ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[39] 息抜き投稿蘭です
日時: 2009/08/04 13:49
名前: 天橋立の愚痴人間

<< 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

 秦の趙高(ちょうこう)、漢の王莽(おうもう)、梁の周伊(しゅい)、唐の禄山(ろくさん−安禄山)らも旧主先皇の政治に従わず、楽しみをきわめ諫言も聞かず、天下の乱れも知らず、民衆の憂いも顧みないので亡びてしまった。>>

我が国の現状、何をか況や。平家にあらずんば人にあらず。公務員にあらずんば国民にあらず。

少し前の時代、未曾有の経済の発展を遂げた我が国は、思いあがり、浮かれきっていたのもつかの間のこと。

気が付けば、多くの民は疲弊し、世は乱れ、為政者はまつりごとを忘れ、都に住む栄誉の一族のみが繁栄を貪り続けている。

やがて来るべき暗黒の世を知らず。

民を忘れた為政者は、民を見る勇気を持たず、打ちひしがれた弱き者たちは怠惰と享楽に身を任せ、悪霊ばかりが横行する。

そのような世の中を正す、一傑の英雄の現われることなく、空しく時は過ぎ去る。
夢か、うつつか、目を覚ませ。一時の繁栄に我を忘れた諸人よ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ものの見方について ( No.112 )
日時: 2019/03/14 16:41
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:iqDTqIkA

あるスレッドで、私は変節漢と思われています。
最近参加してくださっているほとんどの方がそのようです。

そこで、ある経験談を書いてみましょう。
大学生時代、私はまじめ一方で、大学生らしく人生観、政治論もそれなりに言えていたと思います。
ある日、友人の一人と話をしていました。

倫理、道徳観から、人間のあるべき立場から政治を語り人生を語っていたところ、一通りの言い分を聞いた友人は、君は立派で幸せだと言われました。

何かトゲのある言葉のように感じながら、その場は終わったのですが、
つらつら、考えるのに、私が主眼を置いていたのは個人の行動指針であったように思います。

当時は学生運動も盛んな時期、私の考えの延長では彼らの行動は計りかねます。
自分に足りないものがあるのではないかと、それまで余り読まなかった思想書を読み漁ることになりました。

そこにはプラトン哲学のように、個人のありようから社会を説いたものもあります。
一方、マキャベリやホッブスの様に人間の我欲を分析し社会を見る人間もいました。
アウグスティヌスに代表されるように、何でも、かんでも神と連携する考えもあります。
近世に進んで、デカルト、カント、ヘーゲルのように純粋思考により人生、社会を定義する哲学もあります。
その後は
思考を停止した実存主義(ニーチェ、サルトル)
その哲学の終焉が現代と思います(科学知識の発達は哲学の存在基盤を奪ってしまった)。
この中で
従来の自分の考えはプラトン的と思うようになり、同時に他の思考方法に気がつきました。
まあ、3、4年はかかりましたが。
断っておきますが、色々ある考え方で、どれが良いとか悪いとかはありません。

(追記)儒教はプラトンの考え方に近いと思っております。

ところで、件の友人ですが、学部の機関紙に同じ課題で2つの論文を出していました。名前は異なるのですが、両方ともお前であろうと、言ったところ、笑って、そうだと答えていました。
どちらが本音と聞いても話をそらせます。
私と違い、彼は実践で多重人格を演じていました。

頭の良い彼でしたが、自分で留年し私より1年遅れで卒業しましたが、最後の1年は学部の学生運動の中心で活動していました。
彼の妙なところは、それでいて文部科学省へ入り定年まですごしています。

大学時代、もっとも交友した友人であったので、嫌味な感情は皆無ですが、私では及ばない何かを持っているようで畏敬の念も持っていたと思います。

私のことを変節漢といわれますが、彼に比べたら素直な方ですよ。

ついでに申し上げます。


実生活においては皆さん、私の様に物事を多面的に見られ、そのように対応しておられるはずです。

それが、この様な議論になると、個人主義的になり、かたくなに自分の基準にこだわられる、悪く言えば幼児(青少年というか純粋理論の世界)返りされてしまうのか残念ですね。

メンテ
Re: 息抜き投稿蘭です ( No.113 )
日時: 2019/03/17 11:18
名前: ooeyama ID:aqxGCsQ2

異文明の対立で混迷した世界や、政治の不作為で漂流する日本など、先行きの見えない閉塞感を、快刀乱麻断ち切り解決してくれる、そんな乱世の英雄待望論が久しいが,息抜きに読んだ文芸評論家 新保祐司氏の随想「ハリネズミの耳」の要約を以下に引用したい。


