ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[567] 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走
日時: 2010/04/04 02:34
名前: 天橋立の愚痴人間

旧掲示板からの転載です。


http://www.kyudan.com/cgi-bin/mb/mb.cgi?namber=5143&mode=res&no=0&P=R


以前にも投稿しましたが、高知での交通事故冤罪事件のことです。

中学生22名を乗せた大型バスが交差点の中央近くで右折のために待っていたところへ右側から白バイが突っ込んできて衝突、その警官が死亡した事件です。

運転手は右折のために止まっていたところへ、白バイが猛スピードで突っ込んできたと言い、同乗の生徒達も、先生も止まっていたことは証明し、右の窓際に座っていた一人の男子生徒は丁度白バイが突っ込んでくるのを目撃したと証明しました。

ところが、1審で採用された証拠としては、其のとき対抗斜線を走ってきた同僚の白バイの警官の意見を取り入れて、バスが進入してきて白バイと衝突した事にされて、運転手は禁固1年4ヶ月の刑罰を言い渡されました。業務上過失致死にもとわれ職も辞すことになりました。

生徒がはっきりと止まっていたことを証明し、当時付近を走行していた他の自動車の運転手も、遠目であるが、動いていたようには思わないと言っています。
第一、交差点に右折をするために進入する場合、衝突によって死亡をきたすようなスピードで入るわけがありません。

事故の場所は殆ど交差点の中央なのです。
ところが事件から8ヶ月過ぎて、警察はバスが急ブレーキをかけた証拠とタイヤ痕の写真を提示しました。
1mあまりのタイヤ痕など、それなりのスピードが無いとつく訳がなく、この事件を取り上げていたメディアによって再現実験も行われました。

それによると交差点に入る通常と思われるスピードで急ブレーキをかけてみても、たかだか30cmくらいの、それもよほど見なくては解らないくらいの痕跡よりつかなかったそうです。

こう言う状況説明がありながら、生徒や他の目撃者の後述調書は殆ど裁判には用いられることはなく、一部の生徒(窓際には座ってなかった)の口述も其の生徒の意に反した形で採用しました。

全ては、対抗斜線を走ってきた同僚の警官の言うなりとなったようです。

警察のデッチ上げである事は明白なのですが、控訴した高裁も殆ど審議せずに地裁を支持しました。
今回報道があったのは、最高裁の判決が出たからです。
最高裁では、30分くらいの審議1回で、却下の結論が出たそうです。

警察と司法界がこぞって、一人の無実な人間を罪に落としいれた例なのです。
たかだか、事故で無くなった同僚警官の名誉、おそらく保険など金銭関係の優遇が目当てと思われますが、そんなことのために、人の人生を踏みにじりました。

本人は、今頃、刑に服しているでしょうが、インタビューに答えて、出てきてからも生涯をかけて不正と戦うと言っていました。
自分は何もして無いのに、ただ交差点で右折のために止まっていただけなのに・・・

皆さん、こんなことが現実に起きているのです。
幸いにも、彼を支援しているメディアもあるようです、事件は終わった訳ではありません。
直接の支援は出来なくとも、このような官憲の横暴を糾弾し、彼を励まそうではありませんか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走 ( No.1 )
日時: 2010/04/04 02:37
名前: 天橋立の愚痴人間

忘れかけていた事件ですが、3年前にこのようなことがありました。今日はテレビアサヒでその事件と特集を深夜ですがやっていました。
当事者及び支援者達は、いまだにめげることなく司法の暴走に抗議を続けているようです。


それによりますと、裁判結審後の粘り強い要求で裁判に使った証拠写真130枚を公開させることに成功したらしいです。

その写真の中に、衝突してバスに2〜3m引きずられたと言う(検察の主張でこれが結審の基準になっている)のに、白バイの破片がバスの前面、バンパーの真下に散らばっているものを写したものがあります。

