ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ユダ菌の増殖の仕組み ( No.190 )
日時: 2016/03/15 12:53
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AUUu9AR2

順序が逆になったかもしれません。」


<無から創造されるお金(巨額債務発生の手順)>

日本語では、紙幣と手形は違う言葉で表現されますが、英語では紙幣も手形も「notes」「bill」「draft」です。
つまり、
ドルというお金の正体は、米国政府が発行する国債を担保に、ニューヨーク連邦準備銀行が米国政府に貸し付けた手形=債券証書なのです。

例えば、米国政府が1億ドル必要だとしましょう。
そうすると連邦準備銀行は、米国財務省から1億ドル分の国債を購入し、政府の口座に1億ドルを振り込みます。
この政府の口座に振り込まれた1億ドルは、誰かの口座から借りてきて振り込んだお金ではありません。連邦準備銀行が何か実物的な資産を提供しているわけでもありません。
ただ、米国政府の口座に1億ドルと記入するだけです。

連邦準備銀行は口座に数字を記入するだけで“無”から1億ドルを創造するのです。
そして、政府は、1億ドルを受け取り、公共事業の出費として米国社会に1億ドルが流れていきます。

さて、政府は時が来たら、連邦準備銀行に利子をつけて返さなければなりません。

仮に利子をつけて1億5千万ドルを返済するとしましょう。米国政府はアメリカ国民から税金を集め、1億5千万ドルを連邦準備銀行に返済しなければなりません。しかし、
世の中に出回っているおカネは1億ドル。5千万ドル足りません。
政府が1億5千万ドルを連邦準備銀行に返済するには、新しく国債を発行し、世の中に流し、回収するしかありません。

ここに政府の借金が規則的なリズムで大きくなっていく理由があります。
銀行は“無”からおカネを生み出し、国民はそれに対して利息を支払う義務を負う。
また政府は財政赤字を積み上げていく。

そして、このマジックのようなお金を使って世界中からアメリカに実質的な富が流れ込んでいく。その利益が最終的にはロスチャイルド一族をはじめとする国際金融資本家の懐(ふところ)に収まる、という仕組みになっています。
つまり(中央)銀行制度とは合法的な搾取(さくしゅ)システムなのです。

「現代の銀行制度は、貨幣を“無”から作り出す。その手口は、恐らく、これまで発明された詐術の中で、最も驚くべき代物である。銀行は不正によって作られ、罪のうちに生まれた。銀行家は地球を所有する。」―イングランド銀行初代総裁 ジョシア・スタンプ卿


(引用終わり)

要するに、この利子の存在が問題なのです。
全体は架空の金でも利子は現実の搾取として残ります。

ユダ菌が狙っているのは、まさしく、この利子分。
奴らは金貸しなので当然のこと。

だから、国家による通貨の増刷(無利子)は絶対に許せない。
メンテ
1000兆円の借金について!   簡単なことですよ ( No.191 )
日時: 2016/03/17 14:50
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:8MA7xPeY

No186のレスより

それと同時に、国債を償還する為の国債、借換債の発行が、50兆円を超えて、もはや財政は破綻状態です。
平成27年度には
建設国債       6.0兆円
特例債(赤字国債)  31.0兆円
借換債       116.0兆円


毎年、100兆円を超える借換債としての通貨の増刷をやっているのです。

これを金利が付く国債などではなく、単なる通貨の増刷で行えば、10年で、たちまちチャラになる。
国債を購入している人たちも無事償還されて損害はない。

であるのに、なぜ!

わざわざ、金利の付く国債を発行し続けるのか。
なにか
やましいところがあるのではないか!



もう一つ、おまけに!

>国内の国債の引受手で一番多いのは銀行、保険会社であり65%を持っています。

と言う、その銀行、保険会社が毎年65兆円の国債を購入する資金がどこにあると言うのだ。

毎年だよ!

