ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3168] 狂って行く高齢者、此れでは目の敵にされても仕方が無い!
日時: 2019/06/07 18:26
名前: 日本貧民党 ID:gvOkNjzs

この所、頻発する高齢者が運転する自動車事故に付いて、考えた事を皆さんに開陳いたします。此れは他人事では無く100%私にも該当する深刻な問題です。 高齢者に、運転免許証を返納させる事を推進する事も併せてお考え下さい。

高齢者、特に70才を過ぎた高齢者の、自動車運転は、間違い無く危険な要素を多く持って居る事は、心ある高齢者自身が最も良く判って居ると推察します。 但し、その高齢者が認知症に成って仕舞えば、そう言う判断力も失われ、周りの者が説得しても中々従わないのも、また大きな問題です。

そういう時は仕方ありません。自動車のカギを隠して、認知症の高齢者にカギを持たせない様にしなければ成りません。それは、本人、家族、社会、の為であるからです。
車は現代社会に於いては、今や必要不可欠な物に成って居ますが、一歩間違うと「走る凶器」と成るのです。それが認知症患者の手に掛かると、言葉は悪いですが、「キチガイに刃物」と成り、平穏な社会への邪悪な凶器に成るのです。 勿論、無謀な若者の手に掛かれば、結果は同じ事です。

今回は、認知症に罹る、罹らない、に関係なく、65才を過ぎて、自動車運転免許を返納するドライバーに対して、移動する際の費用に対して一定の援助又は優遇を講じては如何かと言う事を考えて見ました。

現在、私の町の行政は高齢者優遇の一つとして、市が運営する「市バス」の 『無料パス』 を、70歳に達した高齢者の、希望する人に貸与して居ます。
70才に達した高齢者に行政から市バスの 『無料パス』 貸与のお知らせが届き、バスで行動できる高齢者は、其の通知を持って地域の「特定郵便局」へ行き、『無料パス』 を受け取るのです。

此の施策によって、高齢者の社会との繋がりを保ち、引き篭もりを減少させ、軽い買い物などで僅かでも消費を促進し、曳いては高齢者の健康保持にも寄与する、と言う効果を期待しているのですが、行政の施策としては、先ず先ず、マシな施策ではないかと思って居ます。 此れは市が独自に市民の足「市バス」を運営しているから容易に出来る事では無いかと考えます。

因みに、私の町には 「市民病院」 と言うものが有りません。その代わりと言う事では無いでしょうが、「市バス」が運営されて居て、『黒字』と言う訳には行かない様ですが、市民の足として盛んに利用されて居ます。

『市民病院』と言うものが如何に行政の財政を圧迫する物であるか ! 近隣の市町村が此れの運営に四苦八苦し、中には市営の病院を廃止するケースも有る事から見て、我が町の場合が如何に恵まれて居るか歴然として居ます。

我が町に、「市民病院」が無いのは、医科大学の『附属病院』が有り、『赤十字病院』も有る事、私営の大きな病院が有る事、中小の私営病院、個人診療所、なども多く有り、山間部の集落へでも行かない限り、医療問題に悩む事は有りません。

斯く申す、私の“掛かり付け病院”も、中規模の「私営病院」ですが、「中核・機能病院」では無い為、診療所の紹介状が無くても、飛び込みで診察をして呉れますし、検査機能も充実して居ますし、医師、看護士、職員、など皆親しみの持てる職員ばかりです。ま、一般的な言葉で申しますと、“ファミリーな病院”と言えます。
私の、冠動脈硬化、B型肝炎、便秘、その他、全てはこの病院で診療を受け、今の所不都合は感じて居ません。

話しが少し逸れましたが、「高齢者の自動車運転問題」に戻ります。

高齢者から運転免許証を取り上げるのは宜しいが、その代替処置として、移動手段に関する経済的な支援が欠かせません。 私の町は,前述の様に「市バス」の「無料パス」が貸与されて居ますが、政府による全国的な措置として、思い切った「支援」又は「優遇」措置が必要です。

自動車運転経歴証などの所持如何に拘わらず、70才を過ぎた高齢者には、全国の鉄道、バス、フェリー、有料渡船、等の交通機関を利用する際、マイナンバーなどの高齢証明を提示すれば、プリペイドカード、回数券、乗船・乗車券、などを購入する場合、20%の割引をする。と言う事にするのです。この措置に、新幹線、航空航路、等も加われば申し分ありませんが、初めの一歩としては其処までは申しません。

日本には今、一億数千万円の資産を持つ、富裕高齢者が100万人以上居て、この人達が期待されるほど消費をして居ないそうですから、斯う言う人達からは、課税を強化して社会の為に少しでも協力して貰わねばなりません。
現代の社会では、「相互扶助」と言う社会通念が全く忘れ去られているのです。だから消費せず、資産の温存だけをする人からは、税金として社会に尽くして貰うより方法が無いのです。

