ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[845] 世にも不思議な物語
日時: 2010/11/04 21:13
名前: 満天下有人 ID:HrvZ8vqY

・・・オムニバス形式の、世にも奇妙なフイクションをタモリがアンカーになって話を繋ぐTVドラマに、世にも奇妙な物語というのが御座居ます・・・

フイクションではないのに、昨今の現実の国の有り様は、実に奇妙な光景が、絶えることもなく次から次へと現れて、世にも奇妙な物語と銘打って現象を見たい所で御座いますが、この題目、何やら著作権問題が起こっておりまして、同じ用語を使いますとお縄になるとか、少し言葉を変えて「世にも不思議な物語」とでも言い換えねばなりません・・・

・・・いつぞや観たTVドラマ「世にも奇妙な物語」で語られた「厭な扉」、実に面白く含蓄あるお話で、おいおい現実に絡めてお話しさせて頂くとしまして、民主党政権になってから、特に菅政権になってから内政に外交に、他では検審会問題のように、当たり前の疑問をぶつけても幽霊のように反応が無い、そもそもがフイクションで決議された風情もあるのに、それが現実の場において人の行動を拘束してしまう・・・、この国の世は、足無し幽霊が差配しているのかとさへ思えて来るので御座居ます・・・

・・・この小沢先生の問題にせよ、既に司法と対峙する形になっているにも関わらず、何やら国会でも説明せよと、これも不思議な話では御座居ませぬか・・・
説明せよと言う側こそ、自ら説明せねばならぬことを多々、お抱えになっているはずなのに、そして別に重大視するほどの問題でもなくちゃんと説明もされているのに、何を説明せよと言うのか、ギャアギャアうるさいことで御座居ます・・・山ほどある大事な問題は放り出しておきながら、些細なことで騒ぎまくる、実に不思議で奇妙なお話ではあります・・・

・・・かの民主党代表選でも、熱狂を呼び起こしたかにも見えた各地での小沢演説・・・結果はサポーター票とか言う、何やら幽霊紛いの選挙で、幽霊の所在を民主党に問い質す町方の手紙も、郵便局は確かに届けたと申しているにも関わらず、選挙本部は受け取っていないと言う・・・終わって後なお、幽霊のようなお話が続いているので御座居ます・・・

・・・本予算どころか補正予算の財源につきましても特会とやらを洗い出しながら、最初のお話約16兆円のお金が出て来ると言いながら、オカネがこれまた幽霊のようになって、どうやら足が生えてどこかへ飛んで行ったようなスズメの涙ほどのお金しか出て来ない・・・

出て来ないが、来年度からの基礎控除廃止に伴い、3歳未満の子供が居るご家庭では大変だろうということで、子供手当の増額が決められる・・・高齢者とて同じ状況なのに、高齢者健保医療費自己負担率は増やすと、脅しをかけて来る・・・ははあ、将来の税負担者は育成し、死に行く者は知らんというお話ですな、これは・・・

・・・外に向かっては対中国問題、これも実に不思議なお話が続いておりますね・・・菅が温さんに会えるかどうか、ジックリ話し合いが出来るかどうかに一喜一憂し、一喜一憂するなら最初から外交座標軸をお決めになってからモノ申せば良いところ、いや中国ケシカランと軸をお決めになってやったことなのに、今になって相手に会えるかどうかと、一喜一憂し、挙句に中国の所為で会えないのだ言い出す・・・マスコミ論調は、外交に座標軸を持てとのご説教・・・

この説教は正しいのかも知れませんね・・・何故なら彼らの論調は、最初から中国ケシカランで一致、つまりそれを座標軸にしてやれということでしたから、つまり中国とケンカせいと言っている訳ですから、そして政権与党も当初はその線で外交し中国船長まで逮捕していたのですから、それはドンパチ覚悟の撃ちてし止まんの精神を捨てるなということであり、焼け野原再現も覚悟の上・・・枝野様など相手が悪いと言い続けておられるから、国がどうなろうとも知ったこっちゃない・・・後先を考えておられないのですね・・・

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 世にも不思議な物語 ( No.464 )
日時: 2011/05/16 11:30
名前: 満天下有人 ID:AyxEiO9o

