ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

騙し合い詐欺の金融商品世界・・・ ( No.44 )
日時: 2017/06/23 17:15
名前: イントィッション ID:u36wzM9g

日時: 2011/10/29 15:17名前: 満天下有人 ID:VPQQSu5Q

・・・次々と出て来ましたねえ、紙切れ錬金世界のデタラメが・・・

天文学的数字に拡大されていたヘッジフアンドによるデリバテイブ商品・・・テクニカルな騙し術は紙面が無いので省略しますが、リーマンショックの時、余りもの酷さに米SECの覆面調査部隊が、本気で怒り出し、ゴールドマンに狙いを付けて徹底調査をやっていたようです・・・

・・・御多分に漏れずグループ仔会社を通じて複雑な仕組みでインサイダー取引をやり、欧州大手のヘッジフアンドにはめ込んでいたようですね・・・昨今のギリシャを中心とする欧州諸銀行の損失は、ほんとの所はギリシャ国債による損失など小さなもので、主力は天文学的損失に上るこのデリバテイブ商品による損失です・・・

今回のゴールドマン系列による詐欺行為は、イントちゃん貼り付け記事のグプタ元取締役、それとジョン・ポールソンのヘッジフアンドが出した巨額運用損失、これも裏が暴かれるでしょう・・・ちなみに、ゴールドマン出身の元財務長官ポールソンは、ヘンリー・ポールソンで、別人です・・・

・・・金融商品にまつわる詐欺行為では、古くは1986年のアイバン・ボウスキー事件、ゴールドマン出身でクリントン政権で財務長官を務めたルービンと、ウオール街を二分するほどの腕利きでしたが、ネタはM&Aを実行する時ガセネタを流しては企業合併を通じて巨利を得ていた・・・懲役何年に処せられたかは忘れましたが、罰金100億円・・・有名になったマイケルダグラス主演の「ウオール街」のモデルです・・・

・・・しかし最大の事件は08年の、バーナード・マドフ事件でしょう・・・米ナスダック証券取引所の会長であったマドフがやったのは、インサイダー取引でなく、あたかも証券投資するが如く見せ掛けて実は、ネズミ講方式で、新たな会員が出資する資金を前の投資家の配当金として払っていた、いずれ行き詰まるのは当然ですね・・・

被害総額は約6兆円・・・罰金をいくら課せられたかも忘れましたが、刑の累積で確か懲役1500年であったように記憶します・・・

・・・このM&Aの手法・・・我が国が導入したのはご存じ、小泉・竹中による外資資本の流入規
制緩和によってでした・・・おっちゃんが身近な所で知っているのは、チキンラーメンの日清食品と出前一丁の明星食品にM&Aを仕掛けて、アメリカのジャンク債扱い専門のヘッジフアンドが、両者の株価を釣り上げて大儲け・・・両者は既に手口を見抜いておりましたから事なきで済みましたけど、値上がりを見て買った個人投資家は、ゾロゾロ損こいて(笑)・・・

・・・TPPで目下揉めていますね・・・おっちゃんがくどいくらい申していることは、関税率がどうのこうのと言う表向きに隠されている、この外資資本の再自由化です、今度は保険会社を狙って来るでしょう・・・小泉構造改革後、亀井静香が金融相になって再び厳しく取り締まるようになったその規制を、再び取り外せとアメリカは言っているのです・・・

・・・郵政民営化もそうでしたね・・・銀行時代は郵貯が民営化されると従来の市中銀行が相当の被害を受ける、よって大反対していた三井住友の西川頭取が、竹中の斡旋でゴールドマンから借金できるようになった途端に、民営化大賛成(笑)、そして民営化郵政会社の社長に就任(笑)・・・郵政カンポの宿の不祥事も暴かれることなく、うやむやになってしまいました・・・

・・・TPP推進派の前原に野田に玄葉他・・・たっぷり政治資金を稼いでおきたのが、目的でしょうね・・・国民のことなど、爪の垢ほどにも感じていない。
メンテ
何故、鳩山、菅、野田は米国にビビルのか・・・ 種子法廃止法は穀物メジャー! ( No.45 )
日時: 2017/06/23 17:28
名前: イントィッション ID:u36wzM9g

今日はここまでにしておきます。。。

今の安倍政権はもっと米国のマフィアの傀儡です。。。

日時: 2011/11/01 07:46名前: 満天下有人 ID:PZKj5ZX2

・・・TPP議論が、土壇場に来て右往左往する光景を見て、ひょっとしてオバマはニヤニヤ笑っているのかも知れない・・・

民主党内反TPPグループは、反対派は宗教的呪文に捉われて党内合意形成を妨害しているだけだと発言した仙谷政調会長代行の役職解任動議まで出す有り様・・・

・・・反対派のトップに立っている鹿野農水省も、党を二分しかねない論争を懸念して、本音ではあながちTPP参加に反対でもないという、政界裏筋の解説まで出る有り様だ・・・

