ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3104] 南北問題
日時: 2019/02/12 16:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:UZdLipJc

トランプがメキシコ国境に壁を作ると宣言し、その実現を巡って逡巡している。
遠い日本から見れば、その必要性も意義もあまりわからない。

調べてみると、アメリカーメキシコ国境線は3100qあり、日本で言えば北海道の北端から九州の南端を経て、さらに名古屋近辺まで折り返し距離。

この国境線を超えて不法移民するメキシコ、中南米の人は年間100万人と言う。
毎日3万人が押し寄せてくる。
そりゃ、アメリカとしてもたまったものではないだろう。

現在国境線の警備に当たっている人員は3000人くらいと言う。
一時は6000人態勢を取っていたそうであるが、6000人でも1qあたり2人で24時間警備が出来るはずもない。
国境を超えると言っても、超えやすい個所は警備も厳しく、結局は裁くとか、リオグランデ川を強引に超えることになり、事故や凍死する人間も年間数百人と言われている。

こうまでして移住する理由は貧富の差で、アメリカの豊かさを求めて入国してくるそうだ。
映像などで見ていると、そうした人たちの多くは、アメリカでそんなに幸せに暮らしているとは思えないが。

同じようなことがヨーロッパでも起きている。
発端は、シリアなど国内政情の不安定もあるが、貧しさを脱するためにヨーロッパへ移住することを望む人間が増えている。

これもグローバル化の一貫として受け入れられるべきであろうが、社会は、そんなにスンナリとは受け入れないであろう。
国内の格差の問題も厳しいが、世界的にみて国ごとの格差の問題も問題になってくる。





メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

南北戦争 ( No.1 )
日時: 2019/09/08 16:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MXiCL7nA

「戦争論」のスレッドでも書いているが、

戦争→武力で物事を解決する。

とは、有史以来、人間社会のトラブル解決方として続いてきた。
最初のそれは単なる部族間の略奪戦争であり
その後、国家の認識が確立されると、国家として他国を攻め取ること(植民地)が国民の名の下に行われてた。
植民地が少なくなると、国家同士の覇権争いが起こった。
それが第一次、二次大戦であった。
共産主義が台頭するとともに、戦争はイデオロギー戦争となった。

それも終焉した現在、人間社会は、どの様な戦争を求めるか。

それは南北戦争である。
南北戦争と言ってもアメリカのことではない。

南の豊かな種族と、北の貧しい種族とが対決することである。
グローバル化が進み、貧富の差が益々進み、固定化する。

貧しい人々が、本当に絶望の縁に立ったとき、その絶望、怒りを、目の前にいる豊かな種族へ向けるのは自然のこと。
目の前に、そういう豊かな世界があることが許せない。

南北戦争とは、こうして世界のアチコチで起こり始める。
イスラムテロもタリバンの活動も、世界中で起きている無差別殺人事件も、すでにこれら、南北戦争の走りである。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存