・・・eagleさん、お仕事ご苦労様です・・・しかしこの「もんじゅ」、落とした金属棒も撤去できずに、宙ぶらりんの状態とすると、この先一体、どういうことになるのか、ここで一発地震が来たら、福島を上回る事故でしか収束できないという形になりますね・・・いやそれでも核は残る・・・

原子力安全委員会はどういうスタンスでいるのか、何も聞こえて来ませんね・・・マスコミもキャンペーンさへやりません・・・

・・・映像で見ただけでも災害地のひどさはすごいのに、現場で見ると尚更でしょう・・・政府はやっと一次補正予算は成立させたものの、予算執行の鍵となる特例公債法案は、いまだに宙に浮いたまま、いつになったらガレキの撤去に着手できるのやら・・・

それさへも出来ずにやれ復興増税だと、こいつら頭が倒錯してしまっている・・・世の中、光が全く見えない状況になるのも、不思議ではありません、世にも不思議な物語が不思議でなくなったら、世も終わりでしょう・・・。

メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.465 )
日時: 2011/05/16 20:59
名前: eagle ID:KT3vyKnc

高速中性子によって分裂させ使った以上に燃料となる物を増やす!?という訳の分からない機械です。制御するのは神業、人間には無理でしょう、失敗した時のリスクが大きすぎて。

これも物理理論上では可能と言われる太陽の活動を地球上で行うという馬鹿げた事と同じで、無理な事を、さも出来るように見せかけて金を盗む、典型的な詐欺です。

自然界では、当たり前な事は、当たり前な結果になります。

でもなぜ日本人は3回も核による大きな被害を受けなければならなかったのでしょうか?

とても悲しいことです。

話は変わりますが、なぜ仮設の仕事で被災地まで行くことのなったかというと、

4月末引渡しの物が、仮設自体は完成して、もう住める状態なのですが、関東で製造したので手違いがあり、北国では必須の玄関の風雪よけが付いてない仕様となってしまい、それが無いと検収されず、何枚も始末書を書いた住宅メーカーの担当者に泣きつかれ、ほぼコンビニ状態で連休中にものを作ってピストン輸送、最後の分は運送屋の人間も休ませるために輸送方々行ってまいりました。

何もなくなってしまった被災地の人たち、体育館に大勢で住んでストレスも極限でしょう、一日でも早く仮設住宅に移りたいでしょう、もう住める状態なのに袖壁が無いだけで開放しない宮城県の役人達、契約違反の始末書を書かせるのが仕事のようです、時間外手当をもらいながら。

まあ無事5月9日に引渡し完了したそうです。

今月分も仮設本体、来週から生産です。被災地の住環境は本当に劣悪です、少しでも改善されたらと思います。
メンテ
敦賀もんじゅ、高速増殖炉の危険性・・・ ( No.466 )
日時: 2011/05/17 06:22
名前: 満天下有人 ID:n9E9WhEs

・・・そもそも科学と言うものは、人間の生命を存続させるということを軸として、進歩して来たものではないのか・・・

端的には医学の進歩がそうであろう・・・そのために、ユダヤ人を意図的に実験材料にした世紀の汚点もあるが、中には勇敢に実験装置になってみた尊い意志を持った人々も歴史上数多く居られる・・・

・・・医学面では、人命存続の為に他に方法が無い、止むにやまれぬケースが殆どであろう・・・原発は一種の戦争であるという側面を戦争に合わせて見た場合、これは相手を殺す為にという面で一致する・・・何故かというと、他にケンカせずに相互共存の道があるのに、相互の生命を絶やすという側面を有しているからである・・・

原発の場合、原発が無くとも電力確保の道はあるのに、それしかないと思い込ませるところが戦争と非常に似ている、軍事産業と原発産業との共通性をそこに見ることができる・・・

