー号に遭遇・・・オースチン号の乗組員の半分がスクーナー号に乗り移ってニューフアンドランドに曳航する途中、濃霧に出合いオースチン号とスクーナー号は離れ離れになり、再び遭遇した時には、スクーナー号に移船した乗組員は全員消えてしまっていた・・・

・・・最も有名で不思議な事件は、1945年にフロリダの基地を飛び立った米航空隊の5機の第19飛行編隊が、2時間後に基地へ戻る予定の所、「何かがおかしい、方向が分からなくなった・・・白い水に突入しそうだ・・・」との最後の通信を発したまま、行方不明・・・救助に向かったマリナー飛行艇も戻らず、しかも何の痕跡も残されていない・・・

(後年の研究では、海底に眠る近未来の新エネルギー源と言われるメタンハイドレードが突然に巨大なエネルギーを発して空中に舞い上がって航空機を一瞬に飲み込んでしまったのではないかと・・・)

・・・バミューダ海域の大タコは、人間が好物のようで、カリブ海の大タコはカネをせっせと隠しては、間接的に人間食いをやっています・・・10年前にカリブ海のタコになろうと思ったのかホリエモンなる若い男が、ケイマン島につながる英領ヴァージン諸島に脱税カネを隠してあっさりタコ網にひっかかってしまいました・・・日本の明石タコなど小ぶりで味がしまっておいしいのに、身の程知らずのホリエモンは、大タコになれなかった(笑)・・・精々丘にでも上がって芋でも盗んで食べておれば良かったものを(笑)・・・

・・・最近、警察庁出身の亀井静香が、正しいタコ道を説くべく獄中のホリエモンを訪ねようとしたが、ホリエモンは頑として面会を拒絶しているそうです・・・亀井の広島選挙区に小泉と竹中が刺客としてホリエモンを送り込んだ因縁がありましたね・・・中国語でホリエモンなる発音の漢字は、肛門だと聞いたような気がしますが、入りと出の箇所は常に清潔にしておかねばなりません・・・

・・・だがカリブ海ヘヴンにおける連中の有り様は、不潔な手段による蓄積が目的で、ものの道理からして何時かは必ず、不潔なものによる蓄積は、世の中を必ず不潔にしてしまい、関係ない人間まで黴菌で殺されてしまうことになります・・・

・・・いつかイントちゃんに尋ねられた英・LIBOR金利操作事件・・・その金利に関わった元の資金は世界規模で1000兆円の40倍、4京円に達すると言われているようです・・・実質高くなっている筈の金利を英イングランド銀行が、金利高騰は英国内銀行が相当苦しいことの表明になって、いまだサブローンの後遺症があると思われては英経済にとって困る・・・

・・・だがその副作用として、高い金利で得ることが出来た筈の銀行の収益が低金利指標で儲けが少なくなったとして銀行が銀行を訴えるというタコの食い合い状態まで発生しているようです・・・米地銀のバークシャー銀行が三菱UFJと農林中金を訴えています・・・しかしこれもおかしな話で、要するに高金利であったなら儲けられた、ということは最終的には民衆が高い金利をむさぼられる・・・

・・・ケイマン諸島にヴァージン諸島で発生して来た伝統的な大タコども・・・ところが我が国では新珍種が発生しております・・・いわずとしれた野ブタが安住小タコを使ってタコ化し始めました・・・学名は・千葉ピテカントロプス永田タコブタという長ったらしい珍種のようです・・・この特徴は、庶民からオカネを撒き上げては国際大タコに貢ぐ習性があることです・・・も一つの傾向は、尖閣諸島海底にもぐり込んで北京原人とも戦さを始めたいようですね・・・

・・・チャールズ・ダーウインがガラパコス島における伝統的生物もまた、外来種によって別の進化を遂げると言ったそうですが、グローバリゼイションとは実に奇怪な生物体を次々に進化させるもののようです・・・

・・・タコに食われずに夏バテを乗り切るには、タコを毎日食べてはどうかと思い、タコ酢を毎日食べています・・・熱中症にも効果がありそうですよ(笑)。
メンテ
岡に上がっては芋を盗むタコ野郎・・・ :西川は東芝に入って経営ハチャメチャにしました! あの爺、カルト宗教と日本財団の一味でしょう! ( No.107 )
日時: 2017/06/27 10:20
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/08/02 17:44:26名前: 満天下有人

・・・竹中のタコ造なんぞ、ゴールドマンの手先にしか過ぎない・・・詐欺師ですよあいつは・・・

郵政民営化を通じてあいつがやったことは、知る人ぞ知るです・・・ロックフエラーの指図通り我が国の金融、証券界を再編してユダヤ金融どもが儲かるように仕向けた張本人です・・・

