ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[845] 世にも不思議な物語
日時: 2010/11/04 21:13
名前: 満天下有人 ID:HrvZ8vqY

・・・オムニバス形式の、世にも奇妙なフイクションをタモリがアンカーになって話を繋ぐTVドラマに、世にも奇妙な物語というのが御座居ます・・・

フイクションではないのに、昨今の現実の国の有り様は、実に奇妙な光景が、絶えることもなく次から次へと現れて、世にも奇妙な物語と銘打って現象を見たい所で御座いますが、この題目、何やら著作権問題が起こっておりまして、同じ用語を使いますとお縄になるとか、少し言葉を変えて「世にも不思議な物語」とでも言い換えねばなりません・・・

・・・いつぞや観たTVドラマ「世にも奇妙な物語」で語られた「厭な扉」、実に面白く含蓄あるお話で、おいおい現実に絡めてお話しさせて頂くとしまして、民主党政権になってから、特に菅政権になってから内政に外交に、他では検審会問題のように、当たり前の疑問をぶつけても幽霊のように反応が無い、そもそもがフイクションで決議された風情もあるのに、それが現実の場において人の行動を拘束してしまう・・・、この国の世は、足無し幽霊が差配しているのかとさへ思えて来るので御座居ます・・・

・・・この小沢先生の問題にせよ、既に司法と対峙する形になっているにも関わらず、何やら国会でも説明せよと、これも不思議な話では御座居ませぬか・・・
説明せよと言う側こそ、自ら説明せねばならぬことを多々、お抱えになっているはずなのに、そして別に重大視するほどの問題でもなくちゃんと説明もされているのに、何を説明せよと言うのか、ギャアギャアうるさいことで御座居ます・・・山ほどある大事な問題は放り出しておきながら、些細なことで騒ぎまくる、実に不思議で奇妙なお話ではあります・・・

・・・かの民主党代表選でも、熱狂を呼び起こしたかにも見えた各地での小沢演説・・・結果はサポーター票とか言う、何やら幽霊紛いの選挙で、幽霊の所在を民主党に問い質す町方の手紙も、郵便局は確かに届けたと申しているにも関わらず、選挙本部は受け取っていないと言う・・・終わって後なお、幽霊のようなお話が続いているので御座居ます・・・

・・・本予算どころか補正予算の財源につきましても特会とやらを洗い出しながら、最初のお話約16兆円のお金が出て来ると言いながら、オカネがこれまた幽霊のようになって、どうやら足が生えてどこかへ飛んで行ったようなスズメの涙ほどのお金しか出て来ない・・・

出て来ないが、来年度からの基礎控除廃止に伴い、3歳未満の子供が居るご家庭では大変だろうということで、子供手当の増額が決められる・・・高齢者とて同じ状況なのに、高齢者健保医療費自己負担率は増やすと、脅しをかけて来る・・・ははあ、将来の税負担者は育成し、死に行く者は知らんというお話ですな、これは・・・

・・・外に向かっては対中国問題、これも実に不思議なお話が続いておりますね・・・菅が温さんに会えるかどうか、ジックリ話し合いが出来るかどうかに一喜一憂し、一喜一憂するなら最初から外交座標軸をお決めになってからモノ申せば良いところ、いや中国ケシカランと軸をお決めになってやったことなのに、今になって相手に会えるかどうかと、一喜一憂し、挙句に中国の所為で会えないのだ言い出す・・・マスコミ論調は、外交に座標軸を持てとのご説教・・・

この説教は正しいのかも知れませんね・・・何故なら彼らの論調は、最初から中国ケシカランで一致、つまりそれを座標軸にしてやれということでしたから、つまり中国とケンカせいと言っている訳ですから、そして政権与党も当初はその線で外交し中国船長まで逮捕していたのですから、それはドンパチ覚悟の撃ちてし止まんの精神を捨てるなということであり、焼け野原再現も覚悟の上・・・枝野様など相手が悪いと言い続けておられるから、国がどうなろうとも知ったこっちゃない・・・後先を考えておられないのですね・・・

