ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2727] 北詰淳司の保険金殺人事件と原田國男の裏刑事判決
日時: 2017/07/09 05:53
名前: 遂犯無罪 ID:QSmsOxb.
参照: http://www.suihanmuzai.com

北詰の保険金殺人容疑は、二昨年前の11月に求釈明をネット上に公開をしている、しかし現在まで何らこの公開質問には触れない、従って北詰は保険金目当てに、長年に亘り生活援助された恩人の八田秀子を殺害したものと見做す。

そして河野に対する恐喝事件は、巫グループの大高・橋本が組んだ組織犯罪であり、この証拠として北詰が公開していない大高らの検事面前調書に事件解明の鍵がある、追って詳述する。

死因不審で葬られた殺人事件がネット告発された、この容疑者は2CHでは有名な荒しの淳司、この動向に固唾を呑んでいる読者は多いだろう。

こんなやばい事をネットに載せて、これに賢い淳司はリスクヘッジから沈黙して、頃を見はかり吠え噛み付いてくる・・まあ淳司に限っては有り得ない、なんせこいつは痴呆だからそんな頭はない。

北詰淳司の保険金殺人事件と原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170705.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

北詰保険金殺人事件に見る開示証拠の恣意的公開 ( No.1 )
日時: 2017/07/10 07:16
名前: 遂犯無罪 ID:/E5.9h82
参照: http://www.suihanmuzai.com

開示証拠の公開禁止には多くの反対意見があるが、北詰保険金殺人事件に見られる、開示証拠の不正使用の観点から検証するに、
北詰は民事裁判援用目的で刑事記録の公開をした.

これ自体が違法であるが、それ以上に北詰は都合の良い刑事書面のみを公開、更にこれらの書面を変造までしている、
ことは我が国の刑事司法の根幹に及ぶ「法の秩序・安定、威信」に係る犯罪である。

北詰保険金殺人事件に見る開示証拠の恣意的公開
http://suihanmuzai.com/index5/170709.jpg.html

北詰の保険金殺人を挙げているが、もしかしたらこの事件は北詰のでっち上げではないか? 
この理由は、北詰も大高も「有名になりたい、名を売りたい」と公言している。

しかし保険金目当てに女房を殺したとは北詰の拡散だが、この女房なる者の名前も存在は誰にも判らない、
これでは真実性がない、ところが河野は女房とは八田秀子と明かして、更に死因を青酸カリと述べている。

これを公開質問状としてネット告発したところ、北詰は怯え動揺して八田秀子の名前は○○○○に変換してしまう、
昨日も消した、この様子から昨日に千葉地検に郵便で情報提供した。
メンテ
未公開の大高検事面前調書が明かす原田國男の裏刑事判決 ( No.2 )
日時: 2017/07/21 20:49
名前: 遂犯無罪 ID:856Tv77s
参照: http://www.suihanmuzai.com

逮捕に備えた北詰は橋本和憲と共謀して、河野からの告訴を虚偽告訴事件とすべく、殴り掛かったのは河野であり、この暴行に防禦ととしての傷害である主張した。

二十回近くの公判を重ねて、北詰の主張は認められず有罪判決になった、二審では新証拠が出たのでもなく弁論も開かず、ただ原田の心証だけの即日結審で無罪判決となった、だが北詰には別事件として二件の虚偽告訴事件、有印公文書捏造他多数あり、また北詰の保険金殺人事件も俎上に挙がっている。

原田國男の確信的誤判は司法対象暴力にある、検察官も述べているが北詰が有罪となり、これをインターネット等で騒がれるのが怖い、この危惧から原田は政治的判決をした、事実認定の権威とかの原田だからこそ出来る裏刑事裁判の実態である。

未公開の大高検事面前調書が明かす原田國男の裏刑事判決
http://suihanmuzai.com/index5/170721.jpg.html


メンテ
保険金目当ての八田秀子殺しを否定しない北詰淳司 ( No.3 )
日時: 2017/07/23 07:07
名前: 遂犯無罪 ID:hzGtIItU
参照: http://www.suihanmuzai.com