・・・さて、敦賀もんじゅは、高速増殖炉といって夢の原発とされているようだ・・・素人には理解しにくい箇所があって、いつもの俄か勉強で理解が間違っているかも知れないが・・・
要するに原発なるもの、ウラン235に中性子をぶつけて核分裂させて、巨大な熱を出させる、この中性子は速度が猛烈に早い、早過ぎると核分裂が高速化されて爆発する・・・この速度を落とすために制御棒を使う、そしてどこででも入手できる「水」が、中性子の速度を落とす役割を持ち、同時に原子炉を冷却する役目も果たす・・・これが通常の軽水炉・沸騰型と言われるものだ・・・

・・・ところがこのウラン235なるもの、ウラン鉱山からは僅か1%未満しか採取できない(含有量がそもそも少ない)・・・

ウランには核分裂を起こさないウラン238がある、これを何とか核分裂させることは出来ないものか・・・これとウラン235が核分裂過程で生むプルトニュウムを組み合わせる(MOX混合型=プルサーマル)、プルトニュウムにくっついていた中性子は核分裂しないウラン238を239に変形させ分裂させる・・・

・・・なるほど、この理屈は液化天然ガスタービン発電とよく似ている、一次発火点で出る高温度蒸気を逃がさずに第二次、第三次タービンで蒸気を受ければ、熱効率は非常に高くなる・・・大きな違いはガス上記の場合は、殺人分子を含んでいないという点だろう・・・

・・・高速増殖炉の場合は、読んで字の如く「高速」を保つことによってプルトニュウムにくっついていた中性子を有効にし、分裂しないウラン238を分裂させる(ウラン239に転化)、よって、原子核が暴走しないように必要とする水が不要となる、と言うより中性子高速化の邪魔になる・・・ここが分からない・・・そもそも中性子を高速化させないことが原発の安全運転の筈なのに、分裂しないウラン238を分裂させるために、中性子の速度を緩めてはいけない・・・???・・・

言い換えると、核分裂暴走を創り出していることになるのだが、その限界点まで中性子を高速化させることによって、非分裂ウラン鉱石を効率よく使いたいということなのか・・・???

核暴走を制御する一役を担う水も使わないとなると、一体、何によって核燃料を制御するのか・・・制御棒しかないという理屈に行き着いてしまう・・・もんじゅの場合、その制御棒や使用済み核燃料棒の出し入れに必須の、つり上げ吊り下げの、いわばクレーンの役目を果たすような装置が落下して、炉内で曲がってしまい、何かに引っかかって、ニッチもサッチも行かなくなっている・・・

・・・極端に言うなら、地震か何かで炉が爆発でもしない限り、このままの状態では人間も炉に入れず、気が遠くなるようなMOX型燃料の半減周期を待つほかに方法が無いことになる・・・

菅直人がより安全性高めて原発維持するという、仙谷は原発は戦略性の高い重要な材料であると言う・・・安全性を高めるもクソも、それ以前に絶対安全性などあり得ないのである・・・原子炉で先頭に立って作業員を指揮し、自らも放射線後遺症で他界された平井憲夫さんが遺著で、メカには人間が避けることの出来ないミスがある、他の場合はともかくも原発の場合は、それが命取りになってしまう・・・

・・・仙谷が言う原発の戦略性・・・上述したように戦争と重ねて見た場合、その戦略性とは、相手を殺してしまうか、殺さないまでもその一歩手前まで真綿でクビを絞めるような状態に置く・・・経済が停滞するという真綿で極限状態にいたるまで、そこで生存している人間の首を絞めたいのか・・・

・・・医学の進歩の場合は、他に手段がなかった、人間を犠牲にする場合もあったろう、しかしその結果として人間の生命が保たれている・・・原発技術を追いかける其処に、いかなる生命の存続があるというのか・・・他に何の方法も無いならともかくも・・・

核に汚染されないゾンビエイリアンであるから、そんなことが言えるのか、ならば福島原子炉に入り、もんじゅにも入って、落下したクレーンを取り出してくれないか・・・

・・・それをやらないのは、ゾンビエイリアンであることがバレて具合が悪いとでも思っているからか・・・ガハハッと、笑いたくなる・・・。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.467 )
日時: 2011/05/17 10:47
名前: イントゥイッション ID:vaRdtmj.