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

天災と人災・・・ ( No.233 )
日時: 2011/03/12 11:13
名前: 満天下有人 ID:pzxUmWqg

・・・世の運行とは、実に不思議なものだ・・・

昨日午後の参院予算委員会、菅直人自らの違法献金問題で、昨日午後で政権寿命が尽きる筈だったのに、突然の大天災、委員会室のシャンデリアが大きく揺れ始め、それを眺める菅首相・・・自らの政治位置が大きく揺さぶられ崩落寸前だったのに、天災による揺れで政権寿命の揺れが収まってしまった・・・

地方選も延期される中で、復興に向けて最大限の努力が集中されるべきは当然のことであるが、天災救済は時間と共に進捗するとしても、これまでの政権政策による人災は救済された訳ではない・・・

天災復旧で気になるのが福島第一号原発、昨夜の原子力保安院発表では、中央制御室の放射能が通常の1000倍、正門付近では20倍に達している、先ほど保安院は二号原発にも危険信号を発している・・・ほんとに大丈夫なのか、炉心冷却装置はまだ復旧していないのか・・・

・・・菅直人による人災・・・直近では法とは一体何なのかと、我々が常識的に頭にインプットしている概念、それを原点に帰って考え直さねばならぬのかと思わせるほどの見え透いた規正法違反・・・しかもどこに問題があるのか怪訝に思われる小沢を躍起になって追い込んで来た張本人が、韓国ル−トにつながる横浜商銀から献金を受けていた・・・菅が年金未納問題で代表を降りた時から支援を受けているそうだ・・・外国籍の方とは知らなかった、そんな言い訳が通用するはずが無い・・・

・・・そして前原を総理に出来るのはオレだと豪語していた例の暴力団メデイアの会長、こやつが前原以外に野田や蓮舫にもお金の面倒を見ていた・・・菅はその連中と一緒になって、こともあろうに新年冒頭から小沢排除を強化する所感述べていた・・・

官邸筋によれば前原失脚で結局オレしかいないと、益々政権固執の意思に拍車がかかっていると言う、天災対策所感を述べる記者会見でも、いやに手短にあっさりとした風情であった、何か政権次の手でも画策しているのかと邪推もしたくなる・・・こんな男に天災が更にラッキーなチャンスを与えてくれたと思うなら、次はお前に天罰が下るであろう・・・

・・・大自然はお前さんに続投させたいが為に、菅降ろしに待ったを掛けてくれたと、くれぐれも勘違いするでない・・・。
メンテ
原発燃料棒溶融始めた?!・・・ ( No.234 )
日時: 2011/03/12 14:34
名前: 満天下有人 ID:pzxUmWqg

・・・突然TVで福島第一号原発の燃料棒、冷却水障害で水からむき出しになり、溶融し始めた可能性が高いと報じている・・・

同時に、第二波の大津波が接近中・・・このまま行くと放射能がばらまかれる状態になるのか・・・おいおい、冗談じゃない、チェノブリイの二の舞の危険性が高まっている・・・

それにしても昨夜の枝野官房長官の説明、騒ぎを大きくしない配慮があって、危険度の現状を抑えて広報したのだろうか・・・

今さら言っても始まらないが、これまでの各地での隠されて来た原発の不祥事、何か根本面でたるみが糺されていなかったように見える・・・今回のような大災害は想定していなかったというコメントを聞くにつれ、少なくとも放射能関連は最大限のリスクを考慮してしかるべきだろう・・・

・・・山口県上関の中部電力による原発計画、祝島の漁民が数年にわたって猛抗議しているにも関わらず強行着工、政府は既定路線のものについては政権が代わっても何もしない・・・沖縄辺野古基地移転問題しかりである・・・。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.235 )
日時: 2011/03/12 17:51
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ovLjIiEY

3月19日の1万人デモは実行委員会が延期を決めました。
メンテ
1万人デモ延期・・・ ( No.236 )
日時: 2011/03/12 18:52
名前: 満天下有人 ID:pzxUmWqg