党の二分化を懸念することからTPPを見るなど、もっての他の話で、そういえば菅内閣不信任案の時も、土壇場で党の二分化は避けようと言う事で、不信任案成立の芽を摘んでしまった・・・

・・・要するにこの民主党におけるTPP論議は、自分のことしか考えないことを基準にワアワアやっているだけで、内外を見る戦略的始点は0なのである・・・

それにしても仙谷というおっさんは、幼児でもないのに,丸で子供が相手を(アメリカ)怖がるが如きスタンスで、そして怖いオモチャ原発をアジアに売り込みたいが為に何が何でもアメリカの機嫌を損ねないように動き回る・・・

・・・仙谷のおっさんよ、あんた歳はいくつになったのか(笑)・・・まあこんなおっさんたちを次回選挙で当選させたら、選挙区の皆さん、ほんとに笑はれまっせ・・・

ニヤニヤ笑っているであろうオバマとは別に、ニッポン家畜化計画のチャンス到来とばかりに、食糧戦略の前進計画を研き初めているのが、米多国籍企業穀物メジャーであろう・・・石油メジャーがそうであったように、ロックフエラー創業社スタンダード石油から、中東における原油掘削の国有化の影響によって、かのセブンシスターズも合従連合を遂げたように、穀物メジャーも昔の五大メジャー(カーギル以外は。ユダヤ資本)が合従連合を遂げ、現在ではカーギル、ADM、ブンゲ三者が世界覇権を争っている・・・

・・・近年の活動の特徴は、単なる食糧流通支配に留まらず、原料手当て、その加工まで一貫したコングロマリット戦略に転換していることにある・・・

・・・汝、一粒の種を蒔けば云々なるキリストの教えがあるのだが、ユダヤ資本とそれに支配された金融資本は、一粒の種を膨大な支配のネタに変えてしまう・・・我々はTPPを通じてその撒かれたタネに水を遣り肥料を与えてせっせと育て、それを食べる家畜と化したいのであろうか・・・

・・・仙谷以下、民主党TPP推進派のツラがみな、飼育されるブタに見えてきた・・・野田、枝野なんぞ、その為に生まれて来たようなツラだ。
メンテ
何故、鳩山、菅、野田は米国にビビルのか・・・A:(安倍はなぜ、アメリカの選挙中にヒラリーやトランプさんに会いに行くのか? ( No.46 )
日時: 2017/06/24 09:54
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/10/31 12:05名前: 満天下有人 ID:Toub8bqA

・・・日米安保条約は片務協定である・・・つまり日本周辺の有事に対し日米共同で対処する条約で、米本土や他地域での有事には関係しない、よってこれを改善すべきで、米本土における自衛隊活動があれば、これで対等になるから改善せよとの間違った議論を目にする・・・

そうではないのである・・・日米安保を上回る日米同盟で既に、テロを中心にする世界有事に日本も対処すると言う条項が明確に規定されているのである・・・
・・・表面上は、日米世界向け一体化した軍事に関する協定だが、そして米地元が認めるかどうかの問題は残るにしても、自衛隊の米国内基地化にも見れる一体化した世界戦略に我が国は組み込まれてしまい、しかもそれが日米同盟協定で明文化されている・・・

その中で持ち出されて来たTPPである・・・ここで我が国がそれに対しノーと言えば、米側は、何だよ、一体化して世界に向かおうという本意に同意しておきながら、今頃何を言うのかと恫喝するに決まっている・・・

・・・野田内閣がビビッているのは、軍事面に限らない左様な米国の世界戦略に同意していたことにある・・・経済面に限ったとしても、明らかに中国による東南アジア覇権への牽制が良く見て来るではないか・・・国内的に見ても、TPP参加を利用しての仙谷一派による東南アジア向け原発の売り込みの策略が裏で見えている・・・

だがその代償は大きなものになる・・・関税率云々だけの議論に終始しているうちに、隠された本音、資本の再自由化によって、我が国の農業はモンサントのGMOが組み込まれた大農業化によって、資本的に支配されてしまうことは明らかなのだ・・・単に価格だけの問題では無い、何度も申すが価格問題を超える食糧そのものの安全保障が脅かされる事態が生じる・・・想像もして見よ、生産物の自由化を超える生産そのものの首根っこを押さえられてしまったら、ある日これからは日本独自で行きますなんて言っても遅い・・・

それを打破するには再度、太平洋戦争をおっぱじめる覚悟を要する、覚悟があった所でこんなに軍事力に差が開いた今日では、不可能に近い事を始めるに等しくなる・・・野田が所信表明で政治家の覚悟と器量を求めると言った趣意は、不可能な覚悟をするくらいなら、前もって軍門に下る覚悟をしようと言うことなのだ・・・その根拠は、極東に限定された安保条約を超える日米同盟を破棄出来ないからという事に帰着してしまう・・・

