ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[845] 世にも不思議な物語
日時: 2010/11/04 21:13
名前: 満天下有人 ID:HrvZ8vqY

・・・オムニバス形式の、世にも奇妙なフイクションをタモリがアンカーになって話を繋ぐTVドラマに、世にも奇妙な物語というのが御座居ます・・・

フイクションではないのに、昨今の現実の国の有り様は、実に奇妙な光景が、絶えることもなく次から次へと現れて、世にも奇妙な物語と銘打って現象を見たい所で御座いますが、この題目、何やら著作権問題が起こっておりまして、同じ用語を使いますとお縄になるとか、少し言葉を変えて「世にも不思議な物語」とでも言い換えねばなりません・・・

・・・いつぞや観たTVドラマ「世にも奇妙な物語」で語られた「厭な扉」、実に面白く含蓄あるお話で、おいおい現実に絡めてお話しさせて頂くとしまして、民主党政権になってから、特に菅政権になってから内政に外交に、他では検審会問題のように、当たり前の疑問をぶつけても幽霊のように反応が無い、そもそもがフイクションで決議された風情もあるのに、それが現実の場において人の行動を拘束してしまう・・・、この国の世は、足無し幽霊が差配しているのかとさへ思えて来るので御座居ます・・・

・・・この小沢先生の問題にせよ、既に司法と対峙する形になっているにも関わらず、何やら国会でも説明せよと、これも不思議な話では御座居ませぬか・・・
説明せよと言う側こそ、自ら説明せねばならぬことを多々、お抱えになっているはずなのに、そして別に重大視するほどの問題でもなくちゃんと説明もされているのに、何を説明せよと言うのか、ギャアギャアうるさいことで御座居ます・・・山ほどある大事な問題は放り出しておきながら、些細なことで騒ぎまくる、実に不思議で奇妙なお話ではあります・・・

・・・かの民主党代表選でも、熱狂を呼び起こしたかにも見えた各地での小沢演説・・・結果はサポーター票とか言う、何やら幽霊紛いの選挙で、幽霊の所在を民主党に問い質す町方の手紙も、郵便局は確かに届けたと申しているにも関わらず、選挙本部は受け取っていないと言う・・・終わって後なお、幽霊のようなお話が続いているので御座居ます・・・

・・・本予算どころか補正予算の財源につきましても特会とやらを洗い出しながら、最初のお話約16兆円のお金が出て来ると言いながら、オカネがこれまた幽霊のようになって、どうやら足が生えてどこかへ飛んで行ったようなスズメの涙ほどのお金しか出て来ない・・・

出て来ないが、来年度からの基礎控除廃止に伴い、3歳未満の子供が居るご家庭では大変だろうということで、子供手当の増額が決められる・・・高齢者とて同じ状況なのに、高齢者健保医療費自己負担率は増やすと、脅しをかけて来る・・・ははあ、将来の税負担者は育成し、死に行く者は知らんというお話ですな、これは・・・

・・・外に向かっては対中国問題、これも実に不思議なお話が続いておりますね・・・菅が温さんに会えるかどうか、ジックリ話し合いが出来るかどうかに一喜一憂し、一喜一憂するなら最初から外交座標軸をお決めになってからモノ申せば良いところ、いや中国ケシカランと軸をお決めになってやったことなのに、今になって相手に会えるかどうかと、一喜一憂し、挙句に中国の所為で会えないのだ言い出す・・・マスコミ論調は、外交に座標軸を持てとのご説教・・・

この説教は正しいのかも知れませんね・・・何故なら彼らの論調は、最初から中国ケシカランで一致、つまりそれを座標軸にしてやれということでしたから、つまり中国とケンカせいと言っている訳ですから、そして政権与党も当初はその線で外交し中国船長まで逮捕していたのですから、それはドンパチ覚悟の撃ちてし止まんの精神を捨てるなということであり、焼け野原再現も覚悟の上・・・枝野様など相手が悪いと言い続けておられるから、国がどうなろうとも知ったこっちゃない・・・後先を考えておられないのですね・・・

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 世にも不思議な物語 ( No.390 )
日時: 2011/04/25 09:37
名前: イントゥイッション ID:o8fg8S8.