>古代ギリシャの詩人アルキロコスの詩作断片に ”狐はたくさんの事を知っているが、ハリネズミはでかいことを一つだけ知っている”という謎めいた一行がある。

>思索を喚起する不思議な言葉であり、思想史家アイザイア・バリーンは、作家と思想家、更には人間一般を「ハリネズミ族」と「狐族」の二つに大別してみせた。

>「ハリネズミ族」とは一切のことを唯一つの基本的なヴィジョンに関連させ、それによって理解し考え感じるような人間の事であり、プラトン、パスカル、ヘーゲル、ドストエフスキー、ニーチェなどの名が挙げられる。

>一方「狐族」は、求心的でなく遠心的であり、極めて多様な経験と対象の本質をあるがままに、その関連性の拘らず、捉えようとするアリストテレス、モンテーニュ、ゲーテ、バルザック、ジョイスなどがこの類型に入る。


>多神教的な精神風土に呼吸している日本人は、恐らく「狐族」の方が多数であろう、さらに高度情報化社会と言われる現在においては、”たくさんの事を知っている” ことはそんなに難しい事でなくなったから、ますます軽薄な「狐族」が増殖している。然し私は、これまでの読書傾向を振り反っても「ハリネズミ族」に分類される作家や思想家を好んできたし ”でかいことを一つだけ知っている”精神の在り様に強い憧憬を抱いている。

>そしてその分類を音楽の方に応用してみると、ハリネズミの耳ときつねの耳が有るように思われる。音楽に全身全霊 集中させて聴いているとき、私はハリネズミの耳で、音楽の中に鳴っている ”でかいこと”をひとつだけ聴き取ろうとしているのである。一方、音楽を聴くのに、キツネの耳で聴くという流儀もあるであろう、音楽の中には、勿論 ”たくさんのこと”が鳴っていて、それらを多様性のまま楽しむということは有り得る。

>然し私は ”でかい事を一つだけ”聴き取ろうとする姿勢の方を良しとする者である。ベートーヴェンを聴くということは、ベートーヴェンに於ける ”でかいこと”を聞き取ることに他ならない。例えば、今日ではモーツアルトについて ”たくさん知っている”人間が増えているだろうが、モーツアルトの音楽の中に鳴っている ”でかいこと”を何人が聴き取っているいるだろうか、小林秀雄は、今日に比べれば資料や録音など遥かに少なかった時代に、”でかいことをひとつだけ”即ち 「疾走する悲しみ」を確かに聴き取ったのである。

以上 引用おわり、



今日の日本を担う筈の政界や財界のお偉方、更に維新以来清廉と誤解していた官僚界で、指導者が持ちうる品格や矜持(ノーブレス・オブリージュの精神)を捨て去り、国民に対する背任や欺瞞や隠匿等が蔓延るなか、、過っての石橋湛山氏や土光敏夫氏のような、真の愛国的指導者が現れない現状を嘆き、野党政治家群の小沢氏や枝野氏に ”でかいこと”を求めても詮無いことだが、せめて庶民の声を ”たくさん”聴き取る政治家が、今年行われる地方選や国政を通じて、少しでも増えることを祈るばかりだ。


メンテ
狐とハリネズミの話< by  ooeyama  さんへ ( No.114 )
日時: 2019/03/17 11:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:wCRBnSCQ

久しぶりに目の覚めるような文章に会いました。

この様に真正面から物事を説くと、ダサイとか、青くさいと考えている方が多く、私などは孤立していました。

ですが、何を言っても効果が期待できない、袋小路の入り込んだ現代社会で、この様に基本姿勢を見直すことは大変大事なここと思っています。

上の文章も、この様な観点から物事を見てない人にとっては、言葉の羅列くらいに感じないでしょうが、私は意味がよく解ります。
民主主義と言いましても大衆と言うものは大衆の性格を有しています。

やはり、何時の時代でも、特に矛盾が噴出している現代こそ、大衆をリードする人間が求められているのでしょう。
英雄の出現と言うことですが、それは私も熱望しています。

ですが、それまでに、仮に100万人の知識人が、この根本の命題に関心を寄せ、自民の身の回りの人たちに啓蒙するようになれば、少しは状況が異なってくるのではないでしょうか。

