ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[845] 世にも不思議な物語
日時: 2010/11/04 21:13
名前: 満天下有人 ID:HrvZ8vqY

・・・オムニバス形式の、世にも奇妙なフイクションをタモリがアンカーになって話を繋ぐTVドラマに、世にも奇妙な物語というのが御座居ます・・・

フイクションではないのに、昨今の現実の国の有り様は、実に奇妙な光景が、絶えることもなく次から次へと現れて、世にも奇妙な物語と銘打って現象を見たい所で御座いますが、この題目、何やら著作権問題が起こっておりまして、同じ用語を使いますとお縄になるとか、少し言葉を変えて「世にも不思議な物語」とでも言い換えねばなりません・・・

・・・いつぞや観たTVドラマ「世にも奇妙な物語」で語られた「厭な扉」、実に面白く含蓄あるお話で、おいおい現実に絡めてお話しさせて頂くとしまして、民主党政権になってから、特に菅政権になってから内政に外交に、他では検審会問題のように、当たり前の疑問をぶつけても幽霊のように反応が無い、そもそもがフイクションで決議された風情もあるのに、それが現実の場において人の行動を拘束してしまう・・・、この国の世は、足無し幽霊が差配しているのかとさへ思えて来るので御座居ます・・・

・・・この小沢先生の問題にせよ、既に司法と対峙する形になっているにも関わらず、何やら国会でも説明せよと、これも不思議な話では御座居ませぬか・・・
説明せよと言う側こそ、自ら説明せねばならぬことを多々、お抱えになっているはずなのに、そして別に重大視するほどの問題でもなくちゃんと説明もされているのに、何を説明せよと言うのか、ギャアギャアうるさいことで御座居ます・・・山ほどある大事な問題は放り出しておきながら、些細なことで騒ぎまくる、実に不思議で奇妙なお話ではあります・・・

・・・かの民主党代表選でも、熱狂を呼び起こしたかにも見えた各地での小沢演説・・・結果はサポーター票とか言う、何やら幽霊紛いの選挙で、幽霊の所在を民主党に問い質す町方の手紙も、郵便局は確かに届けたと申しているにも関わらず、選挙本部は受け取っていないと言う・・・終わって後なお、幽霊のようなお話が続いているので御座居ます・・・

・・・本予算どころか補正予算の財源につきましても特会とやらを洗い出しながら、最初のお話約16兆円のお金が出て来ると言いながら、オカネがこれまた幽霊のようになって、どうやら足が生えてどこかへ飛んで行ったようなスズメの涙ほどのお金しか出て来ない・・・

出て来ないが、来年度からの基礎控除廃止に伴い、3歳未満の子供が居るご家庭では大変だろうということで、子供手当の増額が決められる・・・高齢者とて同じ状況なのに、高齢者健保医療費自己負担率は増やすと、脅しをかけて来る・・・ははあ、将来の税負担者は育成し、死に行く者は知らんというお話ですな、これは・・・

・・・外に向かっては対中国問題、これも実に不思議なお話が続いておりますね・・・菅が温さんに会えるかどうか、ジックリ話し合いが出来るかどうかに一喜一憂し、一喜一憂するなら最初から外交座標軸をお決めになってからモノ申せば良いところ、いや中国ケシカランと軸をお決めになってやったことなのに、今になって相手に会えるかどうかと、一喜一憂し、挙句に中国の所為で会えないのだ言い出す・・・マスコミ論調は、外交に座標軸を持てとのご説教・・・

この説教は正しいのかも知れませんね・・・何故なら彼らの論調は、最初から中国ケシカランで一致、つまりそれを座標軸にしてやれということでしたから、つまり中国とケンカせいと言っている訳ですから、そして政権与党も当初はその線で外交し中国船長まで逮捕していたのですから、それはドンパチ覚悟の撃ちてし止まんの精神を捨てるなということであり、焼け野原再現も覚悟の上・・・枝野様など相手が悪いと言い続けておられるから、国がどうなろうとも知ったこっちゃない・・・後先を考えておられないのですね・・・

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

震災復興 ( No.310 )
日時: 2011/03/29 07:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pmZipWoI

東京1万人デモの代表 二見元運輸大臣から、中止になったデモに関連して政府の震災対策についての問題点と今後どのように推移して行くかについて意見があれば言って欲しいと言う内容のメールをいただきました。
下記はその返信です。

大変なことになってきました。
神戸震災は、被災が深刻であったとはいえ、被災所帯の数十倍の生計に支障のない世帯が、廻りにあったので(就職地た商売相手として利用可能な地域)、その中の復興はまだ可能であったのです。

それとは違い、地域毎戦後の焼け野原になったような地域では仮設住宅を幾ら提供しても被災地の経済的環境は、極一部を除き復興することは望めません。
経済の環境も戦争直後と違い、一体が被災地となった中から自然と経済的活力が伸長してくることはないでしょう。
復興事業が展開しても、また復興を急げば急ぐほど、生活日必需品や建設資材など他の地域や外国を潤すことになり、時間が経っても被災地の経済基盤はよくならないからです。