ローマ法王が、日本の被災者に慰めと希望を。。。だとぉ。。。

それだったら、米国債を半分売って、福島の原発が地震で破壊されても、何も役立たずの電力会社の周りに吸い付いている〜〜財団法人〜〜研究所などとぬかす約7団体などの官僚天下りや学者たちの報酬をすべて戻してもらい、復興や原発被災地のために役立ててほしいものです。。。

なんでもかんでも、すぐに増税を一番先に歌うことには、腹が立ちます!!!

アメリカでの2008年から2009年の経済危機のとき、2008年の10月にあの阿呆ブッシュは大手の銀行や金融会社を救済するために、7000億ドルの支出を議会にきめた。 その後、そのお金で、公の施しに頼っている企業の幹部が数百万ドルのボーナスを受け取っていることをアメリカ一般市民がニュースで知り、(中でもAIGの巨大保険会社はハイリスクの投資のせいで、破綻に追い込まれたが、1730億ドルの政府資金で救済されたにもかかわらず、AIGの危機を招いた当の部門の幹部に1億6千5百万ドルのボーナスを支払い、100万ドル以上を受け取った社員は73人にものぼった) 裁判になり結局、報酬はすべてお返しとなりました。。。

アメリカ市民が怒りを爆発させたのは2008年に公的注入であっても、160億ドルのボーナスを出した時であったが、2006年には340億ドル、2007年には330億ドルのボーナスをだしている。。。

しかし、ウォール街のトレーダーたちは、われわれは一生懸命働かなかったわけでもないのに、われわれに対する同情はどこにもありません。。。と発言!

津波というメタファーは企業救済にまつわる専門用語のひとつになった! 特に金融業界で。。。
自社の失敗は自分の経営判断のせいではなく、もっと大きな経済の力に原因がある! と金融業界のトレーダーたちは発言!

だが、だとすると、不作の年が悪天候のせいだとすれば、快晴の時期に生じた途方もない利益が銀行家、トレーダー、ウォール街の経営者たちの才能、知恵、勤勉さのおかげなどと、なぜ言えるんだろうか? と、ハーバードのマイケル サンドル氏が、ジャステスの本の中で語っています。。。

だとするなら、日本の原発も同じ。。。福島の原発の崩壊の後、何もできない無能人間どもがつくった! と証明されたものです。。。 それも国民に原発は安全と虚言を洗脳させてもきたのにも罪がそれ以上重いのです!!!

ウォール街の金融業界の津波は、東日本に到着したのかもしれません。。。
メンテ
ローマ法王様が、悪魔祓いをしてくれるなら、ともかくも・・・ ( No.391 )
日時: 2011/04/25 11:29
名前: 満天下有人 ID:18vSbFOU

・・・法王様も外交辞令だけでなく、福音書に出て来る悪魔祓いでもやってくれれば良いのにね・・・聖水を福島原発の上空から垂らして原子炉を止めてくれるとかね(笑)・・・

いや、原子炉だけでなく、東電本社や原発利権族の頭にも水をぶっかけないと、熱が冷めないのです・・・

悪魔祓い=エクソシストは、テロが頻発した05年に実際に、バチカンのレジーナ使途大学でエクソシスト特別講座が開かれて、大勢の信者が講義に殺到していたようで・・・

・・・確かに、あのサブローン破綻でブッシュが、AIGなどに巨額の公的資金を投入しておりました・・・でもアメリカにはポールソン共和党議員のような新天地開拓時代の良き保守精神を失っていない人も多く居て、巨大金融機関役員どもの高額報酬を返還させましたね・・・

翻ってこちらは、年金問題でもそうでした、歴代の社会保険庁長官が贅沢なことばかりやって、国民資産の実態がどうなっているのかも分からなくして、自分たちは結構な資産を作り上げていた・・・ならば全部吐き出させる動きがあるかと言えば、そんな動きはありませんでした・・・今回原発関係機関についても、同じような曖昧なことで終わらせるでしょう・・・

しかしサブローン損害ということではバチカンも、あの紙切れ錬金術に乗って、巨額の損失を被っていたようです(笑)・・・

・・・津波というメタフアーを想定外とするは、経済も原発もみな同じ弁解に使っていますね、原発損害は、これはもう絶対的損失です、原発を止める費用は命と引き換えというリスクまで背負い込んで、これまでの投資がパアです・・・