北詰には二年近く、北詰淳司は八田秀子の保険金目的に青酸カリで毒殺した、これに答えよと言い続けている、これに北詰は「俺は殺していない」と一言も抗弁できない、拠って北詰は八田秀子を殺して、多額の生命保険金を簒奪した、これを既成の事実として判断する。

柏市戸籍改竄事件URLが新たに魚拓された、こちらも盛り上がるを見せているが、北詰と同じく小川も殺人容疑を否定できない、抗弁できなければネット上では殺人事件と見做すであろう、これを後で争っても時機に遅れた攻防となる。


保険金目当ての八田秀子殺しを否定しない北詰淳司
http://suihanmuzai.com/index5/170723.jpg.html
メンテ
北詰訴訟の被告北詰勝訴は事情判決 ( No.4 )
日時: 2017/07/24 06:01
名前: 遂犯無罪 ID:rVKXivLQ
参照: http://www.suihanmuzai.com

北詰訴訟の判決内容が注目されているが、何故に原告敗訴なのかとの不審にあると思われる、それは結論から先に述べれば裁判所の事情判決だからだ、我が北詰提訴が2012年春、この夏頃に北詰は、刑事無罪判決に基づく損害賠償訴訟を相手三者に提起した。

これに裁判所は大高と国に対する提訴は、訴権の濫用と補正命令で門前払い、しかし河野に対しては、検察の意向から訴訟を進行させた、この検察の意図とは、我が訴状に北詰の死んだ女房の保険金に係る”北詰の沈黙”を論述しており、これに検察は焦点を当てた。

そこで先発した我が訴訟は、280日後の初口頭弁論と遅らせて、北詰提訴の河野訴訟に並行進行された、北詰訴訟で被告北詰は証拠説明書を提出せず、意味不明な長文の準備書面は、認否もせず、反論反証が何であるか解らない、そこで三村裁判官は3回期で三村裁判官は結審宣言をした。

ところが4回期で北詰は反訴をした、そして5回期で北詰は始めて、総ての証拠説明書を提出、これに三村裁判官は結審した、そして判決は半年余後となった、原告敗訴の理由として、「北詰の死んだ女房の保険金」これについて原告は反論していない、とういふざけたもので、そもそも「北詰の死んだ女房」が争点にされているのも知らず、また結審当日の法廷に提出した北詰の証拠説明書の内容に反論の何もあったものではない。

これでわかるとおり、裁判所検察は北詰と巫グループに狙いを定めている、そして北詰が提訴した河野訴訟の事実認定では、刑事の北詰無罪を覆す北詰有罪の事実認定がされている。
メンテ
この偽造尋問調書のゴーストライターも谷口功 ( No.5 )
日時: 2017/07/24 07:05
名前: 遂犯無罪 ID:rVKXivLQ
参照: http://www.suihanmuzai.com

この偽造調書が誰のものか判らないから、北詰に誰の調書を書き写したか訊きたい、架空の調書の疑いがある。北詰よ、これもお前の捏造か? それとも南京屋応仁こと谷口功か、直接に谷口に問合せをしたい。
http://2454ee8a381a1224.lolipop.jp/index5/170725.jpg.html

この偽造尋問調書のゴーストライターも谷口功、エキメイこと南京屋応仁に、北詰が公開している偽造尋問調書の作成者は、お前ではないかとFAX送信したが着信拒否、電話をしたところ怯えて切った。

やはり北詰の刑事の弁論再開申立書と同じく、谷口が捏造した尋問調書を北詰は公開していた、提訴した谷口訴訟は訴状送達されていながら、二度の補正命令で門前払いとは、正しく裁判所検察は巫組織の補佐・谷口の共謀立証に狙いを付けている。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存