現在、復興、復興と騒いでいますが、それは仮設住宅とかインフラ整備、再生可能な一部の産業(漁業を含む)について考えてるだけで、そこへ住まねばならない人々の生計については全く触れていません。
このままでは、恒久的な生活保護所帯を一気に20〜30万世帯、原発の成り行きによっては100万世帯以上出すのと変わりありません。

二見さんは、原発事故に関して小出しの対応を取ったために被災を拡大したといわれています。
その通りだと傍観してきました。
同じことが復興政策についてもいえます。

ここは100兆円くらいの別会計を組んで、10年くらいで元通りではなく、より理想の町つくりをやってしまうことです。
100万都市(場所的には散在しても)を計画的に作ることです。
国が作る都市に入居する被災した所帯には、10年据え置きの、無利子100年償還を条件として資金を提供する。

生計の環境となる産業の復興には別途援助を行なう。
何よりも10年間で100兆円の事業が当面の雇用を生み出します。
また、そのような発注形態をしなければなりません。

具体的には、再び津波が起きても壊滅から免れるために、住宅は全鉄筋コンクリート造とし、かつ5階、6階建ての集合住宅を避難場所ともなるように多く配置して作る。
町全体を、津波に強い作りとして再生する。
こういうことは壊滅してしまった今だからこそ出来るのです。

一石二鳥にも三鳥にもなる、大決断をやることによって、国家単位で考えると、その100兆円はその後30年くらいで回収できるでしょう。

この間に、インフレや、為替の問題などが発生して輸出が少し減ることはあっても、どの道、我が国は根本的な産業構造の変革が求められていることですし、やってみることが有益でしょう。
このようなスケールで物事を考える政治家は、それこそ小沢氏以外はいないと思っています。

霞ヶ関などを相手にしていると、こんな構想は出てきません。
話は変わりますが、小沢支援のデモですが、

原発被害が拡大して、半径50kmの地域を放棄しなければならない状態になると、小沢氏の責任を問う声が、今度は本当にあがってきます。

理由はともかく、菅内閣が出現したのは小沢氏によりできたのです。
東電のことを思うあまり事故の大きさを認識できなかった初期の原発事故対策は完全に間違っています。
被災の状況が前述のようになれば、これはいずれ人々が認識するところとなります。

このままでは、小沢支援のデモが多くの国民の共感を呼ぶことはないでしょう。
政治家、小沢として復活するためには、最初に言いましたようなことを打ち出し、新たに国を引っ張れるのは誰か、と言うことを国民に知らしめる必要があります。
私は小沢氏を報道でより知りません。

小沢氏がそこまで認識できる方か、否かも判りません。
小沢氏に対するこういう面の観察は前からしてきました。
ここらで証明して欲しいものです。
メンテ
災害復興計画・・・ ( No.311 )
日時: 2011/03/29 10:12
名前: 満天下有人 ID:VPQQSu5Q

・・・天橋立さん、なかなか良い提案、訴えをされましたね・・・

阪神淡路大震災と今回災害を同一視出来ない、与件が違うから別の角度から復興を考えるべきだとするご意見に賛同します・・・

与件が違う指標として・・・
死亡・行方不明被害者人数:阪神6434人  今回現時点で約3万人
建物全・半壊数:阪神約25万戸  今回約2万戸
損害費用=復興費用:阪神約10兆円  今回?ですが土地は残っているとして家屋だけでどれくらいになるでしょうか・・・1戸3千万円として6兆円くらいでしょうか?・・・

・・・しかし仰る通り、復興経済効果としては、それだけに限定されてしまいます・・・と申すのは、上記死亡者の比較でも分かるように、阪神経済圏とは人口=密度が違い、違うところでの死亡者が東北では圧倒的に多い・・・密度が違えば単なる損害額の補填に留まってしまう・・・

阪神経済圏では、需要回復の密度が圧倒的に多かったから、回復も早かった・・・

100兆円の巨額復興財政支出には賛成します・・・文字通り特例公債にして無金利永久償還にしてしまえば良いのです・・・それに見合う資産形成があるのですから・・・平時における赤字補てんの為の財政支出とは質が違います・・・
政府紙幣でなどと言うややこしいことをせずに、結局は通貨として日銀が正貨との調整をせねばならないと言う結果は同じことですから、文字通り日銀が特例として引き受ければよろしい・・・

なのに経団連などは企業減税見送りは受け入れる、しかし条件として高速無料化、子供手当先送りを条件にせよなどと、ちんまいことしか言わないですねぇ・・・

・・・問題はその資産形成を単なる家屋復興にとどめずに、何に求めるかです・・・

今回災害と阪神との最も大きな違いは、今回は原発被害が重なっているということでしょう・・・昨日ついに、原子炉「圧力容器」に穴が空いていることが分かったと東電はドロを吐いております・・・これはもういくら電気系統を復活させて水を追加できても、廃棄済でなく原子棒が溶け出す訳ですから、半減期を迎えるには、気が遠くなるような時間がかかるでしょう・・・