・・・天橋立さん、残念ながら目下の状況では止むを得ませんね・・・

しかしながら、福島一号原発の爆発事故、1号機の建物がスケルトンだけ残って放射能漏れを防ぐものが無くなっています・・・

この状況についての先ほどから枝野官房長官、経産省保安院の説明を聞いていても、コンニャク問答で何の情報を開示しようとしているのか、何も無い・・・ただただ調査中と言うばかり・・・昨夜の枝野会見以来何も分からない・・・

・・・原発保安院が経産省役人体制の中に組み込まれ、いざ鎌倉の場合、何の役にも立っていない・・・貴殿近くの美浜原発もんじゅ事故も含めて、ただ今我が国の過去の原発事故、それに対応して来た官僚丸出しの隠し措置、これについてただ今まとめ中ですが、ここにも官組織とそれに寄りかかる政治の構造が良く見えます・・・

・・・その意味においても今回は被災者救済と復旧が愁眉の急ではありますが、デモは延期されただけで、菅内閣の体質打倒は消えたものではないと思っております・・・。
メンテ
原発のメルトダウン ( No.237 )
日時: 2011/03/12 19:27
名前: 天橋立の愚痴人間

地震よりもすっかり、この方向のニュースが主役になってきました。

かたちだけの評論にうんざりしています。
私から言わせれば技術者の過信を糾す必要があります。

ジーゼル発電機の故障で冷却装置が働かなかったなどと言うことは幼稚な問題です。
元々非常電源として使わなくても設置しているものは、常に試運転をしてないと何年に1回、十年に1回、原発ともなれば何十年に1回作動することを想定しているので、必ず動く保証などありません。

それでも、念のために3台でも設置しておき毎月点検しておけば同時に3台とも故障することはないでしょう。
配管、配線などもそうです。
二重三重に予備を持ち、かつ手動操作の切り替えが容易に出来るようにしておくべきです。

自動に頼る技術者の思い上がりが、イザとなるとこういう結果をもたらします。
マニュフェストに頼るシステム管理など、他の分野でも人間の経験的能力と言うものを軽視しすぎているのです。

建屋についても同じことが言えます。
阪神大地震で、厚さが2cmで50cm角の鉄骨の柱が、根元で刃物でスパツと切ったように切断されていたことは表に出ていません。

構造専門家によれば、そういう力がかかることは、建築基準法では想定していなかったそうです。
原発は震度8に対抗するように作られているそうですが、すでに今回の地震で震度7が出ています。
神戸震災の最大の震度は8とも言われています。

そんな基準で満足している官庁の姿勢も問題です。
やはり費用の問題で電力会社の言うことと妥協しているに違いないと思っています。

今回の主要原因が非常電源の発電機が作動しなかったとすれば、余りにも無責任な管理システムであったということになります。

メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.238 )
日時: 2011/03/12 20:13
名前: 満天下有人 ID:pzxUmWqg

・・・原発は下手すると大津波の何百倍もの被害をもたらすという点で、そしてその管理が官僚体質で行われて来たことの危険性を勘案しますと、やはり看過出来ないものがありますね・・・

建築専門家の視点での分析は、説得力があって大変に勉強になります・・・原発が単なるエネルギー経済効率からの観点で推進されて来たことにも、大いなる疑問を感じている一人です・・・電力会社は民間であるとは言え、半ば官僚企業のようなものですから、保安院や政治と絡んで、対処が甘いという印象です・・・事故予想など、そんなに難しいことではない筈なのに、結果想定より現実の変化を見てからという、何ともかったるい対応姿勢ですね・・・過去もそうでした・・・

復旧全体に関わる予算措置について、与野党の協議が始まっているようですが、それに絡めて菅、岡田が、その前提として要するに店晒しになっている本年度予算を成立させることが第一歩だと言ってるようですが、それとこれとは問題が別ではないかと思いますね・・・何だか火事場のどさくさに紛れてという思惑が見え隠れしているようで・・・

災害特別復興予算として、別途成立させれば済む話なのに・・・。
メンテ
Re: 世にも不思議な物語 ( No.239 )
日時: 2011/03/13 02:00
名前: 天橋立の愚痴人間