・・・残された望みは、いかなる条約、協定であろうとも、国民反発が強くなれば、それを越えての有効な如何なる条約も協定も、現実にはあり得ないということだ・・・TPPが、日米同盟の延長線上にあって、それはアメリカの世界戦略の一環であることを、改めて思い知らされた次第である・・・

米戦略の基本は、未だにキッシンジャーが唱えた抑止力に根差している・・・「抑止とは、得られる利益と釣り合わないリスクを押し付けることによって、相手に或る行動を取らせないことである」・・・TPPなど絵に画いたようなキッシンジャー理論の実践ではないか・・・日本に謀反を起こさせないように予めタガを嵌めてしまう戦略である・・・

・・・野田がTPP反対の鹿野農水大臣を絡め混んでしまった、それを受けて今日も民主党は議論に熱中している・・・お子チャマ議論をしている間は、米国も安堵していることであろう(笑)・・・。
メンテ
昭和20年の占領軍采配により: 今も天皇財閥により日本は支配されてますね〜。 ( No.47 )
日時: 2017/06/24 10:08
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

その天皇財閥の中枢に安倍のおともだちや安倍を操る、そして司法も操るカルトどもが潜んでいるのです。。。


日時: 2011/11/01 12:56名前: 満天下有人 ID:PZKj5ZX2

・・・ニホンさん、誠に仰る通りで、昭和20年の占領軍采配により、敗戦後のぼやけた国の形が尾を引いていることは明らかです・・・

あれは文字通り敗戦ですから、何をされても文句も言えないことですが、その間にも真剣に独自の国の形を模索することを国民も含めて忘れてしまいました・・・TPP対処の右往左往など、あれから65年も経ってもこの有り様は、一挙に根底から考え直して見る時間もありません・・・いや時間を貰っても、ノド元過ぎれば何とやらで、その場限りの対処が、国民の中に埋め込まれてしまいました・・・

・・・天皇の御璽についても、その法的根拠であった内閣官制が廃止され、しかし象徴になられてそれに代わる法令も無いようで、実際には慣習的に御璽の国事行為は継続されておりますから、条約、協定などについてはやはり天皇の署名捺印がある・・・
日本人のゲノムとしては、御璽を見るともう何も言えない・・・鳩山も多分そうであったこおtでしょう・・・

今年の夏、例によっての終戦特集の中に、米陸軍が特別に組織した対日情報部の局員としてはめ込まれた日系二世の方の回顧録が映像で放映されておりました・・・
その内の一人の方は、マッカーサーの天皇通訳として天皇へのメッセージを伝達する役目を背負った方でしたが、マッカーサーは、天皇は今後、対日政策の重要な要になるから、粗相の無いようにとしょっちゅう言われ、但し天皇の地位については、最後は天皇みずからの判断に任せると言うマッカーサーの伝言まで伝達されていました・・・

・・・実にうまいやり方です・・・そのやり方が、御璽の法制的変更も伴わず慣習として継続することになる・・・天皇に引き続き権力を持たせると敗戦に憤慨していた不満分子を増長させ内乱状態になる、あるいは反米の動きを醸成する芽になりかねない・・・ここはどっちにも良い顔が出来る「象徴」の位置付とし、しかし国家間条約では、慣習継続として御璽を行わせ、それによって国家の動きを決めてしまう・・・

・・・日本の政治妖怪スレッドでもレスしましたが、この国では、最後は天皇によるお嘆きでも何でも良いから、それが無いと何も変えることが出来ない民族であるような気がします・・・元々が血を流して勝ち取った民主主義の歴史が無いのですから・・・。
メンテ
作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・@:ものすごく重要内容です。 ( No.48 )
日時: 2017/06/24 10:22
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

こっそりと決めてしまった種子法廃止! モンサント警察が2018年の4月から現れるんでしょうか?

日時: 2011/11/02 07:30名前: 満天下有人 ID:Cqxi.LKg

・・・時折見るバイオハザードなるハリウッド映画・・・人工的に加工されてしまった人間がゾンビ化して殺人兵器として利用される・・・医学的に広い範囲で可能性あるバイオハザードを題材にしているのであろうが、原題の発想はあながち荒唐無稽なものだと捨てることが出来ない部分もある・・・現実に限りなく遺伝子を操作して食糧支配に走るメジャーの動向からしても、将来のことはその時になってみないと分からないが、少なくともGMO開発もハザード映画にヒントの一つくらいは与えている可能性もあるだろう・・・

・・・作物食糧は、自然によって育まれる重要な要素がある、自然環境が悪化した地域では人工的に加工せなばならぬ場所もあり、その範囲内での工夫は否定されるものではない・・・