驚き、モノの木、山椒の木!
メンテ
1000兆円の借金は本当か! ( No.192 )
日時: 2016/03/18 11:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Wz7sM5dw

長々としたデータは結局は必要ではなかったように思います
結論だけをご覧下さい。
数値は平成27年度以外は適当に当てはめています。

平成15年には
建設国債       10.0兆円 
特例債(赤字国債)  20.0兆円
借換債        50.0兆円

平成16年度
建設国債       10.0兆円
特例債(赤字国債)  21.0兆円
借換債       52.0兆円

平成17年度
建設国債       9.0兆円
特例債(赤字国債)  33.0兆円
借換債       74.0兆円

平成18
建設国債       12.0兆円
特例債(赤字国債)  30.0兆円
借換債       70.0兆円

平成19には
建設国債       8.0兆円
特例債(赤字国債)  30.0兆円
借換債       78.0兆円

平成20度には
建設国債       7.0兆円
特例債(赤字国債)  30.0兆円
借換債       80.0兆円

平成21度には
建設国債       7.0兆円
特例債(赤字国債)  30.0兆円
借換債       90.0兆円

平成22度には
建設国債       10.0兆円
特例債(赤字国債)  30.0兆円
借換債       94.0兆円

平成23年度には
建設国債       7.0兆円
特例債(赤字国債)  30.0兆円
借換債       100.0兆円

平成24年度には
建設国債       9.0兆円
特例債(赤字国債)  28.0兆円
借換債       950.0兆円

平成25年度には
建設国債       7.0兆円
特例債(赤字国債)  33.0兆円
借換債       100.0兆円

平成26年度には
建設国債       7.0兆円
特例債(赤字国債)  32.0兆円
借換債       105.0兆円

平成27年度には
建設国債       6.0兆円
特例債(赤字国債)  31.0兆円
借換債       116.0兆円   

平成27年度国債発行金額累計    平成17年度国債+借換債=116.0兆円+27年度分 建設国債+特例債=153.兆円
                 都合153兆円の65%、99.5兆円は銀行、保険会社が用立てる
このうち116兆円分は償還されるので、その償還金総計の65%、75兆円は銀行、保険会社が受け取る。
この取引を都合良く行ったとして、銀行、保険会社は、償還された国債費+新規国債購入のために、約25兆円の経費を帳簿上に計上しなければばならない。
これを毎年、毎年繰り返している。
トヨタでさえも年間の純利益が2兆円と言って驚かされている。
営利企業と言うものが、そのような高額の留保金が生み出せるものか。

同様にして(推計)
平成28年度国債発行金額累計    平成18年度国債+借換債=112.0兆円+28年度分 建設国債+特例債=160.兆円

平成29年度国債発行金額累計    平成18年度国債+借換債=116.0兆円+29年度分 建設国債+特例債=180.兆円


要するに国債会計は形だけのものであり、実際の取引はなされていないということになる。
我が国に本当に1000兆円の借金があるとは思わない、と言う人もいる。
このような事を言っているのであろう。

問題は、何のために、そのような芝居がなされているかである。

メンテ
1000兆円の借金について<預金封鎖 ( No.193 )
日時: 2016/03/23 18:12
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3zxz9qTM

他のスレッドでも書いたのですが、

>国の借金がGDPの2倍、1000兆円を超えた、戦時中の我が国の財政もGDPの2倍を超えていたらしい。
>政治中の借金は、言わずと知れた戦費調達の為の国債の乱発であった。
>同じような状況から、現代の我が国でも預金封鎖が行われると言う噂も出ているようである。

それで、実際に預金封鎖して(国民の金融資産は1400兆円)1000兆円の資産を何らかの形で国家が没収すると、どのようになるのでしょう。

1000兆円の国債の償還を一時に行うとして、預金封鎖によって取り上げた資産はそのまま、国債を買っている人々の口座に振り込まれると言うことになるでしょう。
結局のところ、1000兆円の預金は名義が変わっただけのことになります。
政府としては、今後の借金のことは考えすにすみ、責任は果たしたことになります。

それと通貨の価値、信用度との関係は全くないでしょう。
ですが、金融専門家の間では、我が国の国債の発行限度は国民資産(今のところ金融資産)の比例して、1400兆円までは可能だとする意見が大半です。
そのうちに、債務残高を2000兆、3000兆円としなければならなくなると、不動産も含むと言い出すでしょう。