此の問題に付いて、もっともっとアイデアは有るでしょうが、今俄かアイデアが湧いて来ませんので、此の位にして置きます。
この頃つくづく思うのですが、中央官庁へ就職する若い人材は、その殆どが富裕層の子女ですから、国民の多くを占める 庶民層、貧困層、への眼差しが全くありません。 それは当然です。自分が経験して居ない事を「思い遣れ」と言っても無理な話なのです。

“ゲバラ”は富裕な医者の息子でしたが、社会の貧困や不条理、大国や大企業の傲慢さを見て、社会主義運動にのめり込み、死ぬ最後までそれを貫きましたが、今の富裕層にはそう言う人間は求むべくも有りません。
従って、国政の施策は庶民や貧困層を無視した物ばっかりです。その代表が「安倍 晋三」です。

そう言う人間の脳細胞を、劇的に改善する為には、それこそ「異星人」の“脳改造電磁波”でも照射して貰って、今の状態から目を覚まして貰うより方法が無いのかも知れませんなァ !  イヤ、これはとんだ妄想話に成りまして失礼しましたが、今の政・財界は斯う言う方法でも取らない限り、国民・庶民を救う手だてが見つかりませんなァ。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

マスコミに騙されるな _ 高齢者が起こす交通事故は本当に増えているのか? ( No.1 )
日時: 2019/08/15 18:53
名前: 自分の頭では何も考えない日本人を嘆く者 ID:fYZ4kSfg

マスコミに騙されるな _ 高齢者が起こす交通事故は本当に増えているのか?



最近の何件かの交通事故で運転者が高齢者だったのが注目され。高齢ドライバー問題が脚光を浴びている。

過去にも少年犯罪や凶悪犯罪、高齢者の逆走事故が注目されたが、調べた結果は意外なものだった。

実際には少年犯罪が減少しているのにマスコミが激増していると言ったり、凶悪犯罪も減っていたのにマスコミが激増したと騒いでいました。



注目されるような事件が一件発生するとマスコミは報道量を増やして、「激増した」と言い立てていたのでした。

このような事が多いので今回の高齢者事故も、実際は減少したのにマスコミが騒いでいるだけなのか、慎重に判断する必要があります。

まず交通事故や事故死者は減少傾向にあるのは良く知られていて、その中で高齢者の割合が増加しています。


警視庁などによると交通事故で過失責任が大きい「第一当事者」に高齢者が占める割合が増えています。

2018年の死亡事故3,532人のうち、75歳以上の運転者が第一当事者だったのは460件で、全体の14.8%を占め過去最高だった。

警察庁の資料では75歳から79歳運転者の事故は、10年前から年間200件前後で増えていません。


80歳以上が第一当事者だった死亡事故は、この10年間に420件から460件の間で推移しています。

2018年は460件と多かったが、2012年や2014年も同じくらいであり、特別増えた訳ではない。

件数としては目立って増えていないのだが、交通事故全体が減少したので全体に占める割合は増加した。



高齢者の免許人口あたりの交通事故件数は減少しているのだが、それ以上に全年齢の交通事故が減ったので、やはり割合としては増えている。




75歳から交通事故が増加していた

65歳以上の人口は10年前に約2800万人だったが現在は3500万人を上回っています。

75歳以上の高齢者は1年間で50万人も増加していて、10年間で数百万人増加しました。

65歳以上人口の比率は現在約24%で75歳以上人口は約17%、しかも高齢になるほど人口増加率が高いのです。


80歳以上人口は2000年に5%だったが現在は11%も居て、高齢になるほど第一当事者になる割合も上昇しています。

免許人口10万人当たりの死亡事故は、75歳以上が8.2件、80歳以上は11.1件、85歳以上は16.3件と増えています。

ちなみに30代は2.8件と最小で40代は3.0件、50代は3.5件以内、60代も3.4件で増加は見られませんでした。


10代は11.4と80代並みに事故が多く、20代も4.0前後で60代より死亡事故を多く起こしていた。

こうした統計を見ると急に事故が増えるのは75歳からで、60代までは特に事故が増える傾向はみられません。

という訳で高齢者が起こす交通事故件数は「増えていない」のだが、交通事故が減少したので割合は「増加」しています。



しかも非高齢者の事故は相手がいる相互事故が多いのに、高齢者の事故は単独事故が多い。


運転免許の自主返納については、75歳というのが一つの目安になりそうです。


____



交通事故戦後最小でも多く感じるのは過剰報道のせい


どう見ても減っているが「安全になった」はネタにならないので、マスコミは「戦後最悪」といいます

ボジョレーヌーボーと同じで過去最高でなくてはならない


交通事故は過剰報道?