4月の福井新聞の記事。。。

これって信用できないんですけどぉ。。。

http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CN/science_environment/432413.html

福島原発と違い、もんじゅの場合はナトリウムを使用しているので、自然循環?で、熱が逃げる状況になるとかなんとか。。。

福井県で、1900年ごろだったっか、ひどい地震があったよね〜。。。北陸の爺さんたちが覚えているはず。。。  

福井県人はこんなの信用してよいのぉ???
メンテ
もんじゅの、ナトリウム冷却装置・・・ ( No.468 )
日時: 2011/05/17 13:32
名前: 満天下有人 ID:n9E9WhEs

「もんじゅの、ナトリウム冷却装置・・・」

・・・福井新聞が伝えているナトリウムによる冷却、そもそもその冷却装置が故障して1995年に、ナトリウム漏れ事故が発生しておりますね・・・

当時もんじゅを運営していた(旧)動力炉・核燃料開発事業団(現在は日本原子力研究開発機構として再編)が、事故発生時のビデオを隠していて、監視担当だった西村さんという方が、自分が隠したとして自殺、しかしその後、事実はそうでなかったとする証拠が出て、遺族は訴訟に踏みきられた・・・
blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/90e8b1da7efa1cbcc910ed184bfadec1

・・・この事故は、もんじゅを順次、高出力にする試運転段階で発生、ナトリウムそのものが非常にデリケートな反応を起こす化学物質で、空気に触れたら燃え、水に接触すると爆発するという、扱いが非常に難しい危険な物質のようですね・・・そもそも腫物に触るような原子炉を、腫れ物に触るような素材で冷却せねばならぬ所に、どうしようもない宿命的なものがあるようです・・・

・・・中央制御室にナトリウム「温度高」という警報と火災報知器が鳴ったというのが最初のシグナルだったようですが、何故温度高になったのか原因は分からないまま、逆に原子炉が高温になってしまへば、それによってナトリウム配管が温度高になるケースもあり得る・・・冷却機能を果たすべき役目を負うナトリウム配管が、冷やしてあげねばならぬ本体から熱をもらって爆発するという、世にも不思議なメカ装置ということになりますね・・・ナトリウムは建物そのものの構造をもろくしてしまうという専門家の指摘もあるようです、それによって建物が吹っ飛んでしまったら、どういうことになるのか・・・

・・・巨大地震を想定したナトリウムの流量確認、自然循環が作動し原子炉冷却確認の訓練など、ナンセンスです・・・それ以前に複雑なメカを人間が管理出来ないのですから・・・

昨日は福島1号機のメルトダウンが報じられたと思ったら、今日は2、3号機も溶融していたという東電の発表・・・とにかく事実を隠しまくっていたのですね・・・これも人間が管理出来ていなかった何よりの証拠でしょう・・・それを隠す、ウソは真実の影という俗諺もありますが、こんな有り様で一体、安全性確保などという人の能力を超える安全性の確保など、出来るはずがないでしょう・・・訓練の問題以前の問題です・・・

・・・いつからこんな状態に世の中がなってしまったのか、しかも最も信頼している日本の大メーカーが・・・記憶にある限り、三菱自動車が軽トラックで次々に事故を起こし、それを社長自らが隠していたあの事件の頃からのような気がします・・・

原発事故で言うなら、多くの事故を隠していた、その間に原子力特殊法人は、営々と年4300億円もピンハネして来た・・・こんな有り様でインチキ世論かも知れないが、現状原発維持に賛成する者が、56%も居る!!・・・ほんとに笑っちゃいます。


メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.469 )
日時: 2011/05/17 20:29
名前: イントゥイッション ID:tCab1uVA

今日、動画で原発のことについて、専門家???の意見を聞いていたら、名前を忘れたけどぉ、ん長崎と広島に原子爆弾落ちた後、日本中の土壌が〜〜万ベクレルで、今でも私はこうして健在だから、福島の原発事故は大したことはない! と発言。。。

と言うことは、60年後になって、がん発生患者がものすご〜く多くなったのは、広島と長崎に原爆落としたから! という結果になりますね〜。。。

京都大学の原子力の研究を長年やってきた専門家が、広島と長崎のときは、ウランを800グラム燃やして落とした。。。福島の原発は一日1万キロワットで、ウランを3グラム燃やしていたとのこと。。。