それが今日では、大規模機械化による利潤源泉の対象として扱われるようになり、更には戦略物資として位置付けられ、国際覇権の重要な要素となってしまった・・・環境が思うに任せない地域でのある程度の加工化は止むを得ないとしても、それを利潤の道具として世界に拡散し、政治の道具としても使われ始めた・・・古くはナポレオン戦争当時の英国における穀物を巡る紛争、70年台に基礎食糧が米ソ覇権にも利用されたことが、何よりの証拠である・・・順を追って化学会社と穀物メジャーとの関連で紹介させて頂く積りだが、実に複雑に関係が入り組んではいるものの、金融資本の側面から観察して見ると、その構図が浮かび上がって来る・・・

・・・GMOによる増産は自然の声を良く聞いた上でのことであろうか、WTO、TPPにおける食糧問題も、それぞれの国における「土の声」を聴いたのであろうか・・・

・・・些か信仰めいた話になり恐縮ながら、ドストエフスキーの名作、「罪と罰」、暗いムードが全編を覆いやり切れない気分になるのだが、その最初に出て来るキリスト教の神を信じる薄幸な娘ソーニャが、質屋の老婆を殺してしまった大学生に、あなたは地面に口づけして、犯した罪を良く聞き分けなさいと諭される場面がある、色んな解釈もあろうが殺人と言う行為は土を穢したに等しく、その土に自然の声を聞いて見よという意味であろう・・・

・・・これに似た教訓と言うか教えと言うのか、ユダヤ人に(パリサイ人)排斥されたキリストが十字架に掛けられる直前に「汝らに告げん、一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、もし死なば、多くの実を結ぶべし」(マタイ伝12章)

一粒の命もただ生きているだけでは、それだけのこと、むしろ死んだ後、我が説かんとしたことが汝らに広く理解されることになるであろう、そんな意味合いであろうか・・・輸入作物ばかりに頼っていると、土が死んでしまい、一粒の種も育たなくなる、育たなくなった方が何が教訓であるか、それが理解できるようになる、マタイ伝の教えを強引に食べ物に結び付けると、さようにも解釈できる・・・

・・・そし今や農民はその一粒の種子を手に入れるにも、最終生産物の販売を穀物メジャーに頼っているから、売って貰うには種もそこから買わねばならない・・・それが今や自家種子保存しようにも、収穫が良ければGMO花粉が飛来して収穫が上がったのだから、利益は全部寄越せというような信じられないような食糧支配構造になっているのである・・・

そのことが世界戦略として埋め込まれて来たその歴史を、苦い経験も含めて次稿以下で紹介させて頂くとして、一粒のタネも全て金融資本によって育てられて来たのである・・・主力はユダヤ金融資本の歴史と重なる・・・何事も貨幣交換によって経済が成り立っているのだから、食糧生産も金融資本の投資がないと拡大しない、その点で言えばそれはそうなのだが、そこには人間の生命を預かる最も基礎的な物資であることの認識を失わせてしまった歴史がある・・・

・・・パリサイ人が一粒の種の教訓を残すようなキリストを消さねばならないとしたそこに、まさか食べ物の支配をも考えていた訳でも無いだろうが、歴史の軌跡は食べ物までを戦略物資として位置付ける様を遺している・・・

・・・良く言われるようにこの国は、土壇場まで行かないと何も気がつかない
、このこともマタイ伝の教えに通じる・・・死なないと事の本質に気がつかない・・・死んでしまったら何も残らないのだが、瀬戸際で良く考え直さないといけない・・・

食べ物を他国に依存して果たして国家は永らえる事が出来るものなのだろうか、加えて爆発的な地球上の人口増加問題がある、自給の備えを真剣に考えるべき時期に来ているのに、良く吟味もせずにTPP参加が無いと孤児になるとおののく・・・おののくべきは食べ物を他国に頼るノンキさではないのか・・・

何度も言われて来たことだが、ちなみに現在の我が国の基礎食糧の数量自給はどうなっているかを、再記する・・・カロリー自給率以前に量の確保がほとんど他国依存になってしまっている・・・

22年度自給率(農水省統計、単位万トン、( )内は輸入、%は自給率)

コメ  938(8)91%
小麦  600(547)9%
トウモロコシ1605(1605)0%
大豆  368(346)6%
野菜類 1451(278)81%

輸入物は既にGMO使用物がなし崩し的に入っていることであろう・・・本来的には土の自然力と相まって頑丈な野生種が生育していた、その活力は果たして残っているのだろうか・・・正に土の声を聞くべき時期が来ているのに、何だこのTPP騒ぎは・・・。
メンテ
水のこと>マーフイーさん・・・:フランスの水商売の会社には麻生太郎の娘の婿がいる! ( No.49 )
日時: 2017/06/24 10:36
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