2018年はあおり運転など交通事故が多かった気がするが、統計を見ると過去最少になっていました。

警視庁が1月4日に発表した昨年度の事故統計では、3532人で1948年の統計開始以来最小となりました。

人口10万人当たりでも最小で、亡くなった人の約55%が高齢者だったが、高齢者そのものが増えたので高齢者が事故に遭いやすくなったのではなかった。


死亡事故最多は愛知県の189人で、意外にも大阪や東京はワースト3位以内ではなかった。

東京都内は143人で大阪は150人、人口の多さや車の多さと比べると、大都市ほど交通事故の減少が目立った。

人口10万人あたりの交通事故死は福井県が最多で5.26人、全国最少は東京の1.04人だった


こうした数字はおそらく、人々が交通事故に対して抱いているイメージとは食い違うか、真逆なのではないでしょうか。

人々の印象は交通事故は激増していて、子供や女性が多く被害にあい、東京や大阪など都市部では連日多数の犠牲が出ているというものです。

人々の印象はマスコミ特にテレビ報道が影響していて、テレビ報道の多さを「事故が増えた」と錯覚しています。


実際には交通事故は「激減」しているし、子供が被害にあう交通事故はほとんどなく、高齢者を除く女性の被害も少ない。

14歳以下の児童や幼児が交通事故死に占める割合は1%程度で、65歳以上の高齢者が55%も占めている。

交通事故死は男性2対女性1で女性が少なく、歩行者に限るとなくなったほとんどが50歳以上の人です。



マスコミが事故を作っている

子供の歩行者が交通事故でなくなる例は、実は交通事故全体の1%にも満たない

歩行者でなくなった3分の2以上は65歳以上の高齢者で、40歳未満は1割以下しか居ない。

自動車を運転しない40代以下の人が歩いていて事故でなくなるのは、日本全体で年間数十人以下しかいない。


だがテレビやネットメディアは「子供がダンプにひかれた」ような事故を好んで取り上げるので、多いように感じます。

女子高生とか若い女性が被害者だと、「視聴者に受ける」反応が大きく視聴率が伸びるので、これも大きく取り上げます。

アメリカで面白い調査があり、ほとんどのアメリカ人は国内でテロが「激増している」と思っているが、実際には「激減」していました。(2,017年頃)


これもマスコミが取り上げる回数が増えたので、人々がそれを見て増えたと思い込んでいます。

高齢者による高速逆走もそうで、激増したと思い込んでいますが実際はわずかに減少していました。

むしろ報道が少なかった頃に増加していて、高速逆走の報道が増えてからは減少傾向にあります。


犯罪の激増も同じで日本の犯罪は減少しているのだが、報道量が増えたので人々は「日本はひどい国になった」と思っています。



要するに、マスコミの流すデマを何の検証もしないでそのまま信じるアホが増えたという事ですね。



メンテ
Re: 狂って行く高齢者、此れでは目の敵にされても仕方が無い! ( No.2 )
日時: 2019/08/16 01:43
名前: 日本貧民党 ID:2vH1zcQY

確かに、我々はマスコミの行う『過剰報道』に惑わされる事が有る、交通事故のみならずあらゆる局面について。

然し、高齢者の身体的衰微から引き起こされる事故は、『過剰報道』を抜きにしても大きな社会問題である事は否めないであろう。

それを防止する手っ取り早い方法は、自動車運転を止める事、すなわち免許返上である事も間違いではない。

更に側面的方法としては、メーカーの事故防止メカニズムの充実であろう。現在、其れの実現に向けて取り組みが為されて居るが、筆者に言わせると聊か遅きに失した感無きにしも非ずである。

日本のメーカーは、電気自動車と同じく、事故防止メカニズムを搭載した車の開発を、もっと早く出来た筈だ。

今後、安全対策を備えた車が次々出て来るであろうが、それで問題解決と言う訳には行かないのは当然である。

何故高齢者が何時までも車を運転しなければ成らないのか? そこには日本の核家族化と言う社会変化も大いに影響している。

日本の家庭が核家族化したのは、若年者、高齢者、共に我儘な理由からそう成ったと言えるが、それ以外にも「転勤」等による若年者との別居が原因でもある。

せめて、二世帯同居であれば、高齢者の移動について、息子又はその嫁が手助けする事も出来るが、核家族化ではそうも行かない。

加えて、地方へ行けば、民営の路線バスなどは、採算の都合で次々廃止の運命にあり、高齢者は嫌でも自家用車に頼らざるを得ない。

その結果、目もカスミ、判断力や瞬発力が衰えても、車を走らせると言う必要に迫られるのである。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存