100万人と言わなくても、10万人の人たちが立ち上がればと願望しているのですが、それ以前に、この様な事に言及すると敬遠されてしまうのが現状です。

そういう意味で、同士を得た様な気持ちで、嬉しく読んでいました。

メンテ
我が家のチューリップが盗まれたと言うチッポケな話し ( No.115 )
日時: 2019/03/20 13:57
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:LAvG7wYc

自宅の駐車場でプランタンに植えていたチュウリップが盗まれているのに今日、気がついた。
球根から育て、ようやくつぼみが出来たころ。
もともと家内がやっていることで、私は横目で見ているだけでした。
その家内が血相変えて私に訴え残念がっていました。

つらつら考えるのに、そのようなものを盗んで何の得があるのか。
花を育てることは、そのこと自体に意味があるのであり、今にも咲きそうな花を他人から盗んで、一体なにが嬉しいのか。

盗まれたのは、プランタンの中に植えていた、30株の中の7株くらいです。
それを悔やんでいても侘しいだけ、早速、園芸店へ行き、盗まれたものと同じようなチューリップを買ってきて植えました。

おそらく早朝に盗みに来たこともあり、たかがチュウリップ7株のこと、近所の人間の仕業と思う。
被害額(金銭的にではあるが)は、新たな購入費、800円程度であるが、この様なことをする奴が近所にいることが問題である。

奴らは盗みの対象は何でも良く、盗むことに快感を得ているのであろう。
決して生活が苦しいとか、それが無くては困ると言うことではないだろう。
この様な輩が、最近は増えてきた様に思う。

まあ、糾弾掲示板にも、他人に絡むことが目的の御仁もたまには出没する。

メンテ
イチロー ( No.116 )
日時: 2019/03/23 13:26
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:wB8DqH.2

イチローが引退した。

10年連続200安打を打っていた頃のイチローを見ていると晩年は悲しく思っていました。
彼は大リーグでも輝かしいと言うよりも前人未踏の記録を作ってきた。

その記録よりも、彼のしぐさが、また多くのフアンを魅了してきた。
アメリカ国内でも大変な共感を得ていたらしい。

アメリカ大リーグには、ベーブルース、ハンク・アーロン、ケン・グリフィーなど数々の名選手がいるが、最も愛されている選手としてイチローの名前が挙がっているそうだ。

彼の野球に対する真摯な姿勢が、大リーグで失っていたものを蘇られたとも言われている。
そのイチローは、多弁であった。
一々自分の行動、考えを理屈で説明する。

聞く人によっては嫌味に聞こえるかも知れない。
私の見方はそうではない。
イチローは本当に正直な人間であり、自分をさらけ出すことに躊躇はないのだ。

そのイチローの活躍を永久に期待できるものではなく、残念であるが引退は止むを得ない。
もう見ることが出来なくなったイチローの勇士を次の動画え思い出したい。

何と言っても、イチローには「レーザー・ビーム」が似合っていた。

https://www.youtube.com/watch?v=UljdUln8SH0
メンテ
桜満開  もうすぐ! ( No.117 )
日時: 2019/03/30 22:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AFdTUrWw

ワシントンの桜の画像です、スライドショーで楽しんでください。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3+%E6%A1%9C


ストックホルムの桜(動画です)

https://www.youtube.com/watch?v=zTpeoOV51vo


日本の桜の画像

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%A1%9C

桜と鉄道 動画

https://www.nicovideo.jp/watch/sm23280780
メンテ
ツタンカーメン ( No.118 )
日時: 2019/04/07 16:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:TZi7dvRM

今日は日曜日でもあり、のんびりとネットの動画を見ていた。
ツタンカーメンの財宝についての動画であった。

ツタンカーメンは古代エジプト第18王朝の王であり9歳で即位して19歳で亡くなっている。
その墳墓は殆ど盗掘されてないことで貴重な歴史的資料とされている。

時代は紀元前1300年代、現在から言えば3300年前のことである。
その装飾品の精巧なことには驚かされる。
現代でも、それを作れる技術者は限られるであろう。

そのツタンカーメンは病弱で彼の死には暗殺説などがあり、悲劇の少年王と言うイメージが強い。
しかしながら、その動画では、当時のエジプトでは14歳で立派な成人。ツタンカーメンは戦う王であり戦場で死んだとも想定している。

興味深いのは、装飾品からも知られる古代エジプトの敵対国である。
古代エジプトは、北はシナイ半島、西は現在のシリア、南は現在のスーダン方面からの侵略にさらされていたようだ。