さような場所で復興を推進せねばならない・・・鉛コンクリートなどで完全に密閉しておいて、被害が及ばない地域まで後退しての復興が求められます・・・
それでも止むを得ない、その場合、同地区をクリーンエネルギー開発特区に指定し、その面での需要増を図ることもアイデアとしてあるでしょう・・・何やら設計が困難で科学者も手こずっていると言われるトリウム原子炉などへの挑戦を、世界に先駆けて取り組むとか・・・トリウムはネット知識ながら、ウランよりも自然界埋蔵量は多いし、熱効率もすぐれて危険性はウランの半分程度と言われている・・・そして核兵器化しにくい利点もある・・・
・・・いずれにせよ全国ベースでは展開が遅いクリーンエネルギー開発を、一か所で特区化して推進し、それに関わる自動車などの産業も集中させる・・・成果が出てきたら全国にも広げて行く・・・
・・・<二見さんは、原発事故に関して小出しの対応を取った為に被災を拡大したといわれております>・・・
しかし毎日毎日何をやっているのでしょうね・・・作業員に命をかけさせて水かけばかりやって、挙句に圧力容器に穴が空いたと言い出す始末・・・世間は作業員が一日2食の粗末な食事でがんばっているから、食事の差し入れを増やせと言う・・・
作業員には悪いけど、食べ物補給で作業を続けさせることなど、既に無意味な段階に入っている・・・そして専門家は、次はどうのような二次災害が予想されるかと聞かれて、これも予想されると言い、その予想が現実となって、では次は何が・・・その何もがも現実となって営々と予想ゲームに明け暮れる・・・

・・・どこかのウランマフイヤが、ここで一気にケリをつけるな、命がけで可能な限りのデーターを集めてから死ね・・・そんな指令でも出ているのかと邪推もしたくなります・・・。
メンテ
ひ弱い似非インテリ国家になったものだ・・・(1) ( No.312 )
日時: 2011/03/30 08:04
名前: 満天下有人 ID:ANfULUHA

・・・昨日、テレ朝の緊急生激論、国会参院予算委員会の模様を見て、ふと日中国交回復時の田中角栄元首相のエピソードが頭をよぎった・・・

・・・その前に緊急生激論に出ていた厚労相副大臣の大塚何某、清潔そうできちっとした感じではあるのだが、川村解説委員や須田慎一郎に菅直人の災害対応を切り込まれると、我々は目下、被害者対策と原子炉状況の把握を二つの車輪として回していると、何のたしにもならないが、一応きちっとした説明・・・

後者については、チエルノブイリやスリーマイル島の事故とは様子が違う、何が違うのか原因を一つ一つ確認しながら前進している・・・そつのない実にお利巧な説明だ・・・机の上で実にきれいなもの腰なのだが、現実に対処するドロ臭さは、全く感じられず、原子炉損傷が現実に、次々に被害を出している時、安全だ安全だを繰り返しながら他国の事故とは何かが違う、その原因を追究する為に、何が犠牲になっているかについては、とんとお構いなしの感覚、モルモットで実験中の先生のような・・・このような机上インテリみたいなのが、実に多い・・・

・・・方や参院予算委員会・・・閣僚たち、ドロもチリ一つついていない実に清潔できれいな防災服を全員着ておられる・・・だが答弁たるや、ボロを出さないように必死の様子だけで、お行儀よく座っているだけの生徒会委員の風情・・・だが自分たちは頭がいいのだというナルシズムが透けて見える・・・この自己満足的ウヌボレが強いから、誰もこの連中を排除できない・・・小沢が、菅が辞めないからなぁ、という嘆息に近い言葉がそれを端的に表しているのだ・・・

・・・社民福島党首が、どの原子炉も破壊されてしまったも同じ状況だが、福島原子炉をどうするつもりかと聞かれて菅は、原子力安全委員会の意見や専門家の意見を聞かないと何とも言えないがと断った上で、廃炉の方向であると、認識していると答弁・・・その内閣府安全委員会の斑目委員長は、原子炉で何がどう展開するのか、予想も出来ないと言っているのにだ・・・
・・・そして次から次へと、原子力インテリの学者先生たちを参与として任命し、船頭ばかりを増やし続ける・・・

生激論で東工大の先生が大塚副大臣に向かって、ある部分事故の原因が分かってもその先に何が起こるか想定しているのか、その先の先を想定した場合、次々に新たな事故が起こる・・・ならばその最終段階での想定される事故を最初に持ってきて、一気にそこに対処するという考えはないのかと、厳しく突っ込んでいた・・・

・・・昨日やっと、米国も参加して何やら布覆いを原子炉建屋に被せてしまう案が出て来たようだが、これとて一番最初に米国が廃炉を条件に協力を申し出ていたことではなかったのか・・・
それを断ったのは菅直人の、トップとしての政治的決断の前に、俺も原子力の専門家であるというインテリ的実務ウヌボレが勝っていたからではないのか・・・デカイことに対処するときのトップの政治手法・・・日中国交回復時の田名角栄の大きな政治手腕が思い出される・・・。
メンテ
ひ弱い似非インテリ国家になったものだ・・・(2) ( No.313 )
日時: 2011/03/30 09:03
名前: 満天下有人 ID:ANfULUHA