国債の発行限度と言うものは、己らが預金封鎖などで責任回避できる限界のことであり、純粋に通貨の維持管理の理念上の事ではないであろう。
もっとも、そのうちに国民資産と言うのを不動産を含めと、言うことにするであろうが、不動産では預金から天引きはできないの無理であろう。

国家が言う、預金封鎖とは、このようなものであり、実際に、それをやっても国民の間の資産の所有権が変わるだけの事。
実際は、購入されている国債の65%は、銀行、保険会社であり、30%は日銀、政府など公的機関である。
要するに国民から取り上げた950兆円の資産は、銀行、保険会社、日銀、政府の懐に入ることになる。
そうして取り上げた金は、どうして使うのであろう。

これで国民生活は成り立つであろうか。
こうしたことで、通貨の価値の担保をしたと言うのであろうか。

バカも休み休みに言えと言うもの。

それでも、このような理屈の為の理屈が通っているのが現在の経済理論。
これじゃ、社会が良くなるはずはないのである。

何が通貨管理であるか。
肝心要で出鱈目をやりながら、専門家で御座いとは、片腹痛い!

悪性インフレ防止のために預金封鎖は必要であるが、国民の資産を取り上げて、あらゆる面で為になることは何もない。
預金封鎖を通貨の価値の担保などと勝手に関連付けることは、はじめから間違った認識。

実際に出来もしないことをできるように見せかけて理論を構築すること自体が、まやかしであるのだ。
現行の経済論の根幹は概ねこのようなものである。
なにせ、経済理論なるうものが現状の経済を追認してできているものであり、事情によってコロコロ変わるもので先の予測などできないのである。

ただしね、対外債務がある場合は、同じようにはいかないかも!
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.194 )
日時: 2016/05/04 09:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:yP05ZAx6

久しぶりにUPします。

>国の借金がGDPの2倍、1000兆円を超えた、戦時中の我が国の財政もGDPの2倍を超えていたらしい。
>政治中の借金は、言わずと知れた戦費調達の為の国債の乱発であった。
>同じような状況から、現代の我が国でも預金封鎖が行われると言う噂も出ているようである。

1000兆円の借金について上のことが言われています。

別サイトの記事を紹介します。

日本の借金1000兆円超、本年利息20兆円位、税収見込み40兆円位、新規借金50兆円位(利息返済分20兆円+その他30兆円)、結局、本年度も50兆円借金を増やしただけで1円も借金返済は無し、来年以降も同じ事の繰り返し
が100%の確率で行われるでしょう、 利息分を新規借金して返済では本来の借金1000兆円超が増えるのみです、大鉈をふるい新規借金はやめて全て税収以内で予算編成をする覚悟が必要でしょう、税収40兆円−利息返済20兆円=20兆円、これが使える予算です、20兆円から1兆円を借金返済に回して19兆円が実予算です、世の中がひっくりかえるでしょうがやらねばある日突然もっと悲惨な状況になるでしょう、 毎年、利息返済以外で1兆円を借金返済に充てても1000年以上が必要となります、100年以上の返済計画なんて有り得ないですよね、返済不可能って事ですよね、、、、結局、日本は既に破綻していると思いますが、皆さんはどう思いますか? どうしたら良いと思いますか? 財務官僚や政治家は判っていても手の打ちようが無いのでしょうが徳川幕府の崩壊のような国家転覆、戦争などの国家大混乱で全てがチャラになる事を願ってるのかも、 なぜなら日本の借金は殆んどが国内借金だから、、、、