これはバスが止まっていたと言う証拠であり、その写真の小さな破片などは写真を拡大しなければ解らないようなものであります。

その他の大きな破片は、これもまた白バイの損傷と部位とはつながらない様な位置のものも見つかるそうです。

と言いますのは、白バイ本体は衝突してから2〜3m引きずられたとしても、微小な破片など全ての破片も引きずられたとは考えられないのです。

衝突位置のままなのに、引きずられたと強引に主張し、タイヤ痕まで、後日作って写真を取っているのです。

これに対して、バスの運転手、同乗の生徒、バスの後ろで停車していた学校長の証言全てを検察も、裁判も取り上げませんでした。

要するに事件直後から、意図的にでっち上げが図られ、あわてめいていたために極少の破片の位置に気がつかなかったのでしょう。

運転手が有罪となったあとも、再審請求や、検察の捜査の資料の公開を求める色々な訴訟を起こしても、裁判所は一切門前払いとするらしいです。

勿論、検察を相手に訴訟を起こしても不起訴で応対し、検察審査委員会が起訴するように異議を挟んでも、法改正前(現在は2度繰り返せは検察は従わざるを得なくなっている)なので知らぬ顔の通してしまっています。

こういうあからさまな、裁判官でさえも加担する司法の腐敗の存在を許してよいものでしょうか。
同じようなことが、ごく最近だけでも、このサイトでも重要視している三井氏や、姉歯事件の藤田建築士、それに遂犯無罪さんのことも入れねばならないでしょう、でおきています。

高知の件でまだ取り上げているテレビに敬意を払うと共に、この運動を大きく取り上げて、腐りきった司法界の膿を出さねばなりません。

高知県バス運転手の冤罪事件では、数名の裁判官、高知検察のトップグループ、それに高知県警の本部長を(県議会でこの件について答弁している)はじめとする相当数の幹部職員など、数十人を懲戒免職にしなければなりません。

刑事事件としては時効の壁があり、現在では、それゆえ、どんな申し立ても全て門前払いということです。
ここで言ってます写真の件も、検証する態度は一切なく、門前払いであったそうです。

この上は、政治が動かなくてどうするか。
民主党よ、根性があるなら、国会の場で、国民衆目の場で、参考人招致をして全てぶちまけるべきである。

一気に検察を潰せるぜ。

おそらく、そんな根性はないだろうが、
それでは、今後俺の票はやることはないであろう。
一人だけとなめるのじゃないぜ。
多くの人が賛同するであろう。

メンテ
Re: 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走 ( No.2 )
日時: 2010/04/05 10:44
名前: 天橋立の愚痴人間

1国の大きな規律を維持するために、小さなことを犠牲にするようなことも権力者にとっては判断の一つのような事例があることは聞きます。

それも許すことはできないのですが、高知県の冤罪事件は、何の大義名分もありません。
違法走行していた同僚警官(サイレンも鳴らさず100kmのスピードで、それも交差点付近を走行していた)を殉職扱いにして退職金などの面で優遇を図ろうとした高知警察の係長、課長クラスが思い立ったふざけた行為を結局、高知県警、検察トップ、最高裁まで巻き込んだ(ぐるになった)不祥事に発展したと言うことです。

釈明の余地のない司法界の汚点です。

帝銀事件などに遡らずとも、ごく最近でも

菅家さんの足利事件があり、

立証はされていませんが、飯塚事件の冤罪者久間三千年さんなどは、すでに死刑となっていますがいまだに抗議の運動が続けられているようです。

三井さんの事件は、管理人さんがこのサイトで取り上げられています。
http://www.kyudan.com/opinion/kensatsu2.htm

遂犯無罪さんは、自身の体験を訴えられています。


司法という、一般の人はあまり縁のない密室で、このような犯罪が司直の手で行われているのです。

奴らは、その密室性を利用して、平然と、強引に単純な嘘でも通してしまうのです。
普通では、まさかと思うようなことを通してしまうのです。

警察、検察、裁判所がぐるになってやる犯罪を誰が止めることができるのでしょう。

軍隊を使って首謀者たち(腐敗した連中の数が解らないが、相当数と考える)を血祭りに挙げるか、国会で糾弾し、粛清しなければ、彼らを止めることはできないのです。

なにせ、裁判所がぐるなのですから、
何処へ訴えても握りつぶされます。
メンテ
Re: 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走 ( No.3 )
日時: 2010/04/05 11:54
名前: 遂犯無罪