おっちゃんは水の民営化の恐ろしさを詳しく述べております。。。

日時: 2011/11/04 07:42名前: 満天下有人 ID:eP1CRWCk

・・・マーフイーさん、お早うございます・・・

息抜き投稿スレッドでは、少し息が詰まるような話になりますので(笑)、こちらでレスすることにしましたが、補強解説ありがとうございます・・・

そうですか、やはりスエズとヴェオリアがリビアの水資源を狙っている、恐らくカーギルなどの穀物メジャーも合同で参入の計画を練っていることでしょう・・・

後進国に技術が無く資源開発を先進多国籍企業に頼るのは、ある程度已むを得ないことでしょうが、公共部門に関わることについては、やはり当該国の政府が規制をかけていないととんでもない憂き目に会いますね・・・

・・・マーフイーさんがフランス・スエズ社の名を出されたのですぐに思い出したのが、フイリピンでのマニラッド水道事業会社のインチでした・・・何故かフランスは伝統的に水事業を民間でやらせるのですね・・・その手法をアジアで拡大しようとした・・・

財政難にあえいでいたフイリピン政府が,尤もマルコスが如き人物が大統領であったから当然にせよ(笑)、IMFに救済を求めた時、世銀がカネは援助するから条件として公営水事業を民営化しろ、民営化のノウハウが無いなら、仏・スエズ社にやらせるから、620万ドルの企画料を払え・・・

民営化で5400人いた職員のうち3400人クビ切り、水道料金が4倍の21ペソ/1㎥に高騰して、払えない者の蛇口を閉めてしまったものですから、遂にマニラで暴動発生・・・

スエズ社は02年にこれによる損害約3億ドルの賠償をフイリピン政府に求めたものの、損失が大きくてマニラッドから撤退・・・翌年企業再建の為に確か、社名も「オデオン」に変更していたと思います・・・

・・・我が国も酉島製作所などが中東での海水の淡水化事業でがんばっているようですが、いずれも工業用水にしか手が出せない・・・ペットボトル水事業でもアラブ首長国連合・UAEなどは、ネッスル、ペプシコなどの多国籍企業を優先で、優秀な技術を持つ日本企業に対する飲料用水の検査には、非常に厳しい条件を付ける・・・穀物を軸に、その水や関連食品の複合的な支配にたけた多国籍企業のことですから、水単体での商売はやはり弱いでしょうね・・・モンサントを始め、各多国籍企業は全部連携下にありますからね・・・

・・・飲料水も重要な問題ですが、それより世界の水使用量の70%が農業用水、20%が工業用水だと、昔見ましたNHKの水は誰のものかという特番で言ってましたから、ここが将来ポイントになって来るでしょう・・・

・・・地球環境問題は森林抜きでは話になりません、しかし全国森林整備法人の借金が05年で1兆円を超えてしまい、輸入木材に押されて更に財政悪化・・・
そのこともありますが、森林に対する外資規制もしていなかったとは、驚きです・・・高市早苗が規制手柄を立てたようですが、しかしそもそも小泉構造改革で資本規制を緩めてしまったのですからね、まあ遅きに失した観ありですけど、ここで更にTPPやろうと言うのですから(笑)・・・

・・・昨日NHKで、学者先生に記者たちが議論しておりましたけど、所詮民主党の農水林業政策の予算を論じているだけで、国の形からの意見は皆無・・・農業大規模化を論じ、一方で若者をどうやって農業に参入させるかという矛盾した議論をやっておりました・・・大規模化ということは、人間が不要になるということなのに(笑)・・・日本式のきめ細かさを維持するにはコストもかかる、だから補助金を要する訳で、大量生産で安く収穫できる米欧にしても、農家への補助金を打ち切ったことはありません・・・ただしそれをかすめ取るのが、多国籍企業と言う構図になっているようです・・・。
メンテ
作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・A ( No.50 )
日時: 2017/06/24 10:44
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

種子法廃止法案は誰のためのもの???

日時: 2011/11/06 08:25名前: 満天下有人 ID:8POUlzyo

・・・歴史に、た・ら・れ・ば、を言ってもしょうがないのだが、あの時、こうしていればどうなっていたであろうかを想像して見るのも面白い・・・

1930年に、日産の創始者で貴族院議員でもあった鮎川義助が、欧州におけるユダヤ人迫害を見て、満州国に受け入れようとする案を閣議に提出、実行に移す過程で我が国がドイツとの同盟に傾いて行ったことにより、日の目を見なかった・・・もし実行されていれば我が国は、別の様相の国になっていたかも知れない、逆に、現在のアメリカのような金融資本形態国家になったのだろうか・・・民族全員がそうであると言ってるのではなく、そのような天才的ひらめきを持つ者が、かならず居る、そして日本を別の形の歴史にしてしまったかも知れない・・・

・・・1620年にメイフラワー号で新天地アメリカへやって来たのは新教徒たちであった、ユダヤ人は数年遅れてアメリカへ逃亡して来る・・・金融資本の主力は欧州本土から支配権を及ぼしていたにせよ、もし、ユダヤ人たちがアメリカに入らなかったら、歴史の進み具合もかなり違ったものになったかも知れない・・・彼らは各種ユダヤ人圧力団体をバックに民主党に根付いて、ネオコン思想を生み出した訳だが、そうでなければ世界制覇に熱中する傾向もかなり違ったものになったかも知れない・・・