・・・長銀や日債銀を二束三文でハゲタカフアンドに売渡して、姿を変えた新生銀行など上場時にボロ儲け・・・一番ひどいやり方は、現在のりそな銀行の処分問題でした・・・埼玉県のあさひ銀行と大阪の大和銀行がおかしくなって、その統合問題は紆余曲折が激しく経緯は省略しますが、要するにりそな銀行になった訳ですが、それでも当時では銀行がどこもメロメロ、三井住友銀行も損失が大きく自己資本不足に陥り、竹中によるゴールドマンの紹介で三井住友は高利のオカネで息をついたのですが、その条件として郵政民営化に反対していた三井住友の西川頭取は竹中の軍門に下って郵政民営化に賛成する豹変ぶり・・・

・・・そのおかげで西川は民営化郵政の初代社長になりましたね・・・そして郵貯のカードは三井住友が一手に引き受けるうまい汁もすすったのです・・・

・・・銀行を統合してもまだ数が多すぎる、そこで竹中金融大臣が一番弱いりそな銀行を整理すると言い出しました・・・哀れりそな銀行の株券は紙切れ同然となる経緯を辿りましたが、実はりそな銀整理の過程で、ゴールドマンはせっせと二束三文でりそな銀の株式を手に入れていた・・・しばらくしてから竹中は一転してりそな救済案を出し、おかげでりそな銀の株価は暴騰し始めました・・・濡れ手に粟のボロ儲けでしたでしょう・・・

・・・日曜日テレ朝、田原総一郎の政治番組で郵政民営化の議論で、民営化反対の亀井静香と、既に政界から引退していた竹中がTVで激論・・・亀井静香が堪り兼ねて元警察庁出身の本領を発揮・・・竹中さんよ、そこまで言うなら、何ならあなたのことをバラして刑事告発に持ち込んでも良いとドスを利かせた途端に竹中は真っ青になっていましたよ、あの場面はよく覚えております・・・

・・・サブローン爆発の少し前でしたか、竹中が朝日新聞全面2ページも潰して、これからの日本国民は債券、証券市場で稼いで行くべきだとのデカイ記事広告を読んだときには、ほんとにビックリしました・・・ドルの弱体化でその後の債券証券市場はメタメタになりましたね・・・そんなお前がドル基軸通貨の復活はまだ大丈夫などと、良くも言えたものです・・・新興国を含むG20でも、新たな共通通貨が模索され始めている時に・・・

・・・シーエルガスにせよ、アメリカでも採掘を通じての水汚染問題がしょっちゅう取り上げられている時に、庶民騙しによくもまあ素人が何を抜かすかと言いたくなります・・・

・・・あのタコ造は、岡に上がってはイモ畑を荒らすタコみたいな輩です・・・節税とか称して年末になると住民票をアメリカに移したりして・・・黙ってテメエの足でも食っていろ!(笑)・・・

メンテ
第二次反グロ運動か、鎖国しか方法が無い・・・ ( No.108 )
日時: 2017/06/27 10:34
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/08/05 05:56:38名前: 満天下有人

・・・<金持ちの日本とドイツが一番にムーディズなどのインチキ格付け会社に異議を申立て、国連で話し合うまでにならないといけないでしょう。。。>・・・

ここはねイントちゃん、財務は既にIMFに対し異議を申し立てているのですね・・・先週の参院予算委員会で、小沢グループの新潟選挙区選出の森ゆう子議員が消費増税に関連して、その必要性について質問したら、答弁に立った財務省官僚がこう答えておりました・・・

「格付会社の我が国国債に関する格付ランクの下げについては既に異議を申し立てております。毎年償還期限が到来する国債については、ちゃんと償還出来ているのだから、それも出来ないどこかの国と同じように格付下げされる理由は無い」と・・・IMFに対するこの申立は、まあ良いとして、しかしこの答弁は国内的には矛盾を孕んだ答弁になってしまい、すかさず森議員から、では消費増税は別に急ぐ必要は無い、税と社会保障の一体化問題もじっくりやれば良いと言うことになる、何をそんなに急いでいるのか、と・・・(笑)

・・・これなんですね、我が国の政策の支離滅裂さ・・・その根本にあるのは、明治維新以来、とにかく西洋の脅しが怖くて常にひれふして来た救い難い性質にあると思います・・・為替介入と称しての貢も含めると今年だけで31兆円も外に支援している、その為の増税かと見間違う程です・・・そして原発被害救済は遅々として進まない・・・

・・・西洋特有のすさまじい政治と私利追及の構造にはあっさり隷属してしまい、その貢財源の源泉である大衆のエネルギーは、非正規労働の導入などによって減少させて、その穴埋めは全部に網をかぶせる消費増税で補おうとする・・・目茶苦茶です、ほんとに・・・