また、下記の様な的外れの言い分もある。

先週26日(土曜日)、大阪朝日放送の番組「正義のミカタ」に出た。大阪のニュース情報番組だが、東京とは違って、自由な面白さがある。そこで、「日本経済の諸悪の根源はZ」というコーナーをやった。Zとは財務省である。
その中で筆者が強調したのは「借金1000兆円のウソ」である。借金が1000兆円もあるので、増税しないと財政破綻になるという、ほとんどのマスコミが信じている財務省の言い分が正しくないと指摘したのだ。
借金1000兆円、国民一人当たりに直すと800万円になる。みなさん、こんな借金を自分の子や孫に背負わせていいのか。借金を返すためには増税が必要だ。……こんなセリフは誰でも聞いたことがあるだろう。財務省が1980年代の頃から、繰り返してきたものだ。
テレビ番組は時間も少ないので、簡単に話した。「借金1000兆円というが、政府内にある資産を考慮すれば500兆円。政府の関係会社も考慮して連結してみると200兆円になる。これは先進国と比較してもたいした数字ではない」
これに対して、番組内で、ゲストの鳥越俊太郎さんから、「資産といっても処分できないものばかりでしょう」と反論があった。それに対して、多くの資産は金融資産なので換金できる、といった。
筆者がこう言うのを財務省も知っているので、財務省は多くのテレビ関係者に対して、「資産は売れないものばかり」というレクをしている。鳥越さんも直接レクされたかがどうかは定かでないが、財務省の反論を言ってきたのには笑ってしまった。
番組が昼にかかり15分くらいの休憩があった。そのとき、鳥越さんから、「金融資産とは何ですか」と筆者に聞いてきた。「政策投資銀行(旧日本開発銀行)やUR都市機構(旧住都公団)などの特殊法人、独立行政法人に対する貸付金、出資金です」と答えた。それに対して「それらを回収したらどうなるの」とさらに聞かれたので、「民営化か廃止すれば回収ということになるが、それらへの天下りができなくなる」と答えた。


金利付きの1000兆円の借金を返済するとすれば、我が国の税収50兆円を全て返済に当てても30年はかかる。
その間、国家は何の事業もせずに、公務員も全て無休としても。
営利企業であれば、何十年前に既に破綻していたであろう。

もうひとつの返済方法、国民の金融資産を全て没収し返済に充てる。
国家の財産を処分すると言う意見もあるが、処分すると言っても誰が買うのかについては触れていないのでナンセンス。
1000兆円を超える個人資産を持つ者に強制的に買わせるのか。
いずれにしても、そう言う返済方法は国家としては自殺行為。
1000兆円の借金は返せても国民経済はガタガタ。
失業者はいやが上にも増え、国家に対する信頼は消え、自給自足に走らねばならない国民が増大する。

まあ、武士階級や特権階級のための国家であった江戸時代に逆戻り。
否、グローバル化の影響で、庶民が生活の糧を得る雇用の機会を奪われている現代は、それ以下の社会となる。

先の大戦以来、黙々と励んできた結果が、なぜ、このようになるのか。
どこで問題が生じたかなど検証はできる。
検証はできても解決はできない。

問題は、こうした状況を打開する動きがないことである。
政治屋、経済の専門家は、これ以上ない壮大なペテンを行い、問題をうやむやにしてきているのである。

国家とは何か、
国家は何をしなければならないか
何が出来るかを見直さねばならない。

国家は企業の為にあるのではない。
企業のための経済を追い求めていれば良い時代は終わったのである。

1000兆円の借金の問題は、単なる貸借関係と見ずに、現代社会が直面する大きな問題の領域で考えるべきである。
そうすれば、解決の方向性も見えてくる。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.195 )
日時: 2016/07/19 16:11
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:0.HGKauM

京都北部の田舎町、私が住んでいる宮津市は、とうとう人口が2万人を割ってしまった。

当市の一般会計の予算は、それでも100億円。
収入はと言えば、なんと22億円のみ。

一番大きなのが、固定資産税  13億円
        所得税    6億円
        法人税    1億円
        タバコ税   1.3億円(不肖私はこれに貢献著しい)
        その他    0.7億円

支出の大きいのが人件費    20億円(職員の平均年収630万円)

話し変わるが、行政が絡んでいる各地の第三セクター
これも人件費が出れば成功の部類。

如何でしょうか、収入の性格からして、自立した行政としては成り立っていないでしょう。
固定資産税が徐々に、徐々に挙げられる意味が分かる。

大なり、小なり地方自治体の財務状況は大差なし。
他方、国家の財政と言えば、

歳入は50兆円、
歳出は100兆円

と、地方の状況と同じようなもの。
積もり積もった借金が、1200兆円。
後、30年もすれば 8000兆円。
これが企業の決算であるならば、生き残っている行政は東京都だけであろう。
なにせ、東京都には全国の富の70%が集まっている。

財政の健全化とか、プライマリーバランスなど、経済専門家は、何を根拠にふざけた事を抜かしているか。
学者の頭で考えたら、解決策があるとでも。



良いんだよ!
行政の借金など返さなくても。

と、言う様に

はっきりとせい!