しかし昨今の世界経済破綻の元凶に目を向けた時、アメリカ発の金融商売の結果であることは歴然としている・・・その金融商売を始めた民族は誰かと言えば、やはりユダヤ、その商法に辿りついてしまう・・・紀元前に祖国を失った民族、宗教絡みが大きな要素であったかも知れないが、カネからカネを産ませる商法は不浄のものとして忌嫌われ、不浄な商売はユダにやらせておけという時代もあったから、それも大きな嫌われ現象を生んで、祖国喪失の一因になったのかも知れない・・・

・・・アメリカ発金融商法に批判が集中し、その背後に居る実態がユダヤ金融資本であることが広く認識され始めて、批判が集中するなら、それは紀元前に遡る光景と似たものになってくる・・・しかし忌み嫌いながら政治が彼らによって養われて来た歴史が続き、故に政治の背後に居る実態が浮き彫りにされない・・・

・・・TPP問題が表面化し、この国の農業問題が喧伝されているけど、世界規模での食糧の支配構造がどうなっているのか、それは食糧問題が政治対政治の表面問題として捉えられることが普通で、同時に生産、流通、販売を一貫システム、アグリビジネスとして穀物メジャーたちはどこも同族経営、非公開経営の為に実態がよく分からない・・・よって一般は、相応のおかねを払えば食糧はいつでも手に入れることが出来ると、普通はそう思うものだ・・・価格高騰も天候条件に左右されているのが主因だと捉えられ勝ちだが、金融と結びついて市場が大きく揺さぶられる要因も大きなものなのだ・・・

・・・思い起こせば70年台、国務長官であったキッシンジャー、彼も東欧での迫害から逃れて新天地にやってきたユダヤ一族なのだが、ソ連凶作による米国産穀物を、同じく東欧ユダヤである五大穀物メジャーの一つであったコンチネンタルグレインを通じ、秘密裏に買い付ける情報をキャッチし、食糧の蛇口を閉めればソ連封じ込めにもかなり効果的なことを知り、同時にOPECによる原油輸出禁止策を見て、以来、米国国際資源市場での決済はドル以外は認めないとして、食糧を原油と併せて二大戦略物資に位置付けてしまった・・・今日、おかねを払えばいくらでも他所から食べ物は手に入ると思うその物資の扱いの根底には、さような戦略物資として扱われる重要な要因があることを忘れれるべきでは無い・・・

・・・食糧も表向き政治覇権争いの、硝煙無き武器として扱われることは、硝煙無き通貨戦争と同じ要素を持っている・・・CIAと同等かそれ以上の情報収集力を持って政治と密着する国際穀物メジャー、彼らが秘密のベールをかぶったまま行動するから、どの国といえどもその実態はほとんど把握出来ていない、故にせめて外観だけでも知っておくことが、TPPの本質を見もせず机上計算に明け暮れる論議に何が欠けているかを見る参考になるかもしれない・・・。
メンテ
マーフィさんの返答です。 農作物の重要内容です。。。 ( No.51 )
日時: 2017/06/24 10:52
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/11/07 12:38名前: マーフィー ID:E2B2NVLQ

>今日、おかねを払えばいくらでも他所から食べ物は手に入ると思うその物資の扱いの根底には、さような戦略物資として扱われる重要な要因があることを忘れれるべきでは無い・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本当に戦略物質化しておりますね。兵糧攻めのようなものです。日本においては自給といっても今の慣行栽培の農業(化学肥料・農薬使用)では窒素、リン酸、カリウムの三大要素を含む肥料、除草剤、農薬など日本がほぼ100%輸入に頼っている石油と、やはり100%輸入の原材料及び石油を必要とする産業なしでは成立することができません。化学肥料の窒素は膨大な石油、石炭、天然ガスを高圧反応させないと窒素は取れない。しかし、石油、石炭、天然ガスはほぼ100%輸入、リン鉱石、カリ鉱石も100%輸入です。また、畜産で使う配合飼料の90%は輸入です。ということは、既存の慣行栽培(化学肥料・農薬使用)の農業や畜産業は輸入によって成り立っているということになりますね。

また、昨今の化学肥料、有機肥料の大量使用による土壌の痩土化、使用に伴う大量の害虫、病原菌の発生、それに伴っての大量の農薬散布による土壌浸透による酸性土化。硝酸性窒素による土壌、地下水汚染。土壌が痩土化していけば必然的に農作物は育たなくなってきます。そうして、それを打開する方法として、遺伝子組み換え種子や遺伝子組み換え作物に転換されようとしている。自然無視、人の健康など一切無視ですね。命の糧である農作物を単なる工業製品扱いにしている。身土不二という観点を忘れてしまっている。