深夜2時前に、原子力安全保安院の記者会見がありました。
そこでおかしなことを聞きました。
非常電源装置が稼動しなかった話は前から聞いていますが、今度は原子炉を冷却するために海水を入れようとしたところ、そのためのポンプの多くが動かなかったと言います。

3号機は元々運転休止中なので、他の1、2、4号機にはそれぞれに4台のポンプが設置されていたと言うことであるが、動いたのは、合計4台だけであるということです。

要するに、先の非常電源の故障と言い、海水注入用のポンプの故障と言い、実は原発の建屋の内部そのものが大きな被害を受けていたと言うことになります。

しかも、連中の言い草は、慎重に海水を入れているということです。
慎重に入れ無ければならないくらいなら、始めから4台のポンプの必要は無かったであろう。

放射能漏れは無いから安全だと言いながら被爆したもの4名、被爆したと思われるもの190名がいて、190名のうちには建物内部にいた人間もいる。

さらには原発の建屋が爆発をしたときのライブ映像がある。
遠くからの撮影であるが、結構大きな爆発であった。
被爆した人が説明している内容は、その爆発のときに被爆した以外は考えられないと言うことである。
写真を移した位置から見れば、被爆した人(一般人)が原発の施設の近くにいたとは到底考えられない。

で、あれば190人の被爆も疑わしいのではなく確定しているのであろう。
今回の原発事故に関する政府の発表は嘘で固められているようだ。

最後に、安全保安院なる組織からきていた4名の人間は、できれば聞いて欲しくないような小さな声であり、記者から大きな声で言ってくださいと要求されていた。
こんなところにも真実があるようです。



メンテ
原子炉設計者から見た、今回事故説明批判・・・ ( No.240 )
日時: 2011/03/13 08:09
名前: 満天下有人 ID:FTMtjx6g

・・・岩上安身さんによるNPO原子力情報室による記者会見の模様を、USTREAMで流していたのでそれを長時間見ていたため、原子力安全保安院の記者会見は見れなかった・・・

その前の保安院記者会見や枝野官房長官による説明など、どうも釈然としない印象を持っていたが、情報室緊急記者会見を聞いて何故釈然としないかの原因が良く分かった・・・専門的分野のことで素人には全部を書ききれないが、要旨を纏めてみる・・・

・・・説明は、元東芝原子炉容器設計者・後藤政志氏と元日立バブコップ圧力容器設計者・田中三彦氏によるものだが、この方々、スリーマイル島原発事故を踏まえてアリゾナ砂漠で色んな実験に携わり、福島原子炉も設計されたた技術者なのだが、両者に共通した意見は、東電による情報提供不足は、東電自体が原子炉に何が起こって何がどうなったかの理論的解明が出来なくなっていることにあると言う・・・

冷却水が不足して炉心が剥きだしになって溶融・メルトダウンが始まった現実は目の前にあるのだが、水が蒸発現象を起こした想定される複数原因のどれによるものかが、把握できないこと・・・地震などが原因の場合は、通常状態ではないから、把握「出来ていない」ではなく「把握出来ない」ものだというのが、設計者の実感であり、海水注入による冷却も、設計者の目からすると、1か8の賭けであり、原発とはそもそもそういうものだと言う・・・

その把握できない実情から発せられる情報から、官房長官やNHKを中心とする東大教授、あるいはNHK解説員の解説があるものだから、説明が非常に曖昧になっており、一般は多くの誤解の下に安心感に浸っている・・・

政府関係者はそもそも素人だからしょうがないにしても解説の多くは、果たして構造を理解しての説明なのか、はなはだ疑問であること・・・東大などの学者先生による理解程度は最初から机上の理論にたよっているから、想定される事故とそれに対処する対策も設計者による想定以下のものになってしまう・・・設計者による想定とて、そもそも原発なるものは、危険を制御する対処法があるのではない、言うなれば、いくら危険を想定し制御しても、制御することそのものが再危険の原因を生じさせる厄介なものだということ・・・