津波被害もその一面はありますが、これは命の復活も含む復興で経済は活性化できる・・・原発再建も確かに投資としては効果はありましょう、だが長期に亘る命と引き換えという大きなリスクを背負い込みます・・・そこまでしないと雇用というものが維持出来ないものなのか・・・よーく考え直すチャンスなのですが、今回地方選で原発がある各地での市民の考えは、マチマチのようですねぇ・・・。

メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.392 )
日時: 2011/04/25 19:30
名前: 反戦主義者

日本人は本当に思考停止と言うか洞察力欠如と言うか、物の本質を見抜けない人間に成り果てました。
“今其処にある危機”に直面しても、それに関わる人間の認識はバラバラなんです。
国民がそうですから、況やそれによって利益を得る者に於いておや、です。此れまでの政治や財界の致し方を体験して、其の邪悪振りを十分身に滲みて判っている筈なのに、苛立ちを覚えるほど反応が鈍いのです。
とは言うものの、斯く言う己とて別に妙案がある訳で無し、人を責める資格などさらさら無いのですが、兎に角人の言う事、特にお上の言う事に必ず一呼吸置いて疑ってみる事が肝要と思います。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.393 )
日時: 2011/04/25 20:51
名前: 満天下有人 ID:18vSbFOU

・・・反戦はん、これはもう民族気質としか言いようがないレベルですね・・・

エコノミック・アニマルという和声英語まで飛び交う時代までありましたねぇ・・・

お金至上主義の中に全てが埋没してしまいました、ちょっとやそこいらの事で、この気質は変えることも出来なくなり申した・・・。
メンテ
統一地方選で見る原発問題・・・・(1) ( No.394 )
日時: 2011/04/26 07:29
名前: 満天下有人 ID:UxKDB14Y

・・・福島原発事故で国民の原発に対する意識はかなり変化したと思はれる・・・この統一地方選前にも東京では原発反対高円寺デモがあり、直前では24日に芝公園で3千人を超えるデモが東電本社に押し寄せていた・・・他にもあったと思うが、デモに関する記事の探しにくいこと、確かに見た記憶があるのだが、どの新聞だったか、あれこれ検索しても、非常に分かりにくい、既に削除されたものも結構ある・・・そもそもこれに関する報道が少ない・・・

・・・原発推進が選挙で確認された市では、もんじゅがある敦賀市長選であろう、16年に亘って原発推進を唱えて来た河瀬市長が再選された・・・候補者に反原発者が居なくて、投票率が低くなったかと思いきや、同地では最低の投票率だったとは言うものの、70.74%もある・・・

市民の意識は、候補者全員が原発推進ということであれば、そのうち誰を選ぶかの選択となり、現職で実績ある河瀬市長が良いという判断になったのであろう・・・

・・・ここの原発もんじゅも過去に騒動が多い・・・ハード面では95年にナトリウム漏れの映像を隠していた事件で、運転停止、08年にはM7クラスの活断層が原発直下5キロの所にあることが問題となり、更に別の断層が僅か1キロの所に発見されていた・・・

ソフト面では2010年に、もんじゅを運営する独法日本原子力研究開発機構が、下請け3社を通じ、選挙の度にパーテイ券購入による政治献金を行っていたことが発覚し、問題視されていた・・・事はこの下請け3社が、1億円の脱税を国税庁から摘発されたことで発覚、しかし河瀬市長は運転再開に影響が及ぶことは無いと断定していた・・・現に内閣府原子力委員会は(現在の委員長は今回事故でよくTVに出ていた訳の分からぬ元東大原子力博士の斑目・まだらめ)、その年の2月に既に運転再開を承認していた・・・

・・・まあ地元が、あれこれ問題が多かった原発推進市長を再選した背景は、来年更に2基を増設する経済効果1200億円、それによる工事関係者が3千人も地元に入るそのおこぼれが有難い、それを優先したということであろう・・・

地方経済の活性化も、命がけという光景だが、それこそ別のやり方で活性化する手法を見出せない中央の犠牲でもあろう・・・いやそれ以上に、原発利権を温存したい政官の構造、市民もそれに乗るしか食う道が無いという苦渋の選択なのかも知れない・・・