古代エジプトの歴史は5000年。
ギザの大ピラミッドが作られたのは、今から4500年前の紀元前2500年。
ツタンカーメンから遡ること1200年。

日本では縄文時代の真っ只中。
ギザのピラミッドにしても、その科学的技術は称賛に当たる。
その当時も、エイジプトは、やはりシナイ半島、シリア、スーダンからの攻撃の対象であったらしい。

古代エジプトの文化の程度に驚嘆するが、同時に、そのエジプトを脅かしていた周辺地域の文明も相当優れたものであったのであろう。
人類の悠久の歴史に驚かされた動画でした。

現代人は自惚れ、停滞しているのではないか。

https://www.happyon.jp/watch/100031714
メンテ
新一万円札に渋沢栄一 ( No.119 )
日時: 2019/04/10 00:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ntwZ.beE

>【ソウル共同】日本政府が新1万円札に実業家渋沢栄一の肖像画を採用すると発表したことを受け、韓国メディアは9日、渋沢が「日本の帝国主義時代に朝鮮半島の経済を奪い取った主役だった」と強調した。

 聯合ニュースは、渋沢が設立した第一銀行が大韓帝国時代の1902〜04年に朝鮮半島で発行した紙幣にも渋沢の肖像画が使われたとし、「朝鮮半島の初めての近代的な紙幣に登場し、韓国に恥辱を抱かせた」と主張した。

 KBSテレビも、朝鮮半島の収奪の歴史を象徴する人物の肖像を採用するのは「過去の歴史を否定する安倍政権の歴史修正主義が反映された可能性がある」との見方を伝えた。

(引用終わり)

紙幣が改編されることなど知らなかった。ましてや渋沢栄一が1万円札の顔となるなど。
韓国の反応は抜きにして、どうして渋沢栄一は解らない。
渋沢などは、明治の経済界の大立者。
次に歴代の紙幣に登場する人物を紹介するが経済界からは渋沢だけ。
1万円札とは、日本銀行の総裁を持ち出すようで歓迎できない。

まあね、そうかと言って紙幣の顔にして皆が納得するような人物は見当たらない。
そういう点では聖徳太子が一番であった。
聖徳太子は、100円札から1万円札まで、全ての紙幣の顔を演じてきた。
おそらく時代時代の最高額紙幣は全て聖徳太子であったのであろう。                         

何のために変えるのか、贋金つくりの予防のためか。
私としては、最高額紙幣は聖徳太子でよい。
5000円札は名僧、良寛でも一休禅師でも良い。
1000円札は、それこそ人気投票並みに、ころころと変えることも趣がある。

(参考 歴代紙幣の顔)

2024年 渋沢栄一   1万円札(予定)
2024年 津田梅子   5000円札(予定)
2024年 北里柴三郎 1000円札(予定)
2004年 樋口一葉   5000円札
2004年 野口英世  1000円札
2000年 紫式部   2000円札
1984年 福沢諭吉   1万円札
1984年 新渡戸稲造  5000円札(過去)
1984年 夏目漱石  1000円札(過去)
1963年 伊藤博文  1000円札(過去)
1951年 岩倉具視  500円札(過去)
1951年 高橋是清 その他(過去)
1948年 板垣退助 100円札(過去)
1946年 二宮尊徳 その他(過去)
1945年 日本武尊  1000円札(過去)
1930年 聖徳太子    1万円札・5000円札・1000円札・100円札(過去)
1891年 藤原鎌足  その他(過去)
1890年 和気清麿呂 その他(過去)
1889年 武内宿禰  その他(過去)
1888年 菅原道真  その他(過去)
1881年 神功皇后     その他(過去)

※ 私は1万円札はまだ聖徳太子とばかり思いこんでいた。

メンテ
ついに、ブラックホールの撮影に成功した ( No.120 )
日時: 2019/04/11 10:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3KdNq.6U

「ブラックホールの撮影に成功 世界初 一般相対性理論を証明」

界で初めてブラックホールの影を撮影することに成功したと、日米欧などの国際研究チームが10日、発表した。ブラックホールの存在は約100年前にアインシュタインの一般相対性理論によって予測されたが、強大な重力で光さえも外に出られないため、観測が難しかった。研究チームは高解像度の電波望遠鏡を利用してブラックホールのごく近傍のガスが発する電波を精密に観測し、影絵のようにブラックホールを浮かび上がらせた。

 一般相対性理論の正しさを証明するとともに、銀河の中心にあると考えられてきた巨大ブラックホールを直接確認した成果。ブラックホールの影の大きさから質量などを算出し、銀河の起源や進化を解明する重要な手がかりとなる。