・・・角栄首相のトップダウン政治手法には、日米繊維交渉におけるエピソードも多々あって、ご存知の方も多い・・・、原子炉事故に対するかれこれ3週間に近い中で、核拡散は毎日進展しているのに、何の進展も無い対策処理を見ていたら、日中会談時のエピソードが思い出された・・・

毛沢東や周恩来との会談を翌日に控えて、ホテルの一室で大平外相に田中が言ったと言う当時の同行記者、朝日だったか毎日だったか記憶が薄れたけど、歴史的大外交場面に臨む田中に、大平外相のレクチュア・・・

・・・国際法に準じた細かいことを言う大平に、オレは学が無い、それこそ学がある君たちがそこを考えてくれれば良い・・・おれは毛沢東とひざ詰めで話をするだけだ、判断決断がオレの仕事だ・・・

・・・毛沢東との会談、あの時毛は既に病床にあったと記憶するが、毛沢東はなぜ田中への贈物に『楚辞集註』を選んだか、ということも当時話題になっていた・・・
1972年9月27日夜、毛沢東が突然、書斎に田中角栄、随員の大平正芳外相および二階堂進官房長官ら三人を招いておよそ一時間、両国首脳たちの書斎における会談が続いた・・・あの時の写真は今でも記憶にある・・・

・・・別れ際、毛沢東はあらかじめ用意してあった本をとりあげて直接田中に手渡した、それは「楚辞集」全六冊であった・・・毛沢東はなぜこの本を贈物に選んだのか、色々と解釈されていたが、その一つに、中国古代の憂国詩人屈原の作「楚辞」にちなんで、日本国民のために決然として訪中した田中首相の愛国心を称えたというのがある・・・

・・・詩人である屈原は政治家としては、秦の張儀の謀略を見抜き踊らされようとする懐王を必死で諫めたが受け入れられず、楚の将来に絶望して自殺・・・実際に田中に憂国の思いがあったかどうかは、解釈が分かれる所だが、毛沢東は田中に、雑音に惑わされない資質を見抜いて、屈原のように愛国心はあっても、自殺(政策を翻す)などしない人物だと見抜いたのかも知れない・・・

・・・オレに学は無いと言った角栄を、目下の情況に当てはめてみるに、菅直人は、おれは工大卒で原子力の知識はある、細かい技術論まで全部オレが仕切ると言う所がリーダーとして、全然違うものを感じる・・・そして的外れな技術論を受け入れてしまい、トンチンカンなトップ決断となってしまう・・・

も一つは、角栄には大平と言う外務官僚であっても、意気合う適格な人材がついていた・・・昨日のの生緊急議論に出ていた厚労省副大臣の大塚何某、まあ若くて分野が違うテーマに出ることに違和感も感じたのだが、このような人材が多く、ここ一番の時に何の力も無い・・・上位幹部にしても何だか頭は良いと狭隘な自己判断からモノを言う面々が多い・・・

・・・もう20年も前になるか・・・電車のドア近くに塾の模擬試験問題がよく貼られている時代があった・・・中学入試問題なのだが、ハテ?解答は・・・半分しか出来ないこともあった(笑)・・・しかしこんな裏をかくようなヒネクレた問題を解けることに何の意味があるのだろう・・・

・・・これが教育であったとすると、その中で育った世代が、緊急時に際して理屈の積み上げに没頭し、大局の本質がどこにあるのか、さような判断は二の次になる世相も、さもありなんと思える・・・似非インテリ集団である・・・しかも弱い・・・

・・・東電などその典型である・・・地球や自然への畏敬が足りずに、無責任な計算ばかりやって来て、この結果である・・・計画節電にせよ、ややこしい問題を解かせるが如く、チマチマしたややこしい発想から問題をぶつけて来る・・・電力不足は電気なるものを作り貯め出来ないから不足するなら、全体のアンペア数を下げればすぐに節電出来るではないのか・・・

・・・問題を複雑化しないと問題にならないような教育、入試で育てられて来た縮図を政界、学者、インテリ層、東電に見る思いである・・・。
メンテ
老人の頭では、もうついて行けない世相・・・ ( No.314 )
日時: 2011/03/31 07:48
名前: 満天下有人

・・・パソコン一つのトラブルを巡っても、先ず直ぐにつながった試しがないフリーダイヤル・・・やっと繋がったと思いきや、それはサーバーの問題であり、サーバーはソフト会社の問題と言い、ソフト会社は3千円払わないと教えないと言う・・・

ヴァーチャル世界で、何がどうなっているのか、どこのボタンを押せば適格に素早く判断できるかが実に曖昧な世の中になってしまった・・・現役時代に新人に対し、顧客に対するクレイム処理の第一歩は、どこに問題があるか、そのボタンを即探してそれを押すことだと、口酸っぱく言って来たことが、間違っていたような錯覚すら覚える・・・

・・・昨日東電の清水社長の動向がやっと分かったようだ・・・何のことはない、本社の近くのホテルに隠れていたと言う・・・しかも入院せねばならぬ程の病だという・・・指揮系統のトップがこんな状態で3週間も責任の所在が曖昧なまま、現場の長が手遅れの情況を遅れて説明する有り様・・・