・・・<アメリカの民衆と共に、ドイツやロシアや日本や中国の正統派と一緒になって、国連でもの申すようにしていかないといけないですね。。。>・・・

そう言えばアメリカの occupy wall street 運動はその後どうなっているのか、公園占拠は終わったようですが今度は、全米富の40%を握る1%の富裕層の子息たちが、政府は我々に課税せよ運動を始めたとのニュースは読みましたが、反寡占金融運動そのものは脈々と根付いている・・・ほんとにこのような人たちが国際的に手を取り合って国連あたりにもおしかける状況にでもならない限り、個々の国内では権力に押し潰されるだけです、第二次反グローバリゼイション運動が待たれます・・・

・・・第一次世界大戦後の影響で始まった世界第恐慌、蔵相→首相→蔵相を務めた高橋是清が、先ず国内経済の安定化を図るとして外国為替管理法と資本逃避を禁止する為に敷いた資本逃避防止法・・・いわば当時の西洋資本の横暴さから身を守るために取った鎖国政策・・・

現在ではその正反対の政策で、むざむざ欧米金融資本の餌食になるだけの政策に乗る狂った野ブタ野郎ども、ドル安ユーロ安/円高に加担するなら、いっそのこと経済鎖国でもしない限り手立ては無いのに、こんな政府が続いている・・・先端通信技術の発達によって今時、鎖国など出来ないとするなら、国連を相手に民衆の第二次反グロ運動を拡大させるか、方法はそれしか無いようです・・・。
メンテ
ヘドが出そうなアメリカのアドバイス・・・ ( No.109 )
日時: 2017/06/27 10:45
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/08/30 08:19:26名前: 満天下有人

・・・その前に、昨日のBSニュースで見た尖閣に関する若い日本人記者の、 米国務省報道官・ニューランド女史への勇敢な突っ込んだ質問・・・報道官が、アメリカは日本で尖閣諸島と呼ばれる釣魚台列嶼の主権紛争でどちらの立場にも立たないとの答えに記者が、先ずアメリカは、あの島を「尖閣」と呼ぶのか「釣魚台」と呼んでいるのか、公式にはどちらなのだと質問・・・

報道官が「尖閣」だと答えると、ならば日米安保条約におけるアメリカの極東条項=日本の安全保障を損なうリスクに対しアメリカは行動するとの条項も加味すると、「どちらの立場にも立たない」との政策は矛盾するではないか・・・これに対しニューランド報道官は、その質問については先ほどから「当事国同士で解決すべき問題」であると何度も答えているとして質問を打ち切ってしまった・・・

・・・この姿勢は、21世紀に入ってアメリカが、例によって金融主導で中国に深く入り込み、しかし逆に米国債を中国に大量に保有されて足が抜けなくなり、ドル弱化も加わって21世紀は中国を最重要パートナーとして選んだ米政策を浮き彫りにするものだった・・・何が言いたいかというと、アメリカがバックについているから中国に強気で出るべしとする一部強硬派は、アメリカが何を考えているのか、そこをよく咀嚼すべきで、単純な国威高揚発言は慎めということだ・・・

・・・後段で紹介する対日戦略の理論的支柱であるナイ・ハーヴァード大顧問教授と、ジャパンハンドラーの元国務省副長官によるヘドが出そうな我が国に対するアドバイス、そのアーミテージも尖閣については、日中が衝突しないようにアメリカがリードするのが「アメリカの国益」に寄与すると述べている・・・何が言いたいかというと、ここにも日本防衛の考えは無く、あるのは米国国益だけであるということだ・・・

・・・ついでに竹島問題にも触れると、軍事オタッキーの森本防衛相が当初、あれは韓国国内問題から起こった事態であるとコメントして、顰蹙を買っていたが、その点に限れば的を得ていたと思う・・・
日経ネットも報じていたが、やはりあれは、元国会議員であった李大統領の実兄が、倒産相次ぐ貯蓄銀行から 5000億円貰ったとして逮捕され、それが李大統領に流れたとする疑惑、その証拠を握っている朴槿恵氏(軍事政権大統領であった朴の娘)を与党セヌリ党の大統領候補にさせない為に、彼女が親日であることを浮き彫りにし反日世論を煽る為に竹島上陸を強行した・・・ソウルでは、彼女が大統領に就任したら、李明博大統領は逮捕される、との観測が支配的だそうだ・・・

・・・何が言いたいかというと、中国と同じように韓国にも良識派は沢山いる、メデイアでは韓国最大紙である朝鮮日報も良識的論説を書いている・・・この李大統領に対し、その背景も咀嚼せずにいきり立った野ブタ政権は、そこら辺に居る跳ね上がりどもと同じような対処をしたということだ・・・