 チームは2017年4月、おとめ座の方向にあり、地球から約5500万光年離れた楕円(だえん)銀河「M87」の中心にあると考えられていた宇宙最大級のブラックホールを観測。南米チリにある「アルマ」をはじめハワイ、南極など世界6カ所にある8台の電波望遠鏡の観測データを約2年かけて慎重に解析した。

 その結果、ブラックホール周辺部のガスがリング状に輝き、中心が影のように暗くなっている画像が得られた。リングの直径は約1000億キロで、そこからM87の中心にあるブラックホールの質量は太陽の約65億倍だと算定できるという。

 プロジェクトには約200人の研究者が参加。日本の研究者の代表を務める本間希樹(まれき)・国立天文台教授(銀河天文学)は「誰もその姿を見たことがなかったブラックホールの姿を撮影でき、アインシュタインの一般相対性理論を裏付ける結果となった。過去100年にわたる物理学的、天文学的な問いに対する明確な答えだ」と話した。

 ◇ブラックホール

 極めて高密度、大質量で重力が非常に強く、周囲にあるガスなどの物質を引き込む天体。光の速度でも脱出できない。角砂糖の大きさで地球ほどの質量を持った物体はブラックホールになるとされる。重い星が一生の最後に自己の重力によって収縮してできるタイプのほか、銀河中心に巨大ブラックホールがあると考えられているが、巨大ブラックホールの成因はよく分かっていない。

(引用終わり)

画像は下で

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000094-mai-sctch


名前くらいは知っている。
幾ら文字で説明されても、理解など出来ない。

こういうのを理解している人は、どんな頭をしているのであろう。
また、ブラックホールの存在を予言した、アインシュタインとは、この人も名前だけは知っているが、日本にも来たことがあるらしいが、同じ人間とは思えない。

>地球から約5500万光年離れた楕円(だえん)銀河「M87」の中心にあると考えられていた

銀河系の直径が10万光年とか、太陽系の直径は、0.000475光年。
人類が作るロケットは、その0.000475光年先へも行っていない。

ましてや5500万光年先のブラックホール
人類が1000万年生きてもブラックホールへは到達できない。

(興味があるので計算して見ましょう)

0.00475光年と言うのは4時間あまりで進む距離。
光速で「M87」銀河へ行くには
光速で5500万年かかります。
現在の宇宙ロケットは秒速7〜8km。光速の3万分の1
と言うことは、現在のロケットで「M87」銀河へ行くには5500万年×3万=1650000000000年かかります
1兆6500億年です。
宇宙の年齢は150億年といわれています。
人類など、全くお呼びでないですね。

ウルトラマンの故郷は「M87」銀河といわれています。
どうして地球へ来たのでしょう。

そのようなものなど、どうでもよい。
とは思いながら気になって仕方がない。

そんな世界で生きている天文学者。
我々から見れば、エイリアンという方が理解しやすい。

まあ、大した壮挙ということであろう。
この様な話題もたまには良い。

何せ、これ以外真っ白となる。


メンテ
人間の能力 第6感の話 ( No.121 )
日時: 2019/04/19 14:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gBUW2PNk

通常我々は五感によって生活しています。
それも現代では、視覚、聴覚が中心です。

その五感とは、

動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来の分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。この伝統的な分類を前提として、人間の感覚全体を指すために「五感」という表現が用いられる場合もある(「五感を鋭くする」など)。

でも実際に人間が感じられる感覚の数は次の通りで20種類もあるといわれています。

触覚と呼ばれているものは、生理学的には体性感覚と呼ばれるものにほぼ相当すると思われるが、体性感覚は決して単純に皮膚の感覚を脳に伝えるものなどではなく、表在感覚(触覚、痛覚、温度覚)、深部覚(圧覚、位置覚、振動覚など)、皮質性感覚(二点識別覚、立体識別能力など)など多様な機能を含んでいる。

それ以外にも、感覚には内臓感覚、平衡感覚などが存在する。

ところで、よく使われる言葉に、第六感というものがあります。

この場合、人間の枠を広げて生物としてみてみましょう。

>それは大きく分けて電気的な要因に起因するもの、

微弱な電気を感じ取る能力が「第六感」と捉えられることがある。生物の一部には電位の変化を感知する能力を持つものが知られており、例えばサメにあるロレンチー二器官は1960年代に微弱な電気(電場)を感知できる器官であることが判明している。