ほかのもんじゅ関連の動画で、2001年から、原子力保安院を、なんと経済産業省が役目を果たしていたという事実が書かれてありました。。。 ということは、原子力の安全性は、物理的な研究の下ではなく、原子力でお金がいくら稼げるか? 稼げないことは安全でない! つまり〜〜円なり!の数字だけの安全性だったんですね〜。。。

原子力と同様、牛肉の生肉、ユッケの話がテレビでもちきりですが、ユッケを食べて中毒になり死亡し、卸売業者食べてもよい生肉はありえない! とテレビで発言されているのに、食べて、食中毒になる人も増えています。。。 ほんまに日本人は底辺まで落ちました。。。

そんな生卵とユッケなど食べるくらいなら、アツアツごはんに生卵と納豆にお醤油をたらして、ノリで巻いて食べたほうが、よほどおいしいのに。。。やはり最近のコンビニやファーストフード主体の食生活が、日本人を頭悪く仕上げたのでしょうね。。。

ほんとうの自由主義も把握しておらず、日本は落ちに落ちましたね〜。。。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.470 )
日時: 2011/05/18 06:57
名前: 禿頭 ID:O0lbsqVw

原発なんぞ要らん。
質素な昔の生活に戻ったらええ。
自然を破壊する生活は止めなあかん。

銭なんか生活出来る程度でええ。
アホみたいに貯め込んでもあの世には持っていけん。
生まれた時も死ぬ時も裸や。

暑い時は裸になっつたらええ。
それでも暑かったら水浴びたらええ。
寒い時は厚着して毛布にくるまったらええ。

地球は己れ一人のもんとちゃう。
小さい地球のほんの一部だけが自然遺産とちゃう。
地球そのものが自然遺産や。

政治屋の妄言に騙されたらあかん。
経済界人の浪費勧誘に騙されたあかん。
庶民は賢うならなあかん。
メンテ
原子力マネーに群がる国民性・・・ ( No.471 )
日時: 2011/05/18 07:02
名前: 満天下有人 ID:rR9AZTKk

・・・<2001年から、原子力保安院を、なんと経済産業省が役目を果たしていたという事実が書かれてありました。。。 ということは、原子力の安全性は、物理的な研究の下ではなく、原子力でお金がいくら稼げるか? 稼げないことは安全でない! つまり〜〜円なり!の数字だけの安全性だったんですね〜・・・ ほんまに日本人は底辺まで落ちました。。。>

・・・ユッケ中毒も原子力マネー中毒も似たようなものですね・・・

敦賀市長のとんでも発言を紹介している別スレッドで、原発とカネの生々しいやり取りが詳しく書かれていますが、市長が言ったことも、それに反応する市民の本音も、それが我が国のほんとの心情というものでしょう・・・それを是正出来るのは国しかない、だが国がカネまみれになっているから、どうしようもない、ドン底まで落ちてみるしか、他に手がありません・・・

・・・敦賀だけではありません・・・先日見た2004年?の浜岡の市会議員選挙だったか市長選挙だったか、この選挙は浜岡という名前では原発のイメージが強すぎて、浜岡町が御前崎市に合併した時の選挙だったようです・・・

反原発派の当選有力候補が、ふたを開けてみたら惨敗、事前演説で敦賀市長と似たような原発推進のおっさんが、楽勝・・・どうせ原発マネーで勝ったのでしょう・・・

反原発闘争って、おとなしいなあと思う度に思い出しているのが、熊本水俣病を巡る激しい闘争の歴史です・・・世の中が二分されたかと思わせるような激しいものでした・・・

当時と今の世相と大きく違う時代背景もあって住民の間でも激しい対立、血の雨が降るような状態、そして今の原発マネー構造と似た面もありました・・・旧日本窒素肥料が総合化学会社に成長し、水銀を水俣の海に垂れ流して、その魚を食べた住民が奇形化してしまいました・・・