・・・そして、冒頭に紹介した日本人記者の突っ込んだ質問に対するニューランド女史報道官の答弁に潜むアメリカ戦略の匂いを嗅ぐこともせずに、何事にもアメリカの言うとおりにする自我無き我が国の姿勢がある・・・

・・・リチャード・アーミテージ元米国務副長官とジョセフ・ナイ ハーバード大特別教授らアメリカの超党派有識者グループが、日米関係に関する報告書を発表している・・・
「日米同盟:アジアの安定をつなぎ止める」と題するその報告書の骨格は、三つの柱から論究されている・・・その前提として一流国家とは、経済力、軍事力、グローバルな視点を持つ国だと定義付け、日本はその基盤が緩んでいると指摘している・・・こちらへのご指導はもういい加減にして、自分とこの事を真剣に考えたらどうかと言いたい・・・

・・・その(1)は、東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所事故を踏まえて、日米のエネルギー分野及び経済・貿易分野での協力強化を図らねばならないとしている・・・その延長線で原発維持によって核開発の研究を続けることが一流国家の証であると(笑)・・・そして大飯原発再開に反対する世論は、日本が二流国家に向かっている兆しである
と・・・冗談もいい加減にせいっ!、いつまで乞食みたいにこちらにくっ付くのか!・・・野ブタが原発0政策は非現実的であるとして民間反原発の動きを牽制しているが、その「非現実的」とは、アメリカ意向の現実に合わないから、非現実的であると言ってることに等しい・・・世論は既に原発はクリーンなものでは無いとの認識を深めてしまっているのに・・・

・・・その(2)は、韓国・中国など隣国との関係のあり方についてご指導されている・・・これはオバマ政権が国内政策に行き詰まり、TPPを掲げてアジアに食い込む米国国益だけから発せられたものに過ぎず、そのことは前述したように、尖閣、竹島についてはアメリカはどちらにも加担せずに中立だとの政策に如実に示されている・・・

その(3)が日米の新たな安全保障戦略について提言である・・・自衛隊が集団的自衛権を行使できるように憲法改正を求めている・・・これに呼応しているのが、新自由主義思想を根底に置く橋下維新の会であり、来月自民党総裁選に再び立候補しようとしている下痢男・安倍普三の維新の会へのにじり寄りではないか・・・報告書は民主党政権になってから漂流が激しくなり二流国家に転落しかかり、それによって世界で「最も重要な」日米同盟の基盤が揺らいでいると指摘しているが、これに歯止めをかけようとして財務省経由で野ブタにやらせ、しかしここを見限って橋下へシフトさせようとする動きが匂う・・・情報は安倍普三にも届いていることであろう・・・

・・・いずれにしても今回の報告書は、日本が「一流国家」であり続けるのか、それとも「二流国家」に甘んじるのかという問いかけで始まっているのだが、世界第3位の経済大国である日本が「一流国家」であり続けることは十分可能だ、つまり、日本の消費セクターは中国の2倍の大きさがあり、女性労働力の拡大などの改革と競争を進めることで、その潜在力をまだまだ生かすことができると、ある部分だけを取り上げた薄っぺらなものだ・・・そしてこう続ける「日本は国際社会から尊敬を集めるソフトパワー大国でもある」と・・・はいはい、分かった分かったよ、がんばってもっと貢いでくれと言いたいのであろう・・・

・・・しかしロスチャイルド、ロックフエラーを軸に軍事と金融が結びついて来た前世期までの歪んだ歴史をまだ継続させようとする政治勢力が存在している、我が国が高度成長期に入った時と同じような脳硬化症にも思える物見しか出来ない連中がさもありがたいことを言う錯覚・・・一方で国民の政治に対する姿勢も、もうあきらめたのか、アメリカではロムニーが共和党候補に決まったようだが、アメリカ在住の友人からのメールでは、大統領選も低調らしい・・・

・・・韓国でも竹島問題の後、一時上昇した李大統領への支持率がまた一気にしぼんでしまっており、韓国でも大統領選は盛り上がりを見せていないそうだ・・・我が国はご覧の通りである・・・欧州はフランスで改革派のオランドが大統領になったものの、その後に勢いが全欧州に広がる気配は余り感じられない・・・

・・・ひょんなことから「我関わる、故に我あり・地球システム論と文明」なるタイトルの書物が目に止まった・・・物理学者による考察のようだが、通常の生物圏から人間圏が分離され、さてその「圏」は宇宙圏とどの程度の整合性を持っているのかという書物らしいが、近日中に読んで見るつもり・・・。
メンテ
日米同盟強化に向かう政情・・・ ( No.110 )
日時: 2017/06/27 10:52
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/09/06 21:28:46名前: 満天下有人