国家有用論
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100405.jpg.html

昨年五月 検察審査会法が改定された これは正しく画期的、且つ重大な改定である。
即ち、公訴権はこれまで検察のみが独占していた。
しかし、この改定により、法的拘束力が無かった審査会の議決が、二度目の起訴相当と議決されると、検察の意向に拘わらず、強制的に容疑者は起訴される。

町内の痴話喧嘩に始まる 我がお粗末名損刑事裁判ですが 関わった官憲らは刑事訴訟法の権威と称せられる法律家共です
一審の原田國男裁判長は 今は逆転無罪判事と呼ばれ 高裁長官候補とか またこの時のイカサマ法廷手続きをした鶴田検事は最高検検事となり 昨年末に死亡 
そして控訴審で隠蔽判決をしたのが佐藤文哉裁判長 こやつの著作は多く仙台高裁長官を経て死亡

最近に気付いたのですが 鶴田検事正の死亡記事が訃報新聞に載っていて これに添えられているのは当方のHPからの告発文です
http://senmonshinbun.jyuluck-do.com/recentgoners.html?q=%E9%B6%B4%E7%94%B0%E5%B0%8F%E5%A4%9C%E5%AD%90

東京高裁総括判事・原田國男も従属・服従弁護をした元全学連委員長・原和良も健在であり 何よりもこの偽装刑事裁判は 誣告者を提訴した民事裁判 二年間の審理の中で真相解明はし尽くされている 

調書裁判が瓦解する事案ゆえ公表できないのです これも時のみが解決かと 投獄から14年が過ぎようとしています
これも次世代倫理への貢献かと自負するしかありません。
メンテ
Re: 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走 ( No.4 )
日時: 2010/04/05 18:02
名前: キックキックトントン

天橋立の愚痴人間さん、遂犯無罪さん
いつも多くの情報とそれらの解説、分析には感謝しております。
友人に警察・検察、特に公安警察の不当な捜査や取り調べについて話す時、具体例として引用させていただいております。
日本は本当に先進国なのか?民主主義が存在しているのか?はなはだ疑問です。
でも、これらは自分たちで勝ち取り、掴むものかもしれませんね。

>高知の件でまだ取り上げているテレビに敬意を払うと共に、この運動を大きく取り上げて、腐りきった司法界の膿を出さねばなりません。
>一人だけとなめるのじゃないぜ。多くの人が賛同するであろう。

これらのことをしっかり合法的に、論理的にプロデュースできるカリスマの出現を期待しております。
それまではグラスルーツ運動として進めるしかないのでしょうか・・・?


メンテ
Re: 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走 ( No.5 )
日時: 2010/04/06 14:07
名前: 遂犯無罪

「名張毒ぶどう酒事件」で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した奥西勝死刑囚(84、写真)の第7次再審請求特別抗告審で最高裁は5日付で、再審開始を取り消した名古屋高裁の決定を破棄、審理を差し戻す決定をした

[ 2010年4月6日13時6分 ]


大きなうねりが見えてきた いよいよ胸突き八丁 壊す正念場
一審で確定した服役者や前科者が当方の事件を知れば監獄暴動・再審請求続出となる 当に司法の威信も秩序も崩壊する・・

殆どの刑事裁判は起訴事実を認めた自白事件です 被告人の関心は執行猶予が付くか否か また量刑にあります
法定刑に見合う刑期なら控訴は時間の無駄 ですから弁護人の言うままされるまま
面倒な裁判手続きよりも 出来れば手打ちで終えたい しかし日本は有罪答弁制度がなく 証拠調べを省くことができない