・・・工場を止めろという側と、会社側に立って操業を継続させろという側が激しく対立、当時は総資本対総労働という、国家規模での対立がこの水俣闘争に拍車をかけて、複雑な抗争となりましたね・・・おっちゃんが学生時代に、近くの席で講義を聞いていたH君、目立たぬ大人しいタイプのやつだったのが、ある日新聞で、会社側組合の幹部になって反工場派の組合をゲバ棒で叩き回っている記事を見て、ビックリしたものです・・・

・・・その後ウン十年が経ち、同窓会で隣の席に座ったH君、詳しいほんとのことを聞く絶好のチャンスでしたが、言葉を飲み込みました・・・明るそうに振舞っているものの、何かを押し殺している気配を感じたもので・・・

・・・水俣係争が今の原発マネーと似ているという面は、当時でも被害者に闘争を続けると、仮に何十年か後に仮に訴訟に勝ってもスズメの涙ほどの補償金しか貰えない、闘争を止めるならもっとオカネ上げるという会社側の手に乗った住民も多かったということです・・・敦賀市長が将来奇形児が出ようが、今なら原発被害が生じているわけでは無い、取れるものは取っておこう、それと同じ心情がありました・・・これは永遠の心情でしょう・・・

・・・経済誌・週刊ダイヤモンドが原発利権にまつわるカネの動き特集を組んでいます・・・電気事業連合会が原発に使っているオカネは、年間2兆1353億円、政府側は特別会計を通じ4324億円を毎年食っている・・・合計で約2兆5千億円です、ここから地元へ大きなオカネが流れて来た、毎年1500億円です、それに皆が群がる・・・永遠の心情です・・・

電事連の毎年支出約2兆円から剰余金として残っているものが約3兆、これが特殊法人原子力資金管理センターにプールされている、名目は使用済み核燃料廃棄処理に必要とされている・・・青森六ヶ所村など、いくらオカネを注ぎ込んでも次から次へと欠陥が生じ、何の役にも立っていない・・・

・・・この総計約2兆5千億円にのぼる原発マネーに群がる政治家、中央省庁、東大を頂点とする学者の名前も詳しく記事にされていますが、別稿にするとして、一言で言うならば、国民も含む国全体が、死の装置によって生きている光景が浮かび上がって来ます・・・

他に安全で平和なやり方で活性化させる材料はあるのに、それに転換するという意志が大きなうねりにならない、実に不思議な国ではあります・・・そりゃそうでしょう、責任者側は福島事故終息上程でさへ示すことが出来ない、示した所でほんかよという疑問だらけの工程・・・

・・・東電を一旦清算会社にして、そして別途、再生会社としてすっきりさせると言うことも出来ない政府・・・だが電気代値上げと復興税を巧妙に組み込ませる狡猾な知恵は一丁前に働く政府・・・今のうちにせしめるだけせしめておけという地元・・・

<ほんとの自由も把握しておらず、落ちるところまで落ちた日本人>・・・

暴漢に襲われた時に発した言葉として伝えられている明治の自由民権運動家“板垣は死すとも自由は死なず”のその自由・・・群がる自由の中で皆の自由も死ぬ(笑)・・・その前に禿頭さんが言われる普通の生活感覚にいつ戻れるか、それが将来の決め手になりましょう・・・。



メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.472 )
日時: 2011/05/18 16:34
名前: 天橋立の愚痴人間

原発がある地域は原発設置の見返りで行政が何とか潤っている状況は何処でも同じのようです。
当地(京都北部の久美浜町=現京丹後市)でも新たな原発用地として20年以上前から関電が色々と画策しておりまして、結局は最近断念してようですが、相当な金がすでに落ちています。

原発でなく火力発電所でも、建設用地は色々な補助金がばら撒かれ周辺の地区公民館などが新築されています。

先の統一地方選挙でも、浜岡地区で反原発の立場で市会議員の立候補する議員の立場は相当不利な状況と聞きます。
現地の民主党も、反原発に触れようとはしないそうです。

これを自業自得と突き放すよりも、そうしなければならない地方の疲弊を何とかしなければなりません。
東日本大震災で被害を受けた地域の復興のことが言われていますが、復興を目指すことが出来る企業は極すくないのであり、すでに600社が倒産、廃業しているというニュースが流れています。