・・・「日米安保」から05年には「日米同盟」へ変貌し、その新たな役割では我が国は、米国が世界に向けて出る時には、日本も同一行動を取ることが盛られている・・・そしてその具体的な行動として、新たな安全保障とは、民主主義国家であるインド、オーストラリア、フイリピン、台湾との協調を強化することだ、そして日本はその一環として原子力推進と共にAPEC諸国へのODAを継続することとある・・・

・・・前稿イントちゃんへのレスで、国内地方交付金も払えない状況なのに、何で海外へはオカネ出すのかと嘆いたばかりだが(笑)、その背景には、この日米同盟指針が既に野ブタや安住あたりに届いていたからであろう・・・一体我が国と何の関係があると言うのか、遠いアフガンにまで巨額の援助をする、それは米国が出て行く所には日本も一緒に行かなければならないとする日米同盟の表れである・・・グローバルな視点が無い国は、二流国であるとまで断じられている・・・国内向けにはオカネが無いのだから、二流国で結構ではないか(笑)・・・

・・・外交が内政に大きく影響すると申したが、この最新の日米同盟指針では、原子力利用の推進が強く述べられている・・・福島原発事故の被災者には哀悼の意を表すると言いつつ、そのことによって原発政策を0に戻す動きが日本だけでは無く、ドイツは完全撤廃に踏み切り、中国は原発工事を中断するまでに、福島は影響を与えてしまった・・・

・・・しかし野田内閣は安全を点検しつつ、二基の原発を再稼働させ、今後も安全を点検しつつ再稼働させる段階にいるが、そのやり方は我々米国の見解に沿うものだと評価している・・・原子力エネルギーの不足は、日本の有為な最終目標達成に深刻な影響を及ぼすだろう・・・それは原子力が途方もないエネルギー源であり、経済成長の源であり、二酸化炭素削減に最も有効であるからだ・・・その為にも東京とワシントンはこの分野において、世界に向けて原発促進のリーダーシップを再開せねばならない。何だか日米同盟によってGE原発プラントを世界に売ろうと聞こえる・・・

この原子力分野から撤退すべきではないとの根拠として、新たな安全保障目標は北朝鮮を封じ込め中国を牽制する指針と併せて解釈すると、原発維持によって何時でも核兵器転用の準備をしておけとの文脈になって来る・・・そう言えば、森本が防衛大臣になる前に電力関係の講演会で、日本の原発維持を主張し「単にエネルギーの問題だけではない」「周りの国から見て非常に大事な抑止的機能を果たしている」と発言していたが、恐らくこの最新日米同盟指針を知っていたからであろう・・・

・・・外交が内政に大きく影響すると申したことが、この指針に如実に表れていると言える・・・こちらの世論では原発0世論が大きくなっている時に、日米同盟なる外交がそれを阻止して来る・・・地方交付金も払えないと言うのに、海外、特にアジアへの支援金が要請される・・・そして新たな安全保障とは、インド、オーストラリア、フイリピン、台湾などの民主主義国と協調せよと言い、これは明らかに中国封じ込めを意図したものであり、日本が前面に立てと促しているのが本音であり、その為に原子力利用を止めるべきではないとの文脈になっている・・・

・・・日米は一つの同じ段にいる一つの国である同盟だとしながら、中国封じ込め政策で、米国自身は中国に対し融和策を取っている、尖閣問題が再び火を噴き出した時に、ヌーランド国務省報道官は記者団の質問に対し、米国は他国の領土問題には中立だと答えていたことが何よりの証拠ではないか・・・日米同盟が漂流し始めたと危機感を表しながら、中国包囲網を新たな安全保障であると位置付け、そして領土問題には介入しないと言う一連の構図を見ると、アジアリスクは日本が独自で肩代わりせよと言ってるようなものだ・・・

・・・島嶼問題を米国が背後に居てくれるから強気に出ても良いとする我が国姿勢は、もっと深く考え直す必要がありはしないか・・・さような状況の中で、現制度での代表選、総裁選は国家を背負う次期総理大臣になるのに、現実は永田村の村長選挙から一歩も出ない・・・そして首相になったら内政に大きく影響する外交、なかんずく日米同盟については、相手の言うがままで推移する・・・。

メンテ
何故、早期戦争終結が出来なかったのか・・・ ( No.111 )
日時: 2017/06/27 10:59
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/08/16 09:33:16名前: 満天下有人

・・・昨夜の表題をテーマにしたNHKスペシャル、司会の女性の名前は忘れたけど、元外務省北米1課長の岡本行夫氏と、在日元東大教授の姜尚中氏を相手に話が進められていた・・・

