ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2908] ▲地球は 人類の進歩で 人口増加で 何時絶滅するか? ▲地球人口の推移
日時: 2018/01/13 22:24
名前: 「南の島 九州 達磨」 ID:ZE2YO5rQ メールを送信する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲地球人口の推移

▲地球は 人類の進歩で 人口増加で 何時絶滅するか?


137億年前 宇宙誕生、
  宇宙の大きさも半径137億光年

46億年前 地球誕生、星がぶつかり月も誕生

40億年前 海出現

39億年前 生命誕生

5億年前 酸素が増えオゾン層ができ、地上に生物
7千万年前 哺乳類出現

400万年前 猿人出現

10万年前 新人出現

BC8000年 100万人
BC2500年 1億人
BC0年 2億人
AD1000年 3億人
1650年 5億人
1800年 10億人

1900年 20億人

1960年 30億人
1974年 40億人
1987年 50億人
1999年 60億人
2006年 65億人

▲2018年 75億人と
▲今 「NHK」テレビで 2018−1−13現在で
  75億人と 放送を 聞いたので これを調べた記録


2050年 91億人(国連予測)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「南の島 九州 達磨」
「事実新見」報道部




メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

種の保存 ( No.1 )
日時: 2018/01/14 17:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:PU4xqZGI

群選択説(ぐんせんたくせつ、Group selection)とは、生物の進化に関する概念および理論の一つ。集団選択説、グループ選択説、群淘汰説などとも言う。以下の少しずつ異なる三つの概念に対して用いられる。

1 生物は種の保存、維持、利益、繁栄のために行動する。あるいは生物の器官や行動はそのためにもっとも都合良くできていると言う概念。
2 自然選択は種や群れの間にもっとも強く働く。従って「利他的な」振る舞いをする個体が多い集団は存続しやすい。(1)の行動の進化に関する理論。
3 自然選択は生物の異なる階層で働くというマルチレベル選択説の一部。

種の保という内容で、生物学では、このような事が考えられているようですね。
ネズミが増えすぎて、海に向かって死の行進を始めると言う話しは捏造の様です。

人類の絶滅は起きるか!

ケース1 
原子爆弾を派手に撃ち合い、後遺症、放射能汚染で、極一部の人間だけ生き残る。

ケース2
富裕層(10%)と貧困層(90%)の対立が深まり、生物兵器も使った殺し合いが始まり人口増加は無くなる。

ケース3
食料を含めて資源獲得競争が激化し、強国による侵略が常態化し、弱小国が滅びる。
当然、人道的な弱小国への保護はしないから、人口増加は止まる。

ケース4
科学技術が飛躍的に発達し、地球には於いておけない人間と、月や火星へ放逐し地球の環境を守る。

貴方は、どれを望まれますか!
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存