ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3109] 福島原発事故から8年  避難先から帰ってこない人
日時: 2019/03/12 03:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:XAKzFKkw

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が解除された福島県内9市町村の区域で、実際に住んでいる居住者に65歳以上が占める割合(高齢化率)が45.5%と高い状態が続いている。毎日新聞が9市町村に実施したアンケートで明らかになった。1年前と比べ、1.7ポイント改善したものの、仕事や学校などの生活基盤が避難先に定着したり放射線への不安を抱えたりして、若い世代の帰郷がなかなか進まないことが影響している。

 毎日新聞は2017年夏から半年ごとに各市町村の解除区域の高齢化率を調査。17年7〜8月は49.2%、18年1〜2月は47.2%、18年7〜8月は45.6%だった。

 今年1〜2月現在、居住する1万978人のうち、65歳以上は4990人だった。県内全体の高齢化率31.1%(2月現在)を大きく上回り、国立社会保障・人口問題研究所が推計する65年の日本の高齢化率38.4%も超えている。原発事故前の10年の国勢調査では、9市町村全域の高齢化率は27.4%だった。

 解除区域の15歳未満の割合は5.0%(549人)。1年前から0.4ポイント上がったものの、事故前の13.1%(2万3717人)にはほど遠い。

 今年度から浪江町、富岡町、川俣町山木屋地区、飯舘村、葛尾村の5町村は地元で小中学校を再開。だが、地元再開の学校に通っているのは計142人に過ぎず、事故前の4%にも満たない。

 解除区域は生活インフラの整備が進まず、放射線の影響などを不安に思う子育て世代も積極的に帰郷せず、住民登録者のうち実際に住んでいる居住率は23.0%にとどまっている。【宮崎稔樹】


福島県発表のデータでは、福島原発事故で県外へ避難した人で、まだ帰ってない人は34000人余りという。ピーク時には、60000人を超えていたと言う。

別のデータ(ウキペディア)によると市町村の現在の人口( )内は震災前の人口。
※ 現在も避難指示が解除されていない地域
浪江町  の人口は 0人(20900人)
双葉町      0人(6900人)
大熊町      0人(11500人)
※ 避難指示は解除された市町村の現状
富岡町      0人(16000人)
葛尾村      18人(1530人)
楢葉町      976人(7800人)
飯館村      41人(6211人)
広野村      3970人(5400人)
南相馬市    54400人(70900人)
川内村    1951人(2820人)
田村市    36710人(40400人)
川俣町    13998人(15569人)

このデータでは、まだ元の地域へ帰っていない人の数は92900人。
関係の12市町村の震災前の人口の総数は205000人。
その半分くらいは帰還できていない。

原発から少しは離れていた人口の多い南相馬市、田村市、川俣町の分を差し引くと
震災前の人口の合計、79000人に対して帰還した人の合計は6950人で1割にも達していない。
冒頭の記事のように高齢化が問題だなどと暢気なことを言っている場合じゃない。

多くの人は帰還する意思がないのだ。
避難先で自活の道を見つけられる能力のある人々は、過疎にあえぎ碌な仕事もないところへ帰るものか。
避難を機会に新たな人生へ向かっているのだ。
生活力のない人々が、何とか地域の助けで生きようと帰郷したに過ぎない。
現実を認識しない行政の馬鹿共は、帰ってこない人たちの心も理解できず、統計に走り高齢化を憂いて見せる。

こういう私でも、当地は過疎化で仕事を見つけるのに苦労している。
避難先で定着出来そうであれば、喜んで定着することにする。

人の生活がどうして成り立っているか解らない、馬鹿な行政は、インフラを整備すれば、避難した人たちが帰ってくると税金を無駄使いしているのである。


メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存