・・・毎年8月15日の特集は、何故無謀な戦争に突入したかであったが、今年の趣向は例年と違って、英公文書館で見つかった新たな戦争終結に至る在外武官たちの公電と、末裔家族たちの証言を組み合わせた、あの戦争の出口の部分に焦点が当てられていた・・・在外武官たちからのヤルタ会談によるソ連参戦の情報が沢山あったのに何故戦争指導者会議が早期戦争終結に繋げることが出来なかったのか・・・

・・・出演者が正反対のタイプである元外務官僚と在日の姜尚中氏であったこと、そしてそもそもの戦争会議メンバー、首相に外務大臣、対する陸海軍大臣など6名がメンバーであり、天皇が最終決定権を持つ当時の組織では戦争会議にリーダーが居らず、曖昧な議論に終始した、それと似た雰囲気を持つNHKだから、結局何が言いたかったのか途中から焦点がボケた印象を受けた・・・

・・・在外武官たちによるソ連参戦の情報がありながら、戦争会議メンバーは本音部分ではやばいことになったと思いつつ、誰もそれを活かすことが出来なかった・・・軸になったのは、何も無しで終結交渉に入ると相手に思うようにされてしまう、アメリカに一撃を与えてから終結に持ち込んだ方が有利な交渉が出来ると言う陸軍の方針、それに対する他のメンバーたちの曖昧な姿勢が戦争終結を遅らせたというものであった・・・
・・・特番がボケたのは、英公文書館に保存されていた多くのソ連参戦情報、日ソ不可侵条約を締結しているソ連に対し米英がヤルタ会談で、ソ連の対日参戦を許容するという情報を陸軍が知っていながら、その陸軍が米英交渉の窓口としてソ連に仲介を依頼する経緯についての突っ込みが足りなかった・・・

・・・この部分は何年か前に、この時期になると戦争特集を組む文芸春秋で、近現代史、皇室研究家の半藤一利氏が、どの侍従長だったかの証言をもとに、戦争終結の仲介をソ連に頼むとはどういうことかと詰問されていた事実があるのに、昨夜の特番ではそこの検証を取り上げずに、話が陸軍による一撃を加えてから終結交渉するという部分に焦点が当てられただけであった・・・

・・・阿南陸軍大臣も、内心では早期終結を模索していたようだが、特番の後半で本題である、では何故早期終結に踏み切れなかったのかという部分で、姜尚中氏が、要するにあの戦争指導会議は、結局、陸海軍も含めての官僚体質、事実を知っていても縦割り組織からはみ出る行為には出ないと言うこの国独特のなせる業であったと総括していた(外務官僚OBの岡本氏はそれに同意する筈は無い)・・・その通りであろう、当時の天皇大元帥組織ではそれぞれが自らの組織を守ることの発想からしか、事を把握しない・・・リーダー不在ということであろう・・・何も決めることが出来ずに、結果については1億総ざんげなる、実に責任の所在が蒙昧となる言葉で締めくくられる・・・ただ結論を上申して来ない戦争指導者会議に業を煮やした天皇が6月22日に自ら指導者会議を招集され、一人一人の意見を聞かれたが、時既に遅しで、この前後から一気に増加した死亡者は、兵隊、民間人合わせて中国で14万人、沖縄で18万人、広島、長崎原爆を合わせると60万人もの余計な犠牲者を出している、実数はそんな数じゃないだろう・・・

・・・野ブタは盛んに「決められる政治」をやると言う・・・これまたトンチンカンな考え方で、戦争中と変わらない縦割り組織の官僚機構に乗った決める政治では、話が逆さまである・・・目下の制度では国民が権利者である、その権利者意向と正反対の決める政治では、決められなかった戦争指導者会議がもたらした結果と同じ結果を見ることになろう・・・。


メンテ
天橋立さんのお父様の経験話とても重要です。 ( No.112 )
日時: 2017/06/27 11:04
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/08/26 12:40:51名前: 天橋立の愚痴人間

あまり古い話は、経験としてありませんが、親父(大正生まれ)が生きているころ、昔は大正生まれは根性がないと年寄りから言われていたといっていました。

そりゃ、明治を生き抜いた人間からは、そのように見えたでしょうね。
そうして、先の大戦。

300万人の死者の中には、我が国を担うべき多くの気骨のある人たちほど果敢に戦い散って行ったと思います。
大本営に残るような人間は、大概、要領の良い身勝手が多いものです。