戯け者共。

月給泥棒。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.197 )
日時: 2016/11/03 13:15
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3eHCd/jc

UP
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.198 )
日時: 2017/06/29 11:47
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:kz/EEfpk

「経済のはなし」スレッドでの問答を、転載します。

日時: 2012/12/22 09:23:38名前: 満天下有人

超金融緩和が庶民生活に与える影響=一般会計における赤字増税はどれほどの額を要するのか、複利計算機で大雑把に計算すると・・・

前提条件:10年債表面利率1.3%の複利計算

○現行国債発行残高800兆円x10年x1.3%・・・1年目810兆円、2年目821兆円・・・10年間利払い分≒110兆円
○毎年の赤字国債補填国債来年度分40兆円x9年x1.3%・・・以降2年目分40兆円〜10年目利払30兆円
○国債基金増枠国債発行分36兆円x9年x1.3%≒4兆円
○支払制度支援国債発行分15兆円x9年x1.3%≒2兆円
○公共事業費毎年20兆円・・・1年目、2年目・・・10年目合計利払額≒15兆円
利払い総計161兆円

元本国債発行高残高累計・・・1,451兆円+利払い分161兆円=1,612兆円
(但し税によるカバー分は除いた場合)



満天下さんの借金の増え方について、難しい複利計算式などできませんが、ネットで調べて、それに当てはめてやって見ました。

前のレスの場合で

元金      800兆円
毎年の積立金  50兆円(赤字国債)
これを金利3.0%/年で計算し10年後にはどんな金額になっているかを見たところ 1587兆円と出ました。
満天下さんの 1612兆円にほぼ近い結果です。

満天下さんの計算は2012年ですので2017年の今年では期間を5年とし同じ計算では1215兆円と出ました。
2016年末での国債発行残高は1050兆円くらいのようなので、期末ではおよそ1100兆円と言ったところでしょうか。

少し誤差がありますが、認めたくもないですが安倍内閣の功績(国債発行を抑えた)でしょうか。

ところで、現在の国債発行残高を1100兆円とし毎年の赤字国債の発行額を60兆円として、20年後の借金の複利計算をやって見ました。
元利合計は 3520兆円の借金と出ました。

同じく50年後の姿は
1京1360兆円で、もはや天文学的な数字、実感は湧きません。

毎年の赤字国債発行を60兆円としてますが、実際にはだんだんと赤字国債が増えるでしょう。
ですので30年後には借金が8000兆円になると言う話も現実味があります。

一体、どうするのでしょうね。

(追申です)

国債の金利を3.0%/年で計算しましたが、最近では1.8%くらいの様です。
1.0%の違いはかなり大きく、
2.0%では50年後に8000兆円になります。

(サービス)

複利計算式を見つけたついでに、皆さんが長期定期預金をした場合を考えてみます。

元金      0円
毎年の積立金  5万円 
これを金利   2.0%/年(現在はこの金利に該当するものはありません)
所得税  初めは 0 次に 5% 10% 20%となる

さて30年後には、これが2300万円になります。

金利を昔の様に 5.0%で計算すれば
3450万円になります。

積立田元金は 5×12×30=1800万円です。
メンテ
国の借金は 2017年 1300兆円を超えた! ( No.199 )
日時: 2017/10/27 11:07
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:z2TFINrE

「国債残高の推移」

1981   124(鈴木内閣)

2000   732(小渕内閣)  

2005   968(小泉内閣)
2006   971
2007   974
2008   995
2009   1020
2010   1080(民主党政権)
2011   1131(民主党政権)
2012   1171(民主党政権)   
2013   1210  
2014   1243
2015   1262
2016   1295
2017年  1307

これは返せるものではない。
返す努力をすれば国が極度に衰退する。

別の方策を取らねばならない。
返しても大変動が起きるのなら
別の方策に挑戦すれば良い。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.200 )
日時: 2017/12/12 13:28
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:feWsao2o

UP
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存