社長を兼任する勝俣会長は、やっと1〜4号機の廃炉に触れたようだが、6、5号機については何も言わないから、住民が激怒したようだ・・・そして社長も必ず回復して復帰されると思うと、こんな状態では問題のボタンが判明しても、それを押した所で何の解決にもならない・・・

・・・東電に対しては早い段階で、菅首相が直に殴り込みをかけていた、原子力のことは知っていると自認する者が、予想されるその後の対処に何もせずに、東電を怒鳴りつけたということは、ただ早く直せというだけだったのか・・・新成長路線=クリーンエネルギー=原発という構図が潰れてしまうことだけを恐れたのか・・・そうとしか思えない・・・

・・・今頃になって米仏に助けを求める・・・いくら空き菅とは言え初期の段階で決断できなかった裏に何があったのか・・・国内の生活者需要者は二の次で、自ら署名したヴェトナムへの原発契約キャンセルを恐れたからか・・・

・・・生まれて初めて原発の設計図を見て、素人でも疑問に感じたこと、水をいくらぶっかけても超温度では水蒸気爆発は起こらないのか・・・しかも海水を入れれば、回路が塩の固まりで二次故障を起こさないのか、外部電源接続に成功したと喜んでも、NPO映像でチラッと見た原子炉の底裏側・・・藤の花壇から垂れ下がるツタのように無数の電線がぶらさがっている・・・あんなのを正常に接続復活出来るものなのか・・・最大の疑問は、かけるだけかけた水は溜まるはずであり、一体その処理をどうするのだろう・・・案の定、昨日その問題が浮上していた・・・

・・・電線回路ならぬ思考回路がどうなっているのか、老人の頭ではとてもじゃないが、追いつくことも出来ない・・・

そしてまた理解不能なことが、昨日の菅/谷垣会談を受けて今朝から各紙が言うジミン大連立の可能性が現実になって来たということ・・・菅がついに白旗を掲げたからなのか、官僚を制御できなくなったからなのか・・・相手は原発利権を軸にこんな有り様の原発行政にしてしまった第一次犯人である・・・そこと無能菅を据えたまま大連立をやろうと言うことなのか・・・

・・・ともかく老人の頭ではもうついて行けない現象が次々に起こる・・・。


メンテ
原発利権の構図・・・(1) ( No.315 )
日時: 2011/03/31 19:07
名前: 満天下有人 ID:Toub8bqA

・・・原発誘致の政治合戦、懐柔ワイロ、電力会社による政治献金、そこから必然的に生じて来た原発検査の手抜き・・・そんな構図を自民政権が作り上げ、不運にも事故処理に遭遇させられた菅直人・・・

TVに出られる被害者の光景、助け合いの美談が織り交ぜられる昔変わらぬ我が大和の風土・・・美談で事故本質が薄めれれる風土・・・その中で注目したのが、20才台と思われる青年の疑問・・・国際原子力機関IAEAが来る、フランス・アレバが放射能汚染の水処理アドバイスに来日する、国際社会が救援に来ると言われても、ネット情報の知識だけで、どういうことになっているのか分からないとTV記者に語っている光景が、強く印象に残った・・・

・・・ウランカルテルを巡る米仏の闘争、原爆はアメリカが先だった、アインシュタインの理論をアメリカ亡命のオッペンハイマーが実践、世界のウラン鉱山のオーナーであるロスチヤイルド家と対峙して、アメリカ原子力構造の先駆けとなったオッペンハイマー家、ここに電気を発見したエジソンアメリカの後継者GEとウエスチングハウスが加わって、欧州ウランカルテルに対抗して行く・・・(福島第1号機原子炉は、このGE社製で約40年前に購入)

・・・アメリカが原爆成功した時に、遅れてはならじとばかりに、同時に北米大陸での原料を抑えに入って、カナダのウラン鉱山を買い占めたのが初代から数えて6代目のアンソニーロスチヤイルドである・・・ここら辺の経緯は広瀬隆氏の赤い楯に書かれているが、複雑に入り組んだ閨閥系図は後に紹介するとして、戦後アメリカがビキニ環礁で大規模核実験をやって、我が国静岡焼津の第五福竜丸が被曝し、ここで欧州ウランカルテル総本山のフランスが、負けてはならじと南太平洋ムルロア環礁での数十回にわたる水爆実験を開始・・・今でもあの海域での漁業は、事前許可制になっている・・・

福島でも今後、さような措置が取られる可能性は無いとは言えない・・・東電が廃炉に踏み切ったにせよ、原子棒を取り出すのに数十年を要すると言われているから・・・

・・・ロスチャイルド閨閥の者が牛耳るIAEAが来る、仏ロスチャイルド一族が牛耳る世界最大の原子力複合産業・アレバが救援に来るとはどういうことか、夕刻TVで見た被災者青年のフトした率直な疑問は、大いなる原発構図解明の契機を含んでおり、痛く感じる所あり、広瀬氏による膨大な調査著作を追々紹介するとして、先ず我が国が原発導入した時期に奇妙な一致を感じるので、そこから長期にわたる原発推進の契機を探ってみたいと思う・・・

・・・キイワードは、菅が当初からグズグズ対応していたことと、与謝野薫である・・・与謝野を内閣に引きずり込んだ時には、こんな原発事故は無かったのに、国内原発マフイア中曽根康弘の手先であった与謝野馨が内閣に入って原発事故が起こった、何とも皮肉な光景は、神のいたずらなのか・・・

