ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2884] ▲日本のエプソン、仏 検察が予備調査「製品寿命の意図的短縮化」疑い
日時: 2017/12/29 21:06
名前: 「南の島 九州 達磨」 ID:5kI.bptg メールを送信する

▲日本のエプソン、仏 検察が予備調査「製品寿命の意図的短縮化」疑い

2017年12月29日 08時32分
FacebookTwitterLINEMixiHatenaメール印刷

[パリ 28日 ロイター] - 仏検察当局が
日本のプリンターメーカー大手セイコーエプソン<6724.T>に対して、
買い替えを促すために意図的に製品の寿命を短くした疑いで、
11月に予備的捜査を開始したことが28日、司法関係者の話で分かった。

この問題を巡っては、「製品の計画的な老朽化阻止」を掲げる
仏消費者団体のHOPが9月、裁判所に苦情を申し立てた。

同団体は27日、米アップル<AAPL.O>に対しても裁判所に同様の申し立てを行った。

フランスでは2015年、「計画的老朽化」を取り締まる法律が成立。
違反企業は年売上高の最大5%の罰金が科せられる可能性がある。

エプソン仏法人の広報は、同社にとって製品の質は最重要と強調。
HOPが提起した疑惑を否定した上で、捜査に協力していると語った。

アップルは、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」
旧機種の動作減速問題を巡って、既に米国で複数の訴訟に直面している。




以上は「大紀元 時報」速報より

「南の島 九州 達磨」
コンピューター・パソコン研究室
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存