だが、福島市民、県民は今回事故で叩きのめされても、さような道を選択するであろうか・・・福島、あるいは敦賀に限らず放射能危険は、その地域がそれを選択したのだから、その地域が犠牲になってもしょうがないでは済まない問題を含んでいる・・・他所へ波及するからだ・・・だから原発が無い地域でデモが起こるのだ・・・。

メンテ
統一地方選で見る原発問題・・・・(2) ( No.395 )
日時: 2011/04/26 07:52
名前: 満天下有人 ID:UxKDB14Y

・・・原発は安全が確保されればそれで良い、この考え方も甘い、我が国独特の政官癒着による原発行政が、いかに危険を増幅して来たか、そこを忘れてはいけない、そこを忘れるようでは事故再発を容認する事と同じになる・・・

・・・昨夕刻ニュースを目の端にしたままで、詳しくは見ていないのだが、菅が原発担当大臣にすると言っていた細野豪志議員が、事故対策統合本部長として、原子力特殊法人面々を横に於いての、東電での記者会見、東電をかなり厳しく非難していたが、その中で各機関と政府、東電などの連絡組織が多すぎて実態把握とその発表が遅れたことを詫びていた・・・

この数多い組織がバラバラに事故状況を発表していたのだから、混乱して当然である・・・マスコミもこれに文句は言っていたが、そうなる背景としての得意の官僚行政に視点を当てての強い批判は、ほとんど聞かなかったように思う・・・

・・・事故が起こって1カ月半も経っているのに、まだ成立もさせていない災害対策第一次補正予算の時間ズレと同じ緩慢動作で、原発行政の見直し着手の何と遅いことよ・・・あんなの頭越しにバーンとやってしまえば良いのに・・・

・・・一次補正に関して言うならば、こんなノロノロではガレキの山が片付かないのも、当然のことであろう・・・

・・・原発と地方選では、志賀原発を抱える石川県志賀町(しかまち)町議選で、原発差し止め原告となって一審で勝訴したものの、二審で敗訴し町議選でも落選していた堂下氏が今回はトップ当選したのが目を引いた・・・

・・・げに民意は、敦賀と志賀町の差に見れるようにマチマチだ・・・しかし金沢地裁では我が国初の原発差し止めを認めたのに、高裁が一審判決を破棄、最高裁もそれを支持したのだから、静岡浜岡原発運転を支持した静岡地裁と言い、この国の司法までもが、原発行政の暗部を間接的に支持しているという、何とも早や・・・・ずばり言うなら、後進国そのものだと言う事だ!・・・

・・・小型核兵器が貧者の兵器と呼ばれるように、先進国なら良いという意味ではなく、後進国での原発は、おつむ貧者の電力とさげすまされても文句も言えない・・・原発事故は戦争と同じレベルでの敗戦とも言える・・・敗戦と同じレベルで時の経過と共に、かの戦争に他国からの非難については反発し、国内でのそれについて強い批判が起こらないという同じ体質なら、何をか言わんやである・・・

・・・北朝鮮核問題では強い批判を起こし、仮に中国原発で事故が起こった時に、こちらはどう反発するだろうか・・・恐らくすごい反発になるであろう・・・それが国内問題となると手ぬるいでは、矛盾を超えてマンガの光景ではないか・・・

・・・政権与党の対応策のお粗末さも然ることながら、核問題では隣国をきつく批判する自民党が、原発事故についての結果対策だけを偉そうに言うだけで、事、原発行政についてはこれまでのことを頬被りして、新たな対策について何も言わない・・・そんな野党にまで抱き着かねば何も出来ない情けない政治風土・・・

煽る意味では無く、だが不安を惹起する点で不遜な言い方になるが、こんな国の風景を見ていると何だか、同じ事故がまたどこかで起こる予感がしてならない・・・。
メンテ
原発問題で炙り出された、我が国の体質・・・ ( No.396 )
日時: 2011/04/27 07:34
名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・国の有り様の転換点というものは、それが復活であれ衰退の転機であれ、後々歴史家が振り返って見て、あそこが転換点だったと検証されるものだ・・・経済市場でも、目に映りにくい世界の動きの何かが転機となり、後世で、ああ、あそこが転換点だったのだと認識されるものだ・・・