>磁気的な要因に起因するもの

磁気(地磁気)を感じ取る能力(磁覚)が「第六感」と捉えられることもあり、2019年3月、東京大学やカリフォルニア工科大学などの共同研究チームがヒトには地磁気を大まかに感じ取る能力があるとする研究成果を米国の専門誌に発表した[3]。なお、地磁気を感じる磁覚については渡り鳥などの鳥類、サケ、ミツバチなどにその能力が見られる[3]。

>霊感(これは人間だけかも知れない)

中村天風は霊感を、五感を超えているところから「第六感」とも呼んだ。その身近な例としては「虫の知らせ」というのがある[7]。もともと人間として生命を得たからには、誰でもこの感覚を持っているのだが、文明人になるにしたがって、この働きが弱くなってしまった、と述べ、「だからこの霊感(自覚正念)を磨けば、無念無想になれる」と中村天風は述べた。中村天風は意識を「肉性意識」と「心性意識」と「霊性意識」に分類し、3つめの「霊性意識」の中に第六感(霊感)も含まれている、とした。


※ 私の霊感に関する体験談として、次のようなことがありました。

「霊が呼んでいる」

お話 1 (私の体験談)
私の父親が外出先で急死したとき。丁度その時間、私は自動車で少し遠出していた、その帰り道、走行中に突然マフラーが外れて路面に転がった、マフラーの異常については全く意識に無かったので不思議に思い帰宅したとたん、父親の死を知らされた。死亡時間も殆どマフラーの脱却時間と合っていた。

お話 2 (私の体験談)
私の叔母の話し。叔母が癌を患い、手術をしたが、殆ど時間の問題で助からないとは聞いていた。ある日の午後11時すぎ、何かを感じて、見舞いに行こうと、私が言い出し、両親も何故か時間が時間であるにかかわらず素直に賛成して出かけることになった。病院は自動車で2時間の距離。その病院について見ると、叔母が息を引き取って10分後であった。付き添っていた親族も何故解ったと不思議がっていた。私も何故、あの時間に出かけようと思い立ったのか、後から考えれば不思議である。

「霊を見る試み」

お話 9 (私の体験談)
これも古い話になります。25年くらい前、私の父親が経営していた事業が倒産し、私も別の理由ですが、離婚をしていた。不幸なことが続くことを憂慮した母親が、先祖のたたりでもあるのか心配して他愛もない理由で、近くの霊感豊かで有名な御婆さんに見てもらうことになった。当日、私は付き添いで父親を連れて霊感御婆さんのところへ行った。御婆さんは父親の背中をさすりながら、遠慮深げに、この方には、何の問題も感じられないが、其処の息子に問題があるのではとはっきり断言した。それで、想定外に、私も見ていただいた。御婆さんが言うには、女と子供が悲しんでいる。中にも一人女がいる。お前は何か悪いことをした覚えがないかと問うてきた。ずばり、母親が5才の子供をつれて離婚してから半年余りの時期であった。断っておきますが、もう一人の女と言うのは、浮気ではありません。嫁、姑の対立が大きな離婚の要因だったのです。なんとも言えない気持ちで、私のほうが元気が無くなりました。

(以上)

五感が全てと思い込みがちな毎日ですが、この様なことも無意識の内に体験しているのです。

ついでに、これは飛躍しすぎですが、超能力のことも挙げてみましょう。
ロシアなどでは、本格的に研究している機関もあるようです。

超能力の種類

超感覚的知覚(英:ExtraSensory Perception、ESP) テレパシー(英:Telepathy)「遠方の」tele「感覚」pathy
予知(プレコグニション 英:Precognition) pre「事前に」cognition「認識」
透視、千里眼 (クレヤボヤンス 仏:Clairvoyance) clair「明白な」voyant「視覚」

念力、念動力(サイコキネシス 英:Psychokinesis)「精神の」psycho「動き」kinesis(ともにギリシャ語) ※手を触れずに物を動かすため、テレキネシス(英:Telekinesis)「遠方の」tele「動き」kinesis とも。
他 サイコメトリー(英:Psychometry)「精神の」psycho「測定・分析」metry
瞬間移動(テレポーテーション 英:Teleportation)「遠方の」tele「運ぶ」port(portはラテン語のportreから)
念写(英:Thoughtography, Projected thermography, Nengraphy)「考えた」thought「記録」graphy
発火能力(パイロキネシス 英:Pyrokinesis)「火の」pyro「動き」kinesis
物体取り寄せ(アポート 英:apport

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存