現状においても今の日本の慣行栽培の農業は自然無視の農業でもありますし、資源的にも外国の力なくしてよって立つことができない状況だということです。国の根幹である食糧安全保障を他国にゆだねる事くらいおろかなことはないですね。他国が禁輸措置をすればどうなるでしょう、また、いくら安くても安全でない食料を輸入してそれを食して、健康被害が出ても良いのでしょうか?それでもいいという価値観の人はそれでもよろしいでしょうが・・・。他国で作られてる食材が真に安全で安心できる状態でつくられてるか、また、政治的な思惑での禁輸措置をとらないと確証があるならまだしも、今の世界の食糧メジャーの戦略を考えると非常に危険であるといわざるを得ません。支配層にとって、自給自足をされることは支配が及びにくくなるので好まない。

一刻も早く、今の慣行栽培(肥料漬け、農薬漬け)の農業から、安全で安心できる自立した農業(無肥料・無農薬栽培)に大転換していただきたいと思いますし、可能です。持続可能な循環型社会を築くには自然を尊重し、自然の摂理と調和することが一番大事で、今後の政治のキーワードは「調和と共生の社会」の実現であり、それを築いていくためには物質還元的な唯物主観にとらわれている人々の意識変革(改心・覚醒)が大きく求められるだろうと思います。
メンテ
・・・マーフイーさん、 ( No.52 )
日時: 2017/06/24 11:01
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/11/06 15:20名前: 満天下有人 ID:8POUlzyo

・・・マーフイーさん、<現状においても今の日本の慣行栽培の農業は自然無視の農業でもありますし、資源的にも外国の力なくしてよって立つことができない状況だということです。国の根幹である食糧安全保障を他国にゆだねる事くらいおろかなことはないですね>・・・

・・・慣行栽培の農業からして、資源無き我が国では、資源を通じても農業が外国依存状態になっているということですね・・・主要基礎穀物が、モノそのものでコメ以外はアメリカに依存しているし、その上、自給作物までもが外国依存型の栽培になっている・・・更にTPPでコメへの依存度が高まって来る・・・

・・・マーフイーさんの農業栽培の専門的な技術角度からの追及について,私は些か疎いので、大いに参考にさせて頂いておりますが、それとは別の角度から72年に米ソ穀物戦争に巻き込まれて、スネに傷を負った経験(笑)から、アグリビジネス資本、それも金融側面と流通である海上輸送分野で、いかに世界が、というより目下は我が国がいかにバカみたいなお人よしで過ごして来たかを、纏め中なのですが、多国籍メジャーの関係が、どれも複合化されていて、なかなか判り易くスパットと行きません(笑)・・・・

・・・秘密のヴェールに包まれている分、断片的な事実を繋いで、見えて来ることを何とか模索している段階です・・・

肉類食の間接的供給源となる飼料穀物、これはもう残飯類を除けば100%依存と言っても過言ではないでしょうね・・・土地が無いならともかくも、大豆にしたって態々アメリカに契約栽培してもらうような現状です・・・北海道農家など、委託栽培先のアメリカ農協が来ると、温泉付きの接待をやっているのですからね(笑)・・・

・・・昔五大、現在三大メジャーの軌跡を辿ってみますと、やはり全部ロスチャイルドが関係している構図がやっと見えて来ました・・・それにしても今日においても、TPPにおいても持ち出されている国際食品安全基準、低い方へ低い方へ基準を下げて生産国の輸出基準を有利にするその委員会・コーデックスも、やはり巨大グレインメジャーが委員会の実権を握っておりますね・・・

・・・ガット、WTOで我が国へコメ輸入自由化を迫っていたのが、イタリアロスチャイルド家と婚姻関係を結んでいたゴールドシュミット家の末裔・ミシエルシュミットである記事に遭遇した時、やはりなあという思いを深くしました・・・

村山内閣でウルグアイラウンド鉾先回避の為に、ミニマムアクセスとして毎年約80万トンのコメ輸入を受け入れました・・・御存じの通りカビ米事件も出ましたね・・・しかし使用先が少なく在庫が年々増え続けて、170万トンに達し金利倉敷料が年170億円にも上っておりました・・・その倉庫業界へ農水省役人が天下っているののですから、もう国を挙げての貢行為をせっせとやって来た訳です・・・ミニマムアクセスの輸入先は東南アジアかなと思って昔、調べて見ましたら6割はアメリカでした・・・

・・・そして金倉料の税負担が問題となり、農水省が慌ててフイリピンに転売しようとしたら、アメリカから厳しくノーと言われて・・・野田ブタや前原がTPPは参加して見ないと分からないと言いますが、今更分からないとはどういうこっちゃと思いますね・・・過去の事例を何も調べていないのか・・・。
メンテ
作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・D ( No.53 )
日時: 2017/06/24 11:25
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/11/21 08:38名前: 満天下有人 ID:MYqoxBD.