・・・菅がモタモタする背景に、なるほどと思われる過去の構図が透けて見えるのだ・・・。


メンテ
原発利権の構図・・・(2) ( No.316 )
日時: 2011/04/01 07:46
名前: 満天下有人 ID:PZKj5ZX2

・・・ほら出たっ!・・・災害復興名目で5年間限定の特別消費税、社会連帯税の創設・・・ガソリン暫定税の時と同じようにどうせ5年後には、名目を変えて存続させるであろう・・・そう言えば先週の古館テレ朝のコメンテ−ター・朝日経済部出身の一色がこの案をいやに強調していた・・・菅一派による小沢追い落としと同じ手法でマスコミに先導させる汚い手口だ・・・これは後回しにして、

・・・昨日の仏サルコジ大統領の事故救援の来日、菅直人との共同記者会見、別途仏世界最大の原子力複合企業・アレバ社女性CEOと海江田経産相との堅い握手風景・・・アレバCEOが海江田の手を握って、なかなか放さない(笑)・・・

そして別の米原発調査兼アドバイザーチームと日本側との会談風景・・・合わせて見ると、原子力利権構造で対峙して来た欧州原発利権と米国との過去葛藤の歴史が日本で再現されている光景だ、少なくともNHK映像で見た私の直観では、そんな感じを受けた・・・

・・・菅直人は昨日午前の共産党志位委員長との会談で、原発見直しを約束したとマスコミは報道しているが、果たしてそうか・・・サルコジ大統領との共同記者会見では外交返礼もあってか、フランスの原発安全性に関する技術に期待したい、5月のG8でフランスが提唱する原発国際基準の設定に同意すると言い、安全性が確保されるなら原発でも良いという意味合いをも感じた・・・
原発大国のフランスの思惑は見え見えである・・・ここで日本が原発廃止に踏み切ればドイツと並ぶことになり、原発大国フランスのメンツは丸潰れとなり、経済的損失も大きくなる・・・

詳しくは後述するとして我が国のフランスとの原発結びつきは、もっと具体的に言うなら六ヶ所村のプルサーマル再生処理技術及び取引は、フランス核燃料公社・COGEMA・コジェマによること、1984年にコジェマは東京事務所を設置したが、工場建設の過程で、作業員被曝や油漏れなどの事故が次々に起こり、昨年完成予定のものが更に2年間延期となっている・・・反対派は放射能半減期が6500年となるプルトニュム240を三陸の沖に排水放棄することに重大な懸念を唱え続けている・・・

・・・も一つは三菱重工の原子炉開発が、昨日サルコジ大統領の別働隊として来日したアレバと2007年に新型原子炉開発のためにATEMAなる合弁会社を既に設立していることだ・・・そして上記84年にスタートした六ヶ所村の核再生処理工場にも三菱重工は、先々の原子炉開発による使用済核の処理に絡んで投資を行っている・・・(註:日立は米GE、東芝は米ウエスチングハウスを買収して、原子炉開発を行っている)・・・

・・・六ヶ所村核関連プロジェクト開始3年後の87年に重工は、1000億円の巨額MSCB・転換社債を発行している・・・資本にとって一般投資家を簡単に生贄に出来るこの錬金術については横に置くとして、発売3週間でこの社債額面100円が一気に206円へ暴騰倍加していた・・・

資金調達の目的は、防衛庁への納入兵器開発他に原子炉発電の開発が含まれていた・・・それだけのことなら死の商人が合法的に資金を市場で調達したことになるが、当時の東京地検特捜部が、事前インサイダー取引臭い自民党による三菱銀行から100億円を借り入れて重工の転換社債を購入していたことに目を付けて、加えて原子炉発電開発にうるさい規制を付けない条件で、形を変えて自民党に政治献金をした疑惑ありとして捜査に動き出していた・・・

・・・その中で最も多額の献金を受けたとされるのが、最も原発推進に熱心だった中曽根康弘と言われていた・・・結果は当時の最高検河上検事総長が庁内に指揮権を発動して事件に蓋がかぶせられてしまった・・・

中曽根は日本原子力の父と称される読売の正力松太郎の手足となって、1957年に科学技術庁設立に奔走、初代長官に正力を就任させることに成功、爾来原子力利権親玉の道を歩いて来ている・・・

・・・ここで菅直人とタッグマッチを組んだ与謝野馨・・・東大法卒業後、母親が懇意にしていた中曽根のツテで、日本原子力発電に入社・・・原子力に関する翻訳に従事し、1968年に当時の民社党佐々木委員長が、ドイツでの核拡散防止条約に出席する際、専門家として随行し、後で来た中曽根と初めて詳細内合わせの機会を得たようだ・・・

・・・帰国後、中曽根が開いていた勉強会の一員であった読売ナベツネの誘いで中曽根の秘書となっている・・・日本原子力マフイアの核はここにあるのだ・・・菅直人が初動対策にもたもたし、原因がどこにあるのか見守った姿勢、そして発電屋の東電を罵倒するだけで行政一般に対しては手を緩めた構図が、中曽根手足の与謝野を通じて見えて来る・・・