そういう連中が、戦争指導をし、かつ、生き残った岸信介、賀屋興宣などが政界に復帰させたこと事態が我が国の間違いであった。

その上に、もともとダニのような右翼、児玉などが、彼等に混じって暗躍する戦後政治が、アメリカ追従で始まった事は自然の道理ではないですか。

この人材的隙間現象は、同じ敗戦国、ドイツでも同じであったと思いますが、ドイツはナチスの行為を総括し、全く新しい政治を求めました。

これに対して、戦争責任の総括を避けた我が国の姿勢は、先に言った岸、賀屋の復帰に象徴されるように全て戦前のものを継承していました。
戦前のものと言っても全てが悪いのではないと思いますが、それを運用する人間どもの多くが、信念に欠ける生き残りの要領人間であったことが、問題なのです。

私は天皇制を否定するものではありませんが(積極的に肯定もしません)、戦後、天皇制を残した事が、中途半端な日本を作っていった大きな原因ともなっているのではないでしょうか。

さらには、戦後の奇跡的とも言われる経済復興の結果、人々は安易に豊かさを手にすることができ、社会の仕組み、政治というものを軽んじるようになってしまった。
それに呼応するように、民主主義的と言われる思考が浸透し、個人の利己的生き様を肯定するようになっています。

結果、政治と言う土壌は最悪のものとなり、政治が見世物、ゲームと化してしまったのが現状ではないでしょうか。
ですので、心ある人間がデモなどを起こしても、そのときの興味が薄れると、すぐさま、何もなかったように平気でいられます。

馬鹿者の戯言さんが、諦めておられるように、本当に我が国の半分以上が職を失い、路頭に迷うようにならなければ、普通の国の国民の思いを思い出せないのではないでしょうか。

もちろん、そのときも、一部の豊かな連中(3000万人くらい)は栄華を蝕んでいるので、熾烈な階級闘争が待っていますが。

クワバラ、クワバラですね。
メンテ
米戦略に利用されるだけの日米同盟・・ ・ ( No.113 )
日時: 2017/06/27 11:11
名前: イントィッション ID:wY24ofVU

日時: 2012/08/28 06:38:51名前: 満天下有人

・・・昨日の過去最大の自衛隊演習も含めて、尖閣、竹島問題をダシに案の定日米同盟を強化せよとの煽りが出て来た・・・

・・・中国各地で繰り広げられている若者による反日デモ、あんなものを真に受けて、それが相手「国家」の真意である、竹島は大統領が直々に上陸したから、一見国家意思に見えるが、あの行為はまずいとの良識派も結構居る、・・・こちらは小さな島のことにかこつけて短略的に日米同盟強化を持ち出すなど、相手の低レベルと同程度のレベルであることを暴露するようなものだ・・・

・・・中国学生たちが、別に尖閣周辺で漁業に従事し、あるいは海底資源に関わっている訳でも無く、明日から青年たちの生活に危機感を覚えての反日でも無い、中国国家全体の国益を損なうものだとの意識は感じられず、鬱積した何かのはけ口を向けているだけのことであろう・・・

竹島については李大統領が支持率回復を狙ってやったとしか思えない、そうでない限り突然にあのような行動を取るとは考えにくい・・・まあ、支持率回復という点では、17%にまで落ち込んでいた大統領の支持率が26%に急回復したのだから狙いは果たしたであろうが、回復したと言っても20%台である・・・李も野ブタも同じレベルである・・・

こちら野ブタが不退転の決意を示して、さて支持率回復はどうか、テレ朝調査では21%と変わらずなのに取り巻き連中は野ブタの不退転の決意に便乗し日米同盟強化を喚き出す・・・彼らが言う同盟強化とは、具体的に何をどうしようと言ってるのか、中身がよく分からない・・・まさか米国と同程度の軍事力に近づけることで同盟強化を言ってるのではなかろう、そんなこと米国が認める筈が無い、とすると益々米国の傘の中に入ろうと言う文脈になる、仮に共同軍事行動となっても、米軍の指令通りに動けとなるであろう・・・

・・・ざっと振り返ると、昭和26年(1951年)に締結された日米安保条約が、昭和35年(1960年)に岸内閣によって改訂された・・・実質軍事同盟である条約第2条に「日米経済協力」が挿入された・・・これが駐留米軍の経費負担として今日に至り、安保条約とは直接関係せずとも、我が国が事実上の米世界戦略の費用分担の根拠になっている・・・イラク戦がそうであったように、直近ではアフガン支援もその範疇に入る・・・今日、日米同盟強化を喚く連中の意図は、この第2条の米世界戦略に要する応分の軍事費も増やしましょうとの文脈になる・・・