・・・その目線で国会での与野党のやりとりを見ていて、時代転換のインパクトを与えているものは大津波、原発事故なのだが、そのやりとりの中身を通じて見えて来るものに、後世になって、あそこが復活の転機だったと言われるより、あの時点が没落の転換点であったと言われる可能性が高い思いがしてならない・・・

・・・歴史は夜作られると言う俗諺もあるのだが、表の国会風景は、菅を追い込む準備のための大義名分作りの場であり、実際の菅降ろしは場外で進められているにせよ、それが何通りもあって、どれが本命なのか確かなものが見えない・・・

菅降ろしで動いているシナリオは、目下の所三つに大別される・・・親小沢グループが動いていた民主党内での動きは、山岡賢次副代表が発起人となって昨日、鳩山前首相、田中真紀子、原口一博などが名を連ね、公明との連立を視野に入れている「震災に対応できる総調和の会」を発足させ、山岡副代表はその後、岡田幹事長に議員総会開催を申し入れた・・・

これに対し岡田幹事長は、党内1/3の議員が要求すれば、それは規約上拒否できないが、党内政局のようなことは止めて欲しい、野党との交渉力が落ちてしまうとクギを刺している・・・

・・・この岡田発言は、も一つの動き、つまり亀井静香による自公抱き込みの、より幅の広い旧枢密院的構想に基づく連立工作の動きを支持していることが裏にある・・・
しかしこれに対し自公は拒否反応を示しているから、先ず実現しないであろう・・・

・・・三つ目は、亀井案自公拒否の延長線上にある、野党による内閣不信任案決議なのだが、これとて与党民主党の一部が乗って来るかどうかの読みが確定せず、疑心暗鬼の状態・・・

・・・この三つの動きから何が見えるだろうか・・・災害に際し挙国一致なるあたかも合理的な大義名分の陰で、問題が政局化する、つまり政局となると勝つか負けるかが軸になり、国会風景を見ていても、菅失政をつつくだけで、いかにも俺たちなら出来るとの恰好をつけているだけで、では何をどうしようとしているのか、見ているものにはさっぱり分からない、手応えも感じられない・・・

・・・前にも申したが、民主党内突き上げにしても、その先どうするのかがさっぱり見えない、本来なら政権与党が自己能力、自己責任でやるべきことが出来ない・・・だから挙国一致なる発想が出て来るのだろうが、ここから見える我が国の文化体質、右か左かの意志を鮮明にせず、流れを見て動くと言う、何とも早や神輿担ぎの神輿待ちの風土がまた見えて来る・・・

・・・識者と言わず我々とて革命しかないとは思うものの、それはこの国の風土には無いことだから、今更言ってもしょうがないことだ・・・内閣総理大臣などと言うものは正に民意の最終象徴でなければならない筈のものだが、それを辞めさせることも憲法規定か何か知らないけど制度上出来ない・・・ならば内閣不信任案しか手が無いと言うことになるのだが、それが実現できるかどうかが“読めない”から、合理的手法であっても、勝敗は別にして動くと言う風土も又無いのである・・・

・・・盆地文化なる司馬さんの言葉を再度引用させてもらうなら、要するに打って出る文化でなく、何となく流れが右なら右、左なら左という誰が決めたか分からない曖昧模糊とした合意が形成されないと、この国の政治や社会というものは、合理性を基準には動かないのであろう・・・いや何となく形成される事に合理性があると言うなら、話はそれまでだ、ならば百年河清を待つだけのことで、我々はかったるい現実対する批判も封じ込めなければならない・・・

・・・話が飛躍するが、最も科学的運動に従って分裂する原子核を現実に利用するという行為は、この非合理的な様子見文化国には、似合はない技術なのだ(似合えばOKという意味ではなく・・・)

・・・三島由紀夫が自決する何年か前に、雑誌での対談だったか、この国はカネばかり追いかける極東の一島国になって行くであろうと言った言葉が頭の片隅に残っている・・・その後のこの国の有り様、つまり時代がそうなるという転換点はどこが起点だったかを思う時、三島がその言葉を吐いたあの時が転換点だったのかと、妙に納得してしまう・・・