そこで法曹三者は証拠調べの手抜きをする 例えば親告罪なら反省文・謝罪金を被害者に提示して
嘆願・お詫び公判にする この書証や謝罪金を証拠調べとすべく 弁護人は証拠調請求書として法廷提出する
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/shoukoshirabe001.jpg.html

検察は証拠カードという中身の無い目録だけを検察証拠として法廷提出 弁護人はこの目録だけで証拠同意する 被告人には無断で反対尋問権を放棄するのである そして裁判所は被告人の公判供述を捏造した公判調書の作成 申し開きもできないお白洲より酷い野蛮なトリック刑事法廷である

裁判の効率の為とされる 拙速・粗雑な刑事裁判は有罪認定の儀式に過ぎない そして刑事判決書は申請が無ければ交付しない 法廷で判決理由を裁判長が読み上げるが この判決原本と正本が必ずしも同一とは限らない
従って多くの前科者は自分の有罪理由を知らない この者たちが判決書・証拠調請求書を見たならば偽装公判手続きの実態を知る そうなれば再審請求者続出となり 司法制度は崩壊 調書裁判は出来なくなる 想像力を働かせればとんでもない騒乱が思い浮かぶ。
メンテ
Re: 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走 ( No.6 )
日時: 2010/04/07 16:05
名前:

自白調書は作られる・・園田の員面調書五通と検面調書一通は証拠採用され有罪判断の基礎となっている
自白は証拠の女王とされ物証の無い事件では帝銀事件のように自白調書だけで有罪判定をする
しかし昔からされているように 供述調書の署名・指印だけを残して中身を差替えする 通し番号も作成期日も無いゆえに簡単にできる
公判で被告人は初めて覚えのない自白に驚愕・混乱する 差替えがされたと主張しても弁護人も認めず 心神喪失に陥っていたと言うしかない
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100407.jpg.html
メンテ
Re: 高知県バス運転手冤罪事件<司法の暴走 ( No.7 )
日時: 2010/04/08 18:04
名前: キックキックトントン

>昨年五月 検察審査会法が改定された これは正しく画期的、且つ重大な改定である。
即ち、公訴権はこれまで検察のみが独占していた。
しかし、この改定により、法的拘束力が無かった審査会の議決が、二度目の起訴相当と議決されると、検察の意向に拘わらず、強制的に容疑者は起訴される。

 遂犯無罪さんの言われます検察審査会法について「検察の正義」郷原信郎氏の本でも「明石歩道橋事故事件」を例に挙げて、「検察の論理」の壁に風穴を開け、「検察の正義」を大きく動揺させる可能性について書いてありました。
 裁判員制度については郷原氏は否定的な捉え方をしておりますが、私は多くの冤罪事件をもっともっと顕在化させることで、検察の主張、自白や証拠の信憑性について市民側が疑問を持つような意識に変われば、思いのほか有効に機能するではと思っております。

 表題の「高知県バス運転手冤罪事件」についてですが、私はこの週末にかけて行動を起こそうと思っております。
 全然、小さく力弱い抗議かもしれませんが、日弁連、連合、内閣府、都道府県各知事室、ローカル新聞社、雑誌社、国会議員、評論家など著名人、Mixiでの呼びかけなどで50件に警察・検察のでっち上げ・冤罪の可能性についてメールしようと思っております。

メール内容:テレビ朝日系テレメンタリー2010でも取り上げている「高知県バス運転手冤罪事件」について真実の追究が必要だと思います。世論を盛り上げるためにご協力願います。

 もっと的確で良い文言があれば教えてください。また、一緒に正義のメールをしてくださる方がいらしたら賛同下さい。期間:4月10〜12日、メール先の重複歓迎で一人10件という呼び掛けでいかがでしょうか?成果がなくても5月にまた期間を決めて行う。それでもだめなら6月・・
 とりあえず私一人から・・ですが。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存