・・・夏ころだったか、日経がフードクライシスなる特集を始め、これに呼応して農水省が、食糧の安定確保のために国際協力銀行など金融機関に海外農業進出の支援をやらせるから、民間、特に商社が積極的に動くよう求めていた・・・当然のことながら各商社は、地域での天候異変リスクを理由に断っていた・・・

天候リスク、それもあろうが、本音はカントリーリスクが最も大きな理由であることは明らかであった・・・

・・・この光景を見てまたかと思った・・・と言うのは、もう4年前のことになろうか、穀物高騰の時、北海道のさる農業家だったか、農業投資家だった忘れたが、ロシアウクライナ地方で、現地農家と日本が積極的に投資するから農地使用の契約をしようと何度も働きかけて、ロシア農家も同意していた・・・

・・・その投資家が動かしたのか、TVでも一部放映された農水省と外務省と各商社の合同会議、商社はやはりリスクが大きすぎるとして乗り気でなかった・・・本音部分ではロシアとの外交関係のリスクも頭にあったであろうが、より大きな要因としては、多国籍巨大穀物メジャーのことも念頭にあったと思う・・・穀物農産物を戦略物資として位置付けるかれらが、本気で妨害に出たら、赤子の手をひねられるようなものである・・・結局ロシア農家との農地使用契約がデフオルトされ、現地信用は丸潰れ・・・

・・・今回TPP交渉に関連し、WTOコメ自由化の交渉を担当した元農水省某官僚が先日述懐していたが、折り合いがつかない場合、交渉相手は政府でなく、結局業界団体との交渉が決め手になってしまう・・・農産物の場合は、その業界団体を牛じっているのが、生産から食卓までを一貫して手中にしている多国籍食糧メジャーである・・・

・・・70年台、米ソ穀物戦争影響による取引の不自由さから、せめて和製メジャーでもと考え、米国で合弁企業を立ち上げたものの、全てはメジャーたちの手の平に乗せられたようなもので、僅か数年でポシャってしまった・・・

・・・カーギルだけは純粋WASP企業だが、70年台当時の五大メジャーであるコンチネンタルグレイン、ブンゲ、ルイドレフユスはユダヤ系、これにアンドレ・ガーナックを加えて五大メジャーと称された・・・カーギルとて、スイス金融秘密口座では力を持つロスチャイルド系ピクテー一族と婚姻関係を結んでいる・・・

今日ではカーギルがコンチネンタルの穀物部門を吸収、ADMがドレフユスとガーナックを買収し、カーギル、ADM、ブンゲが三大メジャーとして君臨、食品も含む食料世界貿易の80%を占めている・・・

・・・そして71年から始まった穀物価格の高騰に乗じ、従来の流通支配から一歩踏み出し、食糧生産流通の多角的支配=金融を含めて、世界各国の現地に入り込み、畜産や油糧の生産から販売までの一貫システムを構築する多国籍企業に変貌して行く・・・彼らには祖国のためにという概念は無い・・・アメリカに拠点を置いていてもアメリカの為にという概念は持ち合わせていないのである・・・逆に金融と同じように政府が支配されてしまっているのが、現状であり食糧支配の本質なのだ、本国だけでなく世界に何百もの仔会社網を持ち、諸国の上層部とクローズドソサイアテイを形成し、CIA以上の情報力を持つと言われる・・・そのことも祖国を失くして世界を放浪中に形成されたゲノムの所産なのかも知れない・・・

・・・現実がそうなってしまっている以上、今更巨大穀物メジャーがロスチャイルド金融資本と如何に結びついて来たかの歴史を辿ってもしょうがない、しかし何故寡占状態が生まれたのかを知っておくことは、あたかも金融制度を作り、その暴走が世界を破綻の淵に追いやってしまった目下の遠因を探らない限り、有効な解決策が見つからないことと同じように食糧分野においても、GMO開発、マーフイーさんが指摘されていた慣行栽培農業=除草剤や農薬はほぼ輸入かメジャー仕様に基づいて生産されている実態など、メジャーによる寡占状態がどのように成されて来たかを見ておかないと、現象形態をあれこれいくら議論しても、事の本質を見ない限り百年河清の如くになるだけである・・・

・・・10年ほど前にオーガニック栽培が喧伝され、化学技術による農産物からやっと脱却する契機が訪れたかと思いきや、元の木阿弥になっていることを知り、愕然とさせられる・・・

化学分野に軸足を置く経団連米倉会長は、住友化学のボスであり、三菱モンサント化成(現三菱樹脂)と共にヴェトナム戦での枯葉剤製造を行っていた・・・こんなのがTPP推進に血道を上げる・・・背後に居るメジャー達とのアウンの呼吸の息使いが聞こえて来る・・・政治が無力なのは、政治が彼らの下位に置かれてしまっているからである・・・昨日の前原政調会長、女性評論家?などによる、そして他の大勢の連中が言うTPPにそんなに神経質になることは無いとの評論を聞いていると、何も分かっちゃいないとの思いが、深まるばかりである・
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存