・・・大災害に原発事故が重なった今の状況への対応が、どうも後世没落の転換点であったとは、同じ国民として言いたくはない・・・だが、敗戦時も含め、あるいは小泉リードで世界金融資本に翻弄された時も含めて、過去の転換点に照らし合わせて見ても、今の状況についても流れに身を任せることが一つの合意というだけに留まるなら、後世に至って、今が負の転換点であったということになる危険は、非常に高いと思はれて仕方がない・・・。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.397 )
日時: 2011/04/27 10:24
名前: イントゥイッション ID:osRKjzT.

>・・・げに民意は、敦賀と志賀町の差に見れるようにマチマチだ・・・しかし金沢地裁では我が国初の原発差し止めを認めたのに、高裁が一審判決を破棄、最高裁もそれを支持したのだから、静岡浜岡原発運転を支持した静岡地裁と言い、この国の司法までもが、原発行政の暗部を間接的に支持しているという、何とも早や・・・・ずばり言うなら、後進国そのものだと言う事だ!・・・

最高裁も判事なども、大学の同窓会でのコミュニケーションで動くことが多いようです。。。

一昔前の同期の桜が、こんなところで使われているようです。。。困ったものです。。。

20年ぐらい前に、ち部電力の請求書を持ってきた人に、原発は危ないようですが、阻止したほうがよいのではないですか?  と聞いたら、あなたも電気を使っている一人でしょう! 原発反対なんて言うのは、電気を使用しない人が言うものです! と言われました。。。

電力会社で、原発反対の声を阻止するための訓練がなされているのでしょう。。。これも困ったものです。。。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.398 )
日時: 2011/04/27 10:59
名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・その電力会社の請求書を持ち回るおばさん、こちらは別に原発電力を頼んだ覚えも無いのに、電力会社から食い扶持をもらっている以上のことを言うのですね・・・

せめて本音部分で、大きい声では言えませんが、原発はねぇ、くらいのことでも言えば良いのに、そこなんですね日本の後進性というものは・・・下っ端までが原発の尻馬に乗っている・・・

・・・何だか哀れで物悲しくなります・・・

「復興を妨げる天下りシンジケート」スレッドに貼り付けされているかの東海村JOC原発事故の犠牲になった作業員の写真・・・まともに正視出来るものではありませんね・・・

あれは住友金属鉱山の子会社で、ウラン加工下請けのJOCが、コストを下げるために裏マニュアルを作って作業員に中間加工のウラン燃料をバケツで運ばせていた・・・何かの刺激で燃料が臨界を始めて、すごい事故になりました・・・

会社の責任は死刑に値するものでしたが、下請け会社となるとコストを下げる為に、言い換えると親会社のために命をかけてしまう・・・

・・・哀れで物悲しい光景です・・・そういう社会構造なのですね、この国は・・・

今回東電事故でもそうです、最も危険な現場作業は下請けがやり、それが安い値段でやらされる・・・それによって少しでも増えた利益は、原発族に流れる・・・

昨日の朝日新聞では、ある1面を全部使って原発推進構造を創った中曽根康弘が登場して、原発は維持せねばならないと、この期に及んで臆面も無く言っています・・・

・・・そんな光景を事故が起こった後でも紹介するマスコミもそうですが、そんな体質を消すことも出来ない国・・・やはり後年になってこの国の没落は2011・3・11が起点だったと言うことになる可能性が、非常に高いと、おっちゃんはさように予測しています・・・。

メンテ
原発問題で炙り出された、我が国の体質・・・(2) ( No.399 )
日時: 2011/04/28 06:54
名前: 満天下有人 ID:8QntOFp6

・・・事故を起こした原子炉の状態について、次から次へと異変が報じられている・・・1号機が安定と言うと今度は4号機がどうのと、全く安定していない・・・核事故は現実にはそう簡単に安定するものではないと、素人目にもさように映る・・・菅直人発言で物議を醸したように、原子炉近くは30年やそこらで住めるものではないであろう・・・