・・・全国民参加の第一次安保闘争の引き金となった60年の改訂安保、あの騒動となった要因には二つあった・・・そもそも改訂安保には極東条項があって、それは第6条に「日本の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全に寄与する為」とある・・・その極東の範囲とはどこからどこまでを言うのか、国会で揉めに揉めた・・・も一つは、日本の安全に寄与すると言うことが、日本に駐留している米軍の安全も含むのかという議論であった・・・言い換えると我が国の個別自衛権だけなのか、駐留米軍が攻撃された場合の「集団的自衛権」も含むのか、憲法との整合性が絡んで激論が続き社会党の浅沼稲次郎など演説壇上で右翼に脇腹を刺されてしまった・・・

・・・改訂安保を巡って国中が揺れている時、1960年5月7日に米国の超高度偵察機U2がソ連上空で撃墜された・・・あれは確か、横田基地に常駐していたものと記憶するがソ連は、それが他国から飛び立ったものであっても基地提供国も報復すると警告を発したことから、安保条約は双務条約で日本も一緒に戦い、被害は日本領土だけになるのかという激論が起こったものだ・・・今でも同じ現象が起こっているが、米戦略が世界に緊張を創り出しても、それに追随せねばならないのかということだ・・・現在の日米同盟強化論者は、その文脈において、そうせねばならないと言ってることになる・・・

・・・その根拠は既に、改訂安保条約でなく、05年10月29日に米側ライス国務長官、ラムズフエルド国防長官、日本側は町村外務大臣、大野防衛庁長官よって署名された文書「日米同盟」にある・・・「日米同盟」強化論者は、改訂安保ではなくこの日米同盟を強化せよと言ってることになる・・・

手元にある日米同盟に関する外務省資料を見ると、今日の安全保障環境における多様な課題に対応する為の二国間、特に自衛隊と米軍の役割、任務、能力を検討した、とあり・・・

(1) 日本の防衛及び周辺への対応。
(2) 国際平和協力参加をはじめとする国際的な安全保障環境改善のための取組。

(1) については、「日本は、弾道ミサイル攻撃やゲリラ、特殊部隊による攻撃、“島嶼(とうしょ)”への侵略といった新たな脅威への対処も含め“自らを防衛し”周辺事態に対応する事」・・・となっており、この促進は04年の日本の防衛大綱に従うとある・・・ところが後段で、日本の周辺事態への対応に際しての日米の活動は「整合性」を図るとなっている・・・

・・・ここから透けて見えるのは、極東における島問題、その費用も含めて日本がやれ、アメリカは知らんと読める・・・それが昨今の尖閣、竹島問題に対する米側の姿勢、領土問題には米国利害と「整合性」が無いから首を突っ込まないとする姿勢と符合して来る・・・

更には、05年の日米同盟文書に先だって、2月の段階での日米共通「戦略」目標において、「中国が地域、世界において責任ある建設的な役割を果たすことを歓迎し、中国との関係を発展させる」とあって、例え日米同盟といえども、米国戦略の対象としての対中国政策に従えとなっているのだ・・言い換えると尖閣問題には米国は口を出さないとなる・・・

・・・この日米同盟の核になっている日米共通「戦略」を土台にした場合、一体我が国は如何なる戦略を持って同盟の議論をしたのであろうか・・・国民一般にはさっぱり分からない、更に理解出来ないのは、さような重要「戦略」を含む同盟文書が国会の審議の対象にせずとも署名され得るものなのか・・・憲法上では政府が条約を締結し、天皇がそれを公布されれば条約は成立するとなっているが、しかし国家の基本を左右する重要なものは、それが文書であっても、事前に国会で審議されるのが普通ではないのか・・・現実にその文書で以て動かされて行くのだから・・・

・・・日米同盟強化論者はただ強化を喚くだけで、安保から日米同盟に変貌したその経緯を、よく咀嚼し、何らかの「戦略」を持った上で強化を唱えているのか・・・尖閣、竹島しか見えない近視眼で、そして改訂安保に入れられ、日米同盟にまで続く「経済協力」だけを推し進めようとしているだけではないのか・・・

・・・不退転の決意を持つ野ブタは、いかなる戦略上の位置付を持って、尖閣、竹島に対峙しようとしているのか・・・過去最大の自衛隊実践演習を見ていると、実父が自衛隊員であるから、視野狭窄症で撃ち合いをしたいだけではないのか・・・

・・・昨夜のNHKクローズアップ現代での国谷弘子との対談でも、原発0政策について、果たしてそれだけでやって行けるものかの検証が必要だと言っていた・・・要するに現実に政策を合わせているだけで、その姿勢には、現状を変えようとする理想も理念も塵ほども無い・・・視野狭窄で悪しき現実を加速させているだけである・・・・。

・・・韓国李大統領は再選には出ない、こちらの野ブタは9月の代表選に出ると昨夜言っていた・・・前原も気力無しで他に目ぼしい人材も居ない・・・見ていると食あたりしそうな輩を国のトップとして、見なければならない状態が続きそうだ。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存