カウントされない零細、個人企業を含めると、計り知れない多くの人々が生活手段をなくしています。

輸出企業はともかく、地域を商圏にしている企業に幾ら融資の道を確保しても誰も借りることはしません。
あるとしても当座の手形の決済が目当ての金策では企業の倒産を遅らせるだけで復興、興隆とは何の関係もありません。

全国に散らばるというよりも、全国にまだら模様に存在する活動力をなくした企業群を救済する立ては何もないままに推移しています。
沖縄の米軍基地の問題も根底の問題は同じです。

格差の問題を個人的な所得のこととして取り上げるのが常ですが、経済的環境の格差こそ厳しく認識すべきなのであります。

それをなくすることがすなわち所得の格差を解消出来るのですが、そのことに触れないで、触れようとしないで所得のことを言うだけに終わっているので(景気の性にしているので)、何時までも解決できません。

自由主義経済のシステム任せにしていて、これが解消できるはずはないのです。
その証拠に、現在の経済政策は、株価、為替の変動を大きな要素と捉え、それに対応することより考えません。

ところが、その株価、為替は、マネーゲームとして実態経済の100倍くらいのところで浮遊しています。
政治家の不用意な発言で、一気に株価が変動するなど許されるシステムではないことを認識しないで、皆で大騒ぎしていて、どうして国が、その国の経済の舵取りをやっているといえるのでしょう。

この状況を脱することをしないで、国家全体を見渡す経済政策は出来るはずはありません。
要するに、疲弊した地域が復活できる新たな経済的な環境を作り出すことなど出来ないのです。

地域、都市部でもそうですが、グローバル化に取り残された地域の復興の話は、全て絵に書いた餅であり、そんなものを頼りにするくらいなら、原発に頼ろうとする地域が出てきても止むをえないともいえます。

日本だけとは言いませんが、国家の責任、政治の責任です。
裏返せば経済界の暴虐といえます。

まあ、詰まるところ人間自身の自業自得にもなりますか。




メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.473 )
日時: 2011/05/18 18:12
名前: 満天下有人 ID:rR9AZTKk

・・・天橋立さん、御説もっともです・・・

復興構想会議の7つの原則にも、災害復興にとどまらず、復興と日本再生を同時に行うという項目がちゃんと明記されております・・・が、具体案はまだ明確にされていません・・・災害復興が土台にあって、それだけでも大変な作業であることを理解しない訳ではありませんが、菅がそれさえも政局に利用し、8月以降に先送りしてしまいました・・・

目先原発関連補助金を出せないなら、それを財源に当面地方への支援策はいくらでも名目を掲げることは出来るはずなのに、そもそもの哲学が無いものだから、それさへも出来ない・・・原発関連に限って言うなれば、これから莫大な事故処理費がかかって来ますし、旧態依然たる原子力官僚システムをばっさり切ることもしないから、新たな価値創造に振り向ける財源にも事欠くという有り様のようです・・・

・・・特殊な復興特例公債発行についても、すぐにやれ金融市場への攪乱がどうのこうのと言うヘッポコ金融理屈屋の意見が先行する有り様です、ギリシャ、ポルトガルの再破綻とは質が全く違うものなのに・・・ここにも市場中心の発想がうかがえます・・・

各地方に対し、環境に適合する液化天然ガス発電などの開発について、旧電力会社だけでなく新たな参入を認めれば、これ一つだけでは力不足であるにせよ、建屋設備投資などを活発化させるインパクトに寄与すると思うのですがね・・・将来では家庭発電までが視野に入りつつあるのだから、一気にその開発までをも国が支援すれば、脱原発、公害抑制という一石三鳥くらいの効果は出て来る・・・

・・・脱原発は色んな経済活性化の要素を持っているはずなのに、旧態依然たる政治屋と利権温存の中央の発想では、新たなものへの転換は、夢のまた夢と決めつける貧相な頭しかない・・・復興再生計画は後回しで、一次補正で足りないから、1.5次補正などという、全くしみったれた発想で小刻みにまた1兆円追加するという、それも政局回避発想から出ている・・・百年河清を待つが如しです・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存