・・・与謝野が先週、日本は地震国だからしょうがないと発言、その裏も透けて見える・・・そして財務省代弁者として消費税増税について菅を助けていた与謝野・・・ついに災難を増税に刷り替えて来やがった・・・与謝野は政界スパイであろう。

メンテ
復興へ新税創設案だと?!・・・(1) ( No.317 )
日時: 2011/04/02 07:41
名前: 満天下有人 ID:Cqxi.LKg

・・・昨日は4月1日・エイプリルフールだったが、しかしいくら何でも、冗談かと思いきや、玄葉率いる政調会と衆参委員会の筆頭理事たちが特別立法チームをつくり、復興庁を創設の上、菅直人をヘッドにして特別消費税、社会連帯税の創設、復興国債の日銀引受けを可能にする法案、東電への公的資金投入、etc.を岡田幹事長名で政府に提案すると言う・・・

・・・これに関連し菅直人は昨日の記者会見で、復興庁は与野党協力の形にし、野党からも閣僚として入って欲しいと言っていたから、復興庁は菅直人でなく、自民谷垣を長官に据える腹積もりなのか、一方で谷垣を首相とする大連立話も水面下で進行しているようだから、いかなる形になるかは別のこととして、民主党単独では難局を乗り切れないことが、明確になった証左であろう・・・

・・・それにしてもこの復興案、ガキ民主党を象徴するかの如く、相も変わらず五目混ぜメシのように、あれもこれも丼の中に混ぜ込んで、国民の皮膚感覚を感じることが出来ないお題目を入れ込んでいる・・・

・・・とくにおかしいのは特別消費税と社会連帯税を創設し、5年後に社会保障税に切り替えるという、相変わらず大局を見ることが出来ない子供のような発想が出ていることだ・・・大災害に加え、放射能拡散とその防止という余分な人災まで生じ、ただでさへ消費性向鈍化が加速されようとしている時に、足払いを食らわせるような増税を織り込んでいることだ・・・

これだと被災者までもが増税を負担せねばならなくなる・・・一体国民の皮膚感覚を感じる感覚をもっているのかと、驚くばかりである・・・そして子供にも子供特有のズルさがあるように、増税名目を5年後に社会保障税に切り替えると言う詐欺行為がまたまた織り込まれている・・・
・・・それがいくら叩き案の段階で、これから議論するとは言うものの、最初からこんな発想が出るオツムは、一体どうなっているのか・・・災害ドサクサに紛れて民主菅一派200名によって人工的に「セシメル・ヨウ素131」なる放射能がまたばら撒かれる光景である・・・

・・・そして財源の段階確保として、補正で2兆円を確保し、子供手当に高速無料化を先送りし、法人税減税は撤回し・・・それから日銀引き受け国債を・・・バカじゃないかこんなチマチマしたことばかりを盛り沢山にして・・・相変わらずの生徒会民主主義から一歩も出ていない・・・国難に遭遇したこの時、50兆円なら50兆円を、100兆円なら100兆円を、大きな目標を以ってドンと枠を創り、日銀に国債引受けさせて、その中に全てを包含するという大胆な発想が何故出て来ない・・・旧債務が足かせになっているというなら、この国難に匹敵する災害は千載一遇のチャンスである、旧債務と旧紙幣を一旦全部燃やしてしまい、新紙幣で新たな出発をやる・・・海外金融市場とてこの大災害の為と見て、ガタガタ言わないであろう、円を弱体化させるほどにドルも強いことが出来ない状況も、絶好のチャンスではないのか・・・

・・・ヒヨコどもが考えた復興基本法案の冒頭文句に掲げる文句を彼らはこう書いている・・・「復興は単なる原型復旧でなく新たな地域社会の再生とし、我が国の再興、再創造を目指す」ものとする・・・
机上秀才子供どもが考えそうな「作文」である・・・限りなく旧態原型に復帰しようとして来た菅直人を支持し支えて来た君たち、やって来たこととこの文言の落差、いや矛盾と断言した方が早いか、それさへも気がつかない君たちに、国家再創造などムリな話なのである・・・そして菅直人は、事を消化せずに、原発推進に飛びつき、ベトナムへの売り込みをやった時や、後先も考えずにTPPに飛びついた時と同じレベルで今回も、高台住宅地建設を言いだす・・・財源問題をきちっと決められもせずに、子供が次々に無責任なアイデアを出すが如き状態で、一担当者のように先走りする・・・。
メンテ
復興へ新税創設案だと?!・・・(2) ( No.318 )
日時: 2011/04/02 07:50
名前: 満天下有人 ID:Cqxi.LKg

・・・次に東電への公的資金導入問題である・・・政府も株主となり、しかし国有化はしない・・・これもまた法律屋集団が如く、世論批判回避のために小細工を弄し、あれこれ口先辻褄合わせが発想の土台になっている・・・近代産業における電力は全ての経済行為の土台になっている・・・その意味で公的性格が非常に強い企業である・・・ならば国有化に近い発想に切り替えることも必要であろう・・・だが政府の発想では東電は民間会社であるから、政府介入はあくまで支援にとどめるという姿勢・・・東電を民間企業と捉えるなら、一旦破産させて民事再生法的に自己処理させるべきではないのか・・・さすれば電力製造も継続できるし、且つ、現経営陣を総退陣させることも出来るのではないか、給与体系も大幅に変えざるを得なくなる・・・