・・・原子炉は、核分裂による異常な高温によって異常な圧力を生じさせる・・・それを防ぐために冷却装置がある、今回は地震によって電気が切れて作動しなくなった・・・自家発電も作動しない・・・何らかの原因で冷却水が異常な高温によって水蒸気となり、それが外に出て爆発する・・・枝野幹部長官の説明では、その外漏れの水蒸気爆発で防御建物が吹っ飛んでしまった・・・原子炉容器は爆発していない、安全だと言うものだが、実は、制御棒差し込みで、あるいは原子炉は停止していると言っても原子核容器の中が異常高温によって、メルトダウンしておれば、容器の中で溶融核が下に溜まり、それが核の性質上自動的に再分裂を始める、所謂「再臨界」現象が起こる、それがまた水を吸い込んで異常な水蒸気を発生させる・・・
原子炉が停止していても再臨界が始まる・・・つまり危険を制御してもその結果が危険の因を創り出している・・・

原子炉「容器」と圧力「容器」との関係から言うと、圧力は通常4気圧を目途に設計される、しかし超安全を想定し8気圧まで耐えられるように設計される・・・それ以上のことは何が起こるのかがそもそも限界無き原子核性質上、際限なき圧力制御論になってしまうから、一応8気圧対応とする・・・それでも東大学者先生は、理論上7気圧くらいまでしか上がらないはずだから8気圧で十分と理論数値を示す・・・しかし設計者、言ってみれば「匠」にも似た直感で、それでも大丈夫とは思わない・・・しかしそうなると原発は作れないということになるから、一応その理論で設計する・・・

・・・しかし今回事故では、現実に一気に4気圧の倍・8気圧まで圧力が上昇してしまっているから、運転停止したからだけでは、完全に安心とは言えない・・・あるいはこのまま圧力が下がり冷却されるかも知れないが、1か8の賭けの結果であり、安全設計による停止と言えるしろものではない・・・自動車が停止したから、はい降りましょうという状況とは訳が違う・・・

海水注入装置にしても、通常は使用していない装置だから実験も出来ない、これとて1か8の賭けでやらざるを得ない・・・装置を使う結果は誰にも分からない、要するに原子炉冷却のためには何でもありのトライと言うのが現実であり、それほど厄介なしろもののようだ・・・原子炉技術世界一の日本と言うが、原子力の世界で一番とか二番の格付は出来ないはずだと設計者は言っている・・・

・・・ドイツは確か、この危険性を考慮して新規原発設置禁止法律がまだ有効で、議論の最中だと思うが、今回の我が国災害を見て多分、法律を延期するだろう・・・

仙谷、前原は新成長分野として原発売り込みにベトナムに行き、菅は他へも売り込むと意気込んでいた・・・現実に事故が起こっても装置停止のメカ原因も分からない、一般人に対する安全措置もセフテイソフトとしてセットにしないと意味が無いのに、現実事故状況の変化を見てからしか手を打たない・・・

・・・枝野官房長官など再三にわたり、冷静に冷静にというだけで、単に原子炉は停止した、原子炉爆発はこっていないと言うが、常に結果に対してだけ国民に我慢を求める・・・

・・・政治とは今回事故に限らず、全てに亘って結果我慢だけを求めるものではないであろう・・・。
メンテ
原子炉設計者から見た、今回原発事故説明批判・・・A ( No.241 )
日時: 2011/03/13 12:55
名前: 満天下有人 ID:FTMtjx6g

・・・それにしても現場の東電が現状の結果損傷だけを見て、それ以前のメカの不作動原因が分からないままに情報を出すものだから、受ける側の経産省原発保安院や政府がそれ以上のことを説明出来ないにせよ、余りもの無能さに国民は苛立ちを募らせるばかりだ・・・

・・・このような大災害時に批判をするのは不謹慎かも知れないが、一言で言うならこの内閣、危機管理が出来ているのか・・・阪神淡路大地震の時の内閣は村山内閣だった、情報が手元に届かず対応が遅れた・・・時の経過と共に歴史的事実が出て来たが、村山が大震災を契機に内閣を投げ出す前日、熱海だったかで後に蔵相となる久保亘と相談、頃合いを見て首相を辞任するかということで社会党連立政権は終わった・・・