昨日は50歳の女性東電社員が、20シーベルトに近い被曝状態になっているとの報道も聞いた・・・日が経つにつれその症状が悪化して行く様子を想像するに堪えない・・・放射能による症状悪化は、普通の病気と様相が全く違う・・・

・・・今回事故の主犯は東電だとする傾向が政権とマスコミの間で強い、国民の間でも・・・主犯は勿論東電であることに間違いはない、目先目途が立ったら絶対に刑事事件で追及されるべきだ、しかし同時に、原発を取り巻いて来たこの国の官僚行政にも、厳しいメスが下されるべきである・・・

・・・原発行政機関の事故状況の発表がマチマチで、それは東電の発表が揺れたからだとの批判が多い・・・しかし状況を受ける側、内閣に保安院に安全院、安全委員会と受ける側が多ければ、仏法で言う所の如是我聞(にょぜがもん)=我、かくの如く聞けりで、受け止め方が違えば発表のニュアンスに微妙な違いが出ても当然であろう・・・

・・・しかも内閣総理大臣が直に東電に乗り込んで恫喝するでは、混乱が起こってもしょうがないし、復興行政をどうするかを巡って、これまた中心がどこにあるかが分からずに、事務方がまた混乱する・・・

典型的な例が、東電が6カ月で原子炉を安定させると言いながら、次々に状況が変化している、それを見極めもせずに、工程を発表したのかと批判が出て来るが、これは菅直人が苛立って収束見通しをすぐに出せと言われて、自信が無いままに提出したことに原因がある・・・首相ともあろうものが手足の事務方機関を使わずに直接事を進めれば、混乱が起こるのは目に見えている・・・復興行政では財務省のシナリオに乗って政治主導の旗を降ろし、世論の批判風向きが東電に集中していると見れば、そこへは政治主導の旗をなびかせて殴り込む・・・

・・・東電の責任は免れるものではない、しかし、行政側の勝手で東電にだけ責任をおっかぶせるやり方では、政治責任を逃れる為のアリバイ工作となり、混乱の原因がどこにあるかの本質が見過ごされてしまう・・・

復興計画でも、その理念、実行計画の裏付けとなる復興基本法案が遅々として纏まらない・・・枝野官房は連休を待たずに基本を示さないといけないと言うが、そもそも菅が作った復興構想会議が始動もしていないのに、それとの整合性はどうなっているのか、総合的な復興構想などどうでもよく、五百旗頭議長が冒頭に掲げた増税だけが実現されればそれで良いとでも言うのか・・・

・・・そもそも菅自身が、現行閣僚を中心とする復興“対策”本部を立ち上げ、事務方が法案を作るように指示されて提出したのに、今度は復興“実施”本部を作る、これには野党も入ってもらうからその調整を亀井静香に頼んでいる、よって待てと言われた事務方官邸スタッフは、何をどうしろと言われているのか混乱していると言う・・・

・・・我、かくの如く聞けり=如是我聞の風潮が一段と強くなっている例として、政局に絡む数多の報道がある・・・誰と誰がどうだと、余りにも些細な動きまで一々報道されると、受け止める側も私はこのように聞いていますけどとなって、混乱に拍車がかかる・・・

さような政局状況の中で、構想会議では哲学者・梅原猛夫氏が原発問題抜きでの復興はあり得ないと述べられ、その瞬間菅が般若の形相で梅原氏の横顔を睨みつける、そして国民は51%も原発現状維持に賛成する・・・

・・・原発の産みの親とも言える中曽根老体は、朝日15面全部を使ってエネルギーの無い我が国は、原発を撤去すれば科学技術の無い農業だけの四等国になると、この期に及んで実に倒錯した論を臆面も無くノウノウと述べる・・・

米国主導の原発を受け入れ、欠陥だらけのGE原子炉を導入し、例え大津波が影響したとは言え電源装置を海の傍に置き、方や基礎食糧の殆どを米国から輸入するそんな構造が、一等国とでも言うのか・・・

・・・そして国家の基本である憲法について、我、かくの如く解釈せりと、テンデバラバラの受け止め方があるのと同じレベルで、原発の必要性を我、かくの如く聞けりとして原発維持を容認するその風潮がこの国の体質を顕しているとなると、待ち受けているのは救い難い未来しか無いであろう・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存