政府株主策によっても可能ではあろうが、またまた原発マフイアが介入して来て、おかしなことになってしまうだろう・・・公的資金導入が最初にありきで存続させれば、またのぼせ上がってしまい、親方日の丸の民間企業体質から抜け切れなくなる・・・電力製造は継続させつつ、民間なら民間らしい厳しい試練を課すべきである・・・

・・・いずれにせよ、君たちが無能であると分かっていても、そして噴飯ものの国家再生創造などと言う、およそ現実の政治力とはかけ離れた大言壮語をしながらヒヨコのようにあれもこれも突つき回す君たち、残念ながらそのような君たちを政治の場から放逐することも出来ないもどかしさ・・・

せめて任期到来まで何もせず、議員歳費を返上し復興の一部にでも供する熱情でもあれば、まだ救われるのに・・・そして一方では中曽根やナベツネが如き老体どもの御遊び、大連立を指をくわえて見るしかないもどかしさ・・・

・・・変になってしまったこの国の構造・・・政権与党民主党内の多数の変な連中、一連の検察に見られた変な連中、官僚の変な連中、経団連の変な連中、一般市民にも多数居る社会、政治感覚が変な連中、ネットに登場する変な連中、・・・こうして見ると、どの部門が特定的に変だと言うよりこの国のほとんどの分野に変なのが蔓延してしまった・・・それが複合化されて世の中をおかしくしてしまっているのではないか・・・

・・・こうなると、尋常な手段では、世の中正常に戻れるはずが無いと、思えて仕方がないのだが、それを変え得る衆が、受容的、忍従的(和辻哲郎・風土論)なら、それも古代なら美徳にも見えたものが、こんなに情報などが発達した現代において尚、受容的、忍従的であるとするなら、それは美徳ではなく、マヌケというものであろう・・・

・・・原発に限らずいかなる分野でも、マフイアが闊歩出来るのも、至極当然ということになる・・・

・・・民主党復興案を見て、頭に来たから今回はタイトルを変えてしまったが、原発利権の角度に戻して見るに、問題は、一つ間違えば人類の生殖能力を瞬時に、あるいは長年に亘って消滅させる放射能に頼ってまで、かくも危険なエネルギーに頼らざるを得ない程、エネルギー源はないものなのか、そしてそれを制御出来るほど多数の人間に優れた能力があるものなのか、そんな重要なことが原発マフイアの手に握られて来た・・・

そのことをほんとに真剣に、真正面から考える又とない機会を、この災害は与えてくれた・・・しかるに政府与党の復興案、日本の創造的再生には全然触れられていない・・・むしろ原発マフイアどもは大連立など言う動きを通じ、全てを隠ぺいしようとしている・・・

エネルギー源支配が世界の覇権を左右するという構図は、単なる妄想であると断言できるものなのか・・・特に我が国の場合、事故が起こってしまってもオロオロする体質、何が事実なのかも知らせない体質で果たして、高度な管理を要する原子力エネルギーを導入する社会経済構造が整っているのであろうか・・・

ワイロ攻めで原発を推進し、金融生贄となった同じレベルで原子力についても米仏に操られて来て、そこまでしないとエネルギー源を確保できないものなのか・・・何事も未知への挑戦には犠牲はつきまとう、だが原油掘削における犠牲と原子力に伴う犠牲とは質が根本的に違うものではないのか・・・原爆を持ち出すまでもなく、末裔にまで影響を及ぼすことについては、神経質になっても、過ぎるということは無いのではなかろうか・・・もしそうでないと言うなら、堂々と正面から原子炉に入り、福島産の野菜、魚をどんどん食べたら良い・・・それ以前に全国にまたがる原発の不祥事も、隠すこともない筈である、それが後になって暴かれる構造なのだ・・・一体いかなる不都合なことがあると言うのだろう・・・

・・・原発の危険性を隠してまでやる行政と政治・・・最高度にオープンにせねばならない原発において、我が国独特の隠蔽体質、これが我が国では原発は不似合である最も大きな要因ではないのか・・・現存の原発一斉点検はいつやるのか、この重大問題についての実施は復興案のどこにも書かれていない・・・いくらきれいな案が提示されようと、これでは賽の河原であろう・・・

そのようなことが又、助け合いの美談によってすり替えられて、本質から目がそらされ、隠されてしまう・・・このことを忘れて単純に復興を唱える政治に調和するだけで今回災害が終焉するなら、正に賽の河原である・・・。

メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.319 )
日時: 2011/04/02 14:08
名前: イントゥイッション ID:EHIKCUNg

こんな世にも不思議な話を見つけましたが、本当のようです。。。

やはり、人工に地震は起こさせることができ、やはり原発を狙ったものばかりですぅ。。。

 ↓
http://www.youtube.com/watch?v=D_-WHF8E_a4&feature=player_embedded 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存