・・・今回も何だか情報待ちの光景、何か小出しにして失敗を恐れて情報を管理している気配を感じる・・・何故東電をどやしつけないのか、緊急災害時であるから、冷静に対処すべきことくらい国民は分かっている・・・問題は、冷静にと言うだけで、責任者によるもっと踏み込んだ経緯の説明が無いことにある・・・

なるほど枝野官房長官は30分にわたって説明はした、だがその内容たるや詳しくはまだ分かっていない、報告待ちだと繰り返しているに過ぎない、官僚である保安院の説明しかりである・・・

・・・11日夜の段階で政府資料では既に炉心損傷開始同夜22:20分頃と予想していた・・・だが当初の避難範囲は5キロだったか、それが10キロに拡大される・・・会見で枝野はそれに何も触れずに、その直後に菅首相は20キロに範囲を拡大・・・

情報収集と対応決定が一枚板になっていない・・・

菅は自らの決断をアピールしたいためなのか、首相による国民へのメッセージでそのことを初めて公表した・・・冒頭で自衛隊、消防隊の活動に感謝すると言う言葉があって、国民へのメッセージはその後で、とにかく冷静にと言う・・・順序が逆さまではないか、自衛隊、消防隊は、行政の長としての自分の配下にある・・・それは表で慰労するものではない、先ずは自衛隊もがんばっているから安心せよと言うような表現にすべきだろう・・・

・・・も一つバカじゃないかと思ったことは、冒頭で海外諸国からの支援感謝で、最初にオバマ大統領からも心配のメッセージが届いていると、最初に披露したことだ・・・それがどうしたと言うのだ!・・・一々諸国のトップの名前など言えるはずもないのだから、このような時は、纏めて諸国に感謝すると言えば良い・・・なんで米大統領の名前だけを言うのか・・・全く、どこまで行っても作法を教えねばならない子供内閣だ・・・

中国春秋時代に孟子と対話した豪族の孟献子が、『小人をして国家を為め(おさめ)使(し)むれば、菑害(さいがい・わざわい)並び至る。善者ありと雖も亦(また)之を如何ともする無し。』と記している・・・
・・・心術の正しくない小人に政事を任せれば、必ず禍害が一時に続いて起こるものだ、例えそれが善人であっても、とうてい手の施しようがないという戒めである・・・

そして『此れ国は、利を以て利と為さず、義を以て利と為すと謂うなり』とも・・・災害どさくさに紛れて復興特別予算を、野党が認めない本予算と抱き合わせでないとダメという岡田幹事長に、ピッタリ当てはまる・・・。
メンテ
Re 原子炉設計者から見た、今回原発事故説明批判 ( No.242 )
日時: 2011/03/13 15:08
名前: 天橋立の愚痴人間

>両者に共通した意見は、東電による情報提供不足は、東電自体が原子炉に何が起こって何がどうなったかの理論的解明が出来なくなっていることにあると言う・・・

この訳を次のように思います。

福島第一原発は4つの原子炉は、運転停止中の1つを除き全て問題を起こしました。
しかも、そのうちの2つはメルトダウンを始めるにいたり、それをとめるための、手段は全て機能せず最後の手段、海水注入により何とかメルトダウンを抑えることが出来たということでしょう。

海水注入も経験がなく1か8かの賭けであったと言うことです。
世界の原子力専門家は、さぞ喜んで注視していることでしょう。

一方、福島第二原発でも4つの原子炉のうち3つが異常事態に陥り一時冷却水の温度があがり、微量であるが放射線を出しています。

両原発共に、想定していた震度8にも至らない地震のために稼働中の6機全てに問題を起こしています。

これじゃ、如何に厚顔無恥な東電関係者と言っても、本当のことを言う勇気のある奴はいないのでしょう。
ですので、技術者を立てて、原子炉管理の技術的なものに限り説明をさせているのでしょう。

おそらく、全国の原子炉を廃止しなくてはなら無いほどの失態を隠しているのでしょう。

そりゃ、歯切れも悪くなりますね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存